鈴置論考「韓国大統領選への米中介入と韓国核武装論」

李氏朝鮮時代から行動パターンはまったく同じ

地球から離れた場所で超新星爆発が発生しても、私たちの日常生活で話題に上ることはめったにありません。しかし、ベテルギウスが爆発したら、いったいどうなるのか、気になるところです。こうしたなか、昨日は嬉しいことに、ウェブ評論サイト『デイリー新潮』に、日本を代表する優れた韓国観察者といえば、鈴置高史氏の最新論考が出ていました。今度のテーマは「米中両国が韓国の大統領選への介入を始めた」とするものですが、これをどう読み解くべきでしょうか。

韓国という迷惑な超新星

韓国分析の記事が多くなる理由

これまで何度となくお伝えしてきたとおり、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』はあくまでも「金融」「経済」「政治」「外交」に軸足を置き、「客観的な事実にロジックを当てはめ、何らかの思考を楽しむ」場として設けたサイトであり、韓国専門の分析サイトではありません。

ただ、数年前から、やはりどうしても韓国に関する記事が非常に多くなってしまっています。

この点、かつては「もっと経済評論や国内政治評論に力を入れるべきではないか」、「韓国の話題を最もッと減らすべきではないか」、などと考えていたこともありますし、読者コメント欄でも、普段から優れたコメントを寄せてくださるコメント主の方から、そのようなアドバイスをいただいたことも事実です。

しかし、最近ではむしろ「読者の皆さまが深い関心を持っている分野のひとつが韓国論なのだ」と割り切って、「韓国についての話題を敢えて減らす」という努力については、もうやめることにしました。

何事も考え方次第なのですが、韓国に関する分析も、やり方次第では、間接的に地政学や歴史学、さらには現在の政治・経済・金融、果ては日本の将来について間接的に分析しているのと同じになるからです。

もしもベテルギウスが爆発したら…?

これについては、「地球のすぐそばで発生する超新星爆発」のようなものだと思います。

仮に地球の近くで超新星が出現していたら、その話題で数ヵ月は持ちきりになると思いますし、天文学に興味がない人でもこれについて深く知ろうとするでしょう。

最近の例だと、オリオン座で赤く輝くベテルギウスがごく近い将来、超新星爆発を起こすのではないか、などとといわれているそうです(※もちろん、宇宙における「ごく近い将来」といっても、地球時間でいえば数百年後かもしれませんし、数千年後かもしれませんが…)。

国立天文台に公表されている『壮絶な星の最期ー超新星爆発ー』(※PDF、大容量注意!)という資料によれば、超新星爆発を起こすと、「太陽の数億倍の明るさ」に達するのだそうです。

地球からの距離にもよりますが、ベテルギウス(地球から約642.5光年)の場合だと、最も明るいときでマイナス10等星、すなわち半月ほどの明るさに達します(※ということは、昼間でも確認できるほど明るく輝く、ということでしょうか)。

また、その後も2年間くらいは肉眼で確認できる明るさを維持するものの、その後は徐々に見えなくなっていくのだそうです(※なお、読者の皆様のなかで、天文学の専門家の方がいらっしゃるのであれば、読者コメント欄にて適宜補足してください)。

なお、現在、私たちの目に入っているベテルギウスは、642.5年前の姿ですので、じつはすでに超新星爆発を起こしているという可能性はありますが、なんとも壮大な話であることは間違いありません。

近くて実害があるからこそ関心がある

さて、なぜ「超新星爆発」について取り上げたのかといえば、人々の興味の在り様の具体例として、ちょうど良いからです。

もし仮にこの「超新星爆発」とやらが、地球から遠く離れた場所で発生したとしても、ときどき、時事的な話題として取り上げられることはありますが、天文学に詳しくない世の中の大部分の人は、さほど興味を持たないのではないかと思います。

なぜなら、さすがに私たち地球人の多くが確認できるとは限らないからです。

とくに、大都会に暮らしていると、夜中も空が明るいため、あまり星空を見ることはできません。したがって、地球から遠く離れた超新星爆発は、ネットニューズの片隅に載ってお終い、といったケースが多いでしょう。

韓国の場合も、これとよく似ています。

その理由は、なんといっても「日本からの近さ」にあります。

韓国が地理的に日本に近い、という事情もありますが、それと同時に、韓国が私たちの国・日本と密接なかかわりを持とうとしてきているからです(私たち日本人の側の「関わりたい」、「関わりたくない」を別として)。

これに対し、つい最近、アフガニスタンの首都・カブールが武装勢力・タリバンの手によって陥落するという話題がありました。

これは米国のユーラシア大陸戦略とのかかわりで、本来ならば大変に重要な話題であり、私たち日本人にとっても他人事ではありません(※これについては少しだけ後述しますし、また、可能であれば、近いうちに別稿にて取り上げたいと思っている次第です)。

しかし、どうしても日本から地理的な距離もあるため、圧倒的多くの日本人がこれに関心を持つ、という状況にはないようです。おそらく、現在の情勢だと、数日も経過すれば日本人の圧倒的多数の人々から、話題としては忘れられることでしょう(※本当はそれでは良くないのですが…)。

しかし、もしもアフガニスタン陥落と同じ出来事が、朝鮮半島で発生していたら、いったいどうなるでしょうか。

まず、話題としては間違いなく、日本中が大騒ぎになるでしょうが、それだけではありません。1950年に勃発した朝鮮戦争という前例もあることですし、地理的に韓国に近い地域では、大量の難民の発生をまずは警戒しなければなりません。

逆に、日本が1965年の国交正常化以来、当時はGDPが世界最貧国水準だった韓国に対し、陰に陽に支援を与えてきた背景には、「韓国経済を安定させれば、日本への経済難民の流入を抑止するとともに、韓国自身が北朝鮮に対する抑止力となる」という、当時の日本政府の判断ないし期待もあったのでしょう。

(※余談ですが、日韓国交正常化以来、50年以上が経過し、当時の判断ないし期待が正しかったのかどうかについては、そろそろ日本としても総括し、必要に応じて軌道修正しても良いのではないか、などと思う今日この頃です。)

したがって、朝鮮半島の動きについて、私たち日本人が警戒するのは、ごく自然の反応なのではないかと思ってしまうのです。

最新版鈴置論考と米中

今度の鈴置論考は「韓国大統領選に介入する米中」

さて、本日は大変にうれしい話題がひとつあります。

日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が昨日、ウェブ評論サイト『デイリー新潮』に、最新論考を寄稿されているのです。

韓国大統領選挙に早くも大国が介入 中国は「貿易」で、米国は「通貨」で恫喝

中国と米国が韓国の大統領選挙に干渉する。「大国の間を右往左往したあげく滅びた李氏朝鮮の姿を思い出す」と、韓国観察者の鈴置高史氏は言う。<<…続きを読む>>
―――2021年8月16日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

結論からいえば、リンク先記事は長文ですが、朝鮮半島問題に関心のある方であれば、あっという間に読めてしまいます。したがって、リンク先記事を、逐一、当ウェブサイトに転載するようなことはしません。

敢えて乱暴に要約するならば、今回の記事はリード文にもあるとおり、来年5月に任期を終える文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の後任大統領を決めるための選挙に対し、中国と米国が早くも干渉を始めた、という話題です。

不勉強かつ口が悪い人であれば、こう述べるかもしれません。

外国が他国の大統領選に介入するなど、陰謀論にもほどがある。バカらしい。

しかし、鈴置論考の恐ろしいところは、一見すると陰謀論にも見える主張に、具体的な証拠をテンコ盛りにしている点にあります(ちなみに他人の論考を「バカらしい」などと侮辱語を使って切り捨てようとする論者は、得てして、具体的な証拠を突き付けられたら逃げ出すものです)。

米中双方に付け入るスキを与える韓国

実際、韓国は中国、米国の双方に対し、「付け入るスキ」を与えています。

たとえば中国の場合、韓国経済にとっては輸出先として大変に重要であり、中国に対する輸出額は、多いときで韓国のGDPの10%に相当することもあります(※もちろん、実際には中国からの輸入額もあるため、議論は必ずしもシンプルではありませんが…)。

また、中国の場合はほかにも、現在の韓国(というよりも、正確には文在寅氏)が「欲しくて欲しくてたまらないもの」を与えることができる(かもしれない)、という立場にあります。

たとえば、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席が食糧難に悩む北朝鮮に支援をチラつかせて金正恩(きん・しょうおん)を北京に呼びつけ、文在寅氏と同じ席に座らせて、電撃的な「南北和解」を演じる、ということも、理屈のうえでは考えられます(北朝鮮がそれに応じるかは微妙ですが…)。

つまり、中国は韓国を「操縦」するための「飴と鞭」を持っている、というわけです。

さらには、韓国大統領選の直前である2022年2月4日~20日の日程で行われる予定の北京冬季五輪の場で、電撃的に「南北和解会談」などが行われれば、そのこと自体、文在寅氏にとっては「有終の美」を飾ることにつながるでしょう。

一方の米国が保有している「飴と鞭」は、ワクチン供給、通貨、半導体などです(とくに現在、米国では文在寅氏を「見殺し」にすることで「反米政権を許さない」とのメッセージを韓国人に送っている、というのが、以前からの鈴置氏の一貫した指摘でもあります)。

米中二股外交破綻と核武装論

以上の議論をまとめると、こんな具合です。

  • 中国:巨大な市場、南北首脳会談
  • 米国:ワクチン、通貨、半導体

異常の話であれば、当ウェブサイトでも頑張れば何とか書けると思います。

しかし、鈴置論考の場合、これらの主張の多くに、具体的な証拠(要人発言、専門誌の論考など)が伴っているのです。当ウェブサイトでは到底、鈴置論考に追いつくことができないのは、こういうあたりにあるのでしょう。

こうしたなか、鈴置論考の最終ページには、こんな記述が出てきます。

朝鮮半島を舞台に海洋勢力と大陸勢力が覇権を争った19世紀末から20世紀初めが再現したのです。当時、李氏朝鮮は清、ロシア、米国、日本と庇護してくれる国を探してさまよったあげく、どの国からも信頼を失い、最後は滅びました。

この記述、「相変わらず、歴史は繰り返すものだな」とうなずきながら読んでしまう部分でもあります。

もちろん、ここでいう「海洋勢力」とは米国であり、「大陸勢力」とは中国でしょう(※余談ですが、米国政府はその「海洋勢力」のなかに、日本を勝手にカウントしているフシがあります)。

個人的主観で申し上げるなら、日本による韓国併合も、自身の右往左往によって滅亡した李氏朝鮮の「尻ぬぐい」を押し付けられた、という側面が強いと思います。したがって、「その過ちは繰り返しませぬから」、が日本国民のコンセンサスになるべきでしょう。

ただ、鈴置論考のもっと恐ろしいところは、「米中二股外交が破綻し、右往左往する韓国」でお終い、ではないところにあります。それが、李氏朝鮮時代と現代の大きな違いです。

韓国人は核武装中立を選ぶかもしれません。『昔は力がなかったから大国にいじめられた。だが、21世紀の韓国は核兵器を運用する経済力を付けた。核さえ持てば中立が可能だ』と心の底で考えている韓国人が案外と多いのです」。

大変に重要な指摘です。

現在の韓国の科学力なら、さほどの困難なく、核武装できてしまうかもしれません(※その意味で、半導体製造などのさまざまな技術を韓国に教えことに関しては、日本が国を挙げて反省しなければならない点でしょう)。

そして、彼らもおそらく、本気でそれが可能だと勘違いしているフシもあります。

このあたり、本当に厄介なことです。

星取表と米国

サイゴン陥落は米国人のトラウマ?

さて、冒頭の議論では、アフガニスタンに関する話題を少し取り上げましたが、これに関連する話題を、もうひとつだけ取り上げておきましょう。

米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)には日本時間の昨日、アフガンの首都・カブールの陥落を、南ベトナムの首都・サイゴン陥落と重ね合わせたような記事が出ていました。

‘Saigon on Steroids’: The Desperate Rush to Flee Afghanistan

―――2021/08/15 19:59付 WSJオンラインより

これは、カブールの首都にあるハミド・カルザイ国際空港に、アフガニスタンを脱出しようとしている人が群がっている、とする話題ですが、記事タイトルにある「サイゴン」とは、アントニー・ブリンケン米国務長官による「(カブールは)サイゴンではない」とする発言に由来するようです。

米軍が南ベトナムを放棄して撤退したこと自体が、米国にとっての一種のトラウマになっているとの仮説に説得力が生じるゆえん、というわけでしょう。

壮大な星取表を作ってみても良いかもしれない

ところで、鈴置論考の末尾に出てきた「大陸勢力対海洋勢力」という表現については、じつは、鈴置氏が昨日、今日になって言いだしたものではありません。

個人的理解に基づけば、韓国の中国傾斜がとくに酷くなったのは朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代のことですが、記憶ベースでは、鈴置氏は当時から「米中星取表」のようなものを、精力的に作成していました。

これは、韓国を中国が取り込むか、米国が取り込むか、という、一種の勝敗表のようなものですが、これと同じような「星取表」を、もっと広範囲に作成してみても面白いかもしれない、というのが、鈴置論考を読んだときの感想でもあります。

この場合、「大陸勢力」には中国だけでなく、ロシアも加えるべきかもしれませんし、「海洋勢力」という概念も、「西側諸国」に拡張すべきでしょうか。

たとえば、フィンランドは欧州連合(EU)加盟国ではありますが、ソ連(現在のロシア)と国境を接しているという地政学的な特殊性からか、NATOには参加していません(具体的な参加国リストについては、外務省『北大西洋条約機構(NATO)』のページなどに詳しく書かれています)。

また、ウクライナはソ連からの独立以来、政権が親ロシア派と親EU派で綱引きを繰り返してきた国でもありますし、同じくトルコ、ミャンマー、ベトナム、香港、台湾なども、まさに大陸勢力と海洋勢力がぶつかる最前線にいる、という言い方ができるのかもしれません。

このように考えるならば、鈴置氏流の「星取表」に、韓国を落とし込んでみても面白いのではないかと思う次第です。

ガンマ線バーストと日本

さて、念のために申し添えますが、本稿冒頭に挙げた超新星爆発の話題、タリバンの話題などについては、鈴置論考とは無関係です。「超新星爆発に対する地球人の関心」を「韓国に対する日本人の関心」になぞらえたことについては、完全に当ウェブサイトの文責における主張ですので、ご注意ください。

ただ、ついでに申し上げるなら、俗に「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象に対し、人々の懸念があることは事実でしょう。

【参考】ガンマ線バーストのイメージ(※クリックで拡大)

(【出所】2019/117/21付・NASAウェブサイト “Hubble Studies Gamma-Ray Burst With Highest Energy Ever Seen” )

もっとも、先ほど挙げた国立天文台の資料によれば、ベテルギウスが爆発したとしても、それにより放出されるであろうX線やガンマ線は「大気で完全に吸収される」ため、「超新星爆発放出物は届かず、地球は滅亡しない」、と断定されています。

このあたり、「専門家の方がそうおっしゃるならば、たぶん大丈夫なのだろう」と思いたいところですが、個人的には天文学の素人なので、実際のところについては正直よくわかりません。

翻って、日本のすぐそばで朝鮮半島有事が発生しようものなら、それによる日本に対する影響が「対馬海峡や竹島によって完全に吸収される」といえるのかどうか、「半島有事による放出物は日本に届かない」と断言して良いのかについては、そこは微妙でしょう。

だからこそ、日本としては朝鮮半島有事の発生を警戒せざるを得ないのですが、そのように考えると、たとえば「韓国が北朝鮮とともに中華秩序に組み込まれる」などのシナリオも、無秩序な混乱が生じるのを避けるという意味においては、日本にとっては有益なのかもしれないと思う次第です。

(※余談ですが、日本が主導する「自由で開かれたインド太平洋=FOIP」を巡っては、個人的には「日本が米国を縛るための構想ではないか」、という仮説も抱いているのですが、これについてもどこか別の機会で述べたいと思います。)

読者コメント一覧

  1. 門外漢 より:

    雀百まで・・・と言いますが、朝鮮は朝鮮なりの踊りを続けるんでしょうなあ。
    哀れです。

  2. G より:

    韓国が核武装するとして、手っ取り早いのは北朝鮮で濃縮されたプルトニウムやウランを使うことです。技術はあっても核物質の濃縮は大規模な設備がないと出来ず、設備を稼働させるまでには時間がかかります。

    実は北朝鮮と韓国が緊密に連絡取ってて、北朝鮮が核ミサイルを準備して韓国がそれをSLBMとして搭載出来る潜水艦を作って、合作で核兵器実戦配備する。そんな可能性もあるのかなとか考えてます。

    1. ムッシュ林 より:

      北との統一を目標に掲げている文政権はそれを狙って作ったのでしょう。
      核は実際に持ってなくても持っていると信じさせるだけで十分な抑止力があります。SLBMを発射可能な潜水艦を保有するというのは何気に大きなメッセージだと思いますが、周辺国である日米中露の反応が乏しいのが気になります。

      1. より:

        誰もまともに稼働する(させられる)などとは思ってないせいじゃないでしょうか。
        実戦配備にまで行きつくかどうかすら怪しいと。そういう意味での韓国軍の「信用」は絶大です。

  3. より:

    半島有事による放出物ww

  4. 愛読者 より:

    外国の選挙に米露中が介入するのは定石になってきましたね。日本はどうかな。
    韓国では左派が立法・行政・司法・教育の政治を担っていて,右派エリートが経済を動かしています。そのため,政治と経済は仲が悪い。何故,左派が政治を牛耳っているのかは多少謎ですが,恐らく何十年にもわたる北朝鮮や中国やロシアの活動があって,その結果として政治の中枢部の人事権を左派が握って離さなくなったのでしょう。大衆に関しては,たぶん統計的には左派のほうが貧しくて,それがポピュリスムの原動力になっていると思います。
    次に誰が大統領になるにせよ,韓国の命運は中国に握られているように感じます。習近平政権がいつまで続くかは不透明なところが多いですが,仮に江沢民派の政権に戻っても,中国が韓国を対等に扱うことはないでしょう。
    中国はしっかりアフガニスタンにも手を出していますね。故中村哲氏の報告を読んでいると,アフガニスタンの地方では電気が来ているところは2~3%で,まともな教育はできていないようです。基本的には,狭い地域を単位とした地域社会の連合体で,機能している法律もなく,地域の習慣法だけが生きているようです。アメリカはそこに欧米型民主主義を導入しようとして失敗したのですが,タリバンは地域の伝統(基本的にはイスラム法)を尊重する政策で住民の支持を固め,結局政権を奪還しました。中国は経済援助でロシア・アメリカの後にアフガニスタンに足がかりを作ろうとしています。アフリカ諸国の場合と同じでしょうか。
    やっぱり世界は「米露対立」の時代から「米中対立」の時代に移行しましたね。韓国問題はその付属物。

  5. その辺のひと より:

    アフガンから米軍撤退で首都が簡単に陥落しました。
    いかに米国の影響力が凄かったか理解できます。
    韓国も同じで、米軍撤退となれば、どさくさに紛れて核武装するでしょう。
    最終的に統一も決行して貧国に転落するかもしれまでんが、それでも左派はやるでしょう。
    日本も今後のことを真剣に考えないと、核で恫喝された「新統一半島国」に貢ぐ
    弱小国になる可能性もあります。

    1. PONPON より:

      その辺のひと様

      >韓国も同じで、米軍撤退となれば、どさくさに紛れて核武装するでしょう。
      最終的に統一も決行して貧国に転落するかもしれまでんが、それでも左派はやるでしょう。

      おっしゃる通りでしょうね。
      民族主義に燃える民族は、経済なんかより軍事、特に核武装にこだわるように思います。
      かってのインド、パキスタン、今の北朝鮮等。

      鈴置氏が主張するように、核で恫喝された「新統一半島国」誕生のリスクを踏まえて今から対策を講じる必要があります。
      いずれ必ず、誕生するものと思います。

  6. だんな より:

    >「韓国大統領選への米中介入と韓国核武装論」
    鈴置さんじゃ有りませんので、無責任に妄想するニダ。
    韓国左派は、中朝の言いなり、保守は日米を利用するだけで、中朝に抵抗するかどうかは疑問です。
    既に韓国は、対立の防波堤としての機能が失われていると見るべきでしょう。
    中国が大統領選挙に介入するのは、既に多数の工作員で文大統領を生み出した実績が有ります。 
    アメリカは、お仕置きするからというポーズだけで介入出来ると考えているなら、ただ韓国人が不満を持つだけの結果になると思います。
    韓国人の投票行動は、前回の国会議員選挙で「情緒的に扇動される事」が分かっています。韓国最大の国民感情は「反日」ですから、大統領候補者の行動は、「相手候補より反日的」、「親日派のレッテル貼り」大会に持ち込もうとする中朝工作員が支持する左派候補者が、有利になるでしょう。
    今、韓国国内は日本が以前のように言うことを聞かない為「反日ストレス」が、溜まっている状況ですので、有る事、無い事、出来ない事を言い出す候補者が、出て来て支持を得るでしょう。
    考えようによっては、日本が韓国の大統領選挙に一番影響を与えるという事で、中国はこれを利用する事が出来ますが、アメリカは利用出来ません。

    韓国の核保有については、周辺国が認める事は無いと考えていましたが、今回のアフガンのように中国が「東北アジアの安定」に繋がると言い出す可能性が、あり得ると感じました。

    1. ムッシュ林 より:

      概ね同意ですが、韓国の核保有中国が認めることはないのではないでしょうか。一応、中国も北朝鮮の非核化という目標にはコミットしています。北朝鮮の核保有が日本などの周辺国の核保有に繋がりかねないから非核化を主張してるわけで、韓国にも表立って同意するとは考えられません。

      1. だんな より:

        ムッシュ林 さま
        >韓国の核保有中国が認めることはないのではないでしょうか

        私もそう思ってましたが、そうではない可能性も考えておいた方が良いような気がしたのです、

    2. 小太りTAK より:

      だんな様のコメントを読んで嫌なことが頭にちらつきました。

      日本を利用して韓国大統領選に影響を与えられる中国と、それのできないアメリカというと部分。仮に”韓国保守派(用日派?)なら日本から譲歩を引き出せる”などという設定を作られた場合はアメリカでも反日感情を利用可能なのではないか・・・と。

      そこまでして韓国を海洋勢力側に置いておくメリットが無いことを、アメリカとしっかり話をしておく必要があるのではないかと思いました。

  7. めがねのおやじ より:

    「文在寅 野垂れ死作戦」は、なりふり構わず米国が米韓軍事演習を遂行したように、要は襟首持って締め上げ、揺さぶるようにやれば韓国は仕方なく中国に嘘の弁明して参加するという事でしょう。

    しかし、千数百年宗主国で奴隷根性が身に染みた朝鮮(南)は、中国がどうしても恐ろしい。反米で大衆に迎合する候補者、ポピュリストの李在明京畿道知事が選ばれる可能性は高いです。親米派は尹氏以外、名前が出ません。

    日本とすれば、韓国大統領選などに首を突っ込まない方がいい。なぜなら、韓国民が反日(用日)で、日本は誰が選ばれようが、チカラを貸しても当選その日から損をし、逆恨みされるからです。

    米国はアフガニスタンのようにしてしまう気がします。もちろん、北京まで1,000km未満、平壌まで最短100kmという立地は恵まれているので、平沢、烏山基地はスグに手離しはしないでしょうが、何も経費対効果が薄い(金払いの悪い韓国)空軍基地を維持せずとも、日本海、東シナ海に空母打撃群と日本海自が支援艦隊を遊弋させ、また支援基地は対馬、九州北部の自衛隊基地を利用すれば済みます。

    米国はどうせいずれは韓国から撤収するでしょう。その時迄に日本は力を蓄え、日米同盟で避難民の扱いを取り決めする必要がありますね。

  8. sqsq より:

    >中国と米国が韓国の大統領選挙に干渉する。「大国の間を右往左往したあげく滅びた李氏朝鮮の姿を思い出す」と、韓国観察者の鈴置高史氏は言う。

    李朝末期に朝鮮王が1年間ロシア大使館に逃げ込み、主権放棄、そこで執務するという前代未聞の事件が起こった。(露館播遷)ロシアの口車にのったのだろう。これで李朝は国際的な信頼を失う。このあと発行された貨幣には、なんと鷲の紋章。(さすがにロシア帝国の紋章の双頭ではなく単頭)ちなみにこのコイン、収集家の間では珍品。
    この国はほんとうに笑わせてくれる。
    みつごの魂なんとか、中国、アメリカの介入で今度はどこに逃げるのかな。

    1. ちょろんぼ より:

      sqsq様

      李朝末期どっかの王様がロシア大使館で居候した件ですが、本来は清大使館で
      居候するのではと思っておりました。
      しかし、当時の清は漢人帝国ではなく、朝鮮と同じような遊牧民族出身が建国した
      帝国なので、清をどっかの国が蔑んでいた事から、ロシア大使館で居候する事に
      なったのです。
      でも、何故ロシアなのだろう? 日本以外なら、欧米の大使館もあったはずなのに?
      不思議です。 現在の中共は漢人帝国なので、安心して中共大使館で居候できますね。

    2. ムッシュ林 より:

      面白いです。勉強になります。

  9. 大陸老人 より:

    尹錫悦氏は日本から見れば、まあ真っ当な人のように見えますし、その判断でいいと思います。福島の問題でも「放射能」との発言に会計士様は異議を唱えていましたが、爆発とか汚染水とか無茶苦茶なこという韓国の一般国民よりははるかに真っ当です。しかしあらためて中央日報の記事を見ると、「韓米同盟が隙間なく強固でこそ中国も日本も韓国を尊重」というのは、「米韓同盟を再構築すれば日本は黙る」と言っているのに等しい。こんな政治家は今のバイデン政権にとって大変有難い政治家ではないか。もともと米国民主党は日本への当たりが強く、中国寄りだし、日韓問題では韓国の肩を持つ。尹氏が大統領になるとまた米国の韓国贔屓が始まりそうだ。一般韓国国民としてなら尹氏と親しくしたいが、次期大統領としては李在明京畿道知事が日本にとって良いのではと思う。

  10. マスオ より:

    歴史は繰り返すと言いますが、歴史から学ぶとも言います。
    日本は、二度と同じ過ちを繰り返さないために、K国とは積極的に関係を薄めていき、災難に巻き込まれないようにして頂きたいです。
    係るとろくなことない。マジデ

  11. PONPON より:

    >「韓国の話題を最もッと減らすべきではないか」、などと考えていたこともありますし、読者コメント欄でも、普段から優れたコメントを寄せてくださるコメント主の方から、そのようなアドバイスをいただいたことも事実です。

    特に、「対中国の見地から、韓国とは極力協力する方が良い」と考える人の中には、この新宿会計士様のブログを苦々しい思いで見ている人もいるのでしょうね、もっと中国の話題を増やすべきだということで。。

    私個人としては、新宿会計士様の方針に全面同意いたします。
    おっしゃるように、韓国の反日絡みの話題に興味を持つ人が多いということもありますが、対中国に比較して対韓国は複雑な要素が絡まっているので、日本の国益上、その構造と現実を把握理解するために、知識豊富で頭脳明晰な方々(私以外)が出入りするこのブログで各種コメントを出して頂くことは極めて有意義だと思うからです。
    私個人としても、日々大変勉強させて頂いております。

    中国はもはや世界の悪者で、そのリスクを殆どの主要国が認識し、協調して安保経済対策を実行しています、今後もその流れは変わらないでしょう。
    ある意味、日本はその波に乗り、同調して対処すれば足りるという側面が強いかと思います。

    一方韓国はどうか、特に西側先進諸国において、韓国は日本の後追いをする普通の民主主義国家であり、かつかって日本に蹂躙された気の毒な国としてみなされています。
    また安保、経済的にも、特に日本の親分アメリカと関係が深く、アメリカ国内の親韓派勢力は相当なものです。
    その韓国から、日本は執拗にいわれのない攻撃、嫌がらせを受け続けていますが、その攻撃嫌がらせは日本による韓国への過去の非道な行為に起因するものだという誤った認識が、アメリカをはじめとする主要国に共有され、同情心等から、韓国の現状の行為の不当性が覆い隠される、という側面が常に内在しています。

    また近年、KPOP等の韓流文化の文化的影響により、韓国のイメージは格段に向上しており、その面でも日本は不利な状況になっています。

    こういった状況から、日本にとって、対中国に比較して対韓国は実に複雑な状況になっており、簡単に日本に追い風を吹かせることはできません。
    それは対外国だけでなく、対国内でも同じであり、日本は自ら積極的に韓国のリスクを内外に知らしめなければ、自然と日本不利な状況が加速化される可能性が高いものと考えます。

    韓国リスクを洗い出して広く内外に知らしめること、それが日本の国益上、必須かつ重要なことだと思います。
    なお当然ながら、韓国が狂ったような反日をやめて特殊な国から普通の国になるならば、日本にとっても是々非々で協力することがベストなのでしょうが、韓国が変わる可能性はゼロ、むしろ悪化するものと、完全に諦めきっております。。

    1. より:

      個人的には、「対中国の見地から、韓国はもはやどうでもいい国であり、最低限の取り扱いで構わない」と思っています。実際問題、文在寅大統領の発言よりも、王毅外相の発言のほうが、日本や世界への影響は大きいでしょう。その意味では、中国にかかわる問題をより多く取り扱ってくれたら嬉しいなとは思いますが、一つ大きな問題があります。
      数字とデータを基に議論するという本ブログの主旨からすると、中国政府が発表する数字は全く信用できないため、議論しようとしても、全く見当違いの議論になりかねない危険性があります。「株屋の新聞」であれば、数字を鵜呑みにして囃し立てるというので問題ないでしょうが、それでは思考実験にすらなりません。

      中国経済に関しては、様々な噂が飛び交っており、中国経済崩壊論も幾度となく唱えられてきましたが、今のところまだ(多分)崩壊には至っていません。多くの崩壊論は、それなりの論拠を示した上でのものでしたが、ほぼ外れるに至ったのは、そもそも論拠とした数字が間違っていたのか、数字以外の要因が作用したのかのいずれかでしょう。
      かつて、温家宝前首相は「各省から上がってくる数字は全く信用できない。だから、私は総発電量と鉄道総輸送量を基に政策を考える」旨発言したそうですが、確か、どちらの数字も公表されなくなってしまいました。外部から中国経済の実態を推測する有力手段が一つ失われてしまったことになります。

      中国は韓国なんぞとは比較にならないほど巨大で複雑です。同様に、日本に及ぼす影響も韓国とは比較になりません。こう言っては何ですが、韓国ごときでオタオタしているようでは、とてもではないが中国と対峙するなんてできないのではないかと危惧します。
      まだ一部ではありますが、ようやく韓国・北朝鮮に対する「幻想」が晴れつつあるのは喜ばしいことだと思いますが、その先にはもっととんでもない「怪物」が控えていることを念頭に置いておくべきではないかと思います。

      1. PONPON より:

        龍様

        中国の脅威は韓国をはるかに上回るのはその通りでしょう。

        但し上に書きましたように、
        中国リスクはアメリカをはじめ西側諸国が認識しているため、それにどう対処していくか、日本はその方向性を共有し、同調して対処すれば良いという面があるのではないか、
        一方韓国のリスクは日本のみが認識せざるを得ず、かつ同盟国アメリカとの間で利益相反の面があるので、日本が独自で対処せざるを得ない、

        という意味での複雑性と要自主解決性があり、その複雑性等があるゆえに、このブログでの韓国の数々の非道な行為に対して各人が興味を持ち、コメントを寄せるのではないか、また例えば日米韓連携派やFOIP推進派等等、全く異なった政策等を議論する価値があるのではないか、ということです。

        また単に韓国の方がむかつくので色々コメントしたい、というコメント主様も多いかと思います。

        現状中国はほぼ敵国、アメリカは完全な同盟国です。
        しかし、かってイギリスの首相パーマストンが「わが英国にとって、永遠の同盟もなければ永遠の敵もない。あるのはただ一つ、永遠の英国の国益のみ」という言葉のように、同盟関係や敵国関係は固定されたものでありません。

        龍様おっしゃるように、中国にかかわる問題をより多く取り扱うことにも当然ながら反対しませんが、私としては中国を語るのなら、韓国を語るよりももっと大きな視点、そもそも国力が低下する日本がどう生き残っていくのか、もはやアメリカを上回って一番の輸出入相手国となった中国と安倍前首相が唱えた戦略的互恵関係を維持するのか否か、それを踏まえてアメリカとどう同盟を維持するのか等々。。
        敵国中国をどうやっつけるかということでなく、そもそも斜陽日本がアメリカ&中国とどう長期的戦略的関係を保持するのが望ましいか、といったより根本的な課題のコメントに興味があります。

        中国は韓国と比較にならないほど世界に与えるリスクが大きい、逆にいえば重要度が高く、現実的に、日本にとってもないがしろにできない相手なのでしょう。

        あと、
        >数字とデータを基に議論するという本ブログの主旨からすると、中国政府が発表する数字は全く信用できないため、議論しようとしても、全く見当違いの議論になりかねない危険性があります。

        そのご意見は少々違和感があります。
        このブログにおいて数字とデータを基にしない韓国に関する話題はも山ほどありますので。。
        新宿会計士様が中国関係の話題を提供をされなくとも、龍様ご自身が提供されたら良いのではないでしょうか?

        1. より:

          韓国について取り上げるべきではないなどとは、けして言うつもりはありません。不幸にして地理的な関係は変えようがないので、韓国の動向が日本には全く無関係であるなどと言うことはないからです。しかし、韓国でどれほど「愉快」な発言がなされようと、日本としては「合意を守れ。国際法を遵守しろ。グダグダ言わず、具体的な解決案を持ってこい。そしてそれを実行に移せ」としか言いようがなく、少なくとも文在寅政権の間はそのままでしょう。そして、おそらく政権が代わっても、韓国の「国民情緒」から考えれば、何も変わらないでしょう。仮に非左派政権が誕生したとしても、「反日」は変わらないからです。
          別スレでもコメントしましたが、大統領選モードが本格化すれば、候補者たちの「反日合戦」は全開になります。特に左派はそれ以外にアピールポイントがないので、一層激烈になるでしょう。非左派にしても、親日派のレッテルを貼られたら致命的なので、反日強度を上げざるを得ません。
          個人的には、そもそも「まともな選挙」が行われるかどうか疑問に思っていますが、どう転んでも、向こう半年ちょっとは「愉快」な発言が飛び交うことはほぼ確実です。(なお、PONPON様は、非左派政権誕生の暁にはアメリカが理不尽な圧力を掛けてくることを危惧されていますが、非左派政権の誕生が確実になってから心配しても遅くはないと思います)

          韓国人の価値観や思考法が日本人のそれとあまりにかけ離れているため、様々な「愉快」な言動について理解に苦しむというのはわからんでもないですが、その由来や理由についてはこちらでもずいぶん議論しましたし、今のところその範囲を超えた「愉快さ」を韓国は示していません。つまりは、複雑でも何でもないとすら言えると思っています。

          > 龍様ご自身が提供されたら良いのではないでしょうか?

          雑談部屋でたまにネタを投下したりしてますが、ほとんど反応はないですね(苦笑)。アメリカ共和党による、武漢肺炎の起源に関するレポートは結構インパクトのあるネタだとは思うのですけど。

  12. Naga より:

    鈴置氏の論考が出たなら、近い内にBSフジプライムニュースにでるでしょうね。

    日本に対して勝手に被害妄想や恨みを募らせる韓国が核を持つと、中国より危ないので中国の衛星国になる方がいいですね。そして立派な中国人になってもらいたいですね。500年くらいでなれるでしょうか。

    1. PONPON より:

      Nag様

      >日本に対して勝手に被害妄想や恨みを募らせる韓国が核を持つと、中国より危ないので中国の衛星国になる方がいいですね。

      同感です。
      中国の一部になって中国のコントロール下になって頂く方が、日本にとってプラスだと思います。
      もっとも、中国にとって迷惑な話かもしれませんが。。

  13. 元ジェネラリスト より:

    ベテルギウスに反応します。
    ガンマー線バーストは、超新星の自転軸方向(北極・南極)からビームとして放出されると考えられているそうで、それが地球に直撃すると、生物が死滅するほどの影響があるだろうという話でした。
    その後、ベテルギウスの自転軸は地球方向から20度ほど傾いていることがわかり、仮にベテルギウスの終焉でガンマー線バーストが発生したとしても、地球に影響は無いだろうというオチだったと思います。

    とはいえ自転軸が今後も変わらないのかどうか、わかりませんけどね。
    「一発だけの誤射」的なガンマー線バーストが地球を襲うかもしれません。

    1. りょうちん より:

      超新星爆発が太陽系を襲うというのはSFではわりとありふれたネタです。
      それまでに、人類が太陽系外に脱出する案とかグレートウォールを作るとかが定番ですね。
      「宇宙のステルヴィア」が一番ポピュラーでしょうか。

  14. がみ より:

    アフガニスタンの方々には大変気の毒ではありますが、アメリカの民主党バイデン大統領のお花畑思考によるアフガン撤退により、事前の報告では戦力が最低でも3倍以上あるはずだった政府軍をタリバンがほんの1週間で駆逐し、首都陥落・国家元首亡命・反米政体樹立を受けて、ベトナム戦争終演の再来が起こってしまいました。

    いくらアメリカ政府がベトナムとは違うと言い張っても、英国始め共同参戦国は激しく怒っています。

    結局、親露中政権をバイデン政権が作り出したのであり、ベトナム戦争実質的敗北以来のトラウマ再発は必至でしょう。
    (まぁ言ってしまうと、アメリカ建国以来の対外戦争で明確な勝利を飾ったのは唯一対日本戦だけで、あとは有耶無耶か負け戦なのですが。)

    さて、そこでトラウマ再発とパニック(朝鮮半島で同じ事が起きれば、アメリカですら大統領弾劾が起き政変になりかねません)に陥ったアメリカが、韓国に戦時作戦統帥権まで寄越せと言い張る面従腹背すらかなぐり捨てた親中・親露(ヒュンダイが絶望的な中国市場を諦めてロシア市場に進出するために製造工場を新設中ですし新型コロナワクチンのスプートニクⅤの代理製造も韓国内でやってます)の旗色が明白で、アメリカに来てさえ在米韓国大使が「アメリカにつくか中国につくかは韓国の自由だ!」と言い放つ国を信用したり軍事を任せたりするでしょうか?

    韓国悲願の核武装も北や露中から密かに完成品を持ち込む(これが一番可能性が高い)ことでは可能でしょうが、自国開発は恐らく無理です。

    なにしろ核を持ちたい理由が対日本での使用と国のポジション上昇という中身スカスカで長期の大局を見ての事ではないのですし、北や中国に使用するつもりも大義も持たない国ですから。

    ですが、アフガニスタン情勢を受け アメリカの思考は完全に変わったはずです。

    アメリカにとっての最大命題は
    ・中露の旧共産主義国による覇権の阻止
    ・イスラエルに対抗する中東の危機排除
    ・世界の中でのアメリカ利権の永続的確保

    ですから、日本も台湾もエジプトも韓国も利用価値のある間の手駒でしかありません。
    日台の立ち位置は危険水位が上がり重要度が増しはしましたが同位置ですが、韓国の立ち位置はこの数週間で全く変わってしまったのですがどれだけの韓国学術機関や政治家や韓国民が激動の始まりに気づいているか疑問です。

    1. チキンサラダ より:

      バイデンでなくてもアフガンは見捨てるしかなかったと思いますよ。そもそも撤退を合意したのはトランプですし。

      駐留はお金も相当にかかりますし、アフガンは兵士の犠牲も多かったですからね。アメリカ兵の死亡は政治的コストが高すぎて、政権には痛すぎるんですよ。

      そもそも、アメリカ軍は太平洋で中国と対峙することに優先順位を置き始めてますから、アフガンから撤退すること自体は極めて合理的な判断です。

      私もこれで IRS に払う税金が安くなると嬉しいです。

  15. オブ より:

    FOIPとかクアッドという枠組みは、対中国を考えたときに韓国は信頼できないという日米の共通認識からの構想なのではと感じています。やはり踏み絵は踏みませんから韓国としては決められずこのままいくのだろうと思います。条約破りも常態化している韓国は協同できる相手ではないことを定義づける必要があります。
    他国のことなのでどうなろうとも思いますが、いかんせん距離が近いから政変時には影響があります。独特の価値観がありますから統一したら更に混乱し政情が不安定になるでしょう。「なんとかに刃物」ではないですが、保持した核もコントロールが効かないリスクが大きいです。ただ遠くの国は朝鮮半島のことは知りませんからね。一時的な祝勝ムードはあるでしょうし、日本にもその流れに乗ろうとする勢力も一定数いると思います。そして何より発生するだろう多量の難民の対応が心配です。これもマスコミや一部の「人道的」な立場に立つ人達が支援を主張すると思います。応じれば日本の将来にとって禍根を残すリスクが大きいです。
    国家が保てず無政府状態になるのも困るので日本としては今の南北に分裂して牽制し合う状況が望ましく、南はアメリカ、北は中国に任せてできるだけ関わらない、協力もしない対応がいいのだろうと思います。拉致問題もこちらから頭を下げる話ではないです。向こうが降りざる得ないように圧力をかけ続けるべきです。飴をちらつかせての交渉ではなく憲法改正のほうが効くと思います。多分、日本が再武装した方が、朝鮮半島や中国は襟を正すでしょうしマネージしやすいと思います。
    先の大戦の反省でもあります。大陸側との関わりには十分注意が必要です。疎遠でいいです。

  16. チキンサラダ より:

    多くの国のの選挙にも外国勢力が介入してることは、徐々に明らかになってきましたが、韓国大統領選も、もちろんその一つでしょうね。
    ただ、中国の積極的な動きと比べて米国のそれは冷めたいるように思えます。慢心しているのか、興味がないのか。
    鈴置論考で繰り返し強調されてきた「米国から韓国民へのメッセージ」ですが、私は少々疑問に思っています。米国のメッセージをまともに読み取る能力のある韓国人は極めて少数派ではないでしょうか。それに米国が気づいているかどうかはともかくとして。

    こちらのブログが近年韓国の話題に寄りすぎているのは確かですし、私ももっと中国にフォーカスしてもらいたいと願ってる一人ですが、一方人は興味がわくものに多大な生産性を見せる生物でもあります。新宿会計士様が知的好奇心を持たれる限り、韓国の話題を取り上げれば良いのではないですかね。

  17. 迷王星 より:

    かねてよりシンシアリー氏が著書やブログで繰り返し予測している通り,日本に核攻撃する可能性(危険性)がより高い主体は,現状のような北朝鮮よりも(南北統一後に北の核を手に入れた)韓国です.

    何しろ,韓国は小学生低学年が日本への核ミサイル攻撃の絵を喜んで描いてそれを教師(当然ですが,全教組だろう)が褒め,その残虐な絵(同様のを何枚も)を「地元の小学生の絵画展」として鉄道駅の誰もが通り眺めるスペースに掲示する国なのです.

    南北統一前でも,韓国が核兵器を独自開発すれば,最近,次々に同型艦が就役しているSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)用のVLS(垂直発射装置)付きの通常動力潜水艦に搭載する弾道ミサイルに独自開発の核弾頭を搭載することは確実で,真っ先にその核弾頭付き潜水艦発射弾道ミサイルのターゲットとされるのは,小学生までが喜んで核攻撃をしたがる憎むべき仮想敵国つまり日本であるのは疑問の余地がない.

    そのSLBMに関しては,韓国は既に保有していると言ってもさほど大袈裟でも間違いでもない.韓国は既に陸上発射用のSRBM(短距離弾道ミサイル…紛らわしいがSLBMとは別の略号)として,現時点でも射程800キロの玄武3を元に潜水艦発射用に改造するのだろうと予測されている.(当初は潜航したままの発射は無理でも発射時に浮上して発射すれば良い.弾道ミサイルの潜水艦VLSからの発射は極めて短時間…イージス護衛艦が対空ミサイルのSM-2/3/6をVLSから撃つのに要するのと同程度の時間,つまり秒単位…で終わるので浮上するのも短時間で済み,どこかの国の「潜水空母」なる珍兵器とは違って軍事的には確実に一定の価値がある(狙われている国にとっては確実に大きな脅威となる).

    韓国の日本海沿岸(例えば,韓国本土と鬱陵島との間の韓国潜水艦のサンクチュアリ 注※)から撃てば,現在の800キロの射程でも関東圏の殆どとそれ以西の中部・近畿・四国の全ておよび九州(南西諸島の一部以外)が韓国の核付きSLBMという現実には殆ど迎撃不可能な脅威の射程内に入る.

    注※:この海域は,流石に韓国海軍に対して圧倒的に優位に立っている海自の対潜能力(対潜哨戒機による空中からの哨戒でも海自潜水艦による水中哨戒でも)を以てしても,韓国潜水艦の行動を封じ込めることはほぼ不可能だと考えられる.このエリアは完全に韓国側のADIZ(防空識別圏)なので,海自の対潜哨戒機が入ろうとすれば韓国空軍の戦闘機にインターセプトされて100%排除されてしまう.海自潜水艦による水中哨戒も流石に韓国海軍の駆逐艦や対潜哨戒機による警戒が徹底して行われると極めて難しい.そういう意味では韓国本土と鬱陵島との間の海域は,韓国の潜水艦にとっての日本海側でのサンクチュアリと言って過言ではない. ※終

    アメリカから韓国の保有し得る弾道ミサイルに対して課せられている800キロという射程制限は,最近撤廃されたというニュースもある.もしもそれが本当ならば,短距離の玄武3ベースに射程1000キロを超えるIRBM(中距離弾道ミサイル)化するのは容易と予測されている.

    搭載する弾道ミサイルに概ね1200~1300キロ以上の射程があれば,韓国の弾道ミサイル潜水艦は,日本に捕捉されるリスクが(ほぼゼロではあるが)完全にゼロとは言い切れない日本海側に行かなくとも日本側が全く哨戒不可能な韓国の黄海沿岸域から関東以西の全てを韓国の核の射程に収めてしまうので,発射前にプラットホームの弾道ミサイル潜水艦を日本が無力化する(要するに継続的に行動を捕捉・追跡し発射準備の浮上を開始した時点で攻撃&撃沈する)ことは全く不可能になる.

    韓国の核保有とそれが惹き起こす軍事的脅威に関しては,日本はアメリカに対して「韓国が核保有をすれば,アメリカがどう反対しようと日本も自国防衛のために対抗して核付き弾道ミサイル潜水艦を保有せざるを得ない.アメリカが(アメリカとの核シェアリングではない形での)日本独自の核保有を絶対に許さないと主張するのならば,韓国の核保有をアメリカが有する全ての手段(経済,謀略,暗殺,軍事)を使ってアメリカ自身の責任で確実に阻止して貰わねばならない」とでもアメリカに厳しく(日本独自の核保有に関する一種の最後通告として)要求し,アメリカ側から言葉だけでなく韓国に対する核禁止の具体的で検証可能な手順や証拠を日本に提供させねばなりません.韓国が核を保有するのは,キチ●イに刃物も同然ですから.

    出来ることならば,韓国潜水艦のVLSに搭載可能なミサイルの種類に関しては,米国による規制と管理(米軍による定期的監査)を行わせて,玄武3改などの弾道ミサイルなど,日本にとって迎撃が困難で先制攻撃に使用されると大きな脅威となる兵器は搭載を許さないように軍備管理をさせる必要があります.これは韓国を子分とする(そして反日を放置どころか助長もした張本人のCIAや国務省を有する)アメリカが負担すべき責務です.

  18. いちおう理系 より:

    >ベテルギウスが爆発したら、いったいどうなるのか

    約548光年(+88-49)は、さすがに遠すぎで、直接的な影響は「数か月 夜空が明るくなる」ことでしょう。 これによる生態系影響は人類の発明した「電灯」より小さいでしょうね

    >宇宙における「ごく近い将来」

    感覚的に尺度換算すると「最近、サル科の動物の一種が火を使うテクノロジー文明を獲得したようです。詳細は確認中です」みたいな感じ、10万年以内

    >ガンマ線バースト

    これも遠すぎですが、約100光年先の架空の超新星爆発(静的ブラックホール連星だと、未発見の可能性はある)について高名なハードSF作家であるイーガン氏が「ディアスポラ」と言う作品で考察した例が興味深いので紹介します。(欧米の高名ハードSF作家は本業が理論物理学者だったりそういう人達と親密だったり結構考察は厳密であなどれないことも多し)

    1.ガンマ線の直接影響
        大気減衰するので軽いヤケド程度。しかしガンマ線はエックス線より透過率が高く
    深部ヤケドや癌被害は多い。非常に軽度な原爆症様態

    2. 間接影響
      ①広範な大気電離 ②オゾン層の瞬時消滅 ③ ①②の結果として大気中の窒素酸化物
    NOx濃度の急激・大幅上昇

    2-1.短期間接影響
    ①の結果として、東京大空襲に匹敵するような大規模落雷と嵐が地球の広範囲の地域を襲う
    2-1.長期的間接影響
     ③の結果として数十年に渡る強酸性雨による地球上の水分・海洋のpH減少
      この結果として植物層が壊滅的打撃を受け大気中の酸素激減

    3.結論
     ペテルギウスのガンマ線バーストが数兆?数京?分の1の確率で地球を指向していたり、あるいは100光年程度以内でガンマ線バーストが起これば、地球の生物は先カンブリア時代のスノーボールアースに匹敵する大役災・大絶滅に見舞われ、ウイルス・バクテリアのような単純生物から数億年かけてやり直す必要に迫られる。

    追記
     グレッグ・イーガン「ディアスポラ」とっても面白いおすすめハードSF小説ですが、SFマニアか理系人間以外には読むのが辛いかも(笑)
       

    1. いちおう理系 より:

      御覧になればわかる通り、上述のガンマ線バーストのような役災では「ほぼ瞬時のテクノロジー文明消失」「長期的には生物絶滅」であり、これに対し「現在の」人類がとれる対処は「そんなことが起こらないよう祈る」ことぐらいです。火星に移住したところで大した違いはありません。
       但し「スペースコロニー」では、そもそも住むには「宇宙線対策」があるはずなので文明・人類・生物ともに生き残れる可能性はあります。
       しかしながら某有名アニメのように人類同志がいがみ合って戦争するような状況ではスペースコロニーを建設し、移住するような大量人員・物資の宇宙打ち上げは不可能なのでそれは夢でしょうね

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。