慰安婦判決で追い込まれたのはむしろ文在寅氏その人だ

このところ連日のように取り上げている慰安婦訴訟に関し、判決から数日が経過するなかで、おぼろげながら見えてきたものがあります。それは、今回の主権免除違反の判決で、最も困惑しているのは韓国政府自身、もう少し正確に言えば文在寅大統領ご本人ではないか、という仮説です。そのことは、時系列で眺めてみると、より一層明白です。そしてむしろ留意すべきは、追い込まれた大統領が支持挽回を狙ってさらに暴走する可能性でしょう。

対日不法行為の数々

「最近、韓国による日本に対する不法行為が度を越している」―――。

これは、当ウェブサイトで2018年秋ごろから一貫して申し上げてきた内容です。

以前から利用している、李明博(り・めいはく)政権時代からの「韓国の政治家、政府、官僚、裁判所などによる日本に対する不法行為」を更新しておくと、次の図表のとおりです。

図表 韓国の国家権力による日本に対する主な不法行為の一覧表(最新版)
政権出来事時期
李明博①ソウルの日本大使館前に慰安婦像設置2011年12月
②李明博大統領による竹島上陸・天皇陛下侮辱・野田首相からの親書の返送2012年8月
朴槿恵③安倍晋三総理大臣による米上下両院合同演説の妨害2015年4月
④国を挙げて明治期の産業革命関連施設の世界遺産登録を妨害2015年5~7月頃
⑤釜山の日本総領事館前に慰安婦像設置2016年12月
文在寅⑥慰安婦合意検証TFが日本との外交機密を勝手に暴露2017年12月
⑦旭日旗騒動2018年9月頃~
⑧韓国大法院による自称元徴用工判決問題2018年10月30日、11月29日
⑨火器管制レーダー照射事件2018年12月20日
⑩国会議長による天皇陛下侮辱事件2019年2月頃
⑪日本による韓国向けの輸出管理適正化措置2019年7月1日発表
⑫慰安婦財団解散問題2019年7月までに発生
⑬自称元徴用工問題巡る日韓請求権協定の完全な無視2019年7月19日に完成
⑭日韓GSOMIA破棄騒動2019年8月22日~11月22日
⑮対日WTO提訴騒動2019年9月11日~11月22日、2020年6月2日~
⑯主権免除違反判決2021年1月8日

(【出所】著者作成)

この図表には、例の対馬の仏像盗難問題(『対韓制裁論⑧韓国に鉄槌を加えるものは国際法か仏罰か』等参照)は含まれていませんが、これも広い意味では「韓国の国家による日本に対する不法行為」といえるかもしれません。

韓国に「親日政権」は立たない

文在寅政権だけが反日だったわけじゃない

それはさておき、この図表を眺めていてと気付くのは、2点あります。

ひとつは、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下で反日的な行動が加速したことは間違いないにせよ、「保守政権」と称される李明博、朴槿恵(ぼく・きんけい)の両政権が必ずしも親日的な政権だったとはいえない、という点です。

たとえば、李明博元大統領は野田佳彦元首相から2011年10月に総額700億ドルという破格の日韓通貨スワップを提供されるという多大な恩を受けていながら、自身は慰安婦問題を蒸し返したり、竹島に上陸したり、天皇陛下を侮辱する暴言を吐いたりしました。

また、朴槿恵前大統領は就任直後から安倍晋三総理に対し、首脳会談になかなか応じないなどの敵対的な行動を取りましたし、2015年には韓国が国を挙げて、ありもしない自称元徴用工問題をでっち上げ、明治期の産業革命関連施設の世界遺産登録を妨害しました。

ここからわかることは、少なくとも文在寅政権が発足する以前の「保守政権」と呼ばれていた2代にわたる政権の行動は、決して親日的なものではなかった、ということです。

さて、2019年の『「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?』で紹介したとおり、わが国でも新進気鋭の国際関係アナリストとして名が知られている人物は、文在寅(ぶん・ざいいん)政権を巡って、次のような趣旨の内容を主張しました。

日本と米国は、中国を喜ばせすぎないよう、『文在寅大統領が辞めた後の韓国に親日、親米政権が立つよう』努力すべきだ

この「日韓が対立すれば中国を喜ばせる結果になるだけだ」という主張については、地政学的にそのような側面があることは否定しません。しかし、この人物が主張する「親日、親米政権が立つように努力」とは、具体的にいかなる努力のことなのでしょうか。

いずれにせよ、個人的にはまったく心に響かない主張なのです。

圧巻だった、2018年秋から19年夏の展開

ただし、本稿で問題にしたいのは、先ほどの図表からの「もうひとつの気づき」です。

たしかに、文在寅政権下の韓国では、対日不法行為が加速しているように見受けられます。

ことに、当ウェブサイトで目に見えて「韓国ネタ」が増えてきたのが2018年秋口の「旭日旗騒動」のころですが、何といっても2018年10月30日の自称元徴用工判決を皮切りに、火器管制レーダー照射事件、国会議長による天皇陛下侮辱、日本政府の輸出「規制」という流れは、ある意味圧巻でした。

(※余談ですが、当ウェブサイトの理解に基づけば、韓国が主張する日本政府の輸出「規制」とは、日本の対韓制裁でも対抗措置でも何でもなく、むしろ韓国の不正貿易疑惑を受けた輸出管理の適正化措置に過ぎないと考えています。そして、韓国国内では、この輸出管理適正化措置が自称元徴用工判決問題を受けた日本政府の対韓報復である、とかたくなに信じ込まれており、実際、韓国政府が日本を世界貿易機関(WTO)に提訴した際も、韓国政府はこの措置を「日本による輸出規制」と誤って主張しています。)

さらに、自称元徴用工問題を巡る日本政府の問題解決に向けた努力を完全に踏みにじったうえで、輸出管理適正化措置への対抗措置として日韓GSOMIAの破棄を日本政府に通告するという暴挙に出ました。

このあたりが、韓国の対日不法行為のピークだったような気がします。

反日が突如終了し、一転擦り寄りへ

ところが、韓国政府は2019年11月22日、日韓GSOMIAが失効するほんの数時間前になって、「条件付きでGSOMIA終了通告の効力を停止する」などと言いだしました。

もちろん、この「終了通告の効力停止」などという考え方は、国際法には存在しません(『あれから1年:いまだにGSOMIA破棄できない韓国』等参照)。しかし、こういう苦しい言い訳を準備してまで、韓国政府は対日関係の悪化を食い止めるのに舵を切ったのは、どうも不自然です。

実際、このGSOMIA破棄通告の撤回以降、韓国国内では目立った反日行動は見られません。

せいぜい、対日WTO提訴手続を再開したことと、相変わらず自称元徴用工訴訟の原告らによる「売却スルスル詐欺」が続いていることくらいですが、これらを除けば、少なくとも文在寅政権下の韓国が表立って日本を刺激するような行動を取らなくなったことは、注目に値します。

さらに興味深いのは、安倍総理が辞任し、菅義偉政権が発足して以降の韓国の動きでしょう。ことに、昨年11月には朴智元(ぼく・ちげん)国家情報院長、金振杓(きん・しんひょう)韓日議連会長ら一行を相次いで日本に派遣したことは注目に値します。

これらは日韓関係改善に加え、東京五輪での協力を通じて南北和平を推進しようという狙いに基づく動きと解されますが(著者私見)、これまでさんざん、日本をコケにしてきた韓国が急に擦り寄ってきたというのは、文在寅政権の大きな方針転換でもあります。

もっとも、こうした努力は空回り気味でもあります。たとえば、『「年内の日中韓サミットは霧散」、徴用工も長期化へ?』でも触れたとおり、徐薫(じょ・くん)韓国国家安保室長を日本に派遣しようとしたものの、結局は実現しなかったそうです。

また、『笑えない冗談?姜昌一氏「関係正常化に努力を尽くす」』などでも触れましたが、とても反日的な政治家である姜昌一(きょう・しょういち)氏を駐日大使に任命したのも、「文在寅政権の韓日関係を改善する意欲の表れ」なのだとか(※個人的にはブラックジョークにしか思えませんが…)。

文在寅政権が困惑

慰安婦判決に困惑しているのは文在寅氏自身では?

ただし、ここで重要な点があるとしたら、文在寅政権下の韓国が日本に対する不法行為を次々と発生させていたにも関わらず、その流れが昨年を通じて緩慢になっていた、ということでしょう(例外といえば、輸出管理適正化措置を巡る対日WTO提訴や自称元徴用工の売却スルスル詐欺くらいでしょう)。

つまり、少なくとも政権発足直後から反日を全開にしてきた文在寅政権は、昨年(とくに菅政権発足以降)は対日融和姿勢に転じているのです。

その狙いについては、『鈴置論考で読む、「東京五輪」人質に首脳会談迫る韓国』などでも取り上げたとおり、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏は、韓国が置かれた現在の立場を次のように表現します。

今や、韓国は朝鮮半島を巡る国家間の駆け引きで完全に蚊帳の外。韓国が主催する日中韓首脳会談まで開けないとなると、外交的孤立があからさまになってしまいます。

実際、韓国政府が開催を目指した日中韓3ヵ国サミットについては、結局、昨年中は開催されませんでしたが、日本のメディアが報じたとおり、菅総理としては自称元徴用工問題で日本が受入可能な解決策を韓国が示さない限り訪韓しないとする方針を示していることも響いているのでしょう。

つまり、文在寅政権としては、自分たちで反日の種を蒔いておきながら、それらの収拾がつかなくなり、困惑している、という姿が見て取れます。実際、現在の文在寅政権に近いことで知られる『ハンギョレ新聞』(日本語版)に土曜日に掲載された次の記事を読んでも、こうしたことが示唆されています。

外交部「判決の影響を綿密に検討…韓日協力維持のために努力」

―――2021-01-09 08:41付 ハンギョレ新聞日本語版より

ちなみにこの記事の執筆者は「キル・ユンヒョン」氏です(※漢字表記がわからないので、原文どおりに紹介します)。キル・ユンヒョン氏といえば、「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」と指摘した人物でもあるため、個人的には非常に信頼している記者のひとりでもあります。

キル・ユンヒョン氏はこの慰安婦判決について、韓国政府外交部報道官が「本判決が外交関係に及ぼす影響を綿密に検討し、韓日両国の建設的かつ未来志向的な協力が続くよう、さまざまな努力を傾ける」と述べたことを巡り、次のように述べています。

政府のこのような立場は、昨年9月の菅義偉首相就任後、韓日関係の改善に向けて努力してきた対日外交の延長線上にあり、同判決が両国関係に及ぼす影響を最小限に抑えるとの意志を表わしたものと解釈される。政府は、先の2018年10月の最高裁(大法院)判決の際には、『司法府の判決に政府は介入できない』との強硬な立場を示し、その翌年の韓日関係を史上最悪の対立関係へと追い込んだ」。

これについては、韓国政府の日韓関係改善に向けた努力とやらが完全に空回りしているという点を除けば、深く同意します。その意味では、今回の判決で最も困惑しているのは、韓国政府なのかもしれません。

慰安婦合意を「維持する」の狙いは?

こうしたなか、先日の『慰安婦判決巡っても無責任で当事者能力のない韓国政府』でも紹介したのが、同じ報道官による次の発言です。

政府は2015年12月の慰安婦問題を巡る韓日合意が両国政府の公式合意である点を確認する」。

自分たちで慰安婦合意を事実上破棄に追い込んでいながら、この言い草は呆れてものも言えないという気持ちになってしまいますが、ここでわざわざこの報道官が日韓合意を持ち出す韓国政府の意図については、少し掘り下げて考察しておく必要はあるでしょう。

キル・ユンヒョン氏はこの報道官の発言の意味について、康京和(こう・きょうわ)韓国外交部長官が以前から日韓慰安婦合意が「日本軍慰安婦被害者問題の真の問題解決にはなり得ない」と述べてきたという事実に着目し、次のように指摘します。

日本政府が慰安婦問題に対する『責任』を認めて10億円の国家予算を支給した当時の『合意の精神』に基づいて、問題の円満な解決を望むとの意志を表明したものと解釈される」。

つまり、事実上の方針転換、というわけです。

「合意の精神に基づいて」云々とありますが、韓国政府が完全に反故にしてしまった合意をいまさらどうやって守るつもりなのかという気がしてなりませんし、この点を日本政府から突っ込まれれば、韓国は自分で自分の立場を追い込んでいくことにもなりかねません。

バイデン政権をおそれている?

このように考えていくと、現在の韓国政府がおそれているのは、日韓慰安婦合意の「影の立役者」であるジョー・バイデン米元副大統領が今月20日に米大統領に就任すれば、合意破りを責められることではないかと思います。

これまでさんざん、コケにしてきた日韓慰安婦合意に対し、唐突に言及するというのは、それだけ韓国政府内に危機感がある証拠だということでもあります(認知症とも噂されるバイデン氏が日韓慰安婦合意のことを覚えているかどうかは別として)。

また、「バイデン政権」が再び米韓同盟への回帰や日米韓3ヵ国連携の推進、さらに安倍晋三-ドナルド・トランプ両政権が推進した「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)への参加を韓国に強要し始めれば、文在寅氏としては非常に困った立場に追い込まれかねません。

なぜなら、北朝鮮との和平の推進、米中両国との「等距離外交」という文在寅政権の発足以来の方針が、完全に頓挫してしまうからです(※個人的には、韓国が嫌がる方針を呑ませるだけの指導力がバイデン氏にあるのかどうかが疑問ではありますが…)。

東亜日報の無理な要求

さて、「ついで」と言っては何ですが、保守系メディア『東亜日報』(日本語版)には、こんな社説が掲載されていました。

元慰安婦賠償問題、政府は判決だけに頼らないで外交的解決策を模索せよ

―――2021/01/09 08:14付 東亜日報日本語版より

東亜日報は今回の判決で「韓日関係がさらに悪化する」との懸念を示したうえで、次のように述べます。

2018年10月、大法院(最高裁)の元徴用工判決と2019年7月の日本の輸出規制措置で韓日関係が冷え込んだ状況で、さらなる悪材料が追加されたのだ」。

ちょっと待ってください。

そもそも、日本が韓国に対して輸出規制措置を講じたという事実はありません。また、2019年7月に日本政府が対韓輸出管理適正化措置を発表したのは、当ウェブサイトの理解に基づけば、韓国の輸出管理に問題があったからでしょう。

そして、東亜日報はこの期に及んで、「韓日の絡まった糸を解くには、先に日本政府が過去の問題に対する態度を変え、前向きな解決の意志を示さなければならない」、「加害者である日本が先に手を出すことが当然の道理」などと述べていますが、なぜ日本が「加害者」なのでしょうか?

今回、日本は純然たる「国際法に違反した判決の被害者」です。

ただし、東亜日報のこの社説では、韓国政府も批判の槍玉に挙がっています。すなわち、東亜日報は「韓国政府も裁判所の判決に頼るのではなく、能動的に解決策を模索しなければならない」などと要求。

そのうえで、文在寅政権について、「日韓慰安婦合意を認めないとしながらも、慰安婦問題の解決に向けた対案を提示しなかった」、「元徴用工問題も政府レベルで具体的な解決策を出していない」などと舌鋒鋭く批判しています。

いったいなにが、「能動的な解決策を模索しなければならない」ですか。

そもそも韓国政府に「能動的な解決策を模索する」だけの能力と責任感があれば、こんな事態など招いていません。そして、自称元徴用工問題や自称元慰安婦問題などをさんざん煽ってきた韓国メディアも、ある意味では同罪といえると思う次第です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、韓国といえば、大統領は退任後に投獄されたり、捜査されたりするのが通例のようです。こうしたなか、文在寅氏も内政(特に経済運営)の失敗に加え、外交面での四面楚歌に直面し、支持率が急降下しているようです。

そうなると、やはり注目すべきは、文在寅氏が現在の窮地を挽回するために何らかの無茶なパフォーマンスをやるかどうか、といった点でしょう。

北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)(の影武者?)と再び南北首脳会談をするのか、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席に訪韓を懇願するのか、はたまた「困ったときの反日」路線に戻るのか。

気付いてみれば、文在寅氏の任期もあと1年少々です(弾劾されなければ、ですが)。その意味では、今年も「文在寅劇場」からは目が離せない展開が続きそうな気がします。

読者コメント一覧

  1. ym より:

    韓国政府が持っていて、
    日本に返せなくなっている10億円を
    裁判で差し押さえて慰安婦に配ってしまう、
    というのが解決法の一つかなと思う。
    解散した財団からの金は韓国政府からの金ということにしたはずで
    日本政府からの10億円は
    韓国政府が預かったままで
    日本に返すにも返せない状態ということになっていたはず。
    慰安婦は裁判で勝ち取って満足、
    請求権はこれで終わりという状態になる。
    約束した財団方式ではないにしても、
    慰安婦の納得する方法で
    10億円を慰安婦に支給したことにもなる。
    全面勝訴で慰安婦、韓国民の納得がいき、
    韓国司法でも、判決が出て
    韓国内で慰安婦問題の決着が付いた
    という状態に持っていけるのではないかな?

    1. 阿野煮鱒 より:

      慰安婦問題は韓国が日本にマウントを取るための手段に過ぎず、問題の解決は目標ではありません。むしろ問題が解決されては困るのです。何度でも蒸し返したいのです。

    2. 農家の三男坊 より:

      ym 様

      >韓国内で慰安婦問題の決着が付いた

      これは、0:100のフレーミングにまんまと嵌った認識です。
      戦時売春婦問題は解決していません。

      少なくとも韓国内の売春婦像の撤去をしない限り、10億円を騙し取ったことに変わりはありません。財団を解散したという事は自称戦時売春婦に対する見舞事業は完了したという事です。

      日本は”日韓合意を誠実に履行せよ。””国際法違反を謝罪し、訂正せよ。韓国は国の体をなしていない。”と外務省新入職員の語学研修を兼ねて毎朝、駐日韓国大使に電話させ、圧力をかけ続ける必要があります。

      1. ym より:

        あくまで「韓国内で」ということです。
        韓国人の歪んだ自尊心を満足させる解決法ですね。
        財団からのほどこしか、
        裁判勝訴、差押の勝利の美酒か。
        韓国内で韓国人の好きなやり方で
        配ってくれとしか。

        米軍に開放されたのを、
        独立軍が日本を破ったことに、
        日本文化を嗜むのを、
        起源は朝鮮としたり
        韓国人の自尊心の扱いはやっかいですから。

  2. イーシャ より:

    南朝鮮政府の主張は突っ込みどころ満載ですが、あの薄汚い呪いの少女像だけに絞っても、いわゆる慰安婦合意を守っていませんね。
    小狡い朝鮮人としては、合意内容は「韓国政府としても可能な対応方向について関連団体との協議を行うことなどを通じて適切に解決されるよう努力する」であり、撤去するとも新たに設置しないとも言っていないということなのでしょう。
    しかしながら、対北ビラ禁止法案では、市民団体の行動であっても、重い罰則を伴って禁止しています。
    それができるなら、薄汚い呪いの少女像についても、既存のものを命じ、新たな設置を禁止することもできるはずです。
    朝鮮人に舌が何枚あるのかは知りませんし、単に舌先が割れていているだけなのかもしれませんが、こうした矛盾点をついて、いわゆる慰安婦合意を維持すると言うなら、薄汚い呪いの少女像の撤去と設置禁止を改めて求めるといいでしょう。ドイツなど海外に設置されたものを含めて。

    1. イーシャ より:

      誤:既存のものを命じ
      正:既存のものの撤去を命じ

    2. パーヨクのエ作員 より:

      イーシャ様>朝鮮人に舌が何枚あるのかは知りません

      仮に日本型の仏教を韓国人が信じていた場合、メイドインジャパンの自動舌切りロボットを閻魔大王様宛に輸出する必要がある程の数かと思います(笑)。

      1. 名古屋の住人 より:

        パーヨクの工作員様

        それでは明らかな濡れ衣で多大な不名誉と損害を強いられている三菱と不二越の両社に最新型の開発を依頼しましょう(笑)

        1. タナカ珈琲 より:

          名古屋の住人の 様

          ワタシは少し追加です。

          三菱重工と不二越の両社で『純国産』のメイドインジャパン🇯🇵の最新型のロボットを……。
          モチロン、新日鐵製の鋼板を使って、です。

          蛇足です。
          (私は蛇足は嫌いです。)
          句読点が少なくなりました。謝罪を致します。

      2. 老害 より:

        パーヨクのエ作員 さま

        残念ながら、半島人の舌は、切っても切っても新しいのが奥から出てきます。サメの歯と同じことです。痛覚もあるのかどうか・・・

  3. 近末文在寅悶 より:

    更新を有難う御座いました。

    >ここからわかることは、少なくとも文在寅政権が発足する以前の「保守政権」と
    >呼ばれていた2代にわたる政権の行動は、決して親日的なものではなかった、
    >ということです。

    良く言われるように「一国の政治・政権はそこの選挙民の写し鏡だ」と言うのは本当だと思います。

    韓国の場合は、独立後粛々と行って来た『反日洗脳の教育』のお陰で「社会人の大半が意識せずに反日宗教に染まってしまった」である事は間違えありません。

    その選挙民に選ばれた政治家が(少なくとも外面的には)親日派である訳はない。

    恐らく70年以上に亘る反日洗脳教育の成果が朝鮮半島の住人に独特の「妬恨」の感情、「我は無条件で正義である」、「正義を押し通すのには何をしても正当化出来る」と言う思考回路と結びついて、韓国は草の根のレベルで反日国である本性を剥き出し始めて、それが為政者にすらコントロールが出来なくなって来たのでしょう。

    私は個人的には韓国がこの草の根レベルの反日主義を貫いて『論理的帰結の状態』まで持って行って欲しいです。

    日本国民と政府にはそれなりの覚悟と準備(憲法9条の改革)が必要でしょうが。

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国に親日政権は生まれないし、過去にもありません。「反日」に民衆の眼を向けさせ、子供の頃から教育し、恨で煽って歪んだ対日国家観を築いて来たからです。

    文大統領は労組弁護士上がりで、所詮そこまでの人。祭り上げられて、語り口も上手いのか、夢だけ語って上り詰めた。

    国のトップとしての矜持をまったく持ち合わせていません。一言で言うと「タダの脳なし」「北との統一」しかアタマに無い。ま、国民のレベルがその程度であった、という事でしょうね。

    日本側にも「日韓が対立すれば中国を喜ばせる結果になるだけだ」よって「親日、親米政権が立つように努力」と言う人が居ましたが、それをする事ほど無駄な事はありません。

    根っこが用日だもの。また親米派は、かなり韓国内でも力を落としていると感じます。日本に対するモノとは違うが、「反米」傾向が強いです。

    会計士様は「文在寅政権下の韓国では、対日不法行為が加速している。特に2018〜2019年」と言われてますが、文氏にすれば北・金正恩とのパイプ作りに成功、『対日姿勢は徹底的に厳しくし、日米韓の同盟にヒビを入れよう』と意図的にやったと思います。

    しかし南北宥和が北ペースで、一向に進まないのと、運転手理論も自分だけが降ろされていたり、米朝会談もハノイでは決裂し、両国から不審の眼で見られている。

    瀬取り等北への不法行為も明らかになり、自由主義、民主主義グループから外れ、中華圏内に入っています。

    また、文在寅氏も経済運営、週52時間労働制、給与の2年連続の急上昇、不動産運営失敗に加え、外交面では何処も相手にしてくれず、支持率が急降下してます。

    そうなると、文在寅氏は更に混乱する指示命令を出すでしょう。今の文在寅氏は、盧武鉉の様になるのではないか。将来的に、ほぼ約束された投獄(良くて)、準一等国から滑り落ちる今、かつての大統領に倣って、自死を選ぶかも知れない。

  5. まこてあう より:

    記事とは直接関係ないかも知れませんが,「反日」という表現は一部の人達にとって「歴史的経緯からしたら致し方ない」(事実を精査していない議論も含め)というニュアンスで捉えられてような気がしてなりません。代替に特定民族に対する「民族憎悪(ethnic hate)」とすればどうでしょう,これはなかなか強烈でインパクトがある表現かと思っています。国家国民,官民挙げて民族憎悪を煽るかの国,この表現を使えばおいそれと擁護も出来ないような気がしています。21世紀において歪んだ民族主義のために民族憎悪を官民一丸となって先導する希有な国,これ則ち大韓民国。

    1. 通りすがり より:

      ethnic hate 非常に的確な表現だと思います。
      私もいわゆるナチスドイツのユダヤ人憎悪に最も近いと思います。

  6. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    ムンムンの行動を読むのに重要なことで今回管理人様の記事で触れられていないモノが一つあるのではないでしょうか?

    新型コロナウィルスの世界中に拡散によるヒトモノカネの動きの変化です。
    日本へのすり寄りは現在アメリカが提供する為替スワップの代償でアメリカに何らかの圧力を受けて「強制的にさせられている」のではないかと思います。
    更にムンムンに不幸なことに、次期アメリカ大統領候補に韓国によって面子を潰されているかつてのイアンフ合意の立ち会い人、バイデンが大統領になる可能性があり、彼が韓国へのドル供給を「WHYメンツを潰した国を助ける必要が?」と言いながら止めると韓国にとって大変(我が国にとって楽しい)事が発生する為になる可能性がある為に、日本からドル供給を受ける必要が出てきていると思います。
    実際にミスタープレジデント殿は次期アメリカ大統領に決定していますしね(笑)。

    そう言えば韓国のカスゴミが「スワップガ~」と最近喚いていないでしょう?
    近いうちに本当にスワップが要る状況があるからですよ(笑)。きっと。

    危機に瀕した国における外交とはそんなモノですよ(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. イーシャ より:

      パーヨクのエ作員 様
      新政権下でイラン制裁が解除されれば、原油代支払いを拒む理由もなくなりますしね。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        イーシャ様

        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

        確かに(笑)。イランへの石油代金支払いの為に国民総てに一人当たり15000円ほどの臨時税が要りそうですよね(笑)。

        おそらくイランの口座にはドルは1セントもないと思いますよ(笑)。

        以上です。駄文失礼しました。

    2. パーヨクのエ作員 より:

      基本的に新大統領は前大統領の政策を否定するところから始めます。

      トランプによる韓国へのドル供給を行う判断ですが、ミスタープレジデント殿の視点では

      「自分の顔に泥を塗った国に貴重なドルを供給して助ける必要が何故あるの」

      と言ったところではないでしょうか(笑)

      さて、仮に韓国へのドル供給が切れるとどこかからドルを持って来ないといけないですね。
      後はプロの分析に任せます。今後の記事に期待します。

      以上です。駄文失礼しました。

      1. 電気屋さん より:

        パーヨクの工作員さま
        ほら、北にドルの印刷機を持っている国が有るじゃないですか。

        1. パーヨクのエ作員 より:

          電気屋さん様
          当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

          電気屋さん様>ドルの印刷機を持っている国

          それってカリオストロ公国でしたっけ?

          1. 名古屋の住人 より:

            パーヨクの工作員様

            カリオストロ公国とは、世を忍ぶ仮の姿。
            どこの誰だか知らないけれど、誰もがみんな知っている、かの国ですよ()

          2. パーヨクのエ作員 より:

            名古屋の住人様

            名古屋の住人様>どこの誰だか知らないけれど、誰もがみんな知っている、かの国ですよ()

            やはり(笑)。
            しかしあまり本当の事を書くと万一あの国が世界中を征服すると管理人様(笑)と当方と並んで貴殿も高射砲の的ですよ(笑)。

  7. 阿野煮鱒 より:

    キル・ユンヒョン記者の漢字表記は「吉倫亨」だそうです。日本式の読みだと「キツ リンキョウ」でしょうか。
    https://www.huffingtonpost.jp/2015/06/30/korean-correspondant-talks_n_7695732.html

    本題です。私は文大統領はさほど追い込まれている自覚はない(自覚があっても強い危機感はない)と見ています。

    1. 支持率が低下しても弾劾の恐れはない

    朴槿恵前大統領を弾劾に導いた“ろうそくデモ”は、市民団体を装う北朝鮮下部組織によって先導/扇動されたものです。「朴槿恵退陣緊急国民行動」という組織の元に、韓国全土から2,300超の市民団体が結集し公称200万人()を動員した大がかりなデモ運動が行われました。これらの「市民」は皆、直接間接に北朝鮮の子飼いです。対する保守陣営にはこのような組織動員力はありません。与党が多数議席を占める現状では、大統領弾劾動議が可決される心配もありません。

    2. 次期政権も共に民主党になる可能性が高い

    韓国の保守勢力は集合離散を繰り返しており、現在は「国民の力(旧未来統合党)」が最多勢力となりつつ、国会の議席は300中103議席に留まっています。支持層は高齢者に偏っており、今後躍進の見込みは低いでしょう。

    保守系で大統領候補に期待されているのは、目下検察総長として政権と闘っている尹錫悦氏一人です。文政権が高位公職者犯罪捜査処を使って潰す可能性があり、大統領候補者にたどり着けるかは不明です。

    次期大統領も現与党から輩出される場合、金大中元大統領が同じ与党の盧武鉉元大統領に禅譲した時のように、穏やかな余生が送れる可能性が十分にあります。

    3. 文在寅大統領は良くも悪くも純粋な人である

    武藤正敏氏が常々言うように、文在寅は北朝鮮のことしか考えていません。韓国の政治家としては珍しく私生活は質素で、私腹を肥やすことに興味がないと言われています。ただし長男にはスキャンダルがあります。共に民主党が与党である限り、小さな問題は追及されないでしょう。

    といった訳で、いかに支持率が低下しようが、韓国には日本式の内閣総辞職・解散総選挙はありませんので、弾劾運動さえ封じれば大統領の任期を全うできます。次期後継者を文在寅が指名して禅譲すれば、引退後に逮捕の心配はありません。

    日本との関係悪化、その他の内政外交諸問題についてはについては、都合の悪い現実から目を背け、明確なコメントを発せず、責任を部下になすりつけて、任期満了まで時間を稼げば良いのです。

    1. だんな より:

      阿野煮鱒さま
      文在寅大統領が、純粋かどうかは別にして、最後の部分は正しいと思います。
      私には、文在寅大統領が、困っていると思って喜んでいる人が、純粋な様に思います。

  8. 千曲川 より:

    親日政権が立つように努力しなければならないと主張する国際政治学者というのは、誰でしょう?真面目に国際政治を研究しているとは、とても思えません。韓国においては、親日とは売国奴とイコールの唾棄すべき存在ですよね。李承晩以来、国を挙げて、日韓併合は日本の不法行為であり、野蛮な倭奴が高貴な少中華を暴力で飲み込み、収奪の限りを尽くしたもので、親日派はその手助けをし、甘い汁を吸ったなどと一方的かつファクトに基づかない徹底した反日思想を植え付けてきたわけです。こうした考え方は、政府高官から報道関係者、市場で声を張り上げているおばちゃんまでの共通認識と言っていいのでしょう。保守も左派も関係ない。彼らも、問題によっては、韓国政府の方が理に合わない主張をしているとか、国際法に反していると気がついていると思いますが、でも基本的には日本が悪いのだから、そんなものは取るに足らないことであり、韓国が謝ったり非を認めるたりする必要は一切ないと考えているはずです。こう考えると、日本側がいかに努力しようが、真の意味で日韓関係が改善する可能性はゼロに近いと言っていいでしょう。あるとすれば、彼らが日本に戦争をしかけ、日本に人的物的に多大な損害を与えるも、結局は撃退され、国際社会から非難され、その政治制度、報道姿勢、教育などが大きく変化するといったような場合くらいしか思いつきません。しかし、こんなことが起こる可能性は、現状では、極めて低いですから、少なくとも、あと50~100年は韓国の日本に対する敵対的な考え方、行動は変わらないと思います。我が国は、そのような認識に立った上で、彼の国との付き合い方を考えるべきかと思います。彼の国も力を付けてきた今、彼の国のお株を奪って、こちらもしたたかに、用日ならぬ用韓をしたり、韓国の国際的信用を落とす情報工作など、できないのかなと思います。

  9. 匿名29号 より:

    「政府は2015年12月の慰安婦問題を巡る韓日合意が両国政府の公式合意である点を確認する」に対して日本政府からは何か発信されたのでしょうか?
    サイレントも結構ですが、この場合日本は沈黙していることが最良の選択なんですか?

    1. 阿野煮鱒 より:

      ここは即座に突っ込むところですよね。

      日本政府は、意気地がないのか、韓国など眼中にないのか、内政問題で手一杯で外交まで手が回らないのか、単に能力が足りないのか、何だかわかりませんが、このままでは政権支持率は落ちる一方でしょう。

      国民の溜飲を下げることを政治の優先事項にする必要はありませんが、国民の名誉と利益はしっかり守らなければ国民から見放されます。

      管政権発足時のスピード感はどこへやら。このもたつきと迷走ぶりは何が原因なのでしょうか。水面下で、霞ヶ関と官邸の間で壮絶な戦いが繰り広げられているのだったら今後にある程度期待できますが、ただ戸惑っているだけだと、今後は危ういですね。

      1. 匿名29号 より:

        世界の諸国がK国が日韓合意を完全に反古にしたことを理解しているならば、沈黙は意味があるかもしれませんが、反古にされたことを知らないで例の発言を聞いたとして日本が沈黙しているならば、またまたK国詐欺が有利に展開するきっかけになりそうな予感がします。 やれやれ

  10. 晴川雨読 より:

    嘘をつきすぎて、首が回らなくなった感じですね。
    日本との改善をしようとすると、国内から叩かれるし、過去に自分が言っていたことと矛盾する。

    会計士さんは、東亜日報の社説について言及していますが、それ以外の主張をまとめました。
    https://seisenudoku.seesaa.net/article/479444582.html

    朝日新聞の逆張りをすべし、ハンギョレはお話にならない、読売・産経は韓国に何を言っても無意味なので言及なし。
    驚きは、共同通信がまともな事を書いていること。
    コロナでいつもの担当者が不在で希少種のまともな人がピンチヒッターとなったのだろうかと勘ぐってしまう。

    1. ナーダム より:

      まとめ、ありがとうございます。
      かなり見易くて助かります。

      1. 匿名29号 より:

        これだけ纏められるということは、すべてに目を通したということで すごいです。怠惰な自分には到底まねができません。
        ところで、どの新聞も「日韓が協力することは互いの国益につながる」という大前提で書かれていますが、既に多くの日本国民がそうは思っていないのではないかという点をマスコミは見落としているようです(あるいは意識的に見落としているのかも)

        その前提が正しいかの検証がひとこともないため、日韓協力・関係修復の記事は空砲に近い印象です。

  11. 名無しの権兵衛 より:

     韓国の日本に対する新たな不法行為が発生していないのは、一昨年7月の日本政府の「輸出管理適正化措置」以降だと思います。「日韓GSOMIA破棄通告」と「WTO提訴」は、日本政府の「輸出管理適正化措置」を受けて、これを撤回させるためのもので、日本政府の「輸出管理適正化措置」が無ければ、「日韓GSOMIA破棄通告」も「WTO提訴」も無かったはずです。
     イジメっ子の「イジメ」は、イジメている相手が無抵抗・無気力で元気を失うようになればなるほど、それに満足するのではなく、逆にエスカレートするものです。「イジメ」を止めさせるためには、先生や親に言いつけるよりも、イジメられている本人がイジメっ子に反撃することが一番効果的であることは、「憲法第9条平和主義者」であっても、認めざるを得ないと思います。実際に反撃することは難しいことではありますが。
     その意味で、日本政府の「輸出管理適正化措置」は、建前上は、自称元徴用工判決に対する対抗措置(経済制裁)ではありませんが、イジメ行為を継続して調子に乗っていた韓国政府は、突然の予期していなかった「輸出管理適正化措置」を、自称元徴用工判決への対抗措置、すなわち、イジメている相手からの「反撃」と受け取り、それもイジメっ子の急所を突いた強烈な反撃だったため、大騒ぎして、なんとかこれを撤回させようとして、日韓GSOMIA破棄通告、WTO提訴に加えてWTO事務局長選挙立候補まで画策するなど、防戦一方になってイジメ行為を中断したというのが真相だと思います。
     韓国政府が日本政府に擦り寄ってきたのは、アメリカ大統領選挙でバイデン氏が当選確実になったからだと思います。擦り寄ってきた理由は、オバマ大統領時代に、当時のバイデン副大統領が、日米韓連携強化のために、直々に仲を取り持って日韓関係の修復を実現したのに、文在寅大統領がバイデン副大統領の偉大な功績を破壊してしまったと受け取られるのを恐れた(さすがの文在寅でも、自分が破壊したという自覚はある)ことと、東京五輪を利用して行き詰っている南北関係の改善を図りたいことがあったと思います。
     要するに、韓国政府の行動は、常に行き当たりばったり(行き当ってバッタリ倒れる)ですから、日本政府は、まともに相手にしてはいけないということだと思います。

  12. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分が間違う存在であると自覚しているので)
     (イランとは限りませんが)「国際法を守らない韓国に対して、なぜ国際法を守らなければならないのか」、「日本という前例がある以上、我が国も、いつ、韓国からウィーン条約の対象外国にさええるか分からない」という国が出てきた場合、韓国はその国を交際法違反で訴えるのでしょうか。
     蛇足ですが、アメリカ同盟国が、自国に都合で国際法を無視したり、(相手に)尊重することを強制したりしていることを、中國は喜んでいるのではないでしょうか。なにしろ、香港への一国二制度という国際的約束が、香港国家安全維持法という国内法で骨抜きにしても、批判をかわせるのですから。
     駄文にて失礼しました。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      引きこもり中年様>韓国はその国を交際法違反で訴える

      ウリには一生手も繋げないそんなキレイなパツ金のオネーチャンとイチャイチャしながら歩くおにーちゃんは不純異性交際法違反ニダ。

      ということでしょうか(笑)

  13. カズ より:

    韓国外交部の表明は従来の政府方針〔慰安婦合意は破棄しないが認めない〕を踏襲したもの。 つまり、日本が頭を下げたことだけは撤回しないってこと。
    それが証拠に、一審判決を支持しつつも日本側に冷静な対応を求める厚かましさ。

    方向性を示すだけで何の具体性もない彼ら。「努力を傾ける」って何?
    もしかして水面下で〔屈辱に耐え〕頭を下げて頼み込むってことなの? 

    自主解決に向けた能動的な努力でなければ、何の解決にも繋がらない。
    他力本願では、”NO動的な怒力”が生み出されるだけだけなのかと・・。

  14. WindKnight.jp より:

    日本政府は、韓国の裁判所の判決を無視したり、制裁で応えることすらできまずが、
    韓国政府はそうはいかない。
    さて、どうするのでしょうか?

  15. 徳明 より:

    またヘタレたみたいです。

    1/11(月) 11:25配信
    慰安婦訴訟、3月に弁論再開 韓国地裁

     【ソウル時事】韓国の元慰安婦が日本政府を相手に賠償を求めた訴訟をめぐり、ソウル中央地裁は11日、予定されていた13日の判決日程を取り消し、3月24日に弁論を再開することを明らかにした。

     理由は不明。
    ※以下略

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e386a67048ca46493bcf1253b02bcb90f2dd6492

    とはいえ、8日の判決だけで十分な効果を発揮しているので、いまさらどうしようもない。

  16. 心配性のおばさん より:

    あのね。韓国の司法暴走が文在寅氏というより(多分、彼は何も考えていない。笑)、韓国そのものを追い詰めている。最初にスイッチを入れたのは、北朝鮮の意を受けた氏なのでしょうけど、この頃の韓国の司法暴走は、完全に氏の制御を離れているように見受けられます。

    誰が(どの国が)、何のために、韓国の司法暴走を演出しているのかしら?北朝鮮?C国?日韓ディカップリングのダメ押しのため?

    そこまでしなくとも、日本の方は忌避レベルまで心が離れておりますわよ。韓国内の用日派が何人いようとです。

    A国のほうも、バイデン氏の認知がいかに深刻であれ、この司法暴走で、この国が国家として非常に不安定な情治国家であることを議会は認識していると思います。そして、ここが大切なのですが、その不安定な国家である韓国に関わることの利益が見られない。

    かつてのA国の利益としては、韓国は中露への橋頭保として必要だったと伺っております。が朝鮮戦争以降、右派左派政権を問わず、C国へ恭順する韓国は、A国の目前で裏切り行為を繰り返して来ました。日本もA国も、もはや韓国に対しては忌避と警戒以外の感情しか持ちえないと考えます。

    じゃあ、C国や、北朝鮮はどうかしら?

    先にも申し上げましたが、韓国は非常に不安定な情治国家です。C国や、北朝鮮にとっても、統治が難しい国です。日米から離れたという確認さえ取れれば、敢えて関わり合いを持ちたい国ではないと思いますよ。じゃあ、この韓国の混乱は、誰(どの国)が糸を引いているのかしら?

    1. お虎 より:

      韓国が、アメリカにとって重要な橋頭保であることは、いまも不変。その韓国が情痴国家であろうと独裁政権であろうと、そんなことはアメリカ兄貴にとってはどうでもいい。
      台湾と韓国を失えば、20世紀後半以降の世界秩序・ドルの覇権は終わり、日本とカナダが距離をとればアメリカは孤立する。まともなアメリカ人、アメリカ政府要人なら、それを知らないはずはない。
      韓国のわがままや傍若無人を許しているのは、アメリカ兄貴であり、日本の韓国利権派にほかならない。

      1. 心配性のおばさん より:

        お虎様

        ≫そして、ここが大切なのですが、その不安定な国家である韓国に関わることの利益が見られない。

        過去はどうでもようございます。現在のA国兄貴が、この韓国に関わることの利益って何ですの?

        サード設置の約束も、現地の反対があるとかのことで、守らない。別の意味、国家間の約束を、民意ということで韓国に反故にされていることでは、日米は同じです。

        国益ではなく自己益しか眼中にないA国某党議員にすれば、この国において命を危険に晒している米軍兵士の命は1ドル紙幣より軽い。これを営々と米軍は耐えてきました。

        その流れが変わったのは、トランプ氏による米軍再編以前にオバマ政権の「我々は世界の警察官ではない。」です。明らかに世界への米軍展開の費用対効果に着目した始まりと私は見ておりますの。

        露骨に申し上げると、A国経済保護のために、在韓米軍展開はペイしているか?ということですの。A国経済保護のための中露への睨みとしての橋頭保が必要だとしても、それが何故、韓国でなくてはならない?

        となると、私がA国兄貴だとしたら、その代替として確実なものを探します。日本?日本は法整備などの準備が完全ではありません。現実的には、クワッドなど多国間同盟にバトンを渡します。むろん、A国兄貴はリーダーの地位は譲りません。
        実質働くのは、日本ということになりそうですが。(混乱するA国兄貴にどの国もついてきませんから。笑)

        日本への負担が大きくなりますね。ともあれ、中露への橋頭保は日本、台湾であっても韓国ではありえないと思いますの。

        1. お虎 より:

          米軍(国連軍)と北朝鮮は休戦中ということを忘れてはいけない。サイゴン政権の崩壊はアメリカ兄貴の悪夢だった。それを繰り返すわけにはいかない。だらしなかろうが、ウソつきだろうが、アメリカは韓国を離さない。

          「橋頭保は韓国ではない」と言いたくなる気持ちはわからないでもないが、世の中それほど甘くはない。

      2. クロワッサン より:

        お虎 さん

        >韓国が、アメリカにとって重要な橋頭保であることは、いまも不変。

        「韓国が」ではなく「朝鮮半島が」ですね。

        >台湾と韓国を失えば、20世紀後半以降の世界秩序・ドルの覇権は終わり、

        此処は「台湾や日本やフィリピンを失えば」辺りですね。

        朝鮮民族は世界最優秀民族を自称しているようですが、実際のところ日本が近くにあって自由民主主義国家陣営の支援を得られれば、どんな民族でも韓国程度の成長、発展は出来る事でしょう。

        1. お虎 より:

          >「どんな民族でも韓国程度の成長、発展は出来る」

          まあ、これはインドネシア人のリップサービスであって。
          ところで、「朝鮮半島」と言ってしまうと、中国とアメリカの対決が避けられず、それは何十年も続く可能性がある。
          無敵米軍(ほんとかどうか)の威信をカサに、中国の門戸開放を要求し続け、そこから利益を得るのがアメリカの極東政策の根本だと思うが如何。

          年末、目立たない記事だったが、EUが中国の軍門に下ってしまった。中国はEUに自由にアクセスし、中国はEU企業の投資に制約を課すルールが、ほぼ固定化しそうな様相。現代の朝貢貿易である。

          1. クロワッサン より:

            お虎 さん

            >>「どんな民族でも韓国程度の成長、発展は出来る」
            >まあ、これはインドネシア人のリップサービスであって。

            インドネシア人とは関係なく、私の意見なのですけどね。

            >ところで、「朝鮮半島」と言ってしまうと、中国とアメリカの対決が避けられず、それは何十年も続く可能性がある。

            「朝鮮半島」と書くのは、朝鮮民族は既に中国に隷属する事を決めているからですよ。
            日米が欲しいのは朝鮮民族の居ない朝鮮半島です。

            >無敵米軍(ほんとかどうか)の威信をカサに、中国の門戸開放を要求し続け、そこから>利益を得るのがアメリカの極東政策の根本だと思うが如何。
            年末、目立たない記事だったが、EUが中国の軍門に下ってしまった。中国はEUに自由にアクセスし、中国はEU企業の投資に制約を課すルールが、ほぼ固定化しそうな様相。現代の朝貢貿易である。

            お虎さんの理解が正しいかどうかですね。
            なぜEUは中国と投資協定を結んだか:国家資本主義を国際条約で取り込み、圧力をかける戦略だ
            https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20210109-00216786/

    2. お虎 より:

      韓国の、近未来における目標を考えればおのずと答えにたどり着くだろう。
      韓国のさらなる発展を望むなら、冷戦体制を解消する一点に絞られる。その点で文ざいいんは正しい。他方、北朝鮮軍部にとっても、金王朝が終焉し、経済発展の道が開けるのは望ましい。韓国+北朝鮮の連邦が実現すれば、軍部の地位はさらに高まる。
      その周辺で、カネをせびれそうなのは日本しかない。ゆえに、これでもかこれでもかと日本を悪者にする。将来の統合に備えて、カネをせびりとる準備をしているのだろう。この通りであるなら、文ざいいんはなかなかのストラテジストではある。

      1. 心配性のおばさん より:

        お虎様 あなた様の今回のお答えには、論理らしき論理が見られず、正直ガッカリ致しました。

        ひょっとしてですが、パロって見えます?であれば、私はまじめでしたのに残念です。朝鮮半島だけを注視すれば、文在寅氏の陰謀?も展開できるやもしれませんが、世界は朝鮮半島だけではありませんのよ。

        どんなに泣かれようが喚かれようが、日本は出すべきでないお金は出さないと思います。日本の政治家のそういう姿勢は、日本国内世論に背を押されている面もあるでしょうが、大きくは、あなたのおっしゃるところのA国兄貴の変化に他ならないと私は見ております。

        韓国の司法暴走は、そのA国兄貴の支持を得られるものでもない。だって、それはA国兄貴の顔を潰すものであり、それを我慢しても韓国をあやさなくてはならない理由がA国兄貴に見当たらないからです。

        >他方、北朝鮮軍部にとっても、金王朝が終焉し、経済発展の道が開けるのは望ましい。

        ????軍部クーデターによる王朝打倒でない限り、韓国主導による朝鮮半島統一は北朝鮮軍部の終焉ではありません?

        そして、それを強く警戒しているのが、金王朝であり、利益を共有する北朝鮮軍部じゃないかしら?当たり前に考えるとそうなりますのよ。

        私はね。文在寅氏とその政権が金王朝やその軍部のシンパであり、韓国の国体そのものを北朝鮮に献上すると見ておりましたのよ。ただ、北朝鮮の立場で見れば、在韓米軍付きの韓国なんて冗談じゃないでしょうね。

        また、日米経済支援で潤っている韓国経済のお金には魅力がありますが、民意がどんな権力より上位である韓国の統治は願い下げだと思います。

        お金もない、民意だけが荒れ狂っている韓国なんて、北朝鮮にとっても厄介者以外の何物でもないと思いますよ。

        1. お虎 より:

          >論理らしき論理が見られず、正直ガッカリ致しました

          以前、あのにます氏だったか、同じようなことを言っていた。別にくるしくないので、批判は自由。人は「自分の気分に合わない意見に接すると、このような反応をすることが多い」ことは経験則として承知している。

          >文在寅氏とその政権が金王朝やその軍部のシンパであり

          これには70%同意。金王朝は除き、北朝鮮軍部のシンパだと思う。
          おちついて拙文を読み返していただきたいが、おらは「韓国にカネをやれ」とは言っていない。韓国は将来にわたって日本からせびる準備をしている、と言ったのであって。

          くりかえすが、アメリカ兄貴は韓国の政治状況について、アメリカの利益をそこねない限り、どうでもいいと思っている。韓国や日本に巨大な米軍基地があるメリットはとてつもなく大きい。しかも維持費サポート付きだから笑いが止まらない。

          韓国主導による朝鮮統一は、当分無理だと思う。そもそも、アメリカも中国もそれを望んでいない。

      2. クロワッサン より:

        お虎 さん

        >韓国のさらなる発展を望むなら、冷戦体制を解消する一点に絞られる。

        いえ、逆ですね。
        歴史的事実を根拠に考えれば、韓国の発展は自由民主主義国家陣営が反自由民主主義国家陣営に対して自らの優位性を示すショーウィンドウの役目を担ったからに過ぎません。
        故に、米中冷戦時代においては冷戦体制の維持こそ韓国の取るべき選択肢です。

        >他方、北朝鮮軍部にとっても、金王朝が終焉し、経済発展の道が開けるのは望ましい。韓国+北朝鮮の連邦が実現すれば、軍部の地位はさらに高まる。

        北朝鮮の権力者は金一族ではなじゅ軍部だと置く妄想という事ですね。

        1. お虎 より:

          ちょっと違うね。米中冷戦体制というものが始まるならば、周辺国家・つまり日本、タイ、マレーシアといった国々は利益を享受できるだろうが、台湾や韓国は当事者すぎる。いまでも韓国経済にとって軍備負担は重い。

          >軍部だと置く妄想

          妄想・意見・論理、言葉はいろいろだ。先軍思想っては、軍部を最優遇することで王朝を認めてもらう体制のことだよ。
          人は、自分の気に入らない意見に接すると、このようなことを言い出すことは承知している。どんどん批判してかまわない。
          アメリカ兄貴が、金一族の何某を保護しているのも、肝はここにある由縁。

          1. クロワッサン より:

            お虎 さん

            >ちょっと違うね。米中冷戦体制というものが始まるならば、周辺国家・つまり日本、タイ、マレーシアといった国々は利益を享受できるだろうが、台湾や韓国は当事者すぎる。いまでも韓国経済にとって軍備負担は重い。

            韓国はそもそも中国に立ち向かう気が無いですから。
            韓国の軍備拡張は対日本であって、対北朝鮮や対中国では無いです。
            韓国の軍事費が韓国の経済規模に対して重たいのは事実でしょうが、其れは単に対日本を念頭に置く馬鹿だからなだけです。

            >先軍思想っては、軍部を最優遇することで王朝を認めてもらう体制のことだよ。

            金一族と軍部が対立する関係にあるのか、金一族が軍部を掌握し金一族=軍部な関係にあるのか。

            そもそも、朝鮮連邦が誕生する事で北朝鮮の軍部の地位は本当に高まるのか。

            気にいる気に入らないではなく筋道立てた理論の有無ですね。

  17. お虎 より:

    この判決について、このサイトの記述にみられる多くの人々の願望とは異なり、韓国にはさしたるマイナスはない。
    国際機関に訴えるとしても、いまの世界は「環境バカ」・「人権バカ」が大手を振っているのだから、日本が望む結果が得られるとは限らない。「戦時女性性被害」ともなれば、人権バカが飛びつくであろうことは容易に視察できる。

    俗な言葉で言えば、これまでの日本政府と日本国民が「お人好し、汗を流して戦わない根性なし」を演じてきたつけが、今まわってきたのだ。
    韓国の、なりふりかまわない傍若無人と、日本の、かつての経済大国の幻影にしがみつくきれいごと・の戦いだから、結果は見えている。どっちみち韓国には失うものは少ない。他方、日本のある部分は、かつての植民地の無礼に歯噛みするもなすすべがない。

    これが、ここ2年の日韓関係の風景。

    1. 匿名 より:

      > かつての植民地

      しっぽが出ちゃったかな〜

    2. クロワッサン より:

      お虎 さん

      「戦時女性性被害」の詳細について、『誰が、誰に、いつ、どこで、何を行った』のかを説明して貰えますか?

      朝日新聞の吉田清治証言報道は既に嘘である事が分かっており、吉田清治証言が事実である事を根拠とする「いわゆる日本軍慰安婦問題」は存在せず、いわゆる日本軍慰安婦問題とは単なる対日ヘイトアクションに過ぎません。

      歴史的事実を根拠とした「本来の日本軍慰安婦問題」では、

      ①女性に売春を認める事自体が女性に対する犯罪行為を認める事である、とする価値観
      ②生活保護制度が不十分な時代に、女衒を介しての人身売買により多額の前借金を抱えた女性を生み出す事やそれらの女性が売春する事を黙認、容認するのは債務奴隷制度を黙認、容認する事である、とする価値観

      などによる問題視が出来ますが、これらの価値観による問題は古今東西にて普遍的な問題であり、日本だけが特別視される固有の問題ではありません。

      1. お虎 より:

        慰安婦問題は朝日云々とは関係ない。1965年の日韓合意で議論され、日本が保証金を支払った。と、これが事実。

        このようにすでに解決した事柄を蒸し返しているのが韓国なのだが、国際世論特にEUは「人権バカ」、前後をわきまえず飛びつく傾向がある、と書いたのである。

        >『誰が、誰に、いつ、どこで、何を行った』のかを説明して貰えますか?

        そんなこと、自分で調べなさい。手を抜かずに。
        ちなみにおらは、南方方面軍所属●●●中隊(航空隊付属整備部隊)日誌という、一次資料を持ってますがね。

        1. 匿名 より:

          横からコメント失礼。

          >そんなこと、自分で調べなさい。手を抜かずに。

          HAHAHA!
          論破されて逃げたね!

          >ちなみにおらは、南方方面軍所属●●●中隊(航空隊付属整備部隊)日誌という、一次資料を持ってますがね。

          だから何。「一次資料(?)持っている」のと「資料を読み込んで理解している」のは全く別だよ。

        2. 匿名 より:

          ついでにもうひとこと。

          この人「墺を見習え」「カニ太郎」「迷王星」の諸氏と似たようなにおいを感じる。要するにコメントが独自過ぎて一人の世界に入り込んでるってやつだね。そういえば「墺を見習え」氏や「カニ太郎」氏はこのブログから消えちゃったねwwああいうβακαなコメントを見るのもたまには楽しいんだがwww

          1. 阿野煮鱒 より:

            議論は、議論して楽しい人と議論すればいいのですよ。
            自説に対する異論を提示されて、従来考えもしなかった新しい視点や知識を得たときの快感を覚える人とだけ語り合えばいいのです。
            ○○は論破できません。ゾンビになっても立ち上がります。
            「おではだだじぃー」と言い続けます。
            論破を目標とするのは不毛です。
            昔々の2chで言うところの、スルー検定です。

          2. お虎 より:

            君のコメントも、ある意味でおもしろいよ。似てるしね。

        3. クロワッサン より:

          お虎 さん

          >慰安婦問題は朝日云々とは関係ない。1965年の日韓合意で議論され、日本が保証金を支払った。と、これが事実。
          >このようにすでに解決した事柄を蒸し返しているのが韓国なのだが、国際世論特にEUは「人権バカ」、前後をわきまえず飛びつく傾向がある、と書いたのである。

          間違いですね。
          先ず、65年条約の交渉過程で取り扱われたと言える日本軍慰安婦問題は、日本軍の人狩り問題などを含むいわゆる日本軍慰安婦問題ではなく、古今東西の軍人兵士の性欲処理に関する普遍的な問題に過ぎない本来の日本軍慰安婦問題です。
          そして、日本が出したお金は韓国への独立祝い金であり、韓国政府は韓国内向けに「日本からの賠償金である」とアナウンスし、対日請求権を有する韓国民は韓国政府宛に請求権を行使するよう一時期呼び掛け、請求者には応じています。
          で、今現在の韓国は、歴史的事実によって否定されている「いわゆる日本軍慰安婦問題」を実際にあった事だと考え、65年条約や河野談話、日韓慰安婦合意で解決されたのは「本来の日本軍慰安婦問題」だから「いわゆる日本軍慰安婦問題」は未解決であり、日本は謝罪も賠償もしていない、と主張したりしている訳です。
          なお、韓国側が「いわゆる日本軍慰安婦問題」を事実であるとする根拠が、朝日新聞による吉田清治証言報道であり河野談話です。

          >そんなこと、自分で調べなさい。手を抜かずに。

          ああ、要するに説明出来ないから逃げた訳ですね。
          逃げた訳では無いのであれば、お虎さんにとっての「戦時女性性被害」を定義してください。
          言い換えると、『戦時女性性被害』をお虎さんは何と解釈しているのか、説明してください。

          1. 匿名 より:

            おらが戦時女性性被害と考える事例

            独ソ戦で、ドイツ軍兵士が地元のロシア女を手当たり次第にやったこと。
            同じくソ連軍が、ドイツ女を手当たり次第にやったこと。
            満州で、ソ連軍が日本・中国・朝鮮の女を手足り次第にやったこと。

            こういうことだ。わかりきったことではないか。

          2. お虎 より:

            最初は、わかりやすく俗語で書いた。
            今度はもうすこし漢語を交えて書こうか。

            戦時女性性被害とは、
            正規軍に属する者が、
            武装を背景として女性を襲い、
            戦闘の一環という理由で罪を問われず、
            被害にあった者が所属国から保証を得られないまま、
            ということになるかな。

          3. お虎 より:

            >要するに説明出来ないから逃げた訳ですね

            これね、ときおり接するフレーズだけど、
            「もっとお虎と、お話したいよぉ」と書けば、かわいいんだけどなw そう思わない?

          4. 匿名 より:

            >要するに説明出来ないから逃げた訳ですね

            この寅とかいうコメント主のコメント見ていてたら痛々しい。クロワッサンさん、真面目に相手するのは時間の無駄だと思いますよ~。(ここのコメント主は大抵スルーしている。)

          5. クロワッサン より:

            2021/01/12 08:10 08:10の内容だと朝鮮半島の朝鮮系日本人女性らの体験は戦時性暴力には含まれません。

            にも関わらず、あれらの朝鮮系日本人女性らが戦時性暴力の被害者扱いされています。

            よって、2021/01/11 13:57 13:57での『「戦時女性性被害」ともなれば、人権バカが飛びつくであろうことは容易に視察できる。』について、

            人権バカは自称日本軍慰安婦らを戦時性暴力の被害者だと勘違いしている無能か、

            自称日本軍慰安婦らを戦時性暴力の別の定義で被害者認定しているか、

            のどちらかとなります。

            日本軍慰安婦問題を語る際は、日本軍慰安婦問題の個々の定義について予め把握しておく事をお虎さんにお勧めします。

            以上。

  18. 匿名のおっさん より:

    毎日、興味深い記事をありがとうございます。
    私は法律や国際法について無知なため、わからない事があります。
    今回の韓国内での主権免除違反判決が許容されるなら、ダム事故に関してラオスの方々がラオス国内で韓国政府を告訴しても問題ないという事でしょうか。

    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業
    https://shinjukuacc.com/20190529-03/

  19. 匿名 より:

    まず前提として、「ウリはサンケンブンリチュニダ」ってアレ、嘘ですよね?
    私は、こちらやネットで主流の司法暴走説ではなく、あくまでも南鮮政府=文たんの意向でやってる動きだと思ってます。裁判所の忖度ミスという可能性も捨てきれませんけど。

    内政が取り返しのつかない感じになってきた文たん、頼みの反日活動でも「日本を叩け!(民衆)」「日本にたかれ!(産業界)」と相反する突き上げに挟まれて身動きできないように見えます。
    でもウリはサンケンブンリチュだから(※三権分立ではない)反日裁判は裁判所が勝手にやること、文たんは関係ないから仲良くしようニダ、そしてカネとワクチンをくれニダ。あと中韓倭を集合させて宗主国様から褒められたいニダ。

    で、ひとしきり利益の抜き出しが終わったら「反日判決を出した反日ヒーロー、ム〜ン・ジェイン!!」と決めポーズ。支持率も爆上がりって寸法ニダァ。なお実現可能性

    基本的には倭を攻撃しまくりたいし、なんなら宗主国様と一緒に攻め滅ぼしたいけど、いまちょっとワクチンとか欲しいから少しの間仲良くしてやるニダ。宣戦布告はもう裁判所が済ませてるから、用が済んだらチョッパリの油断を突いて合法的に武力行使もできるニダ(するとは言っていない)。

    こんなとこでしょうか。
    一応用心のため、対馬海峡に機雷を撒いておいたらいいのでは?

  20. G より:

    どうも、政権の思うがままに戦術的に反日しているのでなく制御不能に陥ってる感じがしますよね。多分日本が1つ対抗措置を加えれば一気に瓦解するのでしょう。攻撃される耐性ゼロと思われます。
    そのため、今現在韓国の外務省の当局者が必死に懇願して厳しい対応を取らないようにしてるのだと思います。ただ、日本とてこのままここを遺憾で済ませたら、政権維持が容易ではありません。

    ここからは妄想レベルかも知れませんが、現実的な解決策を考えました。

    ・日本は姜昌一氏へのアグレマンを非公表で撤回
    ・韓国はアグレマン撤回が理由でなく病気とか理由をつけて姜昌一氏の大使就任を取り下げ

    日本は公式上はノンリアクションで「強い対応」ではありませんが、反日の政治家を強引に駐日大使として押し付けられる印象を内外に与えることは防げる。韓国としても日本に攻撃されて決定的な打撃を受けることは避けられる。

    まあ、そこまで配慮してやる必要などないと私は思うのですがね。

    で、例の主権免除違反判決についてはまた時間稼ぎが始まる予感です。

  21. マイナンバー より:

    でました、引き延ばし作成。

    『韓国地裁、3月に弁論再開 判決期日取り消し―慰安婦訴訟』
    2021年01月11日12時43分 時事ドットコム

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011100222&g=int

  22. マイナンバー より:

    韓国ハンギョレ新聞のネット記事(日本語版)によれば、韓国の最も取りうる手段は、先延ばし、スルスル詐欺だそうです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210111-00038797-hankyoreh-kr

  23. クロワッサン より:

    >これまでさんざん、コケにしてきた日韓慰安婦合意に対し、唐突に言及するというのは、それだけ韓国政府内に危機感がある証拠だということでもあります(認知症とも噂されるバイデン氏が日韓慰安婦合意のことを覚えているかどうかは別として)。

    「アホちゃいまんねん、バイデンねん」が思い浮かびましたw

    1. 門外漢 より:

      クロワッサン 様

      >アホちゃいまんねん、バイデンねん

      上手いなあ(^^♪

  24. gommer より:

    韓国だけが困る状況って、慰安婦裁判からではなくて、慰安婦合意から予測されていた事です。

    個々の事件
    までは流石に無理ですが、大まかな方向性はいまだ予測の範疇にあります。

    まぁ韓国は予測できてなかったのでしょう。
    それと慰安婦合意批判の方々も。

  25. 引きこもり中年 より:

    独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、個人的な予測なので)
    自国の感情が国際法より優先すると、各国が言い出したら、国際法自体が崩壊するのではないでしょうか。(国際法を守らせるという欧米の重しがなくなったからかもしれません)
    駄文にて失礼しました。

  26. お虎 より:

    >昨年(とくに菅政権発足以降)は対日融和姿勢に転じている

    次はブログ主への異論になる。すずおき論考云々も込みで。文ざいいんの姿勢が変化したように見えるのは、次の大統領選挙モードに入ったためであって、別に日本にすり寄ろうということとは違うと思われる。日本側が勘違いして「融和だ融和だ」と思ってくれればもうけもの、てな感じか。

  27. eutd@y より:

    文在寅は、壊し屋。
    日本にも似たような人がいましたね。

    彼らは、思想信条、あるいは自らを支配する情緒が何より重要。
    よって、一旦権力を手にすると、それらに従って、これまでの価値観や秩序の否定、取り壊しに乗り出すのですが、その後の構想が、実効性のない夢物語なのが共通点、と言いますか、大問題。

    このような連中をリーダーにしてしまったら、後が大変です。

  28. Naga より:

    韓国が第3国に対してする宣伝戦(そこでの日本人や日系人に対する迫害への対応も)や実際に戦闘を仕掛けてくるかもしれない事への対処、日本国内での韓国人の動向に対するウォッチなどはするべきです。
    しかし、基本的に放置で相手にしないことがいいと思います。
    また日本企業や日本人に韓国への進出や旅行に対する警告をすべきでしょう。

    但し、いつも書くことですが、それらを躊躇する政府や躊躇させる政治家が問題です。

  29. マイナンバー より:

    1月13日に予定されていたいわゆる慰安婦訴訟第二段判決公判が突然3月に延期になったのは、4月のソウル市、釜山市の市長選対策だと想像します。
    偽の『少女』像の前でいつもの活動家動員して大騒ぎし、与党系候補が、『日本が真の謝罪をし、おばあさんたちが許すまで、この像を守り抜くのは市民の使命であり、それができるのは文在寅大統領と我々だー!野党=親日の連中に市政を盗まれると、この像も日本に売り渡される!』

    あくまでも想像ですが。ヤレヤレ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。