総務省官僚らの「高額接待疑惑」はNHKなどに飛び火

NHK会長「(疑惑の調査をすると)事業活動に支障を及ぼす」

連日、メディアが大騒ぎしている「菅首相長男高額接待疑惑」を巡り、さらに2つほど、興味深い報道が出て来ました。NTTとNHKです。個人的には民間企業であるNTTによる接待にさほどの違法性があるとも思えないのですが、NHKに関しては大いに問題があると考えています。さらに、官僚の腐敗の問題を菅義偉総理の違法行為などの問題にすり替えるのにはかなりの無理があります。

菅総理の長男の「高額接待疑惑」

菅義偉総理大臣の長男が勤務する「東北新社」が総務省の幹部を接待していた、などとする「問題」が浮上し、今月1日には山田真貴子内閣広報官(60)が辞職しています。

マスメディアが「菅首相長男による高額接待疑惑」(※多くのメディアは菅総理を「菅首相」と呼びます)をことさらに騒ぎ立てるのには、「菅総理が何か悪いことをしていた」という印象を刷り込む狙いでもあるのでしょうか。

ただ、これも冷静に考えたら、おかしな話です。

「菅義偉総理の長男が接待を受けていた」というのならば何となく話はわかるのですが、この場合、菅総理の長男は「接待をする側」だからです(もちろん、万が一にもこの接待に違法性があったのであれば、関係者に対して然るべき処分がなされるべきですが)。

どちらかといえば、電波行政を司る総務省が民間企業の関係者から接待を受けていたという事実が倫理的に問題なのであり、ましてや菅総理本人が何らかの違法行為を行っていたと見るには、かなりの無理があります。

文春「NTTが高額接待」

こうしたなか、関連報道として気になるものが2つほどありましたので紹介しておきます。

ひとつめは、「NTTも総務省の幹部らに高額接待をしていた」と『週刊文春』が報じた、という話題です。時事通信の記事を紹介しておきましょう。

NTTが高額接待 処分の総務省幹部ら―週刊文春報道

―――2021年03月03日19時59分付 時事通信より

これによると、山田前広報官や総務省の谷脇康彦総務審議官らが、昨年までの3年間で3回、NTTの澤田純社長らNTTグループ幹部らの「高額の接待」を受けていた、とするもので、飲食代は合計50万以上に上った、と報じられています。

これだけだと1回の会食に参加した人数がわからないので何とも言えないのですが、仮にNTT側5人、総務省側5人、合計10人で3回の会食がなされたとすれば、1人あたり1万円を超える飲食代が発生していた、ということでしょう。

(※なお、あくまでも1人のビジネスマンとしての印象から申し上げるなら、1人あたり1万円少々というのはたしかに高額ではありますが、東京都内でちょっと洒落た店で宴席をすれば、その程度の金額が異常に非常識、という気はしません。)

もっとも、記事によれば、NTTはNTT法に基づき事業計画や取締役の選任などで総務省の許認可を受けているため、時事通信はNTT役員が「国家公務員倫理規程の利害関係者に当たるとみられる」としており、さらには「必要な届け出もしていなかった」としています。

NHKは調査を拒否

ただ、「疑わしい接待をしたこと」は責められるべきですが、百歩譲ってNTTの場合は民間企業であるという点を踏まえれば、そこに「倫理上、絶対に許されないほどの問題がある」とまでは言いきれません。

しかし、こちらの話題についてはどう考えれば良いのでしょうか。

NHKも総務省と会食か 違法接待確認できず―維新・足立氏

―――2021年03月02日17時13分付 時事通信より

同じく時事通信によると、日本維新の会の足立康史衆院議員は3月2日の衆院予算委員会で、東北新社関係者と会食した総務省の12人が「NHK幹部とも会食した」という可能性を指摘したのだそうです。

民間企業であるNTTと異なり、NHKの場合は「公共放送」を騙っている組織であり、放送法第64条第1項の規定に従い、どんな酷い放送をしていたとしても、テレビを設置した視聴者に半強制的に受信料を支払わせることが許されているという事業体です。

そんなNHKが、万が一にも許認可権を握る総務省の役人を接待していたのだとしたら、これはとんでもない話です。

しかも、接待の原資は視聴者の受信料、すなわち「公金」から出ているわけであり、ひと昔前問題になった「官官接待」と構図はそっくりです。

しかも、時事通信によると、足立氏が徹底調査を求めたのに対し、NHKの前田晃伸会長は「事業活動に支障を及ぼす恐れがある」として調査を拒否する構えを見せているそうです。

なにが「事業活動に支障を及ぼす」、ですか。

ちなみにこの前田伸晃会長は、某銀行が今世紀初頭に大規模なシステム障害を発生させたときの、当時のホールディングの社長でもあったという人物です。いろんな意味で現在のNHKに相応しい人罪であると言わざるを得ません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もっとも、意外と有権者はメディアや野党の「高額接待疑惑」には冷静なのではないかという気もします。『長男の接待疑惑が報じられ、内閣支持率1ポイント上昇』などでも報告したとおり、日経・テレ東の世論調査では、菅総理長男の接待疑惑が報じられたにも関わらず、支持率は微増しているからです。

もちろん、メディアの内閣支持率調査などに全幅の信頼を置くべきではありませんし、また、支持率が横ばいとなっている理由として、武漢肺炎、武漢コロナの蔓延が小康状態にある、という要因も考えられるからです。

たとえば、東京都の事例でいえば、3月4日における新規陽性者数は279人で前日比▲37人となりました。500人の大台を割り込むのは26日連続のことです。さらに、1週間移動平均は269人で前日比▲9人となり、昨年11月12日並みの水準です(図表)。

図表 東京都新規陽性者数の状況

(【出所】東京都HP『都内の最新感染動向』データより著者作成)

あくまでも主観ですが、菅義偉政権は総理本人が地味な見た目で損をしているものの、昨年の「日本学術会議」騒動でもわかるとおり、非常に仕事のできる内閣だとは思います。

今年のどこかのタイミングで解散総選挙が実施されたとすれば、自民党は議席を減らす可能性が高そうですが、それでも2009年8月の「政権交代」の悪夢は繰り返さないよう、私たち有権者の側も賢くなる必要があることは間違いなさそうです。

読者コメント一覧

  1. カズ より:

    菅総理には、「まずは好物の甘味で英気を養って欲しい」ですね。
    血糖値(決闘値)を高めて、対峙(退治)して欲しい件が山積です。

  2. 引きこもり中年 より:

     毎度、馬鹿馬鹿しいお話を。
     「NHKは、(安倍前総理と違って)自分たちが不正なことをやっていないことを、自分で証明するんだって」
     おあとがよろしいようで。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「菅総理の長男が高額接待疑惑」とセンセーショナルに書き立てるから、よほどの事かと思って特に目にしないようにしてました。しかし会計士様の論考読んで、『やっぱりか』と思いました。モリカケと同じですネ。

    無理やり火をつけようと。それなりの立場の方に一席設ければ、一人1万円や2万円で済むはずがない。座っただけで一人1万円という店もあります(ぼったくりではありません笑)。予算は一人4〜5万円が最低の目安ではないでしょうか。

    落ち着いて目立たずに歓談出来る高級店は、東京都23区内(それもほぼ山手線内とその外周縁付近、江戸川区や荒川区、江東区、墨田区、台東区、北区辺りにはあまり無い)がダントツに多いです。

    失礼ながら埼玉県や千葉県、神奈川県は首都圏ですが、そういうエリート・VIP層御用達の店はグンと少ないです。まだ大阪府、京都府のほうが多いでしょう。コレが都市の格だと思います。

    NTTはともかくNHKは接待マズイでしょうに。前田晃伸会長は「事業活動に支障を及ぼす恐れがある」として調査を拒否する?よほどマズイ事がたっぷりあるんでしょうネ。

    あと老舗の東北新社にいる菅総理の長男さん、何も悪い事してないやん!何が問題なのか訳わからない。マスコミや野党は身内をさらけ出して非難する。ダークだと吹聴する。その姑息さ、半島人と同じでっせ(爆笑)。

  4. 農民 より:

     クソ田舎の農家だって経営者なので、情報収集でたまには1人2-3万の会食しますわ。”(マスコミ+官僚)×一等地”ってすごい額が動きそうだけど、案外質素だなとすら思いました。事業に関係ない友人となら5千円以内とかで時間を楽しみますけど、その感覚で語られてもなぁ。記者サマが「読者の貧乏人どもはこんな感じで扇動できるやろ」とか考えていそう、というのは邪推が過ぎるでしょうか。

     新聞やらワイドショーやらも、部数や視聴率を稼ぎたいのなら、こういったわけのわからん話に正論で反対にまわった方が、稼げそうなのになー。
     ……と思いましたが、リテラシーがあって情報を鵜呑みにしない層は、そもそも上記媒体は利用しないので、稼げないか。合理的にコノザマなんですかね。バカのふりして金を稼ぐってつらそうだし、受け取る側はバカにされてるのを怒るべきだし。誰得。

  5. こんな記事もあります(DIAMOND online)。

    『総務省接待問題でなぜかおとなしいマスコミ各社が恐れる「特大ブーメラン」』
    https://diamond.jp/articles/-/264461

  6. 田舎人 より:

    官僚が、接待を喜んで受けるはずがない。迷惑千万でしょう。

    断れない構造にしてしまっているのは、政治の側だ。

    問題化したら、ほとんどは官僚側のモラルに起因する話にされてしまう。

    単純な話、こういったことを防ごうとするのなら、飲食を伴う官僚接待を一切禁止する厳しい法律を制定すればすむことだが、それはなされていない。
    なぜなら、彼ら与野党問わない政治家にとっては、権力や利権が及ばなくなりかねないから、とても困る。

    これでは、いつまでたっても状況は変わらない。
    それどころか、不毛の議論が続く国会対応等とも相まって、役人は疲れ果て、日本の官僚機構は機能不全に陥ることだろう。

    衰退する日本の将来が見えてくる。

    1. 匿名 より:

      ???
      何が言いたいんや、この人は。。。?

      1. 一国民 より:

        つまり、官僚が接待に応じざるを得ないのは、これも仕事の一環とされてしまっているからだ、ということだろう。そこには政治の力が働いていると・・。

        そうした俯瞰的見方を述べているのだが、現実にそうなってしまっている。

        私も公務に携わった経験から、よくわかる話である。

    2. 名無しさん より:

      つまり「これは強制接待ニダ」と。笑顔で会食している写真しか残ってないニカ?それは笑顔も強制ニダ。お花畑で花摘みして居た純真な官僚たちを政治主導で強制的に隠れ家的な宴席に連行したニダ。およそ20万人の官僚たちが連行され、大半は証拠隠滅のために明け方には殺害されて地面に埋められたニダ、と。

    3. りょうちん より:

      「接待することが業績になる」という職種もあるんですよね。
      付き合わせられる方がたまったもんじゃないです。
      最近はコンプラwとやらですっかり減ったので楽になりました。
      それでも「説明会」を開きたいと言う申し込みは止みません。

  7. 引っ掛かったオタク より:

    ま、でもナンダカンダ述べたトコロで例の“未契約者遡り割り増し請求事実上法制化”は今国会でヤルみたいですし
    自民党もナアナアなんでショ

  8. 陰謀論者 より:

    その点陰謀論者は証拠がいらないので楽でいいです。結果だけみれば間違いなくクロ<犯人>ですね。

  9. 迷王星 より:

    >菅義偉政権は総理本人が地味な見た目で損をしているものの、昨年の「日本学術会議」騒動でもわかるとおり、非常に仕事のできる内閣だとは思います。

    国内政治のパワーバランスや利権に関して菅さんは恐らく安倍さんよりもずっと熟達しているのでその能力を国民に役立つ方向で発揮してくれれば仕事が出来ると思いますよ。但し、姜氏に対してアグレマンを出してしまったことでも実証されている通り、外交に関しては安倍さんのような戦略眼が皆無なので全く期待できないと思いますが。

    また内政に関してもNHKの未契約者に対してはペナルティ的な受信料を科すのを閣議決定したことで証明されてしまった通り、国民の利益に反する方向に菅さんは自身の熟達した内政能力を発揮する場合があるので単なる無能よりも更に質の悪い事態(つまり国民の殆どにとってはマイナスになる方向で有能に仕事ができる内閣)となる可能性もあります。

    要するに菅さんは昔からいる日本の政治家のタイプだと思います。安倍さんは外交が得意という点で日本の政治家らしくありませんが。

  10. 通りすがりの地方公務員 より:

     天下の郵政官僚ともなると、未だに事業者からおごってもらえるのですね。同じ公務員として、うらやまsゲフンゲフン決して許すわけにはいきませんね!

     まじめなことを申し上げると、NTTが接待していたことが事実であれば、以下の点からさすがにかなり問題なのではないかと思います。
    ・国家公務員倫理法は、規制対象となる者を上級の国家公務員のみとしているものの、法の目的が「職務の執行の公正さに対する国民の疑惑や不信を招くような行為の防止を図り」とあることや、報告対象となる行為を金品等の供与又は供応接待としていることから、贈収賄の未然防止を意図していると考えられること。
    ⇒贈収賄事件として判断されれば、官民かかわらず贈賄側も刑事罰の対象となるため、贈賄と受け止められかねない行為を行うことは、誰が行おうとも倫理的に問題であると思います。

    ・NTTは通常の民間企業ではなく、NTT法に基づく特殊法人(特殊会社)であって、同じく特殊法人であるNHKに法人格が類似していること。また、NTTの前身がもともと独占企業体・国営企業であった経緯や、今なおNTTの筆頭株主が政府であること。
    ⇒NHKが接待することは「官官接待」として問題であるならば、同様にNTTも「官官接待」に当たると思います。

    ・NTTと会食を行ったとされるタイミングが昨年6,7月であり、NTTによるNTTドコモのTOB発表の数か月前であること。
    ⇒政府は、通信業界における公正競争の確保のためにNTTとNTTドコモは一定程度経営を分離するというこれまでの方針を翻して、ドコモの完全子会社化を追認したわけですが、この判断が接待による便宜だったと疑われてもおかしくないと思います。

    個人的に、この話はNTTドコモ完全子会社化の是非、ひいては通信業界の競争性の確保にまで影響を及ぼす話だと思いますが、まあマスコミはそこまで掘り下げないんでしょうね。電波行政の再編とか影響するといやでしょうし。(多分、放送業界もばれてないだけで、在京放送局とか今まで旧郵政省を接待してるでしょうね。)

  11. めたぼーん より:

    ブーメランの名手の立民にも、そのうち特大のが刺さる気もします。まあ、鈍感力が高いので刺さっても気付かないと思いますが。

  12. JJ朝日 より:

    NHK会長「(疑惑の調査をすると)事業活動に支障を及ぼす」・・・・。

    笑えます。NHKは一年でも早く、法改正してスクランブル化しスカパーやWOWOWの仲間にすれば、国民の不満、不安は無くなるのです。

  13. 匿名29号 より:

    民間の輸出企業では外国公務員贈賄に関する法律があるため海外の顧客に対しても接待などは禁じられており、米国相手だと多額の罰金を科されるだけでなく、会社だけでなく個人としても米国の刑務所に服役している人もいるくらい近年は厳しくなってきています(しかし賄賂が当たり前の途上国などでは筋を通そうとすると競争に勝てない現実もありますが)
    よって海外の顧客が来日しても昼食・夕食ともに申請した上、大体常識の範囲5千円以下、お土産も常識的な範囲内に制限するという厳しいルールを敷いています。

    それなのに国内の官僚に対する接待ぶりには呆れます。相手が自分らの利権を守ってくれる総務省ということでマスコミは及び腰ですが、モリカケなどよりよほど腐敗臭がするこの問題をもっと追求すべきでしょう。NHKの前田晃伸会長の「事業活動に支障を及ぼす恐れがある」とは論外であり、「(調査すると社員全員クロになってしまい)事業活動が出来なくなる」ことを白状しているようなものです。

  14. ちょろんぼ より:

    いつもお世話になっております。

     さても、この接待疑惑問題が文春から出て、他のメディアから出ないのかが問題です。
    何故なら、新聞社は消費税10%を8%にする為、TV関連は電波利権問題があり、
    この接待疑惑を報じる事ができないんです。
    はるか昔都市銀行には大蔵省向けのMOF担なるものがあり、上記マスコミ関係も
    総務省に対し、MOF担如きものがあるからです。 
    それに対し文春は新聞・テレビ・携帯電話事業等が無いから、自社の事業に影響が
    少ない又は無視できるからできるのです。
     またぞろ野党の方々が、接待疑惑を国会で又はお得意の吊し上げ会議を行うようですが
    いつものブーメランより大きなブーメランが帰ってくる事を理解できないんでしょうね。

  15. ミディアムユーザ より:

    >しかも、時事通信によると、足立氏が徹底調査を求めたのに対し、NHKの前田晃伸会長は「事>業活動に支障を及ぼす恐れがある」として調査を拒否する構えを見せているそうです。

    NHKは、総務省へ取材してその情報を接待担当のNHK職員へ裏どりをして、ニュースで流すことが本来の事業活動だと思います。

  16. くろくま より:

    菅総理は、仕事ができる方だと思います。
    韓国大使にアグレマンを出さなかったら、韓国も出さなかったでしょう。両国の大使がいない状態になります。日本の韓国嫌いの方は、留飲を下げるでしょう。韓国人も留飲を下げるでしょう。でも、ただそれだけです。
    韓国と断交断交と叫ぶ方々は、実は中共の思うつぼにはまっていると思うんですよね。中共の日米韓分断戦略の目的達成です。それでいいんでしょうか。世界をわが手にしようと覇権を丸出しにしている中共を利して、それでいいんでしょうか。
    うさの状況がまだ水面下での攻防で、はっきりしていません。最大の同盟国の状況が、はっきりするまで外交は下手に動けないと私は思いますよ。菅総理の外交に期待できないとおっしゃる方がいらっしゃいますが、私はそうは思いません。今は、その時を待つ時だと思います。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 最大の同盟国の状況が、はっきりするまで外交は下手に動けないと私は思いますよ。

      仰るとおりです。米国が韓国を見捨てる決断をしていない以上、日本が単独で韓国と断交する選択肢は存在しません。しかし、「韓国と仲良くしないと中共を喜ばせることになる」かのように受け取られかねない表現には幾ばくかの抵抗を感じます。どうせバイデン政権では「日本は韓国の面倒を見ろ」に逆戻りするでしょうから、対韓国は放置でも、対米国では「もうわてらは面倒見切れんさかい、あんたはんの方で何とかしとくなはれ」と先に釘をさしておいた方がよいと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。