韓国の輸出産業をコロナショックが襲うとしたら?

韓国政府・産業通商資源部は日曜日、2020年2月における韓国の輸出入データについての速報値を公表しており、これによると、2018年11月頃から続いていた輸出の低迷については、下げ止まったかに見えます。ただ、昨日の『「トリアージ」の重要性 医療崩壊進む韓国が反面教師』でも紹介しましたが、韓国では現在、コロナウィルスの感染者数を自ら積極的に増やしている状況であり、こうした状況から韓国人に対する入国規制をする国も激増しています。

コロナと産業

中国のコロナショックがサプライチェーンに与える影響

中国はいまや(公式には)GDPでは世界で第2位の経済大国であり、また、さまざまな製品を全世界に供給している「世界の工場」であり、そんな中国がコロナ騒動で混乱すれば、日本を含めた全世界の経済に悪影響が生じることは事実でしょう。

コロナショックではわが国もサプライチェーンの寸断やインバウンド外国人旅行客の激減などに加え、コロナ対策による各地での営業自粛などの動きが広まる(『コロナ対策での営業自粛と買占め』参照)など、経済に対する甚大な打撃が懸念されます。

今回のコロナ騒動が収束すれば、おそらく「コーポレート・ジャパン」としては、コストカットだけでなく、部品の安定供給という観点から、サプライチェーンにおけるチャイナ・リスクを強く意識することになるでしょう(いや、そうでなければマトモな経営者とは言えません)。

ただ、ひとつ救いがあるとすれば、日本経済の場合は「貿易依存度」が諸外国と比べて低い、特徴があります。少し古いデータで恐縮ですが、総務省統計局が公表する『世界の統計2019』(図表9-3)をもとに、2016年におけるG7と中韓両国の貿易依存度を示しておくと、図表1のとおりです。

図表1 G7と中韓の貿易依存度(2016年)
輸出依存度輸入依存度
日本13.112.3
米国7.812.1
カナダ25.527.2
英国15.522.5
イタリア24.621.7
ドイツ38.530.5
イタリア19.822.8
韓国3831.4
中国19.114.2

(【出所】総務省統計局『世界の統計2019』・図表9-3)

日本は意外と輸出依存度が低い

よく外国のメディアなどを読んでいると、「日本経済は非常に大きく輸出に依存している」、といった記載を見かけるのですが、少なくとも客観的な統計上は、日本の貿易依存度は輸出、輸入ともに米国よりは高いものの、その他のG7諸国と中韓両国よりは低いことは間違いありません。

しかし、たしかに「コロナショック」による経済への打撃は懸念されるものの、この貿易依存度の低さは、ひとつの強みとなり得ます(もちろん、「金額、数量は少ないが、その産業には欠かせない部品」などの供給が止まれば、それなりに深刻な打撃が生じるであろうことは間違いありませんが…)。

したがって、日本政府が経済への打撃を最小化しようと思えば、「輸出に依存した回復」ではなく、「内需主導の経済回復」という、「王道」の経済対策を講じれば良いのです。某国と異なり、WTOルールスレスレの奇妙な輸出補助金だの、関税だのといった貿易収支改善策に頼る必要などありません。

蛇足ですが、だからこそ、当ウェブサイトでは先週金曜日の『今こそ消費税の税率を「引き下げる」決断を!』で述べたとおり、この際、コロナショックを奇貨として消費税率そのものを変更してしまうのが良いと思っているのです。

今こそ消費税の税率を「引き下げる」決断を!

中国依存度が極めて高い韓国の苦境

ただし、上記のように、「経済危機に対して国内経済対策を中心にすれば良い」というのは、あくまでも輸出依存度が低い、たとえばわが国の経済のような場合の話です。もともと輸出依存度が非常に高い国の場合は、そういうわけにはいきません。

とくに私たちの隣国・韓国の場合、貿易依存度(輸出依存度、輸入依存度)は日本や主要国のそれと比べて非常に高く、外需の混乱による影響に直撃されやすいという特徴があるのです。

ちなみに、2019年における韓国の貿易高は、輸出が5422億ドル、輸入が5033億ドルでしたが、GDPが日本の3分の1なのに、貿易総額は日本の8割くらいだというのも、韓国の輸出依存度の大きさを象徴していますが、問題は、それだけではありません。

輸出相手国、輸入相手国ともに中国が最大だ、という点にあります(図表2図表3)。

図表2 韓国の輸出相手国と金額と構成比(2019年通期)
相手国金額構成比
中国1362億ドル25.12%
米国733億ドル13.53%
香港319億ドル5.89%
日本284億ドル5.24%
台湾157億ドル2.89%
インド151億ドル2.78%
シンガポール128億ドル2.35%
その他2288億ドル42.20%
合計5422億ドル100.00%

(【出所】韓国銀行)

図表3 韓国の輸入相手国と金額と構成比(2019年通期)
相手国金額構成比
中国1072億ドル21.30%
米国619億ドル12.29%
日本476億ドル9.45%
サウジアラビア218億ドル4.34%
ドイツ199億ドル3.96%
台湾157億ドル3.12%
マレーシア93億ドル1.84%
UAE90億ドル1.79%
その他2109億ドル41.90%
合計5033億ドル100.00%

(【出所】韓国銀行)

コロナは韓国を直撃?

韓国はすでに中国の経済植民地

図表2、図表3で見ると、韓国の貿易モデルは極めてシンプルです。

まず、日本やドイツから高度素材・資本財(モノを作るためのモノ)を、サウジアラビアやUAEなどから、石油等の資源を輸入し、それを中国や米国などに輸出して稼ぐというものであり、また、中国からはさまざまな消費財を輸入している、ということです。

また、データで調べていくと、韓国にとって中国が最大の輸出相手国に浮上したのは2003年、最大の輸入相手国に浮上したのは2004年のことですが、それ以降、一貫して中国は韓国の最大の貿易相手国であり続けています。

もちろん、韓国経済が対中依存度を高めて来たことは、国としての韓国の選択ですし、本来ならば私たち日本国民が「悪いことは言わないから、対中依存度が高い状態は改めた方が良いですよ」、などとアドバイスする筋合いのものではありません。

しかし、あくまでも一般論ですが、A国がB国にとっての「最大の貿易相手国」(とくに輸出相手国)という状況になれば、B国はA国に対して、「貿易戦争」を仕掛けることが可能になります(中国にとっての米国のようなものですかね)。

ましてや、中国は自由主義経済圏ではありませんし、民主主義国家でもありません。中国共産党による一党独裁国家です。そんな国を圧倒的な貿易相手国に選ぶという時点で、なかなか凄い発想だと思います。言葉は悪いのですが、韓国は中国の「経済植民地」のようなものでしょうか。

もちろん、「中国が最大の貿易相手国である」という点については、日本もあまり韓国のことを笑っていられませんが、それでもそもそも論として、日本の場合は輸出依存度が低く、かつ、まだ米中両国の貿易相手国としての重要度がほぼ均衡している、という事情はあります。

余談ですが、コロナショックを契機として、日本も韓国を他山の石としつつ、チャイナリスクの分散を図るべきではないかと思う次第です。

最新の貿易統計は「下げ止まり」

いずれにせよ、日本と異なり、韓国は経済に占める貿易への依存度が非常に高い国です(年によって異なりますが、高い年ではGDPの8割を超えている場合もあります)。このため、韓国経済については貿易統計を眺めていればだいたいのところが理解できる、という言い方もできます。

こうしたなか、今後の韓国経済の動向を読むうえで参考になるのでしょうか、韓国政府・産業資源通商部は日曜日、2020年2月の輸出入動向に関するプレス・リリースを出しています。

2020 年2 月の輸出入動向

2月の輸出入動向の概要
(実績)2月の全体の輸出は4.5%増の412.6 億ドル、輸入は1.4%増の371.5 億ドル、貿易収支は41.2 億ドルで97 カ月連続の黒字<<…続きを読む>>
―――2020/03/01付 韓国政府・産業資源通商部より【※韓国語】

これによると、韓国の輸出高は前年同月比+4.5%となる412.6億ドル、輸入も+1.4%となる371.5億ドルで、貿易収支は97ヵ月連続の黒字となる41.2億ドルだったそうです。

ためしに、韓国の全体の輸出高(図表4)、韓国の対中輸出高(図表5)、韓国の対日輸入高(図表6)について、月次データと前年同月比増減を同じグラフに示しておきましょう。

図表4 韓国の輸出高合計

(【出所】2020年1月までのデータは韓国銀行、2020年2月分のデータは韓国政府・産業資源通商部)

図表5 韓国の対中輸出高

(【出所】2020年1月までのデータは韓国銀行、2020年2月分のデータは韓国政府・産業資源通商部)

図表6 韓国の対日輸入高

(【出所】2020年1月までのデータは韓国銀行、2020年2月分のデータは韓国政府・産業資源通商部)

韓国の貿易の低迷は2018年11月に始まった!

これで見ていくと、韓国の輸出高は合計、対中輸出高ともに、明らかに2018年10月から前年同月比でマイナスになり始め、昨年を通じていずれも大幅に前年割れとなり、2020年2月になってやっと下げ止まったという状況ですね。

また、日本からの輸入高についても、やはり2018年11月ごろから前年同月比でマイナスとなり始めているのですが、ここからは、

  • 半導体など、韓国にとっての「虎の子」である輸出品の対中輸出高などが低迷し、その結果日本の対韓輸出高についても低迷している

という姿が浮かび上がるのです(※なお、日本から韓国に対する主要輸出品目が半導体製造装置などであることについては、『「日本の対韓輸出規制で貿易黒字急減」説の大ウソ』で日本側のデータをもとに概観していますので、あわせてご参照ください)。

「日本の対韓輸出規制で貿易黒字急減」説の大ウソ

コロナからデフォルト?

さて、2020年2月までのデータについては、コロナショックの影響が少しずつ出始めている状態であり、この状態で「下げ止まった」というのは、一見すると良い兆候といえるかもしれません。

しかし、昨日の『「トリアージ」の重要性 医療崩壊進む韓国が反面教師』でも報告したとおり、現在、韓国では日々、数百人レベルでコロナウィルス感染者が増えている状態にあり、また、韓国からの入国規制を課す国も続々と増えているようです。

韓国の新型コロナ感染者 123人増え4335人=死者26人に(2020.03.02 17:42付 聯合ニュース日本語版より)
韓国からの入国禁止・制限国の拡大傾向弱まる、合計81カ所(2020.03.02 19:06付 中央日報日本語版より)

こうしたなか、韓国メディアを眺めていると、航空会社や海運会社の経営危機という報道も、続々と出て来ているようです。

韓国航空業界、経営状況悪化の一途…アシアナ航空も3月給与は全額払えず(2020.03.02 16:25付 中央日報日本語版より)
日本の輸出規制にコロナまで…韓国政府、海路閉ざされた海運業を支援(2020.03.02 15:32付 中央日報日本語版より)

(※余談ですが、日本の「輸出『規制』」とは、日本政府が昨年7月に発表した対韓輸出管理適正化措置の誤記です。しかし、図表6などで見ていただいたとおり、べつに日韓の貿易高の低迷は、昨年7月に始まったものではありません。すでに2018年11月にその兆候が出始めていたものです。)

これに加えて、当ウェブサイトでは以前から『韓国企業が永久債のコールをスキップしたらどうなる?』などのなかで、「韓国企業の資金繰り不安」については「気になる論点だ」と報告してきたところです。

いずれにせよ、中国発のコロナショックの「第2弾」が、まさに「韓国発の輸出ショック」、さらには「韓国の大規模デフォルトショック」となるのかどうかについては、3月も引き続き注目する価値があると思う次第です。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    おはようございます。

    個人的には、一歩進んで、韓国亡き後の日本経済を考えたいなと思っております。
    半導体や、多額の政府援助に支えられダンピングを繰り返してきた劣化コピーである造船・自動車などを、取捨選択して日本が取り戻すチャンスにもなり得るからです。

    防衛ラインが津島まで下がるであろうことは容易に予想できますが、韓国消滅にはマイナスもあればプラスもあるのです。

    > 言葉は悪いのですが、韓国は中国の「経済植民地」のようなものでしょうか。
    新宿会計士様は言葉を選ばれますね。
    私が書けば、ストレートに「韓国はいつになっても中国の属国。」です。

    1. ハゲ親父🐧 より:

      イーシャ様
      「せっかく独立させて」やったのにニダ。🐧
      あっ!あれは幻の「大韓帝国」の話だった。🐧

      1. イーシャ より:

        ハゲ親父 様

        独立する気概がないから併合してもらったニダ。
        それを認めるのはウリのプライドが許さないニダ。
        棒で殴られるのがわかっているから、中国様には逆らえないニダ。

      2. ボーンズ より:

        ハゲ親父 様

        独立させてもらったけど、うまく行かなかったアイゴー

    2. はにわファクトリー より:

      ハゲ親父さま

      大韓帝国こそ、これまでに経験したことのない国、ですね(きりっ)

  2. ボーンズ より:

    鵜には複数の紐が繋がっており、通常は鵜が魚を捕ったら鵜匠が持ち回りで紐を引っ張って捕った魚を回収する。
    (小魚は胃の中に入るけど、大きな魚は回収される)
    しかし、鵜匠の仲が悪いと、同時に紐を引っ張ったり、放置されたり、紐の縛り具合もきつくなる。

    今はどんな具合かな?
    (鵜と鵜匠はどこの国とは敢えて書かない)

    1. はにわファクトリー より:

      ボーンズさま

      > 鵜匠の仲が悪いと

      ナイスなたとえです。ただ瑞穂國の場合も鵜飼いの鵜の役回りを(する|してきた)ことはあって、そして三菱重工業長崎造船所2180番船という大きなおさかなが航海計画通りに最終目的港に接舷したんですね。

      1. ボーンズ より:

        はにわファクトリー 様

        そのお魚は、英国面のダークサイドに…

      2. はにわファクトリー より:

        ダイヤモンドプリンセスを名乗っているのは2181番船でした。Wikiを読み直しました。花嫁のすりかえが行われて妹が輿入れしたと。

        1. ボーンズ より:

          建造中に燃えて納入が遅れた影響ですね。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    【韓国は中国の「経済植民地」のようなものでしょう】ですね。これだけ依存度が高ければ、好き放題やられる。独裁主義国に牛耳られてるんだから、いわば同じような子分です。さてと、無関心、無関心、知ったこっちゃネーヨ!

    1. 匿名 より:

      一昔前は世界一の「経済領土」を誇ってたんですけどね
      https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0702P_X01C10A2FF2000/

      その彼も今は実質終身刑で牢屋入り
      503号といい、「大統領の末路」のお家芸は連綿と受け継がれ
      10年後は文氏も生きていたところで塀の中でしょう
      まあ10年後まで韓国という国体が存在すればですが

  4. だんな より:

    ウォンとコスピは、どうにか戻してます。
    韓国の入国を拒否する国への航空便は、途絶える可能性が高いでしょう。海運は、中国の影響を受けています。
    いずれも、政府が支援するようですが、金がいつまで続いてか分かりません。
    世界的なサプライチェーンが、再構成にされる影響で、韓国のポジションが、低下する事態を免れる事は出来ないでしょう。
    一方、外的要因だけでは無く、国内の内需がより一層低下して、デフレ傾向が強まるのでは、無いかと思います。また、マンションバブルがどうなるか分かりませんし、家計負債の増加傾向は増えると思います。
    経済面で良い事は、思い付きませんね。

  5. 韓国在住日本人 より:

     小生は2月が下げ止まりとは思っていません。今年は閏年で昨年よりも1日多いです。さらに旧正月が昨年は2月にありました(今年は1月です)。そのため、今年の2月は昨年に比べ稼働日数が多いです。そのために、見かけ上今年の2月が回復したように見えるだけです。

     昨日はよく行く食堂で食事をしましたが、客は私一人です。いつもなら消防署や警察署の人間が団体で食事をとっているのですが、その方々が居ませんでした。

     内需が確実に委縮しています。

     駄文にて失礼します。

    1. だんな より:

      韓国在住日本人さま
      輸出に関しては、韓国も前年比プラスだが、稼働日日数あたりの輸出額は、10%以上減少しているという分析です。

  6. りょうちん より:

    まあ、日本も、キヤノンが工場止めたり、アニメが中国スタジオの業務停止で、次々と万策尽きて総集編の嵐です。

  7. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    ネガティブインパクトはまだまだ始まったばかりです。

    製造業よりは一番わかり易いしわ寄せが来ている運輸から力尽きていくと思います。文大統領の任期満了近くならまだしも今はまだ体力があるので、突然死リスクは高いまま推移するけども実際には生き延びると予想します。個人的な希望としては後戻りできない状況まで行ってから力尽きて欲しいです。

    中国依存については日本もそうで、西側が中国をサプライチェーンにがっちり組み込んだ時点で不可避だったと思うんですが、経済的合理性以上の政治力を働かせて足抜けしろというのはかなり難しいですよ。今以上に依存しない、リスクに見合った関係にしていく、というのはわかります。

    韓国はかつてNANDフラッシュ生産に関して、中国を利用して日本を出し抜いたこともあります。以下の記事は読み物として面白いので、興味ある人はどうぞ。

    https://wedge.ismedia.jp/articles/-/9373

    国策による製造業の囲い込みを含めた経済的合理性に逆らうことがいかに難しいか、ということです。

  8. 山田内膳 より:

    新宿会計士様

    現在韓国は80か国以上から何らかの入国禁止措置を受けています。人の動きを止めると物流も止まる事になると思います。現状の中国と同様に、物流は確実に細くなります。
    韓国では輸出ばかり注目されますが、食料自給率が30%しかありません。石油も全て輸入です。事態が長引くと生存すら覚束なくなってくる可能性があります。経済で騒げる内はまだ幸せかもしれません。

    これは日本も同じです。幸いなことに事態は韓国ほど酷くはありませんが、今後の推移次第で変わる可能性はあります。

    日本は他国からの渡航者を全面的には禁止してはいません。仮に禁止したとして、日本はアメリカや中東産油国で感染が爆発した場合も入国を禁止しなければ平等ではありません。禁止にすれば食料も石油も入ってこなくなります。必死に禁止を求める声がありますが、彼らにはその覚悟があるのでしょうか?それともダブスタで乗り切るのでしょうか?

  9. H より:

    GDPの計算方法は全世界同じではなく各国バラバラで、2018年9月に韓国銀行はGDPの
    計算方法を変更し、外国で生産し輸出した金額をGDPに含めると発表しました。
    具体的にはベトナムのサムスン工場で生産した半導体やスマホが日本やアメリカに輸出されたら、
    韓国から輸出したものとして計算するとのこと。
    (ちなみに中国の計算方法は誰もわからないブラックボックス)

    俺たち凄いと見せたいため高い下駄をはいた韓国は今後、経常赤字、ウォン下落、低出生率、
    人口減少、GDPマイナス成長が同時に発生していくでしょう(既に始まっている)
    追い打ちをかけるように新型コロナの影響が今後世界経済にダメージを与えるでしょうから
    韓国は転げ落ちていく材料しかありませんね

    あとはアメさんからの中国への制裁(覇権争い)タイミング次第でしょうか
    いずれにせよ韓国に未来(志向)はなく死に行く未来死行のみ

  10. だんな より:

    韓国の現状をよく表した記事だと思います。
    韓国、昨年の1人当たり国民所得増加率マイナス…1998年通貨危機以降で最低
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000032-cnippou-kr
    以下引用します。
    韓国銀行が3日に発表した2019年10-12月期と年間国民所得(速報値)によると、2019年の名目GDPは1914兆ウォンだった。前年比1.1%増えた。だがドル基準ではマイナス4.6%と後退した。ドル高による影響だ。名目国民総所得(GNI)は1.7%増加した。1人当たりGNIは3735万6000ウォンで前年比1.5%増加した。だがこれもドル基準では3万2047ドルで前年比4.1%減少した。
    引用ここまで。
    ドルベースでのGDPがー4.6%。一人当たりGNIも-4.1%。
    これが、韓国経済の実態でしょう。

  11. マロンP より:

    いつも楽しみに拝見しています。

    「図表1 G7と中韓の貿易依存度」に イタリア が2箇所表示されています。

    上の方は「フランス」の誤りでしょうか?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。