イランによる韓国船拿捕の裏にある両国の浅からぬ因縁

すでにいくつかのメディア報道で取り上げられているとおり、イランの革命防衛隊は昨日、韓国の貨物船をペルシャ湾上で拿捕したようです。表向きは「海洋汚染」を理由にしていますが、その裏では石油代金を巡る不透明なウォン資金口座決済という仕組みと韓国当局による口座凍結、そしてイランがそれに激怒している、という構図が見て取れます。

韓国船舶をイラン革命防衛隊海軍が拿捕

韓国メディアの報道によると昨日、イラン革命防衛隊の海軍がペルシャ湾を航行していた韓国船籍の船舶1隻を拿捕したそうです。

イラン、韓国の運搬船を拿捕…「化学物質で海を汚染」主張

―――2021.01.05 06:51付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)は、イランのファルス通信の報道を引用する形で、この船舶は「海洋の化学物質汚染」を理由に拿捕され、イランのバンダルアバスに曳航されたとしています。

また、同記事はAP通信を引用する形で、サウジアラビアからペルシャ湾を航海し、アラブ首長国連邦(UAE)東部のフジャイラ港に向かっていた韓国船「韓国ケミ」号が予定にはなかったバンダルアバス近隣海域に停泊していることが確認された、とも述べています。

中央日報はさらに、外信の報道として「同船舶が7200トンのエタノールを輸送中だった」、「米国の経済制裁で韓国銀行がイランの石油販売代金を凍結している問題で両国間の緊張が高まっている状況でこの事件が発生した」などとしています。

そのうえで中央日報は、「この海域では、これまでイラン-米国間の緊張が高まりを受けて、第三国の商船やタンカーがたびたびイラン当局に拿捕される事件が発生してきた」としています。

朝鮮半島問題に「イラン」という補助線

イランと朝鮮半島のつながり:状況証拠

これについて考える前に、「イランと朝鮮半島の間には、浅からぬ因縁があるのではないか」という仮説について考えてみたいと思います。朝鮮半島情勢はなにかと複雑怪奇だといわれることがありますが、そういうときには1本の「補助線」を引いてみると、意外と実態が見えたりするものです。

当ウェブサイトではさまざまな統計データ、報道の前後関係、状況証拠などをもとに、北朝鮮の核開発、日本の対韓輸出管理適正化措置、イランのウラン精製見送りなどがどこかで繋がっているのではないか、という仮説をこれまでも提示して来ました。

もちろん、これらはあくまでも「仮説」に過ぎません。

べつに当ウェブサイトに政府から情報のリークがもたらされているわけではなく、あくまでも客観的な統計データ(とくに普通貿易統計)、日本ではあまり注目されていないさまざまな報道などを組み合わせた結果、「そのような可能性がある」と判断したものです。

一例を挙げておくと、次のような疑惑があります。

  • 日本政府が2019年7月1日に対韓輸出管理適正化措置を発表したのは、韓国が「(旧)ホワイト国」としての地位を悪用し、一般包括許可で輸入した軍事転用可能な物資を不適切に使用していた(たとえば横流し、目的外使用など)ためである
  • 日本政府が輸出管理適正化措置を発表したことで、日本の韓国に対するフッ化水素等の輸出量は急減。その2ヵ月後、イランがウランの20%への精製を見送ると発表した。一般にウラン精製にはフッ化水素が必要である
  • イランは核・ミサイル技術を北朝鮮と共有している

当然のことながら、イランの核武装は中東の安定にも影響を与えます。当然、イスラエルあたりはこの問題に重大な関心を持っているでしょう。

昨年8月には、イスラエル国防省が「北朝鮮傘下とされるハッカー集団がイスラエルの軍需産業にサイバー攻撃を仕掛けたが、それを阻止した」と発表していますが、なぜ北朝鮮がイスラエルに攻撃を仕掛けたのかについても、「朝鮮半島-イラン」というつながりと無関係とは思えないのです。

イスラエル、サイバー攻撃阻止 軍需産業狙い、北朝鮮傘下集団

―――2020年08月13日14時53分付 時事通信より

経済的には「ウォン資金口座」「物々交換」のつながり

さて、くどいようですが、「韓国が日本から輸入したフッ化水素などの軍需品目をイランに横流ししていた」というのは、あくまでも現時点の仮説のひとつに過ぎず、状況証拠以外の確たる証拠はありません。

ただし、「モノの動き」の裏には、たいていの場合、「カネの動き」が潜んでいます。

これを読むうえで参考となるのが、「イラン当局が韓国国内に保有しているウォン資金口座」と「イランと韓国の物々交換スキーム」の、大きく2つの「怪しい系統」です。昨年7月の『イラン外務省が韓国に対して「約束を守れ」と要求』でも議論した内容を、ここで簡単に振り返っておきましょう。

ウォン資金口座を使った取引

イラン中央銀行は韓国国内の銀行口座にウォン資金を保有しており、韓国との貿易代金はそのウォン資金口座を使って決済する。

物々交換スキーム

イランが輸出した原油の代金を韓国から輸入される製品との物々交換方式で決済する。

いずれも、大変に不透明な取引ですし、現実的ではありません。

ではなぜ、この2つの取引が行われるに至ったのでしょうか。

端的に言えば、どちらのスキームも米国によるイラン制裁を迂回するためです。どちらのスキームを使ったとしても米ドル(とくに米FRBのフェドワイヤー)を使う必要がありません。

現在、イランは米国から金融制裁を受けており、イランの中央銀行、市中金融機関、企業などに対する米ドル建ての国際送金は非常に難しいという状況にあります。だからこそ、韓国はイランとの取引に、こんな不透明な2つのスキームを編み出したのでしょう。

ウォン資金口座の決済の仕組み(想像)

もっとも、このうち後者の「物々交換」については、何となく直感的に理解できるという人は多いかもしれませんが、前者の取引については「イメージが湧かない」という人が多数ではないでしょうか。

ウォン資金決済の仕組みとは、簡単にいえば、資金のやり取りを米ドルではなく、韓国ウォンで行うというものです。しかし、韓国には、国際的に広く活動している金融機関は非常に少なく、いわゆる「G-SIBs」(グローバルなシステム上重要な金融機関)は1社もありません。

もっといえば、韓国ウォン自体が国際送金に不向きな通貨であるため、韓国ウォンで代金を受け取っても、そのままイラン本国に持ってくることはできません。あくまでも、イランの中央銀行や金融機関が韓国の国内の銀行にウォン資金口座を開き(または支店を開設し)、韓国国内で決済を行う必要があるのです。

一例として、イランのメラト銀行(Bank Mellat)が2001年に韓国・ソウルに開設した支店を使ったウォン資金取引があります。韓国国内の報道から想像するに、これはおそらく、次のような仕組みです。

イランの石油会社が韓国の輸入業者に石油を販売したとき

韓国の輸入業者はメラト銀行ソウル支店に代金を韓国ウォンで振り込み、イラン中央銀行はその振込通知を受けて石油会社の銀行口座にイランの通貨・リヤルで輸入代金を振り込む

韓国の会社がイランに商品・製品を輸出したとき

イラン中央銀行はイラン国内の輸入業者が保有する銀行口座からイランリヤルを引き落とし、メラト銀行ソウル支店はウォン資金口座から韓国ウォンを韓国の輸出業者の銀行口座に振り込む

たしかに、この方法だと米ドルの資金を動かす必要はありません。

また、韓国の報道から判断して、おそらくメラト銀行ソウル支店以外にも、イランの中央銀行、企業などの名義のウォン資金口座が、韓国国内にはいくつか存在するようですが、それらについても似たようなスキームを使っていると考えて良いでしょう。

イランと韓国の緊張

イランを激怒させた口座凍結

ただし、ここでひとつの問題点があります。それは、イランが韓国に対して貿易黒字を計上(韓国がイランに対して貿易赤字を計上)し続けた場合、イランにとっては韓国国内にウォン資金が溜まり続けてしまうことです。

そして、韓国は国際的な金融センターではないため、基本的にそのウォン資金を使って韓国以外の国との取引(たとえば日本に対する石油の輸出)の代金を支払うことはできません。

したがって、イランとしては、その資金を何らかの形で外貨に両替し、韓国国外(とくに国際金融センターである東京、香港、シンガポールなど)に送金するというニーズが出てくるのですが、韓国の当局がこれを認めなければ、資金の両替・国外持出は難しいようです。

こうしたなか、韓国はイラン産原油代金などで溜まり続けているウォン資金口座を、米国のイラン制裁の関連で凍結する措置を工事、これに対しイランが激怒している、とする報道がありました。ここでは韓国メディア『中央日報』(日本語版)の昨年7月の記事を紹介しましょう。

イラン「韓国が原油輸出代金の未償還時には提訴…米韓は主従関係」猛非難

―――2020.07.20 10:11付 中央日報日本語版より

中央日報によると、韓国は米国の承認のもと、2010年以降はイラン産原油の輸入代金をIBK企業銀行とウリィ銀行に開設されたイラン中央銀行の口座を通じて、ドルではなく韓国ウォンでの決済ができるように措置を取ったそうです。

ところが、2019年9月に米国政府がイラン中央銀行を特別指定制裁対象(SDN)で国際テロ支援組織(SDGT)として制裁水準を引き上げたことに伴い、これらの取引口座も凍結され、韓国ウォンでの取引が難しくなってしまいました。

中央日報はまた、イランのタスニム通信の報道を引用し、韓国国内で凍結されているイランの資産が米ドル換算で65~90億ドルにも達するとしたうえで、「韓国はイランの原油輸出代金を償還しないことはもちろん、(中略)凍結されている口座に対する手数料や管理費なども要求している」と報じています。

これが本当ならば、非常に厚顔無恥な対応ですね。

いちおう、中央日報によれば、韓国政府は米国・イランとの協議を経て、2020月5月から医薬品や医療機器など人道的な品目に限定して、ウォン資金口座を通した対イラン貿易が再開されたとしていますが、金額的には微々たるものでしょう。

(※もっとも、もともとイランに対する金融制裁は、同国が米国の経済制裁を招くような行動を取っているから発動されたのだと考えるならば、今回の騒動についてはイランも韓国も「どっちもどっち」という気がしないではありませんが…。)

「身代金目的」?

このように考えていくと、冒頭に引用した、昨日の「韓国船舶の拿捕事件」とのつながりが、おぼろげながら見えてくるように思えます。

これに関連し、中央日報には、こんな記事もあります。

イラン、韓国外交次官の訪問控えて船舶抑留…その理由は

―――2021.01.05 07:38付 中央日報日本語版より

これによると、拿捕が発生した4日は、韓国外交部の次官補が近日中にイランの首都・テヘランを訪問すると公式発表する直前のタイミングでもあったそうです。

また、中央日報はサウジアラビアの『アルアラビーヤ』(英語版)の記事を引用したうえで、イラン外交部はこの韓国外交部次官補にとの間で「米国の制裁によって韓国の口座に凍結されている原油輸出代金70億ドルを返してほしいというイランの要求が話し合われる」と明らかにした、としています。

さらには、イランは韓国の銀行口座に凍結された原油輸出代金を返還しない場合には、韓国を国際司法裁判所(ICJ)に提訴する可能性があるとも警告しているようです。

それだけではない「浅からぬ因縁」

いずれにせよ、今回の事件に関しては、イランが主張する「韓国船舶の海洋汚染」は単なる言い掛かりであり、事実上、米国の経済制裁に苦しむイランが韓国に対し、70億ドル相当の資金を返還させるための「実力行使」と見るのが妥当かもしれません。

ただし、いろいろと調べてみると、韓国とイランの間には、ほかにも浅からぬ因縁がたくさんあります。

たとえば、ちょうど1年前に「イーシャ」様という読者の方からいただいた読者投稿では、ダヤニ一族への賠償問題が取り上げられており、また、当ウェブサイトでも昨年9月にその続報を紹介しています。

また、韓国とイラン、北朝鮮というつながりについても、過去に当ウェブサイトで取り上げています。

いずれにせよ、今回の拿捕によりイラン・韓国間の緊張という姿が見えてきた形ですが、本件についても続報があれば追いかけてみる価値がありそうです。

読者コメント一覧

  1. 無花果間諜 より:

    中国やイランの場合表向きは「瀬取や海洋汚染の疑いによる韓国船の拿捕」ですが、その実「フッ化水素の違法輸出」である可能性を考えるのは陰謀論者には楽しいです。

    また韓国船の保険料が上がるかな?

  2. 門外漢 より:

    こういうのを「跛行の蹴り合い」と言うのですね。

  3. はにわファクトリー より:

    アルジャジーラがテヘラン発で報じています。長い記事ではありません。
    https://www.aljazeera.com/news/2021/1/4/iran-seizes-south-korea-flagged-ship-in-the-gulf
    金銭支払い不履行に関わる人質ではないかとの見方は確かにあるようですね。

  4. だんな より:

    イランが、核濃縮20%に引き上げたタイミングと重なります。
    韓国以外から、フッ化水素入手の目処が立ったので、容赦なく韓国に対処出来るようになったのではないでしょうか。
    ウォン高だし、良いタイミングだと思います。

    1. イーシャ より:

      だんな 様
      拿捕に見せかけて堂々と密輸という説もあるようです。
      ウラン精製用なら純度は低くていいし。

    2. ぷー より:

      もうひとつ、凍結された70億ドルで韓国がコロナワクチンを購入してイランに送る、という案も、イラン側から出てますね。この一両日で、韓国イラン韓国イランと姦しいこと。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国がイランの口座を凍結した、その額が70億ドル。そこまでは覚えてますが、まだ進展無かったのですか。イランの事だから、韓国要人の一人や二人拷問にかけて無理矢理回収しているのかと思いました(笑)。

    拿捕された韓国船「韓国ケミ」号は人質ですね。韓国外交次官補のイラン訪問のタイミングを狙った。タダでは生きて帰れない(爆笑)。下手な約束して文に怒られるか、イランで消されるか、、、思案のしどころですネ!テーハーミングック(笑)。

  6. だんな より:

    韓国・イラン商工会議所会長「韓国に凍結された資金でワクチン購入を協議中」

    韓国、外務次官のイラン訪問を見直し タンカー拿捕で
    今ココまで、進みました。
    イランの型に嵌められそうだから、行かないニダ。

  7. 引っ掛かったオタク より:

    積み荷は本当にエタノールなのでせうか?
    韓国海軍艦艇も現地に展開する模様ですがナニしに??
    イランが凍結口座のドルで武漢コロナのワクチンを購入するって韓国に云ったとか云わないとか???

    まーでもアメリカ大統領選代理人投票の連邦議会承認までは様子見でしょうかね????

    1. 雪国の会計士 より:

      私は拿捕という名の交易ではないかと。
      戦闘機とかをメンテせずに、他の機体から部品を拝借するニコイチが得意なかの国。
      一年余りかけて、少しずつ貯めたフッ化水素をやっと用意できたのでは?

      いみじくも、今日イランからは、ウラン濃縮再開宣言が発出されたし。
      すぐに出港すると、怪しまれるので、少しモメてから、無事帰国すると見てます。
      イラン産の核燃料が北朝鮮に行く懸念もあるので、注視したいです。

  8. イーシャ より:

    朝鮮日報「韓国製サブマシンガンがイランの博覧会に」 という記事もありましたね。
    だけど、遠回しに警告したくらいでは朝鮮人には理解できない。
    棒が必要だと判断したのでしょう。

    引っ掛かったオタク様も書かれているように、
    “イランがタンカー拿捕で韓国軍が艦艇急派 韓国「早期解放を要請」” (産経デジタル iza 2021.1.5 10:22) なんて報道もあります。
    調子に乗って火器管制レーダーを照射したりすれば、簡単に駆逐されるでしょう。
    今のうちにポップコーンでも買っ来ましょうか。

    でも、もしもバイデン政権になって、もしもイラン制裁解除なんてことになったら、Kはめでたく原油代を払えますね。
    払える・・・のかな ?

    そんな中、KOSPI だけが異常に上げています。そろそろ最終局面 ?

  9. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分が間違う存在であると自覚しているので)
     韓国では、国際法より国内事情が優先されるそうです。そうならば、イランとの関係でも韓国の国内事情が優先され、それを無視しているイランに問題がある、ということでしょう。
     駄文にて失礼しました。

  10. はにわファクトリー より:

    中韓が関係する機微事態を日本のメディアはなぜか遅れて報じます。「報道しない忖度」を実践しているのではと思えてならない。台湾中央通訊社は間髪入れずに記事を送り来ます。日本国内より数時間以上早いことがあります。
    (ググる自動翻訳より抜粋)
    『A Seoul Ministry of Foreign Affairs official told Reuters: “The plan for (崔鍾建/Cui Jonggeon)’s trip is currently unknown.”』
    『According to a report by Agence France-Presse (AFP), after Iran seized the Korean oil tanker, the US State Department spokesperson said that Iran’s move was “part of an obvious attempt to reduce the pressure of sanctions by blackmailing the international community.”』
    https://www.cna.com.tw/news/aopl/202101050168.aspx

  11. 新宿会計士 より:

  12. sey g より:

    この件では、150%イランが正しい。
    イランは、まっとうな商取引で得た原油代金を支払って欲しい。
    しかし、普通に話し合いで理を説いても、絶対に韓国は支払いません。
    何故なら、現状韓国の方が有利だからです。故に交渉のテーブルにつかすためには、尽かさざるを得ない状況に持って行くしか方法が無いわけです。
    但し、韓国人は馬鹿です。日本のように薄ーく締め上げたぐらいでは気がつきません。タンカー拿捕ぐらいハッキリしないとわからないのです。
    徴用工でも、慰安婦でもなんでも 馬鹿でもこれは、あの件をきちんと対処しないとやめてくれないなとわかるような制裁をしてからの交渉で無いと 話し合いになりません。
    徴用工も、資産売却で制裁など 韓国からしたらチョロいチョロいです。
    資産差し押さえた時点で、日韓基本条約に違反していると、制裁するのです。
    軍事力の無い日本には、タンカー拿捕は難しいですが、韓国との商取引停止に補助金を出すとか、韓国撤退費用を立て替えたりとか、人の往来、金の移動を急ストップとか。
    法律とか条約とかがあって、難しいと言いますが 法律や条約に護られるものは、それらを守る者にしか権利はありません。
    日韓基本条約を破ると言うことは、日韓関係無しに韓国が生きていけるとの決心の表れだと思います。それを助けるために日本から協力してあげるのも良きかな。
    あと、竹島領海内での離島奪還訓練もするべきです。

    1. 匿名 より:

      >竹島領海内での離島奪還訓練もするべきです

      勇ましくてカッコいい!

      1. sey g より:

        匿名様

        今迄これが出来なかった理由は、米韓同盟です。
        韓国が米国いらんと離間してる今こそ出来るかと。

        1. じゃん🐈 より:

          まぁ、それも大統領が売電になったらどう転ぶか..

    2. 匿名 より:

      影でこそこそ悪口を言うのは日本人としては潔くないと感じるけど、相手が何かやらかした時に、ほ~らね、やっばりあいつはね、とさりげなく印象付けるのは、有りかと。コツコツとやり続ければ、相手の悪印象をばらまくことも可能では、優等生の日本なら?
      日本に暮らしているアフリカ某国の女の子が、母国で会ったキリスト教のシスターか、韓国の伝統的な子供の遊びだからと鶴の折り方を教えてくれたけど、日本に来たら折り紙は日本の伝統文化だときいた、どっちが本当?と言っていました。彼らは着実に、草の根運動的に、日本を浸食しています。ならば、こちらも対抗せねば。

  13. だんな より:

    どうやらイランは、ワクチン購入代金+残りは海洋汚染の賠償金で回収するつもりのようですね。
    イランの裁判所で汚染の有罪判決が出たら、イラン政府も裁判所の判断を支持するしかないでしょう。
    差し押さえるのが、タンカー一隻と乗組員の命では釣り合わないでしょうから、あと2、3隻拿捕しといた方が、良いと思います。

  14. 月路です より:

    チェコが対北ビラ禁止法を問題視
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/05/2021010580033.html
    しているのでしょうか?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

sey g へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。