韓国メディア「韓日関係の主導権は韓国側にある」

「後から後からキリがない」。最近、韓国メディアの報道を眺めていると、そう感じざるを得ません。当ウェブサイトでは『「安倍辞任で韓日関係は良くなる」は本当か?』で「予言」したとおり、韓国メディアから日々、「安倍総理が辞任すれば韓日関係が良くなる」、あるいは「安倍総理辞任を契機に韓日関係を好転させるべき」、などとする「妄言」のたぐいが量産されているのですが、そのなかでもとくに酷いと感じたのが、韓国メディア『朝鮮日報』に土曜日に掲載された『ポスト安倍の韓日関係、韓国が主導権を握ることができる』という寄稿文です。

韓国がどんどん遠ざかる…

韓国メディア「安倍辞任で韓日関係は良くなる」

安倍晋三総理大臣が辞任すると発表したのは先月28日のことですが、当ウェブサイトではその翌日の『「安倍辞任で韓日関係は良くなる」は本当か?』で、「きっと韓国メディアから『安倍辞任を契機に韓日関係を改善すべき』という主張が出てくるに違いない」、と申し上げました。

結論から言えば、この予想は大当たりどころか、ぞれをはるかに超える「斜め上」の言説がどんどんと出てきて、正直、個人的には困惑しているほどです。

たとえば、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には8月29日付で「病気で退く安倍首相には申し訳ないが、我々には良い機会だ」、「歴史問題を先送りにし、まずは経済関係を好転させよう」という記事が掲載されました(『中央日報コラム「安倍辞任で経済関係を好転させよう」』参照)。

また、同じく中央日報日本語版には8月31日付で、『安倍首相の辞任、韓日関係改善の変曲点にすべき』という事実誤認だらけの社説が掲載されています(『韓国の用日論の集大成:「安倍辞任を韓日改善契機に」』参照)。

ほかにも、当ウェブサイトでは取り上げ切れていませんが、日本語版を設けている韓国メディアに限っても、私たち日本国民が読めば不快感を覚えるような愚劣な記事がいくつも掲載されていました(というよりも、「途中からいちいち取り上げるのに疲れた」、という方が正確な言い方かもしれませんが…)。

そろそろ韓国を「諦める」とき

さて、あらためて述べるまでもありませんが、韓国は私たちの隣国です。隣国とは、可能ならば仲が良いに越したことがありません。また、韓国は少なくとも表面上は、「自由主義、民主主義、法治主義」など、日本とは基本的な価値を共有しているはずです。

しかし、当ウェブサイトの分析では、2012年8月の李明博(り・めいはく)元大統領による島根県竹島への上陸や天皇陛下(現在の上皇陛下)侮辱発言、野田佳彦前首相による親書を突っ返したことなどで、日本国民の対韓感情が急激に悪化しました。

さらには、その直後に日韓そろって政権交代が発生したものの、朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領は安倍晋三総理大臣からの日韓首脳会談の呼びかけをしばらく無視していましたし、その朴槿恵政権は猛烈な対中擦り寄り外交を展開しました。

さらには、2017年5月に文在寅(ぶん・ざいいん)政権が発足すると、2015年12月の慰安婦合意の外交交渉ににかかわる文書を勝手に公表してしまったり、日本の海自機に火器管制レーダーを照射したり、ウソをついて日本を貶めたりしたことで、韓国に呆れた日本人も多かったのではないでしょうか。

そして、「韓国が日本と基本的な価値を共有している」という認識自体、大きな誤りではないかと感じる事件が、日韓請求権協定違反の状態を発生させている、2018年10月と11月の自称元徴用工判決です。

というよりも、自称元徴用工判決自体よりも、「保守派」を含め、韓国国内からは「自称元徴用工判決問題を自分たちで解決しよう」とする主張がほとんど出てこない時点で、「日韓は価値を共有している」という認識すら怪しいといわざるを得ません。

それなのに、日韓関係を破壊しかねない行為を仕掛けた側が自分たちであることを棚に上げたまま、いけしゃあしゃあと「安倍(総理)の辞任で韓日関係改善!」などと主張する韓国メディアの報道を連日眺めていると、個人的には、「日本が韓国とともに手を取り合い、未来に向けて発展していける」という関係を築くのは、もう不可能だと思ってしまいます。

だいいち、日韓関係を破壊したことに対する責任感も見えず、病気で退任する安倍総理の「不幸を喜ぶ」かのごとき態度については、違和感どころか嫌悪感すら湧いてきます。厳しい言い方をすれば、個人的には「もう韓国との関係は『諦める』とき」ではないか、とすら思うほどです。

朝鮮日報「韓国が主導権握れる」

もっと凄い記事見つけた!

さて、私たち日本国民の多くが不快感を覚えるであろう記事が、韓国メディアには日々、これでもかというほど掲載されています。当ウェブサイトではもういちいち取り上げていませんが、それは、「いちいちすべてを相手にしていてはキリがない」からだと考えているからです。

しかし、それでもときどきは、この手の記事を取り上げなければならないこともあります。とくに、並み居る記事を上回るほど凄い主張を発見したときがそうです。本稿では、韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に土曜日に掲載された、こんな記事を紹介したいと思います。

【寄稿】ポスト安倍の韓日関係、韓国が主導権を握ることができる

―――2020/09/05 06:00付 朝鮮日報日本語版より

(※当ウェブサイトの方針として、基本的に外部記事はリンクと最低限の引用に留めることにしております。この点、朝鮮日報の記事は数日が経過すると読めなくなるようですので、もし「読みたい」と思う方は、早めに原文を確認してください。)

リンク先記事は朝鮮日報の記者によるものではなく、日本の大学教授(※といっても、名前から判断して、おそらく韓国人)による寄稿文ですが、正直、基本的な事実認識からして大いに問題があるといわざるを得ない記事です。

当ウェブサイトなりに要約すると、リンク先記事の主張の要諦は、「米中対立構造のなかで、長期政権だった安倍政権の終焉は、日本の対韓外交にも変化をもたらす可能性がある」というものですが、そこには「なぜ日韓関係がこじれたのか」に関する本質的な考察は見られません。

それどころか、「安倍政権が退陣するなかで、韓日関係は韓国が主導権を握ることができる」、などと主張しているのであり、むしろ乾いた笑いが出てきてしまうほどです。ただ、逆に言えば、この記事を執筆した人物や、これを掲載した朝鮮日報編集部が、いったい何を望んでいるのかを知ることもできます。

さっそく読んでいきましょう。

韓日関係の「4つの糸口」

リンク先記事では「『安倍後』の日本と韓日関係を占う『4つの糸口』を日本の現代政治史から振り返る」などとする記述があるのですが、これを当ウェブサイトなりに要約すれば、だいたい次のようなものです。

①菅義偉政権は短命に終わる可能性が高い、②長期政権の直後には政策転換の圧力が生じる、③この政策転換は国際政治環境の影響も受ける、④韓日関係もまた、国際政治環境の影響から無縁ではない」。

すなわち、「菅義偉政権はどうせ短命に終わるので、その次の政権に期待しましょう」、「日本も米中対立で困っているはずだから、そこに付け込んで韓日関係改善の端緒を掴みましょう」、という主張にしか見えません。

つまり、この議論の流れこそ、韓国の「オピニオンリーダー」(?)が望む「韓日関係改善の端緒」の一例、ということでしょうか。非常に乱暴な言い方をすれば、この記事を執筆した人物(やこれを掲載した朝鮮日報編集部)のなかには、次のような期待がある、ということではないかと思います。

  • ①韓国に厳しい安倍政権の方針を引き継ぐであろう菅義偉政権は、短命に終わってほしい
  • ②安倍長期政権が終了したあかつきには、韓国に対して譲歩してくれる政権が成立してほしい
  • ③韓国は米中対立局面において米中どちらにつこうか悩む日本と共闘できる

…。

このうち①については、「菅義偉政権は短期政権に終わる」との見方があることはたしかでしょう。というのも、最初から「とりあえず自民党総裁としての任期は1年間」と決まっていて、1年後に再び総裁選が行われるからです。

(※というよりも、そもそもまだ発足していない「菅義偉政権」の先行きをどうのこうのと論じること自体、やや気が早すぎるのですが…)。

しかし、これに続く②と③については、議論としては、かなり雑です。

そもそもなぜ、日韓関係がここまでこじれたのかといえば、韓国が一方的に、日韓友好に反する非合理な不法行為を次々と仕掛けてきたからです。少なくとも文在寅(ぶん・ざいいん)が2017年5月に発足して以来のこれらの不法行為については、日本側に責任は一切ありません。

たとえば、自称元徴用工判決問題ひとつとっても、韓国がありもしない自称元徴用工問題を捏造しただけでなく、あろうことか、日韓請求権協定に正面から違反する判決を、韓国の司法府自身が下してしまったという問題であり、これは日本の側に折れる余地はまったくありません。

日本は二股外交をしたりしません!

また、わが国の外交方針が、しばしば国際社会の影響を受けてきたことは事実ですし、1970年代の日中国交正常化にしたって、その少し前にリチャード・ニクソン米大統領(当時)の電撃的な訪中と、それに続く米中国交樹立という流れがあったことは確かでしょう。

ただ、リンク先記事には、こんな記述もあります。

日本が新路線を模索するとき、最も重視する変数は国際構造、すなわち『米中間の競争の中で利益の最大化をいかに実現するか』だ。

まさか!

まるで日本が米中間で二股外交を繰り広げる、とでも言いたげな記述ですが、韓国と一緒にしないでいただきたいと思います(笑)

もちろん、国際社会においては、一般的にはある国とほかの国が対立していたときに、第三国はその対立の調整に腐心しますし、あわよくば漁夫の利を得ようとすることもあるでしょう。しかし、米中対立局面において、日本は「第三者」ではありません。米国の同盟国です。

しかも、日本自身、尖閣諸島や沖ノ鳥島などの領海・排他的経済水域を中国に侵犯されている当事国であり、そんな相手国を、唯一の同盟国にしてもっとも重要な相手国である米国と「天秤にかける」ということはあり得ません。これは、誰が後任の首相に就任しても同じ話です。

(いや、韓国のごとき米中二股外交を繰り広げようとするものを後任首相に選んではならない、という点は、むしろ私たち日本国民の義務でもあると思いますが…。)

というよりも、米国が事実上の対中牽制として掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」という構想自体、もともとはわが国の安倍晋三、麻生太郎両総理らが中心となって練り上げたものであるという経緯を、この記事の著者はご存じではないのでしょうか。

だからこそ、こんな認識につながるのでしょう。

彼らは、対韓外交もこのような枠組みの中で見ようとするだろう」。

そんなこと、しませんって(笑)。

朝鮮半島生命線説の終焉

もちろん、日本国内には、「朝鮮半島は日本から地理的に近いので、この地域が敵対国になっては困る」、「いかなるコストを払ってでも朝鮮半島を日本の味方につけておくべきだ」、などと主張する人たちがいることは事実でしょう(このような立場を当ウェブサイトでは」「朝鮮半島生命線説」と呼んでいます)。

今から10年前であれば、…いや、5年前であれば、まだこの「朝鮮半島生命線説」は日本国内でも根強かったかもしれません。しかし、自称元徴用工判決問題を筆頭に、韓国が日本との国際的な約束を果たそうとしないことが、ここまで知れ渡ってしまいました。

それだけではありません。韓国は日米が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想に、頑なに参加しようとしません。

それどころか、政府要人は楊潔篪(よう・けつち)中国共産党政治局員との会談には応じるくせに、「日米韓3ヵ国防衛相会談」からは逃げたほどです(『日米防衛相会談から垣間見える米韓同盟の暗澹たる未来』等参照)。

もはや韓国が米韓同盟を露骨に避け始めていることから、日韓友好を推進したとしても、日本の安全保障に寄与しないことは明白でしょう。

事実誤認、不勉強…これが大学教授の文章とは!

さて、リンク先記事の最終段落には、こんな記述もあります。

現在、日本の対韓外交はあいまいだ。輸出規制をしつつも実際の輸出はほとんど全て承認している。徴用問題も取りあえず見守るという姿勢だ。

「大学教授を名乗るのならば、事実関係くらい確認したらどうですか?」と突っ込みたくなる一文ですね。

そもそも論ですが、輸出管理と輸出規制は外為法の根拠条文も違いますし、まるっきり別の概念です。くどいようですが、日本は韓国に対し、輸出『規制』をしていません(いや、正確には「『まだ』やっていない」、とでも言うべきでしょうか)。

この点、2019年7月1日に発表された日本の対韓輸出管理適正化措置は、あくまでも輸出管理の方法を変更するだけの話であり、べつに何か新しい「規制」が適用されたものではありません。用途確認が取れたら法令に従って粛々と輸出許可を出すのは、先進国では当たり前の話でしょう。

また、自称元徴用工判決問題についても、べつに「見守っている」わけではありません。「越えてはならない一線」を越えたらブン殴るという準備だけしておいて、あとは「売却するする詐欺」という彼らの瀬戸際外交を冷ややかに眺めているだけの話でしょう。

こうした基本的な事実認識を誤るから、結論もハチャメチャです。

日本は現在、米中対立の構図の中で韓国を抱擁すべきか、中国側へ突き放すべきか、悩んでいるようだ。

そもそも、日本政府は現在、韓国に関しては「戦略的無視・積極的放置」を徹底しているだけのことでしょう。

あくまでも当ウェブサイトの理解に基づけば、日本政府のスタンスとは、「もし韓国が約束を守れば日韓関係を正常軌道に戻すことはやぶさかではない」ものの、おそらくそんな期待などしていない、というのが真相に近いのではないでしょうか。

いや、むしろ防衛面では、韓国との関係を少しずつ整理し始めているように思えてなりません。今年の防衛白書で「韓国との防衛協力と連携」という記述がバッサリ削除されたことなどは、その典型例のひとつでしょう。

こうした認識が欠落しているためでしょうか、記事の末尾でズッコケてしまう記述があります。

相手がまごまごしているなら、主導権はこちら側にある。

いったい何の寝言をおっしゃっているのでしょうか(笑)この状況で、日韓関係の「主導権」は「韓国側にある」とは、さすがに発想がぶっ飛んでいます。

米中対決の時代、韓国は日本を抱擁すべきか、それとも突き放すべきか?

どうぞ遠慮なく、「突き放し」てくれても、良いんですよ?(笑)

外交リソースは限られていますので…

さて、日韓関係(というよりも、韓国が日本に対して仕掛けてきているさまざまな不法行為)については、当ウェブサイトとしても、なかば嫌々ながら、これまでに何度も取り上げてきたところです。

とくに、文在寅政権下で韓国が仕掛けてきた不法行為としては、主なものを列挙しても、

  • 国際法に違反する判決を韓国の大法院が下したという「自称元徴用工判決問題」
  • →日韓請求権協定に基づく解決を韓国が無視した問題
  • →日本企業の在韓資産を一方的に差し押さえ、日本企業を資産現金化で脅迫している問題
  • 海自機に火器管制レーダーを照射したうえ、韓国が日本に逆ギレした「レーダー照射事件」
  • 当時の国会議長が外信に天皇陛下(現・上皇陛下)を侮辱した「文喜相失言問題」
  • 韓国政府が2015年12月の慰安婦合意に基づく財団を一方的に解散した問題
  • 日本の対韓輸出管理適正化措置を「輸出規制」と騙り世界貿易機関に提訴している問題

等々、どれも未解決のままで積み上がっています。

当ウェブサイトの理解に基づけば、これらのうち、とくに日本企業の在韓資産差し押さえ問題を筆頭に、韓国が日本を脅している問題については、安倍政権は「積極的放置・戦略的無視」を貫いています。その理由はおそらく、どうせ韓国側の行動はたんなる瀬戸際戦略だと見切っているからでしょう。

こうした対応に、不満を持つ人もいるでしょう。実際、「どうせ安倍(総理)は絶対に韓国に制裁できない」、「韓国に対して断交が必要」などと勇ましいことを言う人もいます。

この点、当ウェブサイトとしても安倍政権の「積極的放置・戦略的無視」に100%賛同するつもりはありませんが、それと同時に現在の日本が置かれているのは、台頭する中国と対峙しつつ、北朝鮮の非核化を進めなければならないという、非常に厳しい状況です。

したがって、日本政府は貴重な外交リソースの100%を対韓外交に割くべきではありませんし、現状では、日韓関係については「積極的放置」も致し方がないと思います(それがいつまでも続いて良いとも思いませんが…)。

その意味では、以前からの繰り返しで恐縮ですが、少なくとも安倍政権が現在採用している対韓外交姿勢がとりあえず継続することについては、当ウェブサイトとしては歓迎したいと思いますし、間違っても韓国と「対話する」という姿勢に転じてはならないと強く考えている次第です。

(※だからこそ、当ウェブサイトとしては岸田文雄氏を次期首相には絶対にしてはならないと考えているのですが、この点については『菅義偉氏「日韓関係こじれた全責任は韓国にある」』あたりでも触れていますので、ぜひ、ご参照ください。)

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    韓国側に主導権?
    まぁ、ある意味間違いではないな

    韓国側が全面的に改めない限り、状況に変化が無いという意味で
    日本側は坦々と韓国切り離しへ進むだけだし、今のままならそのベクトルを変える必要も無い

  2. 愛知県東部在住 より:

    現在(9月7日午前6時)台風10号は対馬南西沖にあり、朝鮮半島に向かって北上中です。
    韓国気象庁では本日の午前8時頃釜山に「最接近」との予報を出していたようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/984d03b310520c0afc9db7629ec97790af4ef576

    日本の気象庁による予報でもあるいはwindyの予測でも「最接近」ではなく「上陸」という予測をしています。しかも韓国気象庁では最大瞬間風速は25m~40m/s程度と見ていたようです。相変わらずの「希望的予報」のようでした。(笑)

    https://www.windy.com/ja/-%E9%9B%A8%E3%80%81%E9%9B%B7-rain?rain,34.717,129.801,9

    この関西外国語大学教授の予測とやらも、韓国気象庁とあまり変わらない「精度」のようです。予測という前提・インプットが間違っていれば、そこから導き出される結論・アウトプットも狂わざるを得ないという典型例のようなものです。

    1.「管理型内閣:」が誕生する可能性が高い

    管理型内閣?なんですか、それ。短期に終わるという意味なのでしょうか?日本にはない言葉ですよね。なんかちょっと小難しい熟語を使ってみました的な造語のようです。(笑)

    2.長期政権は政策転換の圧力をつくり出す

    俺の分析力って凄いだろ、みたいな書き方ですが、例としてあげてるのは佐藤政権後の田中角栄政権のことだけです。他の事例を知らないだけなのかもしれません。(笑)

    3.政策転換には国際的な背景がある

    1970年代、田中内閣の親中路線の背景には、ベトナム戦争の後遺症による米国の脱アジア政策があった、としていますが、ニクソン・キッシンジャーによる突然の中国外交、いわゆるニクソンショックに何ら言及もないところが泣かせます。

    4.韓日関係もまた国際構造とこれへの日本の対応に影響を受ける

    これはまぁ無難な分析でしょう。無難なだけでこれといって特筆すべき点もありませんが。

    概ね、自分勝手な思い込みと、かくあれかしという願望にのみによって書かれた予測論評のようです。唯一間違っていないのは「1時間を超えた安倍首相の退任表明記者会見で、韓国関連の質問は一つも出なかった」とする部分ですが、続けてこれを「日本は現在、米中対立の構図の中で韓国を抱擁すべきか、中国側へ突き放すべきか、悩んでいるようだ」と結論づけたのはいただけません。

    新宿会計士様ご指摘のとおり、「日本政府は貴重な外交リソースの100%を対韓外交に割くべきではありません」なだけですから。(笑)

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      愛知県東部在住様

      ご指摘の通り、気象庁の台風進路が希望的観測になるように、日韓関係においても「こうだったらいいな」をそのまま出してしまうところが、実に韓国的です。あるいは冷徹で公平な予想をしてしまうと「情がない」と言って責められるということなのでしょうか。

      逆に言えば、台風の経路をねじ曲げるのは威力に怯えている現れとも考えられます。同様に日本が軟化すると期待するのは、日本の冷たさを脅威に感じ現状を息苦しく感じているからこその逃避であると見ることもできます。

      1. 愛知県東部在住 より:

        自転車の修理ばかりしている 様

        返信ありがとうございました。

        日本が軟化すると期待するのは、日本の冷たさを脅威に感じ現状を息苦しく感じているからこその逃避 >

        仰る通りだと思います。そうした不安が大きくなればなるほど、日本に対して威圧的な言動を振りかざし、上から目線で日本に譲歩を迫ってきたのが過去に於ける韓国の対日外交の基本戦略でした。まぁ戦略と呼べるほどの論理的整合性もなければ、敵を知り己を知るという兵法のいろはも弁えていないのですから。戦略などではなく、躾のなってないガキが玩具をねだって床に転がって手足をばたばたさせている図にしか見えません。(笑)

        何度言い聞かせても事の善悪を弁えないガキは、鞭と棒で躾けなければ買えれば駄目なのかもしれません。昨今こういう教育方法は世間的には非難される傾向があるようですが、国家間では今でも有効な手段ではないかと思っています。(笑)

  3. ちかの より:

    チャン・ブスン関西外国語大学教授の寄稿ですね。なんか元外交官?という話しもあります。
    この記事を読んで思い浮かんだのは、先月、8月24日のBSプライムニュースでの一橋大学準教授の権容ソクさんの発言。
    曰わく「日本と同じように、経済は中国、安保は米国。悪いことじゃないと思いますが。」
    この権さんはソウル生まれで、ご両親の仕事の都合で日韓を行き来して育った方らしく、日本語はかなり達者。少なくとも李泳采さんよりはお上手なんですけどね。
    でも、チャン・ブスンさんと同じように、韓国のやっている二股外交は日本と同じことをやっているだけだという認識なんでしょうね。
    このお二方の認識をもって、アチラの大半の認識だというつもりはありませんが、このような大甘な考えを聞くたびに、クラクラするものを感じるのは仕方ないこと、です…。

  4. たけ より:

    日本も米中二股だと思いますよ。
    中国に対して、まだまだ甘いし。
    思い切って完全対立したら、米中対立が日中対立に変わってスケープゴートになる可能性がありますから、
    日本からすれば米に自ら中国に対立するリーダーになって欲しかったはず。
    取り敢えず現状は理想的だと思う。

  5. 七味 より:

    すごい記事ですね♪

    書いたチャン氏は、関西外国語大学教授って事だから、専門は語学で、専門違いの寄稿ってことなのかな?

    それにしても「抱擁」とか表現が気持ち悪いのです♪日韓は同盟関係にある訳でもないし、外交なんて是々非々で良いのにと思うのです♪

    あと、最初の匿名さんの
    >韓国側に主導権?
    >まぁ、ある意味間違いではないな
    というコメントには、なるほどと思ったのです♪

    1. とくめい より:

      関西外国語大学のウエブページによると、
      「教授・Ph.D. B.Chang 外交政策、戦争と平和、関西外大流グローバル人材育成プログラム」
      とあります。
      チャン・ブスン=B.Chang で外交官出身というのであれば語学の教授ではなくて外交の「専門家」なのでしょうか。

      1. だんな より:

        何の専門家でも無く、ただの朝鮮人だと思います。

      2. 七味 より:

        とくめい様

        返信、ありがとうございます♪

        専門家というには、それじゃあ韓国が主導権を取るために何をすべきかも書いてなくて、物足りない内容ですね♪
        あたしみたいな素人でも「日本の立場なんて「国際法守れ」の一本足打法だから、自称元徴用工問題を韓国の国内問題として処理すれば、日韓関係なんかいくらでも良くなる」みたいな事が書けるのです♪

        だんな様が言うとおり、やっぱり専門家でも何でも無いのかな?

        韓国が真面目に米中間蝙蝠外交するなら、さっさと北朝鮮と一緒になった上で日中双方に軍事的な圧力をかけた上で、ロシアと組んで後方支援を受けるとかもありそうに思うのです♪
        もっとも、そんなことすると米中双方からのタコ殴り&ロシアの裏切りみたいな、壮絶なコンボが待ってるとも思うのです♪
        ・・・・文大統領の思いはともかくとして、当分は北朝鮮とのプロレスをやって、外に構ってられないって体裁を作るのが、一番無難だし、短期的には地域の安定に貢献しそうに思うのです♪

        1. ラスタ より:

          壮絶なコンボ。

          ガードしつつ攻め込ませて微妙にHPを失って見せ、調子乗った相手が昇竜拳を空振りした着地めがけてフライングボディーアタックで飛び込みローキック、ガードして固まったらすかさずブレーンバスターでピヨピヨさせたところにスクリューパイルドライバーのコマンドを打ち込んで席を立つ。
          あるいは、攻撃せずにひたすら基礎構造を組み上げつつ「おじゃまぷよ」をどんどん受け入れ、連鎖一発でドボン。
          そんなことを思い出したのでした。古いですね。コンボじゃないし。

          日本単独でもそれぐらいのカウンターが打てるところにもってきて、複数国が寄ってたかってコンボするのは、ちょっと気の毒じゃないかと、うっかり同情しそうになってしまいます。

          かの国の性向としては、他国から何か致命的な攻撃されることなどほとんどないにもかかわらず、なぜかイキリ切ったひとり相撲に悶絶錯乱してズッコケて大怪我、という結果になるのではないかと予想しております。

          日本が気をつけるべきは、そこでフェアプレー精神よろしく手を差し伸べるようなことが二度とあってはならんということです。
          すべては差し伸べた手を引きずり込むための一連の演技と疑ってかからなくてはいけない。

  6. カズ より:

    「相手もそうに違いない」との主観的な思考しかなく「相手の立場で考える」ことのできてない記事だと思いました。

    きっと「自意識高すぎ!」って客観的事実が認識できないからなのでしょうね。

    日本としては、彼らが叩かれて赤くなっても脅されて青いままでも対峙しなければならない潜在的な脅威の数は違わないような気もするのですが・・。

  7. はにわファクトリー より:

    「対話の門戸は開かれている」は妄言です。
    そうふんぞり返ってみせる戦略はまるで見抜かれてる。手の内は空っぽだと明かしてしまってる。
    「ひとり相撲を取って勝手に土俵から落ちる韓国」とかつて鈴置氏は喝破しました。またやっているなの意を強くします。

  8. 匿名 より:

    石破さんは言うまでもなく 岸田さんでも 万一総理になったら 韓国側の言う通りになりそうで怖い。いや 確実にそうなる。今でも国内に融和派がいっぱいいる。特に財界関係者は商いのほうが大事だと考えているだろう。

    1. 匿名くん より:

      今の韓国に商いの魅力はありますか?

      労組やストの多さ、北朝鮮の驚異、契約も履行されない可能性、を考えると利益の予想すら立てられないのではないでしょうか?

      1. 阿野煮鱒 より:

        メリットとか利益ではないのです。

        「日本は韓国に悪いことをした」から、お詫びの気持ちで韓国に進出・投資し、技術もただ同然で伝えて、韓国から感謝されたいと考える経営者が存在するのです。

        シャープはそれで潰れました。

      2. わしら より:

        魅力は電気代。
        炭素繊維もアルミニウムも電気代が主な経費。
        でも、そろそろ終わりかな。

        1. りょうちん より:

          韓国の電気代は政府支援による逆ざやと言われています。

          ドイツの話で面白いのが見つかったので貼っておきます。
          https://web-willmagazine.com/energy-environment/YAbLO
          【エネルギー政策】ドイツの大失敗――川口マーン惠美(作家)

          「韓国の大失敗」記事を期待なんてしていませんったらw

          1. はぐれ鳥 より:

            りょうちん様

            興味深い記事のご紹介、有難うございました。

            再生可能エネルギーだなんて、昔からある水力発電を除けば、こんなものだとは最初から分かっていました。それを環境団体とやらが憑き物に憑かれたかのようにもて囃し立てた結果、現在のような事になっています。ドイツ人は何事にも合理的というイメージですが、過去のナチスへの熱狂やこの再生エネへの過度な思い入れを見るにつけ、どうもそうではないように思えてきました。

            日本では運悪く、丁度その頃大地震に伴う福島第1の事故があり、その流れを押しとどめることができませんでした。現在の日本は、まだ太陽光・風力の比率はそれ程高くないのですが、それでも九州電力など一部電力では、ドイツと同じ事情で、買取り制限をかける迄になっています。その他にも皮肉なことですが、太陽光パネル設置のため山肌を削るなど環境破壊を助長する弊害も指摘されています。さらに、日本中の原発が停止していることにより、余計に必要になる天然ガス代が年間数兆円とか(溜息)。早く原発を動かし、その分を我々への給付金に回して欲しいです。(笑)

            それにしても、この川口マーン惠美氏という人は、この分野の専門家でもないようですが、よく勉強していると思いました。

  9. だんな より:

    朝鮮人が、朝鮮人の価値観で書くと、こういう記事になるんだと思います。
    日本人が韓国人の価値観を理解出来ずに、日本人の価値観で韓国を理解しようとすることに、似ています。
    韓国は、米中両国の選択をしない方針が、明確です。
    日本は、政府はアメリカを選択していますが、経済界は十分な選択が出来ていません。
    どちらかを選択するという事は、利益を限定する事となり、企業経営の価値と相反する為だと思います。
    韓国は、「リスクは考えずに、その場その場で利益を最大化する」という国民性に沿った、判断、行動をすると思います。
    韓国人は、日本人も同じ事をするはずだから、韓国を味方にしたいと思うはずと考えていますが、ここで大きな価値観の乖離が有るという事です。
    また韓国は、日韓関係は日本が存続させるという、甘えた認識を持っています。
    日本は、韓国を無視しているのを、扱いを悩んでいると考えているのは、正に「リスカブス」と言われる所以でしょう。
    ああ、気持ち悪い。

  10. だんな より:

    中央日報の記事です。
    菅氏「強制徴用問題は1965年解決済み」 安倍首相の道を追随
    https://news.yahoo.co.jp/articles/acf0f50dc8894da661f5a3c3797517ab3e3bbb1d
    まだ、こんな当たり前の事が、記事になる事自体が、韓国の甘えだと思います。

    1. 七味 より:

      だんな様

      >両国間葛藤局面の雰囲気が転換されることを期待することは難しくなった。
      という締めを読んで「期待してたんだ♪」って、ちょっとほっこりしたのです♪

      ただ相手が変わるのを待ってても仕方なくて、相手の変化を促すには、(硬軟どっちでもいいけど)自分が変わらないとって思うんですけどね♪

      1. だんな より:

        七味さま
        期待してたんだで、ほっこりするのは、七味さんならではで、七味さんはニュートラルなんだと思います。
        私は嫌韓だから、期待しているのは、分かっていて、相手の口から出てくると、その図々しさにイラッとするんですね。
        彼らが期待しているのは、「日本の永遠の贖罪」で、それを韓国が抱擁してあげるですからね。

  11. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    良かった。関西外大。知人、親戚等誰も行ってないから好きな事書けるわ。悪口じゃないですよ。一応ご参考の為に知る限りを記して置きます。

    私達の頃はどうしょうもないFラン近くの学校でした。でも、学研都市という有名大学ゾーンに一部キャンパスを移して、定員絞って就職に真剣になった事から、評価が上がりました。

    今では中堅どころ、外国語なら関西で5指ギリギリに入るでしょう。ま、それと外国人教師のデキとは別もんですし、朝鮮語を学科で持てば、こういう反日上等の教師も入って来る訳です。

    彼は京阪奈丘陵で、こんな夢想ばかりしてたのか。それなら帰って貰った方が良い。

    「安倍政権が退陣するなかで、韓日関係は韓国が主導権を握ることができる」などと主張。さらに「菅義偉政権は短命に終わる可能性が高い」。貴方は予想屋ですか?(笑)

    チャン・ブスン関西外国語大学教授、貴方は日韓関係にまともに取り組まず、不勉強にもほどがある。辞職を求めるよ。

  12. イーシャ より:

    朝鮮人らしい
    ・政権が変わると前政権を全否定する
    ・目先の利益だけを追求する
    特徴をよく表わしていますね。

    朝鮮半島生命線説について。
    緩衝地帯を維持するために、西側諸国、とりわけ日本は、南に多大な無駄なコストをかけてきました。
    しかし、南が役割を放棄し、更には北との協力を公言するに至って、わざわざ南を存続させる理由はなくなりました。
    これ以上助ける価値も、相手にする理由もありません。
    逆に、北寄り・中国寄りの姿勢を示している以上、(経済的に)しっかり潰しておく必要があるでしょう。
    先日も書きましたが、南朝鮮は
    ・ダヤニ家が仮差し押さえを申請したダナの株式
    ・売却予定のニッケル鉱山
    など、意外に多くの海外資産をまだ持っています。
    そうした海外資産は、武漢肺炎や台風で傷む国内経済に資金投入するため、急速に食い潰されるでしょう。
    それを正確に把握し、すってんてんになったタイミングで一気に締め上げる必要があります。
    多額の資産を持ったまま破綻させてはなりません。復活の機会を与えてしまいますから。

  13. ボーンズ より:

    更新ありがとうございます。
    行動パターンが読めてしまう反応とも…なので、日本がいつもと違う動きをすると選択肢が極端に少なくなる。
    イーシャ様の発言にもあるように、叩くならタイミングを見計らって一気に。

  14. WindKnight.jp より:

    日本は日本なりのやり方で、二股かけることになるでしょうね。
    で、主導権があるとしても、それを振るう力があるかは、別問題。

  15. たい より:

    警報装置がセットされた金庫の前で、泥棒が入るか入らないか決めかねてウロチョロしている状態だとします。この場合、普通、泥棒は金庫に対して主導権を持っているとは言いません。

    1. れんげ草 より:

      たい様
      ところがあちらの方々は、
      ①忍び込むかどうかはこちらに主導権がある!
      ②警報装置が作動するかどうかは忍び込んでみなければ分からないことだ!いや、きっと作動しないに違いない!
      ③それにそろそろ誰かが警報装置を解除してくれる筈でそういう頃合いだ!
      と考えていると思われます。

      1. たい より:

        れんげ草さま
        何か警報装置が作動してもなお主導権はあると言ってそうで怖いです。

  16. 一国民 より:

    朝鮮日報への寄稿、読みました。
    ”大根役者”という言葉がありますが、この大学教授もそれにたとえられると思います。

    よくもまあ、恥ずかしげもなくこんな駄文を寄せたものですね。
    詳しくは知りませんが、政治学や国際関係論ではなくて、情緒的な朝鮮の文学または言語の教員なのでしょうか・・。

    しかしたとえ専門外であったとしても、日本にあってこんな糞文、書くべきではないでしょう。
    用日の先兵に見える。国に帰るべきだ。

  17. 阿野煮鱒 より:

    > 個人的には「もう韓国との関係は『諦める』とき」ではないか、とすら思うほどです。

    まだ諦めてなかったんですか? もう見捨てましょうよ。

    とは言え、多くの常連さんが仰るように、日本の外交方針は米国が決めます。米国が韓国を見捨てない限り、日本はそれに付き合わされるわけで、日本に韓国を諦める自由はありませんね。

    日本が韓国を切り捨てるためには、日本が憲法を改正して中国に対する軍事的圧力を高め、米軍が韓国に駐留する必要が無いほどに日本領土内の米軍基地を充実させ、米国に韓国を仮想敵国として認識させる必要があります。現時点では、余りにも高い目標です。

    現実的には、できるだけ韓国と関わるエネルギーを小さくして、その分を米国との密接な情報交換と、中国への牽制に振り向けるくらいでしょうか。

  18. そろそろ金星へ帰還願いたい より:

    本稿でうp主が言及されているように、ポスト安倍政権での対缶関係が動くとは全く思えません。これは半島だけでなく中共に関しても感じることですが、彼らは「馬子にも衣装」以下の「暗黒の中世」の化石(脳)が我々の21世紀にタイムワープした以外の何物でもないのです。
    アノ民族自体が「生まれ変わることができたら」、アノ国だけは勘弁して欲しいと、アンケートで大半の回答をしているほど。それを何故、我国が構わなきゃならないのか理解しがたい。

    下記の映画評論で、アノ民族が自己評価、閉塞感に襲われるのも納得です。

    ゾンビ映画『新感染』で分かった「ジコチュー」韓国人のリアル
    https://ironna.jp/article/7694

    『パラサイト』オスカー栄冠、諸手で喜べない韓国人の複雑な胸中
    https://ironna.jp/article/14393

    1. 阿野煮鱒 より:

      韓国は古代脳です。彼らは封建制を知りません。

      1. 匿名 より:

        阿野煮鱒様>彼らは封建制を知りません。

        同感です。
        封建制成立には契約の概念とその契約内容を相互順守する規律が必須ですが、どちらもありません。

        ホッブスの言う
        「万人の万人に対する闘争」社会が妥当です。

      2. りょうちん より:

        やつら神話時代に生きてんなと思うんですよね。

        大統領が交代する度に「王殺し」をしないといけないところとか「カーゴカルト」じみた国家事業を行ったりw

  19. 奄美の黒うさぎ より:

    不謹慎wながらタイトルを「朝日関係の主導権は韓国側にある」と見間違えて朝日新聞の内容かと誤解(理解?)してしまいました。

  20. はにわファクトリー より:

    日本国が韓国をこの先どうあしらうかを中国は目を凝らして観察していると思います。韓国処分というものがあるなら、それはずぶずぶ関係まで立ち至った日中関係をどう日本国が将来整理始末に掛かるかの試金石であるはずだからです。

  21. 頓珍韓 より:

    >日本は現在、米中対立の構図の中で韓国を抱擁すべきか、中国側へ突き放すべきか、悩んでいるようだ。相手がまごまごしているなら、主導権はこちら側にある。米中対決の時代、韓国は日本を抱擁すべきか、それとも突き放すべきか?

    韓国が、日本を突き放すのは、アメリカ側?それとも中国側?
    自分の立ち位置が定まらない、コウモリ国家は、とても言えないよねぇw
    そんな国が主導権とか笑わせます。

    勉強しても、この人は韓国脳で考えるから事実認識できない。
    土台が無理。

  22. 農民 より:

     ロープでぐるぐる巻きにされて崖から吊るされている状態で「バカめまだ俺を殺さないのか、まごまごしやがって。主導権はこっちのものだな!」とかやってる姿を想像して笑わせてもらいました。
     普通「主導権がある」というなら、「相手方より有利な状況を活用し、有利な解決に向かって方法を示す」事を指すと思うんですが。かの国で主導権があるというのはあくまで「コッチがエライんだぞう」という程度の意味しかなく、「つまり解決策は下であるお前らが考えろ。上である私が審査してしんぜよう。」ってことなんでしょうね、異文化ー。現状認識も理論も間違いきってるなぁ…

    『米中間の競争の中で利益の最大化をいかに実現するか』
     これ自体は否定しないというか、そもそも当然でしょう。わざわざ言うってのは自身の二股食い逃げ外交が実は後ろめたいんですかね?米中を見比べている時の日本と韓国の違いは「行動に責任をもつか」だと思いますよ。

  23. G より:

    主導権が韓国にあると書いたら少しは慌てて反応してくれるかなぁってのを狙った記事ですよ。
    大丈夫、あちらには日本が本気で対応しなきゃいけないカードなんてないんですよ。

  24. 心配性のおばさん より:

    文在寅政権は、既にメディアを押さえているとされています。政権批判ができない以上、彼らの愛国心(笑)は外に向ける以外に道が無いと思いますよ(笑)。

    かといって、彼らがお手軽にその批判??を向けられる外といったら、彼らが潜在的に、自国だと勘違いしている日本です。体調を崩されている方には申し訳ございません。気持ち悪いですよね。

    なにしろ、日本国内にわんさか自国民を入れて、日本総裁戦に韓国国歌を歌って、ジュプレヒコールを挙げているのを見ると、気持ち悪いですが、この勘違いを看過できません。この勘違いの因を、まず何とかすべきですね。

    1. 心配性のおばさん より:

      >日本総裁戦に韓国国歌を歌って、ジュプレヒコールを挙げているのを見ると、

      訂正させて下さい。韓国国歌を歌って、ジュプレヒコールを挙げていたのは、日本総裁戦ではなく、大村愛知県知事リコールに反対する集会でした。

      石破氏を応援する国民イコール韓国民であるという私の思い込み??からの誤情報です。お詫び申し上げます。

  25. 日本史大好き より:

    >>二股外交
    韓国において、米国にも中国にも良い顔しようというのは悪手ですね。どちらにも恨まれて両国からのフルボッコ確定です。

    米中2国が争っている時、敵・味方はっきりしないのは両国から敵国とみなされます。相手国に味方する可能性があるからです。貿易も品目によっては、利敵行為とみなされるでしょう。

    日本と同じく韓国も米国一択だと思うんです。少なくとも米国の同盟国であるうちは。(  ̄- ̄ )ウ-ン

  26. 匿名 より:

    「隣国だから仲良くしなければならない」と言うことはありません。仲が良いにこしたことはありませんが。インドとパキスタン、トルコとギリシャ、アゼルバイジャンとアルメニア、隣国同士で国境を接していても、犬猿の仲はいくらでもあります。国益に合致し、尊敬を以て接する事が出来るのであれば、交流を深めればいい。そうでなければ疎遠で構わないと思います。

    1. りょうちん より:

      インドとパキンスタンはキツイですがトルコとギリシャくらいの関係にはなってもよいと思います。

  27. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分は間違う存在であると自覚しているので)
     この韓国メディアの言う日本とは、どこにある日本でしょうか。(私としては、日韓関係で大きな要素を握っているのは、アメリカだと思うのですが)
     駄文にて失礼しました。

  28. 都市和尚 より:

    いつも楽しみに拝読しております。
    私は子を持つ親ですので、こんな教授がいる大学には絶対に子どもを行かせたくないと思います。言論の自由は大事で、学生と教授が学内でいろんな議論するのは有意義です。しかし、これはかなり政治的に偏った学外への情報発信です。子どもがどうしても行くと言うなら仕方がないですが、入学したら偏った政治的バイアスが待っていることはアドバイスすると思います。
    この関西外語大学も白鴎大学なんかも、一人の先生がどれだけ自校を貶めているのか、考えたことがあるのでしょうか?

  29. 心配性のおばさん より:

    お題違いですが、北朝鮮がまた花火を打ち上げるようです。何故かしら?アメリカは大統領選最中で、見てはもらえませんよ(笑)。日比野庵さんのコラムです。

    風雨で疲弊する北朝鮮
    https://kotobukibune.at.webry.info/202009/article_7.html

    日比野庵さんのご意見に反対するようですが、あの国は、人民の最後の一人が飢え死んでも、兵士が無頼集団となっても、国家としては存続すると思っております。
    金王朝とそれにより権益を受ける層の国家ですから。

    話を戻しますが、では、なぜ花火?ちょっと、穿っているかもしれませんが、その金王朝が権益層の支持を得られなくなっているのではないかしら?

    共産国??を名乗っているにも関わらず、施政権は三代の世襲です。これって、北朝鮮固有ですよね。白頭山の血統に意味もなく額ずく朝鮮民族らしい形態です。

    が、その血統が女性であれば、話が違ってくる。儒教社会は女性を頭に頂きません。金正恩氏の異変を周囲に隠せなくなっている。この花火は、それを否定するためのセレモニーなのではないかしら。

    与正氏が実質施政者であっても、そのためには正恩氏には生きてもらう必要がありますよね。花火に正恩氏(影だと思います。)にご臨席いただいて、国内にその健在をアピールする。その為だけの花火じゃないかしら。

  30. sey g より:

    皆が思ったでしょう。確かに主導権は韓国にある。
    韓国が全ての国際法を守らない限り、日韓関係は好転しません。
    韓国がこのままなら、日韓関係は破綻します。
    日本が何をしても韓国は変わらないなら、主導権は韓国にあるといえます。
    一人上手と言わないで。
    大学教授の論ですが、新聞もそんな教授にコメントを貰わないでも、ここのコメント欄の誰でも その教授より正しい分析が出来ると思います。
    生徒が可哀相ですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。