「安倍辞任で韓日関係は良くなる」は本当か?

安倍総理の辞任そのものについては、先ほどの『安倍総理に感謝、そして後継者選びのポイント』で論じたとおりですが、本稿ではこれに関連し、もうひとつの重要な論点を議論しておきたいと思います。それは、これから韓国メディアを中心に出てくるであろう「安倍総理の辞任により日韓関係は『好転』するのか?」という論点です。「好転」が何を指すのかは不明ですが、結論的には、日韓の距離がさらに開くという点に関しては、トレンドとして変わることはないと思います。

安倍総理と日韓関係

安倍晋三総理大臣の辞職については、先ほどの『安倍総理に感謝、そして後継者選びのポイント』でも議論したとおりですが、ついでにもうひとつ、「おそらくこんな議論が出てくるであろう」という想定で、今のうちに是非とも展開しておきたい考察があります。

当ウェブサイトを訪れてくださる方であれば、隣の国の日本に対する異常な振る舞いに対し、誰しも多少たりとも関心がおありだと思います。おそらく、論者の立場を問わず、2012年から2020年にかけての期間、日韓関係がかつてなく冷え込んだという点についてはご賛同いただけるでしょう。

つまり、時期的に第2次安倍政権以降と重なっているため、「アベが日韓関係を破壊した」、といういわんばかりの論調が、来週以降、日韓双方から同時に出てくるのではないでしょうか。

「安倍首相が退かない限り、日韓関係は改善されない」

そういえば、数日前の『「安倍は嫌われ者、病弱、無能」という罵詈雑言の末路』では、韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に掲載された次の記事を紹介しました。

和田春樹名誉教授、「安倍首相が退かない限り、日韓関係は改善されない」

「安倍晋三首相が退かない限り、日韓関係は改善されないでしょう」日本政府が昨年7月、半導体素材3品目に対する輸出規制や輸出手続きを簡略化できる「ホワイト国」(輸出優遇国)のリストから韓<<続きを読む>>
―――2020/08/27 08:26付 東亜日報日本語版より

これについてはすでに紹介したとおり、2018年10月と11月の自称元徴用工判決による韓国の国際法破り、2019年7月の日本による対韓輸出管理適正化措置という「日韓関係悪化」の流れを変えるためには、安倍総理が退陣しなければならない、と述べるものです。

このリンク先記事、ハッキリ申し上げて理論性もなにもありませんが、ただ、右派・左派を問わず、韓国メディアにはこの手の主張が本当にたくさん掲載されています。いわば、「極右の安倍(総理)が韓日関係を悪い方向に破壊してきた」、という主張ですね。

日韓関係悪化の要因は一方的に韓国が作った

当ウェブサイトに言わせれば、日韓関係が悪化した理由は、シンプルに、韓国が国を挙げて、日韓友好に反する非合理な行動を取ってきたからです。

李明博・朴槿恵・文在寅の各政権下で発生した事件のほんの一例
  • ①ソウルの日本大使館前に慰安婦像設置(2011年12月)
  • ②李明博大統領の竹島上陸・天皇陛下侮辱発言・野田首相の親書返送(2012年8月)
  • ③安倍晋三総理大臣による米上下両院合同演説の妨害(2015年4月)
  • ④明治期の産業革命関連施設の世界遺産登録妨害(2015年7月)
  • ⑤釜山の日本総領事館前に慰安婦像設置(2016年12月)
  • ⑥旭日旗騒動(2018年9月頃~)
  • ⑦自称元徴用工判決問題(2018年10月30日、11月29日)
  • ⑧レーダー照射事件(2018年12月20日)
  • ⑨国会議長による天皇陛下侮辱事件(2019年2月頃)
  • ⑩日本による韓国向けの輸出管理適正化措置(2019年7月1日発表)
  • ⑪慰安婦財団解散問題(2019年7月までに発生)
  • ⑫日韓請求権協定の完全な無視(2019年7月19日に完成)
  • ⑬日韓GSOMIA破棄騒動(2019年8月22日~11月22日)
  • ⑭対日WTO提訴騒動(2019年9月11日~11月22日、6月2日~)
  • ⑮日本人に対するビザ免除措置の停止(2020年3月9日以降)

これらのなかでは、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下で発生したもの(つまり⑥~⑮)が、質、量ともに群を抜いていますが、べつに文在寅政権下で日韓関係が悪化したわけではありません。

古くは2012年8月に、李明博(り・めいはく)大統領(当時)が竹島に上陸し、天皇陛下(現在の上皇陛下)を侮辱し、野田佳彦首相(当時)の親書を郵便で送り返すなどの狼藉を働いたことで、日本の対韓感情が大きく傷つき始めたのです。

上皇陛下侮辱発言、自称元徴用工問題

昨年の『【速報】「韓国に親しみ感じない」が初めて7割を超過』でも紹介しましたが、2019年12月20日に公表された最新調査に基づけば、日本国民の7割超が韓国に「親しみを感じない」と回答しています(図表)。

図表 日本人は韓国に対して親しみを感じているか?

(【出所】『外交に関する世論調査(令和元年10月)』より著者作成)

ただ、この図表をよく眺めていくとわかりますが、日本人の対韓感情が悪化に転じたのは、明らかに2012年の李明博元大統領の「狼藉」の直後であり、朴槿恵、文在寅の両政権を通じて、「親しみを感じる」と「親しみを感じない」が再逆転することはなかったのです。

そして、自称元徴用工問題などが浮上した2019年には、日本人の対韓感情がかつてないほどに悪化していることがわかります。

いずれにせよ、こうした事実関係を丹念に追っていくだけで、韓国の一方的で非合理・非友好的な行動の数々がもたらしたものであり、日韓関係悪化の理由は「安倍政権の極右的な政策」がもたらしたものではないということは、明らかではないでしょうか。

「ポスト安倍で韓日関係が好転する」というぬか喜び

さて、韓国メディアなどを読んでいると、彼らの一部には、自称元徴用工問題や対韓輸出管理適正化措置などに関し、「ポスト安倍」が韓国に対して「譲歩」をすることに対する期待もあるようです。

当ウェブサイトでも、韓国に対して意味不明な譲歩をしようとする政治家が自民党内に存在することに対し、しばしば懸念を表してきました(たとえば日韓議連の河村建夫幹事長の動きについては、『河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」』などもご参照ください)。

ただ、8年弱の安倍政権は、安倍晋三総理大臣の強力なリーダーシップがあったことも事実ですが、実際にはさまざまな社会的コンセンサスを形成することを重視してきた政権だったのではないかと思います。

実際、韓国を輸出管理上の「(旧)ホワイト国」から除外する政令改正案に対しては、パブコメに応じた4万人を超える人々の9割が、これに賛意を示したほどです(『世耕経産相が丁寧に説明の一方、ホワイト国除外に9割賛同も』等参照)。

従来の日本政府であれば、「日韓関係を重視するあまり、原理原則を捻じ曲げてでも韓国に譲歩する」といった姿勢を示したかもしれませんが、現在は、すくなくとも自称元徴用工問題や対韓輸出管理適正化措置を巡って、韓国に変な譲歩をすることは、国民世論的にも許されないでしょう。

いずれにせよ、「アベが辞めたら日韓関係は良くなるだろう」などと主張していらっしゃった御仁が、今後、どのように見解を変えていくのかが楽しみでならないのです。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    日本人には、こういう感覚が理解できません。
    「アベは嫌いだけど日本人は別」みたいなすり寄りも。
    少なくとも私は、朝鮮人は嫌いだけど文大統領は支持しています。

    政府による今後の支援に不安を感じる企業は、脱下朝鮮を加速させるのではないでしょうか ?
    無意味な質問を繰り返して安倍総理を長時間国会に縛りつけ健康を損なわせた特定野党と、その背後にいる勢力は、完全に潰すべきでしょう。

    1. 元マスコミ関係の匿名 より:

      イーシャさま

      少なくとも私は、朝鮮人が嫌いなので文大統領を支持しています。文在寅大統領はその天才(天災?)ぶりを発揮して反日国家をダメにしてくれています。
      とにかくパラサイトしているダニは退治しなければならないニダ。

    2. 老害 より:

      イーシャ さま

      >少なくとも私は、朝鮮人は嫌いだけど文大統領は支持しています。

      激しく同意します。
      文ちゃんは、このまま変わらずにいてほしいです。溝を深める活躍をお祈りしております。

    3. ついでに、習近平氏にもできるだけ長く主席の座を維持して頂ければ。

  2. sey g より:

    対韓関係は、日本が原理原則を曲げて譲歩したのが悪化の原因。
    韓国が甘えてきたら、棒で叩いていたらここ迄悪化しなかったと思います。
    韓国は、日本の譲歩以外手が無い事を日本が学習してると思うので、総理が代わっても対韓外交は変わらないと思います。

    1. 墺を見倣え より:

      > 対韓関係は、日本が原理原則を曲げて譲歩したのが悪化の原因。

      仰る通りですが、日本が自発的に原理原則を曲げて譲歩したのでしょうか?
      「日本に原理原則を曲げて譲歩させた」のは、米民主党の圧力という事は御座居ませんか?

      認知症のバイデンは、自分が仲介した慰安婦合意なんて、文在寅が一方的に反故にした事も含めて忘れているカモ知れません。
      文在寅は、時間を稼いで、バイデン大統領になって、「徴用工合意」に乗り出してくれる事を期待している可能性が考えられます。

      米国が民主党政権になると、日本に色々厄災が降って来そうな予感がします。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国如きがどんな夢想をしていようが気にしません。しかしこれまでの無礼、約束破り、条約無視、解決済みを蒸し返し、永遠に日本に謝罪を要求するダニ国が下朝鮮です。

    これらを止め、日本の積年の世話と支持、思いやりを真摯に受け止め、二度と反日行動をしない、友邦関係に勤めると全国民が誓わないと(無理だな 笑)、日本は下朝鮮を相手にせず、敵性国とみなします。

    サプライチェーンから外され、金融制裁受けたらマジ、半島国は崩壊するヨ。

    「ポスト安倍で韓日関係が好転する」というのはぬか喜びどころか『更に悪化する』という前触れですわ(笑)。他国の事はほっといて!

  4. WLT より:

    お疲れ様です。

    多くは語りませんが、一言いうなら
    「やはり韓国はどこまでも、何をするのも他人任せだな」
    と。

    あと、韓国のいう「改善」や「友好」は
    日本人が思っているような意味ではないことを
    未だに理解できない自称識者の方々が
    まだ沢山いるというのも、歯がゆい気持ちになります。

  5. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    ブログ主様
    お隣のやることが非常識なのは対ニュージーランド、対ラオス、対インド、まだまだあります。ちゃんと対応している相手国を探す方が難しいです。中国・北朝鮮くらい?それもまた何をされても耐えるという変なものですが。皆さん書かれる通り、上下でしか対応できないんでしょうね。
    まあ、こういった事例が知れ渡れば世界の孤立国となっていくでしょう。

  6. 定年前のサラリーマン より:

    私は安倍総理だったから韓国との関係は「この程度」で済んでいた、と考えています。誤解を恐れずに言えば安倍政権は「親韓政権」だったと思います。
    通常、他国から韓国にように様々な嫌がらせや言いがかり、軍事物資の横流しや北朝鮮との瀬取り、レーダー照射問題、韓国の日本海領有への野心を見れば十分に制裁に値しますが安倍政権は徴用工問題で日本企業の資産が差し押さえられても制裁発動をしませんでした。
    今後の米中戦争の行く末を睨むと日本の生き残るためにはアメリカと協調して行くしかなく。そして中国・韓国は安倍総理というG7階層の対話ルートを失いますから彼らは益々孤立化するでしょう。
    次の内閣は誰が総理大臣になってもアメリカとの連携を強化した戦時体制を睨んだものになると思います。反日・反米勢力の違法な工作活動は排除・取締が強化されていくと思います。

  7. 阿野煮鱒 より:

    韓国が「ポスト安倍で韓日関係が好転する」と期待することは、あながち間違いではないと思います。日韓関係がどうなるかは、原理原則を貫ける人物が総理大臣になるか否かで簡単に変わります。

    次期総理が石破氏だったら、積極的に韓国にすり寄りかねません。岸田氏だったら、世論というなのマスゴミ捏造に流されて韓国のいいなりになりかねません。

    二階氏を始め、自民党には日韓議連のように韓国に利益供与したくて仕方がない人々少なからずいますので、石破・岸田路線なら悲惨な「逆コース」が起こるでしょう。

    今はせめて、次期総理適格者に関する議論を深めて、マスゴミの工作をかき消して参りましょう。

  8. ちかの より:

    去年も日本の参議院選挙が終わったら~、とか言って期待していたような?
    自分たちは無為無策な上に反日ばかりしているだけで、どこに日韓関係が変化する理由が?
    悪化する理由があっても、好転する理由がどこにあるのでしょうか?
    もっとも、韓国にとって韓米関係は深刻化(www)しているらしいので、それに習って日韓関係も深刻化するばかりかもしれませんが、ねー。

    1. だんな より:

      ちかのさま
      誰が総理大臣になっても、気に入らなければ、祖先まで中傷されるのは、間違い無しだと思います。
      河野さんだと、父親の話になるでしょうね。親の思いを世襲しない、親不孝者だとでも言うでしょうか。
      新たな河野談話が、出来る事を期待しようと思います。

  9. だんな より:

    G20の前、参議院選の前、無意味に韓国は、関係改善を妄想しましたが、何も変わりませんでした。
    韓国は、新しい総理が外交上のポイントが欲しくて、日韓関係の改善に向かうのでは、無いかという期待です。
    日韓関係の改善(日本の譲歩)は、政権にとって地雷でこそあれ、評価にはなりません。
    私は、どちらかと言うと、安倍首相は親韓だと思いますし、夫人は、明確に親韓です。
    安倍首相は、好き嫌いで外交をしていた訳では有りません。日本の国益や、世界の自由経済を守る、力による現状変更に対抗する、などの方針に基づき、外交をしていて、その中で韓国外交は、国際ルールを守らない国への対応を、していただけだと思います。
    多分チームスタッフ(ブレーン)が居て、相談しながら総理大臣をしていたのだと思います。
    細田派は、安倍首相に次期総裁選挙の派閥対応を一任するようですから、院政にはならなくとも、影響力を持つとなると、政策に一貫性を持たせる為に、現在閣僚を務めている人を選ぶように思います。
    びっくりしたのは、河野太郎氏の人気(Yahooアンケートで67%)です。河野さんが、総理大臣になれば、日本から譲歩することは、無いでしょう。
    安倍首相の時代に日本が、国際法違反の国に譲歩する状態では、無くなったんだと思います。

    1. 阿野煮鱒 より:

      河野太郎氏は「次善之策」かもしれません。

      彼に一つだけ不安があるのは、皇統に対する理解が浅いことです。この件に関しては、竹田恒泰氏が舌鋒鋭く批判していました。
      https://www.youtube.com/watch?v=wskBIf0cxO8

      「ぼくがかんがえるりそうのそーりだいじん」などいない事は承知です。皇室問題に彼が関与する機会が訪れなければ、日本のために活躍してくれるのではないかと思います。

      1. だんな より:

        阿野煮鱒さま
        安倍首相が、長年かけて憲法改正は、絵に書いた餅でした。河野さんが、皇室典範まで変えるには、何年かかるかと思います。
        また、個人の考えだけで、総理大臣は出来ないと思います。
        外相→防衛相と、このタイミングで首相にしてあげないと、賞味期限切れになるかもしれません。
        世耕さん、茂木さん、甘利さんなど、優秀なスタッフで組閣すれば、良いと思います。
        総裁選が終われば、自民党石破派も、分裂するんじゃ無いかと思います。

      2. 七味 より:

        阿野煮鱒様

        横から失礼しますm(_ _)m

        政治家や国民のひとりひとりの考えがあっても良いし、発言も自由だと思うのだけど、あたしなんかは、皇統の継承って、皇室で考えれば、良いと思うのです♪
        その結果が、皇室典範とかの改正とかが要するものであれば、はじめて、その是非が政治課題になるのかなって思うのです♪

        それで、あたしは男系維持でも、女系容認でも、それが皇室としての意思だったら、どちらでも良いと思っちゃうのです♪

        もしかしたら、将来、名実ともに陛下の下で国を纏める必要があるのに、女系を認めた結果、皇位継承権を主張する人が沢山いて、しっちゃかめっちゃかになるなんて事があるかもしれないけど、それはそれで仕方ないのかなって思うのです♪

        1. 門外漢 より:

          七味 様へ

          >皇統の継承って、皇室で考えれば、良いと思うのです♪

          はげどう です。
          皇統の継承と言うのは皇室の「私」の部分です。そこまで部外者が踏み込んでいくのは、非礼・不敬と言うものでしょう。
          憲法に言う象徴としての天皇とは、国民が投票で天皇を選ぶと言う事ではありません。天皇位を継ぐことを国会が承認するという規定もありません。皇室の総意として選ばれた方を象徴として推戴すると言う事だと思っています。
          内廷費などの予算は別の話として、皇族の範囲だって皇室がお決めになれば良いのです。
          まして、内親王様と旧皇族の男子が婚姻されればよいとか、皇嗣に男子がお生まれになる確率は低いから女系を認めろだの、大きなお世話と言うものです。

          1. はぐれ鳥 より:

            門外漢さま

            脇から割込み失礼します。
            憲法第2条に「皇位は、世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」とあります。これはつまり、皇位継承は国民が国会を通じて決めた規則(皇室典範)に則り行われるということであり、皇室独自の裁量で決められるものではないと思うのですが、如何ですか?

          2. 匿名 より:

            はぐれ鳥 より:

          3. 門外漢 より:

            はぐれ鳥 様へ
            現行は仰る通り国民主権みたいなことになっています。上皇様も今上様も特に何も仰って居られません(と拝察します)。
            しかしこれを突き詰めて行くと、「女系が民意だ」とか「投票で選出」と成りかねません。現に皇室そっちのけで、我々のような者まで、あれこれ言う訳です。
            2700年続いてきた(公称)皇統を、100年に満たない民主憲法で測れるものでしょうか?

            足利幕府のでっち上げた北朝の天皇も、後代で否定されるということがありました。
            そうならないように願っています。

    2. ちかの より:

      だんな様
      河野太郎さんは、女系天皇容認発言がネックですが、それ以外の点では大丈夫そうですね。
      日本には女性天皇はいましたが、女系天皇はいないので、その区別が、ねー。

    3. 東京カモノハシ倶楽部 より:

      だんな様
      昭恵夫人は巻き添えを食らってマスコミに叩かれることも多かったですが、優しいところがある人だと思っています。原理原則からの対応ではなく共感して動く人なんだと。
      有本さんのツイートでウイグル人の話を聞いていることが出ていましたが、こういうことはマスコミは絶対に取り上げないでしょうね。

  10. ボーンズ より:

    韓国側が日本に対して行った所業を謝罪し改めない限り、日本国民の対韓状況は好転する事は無いと考えております。
    (できるかどうかは皆さんの想像にお任せします)

    韓国の虚実はバラされてしまったので、逆噴射でもしようものなら大変な事になります。

  11. 農民 より:

    >今後、どのように見解を変えていくのか
     8年弱も本質を無視してアベガーアベガー言い続けてきた方々です。ライフワークはすぐに変えられないし、アップデートを拒み続けてきた。そして日本側の環境は、韓国の所業を知ったことによる、気分ではなく知識による嫌韓ですから、万が一石破総理になってしまったとしても変化はしないでしょうね。まして韓国側が態度を変えるのはありえないし、米中戦争の流れに乗ってさらにアッチへどんぶらこ~。
     何か気に入らなければ〇〇(次期総理)ガーにかわるだけですね。△△問題をでっちあげたり、疑惑追及チームごっこをしたり、ハッシュタグで遊んだり、今度こそ最悪の総理だはやく替えないと日本は終わりだ!と叫び続けるでしょう。
     安倍ロスで真っ白にならなければ良いですね。

  12. 七味 より:

    韓国にとっての関係改善って、
    ・輸出管理強化策の撤回
    ・自称元徴用工対策の基金創設
    ってとこだと思うのです♪

    前者は、安全保障に係る問題だし、米中対立が激しくなってる中で、迂回路を作る訳にはいかない♪だから、韓国が法令や体制を整えて、ちゃんと運用することを示すまでは緩和しようがない♪
    後者は、そもそも論は置いておいても、こんなの認めたら韓国に進出した企業がどんなけ集られるかわかんない♪だから、日本企業の韓国撤退ができて、両国間の交流が殆ど無くなるまでは応じられない♪
    って感じだと思うのです♪

    だから安倍総理の後任が誰になっても、韓国の思う関係改善はなかなか難しいんじゃ無いかなって思うのです♪
    ただ人によっては、自称元徴用工でおかしなリップサービスをやらかさないかが心配なとこなのです♪

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 安倍総理の後任が誰になっても、韓国の思う関係改善はなかなか難しい

      私はそうは思いません。石破茂氏は非常に危険な人物です。

      慰安婦問題「韓国が納得まで謝罪」石破氏の歴史観と国家観
      http://agora-web.jp/archives/2026412.html
      https://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240032-n1.html

      問題の「韓国が納得まで謝罪」発言は、東亜日報の捏造というのが石破氏の主張ですが、それに抗議しないという姿勢が彼の本音を物語っていると私は見ます。

      彼なら、関係各方面への根回しもなく、あっさりと「基金設立」を言い出しかねません。一国の首相が言ってしまえば、事態はそれに沿って動くしかなくなります。

      石破茂氏は鳩山級の大タワケです。彼を総理大臣すれば日本が壊れます。悪夢の民主党政権の再来です。

      「誰が総理になっても同じ」ではないことは安倍総理が実証しました。別の意味で「誰が総理になっても同じ」ではないことを石破氏は実証するでしょう。

      私は今、2009年8月30日の衆議院選挙と同じ危機感を覚えています。あのとき無邪気に民主党に票を入れた方々は、「誰が総理になっても同じ」ではないことを思い出してください。

      1. 門外漢 より:

        阿野煮鱒 様へ
        今回安倍さんは病気で自ら退いた訳で、失政で引きずり降ろされたのではありません。
        従って、主張を異にする人物と交代すると言うのは筋違いのような気がします。むしろ路線を引き継ぐ事が求められているのではないでしょうか。
        という事で、石破氏はそもそも資格無し、閣内から手を挙げるべきだと考えています。

        1. 阿野煮鱒 より:

          もちろん私も「禅譲」を望んでいます。マスゴミの必死の石破アゲに騙される自民党員が多数にならないように祈っています。

      2. 七味 より:

        阿野煮鱒 様

        返信ありがとうございます♪

        >「『謝罪』という言葉は一切使っていない。『お互いが納得するまで努力を続けるべきだ』と話した」と述べ、記事の内容を否定した。ただ、抗議はしない意向という

        抗議もしないってのも、おかしな話だし、そもそも「お互いが納得するまで努力を続けるべきだ」という「努力」の中身も怪しげだし、主語も「日本は」ってなっていそうですね♪

        民主党だったら、政権から引きずり下ろすという選択肢もあったけど、自民党だと今の最大野党をみるとそういう訳にもいかないし、ちょっと怖いですね♪

        という訳で意見を修正なのです♪
        >安倍総理の後任が誰になっても、ちゃんと調整とかをするまともな人だったら、韓国の思う関係改善はなかなか難しい

  13. はぐれ鳥 より:

    【韓国一人相撲の無限ループ】

    「安倍になってから日韓関係は悪化した!」
    →「故に、日韓関係悪化の元凶は安倍である!」
    →「だから、安倍が辞めれば日韓関係は良くなるはず!」(今ココ)
    →「安倍が辞めたのに日韓関係が改善しないのは一方的に日本が悪い!」
    →「故に、日本は今すぐ無益な嫌韓をやめ、韓国に歩み寄るべきだ!」
    →「韓国に歩み寄ろうとしない日本は、道理知らずの不義の国だ!」
    →「不義の国は膺懲(ようちょう:こらしめる)すべきだ!」
    →かくして、日本に対し様々な悪戯・嫌がらせをする

    以下安倍を○○(安倍後継者)に置き換えて繰り返す・・・・

    1. だんな より:

      はぐれ鳥さま
      眠れなくなっちゃいますよ。

  14. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    ブログ主様
    日韓ではないのですが、ちょっと思うところがあり、書き込みます。
    中国当局が安倍総理の辞任を残念だと発表したようです。(FNN)
    私には真意は不明ですが、中共の息のかかったマスコミには、宗主国様の意向に逆らっていいの?と言いたいですね。

    1. 阿野煮鱒 より:

      マスゴミ:「それは外交辞令アルヨ。中国様の本音を忖度して記事を書くのがウリの仕事ニダアル。」

      1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

        阿野煮鱒様
        建前上でも慰労のコメントが出せる中国と小躍りするお隣の違い。
        (中国を持ち上げるわけではありませんが、それすらできないお隣の国格の低さ、国格の話が好きなんですよねお隣)

    2. 農民 より:

      東京カモノハシ倶楽部 様
       戦争真っ最中の大日本帝国だってルーズベルトにはお悔やみを伝えていますしね。
       中共も小躍りしてると思いますが、辞任会見で建前で労いすらもせずに
      「体調整えておけばよかったとか思います?」(無意味)
      「批判が多かったですが国民が理解しなかったせいです?」(鳩山の炎上発言の意趣返し、華麗にスルーされる)
      などというような質問をなげつける日本マスコミとで攻守のバランスをとっているのかもしれません。

      1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

        農民様
        建前のことすらできないマスコミとお隣。

        1. 通りすがりの若輩者 より:

          東京カモノハシ倶楽部 様
          農民 様

          別に韓国政府の肩を持つつもりはないのですが韓国政府も非常に残念であるという旨のコメントを発表しているので、その点は一応ご指摘させていただきます。

          もっとも、普段の言動を考えれば、それが修辞に過ぎないのは誰の目にも明らかですが。
          中共は、(良いか悪いかは別として)安倍総理には在任中、一定の敬意を持っていましたしね……

          1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

            通りすがりの若輩者様
            訂正ありがとうございます。
            その程度のことはできたんですね。(お隣のことです)

    3. より:

      以外にも、小泉元総理は中国共産党では結構高く評価されていたそうです。良くも悪くも明快な彼のスタンスは、「敵ではあるけどブレない」ということで評価されていたのだとか。その反対に、中国に媚びたり阿ったりする政治家は、表向きはともかく、実はとても軽蔑されていたと聞いたことがあります(具体的に誰とは言いませんが)。
      であるとしたら、中国政府が安倍首相の辞任を残念がるというのは、案外正直な感想かもしれませんよ。安倍首相は、中国への配慮は無くさなかったものの、媚びたり阿ったりはしませんでしたから。

      1. より:

        いかん、やっちゃった。
        「以外」→「意外」

    4. 門外漢 より:

      東京カモノハシ倶楽部 様へ
      痩せても枯れても中国です。大人の対応という事でしょう。
      さあこれで関係改善だなんて、喜んでいる彼の国が可笑しいのです。

    5. 名古屋の住人 より:

      東京カモノハシ倶楽部様
      隣の大国は、少なくとも外交に関しては数千年の歴史を誇ることは否めません。
      但し、中国共産党は公式には殊勝なことも言いますが、「環球時報」等のお抱えメディアやそれほど偉くない中国政府関係者に本音を語らせることが常套手段です。
      もしご興味があれば、ニューズウィーク誌の遠藤誉氏の記事をご参照ください。

      https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/post-94300.php

  15. より:

    安倍さんは元々「岸ー福田」の流れを汲む人なので、どちらかといえば韓国に対して宥和的な姿勢を取る立場だったと思います。実際、就任当初は韓国への宥和的アプローチを試みていたと記憶しています。ところが、朴槿恵前大統領は木で鼻をくくったような対応に終始して折角の機会を無駄にし、文在寅大統領に至っては、支離滅裂な対日政策で日韓関係の破壊に尽くしてきました。
    折しも、それとほぼ時を同じくして、過去に日本メディアがさんざん行使してきた「報道しない自由」の化けの皮がはがれ、様々なルートから韓国という反日国家の実態が少しづつ日本国民にも知られるようになり、70%以上の人が「韓国に親しみを感じない」となっています。韓国では「極右反動のアベが煽動したせいだ」という解釈が主流のようですが、実態は全く正反対で、国民世論が「嫌韓」に動いたからこそ、安倍首相は安心して「戦略的放置」が可能となったのです。もしも韓国人が妄想するように「本当はほとんどの日本人は韓国が大好きなのだ」というのが事実であったとしたら、安倍首相はそのような姿勢など取りようがなかったでしょう。

    というわけで、安倍首相の後任が誰であっても、外交上のポイントを稼ぐために、(韓国が望むような形で)韓国に対して宥和的になるというのは、全く的外れな観測としか言いようがありません。少なくとも、原理原則を破ったり、国際法を枉げてまでの対韓譲歩は、外交上の大失点にしかならず、ほぼ確実に支持率を暴落させます。つまり、韓国が望むような形での日韓友好はもはやありえないとしなければなりません。

    後任が誰になるかによって、若干の対韓姿勢の変化は大いにあり得るでしょう。対話を試みるという程度のことは実行されるかもしれません。しかし、韓国が望むような、日本が原理原則を歪め、国際法を枉げるような譲歩をすることはあり得ないし、あってはなりません。

    後継候補の中で石破氏がボロカスに言われるのは、そのありえないことをやらかしかねないという懸念があるからです。実際、彼はすでに「対韓譲歩」について言及しています。ただ単に対韓国ということに留まらず、些細な美名のために原理原則を歪め、国際法を枉げかねないような人物が政権を取ったりしたら、国際社会での日本国の信用を大いに毀損することにしかなりません。このことだけでも、彼を首相にしては絶対にいけないのです。
    岸田氏は線の細さが気になりますが、官房長官と副総理に人を得られれば、少なくとも石破氏よりはマシでしょう。菅氏は首相を狙うのであればここが唯一のチャンスでしょうが、おそらく選挙管理内閣にしかなりません。茂木、河野、甘利の各氏までの繋ぎという性格が強くなると思われます。
    麻生氏が本当に出ないのであれば、菅氏で一時繋ぎ、岸田氏を交えた4人でその後継を競わせるという形になるのかもしれません。

  16. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、個人的な感情丸出しなので)
     もし、日本の総理が変わっても日韓関係が良くならなかったら、某大学名誉教授や某元参議院議員が、「日韓関係をよくするために、韓国に日本の総理を決めてもらうべきだ」と言い出しそうです。それどころか、「日韓関係改善のために、(自分の周囲の人以外の)すべての日本人が死ぬべきだ」も言い出すかもしれません。なにしろ、「自分がこれまで言ってきたこと、やってきたことが間違いだったとは認めたくない」が、真の目的なのですから。
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       (単純化したために、例外もあるでしょうが)日本人だけではないかもしれませんが、人は高齢者になればなるほど、立派な肩書を持った経験があればあるほど、「若造が自分に反論すること自体が、けしからん」になるのではないでしょうか。
       自分もそうかもしれないとの自戒をこめて

      1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

        引きこもりの中年様
        世の中を見ていて本気の左とファッション左、何かもらって左、どれくらいの割合なんだろうと思うことがあります。

  17. 門外漢 より:

    韓国政府の認識としては、日韓最大の懸案事項は「輸出規制問題」だそうです。
    こんな認識では話になりません。

  18. あひるん より:

    どなたかお教え頂ければと思います。
    党員・党友までもが投票に加わるのなら、石破氏が次期総理に当確との報道が。
    韓国に対するスタンスがかような石破が、なぜに自民党の党員・党友に人気があるのでしょうか?

    1. ケロお より:

      その昔、東アジアの安全保障上の理由から、韓国を自由主義陣営に留めるために、日本が韓国に特別な配慮をしていた時代がありました。その時代は、日本の対韓配慮は当然とされていたらしいです。国民の意向は無視され、米国の意向に基づいて、日本の政治家には選択の余地はあまりなかったともいえます。その時代は、石破氏の大韓姿勢などは問題となるはずがありませんでした。
      時代がすすみ、日本は、韓国に対し普通の国と同じように、ひどいことをされれば批判し、悪いことをしてれば指摘し改善を求めるようにしました。多くの日本人はこれを歓迎している中で、マスコミと一部の政治家が時計の針を戻そうとしています。マスコミは、「石破氏は国民的人気があった。日本の大韓姿勢の変化は一時的なもので、昔の正常な状態に戻るだろう。それが可能なのは石破総理だ。」というファンタジーを国民に信じさせようとしています。前提からして間違っている、それだけです。

      1. ケロお より:

        間違え、大韓姿勢
        正しくは、対韓姿勢

    2. だんな より:

      あひるんさま
      自民党の党員になるは、日本国籍が有って、お金を払えば、それほど難しい事はありません。
      https://www.jimin.jp/involved/joining
      自民党員は、自民党内部で工作活動、出来ると思います。

    3. 匿名 より:

      あひるん 様へ
      石破氏が根っからの親韓派なのか、安倍氏への対抗軸として親韓派を気取っているのかはよくわかりませんが、韓国に甘いスタンスを取っています。
      これは反日メデイア(親韓派)に取っては有難いことで、あたかも民意がここにあるかのように、盛りに盛っています。
      当落ぎりぎりの陣笠諸氏は、メデイアが推す石破氏なら選挙の顔として国民受けもよかろうと、そのおこぼれで自分も当選できるかも、と淡い期待を持つに至ります。
      厳しい競争を勝ち上がってきた国会議員では、そんな輩は比例当選議員くらいの物でしょうから、別に石破氏でなければ・・というのは少ないのでしょう。
      結果、地方票を勘定に入れると石破氏に有利と言うことになるのではありませんか。

  19. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    中国に属国の躾がなってないとクレームを。

  20. りょうちん より:

    ある意味、日本の首相より自民党の総裁をやることの方がよほど難題のような気がします・・・。

  21. めたぼーん より:

    候補の一人ではあるにせよ、石破氏のメディア露出度にはメディアの忖度を感じます。
    感じるだけで根拠は薄いですが。

  22. 30代会社員 より:

    いきなりの辞職で混乱はしますが、中国、韓国に対する対応に関してはこれまで以上にはっきりと対応できる首相を望みますね。野党でも政策にしろ、外交にしろ、まともな意見を言ってくれれば支持出来るのにと思いつつです。
    某国の土下座像とかどうするのかですかね?現首相似の銅像ですが、客寄せに作ったのに辞職したら何の意味かより不明になるのかなと思いました。

  23. なかののひと より:

    現実主義的で、先進国の取りまとめ役だった安倍さんが退いた事で、日本の外交プレゼンスが弱くならざるを得ないのがとても残念です。
    トランプ、習近平、プーチン等と国益をかけて渡り合える人に後継になってもらいたい。
    残念ながら今の嫌韓は、彼の国の本質が日本人に知れ渡ってきたことが主な原因であり、彼の国が今の外交姿勢を続ける限り、誰が次期首相になろうと今の対韓姿勢を改めることはできまい。

  24. 宮崎在住福岡県民 より:

    息をするように嘘をつき、日本を食い物にする韓国に対して、引き続き厳しく対応する人物が次期総理となってくれる事を願います。
    安倍総理には治療に専念して頂いて、第三次安倍内閣を期待しております。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。