文在寅氏の訪日「決まった」?「未定」?矛盾する報道

で、結局、文在寅氏は日本にいらっしゃるのか、いらっしゃらないのか。韓国メディアの週末の報道などを眺めていると、「訪日が確定した」という記事や、「訪日は未確定」という記事が同じメディアに掲載されるなど、かなりの混乱をきたしているようですが、ただ、日本の側は国際社会のルールを尊重し、国際社会を味方につけ、原理原則をしっかりと守りつつ泰然自若としていればよいのではないかと思う次第です。

瀬戸際外交は無視が基本

何となく以前から感じていたのは、中国や韓国、北朝鮮はときどき、日本などに対し、とんでもない難癖をつけてくることがあるのですが、そうした際の正しい対処法は、「国際社会を味方につけ、あとは無視する」ことに尽きるのではないか、と思います。

しかし、日本の企業や外務省などには、「相手の怒りを鎮めようと譲歩する」、という、傾向がみられました。

普段から当ウェブサイトで申し上げているのが、「ゼロ対100」理論と呼ばれるもので、2月に発刊した拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』の57ページ目にも転載したのですが、書評などを拝読する限り、かなり多くの方々に「ああ、なるほど」と納得していただけたようです。

ゼロ対100理論とは?

自分たちの側に100%の過失がある場合でも、インチキ外交の数々を駆使し、過失割合を「50対50」、あるいは「ゼロ対100」だと言い募るなど、まるで相手側にも落ち度があるかのように持っていく、韓国や北朝鮮が好んで使う屁理屈のこと。

この「理論」に基づけば、日本が100%勝ったとしても、日本の利得はゼロであり、少しでも日本から譲歩を引き出せば、韓国にはかならずいくばくかの利得が生じます(図表1)。

図表1 ゼロ対100理論における得失表
ケース相手の得失日本の得失
100%、相手が勝った場合100の利得100の損失
日本と相手が引き分けた場合50の利得50の損失
100%、日本が勝った場合ゼロゼロ

(【出所】著者作成)

逆にいえば、韓国にとってはこの「ゼロ対100理論」、「どうせ言うだけならタダなんだから、とにかく難癖でも何でも良いから日本に対して文句をつけるべし」、という戦略として認識されているのでしょう。

なにせ、もともとの韓国側の主張が明らかな無理筋であったとしても、ほんの1ミリでも日本が韓国に譲歩した瞬間、韓国の「勝利」が確定するわけです。今回の「竹島一件」にしたって、韓国側に理はゼロですが、それでも「ゼロでも良いから文句をつける」、というのが韓国側の戦略だった、というわけです。

失敗例と成功例

慰安婦問題の失敗例

たとえば、慰安婦問題などは、日本が韓国に対して譲歩した典型例でしょう。

1990年代、慰安婦の強制連行に関する証拠がまったく見つからなかったにもかかわらず、当時の官房長官だった河野洋平は1993年8月、「当時の軍の関与の下に」、などと発言しました(1993年8月4日付・外務省『慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話』参照)。

これなど、自称元慰安婦やその支援団体らが「戦時中、日本軍によって強制連行された」などとする与太話を世界に広めたのですが、「ゼロ対100」理論でいうところの「ちょっとでも譲歩してくれれば儲けもの」、という考え方の典型例でしょう。

結果、日本政府は「ちょっと」どころではない譲歩をしてしまい、そのことがいまだに日本の名誉と尊厳を傷つけ続けているのです。

仕事柄、米メディア『ウォール・ストリート・ジャーナル』(WSJ)や英メディア『フィナンシャル・タイムス』(FT)などにはよく目を通すのですが、慰安婦問題を巡っては、ほぼ間違いなく、「第二次大戦中の日本軍によるせい奴隷の問題」と明記されています。

朝日新聞社の捏造報道や河野洋平の独断による談話という「助け」があったとはいえ、自称元慰安婦問題は、韓国が国を挙げてありもしない問題を捏造(つく)りあげるのに成功した、というわけです。

しかも、いまや全世界がこの問題で韓国の味方となり、日本を糾弾してくれるわけですから、慰安婦問題は韓国が日本に対し、道徳的・精神的優位に立てる数少ない材料です。慰安婦問題で日本を糾弾するのは、韓国にとっては楽しくて楽しくて仕方がないのでしょう。

あるいは、慰安婦問題は絶対に「解決」してはならない問題であり、朴槿恵(ぼく・きんけい)韓国大統領(当時)が安倍晋三総理大臣とのあいだで取り交わした2015年12月の日韓慰安婦合意も、韓国にとっては「なかったこと」にしなければならないのだと思います。

(※もっとも、『韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」』などでも述べましたが、韓国メディアにはときどき、「(約束を破るのは)わが国の文化のようなものだから、日本はそれを理解して欲しい」、などとする論考が掲載されるようですが…。)

日韓GSOMIAの成功例

その一方で、この「ゼロ対100」理論の韓国側の「失敗例」は、「日韓GSOMIA」(※正式名称は『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』)の破棄騒動でしょう。

韓国政府は2019年8月、日本政府の「輸出『規制』」に対抗すると称し、日韓GSOMIAの終了を日本側に通告しました。その目的はおそらく、この「ゼロ対100」理論に基づき、日本側から何らかの譲歩を引き出すことにあったのでしょう。

ところが、日本側はこのGSOMIA破棄に対し、「残念だ」、「韓国側は賢明に行動を」、などと繰り返すだけで、韓国が求めた「輸出『規制』の撤回」には応じませんでした(※というよりも、べつに日本は輸出「規制」を韓国に適用した事実はありませんので、撤回のしようがないのですが…)。

それどころか、GSOMIA破棄騒動の際には米国が介入に乗り出し、「韓国に対して」、GSOMIAを破棄しないよう、執拗に要求しました。

結果的に、韓国側はGSOMIA終了の数時間前になり、妙な付帯条件付きではありますが、事実上のGSOMIA破棄の全面撤回を表明しました(『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』等参照)。

結局、日本側がただの一歩たりとも譲歩せず、原則論から一歩も動かなかったことに加え、日本の立場を米国と共有したことで、日本にとっては不当な譲歩を強いられなくて済んだわけです。

「ゼロ対100」理論に基づけば、どんなに日本が勝ったとしても利得はゼロなわけですから、「原理原則を一歩も譲らない」、「国際社会(あるいは友好国)を味方につける」のが最も正しい戦略だ、という事例がひとつ積み上がった格好だ、と言っても良いでしょう。

竹島一件は「成功事例」としてカウントして良い

さて、この「成功(?)事例」がもうひとつ、積み上がったようです。

一時的に(ごく一部で)大変に盛り上がり、そして、いまやすっかり見かけなくなってしまった論点のひとつが、韓国による「東京五輪ボイコット」論です。

ことの発端は、東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルウェブサイトに掲載されている日本地図の、島根県竹島の場所に、白っぽい斑点のようなものが描かれている(図表2の赤丸部分)として、韓国の丁世均(てい・せきん)元首相らが「五輪ボイコットも検討すべし」と主張したものです。

図表2 例の日本地図(クリックで拡大、赤丸は北方領土、竹島、尖閣諸島らしき点)

(【出所】東京オリパラ組織委員会公式ウェブサイト画像ファイルを著者が加工)

この「五輪ボイコット」を呼びかけた人物としては、丁世均氏のほか、李洛淵(り・らくえん)元首相や李在明(り・ざいめい)京畿道知事らがいます(『韓国前首相が日本に「偏屈、恥知らず」など暴言を吐く』等参照)。

ちなみにここに挙げた3名の方には、いずれも次期大統領選への出馬を表明しているという共通点があることから、「コリア・ウォッチング業界」では「大統領選に向けたパフォーマンス」、「韓国政府が五輪ボイコット論に乗っかる可能性は低い」との見方もありました。

ただ、ここは韓国ウォッチングの面白いところで、「五輪ボイコット論」については早々に立ち消えとなった一方、「独島五輪地図修正要求」は韓国側で(勝手に)エスカレートし、韓国の「大韓体育会」が国際五輪委(IOC)に「仲裁を求める書簡」を送付。

ところが、『中央日報「IOCが五輪地図に政治的意図なしと回答」』でも述べたとおり、IOC側は「(東京五輪地図の竹島の表記は)単なる地政学的な表示であり、政治的宣伝には該当しない」とする趣旨の返答をしました。

実質的に日本の完全な勝利と考えて良いでしょう。

黄熙氏の「へこたれない精神」

ここで興味深いのが、いまから1ヵ月ほどまえの6月11日付で韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された『東京五輪のホームページに独島表記…IOC「政治宣伝ではない」』という記事です。

この中央日報の記事の末尾には、こんな記述もありました。

韓国政府は受け入れられないという立場だ。政府はこの日、文化体育観光部の黄熙(ファン・ヒ)長官の名義で仲裁を促す書簡をIOC会長に緊急発送した」。

どうもこんな行動を見せつけられると、日本人のなかには「往生際が悪いな」、などと思う人も多いでしょう。

「IOCとしてはそれを政治問題とはみなさない」という返答を行ったのに、さらに韓国政府・文化体育観光部の黄熙(こう・き)長官名義でIOCのトーマス・バッハ会長に対し、重ねて「仲裁を促す書簡」を発送した、というのですから、ある意味では「へこたれない精神力」が凄いとも思います。

もっとも、これについては先月下旬に、こんな「続報」がありました。

東京五輪HP地図の独島表示問題 IOCの返信に「深い遺憾」=韓国

―――2021.06.25 18:52付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)が6月25日付で配信した記事によると、同部がIOCに10日付で送付した書簡に対し、22日にIOCから、次の趣旨の記述が含まれた返信があったのだそうです。

東京五輪の大会組織委に問い合わせた結果、地図に表示された竹島は単に地形的な表現に過ぎず、どのような政治的意図もないことが確認された」(※ただし、聯合ニュース記事では「独島」という誤った表現が使われていましたので、引用に際しては「竹島」に訂正しています)。

以前とまったく同じ回答ですね。

これに対し同部はその内容に「深い遺憾の意を示す」などとしたうえで、次のように述べたのだそうです。

世界中の人たちが新型コロナウイルスで苦痛を受けている時期に開催する東京五輪は、平和と和合の五輪にしなくてはならないはずなのに、(地図からの)独島削除を拒む日本の態度に非常に失望している」。

それを言い出すと、『竹島戦争ゴッコに興じる韓国にとり都合が悪いFOIP』でも述べたとおり、「竹島問題を機会あるごとに不必要に強調する韓国の姿勢こそが、むしろ五輪の『平和の祭典』としての意義を損ねているのではないか」、と反論したい気持ちでいっぱいになります。

文在寅氏の訪日

竹島一件は明らかに成功例

ただ、この問題に関しては、結局のところは「遺憾の意」で終わってしまったようであり、その「続き」が見当たりません。

その理由については、もともとの「竹島地図問題」が韓国側によるかなり無理筋な要求であったこと、「五輪ボイコット」論が大統領選候補者の政治的な主張であり、韓国国民・政府の賛同が得られなかったことに加え、後述する「文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の訪日」と関わっているからでしょう。

もっとも、この「竹島一件」に関しては、今後の日本外交の基本を考えるうえでは、大変に重要な事件のひとつだったのではないでしょうか。

GSOMIA騒動に続き、日本が原理原則、すなわち「竹島は日本固有の領土であるが、問題の地図は政治的主張ではない」という立場をただの一歩も譲らず、その認識をIOCとも共有したことが、今回の「勝利」につながった、というわけです。

すなわち、「原理原則を一歩も譲らない」、「国際社会を味方につける」、が、韓国の難癖封じ込めに役立ったのでしょう。

そして、韓国が日本に対してつけてきている難癖は、ほかにも、自称元徴用工問題に加え、海洋放出が決まった福島第一原発のALPS処理水を巡り、「福島汚染水問題」と頑なに呼び続けている問題などがあります。

これらについても、「原理原則から一歩たりとも動かないこと」、「国際社会と認識を共有すること」が基本でしょう。

慰安婦問題の失敗は、本来ならば韓国の主張がメチャクチャなものであり、冤罪であるにも関わらず、日本の側から積極的に罪を認め、反省と謝罪の意を表してきた点にあります。日本自身が罪を認めているのに、国際社会がわざわざ「日本の罪は冤罪だ」と証明してくれるはずがありません。

だからこそ、日本の側に理があるのならば、その理屈を国際社会に対し淡々と説明する一方、相手に対しては「日本は一歩も譲歩しないからな」と言い渡すだけで良い、というわけです。

これで、とりあえずは「負けない」外交ポジションを作ることができるのでしょう。

ただし、「ゼロ対100」理論だと、日本が最大限勝っても「利得」はゼロです。おそらく今後、中朝韓からは波状攻撃のようにひたすら冤罪をなすり付けられ続けるでしょうから、やはりどこかで中朝韓には不法行為のコストを彼ら自身に負担させなければなりません。

これについてはまさに拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』の主眼であり、この論点については今後も随時当ウェブサイトで触れていくつもりですが、とりあえず本稿では割愛します。

黄熙氏の発言の問題点

さて、ダラダラと前提条件をお話ししてきたわけですが、「黄熙氏がIOCのバッハ会長に書簡を送付し、ゼロ回答を喰らった」という、ある種心温まるエピソードをふと思い出すきっかけを作ってくれたのが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に土曜日付で掲載された、こんな記事です。

韓国文体部長官「東京五輪は韓日首脳会談の良い機会」

―――2021.07.10 09:51付 中央日報日本語版より

これは、黄熙氏が9日、共同通信やAP、AFP、ロイター、新華社など外国通信社の特派員との懇談会で、「文在寅氏が五輪を機に訪日し、菅義偉総理大臣と首脳会談をする可能性がある」と述べた、とする話題です。

リンク先記事によれば、黄熙氏は文在寅氏の訪日日程が「すでに確定した」と述べたうえで、「五輪には平和と和解の意味が込められていて(首脳会談をするには)非常に良い機会」、などと述べたのだそうです。

バッハ会長に書簡を送付した同じ人物の発言だと考えると、なんだか非常に複雑な気持ちになりますし、また、「文在寅氏の訪日日程がすでに確定した」などと言われても、なんだか戸惑います。

もっとも、報じるメディア、報じられた時点、発言する人物によって、てんでバラバラな内容が出て来るのは、韓国政府のテンプレートのようなものでしょう。

というのも、文在寅氏の訪日に関しては、先週の『韓国大統領府「成果ない訪日」を心配か=韓国メディア』でも紹介した韓国メディアの報道だと、韓国大統領府関係者は「日本はまだ公式に文在寅氏を招待していない」、「実務次元の日程調整も行われていない」と述べていたそうです。

都合が悪いとムニャムニャと誤魔化しているのか

それはともかくとして、黄熙氏の発言で気になるのは、やはり、竹島地図一件でしょう。

これについて眺める前に、中央日報の記述に含まれた、派手な事実誤認について指摘しておきましょう。

東京五輪・パラリンピック組織委員会がホームページの地図に独島(ドクト、日本名・竹島)を竹島と表示し」…

表示していません。

そもそも問題の地図には「竹島」などの名前すら入っていませんし、サムネイルだと確認できないほど小さく、拡大してやっと白い斑点みたいなものが出て来る、という代物です。どうして簡単な事実確認すらしないで記事を書いてしまうのでしょうか。

(※もっとも、韓国メディアに掲載される記事において、事実関係が無視されるのは、いまに始まったことではないのかもしれませんが…)。

それはともかくとして、中央日報の記事によれば、黄熙氏の発言は、こう続きます。

韓国国内で五輪ボイコット主張が起きていることについて『政治とスポーツは分離して考えるのが重要だ』と一線を画した/『両国間の政治状況がどうなろうと五輪には五輪の精神があり、準備をしてきた多くの選手の人生もある』とし、参加すべきだという意見を出した」。

これなど、竹島一件では日本の譲歩もIOCの仲裁も実現しなかったからこそ、こうやってムニャムニャと誤魔化しているように見受けられるのですが、いかがでしょうか。

ほかの記事では文在寅氏訪日は「未定」

さて、それはともかくとして、結局のところ文在寅氏は日本に来るのでしょうか、来ないのでしょうか。

先週から何度も何度も何度も何度も同じことを繰り返していますが、中央日報に昨日掲載された次の記事によれば、「未定」なのだそうです。

日本は「首脳会談検討もできる」と言うが…訪日手放せない文大統領の意志

―――2021.07.11 09:27付 中央日報日本語版より

具体的には、李哲熙(り・てつき)政務首席秘書官が8日、ラジオインタビューで次のように述べた、とする話題も紹介されています。

外交は成果があってこそ動くもので、何の成果もなく動くことはできない。(訪日で)何か成果があるならば当然(五輪に)行かなければならないが、何の成果もなく行くことはできない」。

これは、見方によっては、「現在の状況だと文在寅氏が訪日したとして何か成果があるとも思えないため、文在寅氏の訪日は実現しない」、という趣旨だと考えることもできるかもしれません。

先ほどの黄熙氏の発言では、文在寅氏の訪日が「すでに確定した」とされていましたが、韓国ではメディアや発言者によって内容が相互に矛盾しているのは一種のテンプレートのようなものでしょう。

結局、どうなるのか?

文在寅氏のブラックスワン・ストーカー仮説

もっとも、こうした細かい点を別とすれば、リンク先の中央日報の記事に、内容的に目新しいものはほとんどありません。要するに、文在寅氏が訪日するかどうかと、訪日した場合に菅総理が首脳会談に応じるかどうか、というものです。

ことに、当ウェブサイトでは先週の『菅総理、「文在寅氏来日なら「丁寧に対応」=記者会見』でもお伝えしたとおり、菅総理自身は8日の記者会見で、文在寅氏が「訪日される場合は外交上丁寧に対応する」と述べています。

この「外交上丁寧に」がなにを意味するかは微妙ですが、一部のメディアが菅総理が「日韓首脳会談に前向きだ」、などと解釈して報じており、これが中央日報の記事のタイトルにもある「日本は『首脳会談検討もできる』」の記述につながっているのだと思います。

ただ、韓国大統領府側はこの菅総理の発言を「外交的屈辱」だと考えているらしく、「不快だ」などとしながらも、「一刀のもとに『日本訪問はない』という発表をしなくなっている」というのが中央日報の見解でしょう。

これについて、中央日報は9日の電話取材で、韓国大統領府関係者からこんな発言を引き出したようです。

文大統領が残り任期の間に最も力を入れている事案のうち核心は朝鮮半島問題という点に異見はない。ところが米バイデン政権が対中・対北朝鮮問題を解決するため韓米日同盟を強調し、日本との関係改善は最も緊急な事案のひとつに浮上した状況」。

要するに、訪日と日韓首脳会談実現に向けた文在寅氏のなりふり構わない姿は、米国・バイデン政権からの圧力、という可能性が出てきた、というのが中央日報の分析でしょう。個人的にこの見解には全面的には同意できませんが、その可能性は十分にあると思います。

真の狙いは「米国の圧力」ではなく…

ただ、やはり文在寅氏の「真の狙い」は、南北関係にありそうです。

報道や発言から垣間見える文在寅氏の思考パターン自体はかなり単線的であり、おそらくその本質は「親日」でも「反日」でもなく、単に「北朝鮮」にしか関心がないのだと思います(『文在寅氏、米誌インタビューで日本への言及は実質ゼロ』等参照)。

このように考えると、文在寅氏は「南北関係改善」のために日本を「利用」しようとしているというのは、かなり説得力のある考え方であり、そのなかでもとくに「ブラックスワン・ストーカー」論は、仮説としては非常に興味深いものでもあります。

といっても、この「ブラックスワン・ストーカー」論は、当ウェブサイトのオリジナルではありません。『鈴置論考の文在寅氏「ストーカー」説と韓国の「狙い」』でも紹介した、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の議論の受け売りです。

鈴置氏のいう「ブラックスワン」とは、いわば、「滅多に発生しないが、もしそれが発生したら大変に大きな影響がある出来事」のことであり、具体的には北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)が日本にやってくることです。

もちろん、この期に及んで金正恩が日本にやってくる可能性はほぼ皆無でしょうが、ただ、任期満了を10ヵ月後に控えた文在寅氏にとっては、「南北関係改善」に少しでもつながるのであれば、可能性は低くても、掴めるものはなんでも掴んでおこうと思っているのかもしれません。

中央日報にいわせれば、その発想とは、おそらくはこうです。

強制徴用・慰安婦問題など過去史と連動された懸案を解決するためには首脳間チャンネルが稼動しなければ難しく、文大統領もこうした事実をよくわかっている」。

普遍的価値の日本とは相容れない価値観

この期に及んで「首脳間チャネル云々」と述べている点を見ていると、韓国政府や韓国メディアが日韓問題の本質をまったく理解していない証拠であると悲観せざるを得ません。

当たり前の話ですが、日本は「普遍的価値」、すなわち「自由、民主主義、法の支配、人権」などを重視する国であり、その前提として、「ウソはつかない」、「約束は守る」、「善隣友好外交」などの基本的な行動を尊重しているのです。

自称元慰安婦に関する1月8日の国際法違反判決、自称元徴用工に関する2018年10月30日と11月29日の日韓請求権違反判決を筆頭に、韓国自身が法の支配をないがしろにするような判決を乱発しているという事実を、あまりにも軽視し過ぎているように思えてなりません。

さて、個人的な感想を申し上げておきますが、文在寅氏が東京五輪を機に来日するかどうかを巡り、日韓メディアがここまで騒いでいる理由が今ひとつ理解できません。

一部メディアの報道を信じるならば、かりに文在寅氏が日本にやってきたとして、菅総理が首脳会談に応じるとしても、それは儀礼的なものに留まり、日韓間の諸懸案について協議することはないのでしょう。

(※なお、個人的には、後日、「言った」「言わない」の議論に持ち込まれるリスクも高いことから、たとえ儀礼的なものであったとしても、日韓首脳会談自体を開催すべきではないと考えています。)

いずれにせよ、韓国による東京五輪ボイコットは実現しませんでしたが、まだいくつかの波乱が(一方的に)韓国の側からもたらされるのではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. ジロウ より:

    日本政府が約束を守れと言っているだけなのに、勝手に盛り上がっている隣国。毎日のように訪日の記事を見かけますが、本当に面倒くさい民族ですね。プライドだけ人一倍高いから、自縄自縛に陥っている。それすら気づかないのだから、哀れです。全く同情しませんが。

  2. 匿名希望の平民 より:

    [단독]靑, 도쿄올림픽 최후통첩..”현안 하나도 안 받으면 불참”
    『青瓦台、東京オリンピックについて最後通牒。 懸案事項を一つも受けるつもりないなら
     不参加!』
    강태화 입력 2021. 07. 11. 15:38
    https://news.v.daum.net/v/20210711153825849

     しかし、招待もしていないのに、「慰安婦・徴用工裁判」「福島の処理水」
    「輸出管理」の問題について、少なくとも1つが議論される『正式会談』が
    文大統領訪日の条件ニダ! 来週初めまでに、日本政府は回答をよこすニダ!
    とか、強気に最後通告をつきつけてくるとか、何様のつもりなのでしょうか?

    本当に、毎回、毎回、謎の発信をしてくるのですけれど・・・・。
    ここまで図々しくできる理由は、何なのでしょうか?

    1. 匿名希望の平民 より:

      [단독]靑, 도쿄올림픽 최후통첩…”현안 하나도 안 받으면 불참”

      https://news.joins.com/article/24102867?cloc=joongang-home-toptype1basic
      [중앙일보] 입력 2021.07.11 15:37 수정 2021.07.11 15:42

      中央日報原文の韓国人たちのコメント欄が荒れていて興味深いです。

      『No Japan運動を主導した大統領府が、ムン・ジェインはなぜ、あのように日本
       に行きたいと、日本に懇願するニカ?』
      『国の品格を台無しにするニカ?』
      『昨日は行かないと言って、今日は呼んでくれと言っている。』
      『建国以来、こんな無能な大統領見たことないニダ。』等々。

    2. だんな より:

      匿名希望の平民 さま
      >ここまで図々しくできる理由は、何なのでしょうか?
      「韓国外交は内政の延長」で、朝鮮半島の論理(韓国は正義だから)で外交しているからでしょう。

      日本人から見れば「バカだから」「偉そうな乞食だから」になるんじゃないかな。

    3. モゲルッソヨ より:

      >本当に、毎回、毎回、謎の発信をしてくるのですけれど・・・・。
      >ここまで図々しくできる理由は、何なのでしょうか?

      私は韓国は集団として自己愛性パーソナリティ障害の行動を呈する事が多いと思います。
      あの方達は自身の劣等感の裏返しとして、日本に対して傲慢に振舞い、見下す事によって、根拠の無い優越感を維持しようとしているでしょう。

      結果として不可思議でズーズーしい発言となります。

    4. 阿野煮鱒 より:

      ここまで図々しくできる理由は、何なのでしょうか?

      これは修辞疑問文だとお見受けしますが、そうではなく純粋に疑問なのであれば、その原因は、韓国人の行動を日本人の価値観で評価しようとすることにあります。

      韓国人には韓国人なりの行動原理があります。それを理解しておけば、今回の事例も、原則を踏まえたいつもの韓国人らしい行動です。特に驚きはありません。

      もちろん、日本人としては、理解はしても共感や同意はする必要がありません。ただ心穏やかに。いつも通りの韓国人を観察するのみです。

      1. 阿野煮鱒 より:

        すみません。大変失礼ながらついでに実験させてください。
        上のコメントでは、匿名希望の平民様の発言を<q>タグで挟んでみましたが、これは使えないようですね。

        BlockQuoteタグのみ:

        ここまで図々しくできる理由は、何なのでしょうか?

        BlockQuoteタグの内側にPタグ:

        ここまで図々しくできる理由は、何なのでしょうか?

        どうなるでしょうか。

        1. 阿野煮鱒 より:

          Pタグは必須ではないように見えます。

    5. 匿名希望の平民 より:

      韓国には「韓国人の日本人攻略マニュアル」というものが、あるらしいです。
       文政権は、いわゆる「知日派」と呼ばれるまともな人材をすべて追い出し
       このマニュアルに従って、対日外交をしているのでしょうか??

      明治7年4月に日朝交渉に臨んでいた日本側代表が確認した、300年以上前
      (江戸時代)に作られた朝鮮人が交易における、日本人懐柔法の手引書によると

      「朝鮮人が日本人をあつかう6ヶ条の秘訣」 (公文別録・朝鮮始末第三巻の91頁に記載)

      一、 遜辭 屈己接人辞氣温恭 (腰を低くして接する)
      一、 哀乞 勢窮情迫望人見憐 (憐れみを誘う態度を取る)
      一、 怨言 失志慷慨激出怒膓 (狂ったように怒る)
      一 、恐喝 将加威脅先試嚇動 (威圧し脅す)
      一 、閃弄 乗時幸會翻用機関 (あらゆる機会に乗じて翻弄する)
      一、 変幻 情態無常眩惑難測 (ころころ態度を変えて惑わす)

      現在は・・・さらに進化しているようです。。。

      1、日本人が動揺したらそこには「金の沸く泉」があるニダ。
      2、過去に反省する日本人は金が貯まらない。チャンスニダー。
      3、日本人が反論してきたら、大きな声で怒鳴りつけるニダ。
      4、日本のマスコミを味方にするニダ。(日本のマスゴミは、多数の韓国籍がいる)
      5、体面を気にする日本人は国際社会で叩けば金を出すニダ。
      6、日本人に弱みを見せるな。
      7、日本人の女は、まず先に犯せ。
      8、生粋の日本人など居ないと奴らに吹き込めば従順になるニダ。
      9、日本国内での公害問題でも何でも、言いがかりをつけて賠償させろ。
      10、日本人が正しいことを言い始めたら、関係の無い間違いを指摘してはぐらかせ。
      11、親日はすべて抹殺。親でも殺せ。
      12、愛国心は法律を超えるニダ。
      13、金も技術も無いときは甘い声で日本に近づけ。
      14、外国の同胞はいい道具になるニダ。
      15、謝罪するくらいなら相手を訴えろ。
      16、強い奴には媚びておけ、いつでも裏切れる。
      17、商談の後は女にたっぷり接待させろ。
      18、騙せない相手でも、一度試して見ることは常識ニダ。
      19、被害を受けたら必ずいつか倍返しにしてやるニダ。
      20、相手がうんざりするまで交渉は引き延ばせ。
      21、贈り物を拒否して困惑させろ、日本人ならもっといい物持ってくる。
      22、手のひらは反すためにあるニダ。
      23、日本人の前では困って見せろ。

  3. はにわファクトリー より:

    韓国外務省当局者が日本側対応を非難し強い遺憾の意を表明したとの記事が昨夜 NHK に出ています。発言者を明らかにしないことを条件に口から出たとおり言葉が報道されているのでしょう。
    これは泣き言ではあるまいか。そうなら韓国外務省が言い分を聞いて欲しい相手は日本でない。政権内部のごたごたのあらわれだから。
    すなわち、うまく(行かない|行きそうにない)のを日本のせいにしてみた。根拠を示さないで。エクスキューズ、言い訳の一種です。いつものことではありませんか。
    そして、日本であれ韓国であれ、そんな評判が巷間に広まってしまうなら、職業人としての活動余地はますます狭まっていくのでしょう。

    1. 匿名29号 より:

      このNHKのニュースですね。

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210711/k10013133901000.html

      はてね、流出した内容って何でしょう?

      1. カズ より:

        匿名29号様
        >はてね、流出した内容って何でしょう?

        韓国側からの「訪日・会談要請(頭を下げた)の事実」なのかと。
        「請われて仕方なくの訪日」にしたい彼らには、認め難い展開なのでしょうね。

        もしかして「韓国側から首脳会談を要請された」と報じることで、彼らに「決まったことはない!」との即時否定をさせたりしたのかな??(訪日のハードルは高まるばかりです・・。)

  4. Naga より:

    > 中国や韓国、北朝鮮はときどき、日本などに対し、とんでもない難癖をつけてくることがあるのですが、

    日本は・・・これら日本に近づこうとする時・・・これら3国のこの特性を生かして、正論(=3国が受入れられないこと)をかまして、やつら自身が自ら近づいてこれないようにするべきではないでしょうか。
    丁寧な無視とか対応とかばかりでなく、こちらも時にはアクティブな対処をするべきでしょう。

    1. Naga より:

      訂正
      ・・・これら日本に近づこうとする時・・・
         ↓
      ・・・これらの国が日本に近づこうとする時・・・

  5. 匿名 より:

    まあ、韓国政府が日韓関係改善は米朝関係改善につながると信じているのは確かでしょうね。米韓関係が如実にねじれていることを現していますね。藁扱いされて迷惑なので米国は変なリップサービスをしないでください。

    せっかくムンたんの呪いの言葉により両首都圏でコロナが蔓延しているのですから、来ない口実には事欠かないので無理してこない方が国内的にも良いと思うんですがね。ってか、オリンピック開催を祝賀しに来るのになんで成果が必要なのか。素直に自国他国の選手を応援すればいいのに。

  6. きたたろう より:

    >韓国外務省当局者は11日、文在寅大統領が検討している東京五輪の開会式出席と日韓首脳会談の開催に関連し、日本政府当局者が外交当局間の協議内容を日本メディアに一方的な立場や見解と共に流出しているとして「強い遺憾」を表明した

    11日の時事通信の記事にそうありますが、日韓の協議内容がリークされた記事など私、見たことないのですが見逃してるのでしょうか?
    どのマスコミが何日の何時何分に協議内容をのせたのか知りたいのですが⋅⋅⋅

    1. 匿名29号 より:

      マウントを取りたいがための虚報と思います。或いは、韓国内の新聞にさも日本側情報らしく騙った記事を出しているところがあるとか。

      1. きたたろう より:

        でしょうね。千に三つしかほんとの事言わない、せんだみつおよりひどい不健全丸出しの韓国マスコミです。

  7. G より:

    ごねれば日本が軟化するって思ってるんでしょうね。
    ただ、日本として軟化しなきゃいけないような要素は全くない。嫌なら来なくていいよを最後まで突っぱねることができる。
    それでも訪日して儀礼会談だけして帰るのか、やっぱ来ないのか。どっちにしろ韓国の負けは確定と思います。

  8. 匿名29号 より:

    ブラックスワン・ストーカー説も魅力的ですが、文大統領の今回の訪日騒動もゼロ体100理論の一環と思えます。即ち日本には会談を行う気ゼロに等しいのに、内容に条件を付けたり観測記事を盛んに出して、何とかマウントをとりつつ会談を成立させれば、これもゼロ対100の一つの成功例と言えなくもないかと思います。

  9. だんな より:

    現状日韓両政府の協議は、
    韓国 オリンピック開会式に参加する
    日本 他国の首脳と同様の面談をする
    という状況のようです。漏れている情報というのは、この事だと思いますが、韓国マスコミも散々さ報道してますので、韓国側の遺憾は言い掛かりだと思います。
    昨日の外交部の発表だと、韓国側の要求は現状プラス「韓国を特別扱いして、首脳会談で懸案の協議をするニダ」のようです。
    自分から交渉のハードルを上げてしまう、朝鮮人の悪い癖ですね。
    今週末には、結論を出すと言ってますが、「文大統領が訪日するする詐欺」という瀬戸際外交でしょうから、韓国はぎりぎりまで条件交渉を続けるでしょうが、現状の内容で来日するとなると日本に屈した形になるのでしょう。
    現状なら「文大統領は首脳会談が無いから来日しない」は、ハズレのようですが、韓国世論は訪日に対してネガティブですので、お土産無しで訪日するかどうかは、最後までわかりません。
    またその後に外相会談を計画中の報道も有りますが、韓国の願望でしょう。

  10. めがねのおやじ より:

    10か月後には監獄行き間違い無しの文大統領ですから、彼の悲願である南北統一に繋がるのなら、日本の首相にも会い、上手くすれば任期中に金氏と日米(米は日本の説得次第)とで首脳会談が出来るーーーと腹黒い企みでもしてるんでしょう。

    わざわざ五輪に来て内容の無い会談を菅総理にするのは不自然です。会談をすれば、日本が橋渡しすることになるかもしれない。「死に体」の文に訪日をさせてはなりません。

    文化体育観光部の黄熙局長は文在寅氏の訪日日程が「すでに確定した」とブラフを流してます。また「政治とスポーツは分離して考えるのが重要だ」と言った。言う事がてんでバラバラで、お話にならないよ。いずれにしろ文大統領は来なくて良い。

  11. だんな より:

    現代ビジネスから武藤元大使の記事です。
    文在寅「電撃訪日」騒動のウラで、ついに韓国で「文政権崩壊のカウントダウン」が始まった…!
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb946dc840e22287f0e60d29a7bfa7b03cb1f244
    訪日の状況は、よくまとまっていると思います。
    文政権崩壊は、武藤さんの願望混じりかな。

    1. PONPON より:

      だんな様

      日韓関係を改善せよというアメリカの圧力を受けて、文大統領が最後のチャンスとして東京五輪訪日に意欲を燃やしている、という武藤氏の主張はその通りなのでしょう。
      しかし、なぜ菅首相が従来のかたくなな拒否姿勢を若干和らげ、来るなら歓迎するというような発言をするようになったのか、その説明が不足していますね。

      文大統領が日本との関係改善に意欲を燃やしはじめたのは今回の五輪訪問に際してでなく、かなり前からですから。。

      1. だんな より:

        PONPONさま

        PONPONさんは、心配性ですよね(笑)
        菅総理は、首脳会談以外は、結構韓国の要人と面談しています。
        また、相手が文大統領でも、オリンピック開会式に参加する国家元首に違いは有りませんので、外交プロトコル通りに対応しているだけだと思います。
        菅総理は、オリンピックに文大統領が来日しても、事務方同士で韓国の国際法違反の解消が確約されなければ、ご挨拶だけで終わると思います。
        韓国も変わらないし、日本人も変わらず、変な妥協は無いと思います。
        それでも文大統領が来日するかどうかは、当日には分かるでしょう。
        「韓国を特別しない」という実績を作るには、良い機会だと思います。

        1. PONPON より:

          だんな様

          おっしゃる通り、心配性と言われることもあります。
          ですが、自分としてはリスク意識が高いと自負しているのですが、笑。。

          どうも私は嫌な予感がするのです、冷え込んだ日韓関係をバイデン政権がこのまま放置するわけがないと。。
          アメリカ国務省&日本外務省の昔ながらの官僚を信用していませんので。。

          1. だんな より:

            PONPONさま
            安全保障上、韓国が態度を改めない限り、このままで進むと思います。
            態度を改めるというのは、ちゃんと合同演習したり、対中姿勢を変えることですが、文政権では変わらないでしょう。

  12. だんな より:

    ふと思った事。
    この一連の訪日騒動は「韓国に愛は無いニカ?」と言い続けているように思います。

    また、来日しなくなってGSOMIAのように、「韓国は何時でも開会式に参加できる」と言うのでは。

    1. 頓珍韓 より:

      だんな様

      訪日の話は、韓国が何かと盛り上げています。
      これは、

      ・日韓首脳会談が無ければ→日本が悪いニダー、大統領はあんなに低姿勢なのに可哀そうニダー。文ガンバレー的な、みたいなぁー。
      ・日韓首脳会談が有れば→文大統領の外交的勝利。かなりの成果を得たニダよ!(内容はひ・み・つ)

      とする、土壌を韓国で作っているからですよ。

      「外交的丁寧」なんて勿体つけずに、菅総理は事前に期待感を持たせないようにハッキリ示した方が良いです。
      「安倍さん10分 菅とは0分 思い遂げれぬ 大統領」って感じで悲哀を感じていただくべきです。

      夢を語って 嘘八百 経済政策 無知だけど♪
      嫌な日本の 親切よりも 北の首領の 無理が良い♪
      進まぬ親北 支持率薄い 5月を思えば 眠られぬ♪
      安倍では嫌よ 菅も嫌なの 逮捕と死ぬのが 一番嫌♪
      手段は選ばぬ じゃあ反転だ 反日やめたよ 親日だ♪
      G7では 会える思い 逢えずに帰って 次五輪♪
      久しぶりだよ 仲良くやろう 情で語って たぶらかす♪
      察しておくれよ 法なら違反 早く出しなよ 賠償金♪
      オリンピックの 日韓会談 文が話せば 金が出る♪

  13. イーシャ より:

    雑談板に書いてしまいましたが、こちらに書くべきでした。
    ===
    いつもいつも、自分勝手なことを。

    「文大統領、懸案3つのうち1つはテーブルに上げてこそ五輪出席」” (中央日報日本語版 2021.07.12 06:56)

    「懸案3つ」って、
    ・天皇陛下侮辱への心からの謝罪
    ・竹島返還
    ・日本に居着いている多数の韓国人売春婦の強制送還
    でしょうか。

    と思ったら

    3大懸案は慰安婦・強制徴用労働者問題、核心部品に対する日本の輸出規制、福島原発汚染水放出問題などだ。

    はぁ?
    全部、おまエラが勝手に作り出した問題やん。
    おまエラが自分で解決すべき問題やん。
    しかも、3大懸案と言って3つ並べた後に「など」って。
    頭おかしい。いつものことだけど。

    はい、却下。

    デッドライン」として「今週序盤」を提示した

    こちらは評価しましょう。
    今週中盤以後は、しつこくすり寄ったり言い寄ったりしないでくださいね。
    未来永劫。

    1. だんな より:

      イーシャさま
      日本からの懸案は、いくつ有るのか分かりませんね。

      >「デッドライン」として「今週序盤」を提示した
      デッドラインは提示しただけで、受け入れられなけれは、伸びて行くのが、瀬戸際外交でしょう。

      1. G より:

        チキンゲームにおいて、自分が耐えられる限界を示してしまうとは、あまりにも間抜けです。相手がそのラインまで耐えれば勝ちですからね。あっ余裕じゃんとなります。

        そもそも日本はチキンゲームに参加してないセルフチキンゲームなのですが、せめてチキンゲームを日本とやってるつもりなら、負け確定の発言はしないで欲しいですね笑

    2. 匿名 より:

      そもそもオリンピックの開会式に祝賀しに来るのなら祝賀に集中すればいいのであって(それなら参加者を応援しに行ったとしてまだ韓国人への言い訳も立つ)、会談も成果もおまけに過ぎないのに、おまけをメインにするから話がおかしくなる。

    3. だんな より:

      イーシャさま
      同じ記事のパンコリのリンクです。

      http://enjoy-japan-korea.com/archives/9386101.html

  14. 伊江太 より:

    「反日」と「北朝鮮愛」という背骨以外は、肋骨も、大腿骨も、(もちろん頭蓋骨も)ない、元々グダグダのクニだとは思っていましたが、この反日すら貫き通すことが出来なくなってきたようですね。国内メディアすら、口先でどう言い繕おうが、実質、首脳会談懇願外交と批判するに至っている。

    残るキタへの擦寄りも、バイデン政権に変わった米国は、到底許してくれそうにない。無理押しすれば、国論二分どころか、修復不能の脊柱複雑骨折になりそうですしね。まさに、骨なし「クラゲ国家」。相手にしてもしようがないですね。

  15. 農民 より:

    >表示していません。
     お茶噴いた。

     しかし交渉というか駆け引きがあまりにドヘタクソに過ぎませんかね。
     呼ばれてもいないのに出席の意向を示して内外にアピールしてしまったために、もう出席できないと敗北になってしまう。挙げ句に圧力のつもりか勝手に交渉期限を設けてしまって、それを過ぎたらこれも文在寅側の敗北条件に。
     勝つ見込みがない、その上、上記を満たして”勝った”としても、実成果は見込めないのに、自分から敗北条件だけをどんどんと増やしてしまって……ドースンノコレ

  16. お虎 より:

    >中国や韓国、北朝鮮は・・・難癖をつけてくる・・・正しい対処法は、「国際社会を味方につけ、あとは無視する」・・・しかし、日本の企業や外務省などには、「相手の怒りを鎮めようと譲歩する」、という、傾向・・・

    今日提示いただいたこれ、どうなんだろうね。仮に同意指数というものがあれば20/100くらいだろうか。差分の80ポイントは何かといえば、
    ・ロシアも難癖つけてくるし、最大の難癖つけ屋はアメリカだと思うが。つまり、外国や他人というものは常に難癖をつけてくると認識すべきなのではないだろうか。
    ・国際社会が善良だとする認識は、日本国憲法前文にみられる精神で、文面は美しいけれども実態に即していないと思う。国際社会、つまり主たる外国たちは、強い方、儲けをより多くわけてくれる方に味方する。なのでここのあたりは同意度が高いのだが、課題は、そいつらをどうやって引き付けるのか、だと思う。
    ・最後。企業が譲歩するのは、仕方がないから。自国企業の権益(くだいていえば儲けのネタ)を守るのは政府の外回り仕事(外交、軍、通商)です。「憲法がああだから、何々できない」などというのは言い訳。無茶な再軍備要求を蹴飛ばすために役立つから吉田さんがとった方針なんだけれども、その後の人たちは、経済成長に浮かれてまじめに考えてこなかった。岸さんくらいじゃないかな、考えていたのは。

    国と国との関係ってのは、生臭いものだから、問題(戦争も含めて)にかたをつけて手打ちした証が条約ですよ。それでも国民個々レベルでは納得できないのがどうしても残る。原爆落としたのは非人道だとか、ああだとか、こうだとか。でも、それをなだめるのは当該国政府の仕事であって、相手国ではない。

    しかし、納得できない国民の声が大きくなって、かつ、当該国政府も資金・軍備ともに充実してくると、条約を打ち切ってやろうか、とか、何ならもう一回(戦争を)やるか?という冒険心が生じてくる。こういったことを未然に防ぐために、近隣国を常に貧しい状態、比較劣位にあらしめつづける不断の努力が重要になるわけだ。おだててお金を無駄使いさせる手もあったり。

    わが国は、こういった努力を重ねてきたのだろうか? ゼロとはいわないまでも、どちらかといえば、調子に乗りやすいお人よしだったように思うがどうだろう。過ぎたことは仕方がないし、知らなかったのならこの機会に学んで、いまからでも遅くないから、官民こぞって気を引き締めて事にあたってもらいたい。
    わたしが時に書く、あまり評判のよくない「タンカー改装特務艦と議員たち・メディアたちの鍛錬」の話題は、このような考えが脳裏にある故、ときに発露される。

    1. お虎 より:

      続けると、安部さんの外交が良かったとする理由は、
      最大の難癖屋であるアメリカとの友好をワンランクUPさせたこと(議会での希望の同盟演説に象徴される)、こすっからい難癖屋である韓国に対し「カタのついた課題蒸し返しには応じない」という姿勢を明示したことにある。いずれも、ミドルクラス国家の外交として王道です。
      野党の諸君も、この2点については政府を絶賛し、「野党の僕らが協力できることは、労を惜しまず働きたい」と言えばよかった。そうすれば主権者たる国民も「野党にも、責任野党という認識が生じてきたか」と安心し、あとは内政への相違点についてどちらに投票しようか、一応、まともな選択肢になり得たのだろうけれども、もりかけに没頭したのは、それが器量の限界だったのだろう。

      気がかりなのが、どなたかの投稿にあった「高麗連邦成立宣言」のセリフだ。
      これが勝手に発言されるとしても、わが国には押しとどめるすべがない。しかも、韓国の財政を圧迫している軍事費負担・とりわけ陸軍経費が楽になってしまう。それはわが国の利益に反する一例である。
      仮に成立宣言がなされたとしよう。
      一番望ましいのが、韓国軍がクーデターを起こして「非常事態宣言、臨時軍部政権樹立」を行って連邦成立を否定してくれることで、そうなった暁には、わが国は「事態鎮静化を望む」との公式宣言をしつつ「邦人安全確保」を名分として韓国軍を陰から精神的に応援するのがよいと思うが、メディアの連中のさわぎは当分抑えられまい。
      クーデターが起きなければ、わが国は「他人の出来事」として静観し、北朝鮮復興を手伝う意志がないことを、「希望の同盟国・アメリカ」にしっかりと伝える必要がある。北朝鮮復興をはやめることは中国の利益に直結することを、それこそ全知全能を投じて説明する覚悟が要る。

      最大の難癖屋アメリカにくっつき続ける理由は、アメリカの覇権がどのようなものか、あらかた見当がついて、その中で暮らしていける見通しがついたからだ。他方、中国の覇権下での暮らしは、7世紀後半のごく短期間をのぞけば経験がなく、おそらくアメリカ覇権よりも暮らしにくいだろう。
      中国が尖閣でしつようないやがらせを続けるのは、中国の視点による正当な行為だとしているのだろうが、これは日本を韓国と同列視した行動であって、これでは日本国とその国民多数の共感を得ることはできない。
      アメリカと中国の争いは、局所的な紛争の場面では中国有利の局面もあるだろうし(兵站の長短による)、ロシアがこれまで以上に中国に加担してくることが考えられるから、より複雑化長期化しやすい。
      けれども、中国がいまのような対日姿勢を続けているうちは、国際社会において中国の味方が増える望みは薄い(むしろ、東欧諸国あたりが、少しだけ距離をとろうとしている)。むしろ、中国の姿勢が日本にとって心地よい方向に変化するならば、そのほうが危機をはらんでいる、と考えるほうがよいと思う。

      1. だんな より:

        お虎さま
        >「高麗連邦成立宣言」
        から
        韓国の財政を圧迫している軍事費負担・とりわけ陸軍経費が楽になってしまう。

        統一したら、北朝鮮に掛かる経費が軍事費より多くなるでしょう。

      2. 匿名 より:

        中国の覇権下での扱いはチベットやウイグルを見れば想像はつきます。
        今後も含めるならば香港が最も近いモデルになるでしょうか?
        いずれにせよごく一部の人以外に「人権」は無くなるのでしょうね。

  17. より:

    こうまでグダグダし続ける所を見ると、確かに文在寅大統領は、訪日して菅総理と会談したいという強い意向を持っているのだろうと思われます。「できれば…」くらいの考えであるのならば、青瓦台が「訪日はない」と否定すれば済む話なのに、曖昧な姿勢を取り続け、時折チラッとこちらを窺うような発言を繰り返しているところをみれば、よほど「未練」があると見るのが妥当であると考えます。
    なぜ文大統領がそこまで固執するのかという点について、以前から「ブラックスワン・ストーカー説」には懐疑的でしたが、現時点ではほぼ否定的な見解に変わりました。もっと以前、北朝鮮が選手団の派遣を否定する以前、あるいはせめて韓国が水面下で試みていたであろう、北朝鮮への選手団派遣の懇願が完全に失敗したと認めざるを得なくなるまでであれば、「ブラックスワン・ストーカー説」も成立したかもしれませんし、文大統領が当初はそういう意図を持っていたという可能性も十分にあるでしょう。しかし、現時点となってはブラックスワン到来の可能性はほぼゼロと言って良い状況です。それにもかかわらず、文大統領が今なおブラックスワンの到来に賭けて、訪日にここまで固執しているのだとすると、よほどのバカであると断じざるを得ません(その可能性も絶無とは言い難いあたりが何とも……)。
    従って、文大統領がここまで躍起になっているのは、アメリカに「日韓関係を改善しろ。さもなくば、半島問題は一歩も前進させない」とキツく言い渡されているからだと考える方が妥当性が高いと思われます。文大統領が北朝鮮のことしか頭にないというのはすでに広く共有された見解だと思いますが、同時に、韓国単独では何もできないことくらいは理解しているようです。ゆえに、なにがなんでもアメリカに前向きの反応、前向きの対応を取ってもらわねば、文大統領の切なる願望は1ミリも前進しません。もっとも、アメリカが動き始めたとしても、それが文大統領の望む方向になるかどうかは未知数ですが、それでも他には何も方策がないため、文大統領としては、好むと好まざるとに関わらず、対日改善に努めているようなポーズを取らざるを得ません。(アメリカから、首脳会談も開けないような状態では論外だくらいに言われているのかもしれません。)

    その一方で、訪日に関して懸命に条件を付けようとしているのは、おそらく国内世論向けの対策だと思われます。これまで陰に陽にさんざん反日で煽ってきた手前、わざわざ訪問した挙句、挨拶だけして帰ってきたなどということになれば、右派はもちろん、左派からも猛反発を受けるのが目に見えています。何か一つでも目に見える「成果」を挙げないことには、訪日はかえって大きなマイナスになりかねません。仮にアメリカから肯定的な反応があったとしても(あまり期待はできませんが)、それくらいでは補えないマイナスになる可能性もあります。そこで、文大統領としては、「招待されたから訪問してやった。そして、首脳会談で”大きな成果”をあげられた」という構図がどうしても必要なのです。(なお、”成果”の中身については、どんなもんであろうと構いません。人畜どもを騙せる程度のものでもOKです。)

    おそらくこの数週間、韓国政府は水面下でそのような「構図」を作り上げるべく、懸命に努力していたに違いありません。時々流れた会談確定説も、少なくともそのうちの幾つかは、なんとか既成事実化し、会談実施の雰囲気を醸成しようとした、韓国側の意図的なリークであると考えられます(全部ではないような気がする……)
    しかし、日本側では、菅総理や茂木外相はもちろん、外務省の事務レベルさえも「来るなら来れば。最低限の外交的な対応はするよ。でも、挨拶だけね」以上の回答を呉れないのでしょう。このままでは、訪日しても、ほとんどプラスにはならず、大きなマイナスだけ背負うことになりかねません。

    以上の見立てが大枠で外れてないとすると、韓国側は相当焦っているに違いありません。確かに、「対日改善」を試みられる機会は、今後ほとんどないからです(秋のG20くらいかな)。
    日本側としては、少なくとも文在寅政権にはもはや何も期待しておらず、かつ協議すべき案件も何もありませんので、現在の姿勢のままで何も問題はありません。韓国政府が勝手に”回っている”のを生暖かく見ているだけで良いと思います。

    1. はるちゃん より:

      私は、文大統領は起死回生策としてトランプ前大統領と金正恩総書記の板門店会談の再現を目論んでいる、と思っています。

      金正恩総書記からは袖にされていますので、頼みの綱はバイデン大統領です。
      そのバイデン大統領から、日韓関係を何とかしろと言われているのでしょうね。
      菅総理からバイデン大統領に、米朝板門店会談を再度実施するよう勧めてもらう、なんて言う虫の良いことも考えているのでは無いでしょうか。

    2. 頓珍韓 より:

      龍様

      >挨拶だけして帰ってきたなどということになれば、右派はもちろん、左派からも猛反発を受けるのが目に見えています。

      異様に訪日ネタに拘る韓国さん。
      ここまで来たら、成果が無い場合を想定して、「G7、TOKYO2020でも韓国を無視した日本」で世論を動かそうとするのではないかと思います。

      「アイゴー!大統領が、あの日本に軽く扱われるなんて許せない!!」
      「日本は、日韓関係のために譲歩している大統領に失礼だ!!」

      だから、菅総理はその芽を摘んでおくべきでしょうし、「外交上丁寧に」なんて生易しいと思うのです。
      文大統領の訪日までのスキームは日本政府マターでないから、その程度しか言えないというのは理解するのですけど。

    3. チキンサラダ より:

      文大統領がここまで躍起になっているのは、アメリカに「日韓関係を改善しろ。さもなくば、半島問題は一歩も前進させない」とキツく言い渡されているから

      仰る通りだと思います。また、もっと正確に言うなら、韓国がアメリカに要望しているのは、「北朝鮮との関係改善」という曖昧なものではなく、「経済制裁の緩和」というはっきりしたものでしょう。
      それだけ北朝鮮の経済状況が逼迫してきており、だから文大統領も焦っているのです。
      そう、文大統領はあくまで北朝鮮のことにしか関心がなく、北朝鮮が現在の危機的状況からの脱出のためには、悪魔(日本)にすら頭を下げる覚悟をしてるということです。

      そして、アメリカが韓国に要求しているのは、「日本との会談」という比較的容易なものではなく、「現在の懸念のうちいくつかの具体的な解決」というものでしょう。

      「具体的な解決」とは、アメリカとしては韓国の譲歩を意味したのですが、韓国はそれを「日本の譲歩による解決」と読み替えて実行できないかと苦心惨憺しているというのが、ここ数週間の現状でしょう。

      1. より:

        もっと意地の悪いシナリオを想像してみましょうか。

        1. アメリカは朝鮮半島問題に取り組むにあたって、日米韓の協調が不可欠であると唱え、当面の障害となっている韓国に(だけ)、日韓関係の改善を命じた。
        2. 韓国としては、まずは3つの大きな問題を処理しないことには、その先に進めないと考え、日本側の譲歩による解決を期待して、水面下で動いている
        3. 日本としては、いずれも譲歩しようがない問題であり、協議の対象ですらないと考えているので、韓国側の働きかけに一切応じようとしない。
        4. 韓国は焦ってジタバタしているが、有効な手立てが見つからず、さらに焦りを募らせている (← 今ココ)
        5. 実はアメリカは、日韓間の葛藤は全て韓国側が一方的に作り出したものであり、韓国が一方的に撤回することでしか問題が解決されないことを、最初から了解しており、しかも、少なくとも文在寅政権が絶対に一方的撤回などできないことを認識していた。つまり、アメリカは、実行できないと分かっている”宿題”を韓国に与えたのだ。

        では、なぜアメリカができないと分かっている”宿題”を与えたのかという理由については、以下のようなものが想定されるでしょう。

        a. アメリカが米朝関係前進に動いてくれるかもしれないという”希望”を見せ、これ以上文在寅政権が暴走することを阻止するため。
        b. 実行不能な”宿題”が予定通り実行できなかったことを受け、日米韓という枠組みが不可能になったことを内外に示すため。
        b-1. 朝鮮半島問題においてすら韓国が無用であることを改めて示し、韓国切り捨てを加速化する。

        要するに、アメリカは韓国切り捨てを正当化するために、実行不能であることを承知で韓国に”宿題”を出し、「ほ~らね。それじゃ」とやるつもりなのではないかという見立てです。
        もちろん、上記にはいくつかご都合主義的な仮定が混じってますし、日米両政府部内には「文在寅さえ居なくなれば……」あるいは「左派でない政権ができれば……」と考えている人たちがまだいるようなので、どこまで進行するのかまだわかりませんが、あり得るシナリオの一つではないかと思います。

        # あり得ると考える理由の一つが、武藤元大使の最近の様子です。最近武藤さん
        # にあまり元気がないのは、韓国切り捨てシナリオが水面下で進行しているから
        # だとすると、腑に落ちる点が多々あるからです。

        1. チキンサラダ より:

          アメリカは、実行できないと分かっている”宿題”を韓国に与えたのだ。

          その通りだと思います。

          私の理解はこうです。


          1. 袋小路に陥ってる朝鮮半島問題に対して、米国なこれ以上貴重な外交リソースを無駄遣いする気はない。
          2. 少なくとも文政権が退陣するまで米国は朝鮮半島に関して動くつもりはない。
          3. そのため、米国は韓国に解決不能な宿題を与えて時間稼ぎを行っている

          米韓切り離しまではバイデン政権は決断できていない、というのが私の見立てです。まだまだ民主党政権は朝鮮半島問題の分析は甘いと見ています。

        2. お虎 より:

           アメリカが韓国の背中を押したのだとすれば(わたしもその可能性が大きいと考えている)、日韓の和解の可能性がある、と考えたと思いますよ。そもそも、いまのアメリカ当局者がどこまで事情に通じているか怪しいのだけれども、常識的に考えれば、いま韓国がやっているようなくだらない嫌がらせは、米日韓、だれの利益にもならない。
           ところが、韓国というやつは、その常識からはずれた思考行動をとる、ということへの認知が不十分のようにも見える(個別には事情に詳しい人もいると思うが、国務省全体の共通認識には至っていない)。

           アメリカにとって、いまのような新北政権は迷惑であり、来年の大統領選挙では政権党交代を望んでいることは、ほぼ間違いない。バイデンにすれば、心中では(慰安婦合意というおれのプロジェクト成果をこけにしやがって、文の野郎は)と思っているが、いやしくもアメリカ大統領たるもの、そのようなことは口にはしない。

           アメリカが韓国を捨てる、というような意見には時折接するのだが、わたしはそうは思わない。アメリカが西へ西へと進むのは建国以来の国としての意思でしょう。アメリカ人個々であれば、中国と日本の区別のつかない人も少なからず現存するだろうし、アジアへの関心が低い人も大勢いるとも想像できるが、国の意思というものは、そういったその他大勢とは違うと思う。
           20世紀初頭の桂ハリマン協定(裏で何が取引されようとしたのか、確認するすべはないが)以降、アメリカの眼はしっかりと中国にそそがれている。韓国は、それへのとっかかりであり、大勢の米兵と膨大な軍費を投じて今があるのだから、阿呆な大統領一人二人の存在ごときで、捨てるとはとうてい考えられない。

          1. チキンサラダ より:

            アメリカが韓国を捨てるつもりがあるのか、というのはとても興味深いテーマですね。

            「国の意思」というのは抽象すぎて意味が図り難いですが、アメリカの支配層が中国に寄せる関心、好意は並々ならぬものを感じます。
            21世紀後半にかけてアメリカが何らかの形で中国に深く関わっていく可能性は極めて高いでしょう。
            ただ、朝鮮半島がそこに含まれるかは議論を要するでしょう。米国政権にとっては中国の利権が大事なのであって、朝鮮半島はロシアや日本や他の勢力が占領してもさして困らない。
            大陸への足がかりとしては台湾もある。
            韓国の優先順位は低いと私は見ています。

    4. 門外漢 より:

      龍 様
      はるちゃん 様
      頓珍韓 様
      チキンサラダ 様
      お虎 様
      米の眼が中に向いていて韓はその従属変数に過ぎないのはそうなんでしょう。
      また韓が解決不能の宿題であたふたしてるのも、日本が丁寧な無視であるのも納得なのです。
      じゃ日本は韓に対してどのような戦略があるのか?と言うとこれが良く判りません。
      最終的に普通の付き合いにできれば良いのですが、韓が苦し紛れにレッドチーム入りと言う事があれば、それはあまり歓迎できない。
      かといって昔の様に飴を与えて大人しくさせておくというのは最悪手であるし、対中政策として韓はブルーチームのサプライチェーンからは切り離しておきたい。
      しかし米から暗黙裡に韓のケツ持ちを命ぜられている様にも思うので、無視し続けるのも期限付きかも知れない。
      勿論併合なんて頼まれても、お こ と わ り。
      活かさず殺さずでブルーチームに括りつけておくなんてことが出来ますかね?また日本にとってそれが最善手なんでしょうか?

      1. お虎 より:

        朝鮮半島の周辺において、実質的な覇権国はアメリカと中国であり、日本とロシアはオブザーバーに過ぎません。特に日本の場合は、同盟国アメリカとの国力差が顕著であるために、外交・国防に関して自主性が制約されています。
        こういった状況認識に立てば、わが国が朝鮮半島の政略に関与することには無理がありますので、今後の韓国との関係は通商だけに限るのがよいように思います。金融ですら、韓国が必要とするのは米ドルですから、日本とスワップ協定を結ぶ必要はない。

        つまり、朝鮮半島問題は、そのままアメリカの問題であって、日本はこれに関わる意思も能力もないことを、アメリカにしっかりと認識させる作業が必要だと思います。茂木さんが先に発言した「アメリカは日韓問題に介入するな」と伝えられる発言が事実であれば、それは日韓関係を終活にもっていくための中間段階の作業をやるつもりなのだろう、と勝手に解釈している次第です。
        勝手な解釈のとおりとするならば、日米韓の連携における日本の役割はより明白かつ低負荷になるかもしれません。アメリカには、情報提供やら便宜供与などの協力を同盟国として提供するのですが、韓国に対しては最低限にでき、かつ二国間関係も普通にできる。普通といってもさまざまなレベルがありますが、特に親密でもなけれな友好的でもない国との二国間関係は、例えばロシアとの関係に近いものになるかも知れない。

        韓国漁船の違法操業はどしどし逮捕する
        韓国からの国費留学生は、ロシア並みに年1-2人程度に減らす
        韓国籍居住者を他国のそれと同様にマネジメントする
        などなど
        いつまでも「韓国は国際法を守れ」砲だけに頼らず、
        その違法行為、以前の借款未払いなどなど、ネタはいくらでもあるはずで、これをどんどん発信していく。大使館なんか、あんなふざけた国との間に広大な土地を相互に所有するなどの関係は整理したほうがよくて、日本は返す、韓国も返せ、と提起する。

        そうする結果、韓国がこちら側にいるのかそうでないのか、それはアメリカと韓国次第。「韓国と関わらない」ということは、そういうことかと思いますが。

      2. 頓珍韓 より:

        門外漢様

        >日本は韓に対してどのような戦略があるのか?

        まず、ブルーチームに括り付けておく前提で考えないほうが良いと思います。
        それに拘ると、いままでの日本と同じように韓国を優遇するような政策を取り続けることになりますから。

        「韓国はレッドチーム」と想定することから始めるべきではないかと思います。

        また、韓国が目指す南北統一は、日本には拉致被害者の救出という大命題と併せて、難民の問題、新たに生れる朝鮮によって不当な金品要求がある可能性がありますから、現在問題となっている韓国による日韓請求権協定を無視する行動は前哨戦と捉えて、一切の言質を与えずに無視と「国際法違反を守れ」の一点突破で良いと思います。
        ただし、このようなことを核保有国が相手にすることを考えれば、日本が果たして非核三原則を護持していれば良いか、とるのは考えるべきではないかと思っています。

        また、今後の国際社会がどうなるかわかりません。
        米中の対立が永遠に続くわけでもないでしょうので、アメリカを信用し続けることもできません。
        かつての日本の敗戦は「国際社会からの孤立」が大きな要因でした。
        パワーバランスが動き始めた現在において、かつての帝国主義のような同盟関係ではない新しい普遍的な枠組みの中でイニシアティブを持つ必要が迫られている思います。

        それを踏まえて、日本の大目標としては以下は外せないと思っています。
        ・(アメリカのみならず)、普遍的な価値観による国際社会との協調
        ・安全保障を重視した憲法改正
        ・日本の国力の増強

        韓国について言っておくと、韓国は日本のこれらの目標を妨害することはあっても貢献することはありません。
        故に、自ら「ブルーチームに残りたい」と旗幟鮮明しない限りにおいては、ブルーチームのサプライチェーンから「早々に」外すのは当然として、韓国は新しい枠組みにも入ることは相応しくないことを明らかにしても良いと思います。
        だらだらやると、韓国社会へのインパクトが小になり、レッドチームが有利になりますから、このことは早急にすべきです。
        もしも、今の韓国に「東学党の乱」のようなことが起こったとしても、在韓米軍がいますから中国や北朝鮮が入ってこれないでしょうから、結局、韓国はブルーチームに居残るしかありません。

        韓国に対して、言葉はいりません。
        日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を韓国が無視した時点で、お話合いの時間は終わりました。

        日本は態度で示せば良いと思います。
        日韓首脳会談なんてやっても意味がないのに、15分でもカロリーの無駄(韓国の延命措置)だと思います。

        1. 門外漢 より:

          お虎 様
          頓珍韓 様
          レス有難うございます。
          確かに米中ロのような超大国でないので、独自の戦略は立てにくいですね。
          超大国の動きを睨みながら、最小限の付き合いに止めるということになるんでしょうなあ。

          1. 頓珍韓 より:

            門外漢様

            >確かに米中ロのような超大国でないので、独自の戦略は立てにくいですね。

            ごめんなさい。「超大国」と「独自の戦略」と言う意味が分からないです。

            たとえば、「北朝鮮」は?

  18. YT より:

     慰安婦に関しては時代背景の理解が必要です。
    1、貿易摩擦により、日本経済の一人勝ちであり、日本の味方がいなかった。
    2、女性問題は女性側だけの言い分が通りやすい(今もそうです。)
    3、ソ連崩壊により、一時的に日本がアメリカの主敵になった。(産業スパイ事件もこのころ多発)

     日本政府としては、慰安婦問題は真偽はともかく、世界的に延焼する前に、金でかたが付くと思っていました。その後の経緯はみなさんご存じのとおりです。

     そしてこれが本質かもしれませんが、

    4、インターネットが普及しておらず、一般人が真相を訴える手段がなかった。

     インターネットでホームページが普及したのは2000年頃、ブログが普及したのは2005年頃です。

    1. チキンサラダ より:

      全くその通りですね。

      冷戦直後の日本は外交関係的にかなりの苦境に立たされていて、選択の余地がほとんどなかったですね。

      拙速な解決を図ってしまったのにも、同情の余地があります。

      なお、ホームページですが、これは有名な和製英語というか、日本人の勘違いした英語でして、意味が違います。
      Homepage は本来インデックスページを意味します。
      日本で「ホームページ」という場合、殆どのケースでは、Web ページを指しています。
      何かのご参考になれば幸いです。

  19. キタロー より:

    自称徴用工及び自称慰安婦の問題について、韓国側がまずは具体策(つまり、国際法や日韓二国間の政府協議決定内容に従った内容の具体策)を提示する事が必要との日本政府の基本スタンスは不変。
    一方、韓国政府に上記にこたえるだけの能力も意思もなく、その目は常に国内政治及び北朝鮮、並びに根拠のない国威維持にまずは向けられている。そもそも根拠なきプライドの維持を図る事が国政のpriorityの上位に来る事自体、韓国は自国を袋小路に入り込ませ、自国を矮小化させてしまっている事の証左である。なんで自国の悪い事は悪いと認められないのかね、このコリアという国は。
    かかる状況での今回の首脳会談が開催されるのであるとすれば、その結果は今から容易に予想可能ではないか。即ち、会談は単なる儀礼的なものでしかないのに、またもやコリアのお得意技であるところの「making story」を国内外に宣伝するはず。もうそろそろこんな事はやめましょうかと考える人間は韓国政府にはいないんだろうな。韓国政府高官の某が「成果ないところに大統領を行かせられない」とはまるで出来の悪いサラリーマンの発言と同じです (失礼!)。やはり、コリアは無視、しかし、事実と異なる、或いは悪意をもったねじまげstoryを行った際は、これに対しては毅然としかも徹底的に反論、同時に、日本国もそろそろ防戦するだけではない、proactiveなactionをとる必要があるのだが….。

    1. チキンサラダ より:

      本題とはずれるのですが、

      「成果ないところに大統領を行かせられない」

      これは、官僚としては万国共通で全く正しい姿勢です。

      大統領の会談の成果は事前に事務方で折衝が行われているもので、成果が見込まれないなら大統領会談をセットすべきではないのです。

      (なお、外相の場合は成果が見込まれなくても会談する価値はあります。顔つなぎも重要な役職なので。)

  20. チキンサラダ より:

    私はこちらのコメント欄でも、早くから

    儀礼的な会談が計画されている

    と言ってきましたが、やはりその可能性が高くなってきたようですね。

    後日、「言った」「言わない」の議論に持ち込まれるリスクも高いことから、たとえ儀礼的なものであったとしても、日韓首脳会談自体を開催すべきではない

    これは、もっともな懸念ですが、今回韓国側が正式会談にやたらと拘っていることを見ると、日本は儀礼的会談のみで、実質的に中身がないものにする算段をつけているように見えます。
    先日のコーンウォールでの抜かりない対応が効いているのかもしれません。

    韓国側がオリンピックでの来日にここまで拘る理由ですが、これまた私が先日コメントしたように、米国からの圧力の可能性が高いようですね。北朝鮮にしか関心がなく、かつオリンピックで北朝鮮との関係改善が殆ど見込まれない状況でここまで拘るのは、米国からの圧力以外ではありえないでしょう。
    なお、文政権が狙っているのはオリンピックでのブラックスワンよりは、北朝鮮への制裁緩和でしょう。
    その方がより実際的で確率も高いかと思われます。
    (残念ながら、バイデン政権は制裁の段階的緩和を許容していると思われます)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。