「約束を破るウソツキ」が道徳的権威を得ることはない

文在寅氏に感謝:日本人の目を覚ましたのは韓国側の「自爆」だ

長年、韓国ウォッチングをしていると、並大抵のことでは驚かなくなるものです。ただ、それでも、一定の周期で韓国メディアに掲載される噴飯物の記述を眺めていると、日韓の「相互理解」のハードルがいかに高いかを改めて痛感します。「約束を破るウソツキ」のことを理解しろといわれても困惑する限りですが。

2021/07/02 07:35追記

改題しております。

社会は5年でこんなに変わった

悲しいことに、長年、韓国ウォッチングを続けていると、ちょっとやそっとのことでは驚かなくなります。

わが国で生活をしていると、大した根拠もなしに相手のことを「ウソツキ」だと呼べば、それはかなりの侮辱だと受け止められるでしょうし、場合によっては名誉棄損が成立してしまうこともあります。そして、私たち日本人は、相手に対して「あなたはウソツキだ」、などと述べるのに抵抗があるのが普通です。

ただ、このことは、わが国では「ウソをつくこと」や「約束を破ること」が「悪いこと」だと認識されている、という意味でもあります。

そして、国が変われば文化も異なります。

非常に残念なことですが、ウソをつくこと、約束を破ることが「悪いこと」だと認識されていない国も存在します。これは「良し悪し」の問題ではなく、事実の問題と見るべきでしょう。

さて、早いもので、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は、開設して来月で6年目を迎えます。

ウェブサイトを開始した当初は、ある特定の国を「国を挙げてウソばかりついている」、「どうせあの国は約束を破る」、などと申し上げるのには、慎重でした。

いちおう当時から、2015年12月28日の、いわゆる「日韓慰安婦合意」を巡っては、「どうせ現在の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権か、その次の政権あたりで、この合意を破る動きが出て来るのではないか」などと申し上げていたつもりです。

今になって振り返れば、「もっとハッキリと断言しても良かったかな」とも思ってしまうのですが、ただ、当時は新聞・テレビなどのマスメディア(つまりオールドメディア)の社会的影響力もまだまだ非常に大きく、「韓国はウソツキだ」などと述べようものなら、「嫌韓のネット右翼みたいだね」、などと見られたものです。

次々出てくる「約束破り」「ウソツキ」事例

しかし、考えてみれば面白いもので、当ウェブサイトを開始して以降、韓国の側からどんどんと「ウソツキ」「約束破り」の事例が出て来てしまいました。

軽いジャブでいえば、2016年9月頃に、日韓慰安婦合意に関連して韓国側から安倍晋三総理大臣に対し、「お詫びの手紙を書いてくれ」という要求が来たことがその典型例でしょう。

ただ、本格的な「約束破り」「ウソツキ」の大波は、朴槿恵氏が大統領を解職され、2017年5月に文在寅(ぶん・ざいいん)政権が発足したあたりから、次々と押し寄せて来たのです。

「約束破り」、「国際法違反」、「条約破り」の典型例といえば、文在寅政権下で慰安婦合意が実質的に反故にされたこと、自称元徴用工裁判で日本企業が韓国大法院(※最高裁に相当)で敗訴したこと、自称元慰安婦が日本政府を訴えて勝ったことなどが挙げられます。

また、ウソツキの典型例としては、2018年12月に韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が日本の排他的経済水域(EEZ)内で海自P1哨戒機に対し、火器管制レーダーを照射した事件と、その後の韓国政府による理不尽な言い訳のラッシュが記憶に新しい点です。

いずれにせよ、現時点において、「韓国は約束破りのウソツキだ」、と述べたとしても、日本人の多くはそれを「事実」とは捉えますが、「韓国に対する侮辱」とは考えないでしょう。

なにより、『韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」』などでも述べましたが、韓国メディアにはときどき、「(約束を破るのは)わが国の文化のようなものだから、日本はそれを理解して欲しい」、などとする論考が掲載されます。

いまや、韓国のことを「約束破りのウソツキ」と称しても、それは事実に基づくものだと言わざるを得ません。

その意味でも、韓国メディアの報道が日本のメディアを経由せず、ウェブサイトを通じて私たち日本国民がダイレクトに届く時代が到来したというのは、本当に面黒いことだといえるでしょう。

元駐ベトナム大使の噴飯物の主張

こうしたなか、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、本日、なかなか噴飯物の記事が掲載されていたようです。

【コラム】日本に過去の賠償を強要しないと明言しよう(1)

―――2021.06.30 11:11付 中央日報日本語版より

【コラム】日本に過去の賠償を強要しないと明言しよう(2)

―――2021.06.30 11:14付 中央日報日本語版より

執筆したのは「元駐ベトナム大使」と名乗る方です。韓国の外交部ご出身の方でしょうか?

4000文字弱の、中央日報にしては長文ですが、冒頭で「現在、韓日関係は韓日米協力体制の最も弱い点だ」、「韓日関係は強制徴用被害者の賃金、軍隊慰安婦など過去の問題で冷え込んでいる」、「解決の糸口も見えない中、どん底から抜け出せずにいる」などと問題提起しています。

「強制徴用被害者」だ、「軍隊慰安婦」だ、「インド太平洋」だ、と、不正確な用語が飛び出しています。正確にはそれぞれ「自称元徴用工」、「自称元慰安婦」、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」などと称すべきところですが、そのあたりはとりあえず良しとしましょう

気になるのは、「この人物がどんな解決策を提示するのか」、という点だからです。

ただ、そこに至る前に、なかなか面黒い記述もあります。たとえば、『加害者・被害者が逆になった過去の論争』と題した小見出しの部分の記述がそれです。

韓日政府の間で多くの協議があったが、日本は全く譲歩する態度を見せず、日本が受け入れ可能な解決策を韓国側が提示すべきだという立場で一貫しているようだ。とはいえ、国際社会や日本の大多数の『良心勢力』も韓国を支持する状況ではない。韓国が過去のように被害者プレミアムを武器に日本の譲歩を引き出すことができる状況ではないようだ」。

じつは、この記述にこそ、当ウェブサイトが「文在寅氏こそ真の親日派だ」と断じる理由が凝縮されています。

日本が過去に、韓国に対して不当に譲歩して来た理由の一端が、まさに日本国内にいた、韓国から「良心派」と呼ばれる勢力にあるからです。

まさにこの「良心派()」こそが、韓国が「被害者だ」と強弁したときに、日本国内でも「私たちが加害者なのだから、ここは韓国に譲ってあげよう」と声を上げて来たのです。

ちなみに余談ですが、その「良心派」の残骸は、日本のメインストリームのメディアにはまだまだ残っており、たとえば日経電子版には今月中旬、こんな凄まじい社説が掲載されたりもしています。

[社説]日韓は地域安定へ対話探れ

―――2021年6月15日 19:00付 日本経済新聞電子版より

どうしようもないですね。

しかし、「『日本=加害者』、『韓国=被害者』という構図を日本に押し付けることで、日本から不当な譲歩を引き出す」という韓国の常套手段が効かなくなったのは、ひとえに文在寅政権下の韓国が「やりすぎた」からであり、その意味では、日本人は文在寅氏に感謝しなければならないのかもしれません。

「道徳的権威」を騙るウソツキ

さて、中央日報のこの記事で、なかなか強烈な腐臭がしているのが、『過去を政治の手段に利用すべきでない』と題した小見出しの直後にある、こんな記述です。

我々が望む方向で問題を解決するのが難しいこうした局面で韓国が勝つ方法は、逆に過去の被害者としての寛容を見せることで我々の道徳的な品格と自負心を日本と国際社会に見せることだ(中略)。そうしてこそ我々の道徳的な権威が高まり、日本政府と企業・国民も韓国人に大きな苦痛を与えた過去を深く省みるだろう」。

この文章、我慢して読んでいたのに、ここでこらえきれずに吹き出してしまったという人も多いのではないでしょうか。

ウソツキの分際で「道徳的権威」とは、シャレにしてはきつすぎます。

そもそも論、この文章の執筆者は駐ベトナム大使を務めておられたそうですが、ご自身の国がベトナムでいったい何をなさったのか、覚えておられないのでしょうか?まさかとは思いますが、自国軍がベトナムでさまざまな犯罪を働いたという事実を、認識すらしていないのでしょうか?

この人物は、次のように述べます。

私が大使として在職したベトナムの政府は、韓国政府に対し、過去のベトナム戦争参戦に関するいかなる謝罪も補償も要求していない。痛恨の過去を乗り越え、ロールモデルの韓国の協力と支援を通じて迅速に国家を発展させるためだ」。

違います。

韓国がベトナムに対する「戦争加害国」であることは事実ですが、日本に対する「戦争被害国」であるというのはウソです。

というよりも、本気で戦った国同士(たとえば日本と米国、米国とベトナムなど)は、おたがいに対して「永遠の謝罪」を求めたりしません。

結局、韓国がいつまでもいつまでもいつまでもいつまでもいつまでもいつまでもいつまでもいつまでもいつまでも日本に対して謝罪を要求するのは、韓国が日本に「勝った」という事実が存在しないことを認識しているからなのでしょう。

日韓関係は修復に向かうのか、それとも…

いつもの繰り返しですが、米国の政治学者で米戦略国際問題研究所(CSIS)のシニアアドバイザーでもあるエドワード・ルトワック氏が著書『中国4.0』で指摘した次の内容を、再掲しておきましょう。

日本の謝罪問題についても一言言っておきたい。日本は韓国に対してすでに十分すぎるほど謝罪したし、これからも謝罪しつづけなければならないだろうが、それらは結局、無駄である。なぜなら韓国がそもそも憎んでいるのは、日本人ではなく、日本の統治に抵抗せずに従った、自分たちの祖父たちだからだ」(同P129)。

要するに、韓国にとっては(ウソでも良いから)「日本に戦って勝った」という「輝かしい歴史」が欲しいのであり、それも実際に自分たちで戦ったわけではないことを無意識で理解しているからこそ、その「偽りの歴史」を担保する手段が欲しいのかもしれません。

さて、リンク先記事の末尾には、こんな趣旨の記述があります。

もう、新政権になるほどマイナス遺産ばかりが増える韓日関係に終止符を打つ時だ。現政権の任期は1年も残っていないが、韓日関係が最悪の状態と評価される現時点で、新しい発想で韓日関係改善のきっかけを用意する努力を傾けるべきだろう」。

日韓関係「改善」が何を意味するのかはさておき、日韓関係が修復されるには、韓国がまずウソをついたことと約束を破ったことを日本に対して謝罪したうえで、そのことによって日本に与えた被害を回復することが最低限の条件です。

これは韓国で政権が代わったとしても関係ありません。

そして、もしそれができないのであれば、残念ながら日韓関係を継続することは困難であるといえるでしょう。

読者コメント一覧

  1. JJ朝日 より:

    >  日韓関係が修復されるには、韓国がまずウソをついたことと約束を破ったことを
    > 日本に対して謝罪したうえで、そのことによって日本に与えた被害を回復すること
    > が最低限の条件です。

    その通りですね。来年ROKの与党はどこか、大統領は誰か、KOSPIはどうなっているか、ROK銀行与信はどうなっているか、ウォンレートはどうなているのか、面黒いネタで溢れていますね。

    1. 野宿 より:

      私見では「韓国の問題」は「特定個人が度々ウソを吐く」でも「特定政権が約束を守らない」でも「特定団体が国外で日本を讒言で貶める」でも無く、「嘘を吐いたり、約束を破る事は “正義を貫く為” ならOKだ」と個人個人のレベルで心底から考えている事です。 その『正義』は集団としての韓国の妄想と捏造に根差した、つまり、客観的に根拠の無い「俺は優秀で偉く、だから何時も正しい」と言う循環論法です。

      だからウソツキと認定された個人が社会的に失脚しようが、政権を失おうが、投獄されようが、噓吐きと約束破りは現在進行形で韓国社会で大量生産されています。 何しろそれが「朝鮮半島の常識・思考回路」なのですから。

      だからどの政党や派閥が主導権を執っても「ウソツキで約束破り」と言う点は変わらないでしょう。

      「どんな嘘を吐くか」や「どの約束を破るか」が少々違って来るだけで。

  2. 匿名 より:

    思わず「いつまでも」の回数を数えたのは私だけではあるまい

  3. 初投稿 より:

    もう70年以上前のことをあれこれいわれても、もはや何も感じません。k国は何を考えているんでしょうか?
    いい加減にしてほしい。

  4. POPNPON より:

    そもそも韓国は戦勝国ではありません、当時の朝鮮は日本国の一部として連合国に対して一緒に戦った「同志」であり、現代の韓国人の言葉を借りるならば、韓国人の祖先も日本人同様「戦犯国人」です。

    実際中国大陸において、中国人は日本人の手先となって日本人以上に酷い仕打ちをする彼らを「棒子」と呼び、酷く嫌っていたようです。

    一方、現在の中国及び台湾は、確かに日本と戦った戦勝国であり、日本もサンフランシスコ講和条約を受け入れたので、それを認めざるを得ませんし、侵略を行ったという連合国の主張に対しても日本としての正当性の主張はあるにせよ、国際法的には基本的に受け入れざるを得ないところでしょう。

    従って、敗戦国としての日本は中国(台湾OR中華人民共和国)に対して賠償金の支払い義務が生じましたが、台湾も中国(中華人民共和国)も賠償金の権利を放棄しました。

    しかるに、韓国は敗戦国&戦犯国の後裔にも関わらず、自ら戦勝国として賠償金その他の権利を逆に日本に主張しました。
    サンフランシスコ講和条においても韓国は戦勝国として認められませんでしたから、当然ながら日本に賠償金を支払う義務はありません。

    しかるに結局、アメリカの強い後押しで、日本は「独立見舞金」という名目で当時の国家予算を超える金を韓国に支払い、また在日関係の権利を含めた諸所の権利を韓国に対して認めるという、日韓請求権条約を締結しました。
    この条約については国内で反対論が強く、朝日新聞等のメディアも将来に禍根を残すとして大反対でした。

    戦勝国の中国&台湾が賠償金を放棄、敗戦国の後裔たる韓国が事実上の賠償金をゲット、何と不可解なことでしょう?
    かつ韓国は、今でも自ら戦勝国と称して日本を戦犯国として差別し、国際社会においてそのレッテル貼りと糾弾を加速化しております。

    一体全体どういう神経、論理性を有しているのでしょう?
    世界の殆どの国が上記を知らないため、日本は韓国を侵略&略奪した酷い国だと思っているのでしょうね。

    せめて、せめて、ドイツに一方的に併合されたオーストリアのように、ドイツが侵略した周辺国に対して、自分たちも侵略した一員であった、申し訳ない、と謝罪して頂きたいところです。

    1. PONPON より:

      すいません、ハンドル名がなぜかPOPNPONなってしまいました。
      PONPONです。

    2. 誤星紅旗 より:

      中華人民共和国は戦勝国ではないのに、あたかもそうであるかのごとく図々しく振る舞っている。というのが正しい表現でしょうか。

      1. 門外漢 より:

        誤星紅旗 様

        >中華人民共和国は戦勝国ではないのに

        一時は国共合作もあったし、少なくとも対日で戦ったのは認めても良いのでは。

        1. PONPON より:

          誤星紅旗様、門外漢様

          そうですね、日本と正面切って戦った主流は当時の国民党、今の台湾ですね。

          実質的に戦った同志の方が、後で和解しやすいのかもしれません。
          自ら堂々と逃げずに戦った、という自負心、誇りがあるからでしょう。

          しかるにあの国は。。

      2. 名古屋の住人 より:

        誤星紅旗様
        門外漢様
        PONPON様

        >中華人民共和国は戦勝国ではないのに、あたかもそうであるかのごとく図々しく振る舞っている。というのが正しい表現でしょうか。

        良くも悪くも中華民国(国民党)から国連常任理事国の地位を引き継いでいるため、「戦勝国ではない」とは言い切れないところがありますね。

        しかし、中華人民共和国という国家ではなく、その政権党である「中国共産党」に焦点を当てた場合、若干その意味合いが異なってきます。

        私のイメージでは、第二次世界大戦時の中国共産党軍は「正面作戦を避け、時には命からがら逃げ回り(長征時等)、国民党が疲弊しきったタイミングを逃さず国共内戦を仕掛け、苦難の末に国民党に勝利した結果、政権党となって現在に至る」というものです。

        中国共産党は戦前の日本軍と華々しく戦って勝利したという「歴史」が存在しないため、「政権党としての正当性に欠く」という克服し難い弱みがあると思います。このため

        ・鄧小平が改革・開放政策というコペルニクス的大転換を打ち出し、経済発展と生活水準の向上をもたらすことを以て、中国国民の不平・不満をかわしてきた。
        ・時にその矛先が自分たちに向けらた場合、抗日ドラマを放映する、南京大虐殺記念館を改装して国際社会に対しプロパガンダを広める、(官製)反日デモ等を煽る等のあらゆる手法を使い倒し、日本を最も都合の良い悪役に仕立てて、愛国無罪(即ち反日活動)をある程度容認することにより、ガス抜きを行ってきた。
        ・中国共産党中央に対して明確な矛先を向けてきた場合、中国共産党の軍隊である人民解放軍(国軍ではない)に指揮・命令し、中国国民に対して銃を向けた(天安門事件)
        ・中国共産党は虚勢を張るのは得意だが、とにかく「打たれ弱い」体質があり、都合が悪くなるとすぐに吼える(戦狼外交等)ので、ある意味とても分かりやすい。

        中国共産党が政権を取るまでの軌跡については、北海道大学大学院の岩谷教授のコラムが参考になりますので、ご興味がありましたらご参照ください。

        シリーズ・結党100年を迎える中国共産党 日中戦争: 戦後の政権奪取に向かう“大転換点”に 
        岩谷 将 北海道大学公共政策大学院教授  2021.06.21
        https://www.nippon.com/ja/in-depth/d00722/

        1. PONPON より:

          名古屋の住人様

          おっしゃる内容、全面同意します。

          >中国共産党は戦前の日本軍と華々しく戦って勝利したという「歴史」が存在しないため、「政権党としての正当性に欠く」という克服し難い弱みがあると思います。

          かの国とそっくりですね。。

          岩谷教授のコラム、読まさせて頂きました。
          結局、日本軍が実力を超えて手を広げすぎたこと、そのため空白となった北方の地域をソ連の援助により占拠でき、その地をベースに南方に進出できたこと、早い段階から全盛時の日本軍と戦っていた国民党軍がおそらく相当疲弊していたであろうこと、が、共産党による中国全土支配を可能にしたのだということが理解できました。

          ありていに言えば、ラッキーだったということですね。

          有難うございました。

    3. ラスタ より:

       誰もが検証可能な客観的事実として。
       日中戦争および太平洋戦争の当時、朝鮮半島は日本、その民族は朝鮮系日本人であり、韓国も北朝鮮もまだ存在していませんでした。

       国が存在していなかった。
       それで、戦勝「国」やら戦犯「国」と。
       それでは当時どの国だったのか、国号は何であったのか。
       日本と戦った何という国だったのか。
       聞いてみたいです。

  5. たけ より:

    彼らの言う今回の日韓関係改善案は、
    日本以外の国(主に米国)に度量の深さっぽいものを見せて、国際世論を韓国優位に引き戻した上で再度屈させるために圧迫しようというものであり、
    日本のことなんてこれっぽっちも考えてません。
    なので、関係改善のために日本に対して韓国側が非礼を詫びる、なんて事が実現するわけありません。

    1. 野塾 より:

      朝鮮半島の住民の方々が「根拠の無い思い込みと妄想による客観性の無い正義」は「嘘を吐く事」と「約束を破る事」の文明世界での正当化の理由にならない事を理解する迄国家としての韓国を信頼する事は出来ないでしょうね。 

      国家・集団としての思考回路・行動原理自体が文明世界の「実証主義」と相容れない訳ですから。

  6. より:

    この元ベトナム駐箚大使氏のコラムは、韓国人が書いたものとしては、いたってまともな部類で、数多の大学教授や論説委員に較べても遥かにまともです。もちろん、韓国式思考法による偏向はかかっているのですが、本人は韓国人なんですから、その影響を受けていないはずはないですし、それを匂わせておかないと、そもそも読んでもらえないという判断もあるかもしれません。

    だから、問題は、この文中に道徳性などといった韓国的表現があることではなく、この程度の内容ですら韓国で広く受け入れられることはないだろうという点にあります。過去のことで騒ぐなというのは、韓国の国民情緒からすると大いにそれに反するものです。だからこそ、道徳的権威などという上位概念を持ち出して、情緒に反しても正当化しうるのだと示そうとしているのかもしれません。代償も無しに情緒に反するようなまねはできませんので、道徳的権威とかいう韓国人にだけは理解でき、かつ欲しくてたまらないものが得られるとすれば、それいいじゃないかとで言わんとしている、とも考えられます。

    このコラムが韓国でどのような受け止められ方をするのかはわかりません。反発されるか、スルーされるか、多分そんなもんだろうと思います。その意味では、われわれが”憂慮”すべきことは、このようなコラムが書かれたことではなく、この程度の「正論」ですら受け入れられる素地がないということなのです。

    1. だんな より:

      龍さま
      この記事を書いた人は、親日派認定でしょう。

    2. 匿名 より:

      韓国人の書いた至ってマトモな記事がありました。

      『<W寄稿>「中国の三不」と「日本の三不」で四面楚歌に陥った韓国』
      https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0628/10305231.html

      以前「みずきの女子知韓宣言(でしたっけ?)」サイトで「バンダービルト氏」と紹介されていた方と同一人物だと思いますが、普通の日本人が知らない韓国の内情が理知的・客観的に説明されていて非常に勉強になりました。

      1. より:

        バンダービルト氏の正体は明かされていませんが、内容的に元高位外交官ではないかと言われていますね。さすがに、外交官は国際情勢をある程度はわかっているんでしょうね。とはいえ、みずきさんのところで読んだ限りでは、やはりバンダービルト氏にも、韓国的なバイアスはかかってました。

        で、文在寅政権は、ある程度有能な外交官を積弊勢力として片っ端からパージしてしまった、と。あ~あ。

        1. 匿名 より:

          確かに。

          バンダービルト氏(チェ・ガブジェ氏のサイトでも “ファンドビルダー” のハンドルでしたが)は韓国で生まれ育って、韓国の立場で考えているけれども、歴史観は客観的史実を踏まえていて、かつ現状認識も思い込みの妄想でないところが新鮮で爽快でした。
          この方がチェ・ガブジェ氏のサイト以外でも活躍しているのが判って、個人的には応援したいです。

    3. チキンサラダ より:

      全く同感です。

      ある程度韓国フレーバーを被せてないと、一般の韓国人には読んでもらえないのでわざと書いてる部分はありえるでしょう。そのあたりはある程度フィルターアウトして読む必要がありますね。

      そして、「道徳的権威」で韓国が自己満足に浸らせることは、日韓の関係が修復できる現実的な方法だと思うのですよ。

      ほぼ同様の主張をこのブログのコメント欄に2年ほど前に書いた記憶があります。その時絡んでくれた人はガブリエルさんだったかな。

      外交では100%の勝利はありえない。お互い妥協できない件でなんとか折り合えるとしたら、少なくとも片方が自己満足できる「栄誉」を与えることなんですよね。

      裁判でもこの戦略を使う裁判官がいますね。片方に名誉を与え、もう片方はボロクソに評する反面、実利を与える。

      私の実体験ですが、裁判官がこう言う内容のことを言うのを聞いたことがあります。(わかりやすいように補足したり、単純化してますが)

      「被告は適切な処理をしており、人格的にも道徳的にも優れている。和解金を自ら払おうとする姿勢も素晴らしい。本来であれば和解金を免じてあげたいところだが、法律では原告の要求どおりの額を支払うのが妥当だ。被告は誠に可愛そうだ。一方原告は落ち度が多くあり、態度も悪く誠に許しがたい。しかし、法律上権利が与えられてるので仕方がない。苦渋の判断だが要求額をそのまま受け取れるよう認める。原告は被告に深く感謝するように。」

      被告は名誉を、原告は金という実利を得られることによって、難しい和解を成立させたのです。

      もちろん、韓国が名誉だけ、自己満足だけで済ませるかどうか、甚だ信用ならないところがありますが、他に現実的な解決策もないと思うのですよ。

      そして、一番の問題は、この唯一と思える解決策さえ韓国内では恐らく受け入れられないだろうていうことですね。

      1. イジワルばあさん より:

        自称慰安婦にしても、自称徴用工にしても彼らの目的は、中華思想のとおり、韓国が文明的にも道徳的にも高い地位にあり、日本は非文明的な野蛮な国であり、韓国の要求に従うべきであるということを日本に思い知らせて、日本は永久的に韓国の要求どおり貢ぎ続ける立場になれということだから、彼らは実利を享受し続ける特権を獲得できるか、かの国が滅亡しない限り諦めません。つまり彼らは名誉も実利も我が物というとてつもない欲張りなのです。だからこそ他者(国)との関係でもこの彼らの価値観のまま振る舞うので国際社会でも孤立してしまった今の現状がある訳です。彼らがバンダービルト氏の言うような、寛容さを口に出すときは、いよいよ負けを認めざるを得なくなったとき、負けを認めることも受け入れることもできないのでこのような屁理屈であくまでも自分たちの立場が上だと主張します。これが彼らの言う精神的勝利ではないかと思います。
        このような視点から見れば、GSOMIAの破棄を撤回したときの言い分も、自称慰安婦や自称徴用工裁判の判決を覆したことも、文在寅大統領が日本に対して対話を呼び掛けたことも彼らにしてみれば上の立場の韓国が最大限譲歩したのにそれを無視する日本に面子を潰された、日本が悪い、日韓関係を修復できないのは日本の責任だと考えるのです。
        しかしながら、これまで散々約束破りをされたり、違法行為、不法行為を重ねられてきた日本とっては、口先だけ態度を軟化させてすり寄って来る韓国を信用することはできないし、何より日本が求めている国際法違反の状態を是正することには手付かずです。その上、違法行為、不法行為をしたのは韓国なので韓国自身が是正しない限り日本にできることは何もないというのが現状だと思います。しかも過去のように対話に応じて表面上日韓関係の修復しようとしたとしても、都合のよい言葉を切り取られて無いこと無いこと尾ひれをつけて国際社会で日本をディスる材料を提供することに成るだけですから、日本には何のメリットもないどころかかえってマイナスです。したがって今の首脳会談も受けないという日本政府の態度は当然だし、良い対処だと思います。

      2. より:

        チキンサラダ様

        ええ、まず受け入れられることはないでしょうね。
        なぜならば、韓国人は自らの主張を絶対的な”正義”であると考えているため、僅かにでも譲歩するということは”正義”に悖る、つまりは背徳であると考えます。さらに話を面倒にしているのは、韓国人は(韓国人にとっては)自然に上下関係という概念を融合させるので、背徳であると認めること、すなわち自分が下位者であることを認めることと同義になってしまいます。これでは、(韓国人から見て)”譲歩”など絶対にあり得ないということになるでしょう。まして、常々下位者であると見做したい、そして認めさせたい日本が相手ならばなおさらです。
        通常、外交交渉では、お互いの妥協点をどのように見出すかということが重要になるかと思いますが、韓国の場合、”正義”の貫徹、つまりは自らの主張を100%通すことが目的となるので、そもそも交渉が成り立たないのです。

        イジワルばあさん様

        > 違法行為、不法行為をしたのは韓国なので韓国自身が是正しない限り日本にできることは何もない

        全くその通りです。日本側には妥協や譲歩の余地はありません。しかし、韓国では”正義”のほうが国家間合意や条約などよりも優位であるため、”正義”を受け入れようとしないどころか、譲歩の素振りすら見せない日本が悪いとなるのです。

        私見ですが、価値観や思考様式が全く異なる相手であっても、外交交渉は可能であると思います。ただし、それはお互いに「違う」ということをきちんと認識している場合に限られます。これまで日韓間の外交交渉がなんだか噛み合わなかったのは、お互いに「違い」を認識していなかったためではないかと思います。
        戦後すぐの頃は、韓国側指導者が日本式教育を受けていたこともあり、おそらくは韓国側が日本に多少合わせる形で交渉も可能だったのでしょうが、双方ともに世代交代してそのようなことが不可能になり、交渉も噛み合わなくなったということなのではないかと想像します。
        このところ、日本側では、少しづつ「違い」が理解され始めつつあるように思いますが(もちろん、全然わかってない人が多数です)、韓国側では全くそのような気配はありません。そして、視界の及ぶ限りでは、理解される見通しもありません。
        であるならば、現在の日本政府の姿勢は正しい、というか他に取り様がないと思います。少なくとも、理念というか、韓国式”正義”に凝り固まっている相手とでは、そもそも交渉が成立せず、対話にすらならないのが明白だからです。

  7. だんな より:

    >現時点において、「韓国は約束破りのウソツキだ」、と述べたとしても、日本人の多くはそれを「事実」とは捉えますが、「韓国に対する侮辱」とは考えないでしょう。

    事実云々では無く、特定の民族、人種に対するヘイトと捉える人達が、一定数いるんだと思います。

    境目を超えないように注意しましょう。
    http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html

  8. G より:

    >日本に過去の賠償を請求しないと明言しよう

    明言されても、「あなたがたは政権が変わると方針が変わるので信用出来ません」とはっきり言うだけです。

    もはや、日本は韓国を信用しません。

    大統領のいうことですら、次の政権には引き継がれないのですから意味がない。だから菅総理は文大統領と首脳会談をしないのです。

    この姿勢は、もちろん文大統領在任中は変わりようがないですし、次の大統領が誰に変わっても同じでしょう。何かしら大きな社会体制の変更があって、政権交代後の約束維持が担保されるようになったと判断出来るまでは変わりません。

    韓国が日本との外交で失ったものはあまりにも大きい。果たしてその事実に気づいているのかどうか。

    1. より:

      泡沫候補として出馬を明言した秋美愛前法務長官は「ロウソク革命の再点火を!」と叫んでいるそうです。なにしろ革命ですから、革命前のことなどすべてチャラにしても問題ありません(と彼らは考えています)。つまりは、何か不都合がある度に”革命”を起こしていれば、全部チャラになって、知らん顔をできるようになります。ゆえに、韓国では繰り返し繰り返し”革命”が必要になります。要するに永続革命ですね。
      このように考えると、韓国の左派は、実はトロツキストの集団であるのかもしれません。

  9. イーシャ より:

    > 実際に自分たちで戦ったわけではないことを無意識で理解しているからこそ
    「戦うことなく我先に逃げ出すDNAを、自分達がそのまま引き継いでいることを理解しているからこそ」ではないでしょうか。

    例えば、セウォル号事件が韓国人のトラウマになっているのも、本当は子供達が多数犠牲になったからではなく、船長が真っ先に逃げてしまったことが、かつて外国に攻められると王が真っ先に逃げたのと同じDNAが、今も韓国人の中にある。そんな現実を突きつけられたからではないでしょうか。

    1. ムッシュ林 より:

      非常に興味深い分析です。
      韓国人が国を捨ててアメリカ、カナダ、オーストラリアなどに移民する者が多いところも根底にそういう部分がありそうですね。

    2. はにわファクトリー より:

      ムッシュ林さま

      そして現地に市民権を得た元半島人たちは自らを社会階層を上った上位階級と見なしているために、出身地はもちろんのことアジア全体を見下す発言や行動をするのです。韓国名ジャーナリストが侮蔑的な記事を量産する背景のひとつがこれです。

  10. 匿名 より:

    しかし膠着した日韓関係でもお互いにさして苦労は見えないはずなのに、なぜか無茶な縫合をしようとする人間の声がデカいですね。

    そんなに米韓関係に向き合うのが嫌なのかな?
    日韓よりもよっぽど重要だと思うんですがね。

  11. だんな より:

    道徳的権威、道徳的優位という話が、韓国人から出てくる事は珍しく有りませんので、少し考えてみます。
    道徳
    人間が無意識の内に世の中に存在するものと認識している正邪・善悪の規範。個人の価値観に依存するが、多くの場合は個々人の道徳観に共通性や一致が見られる。社会性とも関わる。

    道徳は、社会における個人の価値観に依存しています。日韓では、価値観が大きく乖離していますので、道徳、道徳観も大きく乖離しているという事、単語は同じでも、「意味が全く違う物」として理解するべき単語の一つです。

    >約束を破るウソツキが「道徳的権威」を得ることはない
    韓国人の道徳観で「約束を破る事」「嘘を吐く事」は、道徳的な条件とは関係有りません。

    韓国人の正邪・善悪の規範では、韓国は正義で善なるもの、日本は邪悪で悪いものとして規定されています。
    彼らの一番の根拠は、日韓共同宣言の「日本政府が韓国に対する植民地支配を反省する。」だったり、河野談話の「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。」だったりするのです。
    韓国人は、当時の事実では無く、日本が認めた事実を基に、「日本は邪悪で、韓国は正義」という道徳的価値観で話をしていて、これを譲る事は出来ません。
    日韓両国民の道徳的価値観には、大きな乖離が有り、今後もその乖離は広がり続けて行くでしょう。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 韓国人の道徳観で「約束を破る事」「嘘を吐く事」は、道徳的な条件とは関係有りません。

      新宿会計士様が、あくまでも日本人の価値観に基づいて韓国を評価し続けていることが、本心なのかポーズなのか測りかねますが、もしかしたら、コメント欄の諸氏との間に意図的に隙間を設けておくことによって、議論が活況を呈することを狙った「誘い受け」なのかもしれません。

      1. だんな より:

        阿野煮鱒さま
        知ってるに決まってるでしょう(笑)

      2. りょうちん より:

        執拗に自ブログの宣伝をしてる某氏はヘタレ受けでしょうかw

    2. ムッシュ林 より:

      日本としては河野談話にある「軍の関与の下に」の真の意味を静かにスマートな方法で広めていく歴史戦を展開していく必要があると思います。
      この軍の関与というのが、実際は軍が朝鮮の業者に女性を募集させたとか給与をしっかり払っていたとかであって、軍が直接女性を募集してたわけでもなければ強制的に連れ去ったわけではないですから。

      1. 門外漢 より:

        ムッシュ林 様
        同感です。

    3. より:

      同感です。
      但し、私は日本と韓国で違うのは唯の「価値観」というよりも、寧ろもっと根本的な「思考形式のアルゴリズム」ではないかと考えています。

      『価値観の違い』とは『同じアルゴリズムの上での環境変数の設定の違い』であり、文明社会と韓国の違いのように『アルゴリズム自体の違い』とは一線を画しています。

      だから日本が欧米とさほど違和感無くお付き合いができるのは「神様と約束したからそういう事はすべきでない」であれ、「他人様に迷惑がかかるからそういう事はすべきでない」であれ、実生活の面では似たような結果が出るからでしょう。

      『価値観の違い』がどうあれ、文明国の思考回路では『事実』は「誰が客観的に検証しても同じ結果が出る事象」と同義ですが、韓国のそれは『個人、或いは一定の集団の勝手な思い込みから派生した「願望」』であり、客観的検証が可能な観測とは無縁です。

      ですからレーダー照射事件で韓国政府の垂れ流した一連の嘘(それも実際に公表された映像と相容れぬばかりか自家撞着するスグレモノ)を国民が一かけらのギモンも無く受け入れた事からも、韓国社会には実証主義的な思考は異質なモノなのでしょう。

      私には「正義でありさえすれば、約束を破ってもウソを吐いても構わない」や「格上の者は格下に何をしても許される」と考えている集団は文明社会にはそぐわないと考えています。

  12. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    チャッチャッチャッチャッ6年目!!(^^)!

    失礼しました。会計士様6年目突入まもなくです、おめでとうございます。
    いやーこんなに長く続くとは(笑)。いえいえすべて管理人さまのチカラでございます。サポーターの最後列を汚している私としても、とても嬉しいです。是非Dデイ迄(何ソレ?)は引き続きよろしくお願いします。

    嘘つき韓国の事で思い出すのは、慰安婦合意のあと、韓国側が「お詫びの手紙を書いてくれ」という要求が来た時、安倍総理が「毛頭ない」と一刀両断にした事です。その当時韓国マスコミも日本側マスコミも、「安倍総理の対応は少しきついのではないか。韓国に配慮を」という意見が早速でました。今なら考えられませんが、当時の空気はそんなモノでした。

    元駐ベトナム大使氏の考えはあさって方向のお話で、日本では通用しません。日韓関係に加害者も被害者もコロコロ変わる事はありません。韓国が加害者で前科1000犯のクソ民族です。次の大統領が誰になろうと、用日か反日です。断交しかないでしょう。

  13. j より:

    お疲れさまです。

    最高裁の判決が出た後で、地方裁判所が最高裁と違う判決を出す。

    そのことに対して韓国民は 、何も言わない。

    法治国家ではない変な国。

    日本はこの国と関わらなければ、勝手に変な国を維持してくれると思います。

    消極的制裁、賛成です。

    1. j より:

      日本を騙すためには、最高裁と違う判決を出しても問題ないのだと、国民の暗黙の了解があるのだと思いました。

      改めて、いかれた敵国だと思いました。

  14. 七味 より:

    上でGさんが言ってると同じだけど・・・

    >逆に過去の被害者としての寛容を見せる
    仮にそんなことができても、どうせすぐにひっくり返すから、何の価値もないと思うのです♪

    長い年月行動で示さないと、薄っぺらい言葉なんかでは、信頼は築けないと思うのです♪

    そんなことより、日本が勝手に引き出せる資金を積み上げて、「自分たちがおかしなことをやったと思えば自由に引き出して下さい」みたいな、嘘をつけない仕組みを作る方が建設的な提案になると思うのです♪

    1. G より:

      言及していただきありがとうございます。

      日本はもはや韓国を国として信用しいぇいないから(断定)、事実上それって国家としての承認をしていないのと同じなんじゃないかなと思うんですよ。機械的、事務的なやり取りはしても、何か交渉ごとは、アメリカを間に挟んだ北朝鮮関連以外にはなさそうに見えます。

      何か異例なことが起こったときに、日本が韓国を信用しない璃影響が露呈すると思います。

  15. カズ より:

    (中央日報のコラムより)
    >国際社会や日本の大多数の「良心勢力」も韓国を支持する状況ではない。

    ”大多数の良心勢力”って誰のことなのかな?
    大きい声で人権派を騙ってたあの人たちのことなのかな??
    この記事って、彼らに読んで欲しくて綴られたメッセージなのかな???

    ♪あの時、同じ夕焼けを 美しいと言った二人の 心と心が・・。

    今はもう通わなくなってしまったんですよね。きっと。

    秋波を発せられた彼らにしても、『あの、す腹立しい”哀”をもう一度?』ってウンザリ感しか湧いてこないんじゃないのかな?
    m(_ _)m

    なんてね。

  16. 匿名29号 より:

    「元駐ベトナム大使」殿の記事はつっこみ所は少しあるものの、至極真っ当なものだと思います。ただ注意すべきは、日韓関係は既に地球温暖化と同じくティッピングポイント(不可逆になる閾値)に近づきつつあります。道徳的な度量を今更示されたとしても、大多数の日本人は気味悪がってもはや信じないでしょう。
    現に文大統領が日本と話合いの準備があるとか表明しても、日本人は「また日本の譲歩とカネを取りに来て、選挙の点数稼ぎをしたいのか」としか思っていませんし。

  17. G より:

    さいきん、全く不十分とはいえ、今までの反日を緩めるような文章が増えているのはどこぞの指示があるんじゃないでしょうかね。

    1. 匿名 より:

      現政権が不可解なストーキングをしている内に、用日系メディアが普段言えないことを言ったとも考えられますが……まあどちらにせよ。
      米中対立が進展する中で、「コウモリの仲間」もしくは「コウモリに助け舟を出してくれる存在」が用日派の立場でも必要だと思っているんじゃないですかね。

  18. 七味 より:

    さっきはコラム自体を読まずにコメントしたけど、一応読んでみたのです♪

    で、浮かんだ感想なんですが、著者の方の仰る協力関係って薄っぺらいなってことなのです♪

    なんていうか協力関係が必要な理由ってのが、米中の間で少しでも上手く立ち回りたいってだけだって感じがするのです♪なんていうか、自分達の死活問題に直結しているって切迫感がなんにも感じられないのです♪

    国家が自国の国益の最大化を追求することは悪いことではないと思うけど、逆にそうだからこそ、相手の協力がなければ自身の国益が大きく毀損される、下手すれば国家の存続すら危うくなるって思いがなければ、いつでも気楽に手のひらを返せちゃうんだと思うのです♪

    彼の言っていることは、日本の協力があった方が米中間で美味しいところを頂くために都合が良いって程度のことを論拠にしてるだけのように見えるのです♪
    だから、仮に彼の意見が通って韓国が何かを言ったとしても、中国からちょっと圧力をかけられたりすればもちろん、国内で不満を持つ人が騒ぎだしたりする程度で、くるっと掌を返す程度のものにしか感じられないのです♪
    もともとの意図が弱すぎて「なんとしても約束を守る」なんてことはできないように思うのです♪ そして、「事情が変われば約束は守らなくていい」って価値観が、それを後押ししちゃんだと思うのです♪

    1. 七味 より:

      自分で書いといて何なんですが・・・・

      コラムの著者が言ってることって、既に日韓請求権協定と慰安婦合意で、実施してて、しかも反故にしちゃってるんですよね♪

      こねこね駄文を書いたけど、既にダメだったことが判明済みの案でしかないんですよね♪

  19. 奥の細道 より:

    新宿会計士様のブログがまもなく6年目との事、私はこのブログを読み始めてまだ1年も経過していませんが、いつも知的好奇心を刺激され、且つ示唆に富むところ多く、毎回楽しく読ませて頂いております。有難うございます。
    今回のコリアの元駐ベトナム大使のコラム、これも大変面黒く読ませて頂きました。やはりコリアがいつものように爆発しているコラムだと思いました。コリアンワッチャーでもない自分は、最初の頃は韓国メデイアの日本関連の記事を読む際に、うそだろう、冗談だろう、書いている本人もバツが悪いと思いつつ書いているのだろうと推測しようとした事もありましたが、今ではコリアの人々は本当にそのように考えている、故にかような記事内容がメデイアに頻繁に登場すると考えざるを得ない事を確信するようになりました。彼らのお得意の道徳的云々、正に腐臭ただよう国ならではの表現ですな。simpleに事実を見なさい、或いはその勇気を示しなさい、それが度量のあるなしの第一のメルクマール、とコリアンには言いたいです。しかし彼らには永遠にこれは分からんだろうな、残念乍ら。何せ金銭的な事だとか、大統領の立つ位置だとか、まあ凡そ表面ずらの単純比較におのが価値を見出す国民だからね。

  20. sey g より:

    例えば、少し付き合いのある取り引き相手が嘘をついたとします。
    ここで日本人は嘘と知りながら、一応取り引き相手なんで、その嘘にのります。
    いわゆる損して得取れですね。
    それプラス、相手が弱ければ優しくしてあげます。
    これは、日本人が困った時の恩は何倍にして返すからです。
    これらの行動をとれば、人間関係はスムーズになり、信頼関係を築けるのだと 日本人は肌感覚で知ってるのです。

    ところが、所変われば品川しょうじ。
    小さな嘘に騙されるのは、馬鹿だと思われ、次も次も騙せるカモだと認識されます。
    また、困った時に助けられたとしても、それは自分に価値がある証拠だと思い、次に助けられなければ、こんな価値ある自分をないがしろにするなんてと憤慨するのです。

    よく左翼は、同じ人間じゃないかと言うが、MSXとマッキントッシュを同じパソコンじゃないかと言うのと同じで、同じ人間でも中味は全然違う事を理解出来なかった、過去の日本政府の失敗です。

    さて、この様な嘘に罪悪感を抱かない相手にどう対処するか?
    常に事実でぶん殴るです。
    慰安婦は、最終的不可逆的に解決しましたよ。
    徴用工は、自分等でなんとかするから、余分に金くれいうたやん。
    あんたら口では管理するいうて、できてへんから、こっちで管理するんやで。あんたら、能力ないやん。

    これ、悪口ではないです。事実を淡々と喋ってるだけです。
    日本人は、事実が悪口ぽくなりそうだと、すぐにオブラートに包もうとします。
    韓国人にはオブラートに包むと、意図が伝わらなくなる事を政府は理解すべきです。
    事実が悪口ぽくなるのは、全て韓国の責任なのだから。

  21. 匿名2 より:

    >韓国が過去のように被害者プレミアムを武器に日本の譲歩を引き出すことができる状況ではないようだ。

    ゆすり・たかりの常習犯が、「相手がもうその手は食わなくなった。もっと違うやり方を考えなければ・・・。」ですか。ご丁寧に日本語版にしてyahoo Japanのニュースに、こんなゲスな本心を、よくも臆面もなく載せられるものですね。それも駐ベトナム大使が。本当に朝鮮人らしい。いつも思うのですが、向こうのマスコミはよくこういう甘ったれた泣き言を日本人にぶつけてきますよね。

    推測するに、日韓併合時代は朝鮮人にとって、よほど良い時代だったのではと思います。日本人に甘える味をしめたのだと思います。

    でも、その時代を知っていて朝鮮人に感傷的、自虐的に贖罪意識を持っていたり、同じ国民として融和感覚や親近感を持っていた日本人世代はもう、ほとんどいなくなり、世代交代で日本もかなり変わってきたと思います。思うに、韓国に厳しい(当たり前)ことを言ったら、身内からも非難されるような時代は、江藤さんくらいが最後だったのではと思います。

  22. ネガティブパワーでGO!GO!! より:

    次の大統領はイ・ジェミョン
    ・五輪は韓国が政治持ち込んで退場の危機になる、このチャンスに日本はガソリンの投入で煽る事はしない、その度胸も無い、韓国も日本も同時にメンドクサイ国と印象付けられる。
    ちなみに演出はコリアリンピックである、在・帰化・共・電通の影響でキムチ臭い最悪の演出になるが全体を通して大失敗はしない、ただ日本がダサくてクサい印象を世界に大演出する。
    ・慰安婦・徴用工訴訟は放置、ユン・ミヒャンは逮捕されない、最大の利権を守る。
    ・文在寅は逮捕されず投獄もなく自殺(暗殺)しない、何故か助かる。
    ・日本の無視は続くが韓国にダメージは無い、何もやってないので。
    ・韓国金融危機は必ず来るが日本が助ける、新韓銀行とゆうちょ提携は関連してる、日本財務省は国際金融資本の出先機関、動乱を避ける為に韓国は沈没させられない。
    ・日本の政権は自公のままだが、さらに親中国・親半島の政権になる、ただし媚中派の駆除が成功すれば変わるがそれは無い、公明の意向どおり、つまり多数国民の望まぬ政治は続く。
    ・尖閣は奪われはしないが、漁船は近づけず、中国船が跋扈したまま手出しできない。
    ・竹島不法占拠のまま、更にアピールするが何も変わらない、日本も関心なし。
    ・KKとM子は結婚してNYへ、A宮が金(税金)を出し国民の神経逆撫でするが抗議行動に移さず、野党も抗議せず。
    ・韓国に対する国民の見方は厳しくなってない、なったとしても無意味、具体的な変化は何もなく国民は何の行動も起こさない、姉妹都市提携解消もしないし、ビザ発給制限の声も上がらない、通名廃止や帰化要件を20年から10年にした件も批判せず、更に純粋日本人に対するイジメは続くが、虐められっ子は反撃せずにふて腐れて選挙に行かず組織票の利権政治が続く。

    今後を予想しました!、ネガティブパワーで今後も頑張るぞーーー!!!

    1. 匿名2 より:

      当たらずとも遠からずな気がします。
      これからは国家としての意思をはっきり示せない限り日本は常に世界で貧乏くじばかり引かされる羽目になるでしょう。

      私はスパイ防止法(あるいは治安維持法)の成立・運用こそ、先ずは国家自立第一歩の証だと思っています。

  23. 農民 より:

     韓国外交が日本に勝ち続けてこれたのは、日本側こそが「道徳」を重んじて、韓国を慮り、譲歩を続けてきたからであるはずですが。
     日本側が道徳的に優れるとか気持ち悪い事は思いませんが、配慮してれば相手が退いてくれるとか、欧米が理解してくれるとかという期待は、彼ら風に言い換えれば道徳的権威。

     まさか、何故今までこれほどに都合よく”韓日”外交ごっこが成立していたのか、理解していないということなのか。
     おかしいぞ、従来の手で行き詰まった。じゃこれからは相手の敗因になった戦略をとろう!とかどーゆー。

  24. 月路です より:

    「ウソをついたことと約束を破ったことを日本に対して謝罪したうえで、そのことによって日本に与えた被害を回復すること」を要求すべき相手は、韓国だけで良いのでしょうか?
    NHKや朝日新聞社の方が罪深いと思われますが…
    https://ncode.syosetu.com/n8719gt/3/

  25. めたぼーん より:

    約束は特段の理由があれば破っても良いと言国民的思想と、それを対外的にやってのける輩とまともな付き合いが出来るのか韓国は考えていないので、修復は無理でしょうね。遡及して塗り替えもしますし。

  26. 頓珍韓 より:

    >韓国が過去のように被害者プレミアムを武器に日本の譲歩を引き出すことができる状況ではないようだ。

    「プレミアム」w
    「割り増し」している認識なんですね。
    「日韓基本条約以上の要求をしても、それってプレミアムだから」ということでしょうか。
    チップを求めているような感覚でしょうか。

    駐ベトナム大使の言葉も、かみしめると面白いですね。
    「ベトナムは国家発展のために、韓国から謝罪と補償を求めるよりも協力と支援を選んだ」と言っているわけですが、
    日韓関係においては、それは日韓基本条約になると思うのですけどね。
    そして、すこしでもご自身の国を振り返れば、ベトナムが後々に謝罪と補償を求めんじゃないかと、心配すべきでしょう。
    ベトナムが韓国のような噓八百はしないでしょうが、韓国がベトナムに犯したことは明らかに犯罪ですから、今後正当に謝罪と補償を求める権利はありますからね。

    ノー天気だよねぇ。

  27. ラスタ より:

     何をいくらどう考えても、つまるところ「ウソをつくな、約束を守れ」に行き着いてしまうという結論。
     このひとことで日韓関係を全て説明可能にした安倍-菅政権は、天才的な仕事をしたと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。