韓国の「用日派」の力を失わせる菅総理の「靖国対応」

文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国が日本に対するさまざまな不法行為を繰り返すなかで、日本社会にも確実に変化の兆しが見えています。非常に小さな動きも積み重なれば大きな流れとなるのです。こうしたなか、昨日までに菅義偉総理大臣が靖国神社に玉串料を納めたほか、閣僚らが相次いで靖国参拝に踏み切りました。これについて批判的に報じる中央日報の論調には、どこか力がありません。

改めて振り返る「日韓友好論の3類型」

以前から当ウェブサイトでしばしば言及するのが、「日韓友好論の3類型」という分類です。

日韓友好論の3類型
  • ①対等関係論:日韓両国は対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ。
  • ②対韓配慮論:日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。
  • ③対韓追随論:日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ。

(【出所】著者作成)

これは、従来から日本に存在した「日韓友好論者」の考え方を、著者なりに分類・整理したものです。

また、誤解していただきたくないのですが、著者自身、これら3つの考え方を支持している、というわけでもありません。あくまでも、「日本国内の論壇を見ると、日韓友好論を唱える人には、だいたいこの3つのパターンがあるようだ」、というだけの話です。

というよりも、著者自身の考え方でいえば、上記①~③のすべてに問題があります。

このうち①については、「考え方そのものに問題がある」わけではありません。「韓国がこの①の考え方を受け入れない」という点に問題があります。

もちろん、著者自身、かつては上記①の考え方を支持していましたし、また、韓国以外の国(たとえばクアッド諸国や台湾、英国、フランス、ASEAN諸国など)とは上記①の考え方が成り立つケースもあると考えているのです。

「②対韓譲歩論」こそ、最も質(たち)が悪い

いずれにせよ、現在の韓国に関しては、①の考え方は成り立ちません。韓国自身が日本との対等な関係を望んでいないからです(※あるいは、①の考え方には、「相手国もわが国と同じく、対等な友好関係を望んでいるに違いない」、といった暗黙の前提があるのかもしれませんね)。

この3つの考え方のなかで、①が通用しないとなれば、のこりは②か③しかあり得ません。

ただし、③の考え方について、支持しているのは、いまやごく一部の左派メディアやそれらのメディアを愛読している情報弱者層、あるいは特定野党くらいなものでしょう。

わざわざ論じる価値もありません。

そうなると、残りの考え方は②です。

しかしながら、この考え方を巡っては、個人的には「3つのなかで、最も質(たち)が悪い」と考えています。日韓関係についてあまり深く考えたことのない人たちを中心に、「もっともだ」、などと勘違いする人が非常に多いのが、この②の考え方だからです。

わかりやすくいえば、「日本は韓国が主張する歴史問題に『大人の対応』を取り、形のうえだけでも謝罪してあげることで、日韓関係を円滑に機能させよう」という考え方のことであり、「日本にとって韓国は大事な国だから、日韓断交など絶対に出来っこない」、といった諦めの感情がその裏に見え隠れします。

以前の『日韓関係巡って事実を無視し「文明論」に逃げ込む詭弁』でも取り上げた論考を含め、わが国では手を変え品を変え、上記②の考え方が登場してきています。「日本を代表するクオリティ・ペーパー」だと自称する日経新聞に今年6月15日付で掲載された次の社説などが、その典型例でしょう。

[社説]日韓は地域安定へ対話探れ

―――2021年6月15日 19:00付 日本経済新聞電子版より

この社説の問題点についてはすでに『「日韓対話」呼びかける、的外れかつ無責任な日経社説』で詳しく説明したつもりですので、本稿で繰り返すつもりはありません。普段の日経の記事も決してクオリティが高いとは言い難いのですが、この日経社説はそれに輪をかけてお粗末だ、とだけ申し上げておきましょう。

数字とロジックで読まないから誤解する

ではなぜ、この②の考え方を支持する人が、一定数存在しているのでしょうか。

おそらく、「まぁ、日本の国益を考えたら、ある程度は韓国に譲歩するのは仕方がないね」、とする諦めのような感情があるのでしょう。

これに加えて、政治・経済の両面で見て、日本にとって韓国がある程度の重要性を持ってしまっている、という事情も否定できません。

まず、産業面ではサプライ・チェーンを韓国にある程度依存しています。「日本にとって韓国が死活的に重要」という話ではないのですが、ただ、「今すぐ日韓関係が断絶する」という事態が発生すれば、日本の経済・産業にも少なくない影響が生じるのは事実です。

また、防衛面では、日本は日米同盟を通じて米国と密接な関係を持っていますが、韓国もまた、米韓同盟を通じて米国と密接な関係を持っています。北京から直線距離で1000キロほどの地点にある烏山(うざん)空軍基地を自由に使えるなど、米国にとっても米韓同盟にメリットを感じています。

こうした状況もあり、米国は日本、韓国の両国に対し、「日米韓3ヵ国連携」を要求していますし、ときとして日本が米国から「煮え湯」を飲まされることもありました。2015年12月の日韓慰安婦合意などが、その典型例でしょう。

ただし、ここで「数字とロジック」で冷静に検討していけばわかりますが、「韓国が日本にとって必要」なのは「現時点の話」に過ぎず、しかも、「死活的に重要」とまでは必ずしも言えません(『6月の輸出高も「台湾>韓国」:基調は定着するのか?』等参照)。

しかも、韓国は現在、国を挙げて国際法を踏みにじり、条約をないがしろにし、約束を破ろうとしているわけですから、そんな国とまともな友好関係が成立するはずなどありません。

日本がもしも無理矢理、韓国が求める「韓日友好」に応じるならば、3類型のうちの②しか選択肢がないことは間違いないと思うのですが、そもそも論として「日本にとって韓国との関係がが必要なのか」、という視点に立つならば、また異なる答えが見えてくるように思えてならないのです。

韓国の「用日論」メディア、最近元気がありませんね

さて、日本の側で②のタイプの「日韓友好論」を唱える勢力がいるということは、その裏側で、韓国の側にも似たような「2種類の韓日友好論」を主張する勢力がいる、という意味でもあります。

韓国における韓日関係論の2類型
  • (A)用日論:歴史問題などを使って日本に罪悪感を植え付け、それにより日本から産業ノウハウ、技術、資本などをかなり安い価格で手に入れようとする勢力
  • (B)純粋反日論:歴史問題を使い、純粋に日本を貶めようとする勢力

(【出所】著者作成)

そして、この(A)が②に、(B)が③に対応している、というのが当ウェブサイトなりの持論、というわけです。

この点、普段から申し上げているとおり、「韓国論」は「日本論」でもあります。

最近になって、韓国の側で(A)のような考え方を取る人たちがどんな言動を取っているのかを眺めてみれば、その合わせ鏡として、日本側で②のような考え方がどういう状況にあるのかを間接的に知ることができる、という言い方ができるのではないでしょうか。

なぜそんなことを考えたのかといえば、昨年9月に内閣総理大臣に就任したばかりの菅義偉総理が私費で玉串料を靖国神社に奉納した、などとする話題がいくつかのメディアで批判的に取り上げられているからです。

ここでは、韓国の「保守系メディア」のひとつとされる『中央日報』の日本語版に今朝掲載された、こんな記事を取り上げておきましょう。

菅義偉首相、靖国神社に玉串料納める…「加害責任」への言及はなし

―――2021.08.16 07:34付 中央日報日本語版より

靖国神社といえば、日本の閣僚らが参拝したことに対し、中国や韓国が今年も反発している、とする話題を、『今年の光復節は中味スカスカも「文在寅氏らしい」演説』などでも取り上げたばかりですが、この中央日報の記事もご多分に漏れず、菅総理の行動を批判しています。

ただ、どうもこの記事の日本批判にも、どこか元気が感じられないのです。

用日派が期待する動きをしてくれなくなった日本

記事冒頭の記載は、こうです。

菅義偉首相が太平洋戦争終戦日(敗戦日)の15日、A級戦犯が合祀された靖国神社に玉串料(供物料)を納めた。就任後初の終戦の日の演説でも、アジア各国に対する日本の『加害責任』を認めるメッセージはなかった」。

こうやってわざわざ「敗戦日」などと付記して日本を貶めようとするのは、韓国メディアの常套手段なので、べつにいまさら指摘するまでもありません。

ただ、「『加害責任』を認めなかった(と韓国メディアに報じられたこと)」自体は、中・長期的なトレンドで見るならば、大変に重要な意味合いを持っています。

正直、安倍晋三政権が2012年12月に発足して以来、総理大臣(といっても、安倍総理と菅総理の2名)が節目ごとに靖国に玉串料や真榊などを奉納するのは、毎度のことであり、さほどニューズ・バリューがあるとも思えません。

しかしながら、韓国政府の度重なる抗議にも関わらず、閣僚クラスが複数名、堂々と靖国に参拝し、(さすがにまだ総理自身の靖国参拝は難しいにしても)総理大臣が靖国に奉納するようになったのは、日本外交の大きな変化でもあります。

余談ですが、政治家が靖国参拝しやすくなっている背景には、「日本に対し、執拗に過去への反省と謝罪を迫る国の筆頭格が中国である」、「その中国が全世界で無法国家として認識され始めている」、という状況にも助けられているのかもしれません。

あと992年後にお会いしましょう

いずれにせよ、「用日論」を唱える代表的なメディアである中央日報がこのように報じれば報じるほど、日本の側で「対韓譲歩論」のような考え方が勢力を失っているということを間接的に知ることができるわけであり、「合わせ鏡」としての韓国メディアにはかなりの有用性があるのです。

この点、日本の側で「対韓譲歩論」が力を失えば、韓国の側の「用日論」も同じく力を失わざるを得ません。韓国の「用日論」が力を得て来た理由は、実際にそのような考え方で、日本からのさまざまな協力を引き出すことができていたからです。

日本社会の変化に伴い、日本が韓国に不当利得を与えなくなることで、韓国国内では「用日論」が絶滅に追いやられれば、韓国に残るのは「純粋反日論」のみに変わる、ということでもあります。

韓国社会でこのような考え方が蔓延すること自体、韓国にとって良いことだとは思いませんし、韓国が未来に向けて発展し続けるためには、「①対等関係論」に相当する考え方を韓国側も身に着ける必要があることは間違いありません。

もっとも、日本が好意で「韓国さん、対等な主権国家としてともに手を取り合い、過去のことはすべて水に流し、未来志向で付き合っていきましょうよ」、と呼びかけたとしても、そうした呼びかけに現在の韓国が応じるとも思えません。

正直、韓国は韓国で好きにすれば良いのではないでしょうか。

日本は日本で、遠い未来において、たとえば992年後に韓国社会が変化し、日本との対等な関係を望むようになるのであれば、そのときに考えれば良いのではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 雪国の会計士 より:

    上下が大切な韓国目線で考えると
    ①対等関係論は日本=韓国、
    ②対韓配慮論は日本>韓国
    ③対韓追随論は日本<韓国
    といった感じなのでしょうか。

    日本に蔓延る②の配慮をしても韓国はいつも日本に対してマウントをとり、韓国が精神的とかなんとかいって上位にあると言う。
    なぜか?

    いま、日本素晴らしい! という番組やニュース、ツイート、動画などで見かける。

    その素晴らしい日本の上のポジションを韓国は取れば、結果、日本なんか大したことない、それより上に韓国が居ると、楽して上の席をとりたいのではと、思うようになった。(国際的に評価されるかは別)

    日本の良さを、韓国に向けては発信しない方法はないかしらん。

    1. だんな より:

      雪国の会計士 さま
      韓国は日本を下げて、日本より上という考え方です。
      そして、部分的に上だという事実を探し出して、全体的に上だと言ってホルホルするんです。

  2. だんな より:

    >用日派が期待する動きをしてくれなくなった日本

    過去の日韓関係の流れを見て、その延長線で日本政府の動きを見るとそう感じるんでしょう。

    全ては、「戦後が終わった」という事で、多分アメリカとは、コンセンサスが有ると思います。

  3. 禹 範坤 より:

    南朝鮮に起死回生の提案
    日本に戦争仕掛けて勝てば、全て解決w
    外為、債券。株式が持てば ですが

  4. いつも拝読している平民 より:

    お疲れさまです。
    992年後、いいですね。思わず拍手をしてしまいました。

  5. めがねのおやじ より:

    「たとえば992年後に韓国社会が変化し、日本との対等な関係を望むようになるのであれば」、、、。あと92年さえも、韓国は持ちませんって(笑)。

    早ければ3年以内に金融危機、国家経済破綻、民族滅亡、家計崩壊、クーデター、etc(爆笑)。いずれも日本は関わりませんよってに。

    1. めがねのおやじ より:

      菅総理はなかなかの知恵者で、信念を曲げませんね。靖国神社に玉串料を納めたのは良かった。親韓派はどうした?用日派もどうした?最近おとなしめだな。もう弾が尽きたかガス欠か。「日韓」と付くモノ、一切要らない。

  6. sqsq より:

    1945年8月15日の午前まで日の丸振ってたくせして被害者面。

    1. ムッシュ林 より:

      韓国人は当時日本人として連合軍と戦い、戦死した朝鮮人も靖国に祀られているのだから被害者面して文句言うのはおかしいですね。
      さらに言えば、A級戦犯は日本の朝鮮併合と関係ない上に、A級戦犯どもが勝てもしない戦争を始めて日本が敗戦したおかげで韓国は独立できたわけですから韓国人はA級戦犯に感謝した方がよいのではないでしょうか。

  7. 農民 より:

     いよいよ日本人のほとんどがブチ切れて開戦やむなしなんていうありえない所まで突き進んだら?と想像しましたが、あんだけ勇ましかった韓国人たちが口を揃えて「対話の扉は開かれている、韓国側は常に手を差し伸べている」とか念仏エンドレスリピートしていそうで。

  8. めたぼーん より:

    話はちょっとズレますが、最近、日本の中の媚韓派が、菅政権をディスカウントするために必死な気がします。マスゴミの偏向報道、野党の民主主義を無視した政権を渡せ論など。

  9. はにわファクトリー より:

    「兄貴ー、近ごろ冷たいんじゃありませんか。
    「うちらはこれまで阿吽の呼吸でうまくやってきた。
    「清濁併せて黙って呑み込む、それが義侠の契りことマッコリの誓いだったはずじゃないですか。
    「え、まずい酒とちゃらいおだては、もう相手にしない?」
    コリアスクールの最期とはこのこと、なのか。

  10. 名無しの権兵衛 より:

     菅内閣閣僚の靖国神社参拝に対して、韓国政府が「両国間の信頼関係を傷つける」などと厳重に抗議しても、以前ほどの効果を挙げなくなったのは、アメリカ政府の援護射撃が無くなったからでしょう。
     アメリカ政府の援護射撃が無くなった理由の一つは「中国の戦狼無法外交」ですが、もう一つは文在寅政権の「歴史問題を言い訳にした国際法破り」だと思います。
     北朝鮮問題について、日米韓連携を重視するアメリカ政府も、文在寅政権の度重なる「歴史問題を言い訳にした国際法破り」を目の当たりにして、さすがに日本政府高官の靖国神社参拝について「失望した」などと言えなくなったのでしょう。歴史問題を盛んに主張する韓国政府の本当の狙いをアメリカ政府もようやく理解したのだと思います。
     その意味で、文在寅大統領の功績は非常に大きいものがありますし、次期大統領も「共に民主党」候補が当選する方が、日本にとっては望ましいと思います。

  11. 新宿会計士 より:

    1. sqsq より:

      要するに韓国は押せばどっちにでもなびく国と思われてる。

  12. カズ より:

    >日本の側で「対韓譲歩論」のような考え方が勢力を失っている

    協力という名の支援。知恵という名の譲歩。
    用日派の甘言に乗せられての対韓配慮・・。

    正対する合わせ鏡では、自らの背後は見えません。
    彼らも後頭部を叩かれて、少しは学習したのかな?

  13. 匿名 より:

    1000年経ったら、じゃなくて、1000年経っても、ですよ。

  14. より:

    私の過去に党機関紙その他で見聞きした話の中では、日本共産党の場合は1も2も3も共に主張しておりましたね。私には1以外どうにも納得できず、その1が韓国側にその気がないという事実に直面して認識が変わっていったのですけれども。
    ただ、政権を執った事がないせいか、【日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。】のような話は一切でてきませんでしたね。国益のためとは言わない。また3では「日韓友好はとても非常に大切であり」という事ではなく、「日本が【何かを克服するために】韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ」という様な論調でした。その克服すべき課題としては日共の政権奪取自体が目標だったのかも知れず。他の何か崇高な理想だったのかも知れず。頭に入って来なかったので私としてはうろ覚えなのですが。或いは、あまりにも観念的なお題目だったので中身が元々空疎だったのかも知れません。そしてこうした対外路線、外交関係に関わる話は基礎的な組織の中ではほぼ議論になりませんでした。機関誌にそう書いてある(実は中身は読んでないので疑問も感じない)という感じが大半の同志の反応でした。ですから日共の平の党員全体が外国の手先であると自身も意識して積極的に韓国のために活動しているわけではないのです。しかし文在寅の自叙伝の日本語版が書評欄に出てくれば「ああそうか」と違和感もなく(書評だけ)眺めたり、おそらく青瓦台直で持ち込まれる「南北問題は話合いで」などという(よくわからない雲の上の話は)そのままオウム返しで復唱する。まったく腹にたまって居りませんでした。スポーツの国際試合で韓国チームが集団でジャッジに不服で座り込みするだとか、そういう非紳士的な行状があるとそれはスポーツ欄もあるのに一切触れない。昔WBCで日韓戦した時にたまたま韓国チームが勝利したらマウンド上に韓国国旗の小旗を立てるという暴挙がありましたが、「私たちもびっくりしました(謝罪はしない)」みたいな韓国人のインタビューで言い訳をさせてそれで終了。赤旗お得意の「スポーツマンなら斯くあるべし」みたいな綺麗ごともなく。そういう感じが今思うと系統だって続けられていたように感じます。誰か外国勢力のエージェントが突出して好き勝手を書いても、党中央の掣肘を受けなければ裏取りをしないでそのまま載せちゃうみたいな印象を受けました。

    1. j より:

      私も、朝日新聞と日本共産党は韓国系が力を握っていると思います。
      国政選挙の時も議員さんから、「ここだけの話、朝日からの情報では何議席とれそうです。」と、とても言いにくそうにおっしゃってたのが印象的でした。
      国際条約を破るのに噛み付かないのは、普段やってることと矛盾してます。
      昭和の小学生なら、「差別じゃ。差別じゃ。」となっていたでしょう。
      その当時は、普段から差別教育は熱心でしたから。
      ユーチューブの動画で実際の映像は見てないので本当かどうかわかりませんが、TBSの安住アナウンサーが「うちはハングルができなければ、出世できないです。」というのが流れておりました。

  15. ラスタ より:

     「なくても」の続刊は年明けあたりでしょうか。
     タイトルは「なければ」と想像します。
     来年夏には「ないから」が出ますかね。

  16. 門外漢 より:

    新宿会計士様

    >総理大臣が靖国に奉納

    これは 総理大臣が靖国に奉幣 が正しいかと・・・

  17. マスオ より:

    やっぱり出てきました。

    立憲民主党、今井雅人氏「閣僚なら靖国参拝するな!」
    https://sn-jp.com/archives/49470

    何言ってんだろう。この人。。。
    本当に日本人かな。

    1. カズ より:

      議員としての地位が一番 立憲民主党に相応しい今井雅人議員
      https://shinjukuacc.com/20181020-02/

      比例区復活当選4回
      民主→維新→民進→希望→国民→無所属→立憲(現)→次は共産なのかな?

      ↑この人ですね。大変な人が居たものです・・。

  18. オブ より:

    菅総理の原爆の日の演説も一部批判がありましたが、私は言い忘れたのではなく、あえて非現実的なことを言わなかったのであれば、評価します。おそらくそうだと思いますし、菅総理の現実的な感覚というのを私は評価しています。
    アジア諸国に対する反省やお詫びというのも日本は言葉だけでなく長く支援を続けて来ましたし、多くの国とは未来志向の関係を築けていると思うので、あえてくどくどしく述べる必要はないと思います。悲惨な戦禍を防ぐには言葉ではなく、自身の国を護る実力と歴史の失敗からも学び将来に生かす知恵です。
    韓国に対する中国の対応のごとく、韓国側の言うことは馬耳東風ぐらいの感覚で扱えばいいのだろうと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。