【速報】CNNによる「金正恩危篤説」と市場の反応

本日の「速報」です。米メディアCNNは北朝鮮の独裁者である金正恩の「危篤説」を報じました。また、これを受けて、外為市場では韓国ウォンが小幅売られているようです。

年初の「金正恩危篤説」

以前、当ウェブサイトでは、「北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)が脂肪吸引手術の失敗により、危篤にある」という説を、『ジャーナリスト・篠原常一郎氏の金正恩「危篤」説』で紹介しました。

ジャーナリスト・篠原常一郎氏の金正恩「危篤」説

該当する動画については上記記事をご参照頂きたいのですが、ジャーナリストの篠原常一郎氏がその動画で述べた内容について、あらためて当ウェブサイトなりの要約・補足を箇条書きにしておくと、次のようなものです(※ただし、カッコ内は篠原氏の発言ではなく、当ウェブサイトによる補足です)。

  • 金正恩の容体悪化にともない、フランスから最近、医師団が平壌(へいじょう)に入ったとする情報が、フランスの関係者から篠原氏に独自に寄せられた
  • かつて金正恩はフランスの隣国であるスイスで子供時代を過ごしていたという関係もあり、母親・高容姫(こう・ようき、あるいは「あゆみ」と呼ばれた在日朝鮮人出身の踊り子)が乳腺癌を患った際に診療を受けたことをきっかけに、フランス医師団とのつながりができた
  • 高容姫はその後、2004年にパリのキュリー研究所で、おそらく手術と思われる施術を受けたものの、帰国後死亡している
  • (フランス医師団は)金正日(きん・しょうじつ)と関係が深まっていたこともあり、1991年には当時の主席・金日成(きん・にっせい)の心臓疾患の際も、要請に基づき訪朝した心臓外科医を中心とする治療が行われている
  • 1994年には呉振宇(ご・しんう、朝鮮人民軍の元元帥。1995年死亡)が肺癌で訪仏治療を受けているが、帰国後死亡している
  • 1990年代半ば、金正日が落馬した際、北朝鮮国内のCTスキャンデータをもとに、フランス医師団が「緊急の治療の必要はない」との診断を下したこともある

もちろん、これについてはその多くが篠原氏の情報に依存しており、私たち視聴者の立場としては、その情報の妥当性を検証することは困難です。

しかし、『米朝首脳会談の「真の目的」は「生体情報の確保」か?』でも触れたとおり、実際に金正恩の実妹である金与正(きん・よしょう)をはじめとする「金一族」が「表舞台」に立ち始めたらしい、という話題と照らし合わせれば、金正恩の体に何らかの異変が生じている可能性はあります。

複数メディアが報道した内容

こうしたなか、昨日から今朝にかけて、複数のメディアで、おそらく別々の情報源と思しき「金正恩の手術説」や「金正恩の危篤説」などが出てきました。

目についた情報源のひとつが、『デイリーNK』というウェブサイトに昨日付で掲載された、この記事です。

金正恩氏が心血管疾患で手術か…12日、国内の専用病院で

北朝鮮の金正恩党委員長が最近、心血管系の手術を受け、現在も地方の特閣(別荘)で治療を受けていることが20日までにわかった。術後の経過は良好だという。<<…続きを読む>>
―――2020年04月20日付 デイリーNKより

デイリーNKは、金正恩が最近、「心血管疾患」で手術を受け、その後の経過は良好だ、と報じていますが、これは先ほど引用した「脂肪吸引手術の失敗」とする話題とは異なっています。

一方、もうひとつが、米メディア・CNNの次の記事です。

US source: North Korean leader in grave danger after surgery

The US is monitoring intelligence that North Korea’s leader, Kim Jong Un, is in grave danger after a surgery, according to a US official with direct knowledge.<<…続きを読む>>
―――2020/04/21 02:13 GMT付 CNNより

これは、米高官が「金正恩が手術後危篤状態にあるという情報を米国政府は関心を持って見守っている」と述べた、とする話題であり、こちらのほうは「危篤」とされています。

これらの情報は、術後の金正恩の容体についての評価などが異なっているものの、いずれも金正恩が「最近、手術を受けた(らしい)」、という点については共通しています。

韓国ウォンが売られる?

さて、もうひとつ気になるのは、報道を受けて韓国の通貨・ウォンが売られていることです。

ここ1ヵ月、韓国の通貨・ウォンは1ドル=1210~1235ウォンのレンジで安定していたのですが、先ほど、1ドル=1240ウォンを試す展開となりました。これについてはロイターが速報しています。

韓国ウォンが急落、北朝鮮の金委員長が体調不良との報道で(2020年4月21日 11:24付 ロイターより)

もっとも、「急落」といえるほどかといえば、それはそれで微妙であり、現時点で決めつけるのは尚早ですが…。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

北朝鮮といえば、コロナ騒動の初期に中国との国境を封鎖し、公式には「コロナ患者はいない」と言い張ってみたり、このコロナ騒動の最中にも関わらずミサイルを発射してみたり、と、やたらと強気ですが、その反面、金正恩がほとんど表舞台に出ていないのは気にかかるところです。

読者コメント一覧

  1. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     北朝鮮の指導者の死亡情報になると、これまでも何度も流れていました
    ので、今回も市場は準備をしながら様子見といったところでしょうか。し
    かし、危篤情報が正しいとすると、(ただでさえ、新型コロナウィルス感
    染で不安定になか)それを名目に、市場が一気に動く可能性があります。
    (どう動くかは分かりません)
     そのため、これから真偽不明の情報が、飛び交うことになるでしょう。

     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

       すみません。追加です。
       このCNNの報道を受けて、日本の官邸に動きはあるでしょうか。もっと
      も、新型コロナウィルス感染で、それどころじゃないかもしれませんが。

       駄文にて失礼しました。

       

  2. 名無Uさん より:

    なんと…!
    CNNにしてはニュース内容が断定調ではなく、様々な憶測を交えながら伝えています。フェイクが混ざる余地は少ないでしょう。
    内容には新情報はないですね…
    ただ、北朝鮮に何かあっても、アメリカ(日本もですが)は即応できる状況にはありません。
    つい先日も、米軍は戦略爆撃機をグアムのアンダーセン基地から米本土に撤収させています。

    https://www.sankei.com/world/news/200419/wor2004190020-n1.html

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

      名無Uさん様へ
       
       もし、このCNNの報道が間違っていたら、トランプ大統領が大喜びで、
      フェイクニュースとして攻撃するでしょう。

       駄文にて失礼しました。

    2. 匿名 より:

      即応体制と戦略爆撃機の撤収は関係ないのではないでしょうか、逆にグアムからの撤退は戦争準備に近い行為です

      1. 匿名 より:

         交代制での戦略爆撃機グアム常駐を止め、本土とグアム基地を組み合わせて随時インド太平洋での作戦行動を継続することで、同盟国と協力し(敵国である中国による)部隊運用の予測可能性を排除するのが目的だと、アメリカ空軍が正式にステートメントを出している。

         撤収した訳ではない。今このときにアメリカが対中国で後ずさりするはずもなく。

         中国に対する対応レベルを1段上げただけで即応能力も即応体制も失われていない。

  3. だんな より:

    そうすると金正恩が、死んじゃったらウォンが、下がるんですかね。
    こう言う所は、センスが無くて、分からないんですよね。

  4. イーシャ より:

    このニュースとウォン安とがどうつながるのか、シンシアリーさんのブログを見てようやく理解できました。
    南北経済協力に関連する会社に投資していた外資といえば、○ム爺さんかな?

    1. イーシャ より:

      インデックス運用の資金が逃げ出した可能性もあるか。

  5. 愛読者 より:

    金正恩氏が亡くなっても,金与正女史への権力委譲が完了するまでは,その死を公開しないでしょう。北朝鮮もアメリカも軍隊はコロナで身動きできませんから,しばらく大人しく待ちましょう。アメリカやフランスの空母の件は,皆さんよくご存知ですよね。

  6. 市井の内科医 より:

    30代でバイパスですか。
    もしもの場合、執刀医はやっぱり粛清されるんですかね?

  7. G より:

    最も保守的に見ても入院中なわけですから、クーデター起こすのであればチャンスでしょうね。ただそういう動きないだろうなとも思える、、、

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    金日成の誕生祭(4月15日)にも顔を出してないようで、確かにオカシイですね。「脂肪吸引手術が失敗」というハナシなら、フランス医師団が執刀したのでは無いですね。その後で行った事になる。

    体調が悪く、何か難しい手術かも知れませんが、多分、金正恩も北朝鮮医師団は信用してないと思います。

    情報の出所の一つがCNNだから、ちょっと引いて見てますが、読売新聞あたりも孫引きしてるので、本当に危篤かも知れません。

    しかし、実兄の金正男氏を謀殺したり、正恩は直接間接に、百万人単位を殺害したと思います(餓死含む)。金与正氏が執権する迄、発表は無いでしょう。

    もし、このストーリー通りコトが進んだら、また韓国は「美貌の妹首領」と、親北派がチカラを得るし、日本の親北勢力も、跋扈が始まるでしょう。

    1. 市井の内科医 より:

      めがねのおやじ さま

      痩身目的の脂肪吸引は手技自体はすご~く簡単です。
      私が見た記事では心臓関係、とありましたので、てっきりバイパスかと。

      1. めがねのおやじ より:

        市井の内科医様

        え!心臓のバイパス手術ですか?ウチの兄が受けましたよ(笑)。まず、カテーテルして。当時50歳代後半、「残り短いかもねー」と残りの兄弟で言ってましたが、割合何年も元気です。でも先月、胆管が良くないと。

        幸い腫瘍では無かったですが、周りの人達が先に逝きそうです。

        脂肪吸引手術とは、美容整形でしょうか。知識無いものですみません。

        1. 市井の内科医 より:

          めがねのおやじ さま

          普通はPCIで大概なんとかなりますから術後合併症で重体になるなら、まあ、全麻開胸(バイパス)ではなかろうか、と。最近は条件悪ければ拍動下のバイパスを小開胸、下手すりゃ意識下でやったりしますから、それでも30代で術後重体になったとすれば、糖尿とか喫煙で相当全身状態わるかったのかなあ。
          脂肪吸引、は、皮下脂肪しか減りませんから一般には美容目的です。
          減量目的でやるなら、最近は胃のスリーブ切除かbandingですから。

  9. 匿名 より:

     アメリカが仕掛けた情報戦でしょう、北朝鮮に揺さぶりをかけてる。

     先日、トランプ大統領が金正恩から親書を受け取ったと公表した際にも北朝鮮はこれを否定した。この親書が届いたもおそらくフェイク。

     ただ、金正恩が活動を公にできない何らかの体制の動揺をアメリカが掴んでいるから、このタイミングで仕掛けている。金正恩の権力基盤に影響を与える、あるいは北朝鮮の反応を探ることでさらに体制内の変動の兆候を得られる可能性があるから。

     CNN(Clinton News Network)を使うあたり、スパイス効いてるなぁ、トランプ大統領。さすが。

    1. 愛読者 より:

      アメリカが仕掛けた情報戦の可能性は高いです。過去の例だと,金正恩氏が元気なら,明日あたりまでに報道で姿を現すはずです。そうでなかったら重病の可能性が高いです。中国方面では,脳死とか伝えているサイトもありました。

    2. はにわファクトリー より:

      匿名さま

      当方もそのように判断しています。親書到着発言を否定あたりでへんだな思ってました。ご祝儀のミサイル花火連発、あれはなんのメッセージ(虚勢、かまってうっふん)だったのでしょうか?

  10. たけ より:

    もし死んだらどうなるんでしょう?
    文ちゃんの今までの努力(全く功を奏してはいないが)も水の泡でやり直し?
    むしろ行き詰まってたところで主導者が変わったことをチャンスと捉えて再推進?
    金与正は素晴らしい人だと、また欧州を回って説得するのかな?

    「おまえ、こないだは金正恩が素晴らしい人物だと言ってなかったか?」

  11. H より:

    病気が本当だとしても何人かいる
    影武者が活躍するでしょう
    一番焦っているのはムンザイトラ
    ではないでしょうか

  12. マイナンバー より:

    北朝鮮のような独裁情報統制国家では独裁者の健康状態はトップシークレットの中でも最上位の極秘情報でしょうし、事実を知り得る者は極めて限られている、と考えるのが妥当でしょう。CNNの報道にしろ、デイリーNKの報道にしろ伝聞情報であり真偽は依然不明。韓国政府は報道内容を否定しているようですが。
    不謹慎とのご批判を覚悟して言えば、独裁者側にしろ、他国も含めた敵対側にしろ、真偽入り交じった情報戦を繰り広げているとして関連報道をみると野次馬としては面白いです。

  13. ブルー より:

    その死を爺っちゃんや父ちゃんの時みたいに朝鮮中央テレビの絶叫女子アナ李春姫のような人物が悲痛な調子で報じるか、それともチャウセスクのように民衆の敵と糾弾され、サダムフセイン像のような目に北朝鮮巨大銅像群が遭うことになるのか。げにそれはその時の体制が維持されてるかどうかにかかっている独裁者の渡世。
    利益共同体たる朝鮮労働党長老幹部や中央軍事委員会幹部といった一蓮托生の同じ穴のムジナの甲斐性にもきっとかかってるんでしょうなあ。

  14. マイナンバー より:

    ロイターによれば

    『北朝鮮の金委員長、深刻な病気ではないと認識=中国共産党当局筋』
    https://jp.reuters.com/article/north-korea-kim-china-idJPKBN2230F8?il=0

    『北朝鮮の金委員長、深刻な病気ではない=韓国政府筋』
    https://jp.reuters.com/article/north-korea-kim-idJPKBN2230C7?il=0

    と親分(中共)も子分(文在寅政権)もそろって、金正恩は病気だけど深刻ではない、って言ってる。ということは手術を受けるような病気であることは間違いない?!

    1. 農家の三男坊 より:

      マイナンバー様
       真相はやぶの中ですが、嘘つき二人が揃って同じことを言っているという事は・・・
      もしやと期待してしまいます。

    2. マイナンバー様

      【速報】NK国指導者(兄)について〜ライブ配信より
      古是三春_篠原常一郎2020/04/21

      https://www.youtube.com/watch?v=KJCST3zPLLI
      出没してたのは、影武者、

      金与正の執政体制に、血縁関係者を呼び寄せ教育中。
      系譜は男子に限るためらしいです

  15. Nobody より:

    事実であるか偽情報であるか、まったく分かりません。

    トーヘンボクである私の起こるかもしれないことへのインスピレーション

    I 仮に事実であるなら、起こることは
    a)金与正への権力(一時)委譲
    金王朝の継続
    バックアップするのは誰あるいはどの国になるのでしょうねぇ
    b)軍によるクーデター
    単なる権力闘争
    ミサイルを握っている部隊が強く、部隊の暴発もありうるかも
    c)国民による金王朝打倒の革命
    なさそうです。それだけのパワーとネットワークが存在しそうにないようにみえてしまう
    d)国の存在が脅かされる
    中国様しだいでしょう

    II 偽情報なら、その目的は
    e)反逆者のあぶり出し
    あぶり出すのに禁じ手である自身の健康を使うほど、切羽詰まっている
    あるいは深く潜んでいるモグラをつまみ出すことが必要なほど金王朝にモグラが入り込んでいる
    f)CNNに偽情報を流すことで、どの国のどの勢力が喜ぶか、困るかを見極める
    g)韓国が信頼に足るかどうかのリトマス紙

    III 精鋭コマンドによる外科的手術作戦が実施されたのであれば、
    h)単に想像です。
    ホントに実行されていたら、国際的に非難囂々と称賛とが入り乱れるでしょう。
    どこの国とはもうしません

  16. 製造業SE@テレワーク より:

    だいぶ前に妹が後継者指名されたときに「ん?」とは思いました。指導者がピンピンしてるときに後継者指名とか不自然ですしねぇ。
    ただ、今回はトランプさんがいろいろ仕掛けているようなので、今回もそのブラフの一部かもしれません。
    それにしても北朝鮮の情勢悪化で市場が混乱するとはいかにも韓国らしいですね。普通戦争中の相手の調子が悪くなれば良いほうに動くものを…。
    さすがは文在寅保有国。今後の対北ナナメ上政策に期待してます。

  17. 心配性のおばさん より:

    父親である金正日氏が後継を決めるにあたって、与正氏が男でないことを惜しんでいたと報道で読んだことがあります。それほど、彼女は有能ということらしい。
    しかし、半島は儒教国家であり、男尊女卑、長幼の順は絶対だと伺っています。長男である正男氏を排し、三男である正恩氏を後継とするにもかなりの無理があったはず。
    金日成氏が存命中に準備したから正恩氏後継が可能だったとして、正恩氏が与正氏を後継指名したとしたら準備期間は充分なのかしら?
    王朝内のことは国民に配慮の必要がないにしろ、王朝を守って来た階級には納得してもらう必要があると思います。こういう際にクーデターとか起こるのじゃないかしら?
    うまくやってくれればよろしいけど、下手をすると木造船を漕いで大量の難民が・・・。悪夢ですわね。
    迷惑ですから遠慮していただけません?

  18. 名無Uさん より:

    CNNが報じ、提携関係にあるテレビ朝日が報じ、NHKも報じました。AFP、ロイター、ブルームバーグ等数多くの通信社も続々と報じて来ていますね…
    これは本気モードが入っていますね…

    トランプ大統領が『金正恩委員長から素敵な手紙を受け取った』と明らかにし、それに対して北朝鮮指導部がいかなる親書も送っていないと表明しているのは大きいです。
    金正恩の動静に疑念を持ったアメリカが、北朝鮮に揺さぶりをかけるためにわざと親書の話を持ち出したことも考えられます。(ここはアメリカ側のフェイクの可能性も考えておいた方がいいでしょう。)
    さらに数多くのメディアを通じ、話を大きくして北朝鮮をけしかける。これで金正恩は、自身の体調に問題がなければ姿を表さなければならなくなった。

    独裁者はまず、自身の健康を誇示して自国が安泰であることをアピールしないといけない。それを怠れば、その国は国内からも諸外国からも数々の圧力をかけられてしまう。
    だがどうも、姿を表せるような状況ではなさそう。
    トランプ大統領が直接会うことで、影武者もおおよそバレてしまっている。

    トランプ大統領も諸外国の首脳たちも、武漢肺炎への対応に忙殺されています。にも関わらず、やはり北朝鮮には虎視眈々としていることがこれでわかります…(笑)
    これで北朝鮮は何らかのアクションを起こさなければなりませんが、さあどう出てくるでしょうね?

    北朝鮮が完全引きこもりの籠城姿勢を採り続けるならば、次の定石は決まっています。城下の米穀を買い占めさせ、田畑には刈田狼藉を行います。
    北朝鮮の城下は韓国になるでしょうから、機関投資家がウォンとコスピに対して本気であり、韓国の飢え頃しに本気であるならば、金正恩の動静が決まってくるでしょう。本気でないなら、情勢はピクリとも動かないでしょう。
    韓国城まで攻囲の中に加えるとするならば、韓国城内で阿鼻叫喚の声をあげるのは左派ばかりではなく保守派の人々も同様ということになります。
    この保守派の人々を救い出そうと日本国内では親韓派が動き出すでしょうから、この動きを牽制しなくては攻囲の輪を作れなくなるでしょう。
    (そのために新宿会計士様は、対韓配慮論者に耳を貸すなと、力説してきたものと思いたい。)

    1. 心配性のおばさん より:

      名無Uさん様

      故田中角栄総理は、アメリカの意志に逆らって、対中政策を進めたため、政治的な謀殺にあったと伺ったことがあります。そこで疑問が一つ、二階氏は何故生き残っていられるのか。

      また、韓国始末がアメリカの決定であるとしたら、額賀、河村氏など親韓派の生存をアメリカが許すでしょうか?おや、ひょっとすると、小者すぎるので、日本で何とかしろなのかしら?

      1. 名無Uさん より:

        心配性のおばさん様へ

        二階俊博幹事長は元来は親韓派でしょう。
        ですが、親韓派であっても純粋な親韓派ではありません。
        少し前までは、親中政策を進めても問題ありませんでした。オバマやバイデンといった米議員が親中政策を進めても問題が無かったように。このオバマやバイデンと同じようなものだと思ってください。
        二階議員も親中政策を進めることは本心ではないでしょう。昨今の米民主党議員のように、『中共と敵対せよ』という電波がどこかから届いて来たなら、あっさりと中共を切るでしょう。
        野党で言えば、枝野代表や謝蓮舫のようなものでしょうか?
        額賀議員や河村議員のような親韓派は、韓国に対して下手な動きさえ見せなければ、まあ、お目こぼしになるでしょう。それでも韓国に行くというなら、座敷牢にでも閉じこめられるかな?

        危険な時代に入りましたよ。
        心配性のおばさん様も、自重してくださいますようお願いします。

  19. タナカ珈琲 より:

    昔、スターリンショックが有りました。株価が暴落しました。
    今、ジョンウンショックが有ったら、株価が暴騰…?しらんけど

  20. ブルー より:

    韓国も北朝鮮も米ソ冷戦が生んだ人工国家で、またその米ソ冷戦の後も、この地上に残った最後の名残りですからな。
    その最後はどうなることやら。

  21. 匿名1 より:

    鈴置氏のコラムが更新されました。

    1. Buchineko より:

      ありがとうございます。早速覗いてみました。
      これについては、管理人さまがより深く解説していただけそうなので、私ごときはコメント控えさせていただきます。
      ひとつ、ついかで、韓国の市民団体が、斗山グループへの、過去および将来の救済金を違法とする訴訟を起こしたらしいです。現代グループも巻き込まれそうです。

      いやいや、事態はは予想より早いかもしれません。
      武漢肺炎が、落ち着くまえで、入国規制中を願うばかりです

    2. 名無Uさん より:

      ありがとうございます。
      鈴置氏のコラム、拝読…

      おいおい…(笑)

  22. G より:

    >青瓦台高官も聯合ニュースに対し、「金委員長は現在、側近たちと地方に滞在していると把握している」として、「健康異常を裏付ける特異な動向は把握されていない」と伝えた。
    >また、「(朝鮮)労働党、軍部、内閣も非常警戒などの特別な動きを見せていない」とし、「金委員長は正常に活動しているように見られる」と述べた。
    >金委員長が平壌北方の妙香山に滞在しているとの見方に関しては「妙香山ではない」と語った。

    聯合ニュースから引用しました。
    なんで北朝鮮首脳の危篤説を否定するのが韓国なんだろう。
    しかもこの発表だと北朝鮮が言いたいことそのものなんですよね。

    病院のある妙香山でない地方にいる。でも場所は特定しない。

    明らかに北朝鮮に情報網張ってるのでなく、北朝鮮から主張したい内容の伝達を受けてますね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。