中央日報コラム「安倍辞任で経済関係を好転させよう」

本稿は、昨日の『「安倍辞任で韓日関係は良くなる」は本当か?』の続きです。昨日予想したとおり、やっぱり韓国メディアから酷い記事が出てきました。ほかにも酷い記事はいろいろ出てくるとは思うのですが、本稿では後世への警句と記録も兼ねて、まずは中央日報日本語版に昨日掲載された、『安倍首相の辞任…文在寅政権に機会だ』というコラム記事を紹介します。

「安倍辞任で韓日関係好転」

昨日の『「安倍辞任で韓日関係は良くなる」は本当か?』では、「安倍晋三総理大臣が金曜日に辞意を表明したことを受けて、『安倍総理の辞任は韓日関係を好転させるチャンスだ』とする論調の記事が、これから韓国で大量に出てくるだろう」と予測しました。

実際、日韓関係が「悪化」(?)した時期と、安倍総理が在任していた時期が重なっていることは事実であり、韓国では保守派、左派を問わず、「極右の安倍政権が韓日関係を悪い方向に導いている」など主張が見られました。

したがって、今回の安倍総理の辞任劇により、韓国国内では「その安倍(総理)が退いた以上、韓日関係は良い方向に向かうのではないか」、あるいは「安倍(総理)の退任を契機に、韓日関係を良い方向に導くべきだ」、といった主張が出てくるのは、自然な流れでしょう。

問題は、これらの主張が出てきたときに、得てして日本国内で、そうした主張に同調する者が出てくることにあります。そして、気が付いたときには、日本の大切な国益を相手に売り渡していた、といった事態につながりかねません。

ということは、私たち一般日本国民は、そもそもの「根元」の部分で、こうした主張が出てこないかどうかを監視しておく必要があるのです。

中央日報のコラム

「病気で退く安倍首相には申し訳ないが、我々には良い機会だ」

さて、当ウェブサイトとしては、「安倍辞任で韓日関係好転」といった主張が出てくるのは、ある程度は予測していたつもりです。

ただ、現実に出てきたものを見てみると、なかには予想していたよりも遥かに酷く、思わず愕然とするような内容のものもありました。そのひとつが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された、次の「コラム」です。

【コラム】安倍首相の辞任…文在寅政権に機会だ

―――2020.08.29 13:54付 中央日報日本語版

ヒトコトで感想を申し上げるならば、「この記事を執筆した者の見識を疑う」というものです。たとえば、次のような記述など、「思わず見識を疑う」というもののひとつです。

病気で退く安倍首相には申し訳ないことですが、我々には良い機会です。日本との外交関係を改善できる糸口になるかもしれないからです。安倍首相は実際、わが国には最悪の首相でした。

大変に無礼な文章です。

「無礼だ」というのは、安倍総理に対してもそうですし、また、安倍総理を日本の代表者に選んだ私たち日本国民に対してもそうです。外国の首脳が病気で退任するのが「我々には良い機会」とは、わが国を愚弄するにもほどがあります。

レイシズムに満ちた記述

しかも、記事はこう続きます。

母方の祖父の岸信介は当時の首相でした。岸は第2次世界大戦当時に満州国を作り、米国との戦争に署名したA級戦犯です。岸が死刑を免れたのは、米国がソ連との冷戦のため日本を同盟に育てたからです。

この部分には、無礼かつ不見識であるというだけでなく、大きく2つの問題があります。

1つ目。まずはこの記述に、重大な事実誤認があります。そもそも「A~C級戦犯」とは、「罪の重さ・等級」を意味するものではありませんし、しかも岸信介は東京裁判で被疑者として拘束されたにすぎず、「A級戦犯」との判決が下った人物ではありません。

また、岸信介が政治家として問題のある人物だったのか、それとも有能な人物だったのか、という議論をすっ飛ばし、いきなり「A級戦犯で米ソ冷戦のために死刑を免れた(ような人物だ)」、などと決めつけるのは、あまりにも短絡的過ぎます。

問題は、それだけではありません。2つ目の問題点は、特定人を「出自」で評価している点にあります。本来、その人の出自と政治家としての資質は無関係であるはずですが、中央日報の表現だと、「戦犯の子孫」に何らかの問題があるかのような言い草です。

この手の「この人物は誰それの子孫だから問題だ」などと暗に指摘するかのような記事、韓国メディアには非常に多く掲載されるのですが、正直、本人の出自や先祖をその本人の資質と関わらせて議論するのは、レイシズムそのものであり、危険です。

まさか韓国では、ナチュラルにレイシズムの思想が支持されているとでもいうのでしょうか。

余談:「親日派の財産を没収します」

ここで、少しだけ余談です。

この中央日報記事の記述を読んで思い出したのが、韓国国内のレイシズムの事例のひとつである、「親日財産帰属法」という法律です(『法の不遡及を堂々と無視する韓国は無法国家だ』)。

これは、「親日反民族行為者」に認定された場合、その本人と子孫から財産を没収するというとんでもない法律で、近代法の鉄則「法の不遡及」を無視した法律です。こうした法律が違憲判決を受けずに残っているというのも驚きですが、韓国社会が「反日無罪」というレイシズムに染まっている証拠でしょう。

また、「本人の出自を持ち出して批判する」という韓国社会の実例は、ほかにもあります。

2019年2月には、文喜相(ぶん・きそう)国会議長(当時)がブルームバーグのインタビューに対し、当時の天皇陛下(現在の上皇陛下)のことを「戦犯の息子であるイルワン(日王)」などと呼んで侮辱したという事件がありました。

もちろん、ここでいう「侮辱行為」とは、昭和天皇を「戦犯」と呼んだことと、天皇陛下を「日王」と発音したことの療法の意味が含まれます。このような人間を国会議長に選ぶこと自体、韓国社会がレイシズムという深刻な病理を抱えていることの証拠でしょう。

米国を巻き込みどうするのか

「安倍の下で再軍備」?そんなアホな…

さて、日韓関係を議論するときには、日本と韓国だけだと不十分です。絶対に欠かせないのが、「米国」という視点です。これについてリンク先記事には、こんな記述もあります。

安倍首相は祖父の夢を引き継ぎました。米国との同盟をさらに強化し、日本の影響力をさらに強化する道です。具体的に日本の再武装を事実上実現させました。日本は第2次世界大戦の敗戦国として独自の軍事力を持ってはいけません。

はて、面妖な。

この「具体的に日本の再武装を事実上実現させた」というのが何を意味しているのかはよくわかりませんが、「日本の再武装」が「自衛隊」を意味するならば、「日本の再武装」は自衛隊が発足した1950年代にすでに実現していたわけであり、べつに安倍政権下でこれが実現したわけではありません。

あるいは、安保関連法制の整備を「再武装」と呼んでいるのであれば、これもおかしな話です。安保関連法制は日本共産党あたりが「戦争法」と勝手に呼び続けている法律ですが、これはべつに「再武装」に関する法律ではないからです。

さらには、「日本は第2次大戦の敗戦国として独自の軍事力を持ってはならない」という部分に関しては、日本の憲法学者がしたり顔で主張していそうな論点ですが、これを韓国のメディアが主張するのは、非常におかしな話です。

韓国は38度線を挟んで北朝鮮という「先軍国家」に直面しており、その韓国を守ってくれているのは国連軍(事実上は米軍)であり、その米軍を後方で支援しているのが日本です。

日本が完全に非武装になれと主張するならば、その前提として、韓国は自力で北朝鮮から国を守ってみせるべきでしょう(※もっとも、それができるならば、とっくの昔に韓国は自力で北朝鮮を併合し、南北統一を実現しているはずですが…)。

暴走は、止まらない

以上までの記述でも、正直、「お腹いっぱい」なのですが、中央日報の記事の暴走は、ここからが本番です。

安倍首相のこうした保守の本性はわが国の利害と衝突します。それで安倍首相が2度目の執権をした2012年末以降、両国関係は悪化の一途をたどりました(安倍首相が最初に執権した2006年は期間も短く政治色も強くなかった)。

この記述にも、大きな認識の齟齬があります。それは、日韓関係が悪化した「要因」について、この記事では何も触れられていないことです。

ちなみに昨日の『「安倍辞任で韓日関係は良くなる」は本当か?』で詳しく議論したとおり、2012年以降、日本国民の対韓感情が急激に悪化し始めていますが、これをこれをもたらしたのが韓国の側だったという事実は忘れてはなりません。

その「日本国民の対韓感情悪貨」の原因となった事件のひとつが、李明博(り・めいはく)大統領(=当時)の竹島上陸、天皇陛下侮辱発言、親書返送などの無礼行為の数々ですが、これが発生したのは第2次安倍政権が発足するよりも前の話です。

「保守の安倍が韓日関係を悪化させた」というのは、そもそもの事実認定が間違っているのですが、この記事の問題点はそこだけではありません。もっと本質的な、韓国自身の「米中二股外交」が、なぜか「安倍のせい」にされるのです。

問題は安倍首相のこうした政治色と戦略が『最長寿首相』を可能にしたという点です。すなわち、日本国内で世論の支持を得るだけでなく、国際政治的に米国の支持を受けます。安倍首相が再武装の道を開くことができたのは新冷戦時代が始まったからです。(中略)安倍首相式の再武装と同盟強化は相対的に韓国の疎外を招きます。

現在、韓国が直面しているのは、日韓関係だけでなく、米韓関係の悪化です。

米韓間では昨年、『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(日韓GSOMIA)破棄騒動や米軍の駐留経費負担などの問題でぎくしゃくしましたが、このうちとくに後者の問題については、いまだに解決のめどが立っていません。

つまり、べつに安倍政権のために米韓同盟が危機に直面しているのではありません。米韓関係を悪化させた直接の要因は、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権下での対中急接近と、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下での北朝鮮への擦り寄りであり、すべては韓国の自業自得なのです。

国際問題をどうやって解決するのですか?

そういえば、リンク先記事でほぼ無視されているのが、「自称元徴用工判決問題」や、日本の対韓輸出管理適正化措置の気かけとなった「韓国の輸出管理上の不適切な事例」です。

日韓関係を悪化させている要因はほかにもたくさんあるのですが、少なくとも「日韓関係悪化」を論じるなら、本来ならば、この2点は外すことができないなずです。

それなのに、リンク先記事には、北朝鮮を巡り、こんな記述もあります。

安倍首相は文在寅(ムン・ジェイン)政権とは相性が合いません。両政権ともに民族主義的な性格が強いので歴史めぐる和解が難しくなります。

つまり、この記事の著者の認識では、現在の日韓衝突は北朝鮮を巡る安倍政権と文在寅政権の「相性が合わないこと」と「両政権の民族主義的な性格が強いこと」からもたらされている、ということだそうです。

文在寅政権が「民族主義的性格が強い」という点はそうなのかもしれませんが、少なくとも安倍政権は国際法や国際約束を守るという普遍的な価値観を大事にしているだけであって、「民族主義的な性格が強い」のではありません。

こうした事実誤認、不見識、無礼の積み重ねの上に、リンク先記事は驚くべき主張を展開します。

その安倍首相が退くことになったので、文在寅政権は日本との関係改善のきっかけにしなければいけません。(中略)それでも後任の首相は安倍首相のように強硬派ではないでしょう。

これこそまさに、当ウェブサイトが予測した「安倍がいなくなるから韓日関係改善のチャンス」という議論です(といっても、ここに至るまでの議論の流れは、当ウェブサイトの想像の域を遥かに超越したものであり、正直、ここまで酷いとは思わなかったのですが…)。

もっとも、いかにも韓国メディアの記事らしく、末尾はまったくもって意味不明です。

今から準備して先に手を差し出さなければいけません。失われた20年といわれますが、日本はまだ経済大国です。経済から解決すればよいはずです。歴史は最後に解決しても…。

まるで、「日本は経済大国だから、歴史問題を後回しにして、まずは日本を利用しよう」とでも言いたいかのような記述ですね。

もっとも、この手の「今から準備すべき」、「経済から解決すべき」といった、具体性がまったく伴わない主張に、何か意味でもあるのでしょうか。

「今後」が重要

くどいようですが、現在の日韓関係を破壊しようとしているのは、「過去の問題」ではありません。「現在の問題」であり、「未来の問題」です。

たとえば自称元徴用工問題ひとつとっても、純粋に、韓国が自称元徴用工判決を通じて国際法違反の状態を作り出したことを、韓国がどうやって解消するか(あるいは解消しないのか)という問題であり、すべては韓国の手に係っています。

自称元徴用工問題に関しては、考えられる落としどころは次の①~④の4つしかありませんが、よほど変な首相が誕生でもしない限り、下記②の選択肢を日本が採用する可能性は、ほぼなくなったと考えてよいでしょう。

自称元徴用工問題の「4つの落としどころ」
  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する
  • ④日韓双方譲らずに現在の膠着が続き、これとまったく違う次元で日韓関係が破綻する

そうなると、結局のところ、あり得るのは選択肢③か④が最も有力です。

あるいは、自称元徴用工判決問題などの「個別論点」ではなく、日韓関係そのものについての落としどころは、次の3つに置き換えることができます。

日韓関係「3つの落としどころ」
  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する

韓国人は無意識のうちに②を期待しているのかもしれませんが、個人的には、最も可能性が高いのは③だと考えています。

また、②の選択肢を取ろうとする者が首相になることだけは、絶対に避けねばなりませんし、そのためには、私たち日本国民の支援が必要でしょう。私たち有権者は折に触れ、地元選挙区の国会議員に対し、「目先の利益のために国益を売り渡すな」、などと圧力を掛けても良いかもしれませんね。

いずれにせよ、当ウェブサイトの予想どおり(というよりも、予想をはるかに上回る酷さ)の記事がこんなに早く出てくるとは、思ってもみなかった次第です

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    中央日報は突っ込みどころ満載ですが、同意できるところを探してみました。
    > 親日反民族行為者
    これに最も該当するのは、未だに日本に住んでいる朝鮮人ですね。
    全員帰国させ財産を没収すべきです。
    困窮する財政の足しになりますよ。

  2. ボーンズ より:

    ある意味予想通りの反応と言えるでしょう。
    序列が上なら何をしても良い、日本をリソースのディスペンサーとしてしか考えていない。
    金が欲しければ、海外に居る同胞から出国税として巻き上げればどうかと。

    1. 心配性のおばさん より:

      ボーンズ様

      >金が欲しければ、海外に居る同胞から出国税として巻き上げればどうかと。

      遡及法がある韓国ならではの名案ですこと(笑)。
      海外に居る同胞がそれを拒否する場合、あの国であれば、「えっ!」という人物に血縁者であることを理由に連座法を用いて取り立てることも可能かも(笑)。
      本日はダークサイドから通信しております。

      1. ボーンズ より:

        心配性のおばさん 様
        遡及法があること自体、未開の国以下の法体系ですので。
        特に若者の場合、兵役と組み合わせればチョチョイのチョイではないかと。
        家系とのリンク(連帯責任)なんかも効果ありそう。

    2. より:

      もっと簡単で明快な手段がありますよ。
      まず、「在外僑胞帰国促進法」とでも称する法律を作ります。要は、韓国国民が一時的滞在でない「移住」を禁止する法律で、留学生ビザまたは韓国企業のための在外駐在員ビザを除く長期滞在を認めないとするものです。これにより、在外韓国人は適正なビザの発給を受けてない限り、犯罪被疑者となります。
      現在、日本と韓国との間では犯罪人引渡協定が結ばれていますので、韓国政府が留学生ビザまたは駐在員ビザの発給を受けている以外の全ての在日韓国人を犯罪被疑者として引き渡しを要求した場合、日本政府としてはそれらの犯罪被疑者を責任を持って韓国に引き渡す義務があります。なお、人道的観点から、引き渡し予定の被疑者が財産を処分することは認められるべきでしょうね。
      もちろん、引き渡し後については、日本政府は一切関知しません。滞納してた(であろう)税金を徹底的に取り立てるもよし、弾除け要員として38度線に並べるもよしです。
      日本以上の少子化の進行に悩む韓国にとって、人口と国庫を一挙に補充できる理想的な策だと思いますが。

      1. ボーンズ より:

        龍 様
        序でに色と絵柄の違うパスポート持っている方にも適用して欲しい所。
        (安全上、祖国の地域に帰った方が良いでしょうし)

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    こういう浅はかな「アベガイナクナッタ、マンセー」の記事は出て来ると思ってました。反日暴走する韓国に、安倍総理は普通に世界に理解して貰えるよう、対韓姿勢を明らかにした訳で、「韓国憎し」ではありません。今迄の人が譲歩し過ぎてたんです。

    「文と安倍は合わない」なら誰が合うの(笑)?文こそ極端な従北恐中嫌日反米で、下ろすべきでしょう(誰がなっても用日、反日は変わらんが)。隣国の揉め事はそちらでやってくれ。

    中央日報曰く「我々には良い機会。安倍首相は実際、わが国には最悪の首相でした。」日本にとっては良いチャンスだ。安倍総理が、対韓姿勢のガイドラインを付けてくれました。

    アレ以下(緩める)ではダメ。アノ程度で下朝鮮は手も足も出なくなる(笑)。後任者はラクだよ。倒閣狙いの野党は墓穴を掘るし、すべてブーメラン。日本人のスタンダードな意識は安倍総理のおかげで変わりましたヨ!下朝鮮さん。友邦にはなり得ないから(爆笑)。

    1. ボーンズ より:

      めがねのおやじ 様
      韓国に対するニューノーマルが確立したとも言えるでしょう。
      まともに国内問題を解決できる力も無いから他国からのリソースの供給が無いと国家として危うくなる事が明確になったし。

      1. 門外漢 より:

        wsj の評では「正常な国を目指した」ということの様です。
        この評は肯けます。

      2. めがねのおやじ より:

        ボーンズ様

        レスありがとうございます。
        何事も自分で解決出来ない民族ですから、日本は関知しない、タカルな。韓国側が起こす揉め事は、WTOなり正々堂々とやり合うで良いと思います。協議は譲歩にしかならないですから。

        今のように、世界のサプライチェーンから外して行けば、即、食えなくなります。革新的な技術は全く無いですから。その為には文大統領には期間をまっとうして貰いたいですネ(笑)。

  4. 理系初老 より:

    いつも最新情報発信ありがとうございます。休みなしの毎朝5時の論考発信だけでも大変なことと存じますが、今後ともお体に気を付けてご活躍されることを祈念しております。
    さて、個人的意見失礼します。「もはや韓国は、すぐに、間をおかずに、武器を使わずに、完膚なきまで焦土化すべきです」。
    安部首相の件で、中国と韓国の対応の違いが明らかですね。安部さんの悪口を表立って言わない、頭の良い人もいる仮想敵大国の中国と異なり、かの国はもはや、Low知能のOut of 基地となりましたので、一刻も野放し・放置しておく余裕はないと考えます。かの国はオソロシアよりもさらにまともでないので、小国とは言えある意味中国より危険です。

  5. 匿名 より:

    「安倍後の日本」を率いる政治指導者が、自らの独自性を出すために、そうした近隣3カ国に対する宥和(ゆうわ)姿勢に転じ、「自由で開かれたインド・太平洋」構想が意味するものを骨抜きにするような方向に走ることこそ、一つの「悪夢」かもしれない。
     少なくとも、1970年代以降、中国との経済関係を密接にしてきた日本には、対中ビジネス上の利得を重視する層が、米国や他の西欧諸国に比べても厚く存在する。そうした層の政治的な巻き返しに抵抗できるかが問題なのである。(櫻田淳)

  6. れんげ草 より:

    「ウリに対する愛はないニカ?」の問いに「片務的要求を愛とは呼べない。現に貴国の大統領も我が国は友好国ではないと断言されておられる。従って我が国としては貴国に対する愛は無い。」と堂々と表明できる日本でありたい。

  7. 金融の素人 より:

    日米のトップが一気に変わることになると、心配ですよね

  8. はにわファクトリー より:

    なおもヒステリックなサヨク陣営へ追撃の手を緩めることとはあってはなりません。同時に、コロナになっても、米中が対立しようとも考えも行動も改めることない「ダチョウ精神満点のお花畑経済人たち」に矜持をただしめ奮起を促し進路転換を強調し続けることは日本国の未来のため重要と思います。

  9. だんな より:

    韓国の考えが、「日本の輸出管理強化」を元通りにさせるのが、一番の優先順位だというのが、わかります、
    また、日韓スワップやそれ以外の経済協力を含んで、言っているかも知れません。
    逆に考えると、韓国の一番困っている事が、「経済」だという事で、分かりやすい民族だと思います。
    その前の文章の多くは、安倍首相の劣等性を指摘して、韓国が正当(優等)だと言い張っているだけです。
    韓国は、事実かどうかは関係無く、このような論理で、上下関係を構築して、韓国に従う事が正しいと言って来る国です。

  10. 名無しさん より:

    新宿会計士さまの冷静かつ論理的な文章で中央日報の一見体裁を整えているがその実トンデモな議論が如何におかしいかよくわかりました。
    安倍首相と文在寅大統領と【両政権ともに民族主義的な性格が強い】ので仲違いしたと書いて居た箇所がありましたが、撒いて置いた前フリである【文在寅政権、引いては韓国国民自身の極端に傾いた民族主義】に関して「共に」問題、と書いて置きながらも「今後」は【韓国側が自国の民族主義(民族排外主義や自国優先のために国際法無視まで強硬する態度)を改め、手控える事で日本側と協調】という指摘がどこにもない。
    つまり「問題ある文在寅韓国は問題あるけれど、安倍退陣をチャンスとしてその問題ある態度をゴリ押しできてラッキー」というチャッカリ丸取り議論であることを臆面もなく展開しているという事になります。
    こうしたせっかく前フリして、前段に「共に問題が」と書いて置きながら、後段で収拾する際にあるべき「韓国側も反省して態度を改める事で日本と和解協調する新時代を」などという帰結にしない所が朝鮮人らしい子供じみた議論だなぁと感じました。
    「子どもじみた」というのは、たとえば任天堂のゲーム機に任天堂が違法コピーが蔓延していた時に断固として法的に対処する姿勢を見せた際に韓国マスコミが不平を書いて居た時に感じた印象と同じ印象です。朝鮮人は「大人の態度」が取れない感じですね。

    1. sey g より:

      名無し様

      社会に出れば、歳をとっても精神年齢子供の大人と出会います。
      遺伝か、社会経験か、教育か。
      何が原因かは色々ですが、一緒に働いていて なんて子供な考え方だと感じる人がいます。
      でも、もう大人なんで 言葉で何言っても矯正する事は出来ません。
      同じ様に、民族も民度と言う大人子供をはかる言葉があります。
      民度は、その民族に染み付いているので中々変わる事が出来ません。
      おっしゃる通り、韓国人は精神年齢子供です。
      なので、大人に対する様に言葉での矯正は意味が有りません。子供に対する仕方でないと駄目でしょう。

      1. 名無しさん より:

        sey gさま
        土台の議論が「両方悪かった」な事自体が常々新宿会計士さまのご指摘のように既に異常なので、韓国側が一方的に仕掛けて来た問題を韓国側が自分で反省し、「二度としません」と態度を改めてそこから「仕切り直し」しなければ本題の日韓関係修復は出来ないのですが、韓国マスコミ自身が自分で書き始めておいた前フリの議論である「日韓ともに民族主義的な」と認めた話に韓国側の歩み寄りやら反省の弁を収拾つけないで投げっぱなしな点が面白いな、滑稽だな。子どもじみたチャッカリ議論だな、と思った次第です。
        朝鮮人の中ではこのような「伏線を回収しない」半端な文章でも問題ないのでしょうか。
        本格的?な関係修復議論なんて開始以前の問題ですね。

    2. 日本史大好き より:

      名無し様
      >>「韓国側も反省して態度を改める事で日本と和解協調する新時代を」などという帰結にしない所が朝鮮人らしい子供じみた議論だなぁと感じました。

      おっしゃる通りです。韓国も大人になってほしいものですね。

      しかし、韓国人は「序列は韓国の方が上」と考える傾向にあるので、「日韓で和解協調したいならば、反省するのも、態度を改めるのも(序列下位の)日本側がするべき」と考えるのではないでしょうか。

      尚、日韓の序列意識に関しては、少なくとも李氏朝鮮時代からある様です。もはや遺伝子レベルかとwww

  11. 福岡在住者 より:

    用日全開、たかる気マンマンですね。 あっ、ヨダレが出ていますよ~(笑)
    それでも韓国らしいのは 「お願いする」のではなく「手をさしのべる」的態度を取るところです。

    また、総理の出自や先祖に注目するのであれば (彼らにとって)良心的政治家を父に持つ河野太郎氏は まさに適任ということでしょうか。

    1. 門外漢 より:

      福岡在住者 様へ
      >良心的政治家を父に持つ河野太郎氏
      確か外相になった時に、「あの河野の倅だから」って願望を言ってましたねww

      1. りょうちん より:

        「あの親日派の大統領の娘」って就任してその烙印の呪縛から逃れるためにフルスロットルで反日に邁進した大統領がいたような気がしたのですがw

      2. より:

        朴槿恵前大統領が就任した時も、あの朴正熙大統領の娘だからというだけの理由で日韓関係の「好転」を予測したメディアやヒョーロンカも、日本には結構いましたよね。
        その後彼らが己の不明を恥じたという話は聞きませんが。

  12. 徳明 より:

    一つ言えるのは、「対韓姿勢」がこれほど重視される自民党総裁(首相)選はいままでなかったということではないでしょうか。

    そういう意味では、早々に向こうから熱望されている石破さんなどは、真っ先に本命から外れる候補ですし、
    ほかの候補も過去の禍の国に関する発言などが、これからどんどん発掘されてくることになるでしょう。

    いずれにしても、次期首相の在任期限は来年9月までと決まっているのでワンポイントリリーフの意味合いが強く、高齢であることはそれほどマイナスに作用しないと思います。
    というわけで、麻生さんと菅さんの動向に注目かな。

  13. たけ より:

    なぜ石破が候補として長上がるのが、人気があると言われているのか、その理由が全く持って分からない。
    というか何で自民党の中でイデオロギーが大きく異なる奴らが出てくるのか?

    1. 名無しの権兵衛 より:

      たけ様へ
       私も、次期首相に誰が良いかという世論調査で、何故、石破茂氏が1位になるのか、理解できません。
       石破氏の話を聞いていると、噛んで含めるように教えているつもりかも知れませんが、なんだか説教されているようで、気分が悪くなります。表情も話し方も暗いし、心の底からの笑顔も見たことがありません。
       本当に、あの人のどこがそんなに良いのですかね。

    2. 阿野煮鱒 より:

      自分で情報を集め、自分で考える人が少なくて、マスゴミの扇動にすぐなびく人が多いということでしょう。

      来る総裁選が、国会議員のみ投票か、一般の党員も参加するかによって、石破氏の得票率は変わると思います。党員も投票となると、マスゴミに流される人も出るかもしれません。

      そもそも石破氏は候補者にすらなれないと予想する方もいらっしゃいます。それならいいのですが、永田町も一寸先は闇ですから、何が起こるかわかりません。

    3. より:

      これまでいかにもメディア受けしそうな発言ばかりを繰り返し、メディア内に巣食う反日分子が舞い上がった挙句にやたらと石破氏を推してるからですよ。
      そして残念ながら、メディアに露出している、持ち上げているというだけで支持してしまう情報弱者が決して少なくないということです。
      本来ならば、彼はただの泡沫候補でしかありません。

  14. かえる より:

    今、TVで櫻井よし子さんが石破さんは防衛大臣も務められていたのに、現場の自衛官に好かれておらず、自衛隊関係者から彼を総理に推す声が全くないって言い切ってしまい、石破派の議員が慌ててましたw
    フォローしようとした佐藤正久さんが、確かに自衛隊関係者で石破さんに対して厳しい意見を持つ方多いですが、と口を滑らせてしまうww
    たまたま見ていたのですが、日曜報道って番組はライブなんですかね。

    1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

      かえる様
      マスコミの中でもハプニングのようにこんな報道があるんですね。面白い。
      これからお隣に合わせてのマスコミの報道には要注意でしょう。まあ、皆様が散々書かれていますので、これくらいにしますが。

    2. 老害 より:

      かえる さま

      ハゲ親父さんが、ちらっと石破氏への嫌悪感を示されていたような…

    3. 福岡在住者 より:

      かえる様

      見てました(笑) 
      彼は時々 防衛のことに口を出しますが、的外れなことが多く 過激なこと(例えば核武装)を言って「議論しなければいけない」と結ぶのです。 結局、自分の考えがまとまっていないのに 無責任な発言をするのです。

      もともと農林族ですが、防衛大臣になった時あまりにも頼りないので 防衛省から女性の事務方を公設秘書に当てがわれたという記事を読んだことがあります。 確か今でも秘書をやっておられると思います。

      1. 心配性のおばさん より:

        福岡在住者様

        >もともと農林族ですが、防衛大臣になった時あまりにも頼りないので 防衛省から女性の事務方を公設秘書に当てがわれたという記事を読んだことがあります。

        (笑)もともと農林族で元銀行員(だったと聞いたような・・・)で、防衛については畑違いだった人が、防衛を語る。
        まあ、防衛大臣になってから勉強したのかもしれませんが、ニュース番組で拝見する限り、こちらの方々の知見を超えていない様な(笑)。

        1. 福岡在住者 より:

          心配性のおばさん様

          朝から結構笑えましたよ(笑)
          櫻井よし子さんからの直撃を受け 田村憲久議員はかなり狼狽していました。 また、佐藤正久議員の援護射撃もタイムリーで、、、。 

      2. より:

        プラモデル好きではあったようですよ。
        なんだか、戦闘機のプラモデルを大臣室に飾って悦に入っていたという記事を読んで記憶がありますので。
        そこはせめてガンプラにしておけば、”大きなお友達”の人気は得られたでしょうにねえ。

  15. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国メディアと違って、自分は間違う存在であると自覚しているので)
     経済関係など、政治がどうであれ、長期的に利益があがると思えば、企業はどんなことをしても経済関係をつなごうとします。逆に、いつ接収されるか分からないと思えば、撤退しようとします。(もっとも、会長(?)や先輩の顔を潰さないために、撤退できない日本企業もありますが)
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       韓国は、日韓関係など米中新冷戦の行方次第で、どうなるか分からないということを、分かっているのでしょうか。(日本の新総理には、南シナ海で米中が偶発的な軍事衝突するかもしれないということが分かっている人になって欲しいものです)
       駄文にて失礼しました。

  16. 農民 より:

    >第2次世界大戦の敗戦国として独自の軍事力を持ってはいけません
    ドイツ連邦軍「鉄十字のデザイン変えたよー。戦車買う?」
    イタリア軍「軍事費世界11位。」
    韓国軍「こ、降伏軍じゃなくて光復軍だから…」

    >岸が死刑を免れたのは、米国がソ連との冷戦のため日本を同盟に育てたから
    アメリカ「は?」

     世界中に難癖付けるのはやめましょう。

  17. 老害 より:

    >まさか韓国では、ナチュラルにレイシズムの思想が支持されているとでもいうのでしょうか。

    いやだな~、お人が悪い。その通りなんですよね。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > こんなに早く出てくるとは、思ってもみなかった次第です

      こちらもですね。常に初心に立ち返って、ウブでありたいという心意気でしょうか。()

  18. たけ より:

    妄想乙と言いたいとこだけど、
    最悪のケースとして石破-バイデンが誕生したら、
    それが現実になりそう。

    1. 門外漢 より:

      2℉が菅推しなので出馬は取りやめの様です。
      ちょっと安心です。

  19. やしきたかじんのルーツを今回初めて知りました。

    ルーツがあるからこそ、真剣に考えてあの様な番組ができたのだな。
    置かれた、環境次第で人はそれぞれ変わるものだ。

    そう個人的に納得しました。

  20. たい より:

    「母方の祖父の岸信介は当時の首相でした。岸は第2次世界大戦当時に満州国を作り、米国との戦争に署名したA級戦犯です。岸が死刑を免れたのは、米国がソ連との冷戦のため日本を同盟に育てたからです。」
    ・当時の首相でした。
    いつの当時の首相ですか?
    ・第二次世界大戦当時に満洲国を作り
    満洲国建国は1932年です。
    主に石原莞爾らの関東軍の関与によって成されました。
    第二次世界大戦どころか日中戦争すら始まってません。
    岸信介が満洲国に赴任したのは1936年です。
    ・「戦争に署名」って何ですか。
    岸信介が署名したのは開戦の詔書です。
    ・岸が死刑を免れたのは
    嶋田繁太郎の様な、あと一票多ければ死刑になっていた人物ならともかく、起訴すらされていない人物を「免れた」扱いは不適切です。また、岸が起訴されなかった理由はいくつかあり(開戦前の大本営政府連絡会議に不参加など)、米ソ冷戦の対策のためというのは根拠不明です。
    …短いなかでもツッコミどころが多いなあ。

    1. 阿野煮鱒 より:

      朝鮮人は、時系列に沿って物事を考えることができないのです。当然、事象の因果関係も把握できません。あの社会では、皆が皆ソレだから、別に困りません。

    2. 宇宙戦士バルディオス より:

       東條内閣の商工大臣として、開戦の閣議に列したことで、大臣としての政治責任はあるでしょう。岸には。ただ、その事実と、戦争犯罪人であったかは、全く別の問題です。彼が連合国の捜査は受けたものの、起訴すらされずに放免されたことは事実ですので、A級戦犯などではありません。また、釈放されたのは昭和23年12月24日です。逆コースと言われたGHQの対日政策の変換は、まだ先の話です(逆コースのきっかけとなった朝鮮戦争の開戦は、昭和25年6月25日)。冷戦のお陰を被ったとは言えません。
       蛇足ですが、朝鮮戦争が始まって劇的な占領政策の変更が行われ、解体した日本陸海軍を警察予備隊や海上警備隊という名称で復活の道筋を付けたこと自体、日本国憲法の制定を初めとする平和主義・民主化を掲げたGHQの占領政策が、いかに視野の狭いご都合主義的なものだったかが分かるというものです。
       総理となった岸が安保改定を実現し、半分占領状態の継続のようだった旧安保を、対等な国家と国家の条約に進化させたのも事実です。その点で、岸の総理としての功績は絶大なものがあります。

  21. 名無しの権兵衛 より:

     韓国に対しては、安倍首相や菅官房長官が常々言っておられるように、「国と国との約束を守れ」「国際法違反の状態を是正せよ」「日本企業が損害を受けた場合は強力な対抗措置を講ずる」と繰り返し発言しているだけで十分です。
     彼らには日本企業の差押財産を現金化する度胸も根性もありませんし、そのうち、内ゲバにより自滅します。
     万が一、何かの間違いで日本企業の差押財産が現金化された場合は、半導体関連3品目などの輸出全面禁止、送金停止など、国家の威信をかけて、強力な対抗措置を講ずれば良いだけのことです。
     日本政府には、現在、対中関係や対米関係など、日本の将来を左右する難問が山積しており、韓国のような低レベルの国に対してエネルギーを浪費している余裕は無いと思います。

    1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

      名無しの権兵衛様
      米中間のどこに位置するかという視点で現在の韓国を見ると、民主党政権時の日本がアメリカから離れ、特定アジアに接近していたこととオーバーラップしますね。

  22. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。投稿2回目です。

    会計士さんの【日韓関係「3つの落としどころ」】より
    もっとも可能性のあるのは③ですね。「韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する」。

    ②は無いでしょう。もし、下朝鮮を忖度し阿るような総理大臣が選ばれたら最悪です。さすがに国民が黙ってないと思う。

    ゆえに、石破氏、岸田氏(慰安婦財団設立時の外相)はご遠慮頂きたい。岸田氏は特にイエスマンとして安倍総理は買っているようですが、特段な発言、行動を見せた事がない。

    それと、79歳の麻生氏はともかく、71歳の菅氏はロートルでは無いです。50〜60歳代の河野氏、石破氏、世耕氏は勿論年齢的に十分だと思います。

    昔の方に比べて長生きですから70歳=アウト、60歳代=ギリギリでは無いですし、脳も元気です。

    ところで私が働いている某国立医療センターでは、6月末にコロナ病棟が無くなり、すべて除染し、床、壁紙、天井、ドア迄すべてリフォームしました。一般患者再度受け入れの為です。「カネあるな〜」(笑)と思ってました。

    ところが、先週からまたコロナ患者さんを受け入れ始めました。他の大型病院が一杯になった為。もう既に18床満床です。せっかく経費かけてキレイにしたのに、またコロナが蔓延。この先どうなるんだろうと不安です。

    それとスタッフへの感染。前回はセーフでしたが、侮れません。以上。

  23. カズ より:

    >今から準備して先に手を差し出さなければいけません。失われた20年といわれますが、日本はまだ経済大国です。経済から解決すればよいはずです。歴史は最後に解決しても…。

    「歴史問題で集るのは止めないけど経済協力させてあげる」ってこと??
    本当は輸出管理の厳格化だって韓国の更生を促すための救済措置なのにね。
    *理解不能です。(ワカリタクモナイケド・・。
    *****

    夢の国に居るのはオトナになれないコドモたち。
    アソコに居るのはオトナになりたくない人たち。
    そして常にメルヘン症候群を演じている人たち。

    見た目はオトナ。言動はコドモ(?)
    迷断定でコンナン・・。
    真実はいつも一つ(モナイ・・。)
    *救えません。

  24. 伊江太 より:

    まあアホラシイ!の一言でかたづけられる雑文ですが、これがカノ国を代表するような大手新聞の署名入りのコラムとはね(笑)。また、あまりに多すぎる事実誤認と曲解のひとつひとつを摘出して、反論を加える新宿会計士さんの根気強さというか、誤った言説を見過ごしにはできない姿勢には、敬意を表さざるを得ません。

    ちょっと突拍子もないようですが、この槍玉に挙がっているコラムを流し読みして頭に浮かんだのは、特殊相対性理論のイメージ。安倍自民党政権とおそらく大多数の国民が乗り合わせいる宇宙船「日本号」から見ると、小惑星Kは光速に近い速さで遠ざかりつつある。時間、距離という尺度も、そこに流布する価値観も、まったく違ってるんだから、そもそもすりあわせをやるなんて物理学的に不可能。そうとでも考えておくしかないんじゃないかなぁ。

    虚偽虚飾をベースに捏ねあげられたウリ史観だの反日教育だのについて、文句を付けてみても仕方が無い。アチラの座標系ではそれが正しいんでしょうから。元々は戦時中の偏狭な国粋主義への反省から始まった戦後民主主義の流れも、その一部が固定化・観念化・疑似エリート化して、ついには自虐史観と言われるところまでワープしてしまっては、そうしたあたまの持ち主は、小惑星Kに軟着陸して、押しかけ乗客になるくらいしかないのでしょう。

    そういう特殊というか、特異な座標系のことなんか放っておいて、気をつけるべきは我々自身の座標系に歪みがないか、よりグローバルな観点からの、一般相対性理論的な、絶えざる点検作業でしょうね。

    1. 宇宙戦士バルディオス より:

       日本を代表するクオリティーペーパーにも、おかしな社説は載りますから、韓国ばかりを馬鹿にはできないかと。
      https://www.youtube.com/watch?v=1zCBiEolUV0
      『朝日新聞の歌 -メタル戦士-』
       ねつ造歪曲でっち上げ 凄いぜ いかすぜ 朝日
       環境破壊の求道者 忘れちゃいないぜ サンゴ礁♬

       頭のおかしい者は、国を問わず現れます。ただ、その数が相対的に多いか、少ないか。権力を握るか、握らないかの違いはありますが。

  25. 愛知県東部在住 より:

    昨夕、産経新聞が安倍首相の辞任後に期待する韓国メディアの紹介をしていました。

    【韓国紙、安倍首相辞任を1面で報道 批判の一方で「新たな機会」】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ae8a53074e9e57b8b5255f219a64ee90b37c4f8b

    朝鮮日報・ハンギョレ・東亜日報の3紙のみですが、まぁ中身はいずれも似たり寄ったりです。ただ東亜は「日本の対韓政策の基調がすぐに変わるのは難しいとの展望が優勢」としつつも「安倍氏の辞任は「(日韓関係改善の)新たな機会となり得る」と主張した」そうです。

    結局彼らは、自分たちは何も変わらないし変わる必要もないと考えているようです。過去の自国の行いを振り返ってみるといった自省も全くありませんし、ただただ日本が自国に擦り寄ってくることのみを期待しているだけです。

    この度しがたい韓国メディアの自己チューと現状認識能力の欠落ぶりは、何も今に始まったことではありませんが、本当に救われない人たちだなと改めて思い知らされました。玩具売り場で床にひっくり返って手足をバタバタさせ玩具をねだる、躾のなっていないガキを連想せずにはいられません。

    メディアですらこの有様ですから、政治家をも含め一般の国民たちなど何をか言わんやでしょうね。

    またまた「我れは心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり」という福沢諭吉先生のお言葉を噛みしめているところです。

    1. 阿野煮鱒 より:

      ほぼ同意ですが、一点だけ異論を。

      > メディアですらこの有様ですから、政治家をも含め一般の国民たちなど何をか言わんやでしょうね。

      日本のみならず、米国でも欧州でもメディアの偏向は酷い物があります。2016年の合衆国大統領選挙では、全米のメディアがヒラリー一色でした。露骨な偏向です。日本の場合はご存じの通り、現実世界とメディア世界は平行宇宙のようです。朝日新聞や毎日新聞に書いてある記事がデタラメだから「政治家をも含め一般の国民たちなど何をか言わんや」とはなりません。

      恐らく、新聞がその国の民度や世論を代表する時代は終わっているのではないでしょうか。(終わる前に、始まったことが無いかもしれません。)

      韓国の場合、朝鮮日報と中央日報は保守系新聞というということになっていますが、二紙の毛色は異なっています。私の印象では、朝鮮日報は、日本が絡まなければ割と論理的で冷静な記事を目にすることができます。対する中央日報は、読者に媚びた下劣で扇情的な記事が多く、もはや保守紙とは呼べないイエローペーパーに成り下がっている感があります。

      私がよく引き合いに出す「イルベ民」達は、韓国の中でも保守的性向が強い住民が集うところで、政府のお為ごかしに対し冷ややかな意見が多数寄せられます。しかし彼らは少数派です。実社会で意見を表明すると「土着倭寇」と吊し上げられますので沈黙するしかありません。

      私は「韓国にも冷静な人はいる」とか「現政権のことは嫌いでも、韓国人のことは嫌いにならないでください」とか言いたいわけではありません。ただ、メディアの主張をその国の代表的意見だと見做すと、実態とは異なるものを見る可能性があると言いたいだけです。

      国際メディア連合とでもいうのでしょうか、各国のメディアは相互参照して記事を書きます。NYTもWSJもBBCも朝日新聞の記事を反映して反日メディアになっています。私はドイツ語が読めないのですが、川口マーン惠美氏によれば、ドイツの新聞の反日ぶりは目を覆うばかりだとか。劣化はATMだけのものではない、と思います。

      私は、今回の中央日報の記事は/も、プレジデントオンラインの麹町文子氏の記事のような扇情記事だと見ています。量産型韓国人読者の劣情に訴えることが目的のポルノです。

      1. 愛知県東部在住 より:

        阿野煮鱒 様

        ご意見ありがとうございます。
        不同意の部分へのご説明をさせて頂きます。

        私は阿野煮鱒 様程のウォッチャーではありませんから、韓国メディア各紙のキャラの微妙な違いや特徴を詳しく腑分けできる立場にはありません。ただ朝鮮日報や東亜日報などはハンギョレとか中央日報のような極端で扇情的なメディアとは一線を画しているのかな、程度の認識は持っています。

        その程度の観察者にすぎない私でも、次の事ははっきりと言えます。
        それは、殊日本や日本人が絡むニュースとなると、韓国のメディアは保守リベラルの違いを超えて反日卑日の姿勢で凝り固まってしまう傾向がある、ということです。私は今の韓国では反日というものが、もはや誰もが逆らえない大義となっており、半ば宗教化しているとでもいえそうな、原理のようなものになっていると考えております。

        そしてこの原理は韓国メディアだけではなく、政界でも左右のあるいは与野党の違いを超えて彼らが一致できる共通項となっており、国民の間にも深く浸透しています。

        仰る通り朝日が与太記事を飛ばすからといって、日本国民すべてがATMのような愚か者であるとはいえないでしょう。

        しかし日韓の違いは、日本ではATMのようなイエローペーパーでも出版や表現の自由は許されていることです。韓国で産経のような論調のメディアがあれば、たちまち国民の手で焼き討ちに遭うでしょうし、その前に現政権であれば堂々と弾圧してしまうでしょうね。

        韓国にも一部に冷静な記者がいるのかもしれませんし、良識ある知識人はいるとは思っています。経済人の中には日本の本当の実力を知り、それなりに敬意を持ってくれる人もいることでしょう。しかし、そういった人たちは表だって発言しません。すれば当然何らかの圧力が掛けられるでしょうし、下手をすれば社会的に抹殺されてしまうことも普通にあり得ます。

        だからそういう人たちの声は公式の場では全くと云っていいほど表には出てきません。せいぜい匿名の掲示板でごく少数派としての意見としてしか見えてこないのです。

        以前はここまで酷くなかったようにも思うのですが、朴槿恵政権登場の頃からこの傾向は次第に勢いを増してきており、現文在寅政権ではそれが更に急進化しています。

        私が申し上げたかったのはそういうことですが、些か言葉足らずだったかもしれません。
        これからも忌憚のないご意見をよろしくお願いします。

        1. 阿野煮鱒 より:

          > 半ば宗教化しているとでもいえそうな、原理のようなもの

          反日ドグマですね。そしてそれが固着化し、肥大化し、とどまるところを知らないのは、だんな様の仰るところの「反日モンスター」の暴走ですね。

          愛知県東部在住様は、反日ドグマが主であり、韓国メディアは従である、従って韓国メディアの論調は民意の表れである、ということだと思います。それなら異論はありません。

          因みに、比較的冷静なイルベ民も、左派政権に批判的なだけであって、根本は反日か用日ですので、彼らと我々が手を携える未来はありません。

          それでも、韓国社会は案外、多様で重層的だと言いたかったのです。漢字を復活させろという人もいますし、日本が大好きな人もいます。韓国旅行では、沢山の韓国人に助けられました。そういう人たちとの個人的交流にほだされて親韓派になるつもりはありません。むしろ切って捨てにくい分、反日感情むき出しな韓国人よりも厄介だと思います。

          1. 愛知県東部在住 より:

            阿野煮鱒 様

            反日ドグマですね >

            そうです、その言葉が出てこず、ついつい長々しい説明になってしまいました。
            近頃加齢のせいか、失語症的症状が時折り表れるようになってしまいました。年は取りたくないものですね。(笑)

            ここ十年ほどの韓国を見るに、この反日というドグマの罠に国全体が陥っているように思えてなりません。ドグマとは宗教宗派による教義とWikiでは説明されています。いわゆる教条主義を意味する言葉なのですが、「教義」である以上韓国人はもはやこれに逆らうことはできないのです。

            もし韓国人がこれを拒絶しようとすれば、呉善花氏やシンシアリー氏のように国外へ脱出(亡命?)するしかなくなると考えています。ゆえに様々な諸事情で国内に残らざるを得ない人々は、貝のように沈黙するしかありません。

            語弊があるかもしれませんが、私は韓国は日本のように言論や表現・思想の自由が保障されている国家ではないと思います。信じられないことに、親日法のような過去に遡って断罪できる「遡及法」が当然のように罷り通っている、前近代的国家なのです。このことを我々日本人はもっとよく考えなければならないでしょう。

            韓国は外見上、民主的な自由主義国家を装ってはいますが、その中身はまるでアジア的専制主義体制といってもいいほど独裁的且つ独善的な前近代的 国家なのです。

            その傾向は、朴槿恵政権文在寅政権と、政権が替わっても、あるいは替わったからこそ、近年ますます強くなってきたようです。

            「我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」

            私が韓国のことを考える時、必ず脳裏に甦る福沢諭吉先生のお言葉です。

      2. パーヨクのエ作員 より:

        阿野煮鱒様

        >(終わる前に、始まったことが無いかもしれません。)

        眼から鱗の素晴らしい一文です。
        当方も同意します。
        良く考えるとメディアの健全性とは実は「幻想」であると引いた見方が正しいと思います。

    2. 名無Uさん より:

      愛知県東部在住様へ

      韓国は変わらないでしょう。
      変わらないまま、北朝鮮と中共に飲みこまれていくでしょう。しかし、日本は変わらなくてなりません。
      日韓関係がさらに悪化する方向へ、です。
      これから、韓国で中共の軍門に下っていくであろう企業とは、日本は手を切っていかなくてはならなくなるでしょう。
      サムスンやSKハイニクスなどは韓国の代表的な保守派の財閥です。日本の与野党議員の主流派は、韓国保守派を助けたくてたまらない親韓傾向のある議員で占められています。にもかかわらず、これからは積極的に韓国財閥を見捨てていかなくてはならない。
      できなければ、日本はアメリカに対する裏切り者となります。これが次政権の最大の試練となるでしょう。

      なんのために、21世紀に入ってから、ネットでハングル板(ハン板)が立ち上がり、エンコリがあり、現在、韓国ネタを扱うブログが隆盛を極めているのでしょう?
      すべてはこれからの日本の葛藤、試練に対処していく目的に集約されていたと言ってもおかしくはないと思っています。
      いづれは韓国財閥を滅ぼすためのZ旗を掲げなくてならない時が来るでしょう。
      韓国保守派の力の根源である財閥を滅ぼすことに日本が力を貸すことは、青瓦台や韓国の左派からすれば歓迎すべきことです。ですが、それでは韓国が助けるべき北朝鮮への糧道まで塞がってしまうことに気がついた青瓦台はひよりぎみになっています。
      日本は韓国からの悲鳴に耳を塞ぎ、中共包囲網を完成させなくてはならない局面に入っていると分析しています。

      1. 愛知県東部在住 より:

        名無Uさん 様

        返信ありがとうございます。

        韓国は変わらないでしょう >

        同意します。少なくとも韓国は自分から変わることないと考えています。

        エンコリ >

        懐かしい言葉ですね。(笑)
        私が韓国に興味を抱くようになったのもこの掲示板がきっかけでした。これが惜しまれつつも(?)閉鎖されたのは2009年頃だったかと思いますが、その頃より日韓間の軋轢が次第に深刻化してきたと思います。

        それまでは韓国人とも割と和気藹々とやりとりできていたと思いますが、互いの言葉がだんだん先鋭化してきて板の雰囲気もギスギスとしてきたなと思っていたら、ある日突然閉鎖の通知があり呆然とした思い出があります。またその板で知り合った私のとっての「韓国在住日本人」氏と、名古屋や大阪で、あるいはソウルでいっしょに酒を酌み交わしたのも良い思い出となっております。

        すみません。懐かしい言葉を久しぶりに目にしたので、思わず話が逸れました。

        とにかく私としては、阿野煮鱒様への返信にも書いたとおり

        「我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」

        という心境であります。

  26. 匿名 より:

    やっぱり出ましたね。犬畜生にも劣る韓国人の発想がよく表れた文章です。人間、どうすればここまで品位を落とせるかと言う、見本の様なものですね。あ、お犬様。半島人とひき比べてしまって、申し訳ございません。

  27. ばぷた より:

    半年後くらいに、
    K国「これならアベの方が良かったニダ」
    ・・となっていたら良いな、いやきっとそうなるでしょう。

  28. より:

    「首相の交代によって日本政府の対韓姿勢に変化があるかもしれない」だけに留めておけば、「あり得るかもしれないね」で済む話なんですが、余分なことを書くから、根っからの品性下劣さ、現実把握能力の無さ、時系列認識能力の無さなど、韓国人の知的欠陥ぶりが暴露されてしまうという記事の典型でしょう。
    同レベルの記事は過去にも大量生産されてますし、大学教授という肩書でさらに低レベルのコラムも量産されているので、今更驚きません。

    どうやら韓国人は「日本」が関係すると、いきなり知能指数が200ほど低下する傾向にあるようなので、そういう扱いをしてやることこそが必要なのでしょう。

  29. 理系初老 より:

    皆さんシンシアリーさんや楽韓さんも愛読されていると思いますが、その中でも私は以下の楽韓さんの題目の付け方が大好きです。
    「韓国の主張○○—おまえはなにを言っているんだ」

    1. だんな より:

      理系初老さま
      長く、韓国ウオッチャーに愛されてる台詞です。
      決まって使われる画像は、これです。
      https://blog.goo.ne.jp/z750f_2006/e/a5723a25d5bbae184f85ba86f2098d5f/?img=f4d3dcaa14af715b32cb212610f08da0

    2. たい より:

      理系初老さまのコメントと上記12:21の龍さまのコメントと、12:30の楽韓webさま記事とあわせ見て少しクスっとしました。

  30. 錆兜 より:

    またアレが必要になるでしょうね、、、

    後頭部用のヘルメット

  31. 心配性のおばさん より:

    中央日報のこの記事って、誰に向かって発信しているのかしら?

    日本人の読者というのであれば、このご時世です。寄ってたかって、論破され跡形もなく玉砕されますのに。

    やはり、母国人ですかしらね。どんな細い蜘蛛の糸(安倍総理辞任)でもよりだして、経済不安にあえぐ韓国民の前に垂らす。

    韓国のことは置いておくとして、私ども日本人は、ここまで来た対中対韓政策を後戻りさせるような施政者は御免被りたい。選挙権は無いのですけどね。

    いまのところ、石破さんには芽がなさそうに思えますが、永田町の論理あたりでどういう土壇場があるか分りません。

  32. きたたろう より:

    >「今から準備すべき」、「経済から解決すべき」といった、具体性がまったく伴わない主張に、何か意味でもあるのでしょうか。

    韓国の政治家、政府高官、大学教授は「~べき、~ねばならない」いわゆるべき論が多いですね。
    そう言いながら結局はなにもせず、日本が何かしてくれるのを待ってる感じです。
    韓国のこうした「絶対正義」外交がどこまで続くのでしょう?
    NZ とのセクハラ問題もNZ に対して「無礼だ」とか発言してるし、1ミリも譲歩しない彼らの外交姿勢は世界から孤立するだけだと思うんですが、呆れるばかりです。

  33. 匿名 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    以下のサイトに自称徴用工問題の判決文がありますが、
    それを読んで当方が思った自称徴用工問題の結果が
    管理人様の列挙以外にあると思います。

    http://justice.skr.jp/koreajudgements/12-5.pdf

    ⑤日本が徴用工問題にて誤った対応を行うことで天文学的な慰謝料を国際社会で支払う事を強要され、日本全土が借金のカタに他国の主権に分割され消滅するポーランド化若しくは他国の主権に全土を占領されて消滅するチベット化の運命を辿る。

    上記リンク先の判決文の危険性は以下の3つが前例として実施されることです。

    ①日韓基本条約で謳われた相互の請求権の放棄することを死文化した。
    ②歴史的不法行為に対する慰謝料を国家間で受け渡しした。
    ③歴史的不法行為に対する時効は存在しないことを日韓で歴史的な正当行為として認識した。

    上記3点を前例として機能することをk

    1. パーヨクのエ作員 より:

      いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

      作成中に送信しました。すみません。

      以下のサイトに自称徴用工問題の判決文がありますが、
      それを読んで当方が思った自称徴用工問題の結果が
      管理人様の列挙以外にあると思います。

      http://justice.skr.jp/koreajudgements/12-5.pdf

      ⑤日本が徴用工問題にて誤った対応を行うことで天文学的な慰謝料を国際社会で支払う事を強要され、日本全土が借金のカタに他国の主権に分割され消滅するポーランド化若しくは他国の主権に全土を占領されて消滅するチベット化の運命を辿る。

      上記リンク先の判決文の危険性は以下の3つが前例として実施されることです。

      ①日韓基本条約で謳われた相互の請求権の放棄することを死文化した。
      ②歴史的不法行為に対する慰謝料を国家間で受け渡しした。
      ③歴史的不法行為に対する時効は存在しないことを日韓で歴史的な正当行為として認識した。

      上記3点を前例として機能することを確認したら当方が韓国人ならば前期倭寇で日本人が韓国人に行った歴史的な不法行為への慰謝料を「遅延した延滞利子を複利で含めて」請求します。
      これは無理筋と当方は思いません。
      日本の統治組織は前期倭寇の期間を含めて全て天皇による権威の承認によって統治されてきたからです。

      当方が韓国人ならば上記法理と自称徴用工で行った日本の韓国への前例に基づきICJに延滞利子を含めての慰謝料を請求します。
      ありがたい事に韓国人全て両班の出自ですから過去に行った歴史的不法行為に対する慰謝料請求権を保持しているでしょう(笑)。

      過去に不法行為で自分の祖先の大事な(笑)領民が日本人による時効のない不法行為で死傷したのです(笑)。
      慰謝料請求して何が悪いのでしょうか(笑)
      日本は天皇という同一権威によって統治されてきた国家です。
      責任をもって延滞利子を含めて払うモノを払うべきではないでしょうか(笑)
      なお600年ほどの延滞期間に複利で1割ならば10の18乗倍に慰謝料は増えますし5%でも10億倍以上増えます。
      これは一件の慰謝料請求ですので韓国人全員が両班の立場で受けた歴史的不法行為の慰謝料の総額は凄い事になるのではないでしょうか(笑)。

      日韓基本条約で請求権の相互放棄をどうこう言っても遅すぎます(笑)
      自称徴用工に対する判決での日本の対応(日本人のお人好しに基づくウッカリ払い)でもはや死文化しているのです(笑)。

      ICJの場で自称徴用工判決の意味を説明するならば

      前例が既にある

      この一点でICJによって慰謝料支払いが命じられるのではないでしょうか(笑)

      後は周囲の大国を巻き込んで日本から「力ずく」で慰謝料を取り立てて貰えば良いのです(笑)。
      これによって日本がポーランドやチベットの運命を辿ることになり借金のカタに主権を剥奪され消滅する憂き目にあうと思います。

      安倍前首相ならば心配することはないですが、後任の人間はどうか凄く心配です。

      以上です。駄文失礼しました。

  34. タナカ珈琲 より:

    日韓の経済関係の好転、、、、、
    ワタシはK国の関係の好転には……、興味ないなあ。

  35. 匿名 より:

    K国内の経済問題の多くは、自国内の問題に起因するんだけどね。
    しかも、経済に対してのインパクトが大きいモノばかり。
    ・最低賃金
    ・失業率
    ・労働組合
    ・不動産
    ・少子化
    ・コロナ
    仮に、何かの間違いで日韓の経済関係が改善されたとしても、この主な問題は日本とは関係無いので、K国の経済問題は何も解消されない。
    ま、それが判っているからこそ、国内の問題から目を逸らそうとしているんだろうけどね。

  36. WLT より:

    お疲れ様です。

    中央日報コラムの末尾文面については
    新宿会計士さんも本当はわかっているんじゃ無いですか?(笑)
    韓国のいう「関係改善」とは
    相手に対して主導権を握る「掌握と征服」だと。

    つまり韓国は、今までの日韓関係について
    征服している感覚でいたという事です。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。