韓経「入国制限措置緩和を機に日本は輸出規制撤廃を」

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、まことに不思議な記事が掲載されました。これは、「日本で菅政権が発足するとともに、8日からビジネス関係者の特別入国手続が施行されたことを契機に、日本は輸出規制を撤回するなどして、両国は関係改善に踏み出せ」、などと主張する『韓国経済新聞』の社説です。日本政府が韓国への輸出「規制」を発動した事実はないなど、正直、事実誤認に満ちているだけでなく、まことにご都合主義・自己中心的な議論だと言わざるを得ません。

重要な「3つの議論」

本稿で取り上げる話題「どれにしようかな?」

初めにお断りです。

韓国に関連して2つほど紹介しておきたい議論が出てきてしまったのですが、本稿ではその両方を取り上げることはできません。そこで、冒頭で両方の話題を紹介したうえで、本稿ではそのうちの片方のみを詳述し、残りについては本日、もしくは日を改めての別稿にて取り上げることにしたいと思います。

気になった話題のうちの1つ目は、これです。

【社説】韓日ビジネス入国制限緩和は関係復元の出発点

1965年の国交正常化以降で最悪となった韓日関係が緩和する兆候を見せている。<<…続きを読む>>
―――2020.10.10 10:57付 中央日報日本語版より【韓国経済新聞配信記事】

また、2つ目の話題は、これです。

韓国、資産売却命令は12月以降 元徴用工問題で地裁支部

【ソウル共同】韓国人元徴用工の訴訟で<<…続きを読む>>
―――2020.10.10 17:34付 共同通信より

どちらもなかなか非生産的な話題です。昨日の『「覆面パンツマン」とは美少年勇者の成れの果てなのか』で取り上げた、「日本を代表する大人気RPGで、主人公でもある勇者(※精悍な美少年)の父親がパンツ一丁の覆面男だった」という問題をさらに深耕する方が、むしろはるかに生産的でしょう。

ですが、どちらも専門的な立場から見れば、何かとツッコミどころが多い話題でもありますし、また、新聞、テレビを中心とする既存のマスメディアが垂れ流すいいかげんな虚報に、韓国がらみの話題が多いこともまた事実です。

したがって、当ウェブサイトとしては、どちらの話題も取り上げておきたいと思う次第ですが、さて、どちらから取り上げるべきでしょうか。あるいは意表をついて、ここでは「覆面パンツマン」の件をもう一度取り上げるべきでしょうか。

本稿ではビジネストラックについて考えてみたいが…

結論的には、本稿では最初の話題である、「ビジネストラックとレジデンストラック」を取り上げることにしたいと思います。というのも、この話題を巡っては、右派、左派ともに、なにかと誤解が多いように見受けられることもまた事実だからです。

また、2つ目の話題については、端的に言えば、「下手な三文芝居」のたぐいだと思います。なぜなら、韓国側で差し押さえられている日本企業の在韓資産は、売却がとても難しい「非上場株式」だからであり、かつ、韓国側の狙いは資産の売却にあるわけではないからです。

したがって、議論する優先順位としては、最初の話題よりもやや落ちるのではないかというのが、現時点における判断です(※ただし、韓国における商法の規定なども絡んで来るので、近日中に、久しぶりにいちどじっくり議論しても良いかもしれません)。

さらに、3つ目の話題については、正直、多くの方々が知りたいと思っているに違いない(と当ウェブサイトが勝手に思い込んでいる)話題であり、噛めば噛むほど味が出るという意味では、話題としては捨てがたいものです。

オールドゲームファンとしてはビアフロ問題と並んで優先順位はきわめて高い話題なのですが、断腸の思いながら、こちらについてはまたいずれ、機会を見ながらじっくりと取り上げたいと思う次第です。

韓経社説の怪

韓経「韓日ビジネス入国緩和は関係復元の出発点」

そういうわけで、さっそくに、あらためてリンクを示しておきましょう。

【社説】韓日ビジネス入国制限緩和は関係復元の出発点

1965年の国交正常化以降で最悪となった韓日関係が緩和する兆候を見せている。<<…続きを読む>>
―――2020.10.10 10:57付 中央日報日本語版より【韓国経済新聞配信記事】

この記事、タイトルに「社説」とありますが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、掲載されたものですが、コピーライト表示部分に「韓国経済新聞」とあるので、中央日報ではなく韓国経済新聞(韓経)としての社説だと思います。

それはさておき、詳細はリンク先でご確認いただくとして、日本語表現を整えつつ、韓経の主張を要約すると、次のようなものです。

  • 日本政府が3月9日以降、新型コロナ感染拡大防止を理由とする入国制限措置を導入してから7カ月ぶりに、8日から韓日両国間で「ビジネス関係者の特別入国手続」が実施されたが、我々はこの動きを歓迎する
  • 韓日両国は過去の問題で対立してきたが、地政学的な運命を共有しているため安保レベルでも協力が避けられないし、経済分野での相互依存度が高く、生活慣習や文化レベルでも切り離せない関係にある
  • 今回のビジネス関係者に対する特別な入国手続は、両国のこうした関係を再確認させるものだが、両国のビジネス関係者がまた行き来できるようになったのは関係正常化の第一歩にすぎない。韓日両国はさらに一歩踏み込んで各分野で断絶した交流を再開し、正常な関係を復元することが求められる
  • ちょうど日本では菅義偉内閣が発足し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任を祝う書簡を送ると返信があり、電話会談も行い、両国首脳間の個人的な信頼を築いている。韓国側では「最も行きたい海外観光地」が日本となる一方、日本側では韓流ドラマが爆発的な人気を呼んでいる
  • 文大統領と菅首相はこうした雰囲気を考慮し、政府間の消耗的な対立に終止符を打ち、山積した協力イシューで手を握ることを望む。その過程で日本は昨年7月に始めた輸出規制を撤回すべきだし、韓国側も徴用勤労者賠償判決を巡って特別法制定に基づく政治的解決も模索すべきだろう

…。

この短い記事に、これだけの事実誤認の数々

正直、頭からシッポまで、「いったい何を言っているのか」とあきれ果ててしまう記事です。この短い記事のなかにも事実誤認が多数含まれているだけでなく、主張自体、極めて自己中心的でご都合主義的でもあるからです。

いちおう、逐一ツッコミを入れておきましょう。

そもそも論として、地政学的に日韓が安全保障上、手を結んだ方がお互いのためになるというのはそのとおりですが、それを拒んでいるのは日本の側ではなく、韓国の側ではないでしょうか。

たとえば2018年12月に発生した火器管制レーダー照射事件をめぐって、韓国側は真相究明や日本に対する謝罪、再発防止策のコミットメントなどをいっさい行っておらず、それどころか「日本が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」という見え透いたウソをついて日本に逆ギレしたのは、記憶に新しいところです。

また、日本が米国とともに、北朝鮮のCVIDないしFFVD(※)方式による核放棄を目指して国際社会などに連携を呼び掛けているにも関わらず、北の核武装で脅威を受けるはずの韓国は、これに協力しようとしないどころか、あろうことか北朝鮮制裁の緩和や「朝鮮戦争の終結」を唱えているほどです。

※CVIDは「完全な、検証可能な、かつ不可逆的な廃棄」( “complete, verifiable and irreversible dismantlement” )、FFVDは「最終的な、完全な、かつ検証可能な非核化」( “final, fully verified denuclearization” )の略。

さらには、米韓同盟を結んでいるにもかかわらず、日本が米国とともに提唱する「自由で開かれたインド太平洋」構想に対し、なにかと難癖をつけて頑なに参加を拒んだり、米中間で戦略的にあいまいな態度を取り続けていたりする韓国の姿勢は、無責任ですらあります。

たしかに日韓両国は、経済的にはそれなりに深い関係を結んでいることは事実ですが、少なくとも今年の防衛白書では「韓国との防衛協力と連携」に関する記述がバッサリ削除されてしまうなど、安全保障面での日韓の協力関係は、少しずつ断絶し始めています。

というよりも、日本は現在の韓国のような「信頼できない国」に自国の安全保障の一端を預けることなどできるわけがありません。

日韓両国首脳間に「信頼関係」?ないない(笑)

韓経の社説に対するツッコミどころは、これだけではありません。

たとえば、『韓国の要請で行われた首脳会談、日本は従来の立場主張』でも報告したとおり、先月の菅義偉政権発足にあたり、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が菅総理宛に親書を送り、日本も書簡で返信し、さらに電話首脳会談が実施されたことは、加藤勝信官房長官自身が認めています。

しかし、韓経は「両国首脳が個人的な信頼関係を築いている」などと述べているのは、あきらかに行き過ぎでしょう。

たとえば、『韓国「日本は友でパートナー」→日本「韓国は隣国」』で確認したとおり、そもそも9月24日午前の電話首脳会談自体、加藤官房長官は「(日本側の要請に基づくものではなく)韓国側の打診に基づいて実施されたもの」と述べています。

さらには、菅総理は韓国を「日韓両国はお互いにとって重要な隣国」とは述べましたが、「友人」という表現は使っていません。これは、韓国側の発表で、文在寅氏が日本を「最も近い友人でパートナーだ」などと述べたとされているのとは対照的です。

さらには、菅総理は会談で、「旧朝鮮半島出身労働者問題」(※自称元徴用工問題のこと)の問題などを例に挙げ、「非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはならない」とは述べたそうですが、これが文在寅氏に伝わっているかは怪しいものです。

いずれにせよ、少なくとも日本政府側の発表などを見る限り、少なくとも菅総理の側が文在寅氏を「信頼している」と述べたという事実はありませんし、実際、菅総理が文在寅氏を「信頼している」ようには見えないのです。

存在しない規制をどうやって撤回するのですか?

そのうえで、「日本は輸出規制を撤回せよ」のくだりについては、事実誤認を通り越して、意味不明ですらあります。日本が韓国に輸出「規制」を適用した事実は存在しないからです。

もっとも、日本政府の対韓輸出管理の運用変更を、韓国政府自身が「WTO協定に違反する輸出規制措置」などと騙っているくらいですから、韓国メディアがこぞってこれを「輸出規制」、「輸出制限」などと偽って報じ続けていても、不思議はありません。

今回紹介している中央日報の記事を含め、韓国国内では、この輸出「規制」は自称元徴用工判決問題に対する日本政府の意趣返しだと位置づけているのですが、この時点でまったくお話にならないと言わざるを得ません。

日本は「対韓輸出『規制』を撤回」するどころか、『「千人計画」阻止?やっと技術管理強化に乗り出す日本』や『対韓輸出管理適正化措置、「日韓特許権戦争」に発展へ』などでも示したとおり、当ウェブサイトの予測だと、今後、輸出管理そのものをさらに厳格化すると考えてよさそうです。

また、自称元徴用工判決問題自体、韓国の裁判所が下した判決が結果的に国際条約に違反しているという状態を作り出したという点に加え、韓国政府が「三権分立」を騙り、この状況を積極的に放置している点にも大きな問題があります。

当たり前ですが、「三権分立」だったら国際法に違反する状態を作り出して良いという話ではありません。

この点、わが国でも一部の自称弁護士らは、自身のブログサイト等を通じて「韓国の国内法では国際条約と国内法は同等と位置付けられている。だからこの『強制徴用判決』にも問題はない」などと杜撰な主張をしているケースもあるようです。

しかし、この手の屁理屈が韓国国内で通じたとしても、国際社会で通じるかどうかは別問題ですし、実務上、韓国国内の判決を日本国内の企業に強制することはできません。

だいいち、「ある日突然、わけのわからない歴史問題で訴えられ、その国にある資産を凍結される」という事例が頻発したら、まともな企業ならばそんな国を相手にするはずなどありません。カントリーリスクが大きすぎるからです。

したがって、現在のような自称元徴用工判決を放置しているという状況が続くだけで、日本企業の投資マインドにはかなりのマイナス影響を与えている可能性は否定できないでしょう(※ただし、直接投資統計上、もともと日本企業の対韓直接投資は少なく、これがとくに減ったという兆候は確認できませんが…)。

ビジネストラック

韓国「のみ」特別扱い、ではない!

では、そもそも論として、10月8日に導入された日韓間の「特別な入国手続」とやらは、いったいどういうものなのでしょうか。

ここでは外務省のウェブサイトをもとに、正確な事実関係を確認しておきましょう。

まずは、10月9日付で更新された『国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について』というページによると、次のように書かれています(表現については若干読みやすく修正しています)。

利用可能なスキーム
  • ①ビジネストラック…「活動計画書」の提出などの条件を満たした場合に、入国後は行動制限が一部緩和され、14日間の待機などが免除され、行動範囲を限定したかたちでビジネス活動が可能となるスキーム(公共交通機関等の使用は禁止)。おもに短期出張者用。
  • ②レジデンストラック…ビジネストラックと異なり、自宅などに14日間待機することが要求されるスキーム。おもに駐在員の派遣・交代など、長期滞在者用。
対象国
  • ①ビジネストラック…シンガポール(9月18日に開始済み)、韓国(10月8日以降)
  • ②レジデンストラック…タイ・ベトナム(7月29日に開始済み)、マレーシア・カンボジア・ラオス・ミャンマー・台湾(9月8日に開始済み)、シンガポール(9月30日に開始済み)、ブルネイ・韓国(10月8日以降)

この点、ビジネストラック、レジデンストラックは、基本的には同じ条件で、あくまでも双方向に適用されるものです。当然のことながら、感染症拡大防止とビジネス上の往来の正常化という2つの目的を両立するためのものであり、特定国を特別扱いしたものではありません。

そして、今回の措置は韓国「のみ」を対象にしたものではなく、あくまでも感染症の状況などを見ながら、わが国と相手国がお互いに導入している措置のひとつが、韓国との間でも適用されたにすぎません。その意味で、韓国「のみ」を特別扱いしたものではないのです。

韓国は、これに耐えられるのでしょうか?

では、韓経の社説に触れられていた「ビジネストラック」、韓経では「両国の今回の協力的な措置を歓迎する」などと絶賛しているようですが、果たして韓国に対する「優遇措置」と呼んでよいのでしょうか。

外務省が10月9日付で公表した『国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(韓国・ビジネストラック及びレジデンストラック)』というページに、その手続の詳細が掲載されていました。冒頭の図表がわかりやすいでしょう(図表)。

図表 外務省ウェブサイトに掲載されていた図表

(【出所】10月9日付・外務省『国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(韓国・ビジネストラック及びレジデンストラック)』)

ここで「わかりやすい」と申し上げたのは、「手続がわかりやすい」、という意味ではありません。「手続が非常にややこしくてわかり辛い」、ということが「わかりやすい」、という意味です(※というよりも、不肖、著者などは目が悪く、こんなに細かい図表を見せられても困惑するばかりです)。

ごく大ざっぱにいえば、たとえば韓国のビジネスマンが「ビジネストラック」を使って日本に入国しようとすれば、次のような手続が必要だ、ということです。

ビジネストラック(韓国人が韓国を出国し、日本に入国するまで)
  • ①日本大使館で誓約書・活動計画書の写しなどを提出したうえで入国ビザなどを申請する
  • ②出国前14日間の健康モニタリング
  • ③出国前72時間以内の新型コロナウィルス検査証明の取得
  • ④民間医療保険(旅行者保険等)への加入
  • ⑤日本到着後、空港で新型コロナウィルス感染症の検査
  • ⑥質問票、誓約書、奔放活動計画書、検査証明の提出
  • ⑦接触確認アプリの導入など
  • ⑧日本入国後は14日間の公共交通機関不使用/活動計画書に基づき、14日間は滞在先と用務先の往復等に限定/14日間の健康フォローアップ、位置情報の保存
  • ⑨帰国前に在京韓国大使館・領事館にて隔離免除書の受領、出国前72時間以内にPCR検査証明の取得等(※以下略)

なんだか、大変ですね。

このビジネストラックで入国するためには、誓約書や活動計画書は日本側の受入企業・団体が発行しなければなりません。ということは、日本国内の企業・団体などから呼ばれてもいないのに出かけるということはできないのです。

しかも、このビジネストラックで入国した人物は、スマートフォンに位置情報アプリをインストールしなければならず、LINEアプリを通じた健康フォローアップに対し毎日連絡をしなければならず、それを怠ると制約違反とみなされます。酒癖の悪い人の場合、おちおち飲み歩くこともできないかもしれませんね。

さらに、誓約書に違反した場合には、その受入企業・団体は、関係当局により名称を公表される可能性があるだけでなく、今後当該企業・団体の招聘する者に対し、本スキームに基づく本邦入国が認められない可能性もあるという、非常に厳しいペナルティも待っています。

正直、「優遇措置」であることは確かですが、この優遇措置を受けるためのハードルは、それなりに高いように思えてならないのです。

日韓は「特別な関係」ではなくなった

さて、ビジネストラックを使って日本に入国することができる韓国人がどれほどいるのかはよくわかりませんが、ひとつ明らかなことがあるとすれば、先ほども述べたとおり、今回のビジネストラックやレジデンストラックは、べつに韓国「のみ」に対する優遇措置ではない、という事実です。

ビジネストラックに関しては、たしかに適用されているのは2ヵ国のみですが、韓国に先行してシンガポールが9月18日時点で開始済みであり、さらにレジデンストラックに関しては、韓国に先立ち、すでに8ヵ国とのあいだで開始済みです。

依然として、韓国国民に対する「短期滞在ビザ免除措置」については停止されたままです(※ただし、これも韓国「のみ」に対する措置ではなく、世界の多くの国に対して同様に適用されています)し、ビジネストラックの利用には日本への入国ビザが必要です。

すくなくとも「日本の家庭から金目の物を盗む」、「靖国神社のトイレを爆破する」などの目的で犯罪者が入国する可能性は明らかに減りましたし、正規のビジネストラックを使って入国する場合には、厳しい行動制限が課せられるという点については注意が必要でしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なにより、今回のビジネストラックは、武漢コロナウィルス問題にともなう入国制限の例外として設けられたものであり、以前からの日韓問題(たとえば自称元徴用工問題、輸出管理物資横流し疑惑、レーダー照射事件など)とは「別次元」の措置です。

韓経がこのビジネストラックを契機に「韓日両国政府が韓日関係を改善させよ」、などと吠えたところで、結局のところ、韓国が日本に対して行っている加害行為の数々の問題を解決しないかぎりは、日本政府の側にできることには限界があると言わざるを得ません。

その意味では、この手のまことにご都合主義の主張が韓国メディアから出てくるたびに、当ウェブサイトなども逐一、可能な限りツッコミを入れておくことが大事だと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    特に韓国からの入国者について、アプリ(GPS)を付けて置くのは、良い事ですね。母国でも慣れている事でしょうし、文句を言う事は出来ないでしょう(がそのうち文句を言うでしょう)。
    日本国内に韓国人犯罪者が、多い事は韓国政府も把握していますが、収監されている韓国人の人権擁護の為に調査している感じで、盗っ人猛々しい話です。
    また「日本の刑務所に収監された韓国人犯罪者の約30%が麻薬関連容疑だということだ。 」という事で、犯罪の程度も悪いです。
    デイリー新潮
    日本の輸出規制は「迷惑」、日本に収監された韓国人問題に「謝罪」しない文大統領の不実
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a626ca1eff0402bd35df68690b76e9e60ddf1091

    また、先週のプライムニュースで黒田氏は、日韓関係を改善する必要があるとの見解でした。
    方法は「日本が輸入管理を元通りにする代わりに、韓国が徴用工問題を解決する」と言った感じで、お話になりませんでした。

    1. ななこ より:

      立憲民主党の国会議員達は、全国の刑務所を視察という目的で訪問し、収監されている韓国人たちの処遇改善のパワハラ的圧力をかけ、韓国人受刑者対応の経費が無駄に増加しております。

      1. だんな より:

        ななこさま
        面白い情報ですね。
        具体的に情報ソースを教えて貰えませんでしょうか。

        1. 小川敏夫 – Wikipedia ですが
          https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%95%8F%E5%A4%AB
          2011年6月3日、法務副大臣として全国刑務所作業製品展を視察
          慰安婦問題
          2007年3月5日、参議院予算委員会で合衆国下院で決議された121号決議に異議を唱える安倍晋三総理大臣に対して、「謝らなければいけない立場なのに 『(慰安婦の)証言は事実無根』と言っても国際世論は賛同しない」と批判した

          永住外国人への地方選挙権付与推進
          2009年11月26日に衆議院第1議員会館で、在日本大韓民国青年会や在日本大韓民国民団が主催する「永住外国人の地方参政権法案の早期立法化を求める11・26緊急院内集会」に末松義規・渡辺浩一郎・手塚仁雄・初鹿明博・白眞勲・近藤正道・魚住裕一郎・鰐淵洋子・笠井亮と共に参加し、在日外国人の参政権法案を早期に成立させる決意表明

          所属団体・議員連盟
          日韓議員連盟
          北京オリンピックを支援する議員の会(顧問)
          在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟

  2. れんげ草 より:

    >韓日両国は過去の問題で対立してきたが、地政学的な運命を共有しているため安保レベルでも協力が避けられないし、経済分野での相互依存度が高く、生活慣習や文化レベルでも切り離せない関係にある

    地政学的な運命を共有? → 貴国の場合それは中国とですよね!
    安保レベルでも協力が避けられない? → 三不の誓いがある以上何ともなりませんし現に貴国は中国包囲網に協力しようとしていませんよね!
    経済分野での相互依存度が高く? → 我が国の貴国への経済分野の依存度は高くありません!我が国が経済分野での依存度が高いのは中国であり是正を急ぐ必要には迫られています。
    生活慣習や文化レベルでも切り離せない関係にある? → 我が国と貴国とでは食文化!においても大きく異なっております。またオールドメディアがゴリ押しする韓流ドラマやK-POPなども一部の無垢な国民が知らずに熱狂しているようですが別に無くても困る程のことはありません。ですので切り離せます!生活慣習?今のご時世、世界中どこでも似てるでしょ!

    全ての認識が間違いですよー!…と何方か伝えておくんなまし!

  3. 匿名希望の平民 より:

     韓国の日本に対するツートラックとは、とどのつまり
    「韓国にとって都合のいいものは積極的に動くが、都合の悪いことは反日を
    理由に拒否する。また、同時に捏造した歴史問題では、日本を貶めながら、日本から謝罪とカネを奪い取ろう」
    というもので、
    そんな図々しい話に日本が応じるわけにはいかない!
     韓国という国は、本当に本当にズルい国だ。
    「話のすり替え」「論点のすり替え」という詐欺テクニツクを巧みに使い
    日本人を騙そうとしてくる。
     例えば、日韓スワップも釜山の日本総領事前に慰安婦像を設置したことで中止になった。
    日本はウィーン条約の遵守を求めたのに、韓国はそれを無視して
    「日本がスワップを必要だと言い出さないから止めるニダ」と話を
    すり替えてきたのがそうだ。
     レーダー照射事件でも、日本側は、攻撃用のレーダーを照射することは
    突発的な軍事衝突を誘発するからなんとかしろと注意勧告をしたのに対し
    韓国側は、レーダー照射のことは無視し、「日本側が低空飛行で威嚇してきたニダ!」
    「日本は、ウリたちに謝罪と賠償をするニダ!」と、論点をすり替えてきた。
     ホワイトの排除についても、日本は韓国に対して輸出管理を厳正に行うとし、
    その第一段階として韓国が3年に渡って開催を拒否していた日韓協議を、
    韓国は最初だけ嫌々応じてきたが、ホワイト復帰がすぐに果たせないとわかった途端、
    協議をこれまた中断し、その挙句にWTO違反だとか、日本を提訴してきたことには
    国家として、よくこんなことができるもんだと、とても驚いた。
    他にも似たようなケースはいくつもある。
     とにかく、その場その場でコロコロ言うことが変わる文在寅政権など
    とてもとても信用できるものではない。
     本当に、超汚染人たちのことを知れば知れるほど、頭にきます。

  4. はにわファクトリー より:

    「民間医療保険(旅行者保険等)への加入」に当方は注目しました。医療費踏み倒し=医療ツーリズム、は許さんと地味に言ってますね。

  5. たけ より:

    十分すぎるほどに特別扱いしてますね。
    だって、まだビジネスの限定渡来すら許可しない国も多いですし。
    自称徴用工問題の未解決を理由に国交を断ることも十分できたはずなのに、しない。
    だから日韓はまだまだ特別な関係が残ってます。
    もしくは日本がアマ過ぎる。

  6. ボーンズ より:

    外務省様、良い仕事しております。
    目的外行動の防止など各種対策が入っており、また受入企業側の責任に
    なるなど、ポイントをしっかり押さえております。

    日韓関係について日本側から見たら、悪い情報は増えるけど良い情報は
    無い状態が継続しているので、離韓の方向は全く変わりませんね。
    韓国政府とその取り巻きのセコさが光ります。

  7. イーシャ より:

    出入国管理及び難民認定法第五条 2 (第五条の二のひとつ上にあるやつ)を適用して、朝鮮人の入国を拒否して欲しいものです。
    「2 法務大臣は、本邦に上陸しようとする外国人が前項各号のいずれにも該当しない場合でも、その者の国籍又は市民権の属する国が同項各号以外の事由により日本人の上陸を拒否するときは、同一の事由により当該外国人の上陸を拒否することができる。」
    だって、日本が防疫上の理由で入国禁止にしたとき、下朝鮮は報復として日本人だけ入国禁止にしたでしょ。

  8. かえる より:

    受け入れ側も、滞在期間中の管理負担、ペナルティを伴う管理責任が発生するようなので、まともな日本企業は韓国人のビジネストラックとかやらにホイホイ手を貸すことはないでしょう。おそらく必要最低限になると思います。ただし在日同胞が経営する会社など、なにをしでかすかわからない。ビジネスの名目で親族や友人、下手したら手数料を取って赤の他人の入国に手を貸すこともやりかねない。社名の公表など、彼らには屁でもないでしょう。まずいと思ったらお得意の差別被害者のコスプレを始めれば良いのですから。外務省には、日本での受け入れ先の審査もしっかりやっていただきたいと願っています。

    1. 福岡在住者 より:

      かえる様

      同じようなことを予想していました。
      ソープランドやデリヘルを経営している企業が、それとは違う分野(系列内の別会社)で おねーさん方を採用し風俗店で大活躍(笑)!

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    相変わらず韓国は自己中な国ですね。主張自体、極めて自分勝手でご都合主義的です。それに、日本もまた、甘い顔をしだした。何故、シンガポールの次が韓国なんですか?少なくとも年内は無いと思っていたのに(笑)。

    日本は韓国のやり口はイヤと言うほど、煮え湯を飲まされています。韓国経済新聞の言う「日本は輸出規制を撤回すべきだし、韓国も徴用勤労者賠償判決を政治的解決を模索すべきだろう。」要らないって!お断り。

    韓国は愚民向け人気取りで、日本企業の財産を現金化せよ。そしたら即時、国際法を捻り潰す韓国に制裁を与えるだけだ。

    妄想の酷い韓国には、輸出管理そのものをさらに厳格化した方が良さそうです。日本をいくら苛立たせても、道徳的に上位の韓国に譲歩すべきだと思っているのか、まったく付き合いを断って結構です。民間交流、特に旅行者は、「短期滞在ビザ免除措置」を停止したままにして下さい。清々する(笑)。

  10. その辺のひと より:

    私は個人的に韓国の存在を、いち日本人としてありがたく思っている。こんなとんでもない国が隣にあることで、日本は鍛えられ、外交力は向上し、どんな国とも渡り合っていく能力を身に付けて来ているではないか…もしヤクざな隣国がなかったら、今頃弱小国からも国際社会でカモられるマゾ国家に成り下がるとことだった。韓国は日本国だけではなく日本人のバージョンアップにも貢献していると思う。

    1. その辺のひと 様へ
      残念ながら、鍛えられていないからの、現状です。
      特亜3国への対応は異常です。

      アフリカによく出かける千原誠二さんは一番お金を出しているのに、
      日本の搭乗口は一番端、日本人と特亜3国への販売時の値段の違い。

      誰だったか、忘れましたが、国際的な機関で担当者は特亜3国の異常さを知っており、
      担当者は逆に、クレームや対応をしない日本の政府機関がおかしいと言っていたとの事です。

      また、特亜3国の日本への行動は日本人は慣れているのですが、
      他の国の人から見れば、日本の対応は異常でしかないそうです。

      せっかくの機会を活かし、単なる隣の迷惑な隣人の対応にすべきです。

  11. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます

    他者を騙して成功することを社会的に称賛に値するか?

    日本人は表向きは称賛することはないですが、韓国人は愚か者を騙して成功することは称賛するべきことです(笑)
    マスゴミだろうが国家の司法機関だろうが変わりません。

    日本人を騙して戦略物資を横流しして儲け、日本が世界中から制裁を受けて戦略物資を製造する企業を格安で買い取りできることならば、ウリが成功して愚か者のナムが破滅する正に称賛するべきことではないでしょうか。

    ヒト、モノ、カネ、情報、信用が循環することで社会が発展する現代において彼らの行動様式を容認して韓国の旧宗主国と見なされて彼らを存在させることは日本が世界中に犯している「重大な犯罪」ではないでしょうか。

    今の日本がどう言っても実際には韓国に対して日本は「保証人」と世界中は見なしています。
    IMF管理下に入った時の日本の行動や野田スワップの前例から次回の韓国の破綻「も」日本が身を切って尻拭いさせられます。植民地統治した国家の宿命ですね(笑)。

    日本は朝鮮半島への「真の」責任を旧宗主国としてどう取るか検討するべきではないでしょうか。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. くろくま より:

      失礼ですが、あなたがおっしゃる「植民地」という概念がわかりませんね。日本は、歴史上欧米のような「搾取するための植民地」を持ったことは一度もありませんよ。

    2. だんな より:

      くろくまさま
      併合と植民地の話は、NHKでも植民地を使ってますのて、そちらの方からクレームした方が良いと思います。

      パーヨクの工作員さま
      今の日本がどう言っても実際には韓国に対して日本は「保証人」と世界中は見なしています。
      >10年位前の感覚のように思います。
      昔は、円とウォンの動きはパラレルでしたが、最近のウォンは人民元とパラレルになっている様に思います。
      昨年のG20でも、首脳会談は行われておらず、G20首脳は、日韓が上手く行っていないという認識が、有ると思います。
      経済的にも外交的にも、日本が韓国の絶対的な保障人だとは、考えていないと思います。
      私が思うには、保障人はアメリカで、日本が代行させられている面が有ると、理解されているんじゃないかな。
      パーヨクの工作員さんは
      「日本は朝鮮半島への「真の」責任を旧宗主国としてどう取るか検討するべきではないでしょうか。」
      について、具体的なアイデアが、有るんでしょうか?
      世界に向かって「日本は、韓国の保障人ではありません」と言う訳にも、いかないでしょう。

    3. パーヨクのエ作員 より:

      くろくま様
      だんな様

      当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

      お二方共に当方が期待する部分にコメントを賜ったので本日夜間に雑談スレにてコメントの返信を行いたいと考えています。お昼はコメント難しいのです(笑)。

      お二方から指摘の点に関しては「その通り」と承知の上で当方がそれを踏まえて何故このような駄文を書いたかをネタにしたいと考えています。

      後は具体策も「難易度Very Hard (笑)」を承知の上で触れて行きたいです。多分内容的にここのトピックから外れると考えています。

      以上です。駄文失礼しました。

  12. 七味 より:

    奔放活動計画って、夜の活動計画とかのことかな ꉂꉂ(๑˃ ꇴ ˂๑)

    1. 新宿会計士 より:

      七味 様

      いつもコメントありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございました。修正します。
      引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

    2. だんな より:

      七味さま
      奔放ならば、夜に限った話では無いと思いま〜す(^^)/

      1. 七味 より:

        だんな様

        >夜に限った話では無い
        お仕事終わったあと、お酒飲んだりとか、そういう計画を立てるのかなって思ったのです♪
        別に、いかがわしいことする計画って意味じゃ無かったのです♪
        ホントですよ (ノ∀\* )

        ほら、好きな人って、1軒で終わらずに、2軒、3軒ってハシゴするじゃないですか・・・・・

        オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

        1. だんな より:

          七味さま
          奔放なのは、間違えた新宿会計士さんかも知れないのです♪
          因みに人から聞いた話では、いかがわしいのが好きな人も、ハシゴするらしいです。
          あくまでも、人から聞いた話です。

          1. 七味 より:

            だんな様

            >奔放なのは、間違えた新宿会計士さんかも知れないのです♪

            そうですよね♪新宿会計士様が奔放なんですよね♪
            ٩(ˊᗜˋ*)وソウダソウダ!!

            いかがわしいとこ行っちゃ、ダメですよ (`・д・)σ メッ!

      2. 奔放活動計画
        K国以外での自発的な慰安婦活動
        渡航制限が解除されれば、当然計画しなくても、自発的に活発に活動sます。

  13. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分は間違う存在であると自覚しているので)
     韓国のメディアが、勝手に自分の願望を書くのは止められないのでは。もっとも、日本マスゴミ村も、自身の願望を書いていますが。
     蛇足ですが、報道機関と名乗るからには、願望と事実を区別して書いてもらいたいものです。
     駄文にて失礼しました。

    1. より:

      > 願望と事実を区別して書いてもらいたい
      韓国人にそれを要求するのは、ミミズに空を飛べというよりも遥かに過酷なことです。無いものねだりはやめておきましょう。

      1. 引きこもり中年 より:

         龍様へ
         韓国人だけでなく、一部の日本メディア(あるいは、その代理人)にも、過酷なことではないでしょうか。
         

      2. 七味 より:

        龍様

        みみずだって空を飛べるそうなのです♪

        韓国人だって、やればできると思うのです♪

        ソースなのです♪

        https://ameblo.jp/hideep-impact/entry-10498661048.html

  14. たい より:

    これは比較的コロナの感染がマシな状態にあるアジアの国だけは、厳格な手続きに則った上でならビジネス上の交流をしてもいいですよというものですよね。

    コロナの話であって日韓関係とは関係あらへんでー。
    相変わらず違う話をまぜまぜしますねー。

  15. より:

    相も変わらず壊れた蓄音器のように寝言を垂れ流しているだけなので、取り合う価値などありません。「あんたバカァ?」の一言で十分です。

    一億歩譲って、輸出「規制」が徴用工問題への「報復」だったとしましょう。ならば、徴用工問題を解決すれば、自動的に「報復」措置だって解除されるはずです。そこに触れることもなく「報復」の解除だけ叫ぶのは、自家撞着もいいところと言わなければなりません。
    ……なぁ~んて、韓国人に論理的思考を期待する方がそもそも根本的に間違いなので、もっと単純に、「なぜ君たちは報復されているの?」と訊いてみればよろしい。おそらく、それでも韓国人は理解できないでしょうが。

    1. だんな より:

      龍さま
      朝鮮人の考えは、
      「日本は、殴り続けられなければならないから」
      「日本は、殴り返しては、いけないから」
      でしょう。

      1. より:

        それにもかかわらず「日本が殴り返してきた」と思い込んでるからこそ、あれだけキャンキャンほえるんでしょう。
        実際には、まだ殴り返すどころか、拳をチラ見せしただけなんですがね。さて、そろそろ棒を用意しておきましょうか、樫で作ったゴツイ奴を。棒子には棒がお似合いです。

          1. より:

            イラクサの鞭も可。

          2. カズ より:

            樹液たっぷりのウルシ・・。

  16. 名無しのPCパーツ より:

    手順を守らないで国外退去を食らって「差別だ!」と騒ぐところまでは見えた。
    それを想定して対策立てるのが重要。
    特に日本のマスコミに対して。

  17. 七味 より:

    前提がおかしかったりしてアレな感じだけど、最後の
    >韓国政府は過去にも事例があったように特別法制定に基づく政治的・行政的な解決法も共に模索し、日本の退路を用意すべきだろう。
    ってとこは、謝罪が前提とか気持ち悪い事書いてないし、少しは学習したのかな?って思うのです♪

    もっとも、具体的な方策はないし、いまだに「共に模索」なんて書いてて自分で解決しなきゃなんないことを理解してないから、及第点には程遠いんだけど・・・・

  18. ケロお より:

    『「覆面パンツマン」とは美少年勇者の成れの果てなのか』を深堀りしてしまったので、簡潔に。

    日本と同程度の流行状況なら、入国を禁止する特段の理由はありません。しかし、韓国人はインチキには特に頭が回りますから、LINE連絡をホテルにスマホを置いたまま飲みに出るくらいのことはやりそうですね。

  19. 自転車の修理ばかりしている より:

    韓国側としては日本と「都合の良い」関係を修復したいのでしょうが、それは日本にとっても同じです。韓国は日本にとって「都合の良い」存在であればいいのです。
    その一つが、日本に先んじて種々雑多な失敗を繰り返し、他山の石となることです。滅亡までは求めません。ボロボロになって惨状をさらし、日本の教訓となってくれれば、それで十分です。見えればよい、聞こえればよい、でも近づかないでほしい、触らないでほしい。

    もう一つ、私は近い将来に北の内部事情による崩壊か、南の外部事情による崩壊か、その複合事象が発生するのではないかと危惧しています。その時に発生する難民、これは是非とも中国に流れていただきたい。日本に絶対に来てほしくはない。そのためには、韓国人が渡日して土地勘を養うのは困るのです。日本とは疎遠に、中国とは緊密に関係を保ち、「逃げるなら中国に」と思うようになってください。

    1. だんな より:

      自転車の修理をしているさま
      中国嫌いの韓国人は75%で、増加しています。
      https://news.yahoo.co.jp/articles/69dddc3e7720e00de982069ef280576801799951
      多分ですが、中国好きの韓国人にとっては住みやすい国になって、中国嫌いの韓国人が逃げ出すように思います。対策が必要です。

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        もう一点、心配なのは、在日韓国人・朝鮮人の存在です。彼らが、言うならば難民の橋頭保として機能してしまうことを懼れます。これは彼らが善人である/悪人であることを問いません。マスとして日本にそういう集団が在ること自体が、難民を呼び込むリスクなのです。

        彼らのその中途半端なスタンスを容認してきた日本の特別永住権なるものが、問題の温床です。既得権に固執するのが韓国/韓国人の持病であることは承知していますが、いつか大鉈を振るわねばならない筈です。対韓・対朝意識で日本の輿論の冷えた今こそが、蛮勇を振るうチャンスだと考えます。

    2. めがねのおやじ より:

      自転車の修理ばかりしている様

      「その時に発生する難民、これは是非とも中国に流れていただきたい。日本に絶対に来てほしくはない。」私も同意見です。

      朝鮮半島が崩壊、混乱すれば中国は国境警備・治安維持とばかりに、半島を蹂躙する可能性があります。また中国へ逃げ込む朝鮮人も多数居るでしょうが、射殺・虐殺されるか、獣扱いで足を繋がれて檻に入れられるでしょう。

      その時、日本を目指す者も出てくるでしょうが、「日本が救出しよう」「暖かく迎え入れよう」「自衛隊を出動させるな」というマスコミ、ジャーナリスト、野党反日勢力が結集します(学術会議も 笑)。

      日本は半島人に戦後75年も(厳密にはここ30年ほどが特にキツイですが)謝罪を求め続けられてます。道徳的に自分らが上だと(嘲笑)。絶対に付け入る隙を見せてはいけないです。関わらないのが一番。

      【韓国人朝鮮人が安全な避難地として日本を目指す、或いは第3国への中継地に考えても一切、受け入れてはいけない】

       在韓邦人救出後は、航空路、航路の遮断をする。小舟で渡って来る不法侵入者には戻らせる。救出する義務はありません。北陸沖~山陰沖~対馬~玄界灘~長崎沖~沖縄諸島まで海自と海上保安庁、海と空で不審船が入らぬ様、厳重な監視を行うべきです。

      当然威嚇発砲はあるでしょう。危険が我が方に迫れば、実力行使もある。もちろん、海・空・海兵隊の米軍には協力させます(してもらうではなく)。

      私は「人道的な支援」とは普段から最低限、日本国を敵視したり、他国に嘘を言い回らず、救助されたら感謝の気持ちを表す国でないと、日本政府が逆に国民から非難を受ける事になると思います。

      最終的に関わる事になっても、当たらず触らず、対中が正面敵である事を忘れないようにして欲しいです。

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        日本の判断の参考となるのが、難民を受け入れた欧州の状況だと思うのですが、どうもそのあたりを冷静に報道してくれるジャーナリストの方は多くないようです。大量難民の流入により欧州にどんな問題が発生したのか、ジャーナリストはそこを理性によって公平に報道するべきだと思うのですが、どうもそれは人道的に「不都合な真実」であるらしく、「可哀想な子供」の写真など情感に訴える報道が、当時目立ちました。

        一時の雰囲気に流される安易な同情は、必ずその後の軋轢を生み、お互いにとっての悲劇に繋がるものです。一時のセンチメンタリズムにより招く結果は、冷たいロジックによってもたらされる判断より、結果的にもっとむごいものになりかねません。

        …なんて主張すると、意識高い系の人々が大喜びで「ネトウヨ」のレッテルを張ってくるんでしょうねぇ。

        1. めがねのおやじ より:

          自転車の修理ばかりしている様

          ハイ。「不都合な真実」「可哀想な子供」にはどんな話し方をしても勝てません(説得出来ません)。情を出されると正しい事も引っ込めるしか無いんですね。

          日本が欧州のようにならない為にも、敷居は高めに設定しておく必要があります。フランクでオープンで親しみ易い国民だけど、踏み台にしようとか、一時の雨宿りで悪用されては困ります。

          本当に理解して貰える方だけが帰化なりできるシステムが必要ですね。半島人には無理ですが(笑)。

        2. より:

          価値観の全く違う人たちを10万人、100万人単位で受け入れたらどうなるか、さすがは先進国たる西ヨーロッパ諸国、自ら壮大な社会実験に臨み、そして立派に自爆しました。実は、ヨーロッパにおける難民受け入れの問題は、けして今世紀にはいってからのものではなく、もっと以前からの問題で、2010年前後からの爆発的な難民の増加により、問題の顕在化、深刻化が進んだものだったのです。

          ダグラス・マレー「西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム」
          2018年に訳書が出たこの本は、この問題を考える上で必読と言って良い本だと思います。戦後、移民・難民受け入れ政策がどのように推進されたのか、そして難民の大量流入という事態を受けて、ヨーロッパ社会に何が起こったのかなどが、各国の状況も含め、かなり詳細に記述されています。
          さらにもう一冊。
          川口・マーン・恵美「移民 難民 ドイツ・ヨーロッパの現実2011-2019 世界一安全で親切な国日本がEUの轍を踏まないために」
          ドイツ在住の著者が、難民大量受け入れを行ったヨーロッパで何が起きたのか、ドイツの状況を中心に記述したもので、特にドイツの状況は現地報告であり、かなり生々しいものになっています。

          この2冊の報告内容を100%額面通りには受け止めないとしても、ヨーロッパ各国の人道主義的配慮に基づく政策が齎した結果は、悲惨というか、無慚というか、ほとんどの人を幸福にしないものでした。
          詰まるところ、これらの報告はリベラリズムの限界、あるいは欺瞞を、とても残酷な形で示したということになります。ほとんどの日本人ジャーナリストがこの問題に触れないのは、「リベラリズムの限界」から目を背けたい、あるいはどう向き合っていいのかわからないということなのだろうと思います。

          ただ、難民の問題は難しいです。洋上に溢れかえる難民を放置し、海に沈んでいくのを座視することが「正しい」とは思えません。しかし、その一方で、既存の社会や価値観を壊してまで難民を救う、受け入れるのは、到底容認できません。
          朝鮮半島動乱、中国崩壊など、現時点ではそれほど発生確率は高くないかもしれないけど、100万人、1000万人単位での難民が発生しかねない状況が、日本周辺にも存在します。いざその時にどうすべきか、検討を進めておくべきだろうと思います。おそらく、どう対処しても、後味の悪いものにしかならないような気もしますが。

        3. はにわファクトリー より:

          >さすがは先進国たる西ヨーロッパ諸国、自ら壮大な社会実験に臨み、そして立派に自爆しました

          当方はアンゲラ・メルケル女史が今もドイツ首相の座にいることが不思議でしょうがありません。欧州の混乱混沌はほとんど彼女の単独逸走により引き起こされたようにしか思えなかったからです。民主主義を語るなら手続き一切をバイパスした行為はいったいあれはなんだったのか。人道措置の美名で覆い隠して果たしていいのでしょうか。

    3. 誤星紅旗 より:

      ・武力攻撃事態における捕虜等の取扱いに関する法律(平成十六年法律第百十七号)

      ・捕虜収容所処遇規則
      (平成十七年内閣府令第十号)

      押し寄せる難民への対象について、
      国も最低限の備えはしているのかと。
      小泉内閣の頃に成立させていたのですね。

  20. 簿記3級 より:

    トラック、トラック五月蠅い国ですね。。うるせえトラック野郎!ちゃんと列に並べ!皆ちゃんと並んでいるだよ!お前だけ特別にしちゃ並んでいる奴に示しがつかねえしお前を優遇しても意味がねえんだよと言いたくなります。やはり窓口にはヤクザみたいな男か手玉に取れる頭のいいお姉さんでなくてはなりません。

  21. 元マスコミ関係の匿名 より:

    >日本側では韓流ドラマが爆発的な人気を呼んでいる

    情けないこと・・・だと思いませんか。

    1. 奇跡の弾丸 より:

      元マスコミ関係の匿名様

      情けないことだとは思いますが、良いものは良いといえる日本人を私は好きですよ。

      日本でいいものが、なぜ出来ないか?
      私はデフレのせいだと思っています。
      その答えは、新宿会計士様が示しているではないですか。

      台湾にしてもクワッドにしても日本には価値のある友人も多いです。

      今、世界が、日本が変わる大チャンスだと思います。
      誇りをもって、どんどん声を上げて頑張っていきましょ。

  22. カズ より:

    韓国に対して2015年の慰安婦合意で不本意ながらも対外的に「建前としての禊ぎ」を果たしたあとの日本は、一貫して法治に基づき「ただの隣国」としての対峙を続けている。

    不法行為には注文をつけ、理不尽な要求には応じてないだけなんですけどね。

    韓国は情治に基づく法恥を実行・・敵対行為nida!
    日本は法治に基づく放置を実行・・付き合えない!

    「(防疫上の理由でない)入国制限の相互主義」さえ回避しっちゃってるのは、泥仕合に持込みたい韓国の意図を深く理解してのことなのかと・・。

    助けない。教えない。関わらない。
    ↑いい言葉ですね。

    社会の歴史問題は終わった。残るは地理と公民。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      >残るは地理と公民。
      解決は物理?

      1. カズ より:

        自転車の修理ばかりしている様

        >解決は物理?
        朝鮮半島は表裏一体の永久磁石「NとS」
        日本は自身で調整可能な電磁石「NかS」(なりつつある?)

        日本は、やっとこさ「変ることのない相手」からの影響力を無効化し、自身の都合で距離感をコントロールできつつあるのかと・・。

        地理と公民の問題には「一発二錠」のような解釈の余地はないのだと思います。あ、もちろん介錯の余地さえもです・・。
        m(_ _)m

        *返信ありがとうございました。

  23. めたぼーん より:

    日本から韓国を見ると、約束は反故にする確率の高さと論点すり替え、責任転嫁をほぼしてくると言う点は信頼できるところかと思います。

  24. HNわすれた より:

    5チャンネルですが大阪都の投票で大阪に住んでるんだから投票させろと叫んでる在日4世がいるそうです。記事は同情的でした。
    馬鹿言うな、と投稿しようとしたのに拒絶されました。
    外国人参政権を推し進めてる国会議員どもがいるのですが、こいつらには投票しません。(どなたかがここで教えて下さってましたが)

  25. 門外漢 より:

    新宿会計士様へ
    奔放活動計画書はダメでしょう。朝鮮人ならあり得ると思いますがww

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。