米中対立で読む鈴置論考、慰安婦合意破りと米国の怒り

あなたはそれでも慰安婦抱き着きに1000KPWを賭けますか?

先日の『「米国は慰安婦合意歓迎」発言を無視する韓国メディア』では、「米韓2+2会合」のために韓国を訪れるアントニー・ブリンケン米国務長官の眼前に、自称元慰安婦がサプライズとして現れ、抱擁を求める、という可能性に「100KPWくらいなら賭けても良い」と申し上げました。しかし、その可能性は低くなったのかもしれません。鈴置論考に書かれてしまい、韓国の邪悪な意図を見抜いた日本の当局者が米国に「警戒しろよ」と伝達する可能性が高まったからです。

例の慰安婦歪曲報道事件

韓国メディアの切り取り報道が酷い

ささやかながらもウェブ評論を続けるなかで、最近痛感するのは、「全体を俯瞰すること」と並んで、「当事者の発言内容を『正確に』読むこと」の重要さです。

そして、一見すると「支離滅裂」な行動も、当事者にとってはそれなりの一貫性が存在していることがあります。そして、そうした「一貫性」は、パズルのピースを埋めるかのように細かい事象を観察していけば、ある日突然、見えてくることもあるのです。

何の話をしているのかといえば、最近になって韓国メディアの「切り取り報道」が酷くなってきた、という話題です。

もちろん、この「切り取り報道」自体はときとして大きな社会問題を呼び起こしますが、日本のメディアもよくやるので(そのとくに悪質な事例が「もりかけ報道」でしょう)、「切り取り報道」自体は「韓国の」メディアに特有の問題点、というわけではありません。

しかし、韓国メディアの場合、日韓関係、とくに「歴史問題」に関する分野の「切り取りぶり」が酷く、韓国メディアの報道だけを読んで「裏取り」を怠ると、大変な思い違いをしてしまうことにもつながりかねません。

そうした典型的な事例のひとつが、先日の『「米国は慰安婦合意歓迎」発言を無視する韓国メディア』でも取り上げた、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に13日付で掲載された次の記事です。

米国務省「韓国など同盟と連携して対北朝鮮政策」…慰安婦問題は即答避ける

―――2021.03.13 11:16付 中央日報日本語版より

これは、アントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官の15日~18日にかけての日韓両国訪問に関連し、米国務省のネッド・プライス報道官が米国時間の12日、ブリーフィングを行ったとする記事です。

自称元慰安婦の提案に「即答(直答)を避けた」

問題は、記事タイトルにもある、「慰安婦問題は即答(または直答)を避ける」とする記述です。

プライス報道官は旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんがブリンケン長官との面談を要請したことに関する質問には直答を避けた」。

この自称元慰安婦、年齢は93歳なのだそうですが、写真で拝見する限り、ずいぶんと若々しい方であり、あくまでも個人的な主観ですが、70代前後くらいに見えてしまうほどです。

ちなみにこの人物は1990年代に自身が元慰安婦だったと名乗り出た当時は「赤い靴とワンピースを見て嬉しくなってついていった」と証言していたのに、2000年代以降は「日本軍に強制連行された」と証言を変えているそうです(『「反日種族主義」著者「論文にぐうの音も出ない韓国」』等参照)。

それはさておき、この自称元慰安婦は最近になって、「いわゆる慰安婦問題」を巡り、日本を国際司法裁判所(ICJ)に提訴すべきだ、などと主張しているそうです(『韓国学者「慰安婦ICJのみ応じよ、竹島提訴するな」』等参照)。

そうした前提条件を踏まえると、中央日報のこの記事を読むと、まるで「直答は避けたけれども何らかの含みを持たせた」かのようにも読めてしまいます。果たして、この読み方は正しいのでしょうか。

典型的な歪曲報道

結論からいえば、中央日報の記事の見出しと本文の記述は、かなりミスリーディングで不正確です。

これも『「米国は慰安婦合意歓迎」発言を無視する韓国メディア』のなかで明らかにしたとおり、米国務省ウェブサイトに掲載されている原文を読むと、プライス報道官は慰安婦問題について、「2015年の日韓合意によって解決している」と断言した、と読めるからです。

Department Press Briefing – March 12, 2021

―――2021/03/12付 米国務省HPより

この点、質問者は “Doug Byun from Yonhap News Agency, South Korea” と名乗っており、要するに韓国・聯合ニュースの記者です。

この記者は「①国務省はこの書簡を受領したことに気付いているか、②国務長官は面会を検討しているか、③国務省としては慰安婦問題のICJ付託を避けるためにこの問題を取り上げるつもりはあるか」、という3点を質問しました。これに対するプライス氏の回答は次のとおりです。

“As we stated at the time, we welcome specific efforts, including the 2015 Comfort Women Agreement, as an example of the two countries’ commitment to forging a more productive and constructive bilateral relationship.”

意訳すると、「これまでも述べてきたとおり、我々としては、2015年の慰安婦合意を含めた個別の努力を歓迎してきたし、この慰安婦合意は両国がより生産的で建設的な二国関係を構築するというコミットメントの事例だと考える」、といったところでしょう。

要するに、慰安婦問題に対する米国政府の見解は、2015年12月28日の日韓慰安婦合意がすべてだ、ということです。なぜなら、この合意のなかで、慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決したことを日韓両国政府が確認した」と断定されているからです。

「現在の国務長官自身も骨を折ったんだぞ」

2015年12月28日の日韓慰安婦合意は、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下で完全に反故にされた約束ですが、この約束をわざわざ強調したこと自体、米国務省なりの韓国に対する極めて強いメッセージと見るべきでしょう。

しかも、プライス氏は、こうも続けます。

When it comes to that agreement, when it comes to the trilateral relationship, it was at the time Deputy Secretary of State Anthony Blinken who was at the center of brokering some of these efforts.

すなわち、この2015年日韓慰安婦合意を含め、「日韓間の仲介を行った当事者の1人こそ、当時の国務副長官だったブリンケン国務長官その人である」、とわざわざ強調してみせたのです。

以上より、プライス報道官が聯合ニュースの記者の質問に「直接的に答えなかった」という点については中央日報の報道どおりなのですが、その代わり、「2015年の慰安婦合意は日韓の歴史克服の成功的事例だ」、「ブリンケン国務長官自身、それを仲介した当事者だ」、と述べたわけです。

これが、すべてでしょう。

プライス報道官の心中を忖度するならば、やや乱暴な言葉で言えば、「せっかくブリンケン氏を含めた米国側関係者が日韓関係を取り持ったのに、お前たち韓国はその苦労の結晶である合意を簡単に破りやがって」、という気持ちが透けて見えます。

(※もっとも、慰安婦問題の「い」の字でも出した瞬間、ブリンケン氏がどういう反応を示すかは、少しだけ見てみたい気もしますが…)。

鈴置氏「米国の怒り」

やはり洞察力がまったく違う!

さて、以上の議論に加え、当ウェブサイトでは「この自称元慰安婦がアポなしでブリンケン氏の眼前に出て来くる可能性に1000KPWくらいを賭けても良い」と申し上げたのですが、これについては本稿末尾でもういちど述べることとしましょう。

このプライス報道官の質疑に関連し、わが国を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が昨日、こんな論考を出してきました。

元慰安婦は今度は国務長官に抱きつくのか 米国の怒りを報じない韓国メディアの歪曲報道

米国が韓国に「米国か、中国か」と踏み絵を迫る。追い詰められた文在寅(ムン・ジェイン)政権は「日本」を言い訳に逃げ回りそうだと韓国観察者の鈴置高史氏は読む。<<…続きを読む>>
―――2021年3月16日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

今回の論考も大変に読み応えがあります。ウェブページで4ページ分、文字数にして6000文字弱という分量です。ただ、いつもながら平易にして核心を突いた記述は、「さすが」と言わざるを得ません。

そして、先日の『「米国は慰安婦合意歓迎」発言を無視する韓国メディア』自体、長年の「鈴置ファン」という立場を利用して、鈴置論考を意識した記載ぶりにしてみたのですが、やはりリンク先の論考を読んで、わが身の無謀さを知りました。

やはり、全体を俯瞰する視野の広さ、これまでの経緯を踏まえた洞察の深さにおいて、鈴置論考のレベルは当ウェブサイトのものとはまったく異なります。というのも、今回の論考、のっけから『慰安婦合意を破ったな』という小見出しが置かれ、「公開の場で韓国政府を叱った」とハッキリ指摘しているのです。

聯合ニュースの記者が『A・ブリンケン(Antony Blinken)国務長官が来週(※17~18日)訪韓する。その際に会いたい、と93歳の元慰安婦が手紙を出したが、面談は検討されているのか』と聞きました。」。

プライス報道官は外交的な修辞にくるみましたが、日韓は2015年の慰安婦合意を通じ歴史問題を解決した。韓国は蒸し返すのか、と怒ってみせたのです。さらに、『ブリンケン国務長官は当時、国務副長官として慰安婦合意の当事者であり、多大の努力をした』とも述べました。

やはり冒頭で要点を手短に紹介し、読者をグッと論考に引き込む手腕は、マネができないものだと思うしかありません。

慰安婦合意の当事者が帰ってきた!

それはともかくとして、今回の鈴置論考でも、きわめて重要な点が指摘されていますが、そのなかでも最たるものは、前回(2015年)の日韓慰安婦合意に関わった人物が、バイデン政権には多く含まれている、という事実です。

  • 当時の副大統領だったジョー・バイデン氏は大統領に就任。「自分は慰安婦合意の保証人だった」と公言する
  • 当時の国務副長官だったブリンケン氏は国務長官に就任。「慰安婦合意の当事者として多大な努力をした」(※プライス報道官の言)
  • 当時の国務次官だったW・シャーマン氏は国務副長官に就任。「『歴史カードを振り回すな』と韓国を批判したこともある

要するに、2015年の慰安婦合意の関係者がバイデン政権にはずらりと揃っているわけであり、鈴置氏は「韓国は合意をいとも簡単に破棄した無法国家と米国の新政権から見なされている」と評します。

だからこそ、このプライス報道官の発言は、「韓国が慰安婦合意を破ったことは、我々は覚えているぞ」とクギを刺すものだ、というわけです。

文在寅政権の支離滅裂な動きの正体とは?

もっとも、韓国国内ではこの米国の「怒り」は伝わっているのかどうかは疑問です。先ほど挙げた中央日報の記事のように、平気で歪曲報道が行われているからです。

しかしながら、さすがに文在寅(ぶん・ざいいん)大統領、あるいは政権関係者が「慰安婦問題」にバイデン政権が怒っているであろうことに気付いていないと考えるのには無理があります。

鈴置:さすがにバイデン政権が『合意破り』に怒っていることは分かっています。だから突然、1月18日の会見で文在寅大統領が『慰安婦合意は有効である』と言い出したのです。しかし、白旗を掲げたわけではありません。『歴史問題で対話しようにも、日本に拒否されている』と被害者イメージを振り巻く戦術に転換しただけです。

平たく言えば、文在寅政権はこの合意破りを誤魔化し、「時間稼ぎ」を行う方向に舵を切った、というわけです。その目的はもちろん、「対話の用意がある」と騙ることで(日本というよりは)国際社会を騙すことにあります。

鈴置氏の言を借りるなら、「対話の用意がある」と唱えることで、慰安婦問題を含めた歴史問題は未解決だと国際社会に認識させるとともに、「未解決だから日本と軍事的なスクラムは組めない」、よって「中国包囲網にも加わらない」、というロジックです。

ちょっとお叱りを覚悟で申し上げるなら、やっていることが見え透いた猿芝居そのものですね。あるいは、南北揃ってやることが同じ、というべきか。

やっぱり出てきた、「中国の影」!

さて、以前からしばしば言及しているとおり、鈴置氏の韓国論が優れている理由のひとつは、韓国を「米韓関係」と「中韓関係」から俯瞰している点にあります。

今回も韓国が慰安婦問題を蒸し返そうと必死になっているのは、慰安婦問題自体が一種の「利権」と化している、という理由もありますが、それだけではありません。やはり、中国か米国かを「決断する」ことを可能な限り先送りするための材料にしているフシがあるのです。

鈴置氏は今週予定されている「米韓2+2」会合を巡って、次のように評価します。

米韓の2+2は5年ぶりで、もちろんバイデン政権では初めて。中国包囲網を念頭に同盟強化を図る同政権が、この場で文在寅政権に態度表明を迫るだろうと韓国では緊張が高まっています二股外交を続けてきた韓国に、ついに『真実の時』が来るのです。そこで『元慰安婦が国務長官に会いたがっている』などと言い出し、問題を蒸し返す作戦に出たわけです。」。

おそらく、これが実情に最も近いのでしょう。

ただ、私たち日本人の立場からすれば、「自由民主主義の米国と共産党一党独裁の中国、選ぶ余地もないのではないか?」と思ってしまいがちですが、韓国にとっての「中国恐怖症」は大変に根深いものがあります。

できることなら、『慰安婦は日本と継続協議中』ということにして中国包囲網に加わることを先送りしたい。この心情は、左派も保守も同じです」。

まさに、これが一見すると支離滅裂な彼らの行動を規定している原理のひとつなのでしょう。

このように考えていくと、米韓関係(と日韓関係)を規定するのは、ひとえに中国と周辺国とのパワーバランスであり、とりわけ「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)構想の進展具合であることは間違いありません。

あなたは「抱き着き」にいくら賭けますか?

さて、以前も述べたとおり、2017年11月、韓国を訪れたドナルド・J・トランプ大統領(当時)に対し、自称元慰安婦の方が「抱き着いた」という「事件」がありました。おそらくアポなしのサプライズの演出だったのでしょう。

これについては今回の鈴置論考でも、3月18日の米韓2+2を巡り、次のように指摘されています。

鈴置:Quad参加はもちろん、反中的な言質もとられまいと必死になるでしょう。ひょっとすると『元慰安婦の肉弾作戦』を展開するかもしれません。2+2の会談場や記者会見場に元慰安婦を送り込み、ブリンケン国務長官に抱きつかせるのです」。

つまり、自称元慰安婦が涙ながらに米国務長官に泣いて訴える映像がCNNあたりで流れれば、「慰安婦問題は未解決」との認識が世界でも広まる、というわけです。

ただ、鈴置氏がここに書いてしまった以上、実際には「慰安婦の抱き着き」は実現しない可能性が高まったと考えて良いでしょう。鈴置論考を読んだ日本政府の当事者が懸念を米国に伝え、米国側もそれなりに警戒するであろうと予想されるからです。

いや、日本の外務省にそこまでの洞察力があるのかは微妙ですが…。

読者コメント一覧

  1. 禹 範坤 より:

    親分仲介の手打ちを韓国は軽く考えすぎw

    1. はにわファクトリー より:

      新作時代劇「頭文字K」

      ぱしり
      「親分(息せき切って)大変でせぃ、あいつらが、星のマークの縞々が、襲ってきやがったんでぇ。一発フカしておきましたが、あれで諦めるとは思えねぇ。やってつけてくださいませんか」
      紅組長
      「そうか、きやがったか。ところで、ぱしりよ、ぼちぼちはっきりさせるタイミングかと思うんだが、腹を決めたと言ってくれるよな」
      ぱしり
      「(さっと変わった顔色を覆い隠しながら)もちろんでさー、あっしはいつでも紅組のミカタだったじゃあないですか」
      赤組長
      「そうだったな」(背後より抜き身の刀を手にした用心棒登場)
      ぱしり
      「(もはやこれまでと観念)…」 新作時代劇頭文字K第一部 完

      禹 範坤 さま、乱文失礼しました。

      1. 禹 範坤 より:

        そこまで潔くないと思います
        グタグタになったアゲク、最悪の結果になるのが、オヤクソクw

      2. はにわファクトリー より:

        「新作時代劇頭文字K 第二回」

        ぱしり
        「(はずませた息を整えながら)ぜーぜー、ここまでは来ないに違いない。紅組からの追手は巻いてやった。韓半島の非核化で言質を取られるところだった。トイレに行くと偽って組事務所を抜け出したんだ。スマホは走っているトラックの荷台に投げ込んでやった。しばらくは時間が稼げるだろう。この先になじみのオンナがやっているスナックがある。そこでしばらく囲ってもらうことしよう」

        ぱしり
        「先回りしてやがった。追手は、紅組なのか蒼組なのか。まさか両方から追われるとは。分かっていたんだが、今日とは」

        第二回完(つづく)

      3. 阿野煮鱒 より:

        便乗新作時代劇「頭文字Kのようなもの」

        2021/03/17 11:17 11:17 に遡ること5日前

        星縞若頭
        「おう、ぱしりーの、いるか?」
        ぱしり
        「こ、これはっ、星縞組の若頭、こんな時分に何の御用で?」
        星縞若頭
        「てめえ、ウチの組の紅丸てぇ若いもんと揉めやがっただろ。」」
        ぱしり
        「へぇ… 恐れ入りやす。ちょいと昔の遺恨がありやして、あいつ、おいらに借りがあるくせに詫びも入れねえもんで。」
        星縞若頭
        「近々出入りがあるかも知れねえ物騒なご時世だ、つまらねえことでウチのもんを煩わせて欲しくはねえなあ。」
        ぱしり
        「それはそれ、貸しは貸しでさぁ。」
        星縞若頭
        「わかった。貸しはカネで返させる。詫び証文も書かせる。それっきりにしろ。蒸し返したらてめえの指はねえと思え。」
        ぱしり
        「へい、わかりやしたっ。(へっ、知ったことか。)」

        (不出来で申し訳ねえ)

  2. 匿名 より:

    どうせ約束を破るからとアメリカを保証人にして慰安婦合意をしたものの、トランプになってそのお膳立ても無駄になり、GSOMIA破棄でアメリカ軍部がマジギレするまで放ったらかしにするやら抱きつかれるやら北を野放しにするやら。日本政府としてはめんどくさい相手だったことだと思います。売電になってやっと元の軌道に戻ってきたってところなんでしょうけど、その後に韓国が作りまくった問題に日本はすっかり嫌気が差していて、今更復元力を働かされてもねえ・・・二階は楽しいかもしれないけど。

    1. 杉山拓也 より:

      いつも楽しく読ませて頂き、ありがとうございます。

      面子を重んじるのは中国だけでは無いと思う。
      今後いずれ韓国との手打ちを日本に押し付けてくるであろうバイデン政権でも、自身の顔に泥を塗られた分は報復してくるのでは?

      周りが見えず自分達のやりたいことを遠慮無しに行う韓国。当然、元慰安婦が特攻して泣いて大騒ぎ。それをバイデンチームが見て「泣くほど喜んでもらい、2015年に骨を折った甲斐があった。その後お元気そうに暮らせている様で合意が役立って良かった!」とかなんとか言って欲しいなあ。

      聯合ニュースが質問したことで、ホワイトハウスも韓国が抱きついてくる所までを読み切っていると思う。ズバリ、アメリカが韓国へカウンターを放つに1,000KPW!
      いずれ韓国を従わせるにせよ、一度お灸を据えるにはいいタイミングの時期ですよね。

  3. 匿名 より:

    更新ありがとうございます。
    やはり鈴置分析の素晴らしいのは、彼らの心理や行動を一通り把握してて、それでいて日本人にあの意味の分からない一連の行動を分かりやすく伝えてくれる事ですね。

    私は個人的には、あの国は昔からあんな感じだったのですけど、それを把握してるのが直接彼らの面倒みてる日本位だった。

    でも彼らのムービングゴールポストは既にアメリカにも把握されてますね。

  4. クロワッサン より:

    >鈴置氏の言を借りるなら、「対話の用意がある」と唱えることで、慰安婦問題を含めた歴史問題は未解決だと国際社会に認識させるとともに、「未解決だから日本と軍事的なスクラムは組めない」、よって「中国包囲網にも加わらない」、というロジックです。

    米国が「日本軍慰安婦問題は既に終わった問題だから、最早対話は不要である」との認識だと良いのですが。

    >ただ、鈴置氏がここに書いてしまった以上、実際には「慰安婦の抱き着き」は実現しない可能性が高まったと考えて良いでしょう。鈴置論考を読んだ日本政府の当事者が懸念を米国に伝え、米国側もそれなりに警戒するであろうと予想されるからです。

    自称慰安婦に抱き付かせて、米国側は「問題を解決した方へのお礼だ」とし、韓国側は「問題が未解決なので文字通り泣きついた」とするかもですね。

  5. イーシャ より:

    米国が警戒するなか、売春婦が無理に抱きつこうとしたとき、何が起こるかが楽しみです。
    要人に不審者が近づいたとして射殺するか、カウンターで顔面パンチをお見舞いするか、投げ飛ばすか。
    私なら、機嫌がよければ、掌底突きくらいで済ませますが・・・

    最高尊厳を傷つけられた韓国人は、どう火病るかな。

    1. イーシャ より:

      穏便に済ませるなら、「棒でしつける」でしょうか。
      これなら、あんなものに直接触れずに済むし。

    2. 門外漢 より:

      イーシャ 様
      前回の「抱き着き」の際の処分はどうなったんでしょう?
      あの婆さんがテロリストだったのなら、今頃はイバンカ未亡人になってたかも知れないんです。
      韓国からそういう演出だと聞かされてまして・・・と言い訳しても、たっぷり叱られたと思います。当該SPは「チキン野郎」と入れ墨されてアラスカ国境警備隊に左遷されたでしょう(妄想です)。
      なので今回そんなことになれば婆さんは射殺、ムンは逮捕でしょう。

    3. PONPON より:

      イーシャ様

      以下の鈴置様の予想、何だか目に浮かぶようで笑ってしまいました。
      しかしトランプ元大統領はなぜ突き飛ばさずに抱擁したのでしょうか、もしかして優しい人?
      いきなり抱きつかれたら突き離すのが普通かと思いますが。。
      ブリンケン国務長官はどう振る舞うのか、ちょっと見てみたい気もします。。

      >元慰安婦がブリンケン国務長官に泣いて訴える映像がCNNで流れれば、「慰安婦は未解決」との認識が世界で広まります。そこでお得意の「日本が謝罪しないので米国とスクラムを組めない」との主張を展開する作戦です。

  6. はにわファクトリー より:

    まっとうな現代人ならば決して口にしてはいけないNGワードがあります。

    「対話」
    「未来志向」
    「ウィンウィン」

    よもやジャーナリストがこのような単語を記事に混ぜるなら、職業人として見識を疑われるであろうことは間違いありません。問題はビジネスぱーそんにまだその手合い、くーき読めないガハハおやじ、が遺っていることでしょうか。

  7. G より:

    慰安婦抱きつきに関しては、そもそも大統領が訪韓した時のように、儀礼の晩餐会が行われたりはしない実務訪問ですから、普通にアメリカ流の警備で排除出来るものです。日本の助言などなくても大丈夫でしょう。

    まあ、新宿会計士さまも鈴置氏も韓国の支離滅裂さを茶化しているだけです。

    あのおばあさん。多分イヨンスさんという名前のお知り合いの日本統治時代の戸籍に背乗りしたんじゃないかな。だから異様に若いんですよ。
    日本統治時代の戸籍はしっかりしていましたが、その後それを管理していたのは韓国です。彼らはそういった不正も全く厭わない人たちですからね。つい最近亡くなった慰安婦さまも姉の戸籍で年齢を知られていましたなんてシレっとバラしてましたね。

    そういった不正をしっている韓国人結構いるんじゃないかと思います。保守勢力も実は知ってるような気がする。ただ、それを告発して慰安婦問題を完全崩壊させてしまうと「用日」も出来なくなる。そりゃ慰安婦問題の被害者だったのが、突如として現代の大規模な国家的犯罪行為の加害者になってしまいますからね。

    ただ、いつかは、多分もうすぐ、そんな立場逆転が起こるような気がしています。

  8. 愛読者 より:

    ハーバード大学ラムザイヤー教授の「慰安婦は売春婦であり性奴隷ではない」という論文も,慰安婦合意違反への批判の延長線上の対応のような気もします。
    1つ注意してほしいのは,日本国内の嫌韓論は,韓国の反日論同様に,欧米では然相手にされていません。それを知らないで,海外でバカな発言をすると日本の印象を悪くします。アメリカ国内であっても。それから,ドイツとフランスも上手に日本側のほうに引っ張ってこないといけません。面白いのは,ドイツの反露の度合いはアメリカほどでないように感じます。中国への警戒感は強くなってきています。韓国に対しては,中立的で,あまり関心がないように感じます。香港やウイグルには日本人よりずっと高い関心を持っているようです。アメリカの対韓政策は対中政策の一部であって,メインは中国なので,そこは忘れないようにしましょう。英仏独も同じです。当分は,韓国内での争いが激化するはずなので,そこに手出ししないほうがいいでしょう。

    1. りょうちん より:

      ふと思ったんですが、日本と韓国の関係を欧米の人たちは「ドイツとフランスの仲が悪い」くらいに思っているんだろうなあと。

      1. 陰謀論者 より:

        それにイギリスを加えたら、アメリカ、韓国、日本の関係になりそうですね。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国は「2+2」で、中途半端な発言に終始し、米国を苛立たせるでしょう。彼らには決定的な言質を米国に取られたら困るからです。

    「慰安婦問題は日本と継続協議中」と嘘の上塗りしてでも、中国包囲網に加わることを先送りしたい。鈴置氏の言う「この心情は、左派も保守も同じです」。全く話にならない。

    結局、ブリンケン長官らは「韓国の意思を確認出来なかった(諦めた)」という、言わば手ぶらで帰る事になる。ある程度予想はしているでしょうが、今後、更に日米のパイプが太くなるのに、自身でチェーンを切った。

    日本は「まずは韓国が謝罪を始め行動を起こせ」と言ってますが、これ以上米国も口を挟むことはしないと思う。「敵性国だよ、アメリカさん分かってんの⁉︎」です。日米韓同盟も米韓同盟もへったくれもありません。孤立して中国、北朝鮮にストローで吸われまくりでしょう。

    1. より:

      今回の日米2+2では、明確に中国を名指しした上で、両国の姿勢を明示しました。アメリカとしては、本来明日予定の米韓2+2でも同様の声明を出すことを望んではいるでしょうが、韓国が逃げ回り、懸命に話を逸らそうとするであろうことは織り込み済みでしょうから、共同声明は出たとしても、「強固な米韓同盟(もしくは日米韓協力)を堅持することを確認した」という、毒にも薬にもならないものにしかならないだろうと予想します。
      アメリカは韓国の出方を十分承知の上だと思われるので、共同声明に「日米韓協力の重要性」が盛り込まれるかどうかが一つのポイントだと思われます。もし共同声明で「米韓同盟」のみが語られるようであれば、逆説的ではありますが、アメリカが韓国を世界戦略から完全に外すことを決断したことの表れになるでしょう。むしろ、両長官の訪韓は、そのことを確認するためのものではないかとすら思います。

      なお、韓国側が目論んでいる(かもしれない)抱きつき戦術ですが、さすがに2+2の会議場では実行できないでしょうから、両長官が文在寅大統領を表敬訪問する(するかな?)際に目論んでいると予想します。青瓦台内部ではアメリカ側も万全の警備体制は取れません。マナーを心得ているであろう両長官は、駆け寄る老婆を無下に突き飛ばすような真似はできないでしょうから、まんまと成功してしまう可能性は十分にあると思われます。
      ただし、韓国国内向けのアピールにはなるでしょうが、アメリカ側の反応は……ちょっと怖ろしいものになるかもしれませんねぇ。常識的には、そんなバカなことを企てるはずはないのですが、なにしろアノ文在寅政権だからなぁ……

  10. きたたろう より:

    謝罪と賠償(のようなもの)を韓国政府は受け入れて合意しました。

    戦時売春婦の実態はどうであったかというラムザイヤー教授やマイケル⋅ヨン氏、桜井よしこ氏らの発言とはまったく次元が違う事を何で理解できないのでしょう?
    合意により問題を乗り越えた、と思ったのは日本とアメリカだけだったのですね。
    我々とは遺伝子レベルで大脳の構造が違うのかな?100%納得するなんて事、世の中には有りませんて、韓国の皆さん!

  11. 農民 より:

     抱きつき鉄砲玉婆さん(暴言)が再襲来するかはなんともですが……去年のジャガイモ1袋くらいなら賭けようかな。北朝鮮では価値があるでしょうし。

     実態は鉄砲玉ですが、涙を浮かべた老婆。「弱者」の代表格です(森発言だ!とか言葉狩りされそう)。世界最高の強者であるアメリカ大統領という立場でこれを無碍に扱ったら、逆にどんな批判に晒されるか。トランプ氏の思想・認識がどうであれ、彼女を突き放すような事はできないと瞬時に計算したことでしょう。同情なのかニガムシをかみつぶしたのかわからない微妙な表情は抑えられなかったようですが。
     しかし、同時に「人間の盾みたいな汚い手を使ったな」と、当事者以外のアメリカ人…現政権側も思ったことでしょう。今回は国務長官と、大統領よりは象徴性は落ちますが、飛んで来たらやはり無碍には扱えないと思います。ただし効果も無いか、逆効果でしょう。
     この汚い手(物理的な意味ではアリマセンヨ?)を延々と使われている日本の立場も思い知ると良いです。

  12. イジワルばあさん より:

    ブログ主さまは、文在寅政権の次の政権が保守(?用日)政権になった場合を気に掛けていらっしゃいますが、私はもし用日政権になったとしてもかつてのような用日し放題の日韓関係には戻れないと考えていました。そして鈴置氏の論考を読んでそんなに間違っていないと確信が持てました。
    ネッド・プライス報道官が聯合ニュースに答えた発言で、米国は慰安婦問題に関して2015年の日韓合意を肯定していると立場を明らかにしたからです。そしてブリンケン国務長官がこの合意に関して大変な努力をしたことを語りダメ押ししています。それはこの問題に於て米国は日本と同じ「国家同士の合意を守れ」という立場に立っていることを明確に表明したと思ったからです。しかも2+2の前のコメントでは、FOIPを今後の対中政策としてとても重要としていて、FOIPを進めるパートナーとしての日本を重要視していることがはっきりしたからです。(少し日本を持ち上げすぎだけど)だから米国がしばしば日米韓の協力や日韓関係が重要と発言するのは、いわゆる外交的配慮でありこれに関してどうあって欲しいのか具体的なことは何も言ってないのです。さてこのような状況で用日政権ができて、表面上は米国の意向に従う振りをしようとしても、歴史問題では日本に対しては突っ張ったとしても米国に対しては白旗を挙げるしかありません。つまり韓国は歴史カードを使えなくなります。それでもこのカードを使おうとすれば米国からぶん殴られることになりますから。しかし歴史問題で敗北を認めてしまったら韓国内の治まりがつきません。韓国内でゴタゴタが起きたり、政権の支持率が低下したときなどに歴史問題カード反日カードで国民の目を反らしてきたからです。そして今や国内の歴史問題や反日世論を政府がコントロールできないほどになっています。だから歴史問題で白旗を挙げたら韓国内は政府の抑えが効かなくなり混乱の泥沼に陥ると思います。更には米国に追従すれば中国からぶん殴られます。そこまでして自由主義陣営に残ったとしても、すっかり信用を失った韓国の国際的立ち位置は低下しますからね。さて用日政権といえどもこれらの悪条件を飲み込んで踏み止まる気概があるでしょうか?さりとて用日派はレッドチームにも行きたくないしで動きが取れないのではないでしょうか。
    ということで日韓関係、米韓関係は大きな潮目の変化が起きていると考えています。

  13. 匿名 より:

    あの70数歳に見える自称慰安婦は「面会が叶わなければ死して抗議する!」
    ってな事で文一派に〇ろされるんじゃないか?ICJ、ICJって煩くなって来たし・・・

    1. 頓珍韓 より:

      私も非常に心配しています。
      最低でも120歳は長生きしてほしいですね。
      彼女が話すと面白いようにボロがでるので。

      >ちなみにこの人物は1990年代に自身が元慰安婦だったと名乗り出た当時は「赤い靴とワンピースを見て嬉しくなってついていった」と証言していたのに、2000年代以降は「日本軍に強制連行された」と証言を変えているそうです

      韓国では、若い頃の証言よりも老いてから証言を重要視するんですから、120歳の証言は神の言葉になると思いますよ。

  14. 匿名29号 より:

    普段は車椅子なのに抱き着きのときは、杖なしで何故あんなにシャンとなるのだ?

    1. りょうちん より:

      車椅子キャラは実は強者というのはお約束です。
      https://dic.pixiv.net/a/%E8%BB%8A%E6%A4%85%E5%AD%90

      病院に、車椅子使ってた患者さんが、亡くなると「病院で使ってください」と置いていくんですが、正直言って、余る・・・。

  15. 通行人 より:

    中国がやっているように、泣いて謝るまで殴らないと自分の都合で動く国ですので、日本が警告しようが、面会や握手は設定して来ると個人的には見ています。

  16. 名無しの権兵衛 より:

     エドワード・ルトワック氏がいみじくも言った様に、安倍総理は「稀に見る戦略家」だと思います。
     「自由で開かれたインド太平洋戦略」は、着々と実現に向けて進んでいますし、CPTPPも11か国で発足した後、今年2月に英国が加盟申請し、台湾も加盟申請に向けて加盟各国と協議中です。RCEPも昨年11月に15か国が署名しました。「日韓慰安婦合意」も、日が経つにつれてその効果の大きさが明らかになっています。「対韓輸出管理適正化措置」も、法律に沿った適切な措置で経済報復ではありませんが、一発で韓国政府を震え上がらせる効果がありました。これらはすべて安倍総理の遺産です。
     今日、日本が外交政策で適切に対応できているのも、ひとえに、安倍総理の功績が大きいと思います。安倍総理には、戦略家として「先を読む」人並外れた眼力があることが証明されたと思います。その点、今回の鈴置論考に出てくる鳥取県選出のI氏など、比較の対象にもならないと思います。
     今後、日本国民が安倍総理の再々登板を切望する時が必ず訪れると思います。安倍総理には、その時までじっくり体調を整え、英気を養っていただきたいと思います。

  17. くろ より:

    93歳とされる李容洙(イ・ヨンス)氏がじつは70代だとしたら、120歳くらいまで生きることになって、あまりに長生きだ、おかしい、と疑いの目を向けられることになるのではないでしょうか。

  18. 頓珍韓 より:

    現代の貢女?
    いやいや、再びトランプさんに抱き着いた20歳近くサバを読んだあの老婆を差し出そうというのだから、単なる質の悪いポン引きです。
    2+2は、夜の繁華街の路地裏でしょうか。
    取っ捕まっても、労働契約書がなければ「そんなことはしていない」と強弁するかもしれませんね。

    1. クロワッサン より:

      頓珍韓 さん

      >単なる質の悪いポン引きです。

      韓国の男はポン引きで女は売春婦って事で、別に構わないんじゃないでしょうか?

  19. 名古屋の住人 より:

    デイリー新潮(3月17日付)に早大・有馬教授の特別寄稿が掲載されました。
    この寄稿で有馬教授は韓国メディアやソク(・ジヨン)教授が「ラムザイヤー教授、および論文に対する悪質な誹謗中傷」をしていると断言しています。なぜ「悪質な誹謗中傷」と判断したのかについて一つ一つ解説があり、この問題について頭の中を整理するに役立ちますので、ご興味のある方は是非ご一読ください。

    「韓国側の批判は筋違い」、ハーバード大教授「慰安婦論文」批判の悪質な点を指摘する
    https://www.dailyshincho.jp/article/2021/03170558/

    1. 匿名29号 より:

      是非 英文版を発行してほしいです。

  20. 匿名Z より:

    今度はアメリカも警戒して、韓国に対して事前に面会する相手を厳守限定するでしょう。
    常識的に考えて日本の拉致被害者家族と面会が無かったのに、元慰安婦と会う訳が無いが、それでも韓国がサプライズをしかけたら、SPが排除という事になりそう。

  21. G より:

    まず、戦時に存在していた慰安婦と、今あそこにいらっしゃるおばあさんたちとはなんの関係もない、ということを認識する必要があります。

    戦時の慰安婦が売春婦だったのか、強制された性奴隷だったかという話はまず先人たちの名誉のために明らかにする必要があります。いや、明らかなんですけどね。それを韓国にもぐうの音も出ないようにさせなきゃいけません。

    それと同時に90年はじめに韓国政府と挺対協て行った慰安婦オーディションがどのようなものだったのかを解き明かす必要があります。
    韓国にとって、この時の秘密をまもることは絶対であり、たとえ保守派や反日種族主義の著者ですらも切り込めません。慰安婦おばあさんがまず絶対視されてますからね。なんとかこれを日本から明らかにしないといけません。イ・ヨンスを称するおばあさんが異様に若い感じする、というのはすごく大事な糸口のように思えるのですがどうでしょう。

  22. 深谷ネギオ より:

    手当たり次第、各国要人に抱き付けばそのうちヒットするニダ!
    マクロン大統領の様に、いつかババ専に当るニダーってか。
    「貢婆作戦」(^_^;)

  23. 迷王星 より:

    アメリカ政府とくに国務省は、いつになったら「韓国に対しては婉曲語法は通用しない」と学習できるのでしょうか?
    失敗から学習せず同じ失敗を延々と繰り返すのは単なる馬鹿か間抜けです。

    馬鹿が少なくとも3つは付くほどお人好しで間抜けであり続けて来た戦後の日本政府でさえ、第二次安倍内閣からは文政権の韓国に対しては婉曲語法では我が方の怒りを伝えられず逆に韓国を図に乗らせるだけだと婉曲語法を止めてストレートな物言いに改めたというのに。

    1. より:

      婉曲話法が通じないということは、すなわち外交辞令や外交的修辞が通じないということでもあります。結局のところ、そのような相手を文明国扱いしてきたことこそが、根本的な誤りであったと言い換えても良いでしょう。中国はさすがにそのことを良く弁えているようですが、わが国もようやくその方向に舵を切り始めたところです(まだ完了はしていない)。
      さて、アメリカは…… う~ん、アメリカ自体が果たして「文明国」と言えるのかどうか、いまいち確信を持てないのでねぇ……

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。