韓国政府「韓日関係改善努力」表明も具体的提案はゼロ

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の昨日の記事によると、韓国大統領府が昨日開催した国家安全保障会議で、「対日関係改善のための努力継続を確認した」のだそうです。ただ、具体的に、日韓関係においてどのような問題があって、どのような道筋でどう問題を解決するのかに関しての議論が行われた形跡はありません。こうしたなか、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領のいう「相手の立場に立って」とは、「日本が韓国の立場に立て」という意味だと解釈すると、すっきり説明がつく、という考え方もあります。

具体性に欠ける提案

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に昨日掲載された次の記事によると、韓国大統領府が昨日開催した国家安全保障会議で、「対日関係改善のための努力継続を確認した」のだそうです。

NSC開催 対日関係改善のための努力継続を確認=韓国

―――2021.03.04 20:14付 聯合ニュース日本語版より

記事の字面だけを読むと、「悪化した日韓関係を改善するために、いよいよ韓国政府が本腰を入れるのか」、と勘違いしてしまいますが、結論から申し上げるなら、そのような読み方は間違っています。この記事はむしろ、「現在の韓国政府に日韓関係を改善する気がない証拠」のひとつです。

どうしてそう読むべきなのかについては、のちほど本稿の後半で、じっくりと検討することにしたいと思います。

文在寅氏が壊す日韓関係

日韓間に山積みの、法律、経済、安全保障など広範囲に及ぶ課題

これまで当ウェブサイトで何度となく指摘してきたとおり、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国が日本に対して仕掛けてきた不法行為は、それこそ山のようにあります。

その皮切りは2017年12月に「慰安婦合意検証タスクフォース(慰安婦TF)」が日韓慰安婦合意(2015年12月)に関する外交機密を勝手にバラしてしまったことです。

これにより韓国は外国との外交による交渉ができなくなりました。なぜなら、韓国と秘密裏に外交交渉をしたとしても、どうせ政権が変わったらバラされてしまうという実例ができてしまったからです。その意味で、慰安婦TFの行動は、韓国が自身で国益を傷つける、一種の「セルフ制裁」だったのです。

ただ、日韓関係に関していえば、韓国が作り出した不法行為は政治面だけでなく法律面、経済面、安全保障面などの広範囲に及んでおり、なかでも日韓の法的安定性という点では、2018年10月と11月に発生した自称元徴用工判決問題は「一丁目一番地」といえるほど深刻な問題です。

しかも、日韓間に刺さるトゲは、この自称元徴用工問題だけではありません。政治面における課題のなかでも最たるものといえば、何といっても自称元慰安婦問題でしょう。

ことに、文在寅政権が慰安婦合意を事実上反故にしてしまったことや、今年1月に韓国のソウル中央地裁が日本政府に対する敗訴判決を言い渡した「主権免除違反判決」問題、ソウル日本大使館跡地前にある慰安婦像の問題など、韓国が作り出した派生論点はいくらでもあります。

また、外交面でいえば、2019年2月に文喜相(ぶん・きそう)国会議長(当時)が天皇陛下(現在の上皇陛下)を「日王」、「戦犯の息子」などと蔑み、自称元慰安婦への謝罪を求めるなどの暴言を吐いた問題についても、未解決のままです。

日本国憲法第1条で「天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と規定されていることを思い出すならば、天皇陛下に対する暴言や侮辱は、日本国と日本国民に対する暴言や侮辱と同じ意味でもあります。

それにも関わらず、この暴言を吐いた本人はもちろんのこと、その者を国会議長にしてしまった韓国国会、さらには韓国政府などから、上皇陛下、天皇陛下、そして日本国民への謝罪はありません。

その韓国が日本に対して仕掛けてきた不法行為は、政治・外交・経済面に関するものに留まらず、安全保障面にも及んでいます。

2018年12月20日に発生した韓国海軍駆逐艦「広開土大王」による海自P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件をめぐっては、韓国側が見え透いたウソをついて責任逃れを図っただけでなく、終いには「日本こそ低空威嚇飛行を仕掛けたではないか」と逆ギレしました。

さらには、日本政府が韓国に対する輸出管理を厳格化・適正化する措置を講じたことに対し、韓国政府は2019年8月に日韓GSOMIAの破棄を発表しました(ただし、これは米国の圧力により、執行直前に破棄の撤回を余儀なくされています)。

「韓国は日本経済にとって重要」、本当?

ウソをつく。

約束を破る。

謝罪しない。

こんな国と、まともな友好関係が成立すると考える方がおかしいのです。

もちろん、韓国にもまともな人はいますし、ことに産業・経済界においては、韓国経済のためには日本との協力が欠かせないということを理解している人も多いと思われますが、それと同時に、韓国社会はいつのまにか、日本と円滑なビジネスをするための基盤を自ら損ねてしまったのです。

ことに、日本のビジネス界にとっては、今から80年近く前の「戦争犯罪」などをでっち上げられた挙句、株式などの資産を没収されるリスクを抱え込んだ、ということでもあります。合法的な投資や取引で生じた資産を不当に取り上げられるというのは、もはやその国でビジネスをすることが困難であるという証拠です。

もっとも、日本の側で、この期に及んで「韓国が日本経済に占める重要性は非常に大きい」、「だから日本は我慢して韓国と付き合うべき」などする主張が存在していることは事実です(※どこの誰がそう主張しているかについて、敢えて実名は挙げませんが)。

しかし、この「韓国が日本に対して占める重要性は非常に大きい」とする主張については、半分は正しいのですが、半分は間違っています。

ことに、巷間で「日韓の経済関係は、切っても切れないほど重要だ」と勘違いされているフシがあるのですが、先月刊行した『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』でも報告したとおり、少なくともマクロ面からは、こうした思い込みの正しさを裏付ける証拠はありません。

これについて拙著ではヒト、モノ、カネなどの面から説明しているのですが、本稿ではモノ、カネに限って、拙著では間に合わなかった最新データも取り上げておきましょう。

もともと日本企業の対外直接投資残高に占める韓国の割合は非常に低く、また、日本の金融機関が韓国に対して実行している国際与信額も、「隣国同士」という点を踏まえるならば、無視し得るほど少ないという特徴があります。

JETROが公表する『直接投資統計』によれば、2019年12月末時点における日本の対外直接投資残高は1兆8583億ドルですが、韓国に対する対外直接投資残高は390億ドルと、日本の対外直接投資残高全体の2.1%に過ぎません。

また、日銀が公表する『BIS国際資金取引統計および国際与信統計の日本分集計結果』によれば、日本の金融機関は外国に対し4兆6718億ドルものカネを貸していますが(※2020年9月末基準、最終リスクベース)、韓国に対する与信は543億ドルと、全体の1%少々に過ぎないのです。

貿易面では日台関係が日韓関係より重要に?

しかも、『貿易統計③日本の貿易上、台湾と韓国の地位は逆転へ?』でも述べたとおり、日本にとっての貿易相手国としては、近年、韓国の重要性が低下する一方で、台湾の重要性が急浮上しています。

具体的には、2020年を通じた韓国への輸出高が4兆7662億円(全体の6.97%)で、これは前年比▲2776億円(▲5.50%)と落ち込んでいるのですが、台湾については輸出高が4兆7391億円(全体の6.93%)で前年比+505億円(+1.08%)と伸びているのです。

また、台湾からの輸入高は2兆8563億円(全体の4.22%)で前年比▲713億円(▲2.44%)と減少したものの、韓国からの輸入高は前年比▲3891億円(▲12.06%)の2兆8380億円(全体の4.19%)に留まりました。

つまり、日本にとって、輸出相手国では韓国が中国、米国に次ぐ3位の地位を占めているものの、台湾向けの輸出が伸びた結果、順序が逆転しそうになっていて、輸入相手国に関してはすでに「台韓逆転」が生じているのです。

そういえば、日台貿易に占める金額的としては微々たるものかもしれませんが、台湾産のパイナップルの輸入が増える(『台湾産パイナップル禁輸が中国へのセルフ経済制裁に?』参照)ことも、日台関係の深化を象徴しているように思えるのは気のせいではないでしょう。

この点、両国の経済的な関係については、「ヒト、モノ、カネ」という総合的・マクロ的な側面だけでなく、個別企業の動向などの「ミクロ的な動き」も考察に加えることが望ましいため、直接投資、対外与信、貿易などの「モノ、カネの面」だけで日韓関係の性質を断定できるものではありません。

もちろん、日韓断交などという事態は、本来ならば避けるべきですし、また、日韓断交などが生じた場合には、短期的には日本経済にも深刻な影響が生じることは間違いありません。

しかし、少なくとも日韓関係は「日本が韓国に対し『モノを作るためのモノ』(生産装置、中間素材など)を提供する、という関係にある」とする著者の分析が正しければ、日韓断交の影響は日本にとって中・長期的には十分にコントロール可能です。

だからこそ、文在寅政権が終わるであろう2022年5月に向けて、日本社会は韓国に対するヒト、モノ、カネの面における依存度を少しでも下げる努力をすべきなのである、というのが拙著の主張、というわけです。

(※なお、同じ「ヒト、モノ、カネ」の分析を中国についてもやっているのですが、こちらについてはもう少し事情は複雑です。これについては『中国は重要な相手国だが引き返すことは可能=雑誌正論』、『国基研で「数字で読む日中関係」について意見交換した』あたりの議論もご参照ください。)

キーワードは「易地思之」

大変に「噴飯物」というほかない文在寅氏の演説

さて、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が3月1日の「三一節」の演説で、日本に対して「宥和的な姿勢を示した」として、注目されています。

これについて、原文の該当箇所をできるだけ忠実に和訳したものについては、『【資料】文在寅氏「3・1節」演説の日本に関する発言』に収録していますので、改めて全文を掲載することはしませんが、まだの方はぜひ読んでみてください。端的に言えば、「噴飯物」というほかありません。

ただ、「あれだけ日本に対して殴りかかっておいて、『対話しよう』、『関係改善しよう』とは、いったいどの口がいえるのか」という文句のひとつでも言いたくなるところではありますが、ここで必要なのは、この噴飯物の演説がなぜ、「このタイミングで」出てきたのかという点に関する考察です。

結論から先に申し上げておくならば、文在寅氏が功を焦るように急に日韓関係改善を言い出した理由は、おそらく来年3月の大統領選までの1年で、文在寅氏の運命が決まってしまうからです(『韓国大統領選に向け、「迷走の1年」がこれから始まる』等参照)。

もっと言えば、おそらく文在寅氏に「日韓関係を本気で改善させよう」という気持ちはありません。『日韓関係改善は隠れ蓑、文在寅氏の真の狙いは南北融和』でも報告したとおり、文在寅氏にとっての政策の最優先課題は、「大韓民国という国を北朝鮮に献上すること」にあります。

具体的には、文在寅氏が本音で考えているのは、北朝鮮が開発した「民族の核」と、1人あたりGDPで今や日本と肩を並べるほどにまで成長した韓国の経済力をあわせて、日本を凌駕する強大国・統一朝鮮を出現させる、といったところでしょう。

だからこそ、「日本は対話に応じよ」、「韓日関係の改善が大事だ」、などと口先だけで叫んでいるのでしょう。本当に、相手にするだけ時間の無駄です。

何ら具体的提案がないNSC

こうしたなか、文在寅氏の「韓日対話呼びかけ」が単なるポーズに過ぎないという証拠のひとつがあります。

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に昨日掲載された、次の記事です。

NSC開催 対日関係改善のための努力継続を確認=韓国

―――2021.03.04 20:14付 聯合ニュース日本語版より

どうしてこれが、「文在寅氏が日韓関係を改善する気がない証拠」なのでしょうか。

実際に記事を読むとわかります(※といっても、全文の転載はしませんので、気になる方は、のちほどリンク先の記事をご確認ください)。

これは、韓国大統領府が4日に開いた「国家安全保障会議(NSC)常任委員会」の会合で、「文大統領が演説で示した韓日関係改善の意思と関連し、外交的努力を続けていくことを確認した」、とするものです。

日韓関係について言及されているのは、基本的にこれだけです。

「引き続き外交的努力を続けます」、と言われても、少々困惑しますね。というのも、日韓間に横たわる問題は、数え上げていけば両方の手で足りないほど存在しており、わが国は、それらのほとんどについては韓国の行動を待つしかないからです。

【参考】韓国の日本に対する不法行為のほんの一例

2017年12月の慰安婦合意TF問題、2018年10月と11月の自称元徴用工判決問題、2018年12月の火器管制レーダー照射事件、2019年2月の国会議長による天皇陛下侮辱事件、2019年7月の自称元徴用工に関する日韓請求権協定無視問題、2019年8月の日韓GSOMIA破棄騒動、2020年7月の輸出管理に係るWTO提訴問題、2021年1月の主権免除違反判決問題、近年の自称元徴用工側からの日本企業の「資産売却スルスル詐欺」問題、各地で増殖する慰安婦像の問題、対馬から窃盗された仏像を返還しない問題、イチゴ種苗などの知財窃盗問題、その他もろもろの問題。

本当に、いったいどうするつもりなのか、不思議でなりません。

「相手の立場に立って考える」の本当の意味

ただし、ここでひとつ気になるのは、文在寅氏の発言にあった、「易地思之」という表現です。

日本ではあまり耳にしませんが、産経ニュースの桜井紀雄氏が2年前の元日に配信した次の記事によれば、これは「相手の身になって考える」という意味であり、韓国の政治家(とりわけ文在寅氏)が好んで使うものだそうです。

【劇場型半島】文在寅氏が多用する四字成語、相手と都合で変わるその意味は

―――2019.1.1 01:00付 産経ニュースより

桜井氏はこれについて、「その意味するところは相手と状況次第で都合良く変わる」と皮肉ります。

どういうことかといえば、文在寅氏がこの単語を2018年11月の日韓・韓日協力委員会合同総会で発した際には、「韓国の身になって考えることを日本に要求する」といったメッセージが読み取れるのではないか、と述べているのです。

このように考えると、今年の「三一節」で文在寅氏が「わが国はいつでも日本政府と向き合い、対話する準備ができている」だの、「易地思之」だのと述べたことは、「日本こそ韓国の立場に立って対話に応じよ」という主張だとする解釈も成り立つのかもしれません。

この1年は「丁寧な無視」で

いずれにせよ、文在寅氏の日本に対する「擦り寄り」を巡る当ウェブサイトとしての見解は、「相手にするな」、です。なぜなら、どうせ韓国の側から日韓関係改善のための具体的なアクションが出てくることはあり得ないからです。

これについて、韓国メディアからは「文在寅大統領が韓日関係改善のために手を差し出したのだから、今度は日本がこれに応じる番だ」、といった意味不明な反応も相次いでいますが(『韓国紙社説「文在寅大統領の呼びかけに日本も応じよ」』等参照)、これも相手にする必要はありません。

それよりも、これから日本がやらねばならないことは、少なくとも文在寅政権下の韓国と対話を進めることではありません。1年少々のちに発足するであろう「ポスト文在寅政権」に備え、粛々と準備することです。

この点、「ポスト文在寅政権」時代において、日本が日韓関係改善に乗り出すべきなのか、それともいよいよ本格的に日韓断交を決断しなければならなくなるのかについては、現時点では見通せません。

しかし、「最悪のシナリオ」に備えた準備を粛々と進めるのは悪いことではありません。

もっとも、追い詰められた文在寅政権下の韓国がさらに迷走する可能性もありますし、米国のジョー・バイデン政権が日本に対し、「日韓関係改善」という圧力を掛けてくる可能性にも警戒は必要でしょう。

というよりも、『鈴置論考の「韓国核武装中立」が絶対容認できない理由』などでも触れたとおり、そのバイデン政権自身が、文在寅政権を除去し、米国にとって都合が良い政権を発足させようと画策する可能性もあります。

米国、とりわけ歴代民主党政権は、「外交を通じて相手を変えることができる」と勘違いしているフシがあるため(※個人的主観です)、「2022年3月に親米的な人物が大統領に選ばれるよう、韓国に対して圧力を掛ける」という行動に出るかもしれません。

その意味で、日本が真に警戒すべきは、韓国よりもむしろバイデン政権の暴走なのかもしれません。

だからこそ、豪州、インドを巻き込んだ「FOIPクアッド」でバイデン政権を牽制しなければなりませんし、ボリス・ジョンソン政権が率いる英国との包括的な連携強化を急がねばならないのです。

これは対韓外交だけでなく、対中外交においても同様に重要な話です。

2024年11月の大統領選にドナルド・J・トランプ氏が出馬するのかどうかは現時点で読めませんが、現時点では「第5次安倍政権とトランプ政権が2024年以降、タッグを組んで中国包囲網を完成させる」というシナリオを妄想するよりも、現実的に「脱韓」、「脱中」戦略を加速させていくことが必要でしょう。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    おお、韓国もやっと請求権協定に基づく仲裁に応じるとうことですか_
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_005119.html

  2. ちかの より:

    >韓日関係改善のための努力継続を確認

    直接関係はないのですが「努力」と聞くと、アチラで言うところの意味合いは本邦とは違いがあるので戸惑います。
    K努力=競争相手の足を引っ張り引きずり下ろすこと。
    日本では、コツコツ地道に勉強なり仕事なりに取り組んで自己研鑽を積むことなどが「努力」なんですけどね。

  3. G より:

    韓国の人は漢字を捨ててしまったがために漢語に対する知識レベルが非常に低いように見えます。これについては日本も「おまいう」なのですが、さすがに日本は漢字を捨ててはいないので、流石に一定レベルの教養の深みがあります。

    「葛藤」「崛起」韓国の人が好んで使う漢語の語彙はすごく少ない。少ない語彙をやたら好んで使い回す傾向がある。辞書で見つけた言葉を喜んで使っちゃう小学生のように(おっと小学生に失礼)。そして、日本人がカタカナ外来語に勝手に自分に都合のいい意味を付加して多用するのと似たことを韓国の人は漢語でやってしまう。だから、日本人が感じる言葉の意味と結構違ってしまっている。

    「謝罪」という言葉を慰安婦問題で使う時、「偽慰安婦を本物と認定すること」という意味が実は勝手に付加されている。だから総理がどんなに丁寧な言葉で謝罪しても彼らのいう謝罪にはならない。「遺憾」という言葉は逆に日本人が持つイメージを逆に取り除いて「残念」くらいの意味にしかならない。「残念だけど何も出来ないよ」と白旗を上げるのが「遺憾」。

    「易地思之」という言葉にも、本来の自分を律する意味は全くなくて、「私の気持ちを察して欲しい」という意味「だけ」しかないようです。

    彼らの使う漢語は、その使い方をよく見て、別の訳語を当てないと勘違いしてしまいます。

    1. クロワッサン より:

      G さん

      >「謝罪」という言葉を慰安婦問題で使う時、「偽慰安婦を本物と認定すること」という意味が実は勝手に付加されている。だから総理がどんなに丁寧な言葉で謝罪しても彼らのいう謝罪にはならない。

      おそらく元米軍慰安婦であろう自称日本軍慰安婦を日本軍慰安婦として扱ってはいるので、「偽慰安婦を本物と認定すること」を日本はしてると思います。

      日本が認めていないのは、日本軍による強制連行の被害者かどうかの部分だと思います。

      1. G より:

        ちょっと違うと思います。日本は日本軍慰安婦の存在は認めてしまっているのかもしれませんが、韓国が欲しているのは、訴え出ている偽慰安婦がその日本軍慰安婦だったことを認めて欲しいということなんです。要するに私を慰安婦と認めて謝って。もっと言えば「私だけに謝って!」なんです。

        なぜそんなことが必要か。簡単です。彼女らは偽物という自覚があるのです。だからもしそれがバレてしまうと社会的に抹殺されてしまいます。それがとんでもなく怖いのです。「お金などいらない、謝罪だけが欲しい」というのは私は本音だと思っています。

        被害者中心主義を掲げる韓国政府は偽慰安婦おばあさんの意向に寄り添う建前ですから、彼らの要求も同じです。韓国政府としても、もし偽慰安婦が大っぴらになってしまったら30年にわたる慰安婦問題の正義が失われてしまい、回復不能なダメージを負ってしまいます。

    2. 阿野煮鱒 より:

      現在の韓国において、大衆の漢語素養は貧弱になっていますが、歴史的には、地続きの中華帝国に属国として接してきた上に、自国においても科挙を実施し、朱子学を追求した実績があり、知識階級の漢籍の素養の積み重ねは日本を遙かに上回るものがあります。

      日本において漢籍は返り点を打って読み下すという独特の受け入れ方がなされ、漢字の意味/解釈にもズレが起こります。日本人の書く漢文には「倭臭」が起こりがちであると荻生徂徠が指摘したほどです。

      その点、朝鮮においては読み下しなく、漢文で考え漢文で書くスタイルでした。朝鮮語は日本語と同様、膠着語の一種です。語順はSOVです。漢文は孤立語で語順はSVOです。言語構造が全く異なります。日本人が英語で考え英語で書いて国家公務員試験を受験する、に近いイメージで厳しい科挙を乗り越えた士大夫が朝鮮の知識階級だったわけです。

      そうした歴史的蓄積は、戦後のハングル専用運動によって相当に損なわれているとはいえ、雲散霧消したとは言い切れないところがあります。私は実際に韓国を旅行して、そうした歴史的重みの片鱗を感じました。

      韓国は案外に多様な社会です。残念ながら政治的には同調圧力が強く、文化的多様性が表に出にくい構造になっていますから、外部から観察すると多様性が感じられません。しかし。ソウルの街を歩いていると「漢字復権」のポスターが貼られていたりしました。

      1. 阿野煮鱒 より:

        すみません、肝心なことを書き忘れました。
        文在寅大統領が言うところの「易地思之」は、今も韓国に残る豊かな漢文の素養をそのまま表したものではなく、党争と声闘で鍛えられた朝鮮式朱子学の残滓と見るべきでしょう。
        今後も朝鮮の豊かな漢籍の素養を見る機会は減少の一途となり、特に対日発言については認知の歪みにまみれ、まともな言論を目にする機会はないでしょう。

      2. G より:

        確か蓄積はすごいものがあるのは間違いないですね。ただ、やはり漢字を使わなくなることでの劣化の度合いは非常に大きいように見えます。

        ハングル運動も北朝鮮による韓国弱体化工作の一環のように感じています。過去の不都合な歴史を見えなくする効果とともに、漢語のままハングル化して同音異義語が多発してミス多発してるのは、明らかに国力を削いでいます。自分のこととして考えられた政策ではあり得ないです(外部の工作でしかありえない)。

        まあ、他人事ではありますが、韓国は今すぐにでも漢字復権さすべきでしょう。日本としては彼らとは話したくないのですが、彼らが日本人を論破するのに、中国に近いことで得られた漢字、中国語の素養は役に立つでしょうに。これからではもう手遅れかもしれませんが。

  4. j より:

    お疲れ様です。

    私の受けた印象です。

    今回も、日韓基本条約を破った状態をなにがなんでも続けるということを感じました。
    世界を敵に回しても、日韓基本条約を破るという決意を感じました。

    最近怖くなり、最悪の自体も想定しなければならないのではと感じてきました。

    日本国憲法、非軍事で日本を守る。

    第一希望です。

  5. だんな より:

    「易地思之」については、文大統領演説直後に「日本は、韓国の事を考えて関係改善するニダ」という意味だと説明しました。
    文大統領は、「日韓関係を本気で改善させよう」としています。文大統領が考える「日韓関係の改善」は、「日本の永遠の謝罪と賠償」だからです。
    アメリカ向けのポーズにもなり一石二鳥。
    日本が「丁寧な無視」をしても何も韓国は、変わりません。
    付け加えますが、「日韓断交」しても、これと同じ状況が続きます。
    日本にとっての日韓関係改善は、起こり得ないのです。

  6. イーシャ より:

    売らない、買わない、来させない。
    とりあえず、ミニ非韓三原則を実践して、韓国なんてなくてもいいと。理解することから始めましょう。

  7. A助 より:

    なぜか韓国が譲歩した気になっていますが、日本が求めているのは“歩み寄る姿勢”ではなく、約束の履行です。
    既成事実を示さない限り、相手にする必要はありません。

  8. 匿名 より:

    米韓関係が改善しないのに日韓関係など改善できる訳がないと言うのが一つ。3カ国連携の主力である米韓関係よりも日韓関係に注目させられているという作為的な誇張には気をつけた方がいいですね。
    もう一つは、韓国世論が日本を懲らしめるためには「基本条約を侵犯しても構わない」という感情を持っている以上、後の政権が誰になろうと根本的な改善に向かうことはあり得ない、と言うことですね。日韓関係はこのまま解体してミニマルな再設計をした方が、両国の精神衛生上、随分とマシになるでしょう。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    文政権の言う「日本との話し合いをする準備がある」「お互いに知恵を出し合う」とは、ちょうど日本の胸ぐら掴んで揺すり、足で脛を蹴るような状態です。

    「オラーッ!何で安倍と菅は、言う事聞かないんダ!昔ならスグ金出しただろー。謝っただろ。日本が譲歩しろ。下手したらオレは刑務所か、飛び降りる事になる!分かってんのかー?菅が無視するならバイデンに告げるゾーッ」ってなところかと(笑)。

    どうせ日本が何とかすると思っているが、徹底した無視で良いと思います。あと1年いや今年中にポスト文は決まるでしょうが、今後更に日本への付き纏い、最後は猛烈な反日で終わるでしょう。

    バイデンの認知症もトゲになりそうです。いつも薄ら笑いで、キリッとした表情が無い。だいぶん進行してるのでは?まだ日米韓なんて思ってるなら、ヤバイ人よ。FOIP、クワッドをトップに考えて!

  10. 匿名 より:

    >「外交を通じて相手を変えることができる」と勘違いしているフシがある
    まぁ日本改造の成功体験があるからなぁ
    もちろんアメリカは常に世界最強軍隊あっての外交だが。

  11. 七味 より:

    >「最悪のシナリオ」に備えた準備を

    どんなシナリオがあるのかな?
    ➀北朝鮮への擦り寄りを進める文大統領の後継者が時期大統領になる
    ②米中二股をしつつ、中国への従属をすすめる前任までのような人が次期大統領になる
    ➂北や中国への従属を弱めて、西側の一員として留まることを選ぶような人が次期大統領になる

    a 米国は、韓国を諦めて見捨てる
    b 米国は、韓国を同盟の一員として、せめて対北戦略には参加させようと努力する
    c 米国は、韓国を同盟の確かな一員として、対中戦略での役割を期待する

    ➀×bか、②×bが、1番ありそうだけど・・・・・
    韓国の日本への振る舞いとか、約束を守らないって本質は変わんないだろうから、➂×cが、米国からの理不尽な圧力があり得る最悪のシナリオだと思うのです♪

  12. 庄之助 より:

    いつも拝見させて頂き勉強させて頂いております。今回も非常に為になりました。
    さて、下記の通りまた隣国に配慮しろ的なドキュメントが配信されております。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80800
    このような日本の国益も考えられない様な輩が日本の外務省に居たという事実が、今国難を招き寄せて居るんだなと考えさせられます。

  13. IVD より:

    先月の記事ですけど、最近の文在寅の日本への擦り寄りは「南北関係改善のため」「アメリカへのポーズ」と自白しています。
    相変わらず文在寅の頭の中には北朝鮮のことしかなく、日韓関係に興味はありません。
    また、日韓関係を自ら改善する意志などなく、「アメリカに泣きついて日本を圧迫してもらおう」としていることが良くわかります。
    韓国政府の言う「外交的努力」とは、このことを指すのでしょうね。

    [独占]政府高官「韓日関係、南北関係よりも優先する」任期の終わりに三角共助修復に乗り出す(韓国語)
    2021.02.15
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=020&aid=0003338462&lfrom=twitter&spi_ref=m_news_twitter
    (以下一部翻訳して抜粋)
    >>米国が北韓と中国の問題で韓米日協力の重要性を強調し韓日関係の改善を注文しているため、韓日関係を先に解決してこそ米国と対北政策の調整が順調に進むと韓国政府が判断。
    >>文在寅政府が「南北関係の復元よりも韓日関係の復元が先に」と判断したのには、任期が1年余りしか残っていない状況で韓日関係の悪化が続くと、日本が韓国政府の対北朝鮮政策に否定的な状況が続くことがあるという懸念が作用したことが分かった。
    >>「政府が過去史問題解決のために開かれた態度でアプローチしているにもかかわらず、日本が譲歩せず問題解決が難しい」という点も米国に説明していると政府関係者は伝えた。そうしながら「こうした状況を勘案し、米国が韓日関係改善のための役割を果たしてくれることを要請している」というのだ。

  14. PONPON より:

    文大統領が連発する「易地思之」思想は、実に韓国に都合よく解釈されています。
    具体的には「加害者(日本)は被害者(韓国)の立場に立ってものを考え、被害者(韓国)が納得する解決策を示せ」ということです。

    これは慰安婦問題、徴用工問題など、日韓に横たわる全ての課題(勝手に韓国が課題としているのですが)に共通して流れる思想であり、有史以来常に大国に虐げられて、表面的には屈服しながらも恨の思想で我慢をし、支配する大国の力が弱まってくるとみるや、権謀術数で新たな支配国を活用して旧支配国を貶めて恨みを果たす、ということを繰り返してきたものです。
    この場合、仮に旧支配国が善政を行ったとしても、民族的自尊心、新支配国に媚を売るという見地から実行されるもので、川に落ちた犬は棒で叩け、です。

    この都合よく解釈された「易地思之」、「屈折した民族主義」に加えて、客観的な事実で無く、こうあるべき、こうあるはずだ、という理が気(事実や現象)を規定するという朱子学理気二元論が多くの韓国人の行動規範になっているものと思われます。

    つまり韓国&北朝鮮は、日本とは相いれない宗教を共有している同じ信徒であり、論理的説得や表面的なルールによって課題を解決することは極めて困難なのでしょう。
    いわば、イスラム原理主義とユダヤ教、無神論(共産主義等)とキリスト教原理主義者が相いれないことと同じのように思います。

    欧米流の近代民主主義という価値観を共有する国ではない、ということをアメリカにも解って頂きたいですね。
    今月中に国務長官と国防長官が来日するようですが、日米韓の連携を強化するために日本に徴何らかの譲歩を求めるとするならばのものならば、無駄な訪日になるかと思います。
    Quadの強化のためというならば大歓迎ですが。

  15. わしら より:

    日韓断交しても経済的には何も問題はない。
    経済活動は国交の有無には関係ない。
    現在、台湾と国交はありませんが、経済活動、民間交流は盛んです。

  16. カズ より:

    「易地思之」は、”川下の者からの忖度”を意味する片務的な言葉。
    困っても「誰かに協力させてやる」ことしかできない変な人たち。

  17. 伊江太 より:

    ほぼ一方的にカノ国に非があるということを、自明の前提として出発するのではなく、まずそう言えるだけの根拠を列挙するところから議論を始める、いつもの新宿会計士さんのスタイル。常日頃からの読者として正直に言わせてもらえば、ややうんざりという感想を持つのことは否定できないんですよね。大体が読んで気分が良くなる類いのはなしじゃありませんし。しかし、忘れっぽいわれわれ平均的日本人にとっては、これだけ繰り返し記憶の再強化を促す言論サイトが存在するというのは、貴重なことであるのも間違いないとは思っています。

    それにしてもまあ、この記事で採り上げられているムン演説の「易地思之」など噴飯物の言い草にせよ、NSCの議論の内容にせよ、はたまた相も変わらず「双方の」歩み寄りが必要などとしたり顔で報じるアチラのマスコミの言い分にせよ、

    「これだけ日本の顔に泥を塗れば、相手にしてくれなくなっても仕方ないよね。」

    と、チラッとでも考えてみる気配すら見えないというのは、果たしてどういう精神構造になっているのか、そこが最大の疑問です。

    「中二病」。たしか鈴置高史さんが言い出した言葉と思いますが、うまいネーミングだと思っていました。だけど、どうも単に精神がある段階に達すると以降の発達が停止するというだけの現象ではないような気がします。そのあと、一気に頑迷ジイサン、果ては認知症段階にまで一気に突き進むのではないかと、大袈裟に言えば驚嘆の念に駆られます。これで肉体だけは十分に力が残っているとなると、厄介なことこの上ないのは事実ですが、金輪際交際を断って突き放した上で、純粋な観察対象として客観的に捉えることができる位置に身を置けば、ヒトの精神発達のしくみという脳科学の重要研究分野に、貴重な知見がえられる可能性があるかも知れません。かな?(笑)。

    1. カズ より:

      伊江太様

      >ヒトの精神発達のしくみ・・
      先天的なDNAの問題ではなく、後天的な環境の問題が大きいと思います。
      ヒトは、韓国に生まれたからではなく、韓国で育ったから韓国人になるのかと・・。

      良い風土でなければヒトは育たない。
      (良い土でなければ作物は育たない) なのかな?

      1. ちょろんぼ より:

        いつもお世話になっております。

         でも、日本で育ったいわゆる在日の方々は、やはり日本人にはなれません。
        言語問題で、日本語を使用すれば日本人の感覚ができるというト学会的な
        説もありますがそうなりません。
        何故でしょうか?
        良い風土が日本には無いということなのでしょうか?

        1. カズ より:

          ちょろんぼ様

          (私見です)
          言語ではなくて、育てられた周辺環境の問題。
          風土の形成は伝承によるものだと思ってます。

          *彼らのコロニーに、見たいことしか見えず、聞きたいことしか聞こえない「半透(ハントウ)フィルター」がかけられてるからではないのでしょうか?

  18. 引きこもり中年 より:

     毎度、馬鹿馬鹿しいお話を。
    「私は文大統領である。韓国国内に良心的人類のための国際裁判所を開設する。そこの判事は韓国政府が任命する。弁護士も韓国政府が任命する。日本政府は、それに同意しろ」
     おあとがよろしいようで。

  19. パーヨクのエ作員 より:

    >キーワードは「易地思之」
    あー、ヨクサジですね(笑)
    >「相手の身になって考える」という意味
    違いますね。
    当方お得意の超訳ではまーこんなところ。

    易地思之
    「あーん?、お前みたいな戦犯の息子を象徴に持つ「クズの下のクズ未満」がオレ様のような両班の末裔の中の両班である偉大な俺様に穢れた視線を向けて顔を上げるなんて57億7000万年程早いんだよ。先ずは9981回ほど頭ブツケテ俺様に誠意を示せや。あ、それと手土産はどうした?対馬じゃ足りねえよ。せめて九州を付けるのが誠意ってーやつだ。あとお菓子だ。当然山吹色の重たいお菓子と肌色の奇麗なお菓子は俺様にふさわしいものを選んで持ってきたんだろな?なめんなよ‼、最後に聞くけどよー、お前がその臭い口を開いて「はい」か「YES」かどっちを言うんだ?」

    訳は以上となります(笑)

    56億と7000万年後でも恨してる♪連中は流石ですね。
    たった4字がとてつもなく長くなるようで(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. 匿名 より:

      Q.「はい」か「YES」かどっちを言うんだ?
      A.イイエっす。

      1. 阿野煮鱒 より:

        それがですね、朝鮮語で「yes」の丁寧語は「イェ」なんですわ。

      2. パーヨクのエ作員 より:

        >Q.「はい」か「YES」かどっちを言うんだ?

        A.!!(* Д⊂)¢=( ゚#)

        ソンナコトイウトナグルゾ…

        拳で語れ(笑)

  20. 歴史をウソをつく。

    約束を破る。

    謝罪しない。歴史を持たない民族には当然でしょう。

    あってもすべてが捏造されたものです。これはおとぎ話です。

    言っては何ですが農奴だったものが今の社会には適応出来ないのでしょう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。