立憲民主党・福山氏「支持率低下はセクキャバが原因」

産経が昨日報じた、立憲民主党の幹事長である福山哲郎氏の発言には、久しぶりに心の底から驚いてしまいました。各種世論調査で立憲民主党に対する支持率が低下している理由は、所属議員がいかがわしい店に出入りしていたからだ、と述べたからです。もし本気でそう考えているならば現状認識力が低すぎますし、もし立憲民主党が支持されなくなっている「本当の理由」に気付いていながらそれに言及していないのだとしたら、不誠実と言わざるを得ません。

ズッコケる立憲民主党

当ウェブサイトでは、ちょうど1週間前の『内閣支持率の逆転と無関係に「ズッコケ」る立憲民主党』で、産経・FNN合同世論調査の結果、立憲民主党と日本維新の会の政党支持率が逆転した、という話題を取り上げました。

内閣支持率の逆転と無関係に「ズッコケ」る立憲民主党

ただ、これについては「産経が自民党寄りで立憲民主党に批判的なメディアだから、こんな結果が出たのではないか」、といった疑問を持つ人がいるかもしれません。

しかし、昨日の『コロナショックで崩壊?野党とメディアの「利権構造」』でも触れたとおり、本来、立憲民主党に近い(はずの)毎日新聞の調査でも、わずか1%ポイントの差とはいえ、立憲民主党と日本維新の会の支持率が逆転しています。

コロナショックで崩壊?野党とメディアの「利権構造」

とくに、毎日新聞の調査で立憲民主党が野党の首位の地位を失ったのは、同党が結党された2017年以来初めてのことだそうです。

福山哲郎氏「支持率下落は高井議員の不祥事のせい」

こうしたなか、久しぶりに心の底から驚いたのが、次の記事です。

立民・福山幹事長、党支持率下落はセクキャバ「高井議員が原因」

立憲民主党の福山哲郎幹事長は21日の記者会見で、報道各社の世論調査で党の支持率が低下していることについて、<<…続きを読む>>
―――2020.4.21 17:03付 産経ニュースより

産経ニュースによると、立憲民主党の福山哲郎幹事長は21日の記者会見で、党の支持率が低下している要因を

この局面で支持率が落ちたのは高井議員の不祥事が原因だと考えている

と述べたのだそうです。

この「高井議員の不祥事」とは、政府が緊急事態宣言を発した直後の今月9日、立憲民主党の高井崇志衆議院議員が東京・歌舞伎町のいかがわしい店を訪れていたことをさすものと思われます(『内閣支持率の逆転と無関係に「ズッコケ」る立憲民主党』参照)。

内閣支持率の逆転と無関係に「ズッコケ」る立憲民主党

その後の各種報道によれば、高井議員は14日に事実関係を認め、離党届を出したものの、枝野幸男代表は離党を認めず、高井氏を除名処分にしたそうです。

立民、高井議員を除籍処分 歌舞伎町遊興、離党認めず(2020/4/15 17:00付 日本経済新聞電子版より)

もちろん、高井議員の「不祥事」を巡っては、「国会議員でありながら、このご時世にいったい何をやっているのか」と多くの有権者があきれ返ったことは間違いないでしょう。

また、福山氏が発言したかどうかは確認できないのですが、同じタイミングで報じられた「3月20日の深夜、石川大我参議院議員が新宿二丁目の路上で警察官と大喧嘩した」とされる話題についても、(これが事実ならば)「とんでもない話」であることは間違いありません。

利権野党=立憲民主党

大変申し訳ないのですが、この福山氏の発言、もし本気でそう述べているのだとしたら絶望的なほど政治的センスがないと思いますし、もしも「支持率低下の原因が違うところにある」と気付いていて、わざと誤魔化しているのだとしたら、まことに不誠実と言わざるを得ません。

繰り返しになりますが、立憲民主党は度重なる審議拒否、「コロナより桜」や「もりかけ」などのスキャンダル追及などが大好きであり、そんな立憲民主党を全力で応援しているのが、「ATM」と俗称される新聞などを中心とするオールドメディアです。

昨日の繰り返しで恐縮ですが、個人的・主観的感想に基づけば、立憲民主党は「利権野党」です。なぜ当ウェブサイトが立憲民主党を「利権野党」と呼ぶかといえば、(おそらく)立憲民主党はそもそも政権を取るつもりがないからです。

考えてみればわかりますが、国会議員であれば、巨額の歳費、非課税の文書通信交通滞在費(月額100万円)、政党交付金に加え、3人分の秘書の給料を国費で負担してもらえる、新幹線グリーン車などにタダで乗れる、といったさまざまな特典があります(これについては本稿の「付録」で後述します)。

しかも、官庁から役人を呼びつけて「明日の朝までに資料を作れ」などとメチャクチャな要求をすることもできますし、出てきた資料をツイッターなどに晒し上げるなどして「役人いじめ」を楽しむこともできます。

まさにひと昔前の「王侯貴族」そのものですね。

そして、生半可に政策や法律、経済を勉強するのではなく、週刊誌を片手にマスメディアに受けるためのパフォーマンスを繰り返していた方が、特定オールドメディアが擁護してくれるため、次回選挙でも特定オールドメディアの報道を真に受ける人たちの票をもらい、当選することができる、という構図です。

もっとも、中途半端に国民に支持されてしまい、2009年のように圧勝してしまうと、政権を握ることになり、瓦解し、国民から深い恨みを買うということを、特定野党も特定メディアも学んだのではないでしょうか。

したがって、彼らの基本戦略は、「絶対に責任を取らず、高額の給料をもらいながら役人をいじめて王様気分を味わい続けられる野党の地位」に拘っているのではないかと思います。

だからこそ、「最大野党」の地位を満喫しつつも、政権を取るほどにはいたらない程度の議席数が彼らにとっては最も心地よいのであり、ほどほどに支持される状態を維持しているのが彼らにとっての理想ではないかと思います。

特定野党と特定メディアはセットである

すなわち、特定野党を跋扈させているのは、

  • 特定野党はとにかく官僚や政府・与党を叩き、足を引っ張り続ける
  • 特定メディアはそんな特定野党を一生懸命に応援する

という、特定野党と特定メディアが一体となった利権構造です(ただし、特定野党や特定メディアが叩くのはおもに一部の官庁に限られており、なぜか財務官僚や警察などには絶対に逆らわない、というのも不思議ですが…笑)。

ただ、この特定野党と特定メディアが悪いのかといえば、そうとも言い切れません。

なぜなら、結局のところ、特定メディアの報道を真に受け、特定野党を支持する層が、一定数は存在しているからです。ということは、特定メディアや特定野党を支持する読者、視聴者、有権者が存在するからこそ、立憲民主党や一部のメディアのようなものが存在できるのではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、さすがにこの「武漢コロナウィルス蔓延」という局面で、専門知識を持たないタレントがいたずらに不安ばかり煽るようなワイドショー、この期に及んで政権攻撃しかしない一部の新聞などに見切りをつける人が増えて来たのかもしれません。

このような仮説が正しいのだとすれば、コロナショックは特定メディアと特定野党を「終わらせる」きっかけになるのかもしれません。

いずれにせよ、コロナショックが去った時点で、特定メディアの経営状態がどうなっているか、特定野党の支持率がどうなっているかについては、深い関心を持っておく価値がありそうです。

付録:国会議員への厚遇

さて、ここから先は、「付録」です。

以前の『国会議員の1人当たり給料をねちねち計算してみた』でも調べてみたのですが、平均的な国会議員に対しては、1人あたり少なくとも年間1億円前後の公費負担が発生していると考えられます(計算の仕方によって金額は変動しますが…)。

まず、最も重要なものが、①歳費(月額129.4万円)と②文書通信交通滞在費(月額100万円、しかも非課税)、③6月末と④12月末の「期末手当」であり、この4つの金額を単純合計すれば、最低でも年額3362万円の歳費が支給されています(図表)。

図表 (1)国会議員本人に支給される歳費等の年額
区分最低額備考
①歳費15,528,000円議長は2604万円、副議長は1900万8千円
②文書通信交通滞在費12,000,000円非課税
③6月分の期末手当2,908,265円月額歳費×145%×155%
④12月分の期末手当3,189,710円月額歳費×145%×170%
議員本人に支給される額33,625,975円①~④の合計

(【出所】『国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律』第1条、第9条、第11条の2第2項、「特別職の職員の給与に関する法律」第1条、第7条の2第、『一般職の職員の給与に関する法律』第19条の4等を参考に著者作成)

また、これとは別に、国会議員は3人まで公費で秘書を雇うことができますが(政策秘書、公設第一秘書、公設第二秘書)、それぞれの秘書には一般の国家公務員と変わらない水準の給与が支給されます。

国会議員秘書の月額給与
  • 政策秘書と公設第一秘書…343,900~533,700円
  • 公設第二秘書…268,500~393,900円

(【出所】『国会議員の秘書の給与等に関する法律』第3条各項、別表第一・別表第二等を参考に著者作成。なお、ここには期末手当等は含まない)

このことから、秘書に対する年間支給額は次のように計算できます(公務員には年2回、民間でいうボーナスに相当する月給の2~3ヵ月分の手当が存在するため、上記試算では年収を「17ヵ月分」としています)。

(2)国会議員秘書の年間給与
  • 政策秘書と公設第一秘書…585~907万円
  • 公設第二秘書…456~670万円

これの単純平均値は2055万円です。

さらには、政党に対しては所属議員数に応じ、政党交付金が支給されるのですが、この金額は基準日時点での政党の所属国会議員数によっても変動するものの、だいたい議員1人あたりに換算して(3)年間4000万円前後、といったところでしょうか。

したがって、

  • (1)①年間の歳費、②年間の文書通信交通滞在費、③6月末の手当、④12月末の手当
  • (2)国会議員秘書3人分の年間給与
  • (3)議員1人あたりの政党交付金の年額

を合計すれば、ざっくりと9500万円ほどです。

しかも、実際にはこれに加えて、

  • 議員会館内に、議員1人あたり約100平米の個人事務室
  • 運賃や料金を支払うことなくJR各線に乗車できる「特殊乗車券」
  • JAL、ANAなどの国内航空券(※各種制限あり)

などの特典もついて来ます。

いずれにせよ、私たちは自分自身が選んだ国会議員らが「少なくとも年額1億円」の働きに値しているかどうかについて、もっと厳しい目を注いでも良いのかもしれません(※誤解を恐れずに言えば、逆に「年額1億円」では少なすぎるほど良い仕事をしている議員もいるかもしれませんね)。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    週刊紙や新聞を振り回してわめくのが精一杯では、野党に国政調査権なんて不要ですね。
    福山氏に関しては、愚かな行動を責められて当然ですが、一方で、ヒステリックな謝○○氏のわめき声をしょっちゅう聞かされて、そんなところに救いを求めるしかない憐れな人物との感もあります。
    ところで、立憲民主党を除名処分って、ご褒美にしか思えないのは私だけ ?

  2. ハゲ親父🐧 より:

    長年の研鑽の甲斐があり、とうとうマスゴミと夜盗が特定アジア諸国と同等の「特定メディア」「特定野党」に昇格しました。🐧
    以後は今迄の「国民の敵」などとは違う「国家の敵」というステージでのご活躍を祈念致します。🐧

  3. ボーンズ より:

    半年に一回程度、議員の活動評価をする仕掛けが必要ですね。
    法案を質疑して採決してなんぼの仕事がベースですので。
    (特定野党の評価が落第点になるのは言うまでもない)

    そこから議員外活動で加点…いい仕事していれば、一億円でもお釣りが出るのは当然。

  4. tackle より:

    政治的センスはともかくとして、その創立当初より立憲民主党という政党列びにその構成員が日本国民に対して誠実であった事がありましたでしょうか?

    自らの不祥事は矮小化し、与党を中心とした他政党に対しては声高にこれを罵る
    目糞鼻糞の類とはいえ、それなりに聡い連中は(ex.モナ夫、ガソリーヌetc)立憲民主党から距離を置き始めている現象を見れば、いずれは社民党が来た道を辿るのでしょうね

  5. だんな より:

    我々は特権階級、好きな時に休むのも当たり前アル。
    センスが無い訳じゃ、無いアル。
    国民の支持率よりも、中国共産党の支持の方が、重要アル。
    工作員として、日本人を洗脳する活動を続けるアル。

    書いていて、馬鹿らしいからお終い。

  6. 路傍のリンドウ より:

    私は、そのものズバリ、朝日、毎日、共同と言うオールドメディアの行動隊が立憲民主党と思っています。何故なら、安倍首相が目指す憲法改正議論を審議テーブルに載せない作戦ですから、審議妨害さえ出来れば、モリカケでも桜でも何でも良いのですよ。だから国会は、保守vs野党が対峙する場では無く、自民の日米勢力派(改憲を伴う)vs特定メディア(中国韓国の出先工作機関)の対峙と見れば、野党の不可解な頑なな行動がストンとガッテンが行く気がします。特定メディアが苦し紛れに石破氏を押すのも、中韓に親和性が強くある石破氏なら有りかと思います。

  7. 匿名 より:

     高井セクキャバの第一報は4月14日の文春のWeb速報版で、翌15日には他メディアも報じ立憲民主党が事実であると認めた。

     一方、立憲民主党の支持率が3月の7.7%から3.7%に半減したと報じた産経新聞・FNNの合同世論調査が行われたのは4月11日と12日。

     誰にでも分かる時系列の矛盾。だがしかし、新コロナウイルスの蔓延という国難を利用した倒閣運動一方槍の活動が、反安倍層の中からも離反を招いている事実を認める訳にはいかない。

     打倒安倍は朝鮮半島との共同ミッションだし反日サヨクの無謬性もあるから倒閣一本槍を改めることはできない。立憲民主党には、世論調査結果に一喜一憂することなく、このまま打倒安倍で活動してもらいたい(笑)。

    1. みみこ より:

      本当に時系列が理解できない、
      とすると、どこかの国の皆さんみたいですね(笑)。

  8. ブルー より:

    全く同感です。そして修学旅行中の高校生じゃあるまいし、いい大人の、それも政治家ともあろう者がしょうもなくも浅はかな不祥事を起こすというのはとりもなおさず政党のそうした目的デラシネ的状況が、偉そうに言えばデュルケムの言うアノミー、ぶっちゃけ言ってしまえばぶっ弛み状況を党内に作っているからでしょう。
    こうした責任は挙げて党の総責任者たる党代表である枝野幸男氏や党執行部にあるでしょう。現状の中でもちょっと努力が必要な取り敢えずの方向性や目指すべき目標を党内に示さないからです。とにかく暇にさせてたら人間ろくな事はしない。ぶっ弛んだ組織状況に効くのは少し忙しくさせることしかない。
    目標は何だっていい。例外なく議員はサポーターを一人最低50人確保すること、とか。出来なきゃペナルティとか。
    そのくらいの気働きはそこらの一般業種の人間じゃない、人を動かす政治家なんだから働かさなきゃ恥というモンです。

  9. 匿名 より:

    現実逃避です。

    どっかのブラック企業のアホな経営者と同じロジックです。
    従業員の離職率が高いのは何故か?って議題に対して最近の若者は我慢が足りないからだろ?って答えるあの感じですね。

    問題の本質がどこにあるのかを確認しようともしない。

    トヨタ式じゃありませんが、支持率が低い事に対してちゃんと一人一人なぜなぜ分析をして貰いたい。
    でもそれすらも都合よく解釈しそうですが。

  10. ブルー より:

    組織が弛緩した時。組織を引き締め士気を維持するのはリーダーの役目でありリーダーにしか出来ない仕事です。従って議員の不祥事はホントは党代表の枝野幸男氏が責任を感じ、責任を感じたなら組織運営の見直しをしなければいけません。
    跳ねっ返りに詰め腹を斬らせる権限はそうした責任と表裏一体でなければ人は付いていきません。

  11. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    高井崇史議員は、やっぱり東大出の官僚だったんですね。郵政とかかじって中国比例区で当選。ま、比例区だから強力な地盤がある訳でなし、次はナシ、引退して貰いましょう。

    このご時世に歌舞伎町のセクキャバ行くなんて、何やら文部次官の前川氏の「貧困女性を調査するため」と同じ屁理屈カマしているようです。ちなみに前川姓は奈良県に多いんですよ、氏も奈良です。でも他の方は関係ありません。偏見のないように(笑)。

    福山氏のトカゲの尻尾切りか、立憲民主党は預かり知らぬこと、みたいな妄言呆れます。野党の、国を駄目にする輩が、年に1億円もの公費負担がある事、絶対に許せません。立憲、国民民主、共産党は全員落ちろ!あ、二階、親韓自民議員もな。

  12. G より:

    もしそうだとしても、いわゆるハインリヒの法則の逆適用で、こんな大事なときにこんな酷いことがおこるのは、そこまで至らない不祥事が日々たくさん起こってて支持率を毀損しているわけです。

  13. 匿名 より:

    権力の番人とばかりに批判ありきで報道するのもあれですが、野党を育てるのもマスコミの役割。
    福山氏の発言がすべて、マスコミが甘やかすからこの程度の認識しかしない、この程度の認識だから成長しない、よくなりようがない。
    マスコミも本当に倒閣したいのなら野党を鍛えなさい。
    え!国民に寄り添う野党になったら倒閣する意味がないって!

    1. 匿名 より:

       海を隔てたとある国で、保守政権を攻撃しつつ左翼思想を浸透させて国民の中で保守・進歩派を拮抗させ、ついには赤化路線を堂々と掲げる大統領と国会与党を作り上げた成功体験があるので、朝鮮半島に支配された我が国の進歩派オールドメディアも活動方針は倒閣のみ。

       民主党政権樹立という成功体験もあるからなおさら止められないというか、国家国民の幸せのための政治なんて頭の中に全くない。あるのは中朝韓の利を図ることのみ。

  14. まんなっか より:

    政治家の言葉は(良い意味で)真に受けてはいけないとは言われますが。
    立憲の仕事は改憲阻止と言われたら確かにそう感じます。この政党の支持層も政策の実行ではなく、改憲勢力の打倒を目指しているなら納得できます。
    有事法制の不備、もっとも今回は他国ではなくウイルスだったわけですが、法制度の問題・もっと根本的には憲法の問題から避けて通るのは、将来に対する無責任であるでしょう。

    あと、立憲は枝野代表が前に出なさすぎです。
    共産における不破氏みたいなのを目指しているのかもしれませんが、それは現役党首のやることじゃない。
    見限られたら、凋落は思ったより早いのかもしれません。福山と蓮舫の両氏に頼り切りなあたり、人もいませんし。

  15. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    ここで仮説を一つ。

    「特定野党と特定メディア」が元から低い支持をさらに失いつつあるのは、「やってることが韓国と似てないか?」と気づく人が多くなってきたため、というのはどうでしょう。

    自分たちの非を認められない(何をしても正しいと考える)、ひたすら相手を蹴落とそうとする、時系列が滅茶苦茶、セクキャバのせいにする(←NEW)。

    恐らく、彼らは彼らなりに真面目にやっていて、政権を取る気も満々です。彼らに同調しない国民がおかしいと思ってるでしょう。
    マスコミはマジックのネタがネット経由でばらされることが多くなって、持て余し気味なんでしょう。

  16. 猫足らず より:

    立憲民主党 ではなく 利権厳守党 ですね。

  17. 元道民 より:

    そもそもの問題として
    枝野さんや二重国籍さんは、「悪夢」の時の首相たちより(能力、立場共に)下というイメージがぬぐえないのに
    そんな彼らが中心の政党という状態です。

    彼らには変わる、成長する気は無し。
    そのような状態を変えられる、下から突き上げてきてあの辺の幹部を一議員に追いやれる人間がいない人材不足。

    これはコロナ騒動関係なく所謂詰んでいるというやつなのでは?
    と思います。

  18. たけ より:

    こういう時ほど政権を支えて一丸になる必要があるのに、
    ここぞとばかりに、糾弾して引きずりおろすことしか考えてないマスゴミに嫌気が刺す。
    トランプ大統領も同じような目に合ってるが、
    どうもマスコミは安倍-トランプの形が死ぬほど憎くてたまらないようだ。
    言論統制する特アに対して言論の自由の権化であるはずのマスコミがなびくとは、
    彼らはマスコミの皮をかぶった共産主義者である証左だ。

  19. michi より:

    前から思っているのですが、比例で議員になった者は党籍を失ったら議員資格も無いはずだと思うのです。
    益して、選挙区で負けて比例復活なんてどうなのでしょう?
    どこの政党でも関係無く同じですが、比例代表は個人として選ばれたのでは無く、政党の1議席としての立場ですよね。
    移籍は認められないなんて当然ですが、除籍されても比例代表選出の議員であるなどありえないと思うのです。
    比例代表選出の議員が党籍を失ったら議員資格も失うのは当然。
    名簿で繰り上げ当選でも良いかと。
    幾らダメな政党でも、議席数が変わらないのはどうかとも思いますが、残念ながら一定数の票を集めている以上、その政党に正当な権利が有ってしまう…。

    1. 匿名 より:

       比例選出議員の党籍の喪失=議員資格の喪失とすると、政党と所属国会議員との間に(選挙区選出議員には生じない)指揮命令服従関係が発生する(議員資格は党執行部の胸先三寸)。これは、国会議員が国民の代表であることと矛盾するので、党籍喪失=議員資格喪失は認められないというのが憲法学の通説。

  20. 老害 より:

    >平均的な国会議員に対しては、1人あたり少なくとも年間1億円前後の公費負担が発生していると考えられます

    私、立憲民主党の議員ならやれる自信があります。(キリッ)
    でも、恥知らずな言動ができるかな・・・

  21. 匿名 より:

    一議員の個人的行動で、犯罪や違法行為で無い限り政党支持率が大きく変動することはありません。1、2、3月初めまで国家的危機であるコロナ対策よりも、桜がどうのこうのと言ってたのが全てじゃないですか。桜も結構だけどど、もっとやる事があったでしょう。幹事長がこんな事言ってるようではこの党話にはなりません、真ともに相手するは必要はないでしょう。

  22. 阿野煮鱒 より:

    民主党系の議員なんて昔からこんなものです。

    それなのに「自民党にお灸を据える」とか「政権交代で日本は変わる」とか言って、民主党に票を投じた日本人が過半数だったから民主党政権ができたのです。

    あのとき民主党に投票した人々は、自分がそれをした「本当の理由」と向き合っているのでしょうか。マスコミに騙された「被害者」で済ませるのでしょうか。

  23. 丸に違い矢 より:

    更新、ありがとうございます。
    私は、参政権を得る少し前から汚職や利権にまみれ派閥争いを繰り返す自民党が嫌いでした。
    そして、そんな自民党のやり方を咎めている社会党(当時は少なくともそう思っていました)に期待をしていたのです。
    しかし!
    村山政権が出来た時、考えは一転します。
    社会党で政権を担うって事が出来ないと露呈したのです。
    それでも、より良き日本の未来を信じて社会党の若い議員達は社会党の老害達に道を阻まれ理想の政治ってモノが出来ないのだろう。
    自民党の若い議員達も自民党の老害達に想いを閉ざされいるのだと思っていました。
    (まぁ、私も当時は考えの至らぬバカでした)
    そして民主党が出来たのです。
    コレで、クソ塗れの自民党政権から…文句は垂れるが何も出来ない社会党に期待しなくて済むと思いました。
    しかし、この期待も見事に裏切られる事になりました。
    衆院選で勝利した時、明るい日本の未来が見えた気になりました。
    そしてまたもや裏切られるのです。
    極め付けは国会の質疑応答で党首が事もあろうか「じゃあ、どうすればいいんですか?」と言ったのです。
    政権を取りながら決めた事と言えば頼みも期待もしていなかった0増5減です。
    私の日本の政治への微かな期待も消し飛んだ瞬間でした。
    野党は万年野党で政権なんぞ担う事は出来ないし、自民党は自浄効果を期待出来る党でないと諦めたのです。
    そして福山幹事長は云うのです。
    「立憲民主党の支持が落ちたのは風俗へ行った議員の所為だ!」とね。
    怒っちゃイケません。
    プロレスを「八百長だ!」と真剣に怒っている様なモノです。
    日本の政治って、口でするプロレスでしかもベビーフェイスの存在しないプロレスなのです。
    何が起っても腹を立ててはいけません。
    全てが茶番なのですから…

    長文の駄文、大変失礼しました。

    1. 阿野煮鱒 より:

      国民がその政治家達を選んでいるのです。
      有権者は主体です。プロレスの観客ではありません。興行主です。

      1. まんなっか より:

        全く持って同感です。

        直近に丁度いい話がありました。福井県高浜町町長選挙です。
        関電の金銭授受問題があり、しかも町長自身も別件で便宜供与した疑いがありながら4選目をはたしました。
        わかりますか?金配った助役や町長だけが悪人じゃあないんです。
        高浜町民のマジョリティがあれでいいと言っているんですよ。高浜町民がクズなだけなのです。
        無論そこには地方過疎地の厳しい現実があるわけですから、自分は非難する気は毛頭ありませんが。

  24. 嘘は韓国の始まり より:

    昔、悪夢の民主党政権時代に、「なぜ1番でなければならないのか」と言って物議をかもした、2重国籍のヒステリー女がいました。明確に反論できなかった官僚もお粗末でしたが、この質問が大ブーメランになって帰ってきたような気がします。政党にあてはめると、1番を目指さない、2位(今では2位ですらない)の万年夜盗に甘んじていると、このようなクズ以下の集団にしかならないということです。

    1. 惚け老人 より:

      嘘は韓国の始まり様

       二重国籍そのものはたいした問題ではありませんが、彼女はあれほど二重国籍で騒がれたのに日本国籍を取っていることを明確に証明していないので、髙井議員よりも遙かに悪質ではないでしょうかね。しかも自分では支那人であると公言していた時代さえあり、パスポート偽造のうたがいさえあるのですがね。

       このような悪質議員と違って髙井議員は何も悪事を働いたわけではなく、経済的観点からすればむしろ社会活性化のため個人のお金を使った訳で、この時期でなければ表彰ものとも云えるでしょう。

       他のSNSで書かれていたことですが、責任者は部下の失態に対して責任を取る故に高給をもらっていると言います。しかし、このオッサンは責任を取るどころか部下をけなし、トカゲのしっぽ切りをしている哀れな人以外の何物でも無いでしょう。

  25. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
     
     立憲民主党としては、旧社会党の戦略を踏襲しているのではないでしょ
    うか。つまり、旧社会党の経験から、政権には参加しない方が良い、と学
    習したのでしょう。

     駄文にて失礼しました。

    1. 泣ける より:

      確かに!
      政党を名乗るからには信じ難いことですが立憲民主党は民主党政権と社会党の経験から政権を担わずパフォーマンスをしていく道を選んでいるように感じます

      サイト主が共産党、立憲民主党を国民の敵と常々主張されているのがごもっともと思います

  26. りょうちん より:

    しむらけん氏の感染は「自粛で売り上げに困っている嬢の頼みを断り切れず、わざと豪遊」なんて美談にされているのに・・・。
    なんでも、しむらけん氏に声をかけていた嬢達は失踪したとの怪情報も。

    高井議員に営業してた嬢の安否が気遣われますね。
    なにしろ「こっれが俺のクラスターだ!」なんて個人情報まで流出しているのですからw。

  27. 心配性のおばさん より:

    Web主様にお伺いしたいのですが、彼らを論じるモチベーション、どこから来るのですか(笑)。
    官僚と違って、彼らはあろうことか私たちが票を入れてしまった(私のではありません。キッパリ)国会議員なのですよ。笑いネタにできるのならよいのですが、恥ずかしくてとても笑えない。

  28. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     緊急(浮気)したい宣言の高井議員には笑わせてもらいました。議員辞職はしてないようで。
     ネット右翼がネトウヨと略されるので、私は利権民主党と呼称してます。もっとちゃんと略せと怒られたら離民党ですかね。日本国民から離れ、支持も離れて居る。
     好き勝手してるだけでお金貰えるのだから、政治屋は辞められないんでしょうね。

     無責任野党の固定票を削ぐ事と、政治に無関心(絶望してるのかな?)な層をなんとか参加させたいですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。