バラク・オバマ、「トラストミー」のあの男を語る

本稿は、ちょっとしたメモです。鳩山由紀夫元首相といえば、2009年8月の総選挙で政権を獲得した人物ですが、その直前に行われた党首討論会で麻生太郎総理からボコボコに論破されながらも、自身が率いる民主党が選挙で圧勝して政権を握ったという「伝説の人物」でもあります。ただ、鳩山氏の「功績」(?)は、それだけではありません。

鳩山由紀夫元首相といえば、2009年8月に行われた党首討論会で麻生太郎総理からボコボコに論破されながらも、同月末の衆議院議員総選挙で自身が率いる民主党が圧勝したことで政権を握ったという「伝説の人物」でもあります。

また、この人物をヒトコトで表現するものとしては、なんといっても「トラストミー」発言に尽きます。

これは沖縄県の普天間飛行場移設を巡り、「最低でも県外」と公約していたことを巡り、2009年11月に当時のバラク・オバマ大統領との会談で出て来たものだとされます。

ちなみに鳩山氏自身はその後、自身の発言を巡る説明を二転三転させているようであり、たとえば『サンケイビズ』に6年前に掲載された次の記事によれば、この発言は「オバマ氏に対し食事を勧める際のものだった」などと発言したそうです。

「トラスト・ミー」は食事の勧めだった 鳩山氏が修正も…説明矛盾 (1/2ページ)

鳩山由紀夫元首相は24日、TBSラジオに出演し、<<…続きを読む>>
―――2014.4.25 12:13付 SankeiBizより

いずれにせよ、故人から献金を受けたり、唐突に「アジア共同体構想」を打ち出したりするなど、なかなか突拍子もない行動が多かったこともあり、個人的にこの人物は「人罪の宝庫」である旧民主党のなかでも、菅(かん)直人元首相と並ぶ、際立った「人罪」だったことは間違いないでしょう。

さて、この鳩山元首相を巡り、少し前からインターネット上で話題となっているのが、バラク・オバマ前大統領の17日発売の回顧録です。

たとえば、時事通信はオバマ氏が2009年11月に当時の鳩山由紀夫首相と初会談した際、「感じは良いが厄介な同僚だった」、「3年弱で4人目の首相であり、日本を苦しめてきた硬直化し、目標の定まらない政治の症状だ」と酷評した、などと報じています。

鳩山氏は「感じ良いが厄介」 オバマ前米大統領回顧録

―――2020年11月17日14時58分付 時事通信より

これはなかなか興味深い話題ですね。

時事通信以外にも、いくつかのメディアがこのオバマ回顧録について取り上げているのですが、どのメディアの報道を見ても、オバマ氏は鳩山氏に対し、随分と辛辣な評価をしていたようです(※もっとも、この「オバマ回顧録」、高いカネを払ってまで買い求めたいとまでは思いませんが…)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、「21世紀臨調」が主催した党首討論の様子は、下記ページから現在でも視聴可能であるようですが、視聴していただければわかるとおり、客観的に見れば、しどろもどろの鳩山代表に対し、麻生総理の発言は歯切れも良く、討論会自体は麻生総理の圧勝だったと考えて良いでしょう。

麻生太郎内閣総理大臣と鳩山民主党代表による党首討論

8月12日、国民各界で組織する「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)主催による「政権選択~麻生太郎内閣総理大臣と鳩山由紀夫民主党代表による党首討論」を開催いたしました。<<…続きを読む>>
―――2009/08/12付 21世紀臨調HPより

ただ、この党首討論会自体、NHKを含めて生中継したテレビ局が皆無だったという事実なども踏まえるならば、2009年の総選挙で民主党が圧勝した背景には、なんといってもマスメディアの偏向報道があったことは間違いありません。

いずれにせよ、先日の『米国は日本に11年遅れて「マスゴミ民主主義」に?』でも取り上げたとおり、日本で鳩山、菅、野田の各元首相を経験したことで、「首相なんて誰がやったって同じ」という無責任な発言が日本から消滅したことは間違いないでしょう。

じつは、これこそが鳩山元首相の最大の功績といえるのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. 匿名29号 より:

    オバマさんは「ミスター ハトヤマは実は宇宙人である」ということを知らなかったのですね。

  2. 伊江太 より:

    オバマ氏のエセ理想主義もたいがいでしたが、さすがにハトピーのぶっ飛び具合にはついて行けなかったようですね。自分と同類と踏んで出かけた鳩山氏としたら、ロン・ヤス関係並みの、肝胆相照らす仲になれるとでも、思ってられたのかも知れませんが(笑)。

  3. 貧乏暇だけ より:

    金持ちなんだから、せめてトランプさんのように無給でやってれば良かったのですが。
    日本には無給でやる金持ち政治家は出てこないですね。
    昔いたならごめんなさい。

  4. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、立憲民主党と違って自分は間違う存在であると自覚しているので)
     もし菅義偉総理が、「オバマ大統領時代の副大統領だったバイデン氏から、『トラスト・ミー』と言われたからアメリカを無条件で支持する」と言い出したら、旧民主党の流れをくむ野党議員は、何と言うのか見てみたい気がします。
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       もしバイデン次期大統領が、「在日米軍に中距離核ミサイルを配備させてくれ。トラスト・ミー」と言い出したら、立憲民主党は何と言って反対するのでしょうか。
       駄文にて失礼しました。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    ハトポッポとオバマ有色人種初の米大統領の論題と異なります。お許しください。

    菅(カン)氏と鳩山氏が2大大馬鹿者ならば、それにも劣らない究極の反日嘘書き元朝日新聞記者の植村隆が、とうとう最高裁でも敗訴しました。最高裁は上告を退けました。おめでたい事です。

    https://www.sankei.com/affairs/news/201119/afr2011190021-n1.html

    ジャーナリストの櫻井よし子氏と出版社3社を相手取り、謝罪広告と損害賠償を求めてました。1審、2審共に植村の敗訴でした。

    植村隆は1989年11月から大阪本社社会部に2年半所属し、その頃に事実無根の耳に入った情報だけで、自分でキッチリ裏取りもせずに、「慰安婦」を広げました。その頃なら私は、実家は出てましたが、独身で朝日新聞取ってました。

    見て一瞬「え?今頃なぜ?」というのが第一印象です。その時に見たのは首都圏版なので、扱いが小さいのか、あまり印象に無かったのですが、関西に戻った時に古新聞を確認すると、大きな扱いでした。日本人ではありません、コイツは。櫻井よし子様、逆に提訴されてはいかがでしょうか。

    1. 門外漢 より:

      この記者と言い、ル-ピ-と言い、メリ-ランド知事と言い、朝鮮人の嫁(嫁の使い方が正しくない?)を貰うと可笑しくなるようですね。
      いや、もともと可笑しいから朝鮮人を嫁に貰うのかも知れませんが。

  6. はにわファクトリー より:

    「友愛の海」なる迷発言もあったと記憶します。ハングル語概念のむりくり日本語化と当方は理解してます。

  7. KAZ より:

    「トップの首相が大ばか者であれば、そんな国がもつわけがない」
    という名言を残された方ですね。

  8. 匿名 より:

    結局政治家の実力は実際やらせてみないとわからないですから、ある意味これで良かっのではないかと

  9. 翻訳者 より:

    時事通信の翻訳はどちらかというと誤訳です
    ここに詳しいです
    https://news.yahoo.co.jp/byline/konosuyukiko/20201119-00208650/

    1. はにわファクトリー より:

      翻訳者さま

      社交の世界では辞書をひいている時間はありません。カクテルパーティ会場に加わっているとしましょう。誰かグラスを持って近寄っていきました。本当の目的は分かりません。ですが、言葉の端々で真意は伝わります。一発かましに来たのかも知れませんし、どこかでまたお会いしましょうね的な表敬かも知れません。そうでないケースもあると思います。
      言葉に出して当該箇所を読み上げてみれば、侮蔑がこもっていることは明白ではありませんか。

      1. ひろた より:

        オバマが大統領選戦い始めたのが安倍政権。福田を経て大統領になったのが麻生政権。日本にきたらルーピー。またその後も一年交替でコロコロ。
        たまたま来日時がルーピーで酷かったのですが、まあ他でも信用はされないですよね。バカにされても仕方ない。
        まあ鳩山ならいいだろうのミスリードじゃないですかね。

    2. 当時の政治状況を考えれば時事の訳も特に違和感はないですね。NHKは省略しすぎかな。
      むしろこの記事の筆者はそのあたりを考慮してないような・・・(むしろ、AだのBだの、盛ったらだめだの、教条的で硬直的な印象を受けます)

      なにより、「訳による印象報道」がクローズアップされて良かったじゃないですか。

    3. はにわファクトリー より:

      現状を憂うる者さま

      当該記事の筆者さんは、高校の英語教師以外には誰も気にしないような文法まで持ち出して、オバマ前大統領を擁護しています。それが執筆の目的です。
      ですが、どちらも解釈できるようなことを短く言ってのけるが彼の魅力であって、誤訳論争を持ち出すのやからは、彼に言わせると無粋ということに、きっとなります。困ったものです。

  10. はにわファクトリー より:

    要点指摘はいいのですが、才能を誇示したいのかたくさん書き過ぎているのは、文筆業のサガでしょうか。
    「A pleasant if awkward fellow, …」相当に皮肉です。
    「人当たりはいいんだけどね」くらい。
    あからさまな嫌味に対して愛想笑いくらいで返すのが政治や経済の世界では適切なシチュエーションです。
    「a symptom of the sclerotic, aimless politics …」
    「こんな日本だからしょうがないよ」くらい。
    以上二か所だけ取り出しても、嫌味な人物の皮肉が伝わってくるようで、当方はムバラク・オバマ前大統領に対する人物像を今回さらに追認したと思います。

  11. 引っ掛かったオタク より:

    今回のこの件はNHK の報道に対して喰い気味にとんちんかんな噛み付きしでしたよね、ルーピー氏
    そういえばルーピー師、ひとり(?)民主党また始めてませんでしたかね?

  12. だんな より:

    鳩山氏の生みの親は、韓国人。
    妻も韓国人。
    韓国行って土下座するのは、慣れているんだと思います。

  13. 福岡在住者 より:

    米国の分断(もしかして先進国の分断)の根源は、この「汚婆魔」なのかもしれませんね。
    幸い日本は「ルーピー氏」のおかげで、3年後正常にもどりました。 そういう意味では 民主党3バカトリオには大変感謝しています。

    その前の日本は、「元祖汚婆魔」が沢山いて随分国力を削ぎ落とさられました。 自民党さんのことです! 小泉という劇薬政権誕生で(存続目的としては)とりあえず成功しましたが、この不勉強で〇×利権のバカオッサン(ジジイ?)を長続きさせた結果。民主党政権の誕生に繋がったのかもしれません。 民主党政権誕生の「影の功労者」です。

    この手のヨゴレは 野中先生(死んだ?)や小沢先生、古賀先生、山崎先生、カン先生、福島先生、山本先生、二階先生とかとつるんで古い腐った風を吹かして欲しいですね。(反原発とかで期待してますよ!)

      

     

    1. はにわファクトリー より:

      福岡在住者さま

      いつかそれを指摘したいと思ってきました。アメリカの分断を加速したのは誰か。
      8年間かけて彼がやったことはカクテルパーティ向けの気の利いたジョークと堂々とした弁舌(だけ)でした。
      オバマ前大統領は、現職が共和党候補になってしまったころ? ヒラリー・クリントン候補を破ってしまったとき? どっちだったかは思い出せませんが、トランプ(候補|大統領)は「現象」の帰結であるという意味の発言をしました。うまく分析するものと感嘆しました。そして自分のせいではないという得意節がまたも再現されたともそのように感じたのです。

    2. 福岡在住者 より:

      コメント有難うございます。
      「汚婆魔」を否定することが、世界悪のようになっいるマスメディアです。 私個人的には 「汚婆魔」=「ルーピー」です。 人間的度量の大きさは もしかしたら「ルーピー」の方が上なのかもしれません。

      なんせ とんでもない「戦後の大金持ち+戦前・戦後の政界の有名人(ただ それだけの政治家)」
      しかし、戦前の爺さんの国会質疑が その後の「軍の暴走」の手助けになっています。(いわゆる軍の統帥権) この辺は今から思うと本質的な戦犯! 孫は国賊ですが(笑) ポピュリズム精神は受け継がれるのでしょうかね?

      ところで、コンプレックスの塊の「汚婆魔」は ある報道では対人恐怖症とも言われていました。 ゴルフ大好きの彼ですが、先進国の要人とのプレイを聞いたことがありません。 (弱小国首脳とのプレイは有)
      政権終盤の安倍首相との寿司会食でも、ミネラルウォーター持参で2~3貫だったとか、、、。 彼は食事の時も(対人恐怖症ですから会食はストレス) A4用紙持参のミネラルウォーター。

      A4対人恐怖症といえば、ブンも同様です。 ただし、こちらは「世界的大物政治家恐怖症」です(笑) こちらは詐欺師。

    3. 青色労働者 より:

      「政界の狙撃手」野中広務氏(1925-2018)は既に鬼籍に入られております。
      招集され半年足らず20歳で敗戦によるパラダイムシフトを経験し、「戦争は二度と御免だ」を髄に叩き込んで政治の世界に入った叩き上げですな。
      「決め方」を重視していた戦後保守本流体質を体現した最後の世代でしょう。

      そういう意味では4列目?のカン先生や党首以外が去った社民ミズポ先生と同列は残念ですね。

      1. HNわすれた より:

        青色労働者様
        確かに野中広務氏は「決め方を重視していた戦後保守本流体質を体現した最後の世代」で個人的には信頼のできる政治家だと思っていました。が、お仲間だったあの時代の小沢だの金丸だの古賀だの、等々の先生方の率いる政治にはホントに辟易としていました。あの時代をよく思い返してどうして民主党に一票を入れてしまったのか、時々考えてしまいます。

      2. 福岡在住者 より:

        青色労働者様
        HNわすれた様

        コメント有難うございます。
        「戦後保守本流体質」だったのですか、、、。 戦争反対、憲法9条大好き、野党議員も大好きの人と思っていました。

        「政界の狙撃手」の方がピンと来ます。 当時インターネットなど無い時代、各議員のスキャンダルや隠し事が 野中氏のところへ集中して集まっていたという「週刊誌ネタ」を読んだ記憶があります。 それで「〇×先生 こんな話があるのですが、、、」とやったというものでした。

        1. 引っ掛かったオタク より:

          野中先生や後藤田正晴先生は個人的に尊敬している政治家先生なのですが(種々モノゴトへの政治的スタンスに同調している、という意味ではない)、
          野中先生、Wikipediaあたり流し読みでもしてもし興味を覚えられましたら、番記者による評伝みたいな新書もあるので秋の夜長にご一読オススメデス
          ご活躍された時期が時期だけに国政や自民党の一面なぞ、(著者のバイアスも有れど)興味深く読めましたヨ

      3. 宇宙戦士バルディオス より:

         北朝鮮を訪問して、金日成の銅像に献花して、目を潤ませていた野中広務。
         金日成の始めた朝鮮戦争で、500万人が犠牲になったというのに。この一点でも、彼が保守政治家であるとは、到底認められない。
         野中が「保守本流」だというなら、それは「保守本流」にダークサイドが存在したという事を意味する。野中に限らず、「保守本流」には、アジア諸国の悪事に寛大な大アジア主義者が多かった。

        1. 青色労働者 より:

          >「保守本流」には、アジア諸国の悪事に寛大な大アジア主義者が多かった。

          あくまで国益に照らしての良し悪しとは別の視点ですが、
          それがあの戦争に直接かかわりを持った世代の贖罪の形の一つであったのではないですかな。
          関わり方の違いが後の行動の違いに表れているようにも見えますが、それはまた別の話でしょうな。

          1. 宇宙戦士バルディオス より:

            >それがあの戦争に直接かかわりを持った世代の贖罪の形の一つであったのではないですかな。
             吉田茂内閣時代のサンフランシスコ講和条約、田中角栄内閣時代の日中共同声明、池田勇人内閣時代の日韓基本条約等により日本の過去の清算は終わっていたのです。それを「保守本流」が謝罪してしまったために、全部蒸し返しされることになった。個人的な「良心」が、国益を損なったのです。「保守本流」の大罪です。

        2. 福岡在住者 より:

          宇宙戦士バルディオス 様

          おっしゃる通り 彼が「保守本流」とは到底思えません。 むしろダークサイドの人間と思います。 その辺は 自分の協力者なら何でも「有」の 仮面の「自民党議員」だったと思います。  私がいう「ヨゴレ議員」 

          その昔、「保守本流」に擦り寄って 「保守本流」脅して それを乗っ取り「なんちゃって野中流保守支流」を模索していたのかもしれませんね。

          時代がそうだったとか言われても、、、。 彼のファンがいることが、このサイトの健全なところです。

          1. 青色労働者 より:

            「保守本流」という言葉が定義もあいまいなまま独り歩きしている感がありますな。
            一応私の文中における“「決め方」を重視していた戦後保守本流体質”における「戦後保守本流」ついては補足させていただきたく思います。

            日本の戦後政治は戦争の反省から始まっております。東京裁判で被告となった戦争指導者たちは戦前日本のいわば超エリート層でありました。“優秀なエリート官僚が悪意無く国を敗戦へ導いた。一部のエリートが狂信的に理念に囚われて独善的に暴走することは危険だ。” ここから「調整重視の決め方」を方法論としての核とした戦後保守本流は生まれました。吉田茂氏は米国の核の傘の下、経済発展に舵を取り「平和で豊かに暮らしたい」という大衆の願望に軸足をおいて「本流」を醸成しましたが、エリートの暴走を抑えエリートが失敗しないよう「調整」を重視した見方によっては談合ともとれる政治を展開しました。
            まあ「戦後保守本流」というからには「傍流」もあるわけですが。
            「傍流」筆頭格は自主憲法に改正し「真の独立」を謳って吉田氏が作り上げた戦後体制からの脱却を目指した岸信介氏です。
            この「戦後保守本流」と「傍流」の絡み合い縺れ合いで戦後日本は進行してきたとみております。
            (現時点では中曽根内閣が「傍流」と「本流」が絶妙なバランス点であったのではないかと考えておりますが…)

            余禄として、戦前「革新官僚」として満州国建国や戦時統制経済を主導し、大臣として開戦の詔書に署名した岸信介氏についてもひとつ。
            『大衆に追随し、大衆に引きずり回される政治が民主政治だとは思わない。民衆の二、三歩前に立って民衆を率い民衆とともに歩むのが、本当の民主政治のリーダーシップだと思う』(岸信介証言録)
            大正デモクラシー以降「決められない政党政治」に対するフラストレーションが「革新官僚」台頭と軍部暴走のバックグラウンドに有ったとも言えますが、ある意味岸氏は戦前から「決める政治」の象徴だったかもしれません。それが戦後A級戦犯から首相へとつながる道を造ったのであろうし、またその強すぎるリーダーシップが大衆の支持を失い志半ばでの辞任へとも繋がっていったのかなと愚考しております。

          2. 青色労働者 より:

            いずれにせよ時代は移り人心も世界の潮流も直面する課題も移り変わっておりますでしょうから、ジジイの戯言とお流しください。

          3. はにわファクトリー より:

            青色労働者 さま

            戯言などとは。優れた要約と当方は思います。
            戦前日本の政治経済は学校教育の中で真実そうであったとおりには解説されていません。教える側にバイアスがかかっていること、そもそも事業時間不足で手が回らないし「試験に出ない」ので軽視されています。
            ただほかの国においても近代史現代史教育が軽視、そうでなければ矮化されているであることは、間接証拠から巷間にも知られているところです。
            当方は一時期放送大学の講座を取っておりました。いくつか受けた講義のなかで、もっとも勉強になったのが戦前政治史(日米開戦直前まで)と、戦前経済史(敗戦まで)でした。
            教科書は読みものとしてたいへんよくできておりました。戦前政治戦前経済史を紐解いて世情背景を探り、時代時代の経済産業政策の変遷を知ることができました。
            国内復興達成後の東南アジアへの進出ブーム、そののちの大陸進出ブームが、世界疫病の蔓延により今ひととき一休止となっています。「おおーもーれつ」の時代は一旦停止です。西暦2020年代残り9年間、本邦をどう導くのか過去にさかのぼって我が身を鏡に映して再検討することは、長くなりそうな今年の年末年始にちょうどの自習材料ではないでしょうか。

          4. 福岡在住者 より:

            青色労働者様

            >日本の戦後政治は戦争の反省から始まっております。
            これがキーワードですね。それと「決め方」。 官邸主導を嫌う人が一定割合いて それなりの指示を受けているのはそういうことだったのですね。

            私の意見は「過去を今の感覚(価値観)で見ている」部分がありました。
            岸信介氏に関しては A級戦犯被疑者として逮捕されていますが、その後不起訴処分を受けていますので無罪と思います。

          5. 引っ掛かったオタク より:

            ぎるてぃおあのっとぎるてぃ?というより、国としての意思決定のアリカタのオハナシだったのでわ?

    4. はるちゃん より:

      リベラル、左派系は小さな問題を誇張して大きな問題にし自分は正義であるという事を誇示する事を生業としています。
      朝○新聞や半島の方々やBLMも同類です。

      私はこの方々の声高な主張が分断を作り出していると考えています。
      国内の反社会的勢力にも似たような特徴があります。
      困った方達です。

  14. 宇宙戦士バルディオス より:

     いかに政治家としては無能を極めたとはいえ、刑法上の罪を犯したわけではないので、「人罪」という文言には抵抗があります。
     せいぜい「塵材」というべきではないでしょうか。

  15. 自転車の修理ばかりしている より:

    立派な学歴も、血統書付きの毛並みの良さも、政治家としての能力にはなんの寄与もしなかった、という良い例です。

    鳩山家に生まれず、政治家の道も志さなかったなら、本人のためにも日本のためにも幸せだったことでしょう。

    偽慰安婦像に額ずくくらいなら、まず沖縄県民と米軍関係者に対して焼き土下座で詫びるべきだと思いますがねぇ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。