韓国の戦略は徹底的な引き延ばしか=自称元徴用工問題

地味にイラっとします。『日本製鉄の即時抗告、本当の狙いは「引き伸ばし」?』で速報的に伝えた自称元徴用工判決問題に関する資産競売手続に関連し、韓国メディアは本日、韓国の裁判所が日本企業側の即時抗告に「理由なし」と述べ、通常の裁判手続に付すことを決定した、などと伝えています。また、韓国政府高官は「対話による解決」を日本に呼び掛けたようです。日本との外交的協議や問題解決手続を無視したのが韓国の側であるにも関わらず、です。

即時抗告は「棄却」…なのか?

例の自称元徴用工問題を巡り、進展(?)がありました。

「被告企業」のひとつである日本製鉄に対し、在韓資産であるPNR社の株主持分の売却手続にあたって、8月4日に効力を生じたとされる「公示送達」を巡り、日本製鉄は韓国の裁判所に「即時抗告」を申し立てた話は、『日本製鉄の即時抗告、本当の狙いは「引き伸ばし」?』で取り上げました。

日本製鉄の即時抗告、本当の狙いは「引き伸ばし」?

これについて本日、またもや手続の引き延ばしが行われたようです。

資産差し押え命令巡る日本製鉄の即時抗告 「理由なし」=韓国地裁支部

―――2020.08.17 12:18付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、大邱(だいきゅう)地裁浦項(ほこう)支部が17日、今回の即時抗告について「理由なし」との判断を示したのだとか。そのうえで、聯合ニュースは次のように述べています。

これにより、日本製鉄が行った即時抗告は大邱地裁の抗告担当部署の判断を仰ぐことになる。大邱地裁は、一般の裁判と同様の手順でこの案件を扱う。

…。

なにやらよくわかりませんが、文章を読む限り、どうやら「棄却」ではなさそうです。この聯合ニュースの記事が正確であれば、例の韓国の国を挙げた「売却するする詐欺」という茶番劇が、さらに引き延ばされる、という話で間違いないでしょう。

(もっとも、即時抗告を申し立てたのは日本企業の側でもあるため、「引き延ばし」は日本側の措置だ、という言い方もできるかもしれませんが…。)

「引き延ばし戦術」はまったくの予想どおり

私たちの常識だと、もし韓国の裁判所が「(自称)被害者」の救済を第一の目標に置いているならば、即時抗告をさっさと棄却し、PNR社の株式の売却手続に入るべきでしょう。それなのに、株式売却を巡って、「一般の裁判と同様の手順で」これを行うとは、なんだかよくわかりませんね。

この点、当ウェブサイトでは自称元徴用工判決問題を巡り、かなり初期から、「どうせ原告の側にも株式を売却するつもりはないし、韓国の裁判所が実際に売却手続を踏む可能性は極めて低い」と見ていたので、当ウェブサイト的には、ある意味では「予想どおり」の展開でもあります。

たとえば、『8月4日が到来しても、恐らく「現金化」は実現しない』では、非上場株式の売却が法技術的に困難である点に加え、彼らの目的が「手っ取り早く日本企業から謝罪と賠償を引き出すこと」にあるという点から、ダラダラと手続を引き延ばそうとするだろう、と予想しました。

8月4日が到来しても、恐らく「現金化」は実現しない

まさか、自分自身でもここまでピタリと予測が適中するとは思っていませんでした。いわば、

  • 大法院判決が出た瞬間→「判決が出たぞ、日本企業はカネを払え!」
  • 日本企業が賠償に応じないとアポなしで日本企業を訪れ「日本企業はカネを払え!」
  • それでも日本企業が賠償に応じないと→「資産を差し押さえたぞ、日本企業はカネを払え!」
  • 日本企業が無視すると→「資産を売却するまでに猶予を与えてやるぞ、日本企業はカネを払え!」
  • 日本政府も無視すると→「国会で基金法案を提出してやったぞ、日本企業はカネを払え!」
  • それでも日本が無視し続けると→「いよいよ公示送達に踏み切るぞ、日本企業はカネを払え!」
  • 即時抗告後→「即時抗告を裁判で争うぞ、日本企業はカネを払え!」

というわけですね。

韓国政府高官が逆ギレ

こうしたなか、読んでいて地味にイラっと来るのが、次の記事です。

徴用問題 「日本は解決に前向きな姿勢示すべき」=韓国当局者

―――2020.08.17 13:33付 聯合ニュース日本語版より

先ほどと同じく聯合ニュースからの引用ですが、韓国外交部の当局者が17日、この問題を巡って次のように述べたのだとか。

わが政府が対話を通じた問題解決の重要性と意思を伝えたにもかかわらず、日本側が具体的な解決策をわれわれに一方的に求めたとの報道が事実なら遺憾だ」。

これには、伏線があります。

文在寅氏の「8・15演説」と韓国に待つ真っ暗な未来』でも説明しましたが、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領は15日の演説で、自称元徴用工問題などを巡って「対話による問題解決」を騙りました(※自分で日韓請求権協定に基づく対話を拒絶しておきながら、意味不明ですね)。

もっとも、16日の読売新聞の報道によれば、日本政府高官がこの文在寅氏の演説について、「日本に譲歩を迫る従来の立場を示したものにすぎない」、「韓国側が具体的な解決に至るような案を示すべき」と述べたのだとか。

聯合ニュースが伝えている韓国外交部当局者の発言は、この読売新聞の報道に対する反論と思われますが、事実を指摘されて発狂するのは、相変わらず韓国人の悪い癖です。

韓国が話し合いを拒絶する理由

こうしたなか、聯合ニュースの記事には、さらに由々しき事実誤認が含まれています。

韓日両国は昨年12月の首脳会談で懸案解決に向けて率直な対話を行うとの原則に合意した。その後、対話を続けてきたが双方の立場に変化がないことを確認しただけで進展はなかった。両国の外交当局の局長協議も6月24日の電話協議以降、開かれていない。

そもそも論ですが、問題を作り出したのが韓国側ですし、韓国側で2018年10月に最初の大法院判決が下った直後から、日本政府は韓国に対し、「国際法違反の状態を是正せよ」と、何度も何度も通告しているはずです。

さらには、2019年1月には日韓請求権協定第3条(1)に基づく外交協議、ついで5月には同第3条(2)に基づく仲裁手続、6月には同第3条(3)に基づく第三国仲裁の付託を通告していますが、これらを無視したのは、韓国の側だったでしょう。

政府もメディアもそろって、本当に盗人猛々しい国です。

もっとも、結局、自称元徴用工問題には2年近くのあいだ、まったく進展がありませんが、その理由は韓国側で本気で日本企業の資産を売却するつもりがない証拠にほかなりません。こうしたなかで、日本側が取り得る選択肢は、きわめて単純です。

韓国が国際法を守り、今回の自称元徴用工判決問題で、日本政府、日本企業、日本国民に1銭たりとも損害を与えないような解決策を考えて実行するならば、日本は韓国と引き続きお付き合いを続ける余地が出てきます。

一方、韓国があくまでも国際法を守らないならば、日本は韓国に対し、しかるべき制裁を加えるだけの話でしょう。当ウェブサイトの希望的観測も交えて申し上げるなら、おそらく日本政府は、韓国に対し制裁を加えるタイミングをうかがっている段階だと思います。

いずれにせよ、この問題を含め、すべての日韓問題については、「一発だけなら誤射でござ~い!」など意味不明なことを叫びつつ、韓国の虎の子の半導体工場に数十発のミサイルが撃ち込まれるなどして、韓国が経済的に焦土化されることくらいでしか解決しないのかもしれませんね。

そして、来るべき「エックスデー」(?)に備えて、日本政府は自称元徴用工問題などが長引いているうちに、韓国人に対する入国ビザ厳格化手続を進めるなどするのが正解ではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. G より:

    即時抗告は三審制ってどっかにかいてあって。ただ、三審制って控訴や上告に相当することを日本製鉄側がするのを前提にしているような。勝手に3回審査してくれるってこと?

    1. CB223 より:

       即時抗告は、大邱地裁浦項支部(執行裁判所)による公示送達に対するもの。「その差押は納得できない…」という主張。
       差押命令書がPNR(この場合は第三債務者という立場)に送達され、差押そのものは効力が生じているのだけれど、日本製鉄(被告、債務者)にしてみれば、その事実を初めて裁判所から知らされた(公示送達)ので、差押という行為に対して反論したということ。
       まあ、「理由なし」だから棄却となります。その地裁支部の棄却に対して「再抗告」は認められているらしく、その再抗告は最高裁(大法院)に対して行うものだって、今、テレビニュースでやっていました。
       最高裁(大法院)まで行ったら、次の「再々抗告」は多分、無いと思います。

    2. CB223 より:

       大邱地裁浦項支部に対する即時抗告は、処分(差押)した下級審に対する異議申立みたいなものだから、浦項支部が単独で「理由なし」の判断をした…これが一審。
       で、これが自動的に上級の大邱地裁に回されて審理となるから、公判が開かれて「棄却」の審判が下される…これが二審。
       日本製鉄が再抗告しなければ、これで確定。再抗告するとすれば、大法院へ…らしいですね。ただし、再抗告は、かなり「狭き門」のようですね。
       

      1. G より:

        別に自動的に2審に行かなくてもいいのにって思うのですけどね。再抗告やら特別抗告やら(日本の用語ですみません)を日本製鉄がしなくても自動的に2審してくれるって親切なんだか引き延ばしなんだか。
        裁判そのものは不満でしたけど、確定判決があるという前提で差し押さえ命令すること自体はそんなに違和感のあるものではないし。「理由なし」は妥当だと思います。

  2. sey g より:

    0:100理論からすると、韓国に損になる事は無いから調子にのるわけで、-100:0の様にお痛したら直ぐ様制裁しないと、ストーカー被害は無くならない訳です。
    とりあえず、韓国からの撤退やサプライチェーン外しに補助金は欲しいですね。
    韓国は馬鹿ですが、マヌケではない。
    日本が何もしないとわかってて、色んな嫌がらせしてるんですね。EEZの件もそう。
    日本が絶対なんかするって分かったら、絶対なんもしないでしょう。

  3. 阿野煮鱒 より:

    かの国がすることに、一々イライラするのはもったいないことです。元から彼らは、サラミを0.01 オングストロームずつ切りながら(水素原子より薄いのかよ!)決定的事態が起こることを先延ばしして、じれた日本が金で解決するのを待つもりです。無視に徹するのみです。

    1. ケロお より:

      韓国のやってることの例えとして「サラミスライス」はちょっと違うんじゃないかなって思ってます。
      いくら薄かろうがスライスし続ければサラミは全て切られてなくなってしまいます。意図的・計画的に時間をかけて薄くスライスする技術がかの国にあるでしょうか。場当たり的・無計画に見えます。サラミをテキトーに切っていたら残りわずかしか残ってないのに気づいて、きゅうりのスライスを出してきたり(論点のすり替え)、包丁が切れないと言ってきたり(意味不明な遅延行為)、こっちの包丁が切れないのだから日本が包丁を用意すべきと言ってきたり(責任転嫁)、サラミがなくなったのは日本がサラミを用意しなかったから(前提の変更)、そもそもサラミをスライスしていたのは日本だった(捏造)、それよりキムチはどうニカ(意味不明)などなど。
      サラミスライス戦術などという高等なことを韓国はやってないのですよ。そのうち、意味不明なちゃぶ台返しで自称元徴用工問題の司法的処理は有耶無耶のうちに停止して、韓国的道徳観に基づいた金銭要求を不定期におこなうようになりますよ(予言)。

      1. 阿野煮鱒 より:

        的確な直喩の数々、敬服いたします。ケロお様の説に鞍替えしても、私の自尊心は大して傷つきませんが、一点、見方に相違があります。

        > 意図的・計画的に時間をかけて薄くスライスする技術がかの国にあるでしょうか。

        私は「ある」と見ています。

        書くと長くなるし、過去にも書いてきたことなので大雑把に申します。韓国人は日本人に劣らず優秀です。私は、何人かのエリート韓国人と接した経験があります。どの方も見事な日本語を話し、博識で、態度物腰が洗練されていて、楽しい時間を過ごすことができました。こんなにも知的で落ち着いている人がいる一方で、一般国民はあのザマです。

        思うに、一般人に求められる素養が、韓国の方が日本より遙かに低いのでしょう。韓国の掲示板で日本滞在経験を語る韓国人は、一様に「息苦しい」といいます。ろくに躾をしてもらえず吠えまくる犬は、警察犬並みに躾られた犬の集団では生きにくいでしょう。

        韓国のエリート達は、そうした「愚民」を意図的に愚民のままに据え置き、反日を餌に意のままに操り搾取しているのだと思います。

        いささか陰謀論的ではありますが、韓国が苛烈な学歴競争社会であり、幼い頃から長時間の詰め込み教育に耐え忍び、何の応用も利かず、懐疑を持つ余地のない、上意下達的教育を受け続け、金型成形で作られたような愚民を大量生産しているのは、数パーセントのエリートによる意図的な社会設計だと「私は」見ています。

        韓国に限らず、後進地域の民度の低い国民をして発展させるには、開発型独裁国家が効率が良いことは数々の事例が示しています。韓国の場合は朴正熙が典型です。一応は独裁体制から民主化したことになっている現在の韓国では、独裁者を前に立てることはなくなり、その代わりに一部のエリートが隠然と愚民を操る体制になっているのではないでしょうか。

        私が接したような日本贔屓のエリートだけではなく、日本だろうが自国民だろうが情け容赦なく絞り上げることを躊躇しない、悪魔的に優秀な韓国人はいると思います。彼らは決して表に出ることなく、政府内や財閥内で暗躍しているはずです。いわば韓国版ディープステートです。

        そうした彼らも、文在寅という予測不能な大タワケには翻弄されているかもしれません。それでも、サラミをどの程度に薄く切るかは計算していると思います。

        かつて私は、サラミの薄さをμmm程度と書いていましたが、今はオングストロームです。この薄さに切れる包丁は存在しません。

        1. ケロお より:

          韓国人個人では優秀な人もいて、サラミスライスに限らず交渉術に長けた人材もいるのは間違いないでしょう。阿野煮鱒さんのおっしゃるとおりです。
          しかし文政権の自称元徴用工問題では、あんまりそういうのを感じないということです。
          どの程度薄く切るか計算しているというのも、そのとおりかもしれませんが、なんか、自称元徴用工問題では一貫した方向性とか戦略を感じられない、という個人的感想です。

          私としては、突然サラミを厚切りで出したあと逆ギレするくらいのことを期待してます。
          資産処理やってOKだぞ!え、制裁?なんで?制裁なんて不当だ!みたいな。

          1. 阿野煮鱒 より:

            私が申し上げていることは、個人的経験に基づくだけの具体的な証拠のない憶測ですので、ご参考程度に。当たるも八卦当たらぬも八卦。

        2. ななよん より:

          阿野煮鱒 さま
          タテでは有りませんw 本筋のテーマから離れますが、ディープ・ステートを反対側から。
          先々月でしたかコロナ禍の纏めとして、掛谷教授のコラムをご紹介したときに「左翼の選民思想」など、彼等の遣り口についてご興味を持たれておられました。その類いでは、鄧小平の大衆嫌悪、小泉郵政改革のB層、「吉本隆明の大衆の原像」の否定、オルテガ「大衆の反逆」、フランス革命の熱狂とトックビルが危惧した「多数派専制」など、それこそアテネの時代から「大衆」とは扱いにくいものの代名詞と捉えています。聖人でも貴族でもなく、いつでも「大衆」になり得る一員であるとの自覚です。この自覚がガラス細工のような自由と民主制を支えていると考えています。

          禍の国にディープ・ステートが有るのか、それは如何なるものか、はさて置くとして、サラミスライスにしてもチャーハンまだぁーにしても、「大衆が求めるサーカス」と見えます。尤も、サーカスの大団円では至極の演技で大喝采となりますが、禍の国では前座で幕引きとなるのでしょうね。

        3. 門外漢 より:

          阿野煮鱒 様へ

          >日本だろうが自国民だろうが情け容赦なく絞り上げることを躊躇しない、悪魔的に優秀な韓国人

          何となく国を唐に売り渡し、国民を奴隷として献上していた李氏朝鮮を連想しました。
          こういうのが両班(自称ではなく)魂とでもいうのでしょうね。

  4. 心配性のおばさん より:

    あの国にまともな国際感覚なんてありませんから、相手にするだけムダですわ。相手にすると付け上がるだけと存じます。それになにより、ムダにこちらの体力が損なわれます。

    現在、日本は、というより、世界中ですが、半島どころじゃありません。ありがたいことに、この状況下では、ヘタに彼らに手を出して問題をややこしくする余裕のある国はありませんよね。アメリカとか中国とか。

    半島内南北で互いに争って、蠱毒して下さいな。

    1. ぽこぺん より:

       前略
      (蟲毒)思わず反応してしまいました♪
      材料は、半島に笑笑蠢いてます、誰が生き残るかな?
      私的には、(ぬらりひょん)を彷彿させる【きむよぢょん】に、※一俵 
       ぽこぺん拝

  5. だんな より:

    そりゃ韓国が損する事が無ければ、引き延ばすでしょう。
    日本政府が、口だけで損させないから、こうなってしまったんだと思います。
    朝鮮人相手に、無視じゃ駄目なんだと思いますよ。

    1. sey g より:

      だんな様

      その通りだと思います。
      朝鮮人なんで、損にならなければ いくらでもします。
      相手にしてるんは、未来も過去もない、あるのは今、損か得かの朝鮮人です。
      痛みを伴う改革が必要です。(主に相手が)

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    イラッとしますわ(小笑)。
    日本製鉄が即時抗告をして、僅か10日ほどで大邱地裁浦項裁判所は決定事項を出すなんて、変ですね。もっと焦らすのかと思ったけど、、。

    本当に日本になら何をやっても許される、韓国が道徳的に上だ、ですか(嘲笑)。下朝鮮は、対話による問題解決を騙って来ましたが、まともにテーブルに着こうとしない。日韓請求権協定に基づく対話を拒絶です。

    会計士さん仰る通り、日本政府は、堪忍袋が切れていると思います。ただ単に怒りに任せて攻撃するだけでなく、制裁を加えるタイミングをうかがっていると思います。『やり過ぎなんだッ下朝鮮!』。

    ビザ免除プログラムの半永久停止、輸出品厳格化の更なる追加、大使召喚、金融面では短期借換ストップ。

    経済的に焦土化され、百万人ぐらい海外脱出すれば崩壊するでしょう(日本は断る。水際で麻生副総理ではないが、警告発砲する。1人ぐらい当たるかもしれない(笑))。身柄拘束して全員釜山に送る。北と合体出来るぞ〜!

  7. j より:

    過去の解決したことで因縁つけるなら、韓国には、日本が放棄した韓国の日本の財産と金を利子をつけて自主的に返して欲しいと思いました。
    韓国がやってることは、そういうことです。
    でも返してくれなくて、自分だけ要求すると普通人間関係は終わります。
    裁判で和解したものを破るということは、普通日本では犯罪になります。

  8. 阿野煮鱒 より:

    日本政府が「実害がない限り制裁しない」と言ってしまった以上、現在の展開は避けられませんでした。日本人は国際紛争を解決するための思考能力に致命的な欠落があるのかもしれません。

    1. 阿野煮鱒 より:

      あれ? また外れた。
      これは、だんな様(2020/08/17 18:00)への反応です。

    2. だんな より:

      阿野煮鱒さま
      公式な制裁の必要は、無いと思います。
      現行法を厳格に運用するだけで、良いんです。
      例えば、出稼ぎ売春婦や、ビザの切れた違法滞在など、どんどん取り締まってやれば良いと思います。
      グレーゾーンを、黒だとしてしまえば、幾らでも手は有ると思います。

      1. 阿野煮鱒 より:

        おっしゃるとおり、隠然とした制裁はいくらでもやりようがあるのですが、それでも意地でも「実害が発生するまで制裁はしない」という方針を貫いているのですからもどかしく思います。

        官僚や野党や党内の親韓派議員に足を引っ張られる中では、現状が精一杯なのかもしれません。

        1. 心配性のだんな より:

          阿野煮鱒 さま
          私は、韓国との関係を、朴大統領の千年発言で、諦めました。
          自滅を待っていますが、現実はなかなか捗りません。
          東亜三国が、日本と価値観を共有する事は、難しいと思います。
          現実は、皆んなお友達では、無いんですよね。
          今の若い人が、どれくらい分かってくれて居るかが、心配ですね。

        2. 日本史大好き より:

          阿野煮鱒 さま
          >>それでも意地でも「実害が発生するまで制裁はしない」という方針を貫いているのですからもどかしく思います。

          仮にもアメリカの同盟国(韓国)への制裁ですから、アメリカが納得する理由が出来るのを待っているのでは?と愚考します。

  9. 匿名 より:

    これで自称被害者のためでなく、判決を日本に認めさせることが目的であることがハッキリしましたね。
    狙いは数十人のはした金の慰謝料ではなく、5000万人以上の韓国人全員の慰謝料請求権!
    慰安婦問題はしてやられましたが徴用工問題はどのようになるのか?安倍首相が退陣すれば韓国の思惑道理に事が運ぶのか?
    振り上げたこぶしを上げ続けずに、一旦振り下ろして引き延ばしを終わらせてしまうべきでした。
    現金化したかどうかではなく「公示送達」が効力を持った時点で実効力の伴った制裁をするべきでしたね。

    1. 匿名 より:

      安倍政権も本気で制裁等やったことが無いしやる気もないのですよ。

  10. 七味 より:

    新宿会計士様

    >「一発だけなら誤射でござ~い!」など意味不明なことを叫びつつ、

    日本を代表する良識的な報道機関(笑)である朝日新聞のお言葉なのです♪
    意味不明なんてことは無いのです♪
    ꉂꉂ(๑ノ∀˂)ʷʷʷアハハ

  11. しきしま より:

    私は引き延ばしは韓国に不利だと思っています。
    時間が経てば経つほどサムスンのような一応世界で競争力のある企業の屋台骨が怪しくなってくる。
    失業にあえぐ民衆の不満は蓄積される。
    コロナは収束する気配もない。
    米中の風当たりは強くなる。

    それでも引延ばしするのは他に打てる手がないからでしょうね。

  12. 名無しの権兵衛 より:

     日本政府が韓国政府に対して「国と国との約束を守れ。差押財産を現金化すれば対抗措置を実施するぞ」と再三警告しているのに、文在寅大統領は、何故、国際法違反の状態を是正する措置を取るそぶりも見せず、日本政府の神経を逆なでするような発言を繰り返して平気でいられるのか、不思議に思う方もおられると思います。このまま、差押財産の現金化に突き進んでいき、日本政府からフルパワーの対抗措置を受けた場合、韓国政府に有効な対応策があるのだろうかと心配になる方もおられるのではないでしょうか。仮に、小心者の私が文在寅大統領の立場であったならば、心配で心配で、夜も眠れなくなってしまうと思います。
     しかし、皆さん、心配は無用です。何故なら、(私の考えでは)文在寅大統領は、任期中の差押財産現金化を回避するべく、既に万全のタイムスケジュールを策定済みだからです。
     今回の即時抗告が最終的に棄却されれば、次は差押財産の売却命令手続きに移りますが、ここでも公示送達手続きが必要になりますし、非上場株式の価格評価に要する期間もあります。それやこれやで自分の任期中には差押財産の現金化が完了しないように進行管理していると思います。後は、次の大統領に丸投げして「後はよろしく」と言うだけです。だから、文在寅大統領は、毎晩、ぐっすり眠れていると思いますよ。

  13. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    ブログ主様
    私の願望なのですが、制裁発動の大義名分、タイミングをはかっているのは間違いないとして、相手が逃げられないように周りを固めているとしたら?
    アメリカと歩調を合わせる、経済的に追い詰めておく、アメリカからも中国からも叩かれる位置に追い込む、など、詰将棋のようにやっているとしたら。
    最近の防衛問題や検察の定年問題を見ていると、遠回りのように見えて相手を上手く潰している気がしてならないのです。

    1. より:

      どちらかというと、私はこちらの見方に与します。
      日本の官僚機構を甘く見てはいけません。水面下の調整や根回しとか、法令的な辻褄合わせは彼らの大得意種目です。おそらくは、諸外国を含めた根回しはすでに完了しており、後はGOサインを待つばかりなのではないかと。

      1. 東京カモノハシ倶楽部 より:

        龍様
        コメントありがとうございます。
        私の妄想で根拠はないのですが、待てば待つほどお隣は自分で掘った墓穴に追い詰められていく感じです。

  14. 完全に手遅れ より:

    蛇の生殺しが最良。対日交渉の高等戦術としてよくサラミスライスに例えている方が居ますが、そのサラミ戦術もサラミは韓国自身の手首です。リスカブスとは本当に良い例えですね。蛇もサラミもリスカブスも全てが韓国の行動様式です。わざと日本の目の前でリスカブスする訳だが僅かでも悪血を浴びるかも知れません。万一に備えて防護服(出入国制限・ビザ厳格化・対外広報)や消毒薬(輸出入管理・関税・金融)で高度な防疫を。

  15. 豆鉄砲 より:

    引き伸びた時間を利して行うことは脱韓とサプライチェーンの再構築となるんでしょう。
    引き伸ばして自称徴用工の爺さんが死んだとき、韓国のよろんがどう動くのかが見物です。弁護士は相当叩かれるでしょう。

    1. 七味 より:

      豆鉄砲 様

      >引き伸ばして自称徴用工の爺さんが死んだとき、韓国のよろんがどう動くのかが見物です。弁護士は相当叩かれるでしょう。

      弁護士は、多分、自称元徴用工を騙る人個人のことなんか、どうでもいいんだと思うのです♪関心があるのは、自分達が得る報酬と、その源泉になる日本の謝罪という事実。さらには、それを土台に作る基金とか財団とかが狙いなんだと思うのです♪
      一般の韓国人も似たりよったりで、別に自称さんたちの生活とか尊厳とかに興味がある訳じゃなくて、ただ日本を叩く正義の味方になりたいだけなんだと思うのです♪(まあ、こっちはある意味しかた無いことで、批判するようなことじゃないとは思うのですが・・・)

      だから、あたしは、弁護士への批判よりも、「日本のせいで謝罪も賠償も受けられなかった」って声の方が大きくなるだけだと思うのです♪

      そんで、新たな自称元徴用工とか、その子孫が出て来て、弔い合戦よろしく、活動するんだと思うのです♪

  16. ラスタ より:

    SGOMIAの言い逃れと慰安婦問題合意破棄を踏襲して、
    「いつでも現金化できる」
    「現金化では解決できない。心を籠めて謝罪せよ」
    と、いつもどおりグズグズになると予想します。
    なんにせよ、彼らにとっては、どんな形であれ解決しないことこそが最重要です。

    日本としては「解決済。国際条約を守れ」とリピートするだけで良いかと。
    相手をしなければ勝手にジタバタ暴れだすとわかりましたから、あとは一人相撲で土俵から転がり落ちるのを待てば良いと思います。

  17. カズ より:

    やっとこさ口を開いたかと思えば、飛び出した彼らの提言は「日本側から解決案を示せ」なのですね。予想通りすぎてお腹いっぱいになりました。

    既に「1965年の協定で解決済み」とする日本としては他国の国内問題に内政干渉できる立場ではなく、「韓国政府の責務として国際法を守れ!」と従来の主張を繰り返すのみです。(それが唯一の解決案です)
    *****

    *朝日新聞社には「一回だけなら誤謝かも・・」と、改めての誤報広告を要求したい気持ちでいっぱいです・・。(挨拶や謝罪はきちんと皆に伝わるように述べなければ言ってないのと変わらないのですから・・。)

    1. 門外漢 より:

      カズ 様へ

      >「日本側から解決案を示せ」

      韓国の行政=大統領府は司法の判断に介入「できない」と言ってるんです。
      介入「しない」のでなく、「できない」と言ってるんです(ココ、テストにでますよww)
      外交当局の協議で解決案が纏まっても、司法に介入できないから、判断を変える方法は無いのです。
      じゃ、何のために協議するのでしょう。
      はい、ムン君答えて。

  18. WindKnight.jp より:

    安倍政権の次に期待しているのは、事実でしょうね。
    まあ、韓国が保つかどうかという話でもありますが。

  19. 自転車の修理ばかりしている より:

    韓国が「日本は話し合いに応じよ」と言うのなら、日本は「韓国は話し合う意味のある相手であるかまず示せ」と言うしかないです。

  20. 廃炉工事人 より:

    時々覗かせていただいております。どうでもよいこととは思いますが、太字&斜体の部分は読みづらいので、太字&やや大きなフォントサイズにしていただけないでしょうか。(すみません)

  21. 匿名 より:

    ポスト安倍政権の誕生を心待ちにしているのでしょう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。