先日の『韓国経済副首相「中韓通貨スワップの延長目指す」』では、韓国の「経済副首相」が「これから期限を迎える各国との通貨スワップ協定の延長を目指す」と述べた、という話題を紹介しました。また、昨日の『』『いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか』では、国際的な銀行間の伝文システムを運営しているSWIFT社が公表する『RMBトラッカー』のデータを紹介しました。さて、本稿では関係ないデータをつなげ、ひとつの仮説(というよりも単なる憶測)を紹介しておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マレーシアとのスワップは?

韓国が外国と保有する通貨スワップ

先日の『韓国経済副首相「中韓通貨スワップの延長目指す」』で、韓国の「経済副首相」である洪楠基(こう・なんき)氏が、これから期限を迎える各国との通貨スワップ協定などの延長を目指す考えを示した、とする話題を紹介しました。

韓国経済副首相「中韓通貨スワップの延長目指す」

以前から何度か報告しているのですが、当ウェブサイトにて調べたところ、韓国の通貨当局が「保有している」と述べている通貨スワップ等については、「保有している」と自称している者を含め、次の図表1のとおりです。

図表1 韓国が外国と保有するスワップ一覧(韓国当局が「保有する」と自称するものを)含む
相手国と失効日金額とドル換算額韓国ウォンとドル換算額
インドネシア(2020/3/5)115兆ルピア(84.7億ドル)10.7兆ウォン(91.7億ドル)
マレーシア(2020/1/24)150億リンギット(36.9億ドル)5兆ウォン(42.9億ドル)
スイス(2021/2/20)100億フラン(103.1億ドル)11.2兆ウォン(96.0億ドル)
オーストラリア(2020/2/22)100億豪ドル(68.4億ドル)9兆ウォン(77.2億ドル)
UAE(2022/4/13)200億ディルハム(54.4億ドル)6.1兆ウォン(52.3億ドル)
中国(2020/10/13)3600億元(519億ドル)64兆ウォン(548.7億ドル)
二国間スワップ小計866.5億ドル106兆ウォン(908.8億ドル)
CMIM384.0億ドル
合計1,250.5億ドル

(【出所】各種報道等より著者調べ。米ドル換算額については昨日時点のWSJの終値を参考に試算。なお、韓国の通貨当局はこれら以外にもカナダとの間で締結した為替スワップ(BLA)を「通貨スワップ(BSA)」と称している模様)

ちなみに、『二ヵ国間通貨スワップ』、『為替スワップ』、『CMIM』の詳細については、『通貨スワップの季節が到来?日本をチラ見する中央日報』で詳しく触れたとおりですので、本稿で繰り返すつもりはありません(デリバティブ用語のCCSやFXSとの違いについても併せて解説しています)。

通貨スワップの季節が到来?日本をチラ見する中央日報

マレーシアとの通貨スワップはいったん失効

それよりも、当ウェブサイトの読者コメント欄で一部の方からご指摘いただいた論点について、気になる点を説明しておきたいと思います。

さて、上記図表1で説明したとおり、韓国が保有する外国中央銀行との通貨スワップのうち、マレーシアとのスワップについては、昨日で期日が到来し、失効しました。

ただ、これについては、「失効した、もう再開は絶対にあり得ない」、というものではありません。

じつは、マレーシア国立銀行(BNM)と韓国銀行とのあいだの通貨スワップ協定については、前回も失効してから再締結した、という経緯があります。ここでは、マレーシア国立銀行のウェブサイトから、関連する報道を眺めておきましょう。

Renewal of KRW/MYR Swap Arrangement between the Bank of Korea and Bank Negara Malaysia

The Bank of Korea and Bank Negara Malaysia today entered into an agreement to renew the bilateral KRW/MYR swap arrangement. The size of this arrangement is maintained at 5 trillion KRW/ 15 billion MYR, the same amount under the initial arrangement established in October 20, 2013. The swap arrangement is for a period of 3 years and can be extended by mutual agreement between the two central banks.This arrangement is intended to promote greater use of local currencies in settlement of trade. This will further strengthen the financial cooperation between the two countries.

―――2017/01/25付 マレーシア中央銀行ウェブサイトより

いちおう、簡単な邦訳もつけておきましょう(英語が得意な方は、原文をそのまま読んで下さい)。

韓国銀行(BOK)とマレーシア国立銀行(BNM)は本日(2017年1月25日)、韓国ウォン/マレーシア・リンギットの二ヵ国間スワップ協定を更新した。規模は従来と変わらず、BNMにおいては5兆ウォン、BOKにおいては150億リンギットを上限とするもので、これは2013年10月20日に締結した協定と同額である。今回のスワップ協定の期間は両中央銀行間で3年間と合意した。また、この協定は自国通貨建ての取引決済の促進を目的としたものであり、両国の金融協力を強化するものである。

つまり、マレーシアとの間の通貨スワップについては、前回も2013年10月20日に締結し、2016年10月19日(あるいは20日)でいったん失効し、そこから3ヵ月経過して再び延長に合意した、という経緯があるのです。

(いったん失効して再び締結したものを「延長(renewal)」などと称するあたり、日本人的な感覚からすればなにかと理解に苦しむ点ではあります。やはり、マレーシア、韓国両国ともに、国際条約、国際協定のたぐいを厳密に運営するという文化がないのかもしれませんね。)

なぜマレーシアとのスワップは更新されていないのか

さて、マレーシアと韓国との通貨スワップについては、昨日でいったん失効したというのは、これらの情報からも明らかでしょう。

では、なぜ昨日時点でマレーシア中央銀行と韓国銀行とのあいだで「通貨スワップの更新で合意した」というプレスリリースが出なかったのでしょうか。

これについては、仮説はいくつかあります。

最大の仮説は、「両国ともに通貨スワップを延長する意思はあるが、単純に遅れている」、というものです。

期限がある契約をいったん失効させてしまい、再びそれを延長するというのは、私たち日本人的な実務感覚からすれば、かなりの違和感を覚えるという方も多いと思います。

しかし、韓国はアラブ首長国連邦(UAE)との通貨スワップについても、いったん失効させてしまい、昨年4月に再開したという実例もありますので、韓国的な発想からすれば、通貨スワップについていったん失効し、少し間が空いて再び契約を再開するというのは、べつに不自然なものではありません。

ただ、ここでもうひとつ参考になるのが、次の記事です。

日=マレーシア間の二国間通貨スワップ取極の締結に係る基本合意に達しました(2017年5月5日付 財務省HPより)

わが国の財務省は、今から約3年前の2017年5月5日付で、マレーシアとの間で通貨スワップ協定の締結にかかる基本合意に達しました。リンク先記事には限度額について明記されていませんが、あくまでも個人的な記憶によれば、たしか次のような契約条件が報道されていたと思います。

  • 金額の上限…30億ドル相当
  • 協定の期間…3年
  • 引出の条件…マレーシアが自国通貨・リンギットと引き換えに、最大30億ドル相当の米ドルか日本円を受け取ることが可能

ただ、財務省の『二国間通貨スワップ報道発表等』のウェブサイトを確認しても、この2017年5月5日の「日馬通貨スワップ協定」については、続報がありません。

これはいったいどういうことでしょうか。

間接支援スキーム

日本がインドネシアを通じ、間接的に韓国を助ける

個人的な邪推をベースに、あまりいい加減なことを言いたくはありませんが、客観的な事実をベースに、勝手な仮説をひとつ提示しておきたいと思います。それは、日本がマレーシアとの通貨スワップの締結を渋っている、という仮説です。

ここで参考になるのが、日本がアジア各国と締結している通貨スワップです(図表2)。

図表2 日本が外国と締結する二国間通貨スワップ(BSA)
相手国と発効日日本から相手国へ相手国から日本へ
インドネシア(2018/10/14)227.6億ドルなし
フィリピン(2017/10/6)120億ドル5億ドル
シンガポール(2018/5/21)30億ドル10億ドル
タイ(2017/5/5)30億ドル30億ドル
インド(2019/2/28)750億ドル750億ドル
合計額1157.6億ドル795億ドル

(【出所】財務省『アジア諸国との二国間通貨スワップ取極』および日本銀行HPより著者作成。なお、いずれも日本が提供する通貨は米ドルか日本円)

ここで興味深いのは、インドネシアです。

インドネシアは韓国との間で115兆ルピア(ドル換算額は約84.7億ドル)と10.7兆ウォン(ドル換算額は約91.7億ドル)の通貨スワップ協定を保持しています。

正直、インドネシアの通貨・ルピアと韓国ウォンは、いずれも典型的な「ソフトカレンシー」(国際的な通用度が低い通貨)であり、仮にインドネシアや韓国が通貨危機に見舞われた場合、それぞれの国が相手国の通貨を手に入れたとしても、通貨危機を脱するのに役立つとは思えません。

しかし、ここでひとつの仮説が成り立ちます。

それは、韓国がインドネシアから115兆ルピアを手に入れ、それを外為市場で両替するのですが、仮に昨日時点の相場、つまり1ドル=13573ルピアで両替すれば、計算上は84.7億ドルが手に入るはずです。

ただ、現実には、韓国がインドネシアから115兆ルピアを手に入れたら、インドネシアは即座に日本から最大227.6億ドルを手に入れ、韓国が115兆ルピアを外為市場で売却したら、インドネシアは日本から手に入れた米ドルで、直ちにインドネシアルピアを買い入れる、というフローが考えられます。

つまり、理屈の上では、「日本がインドネシアを介して韓国を助ける」ということが成り立ってしまうのです。

もしマレーシアとのスワップがあれば…

さて、日韓両国が共通で二ヵ国間通貨スワップを締結している相手国は、現在のところはインドネシアだけです。

ただ、もし日本がマレーシアとの間で通貨スワップ協定を新たに締結すれば、

日本→インドネシア(227.6億ドル)→韓国(115兆ルピア)

という流れに加え、

日本→マレーシア(30億ドル)→韓国(150億リンギット)

という流れが成立してしまう、ということにもなりかねません。

くどいようですが、日本はすでに今から約3年前、2017年5月5日時点で、マレーシアとのあいだで「通貨スワップ協定に関する基本合意」に達しています。それなのに、もう3年近くが経過するにも関わらず、マレーシアとの間では本契約が成立していません。

なにやらここに不自然なものを感じてしまいます。

財務省がそこまで考えていますかね…?

間違っているという可能性を含んだうえで、あえてひとつの可能性を提示すれば、マレーシアとしては、日本との通貨スワップ締結条件として韓国との通貨スワップ協定を終わらせる、という「裏合意」が存在している、という説はなりたつかもしれません(やや強引な決めつけですが…)。

つまり、日本政府・財務省に、「間接的に韓国を助けるルート」というものを断ち切っておく、という判断が働いている、という可能性です。つまり、日本政府はマレーシアに対し、「韓国との通貨スワップを終わらせない限り日馬通貨スワップ協定はあり得ないよ」、とくぎを刺している、という仮説です。

そして、昨日時点で、マレーシアと韓国の両国が「馬韓通貨スワップ協定」の再開で合意していないというのは、マレーシア側が日本との通貨スワップ協定を成立させることを目的に、韓国との通貨スワップの再開を渋っている、という可能性です。

もしこの仮説が正しければ、もうひとつの仮説が成立します。

それは、日本政府・財務省が「インドネシアルート」についても断ち切ろうとしている、という考え方です。

インドネシアとの通貨スワップの発効日は2018年10月14日であり、通常、通貨スワップ協定は3年更新であるというケースが多いので、日尼通貨スワップについても2021年10月13日(か14日)に期限を迎えます。

一方、韓国とインドネシアとの通貨スワップ協定については、今年の3月5日に期限を迎えるはずですが、仮に日本政府がインドネシアの通貨当局に対し、「もし貴国が韓国との通貨スワップを更新するならば、日本は貴国との通貨スワップを更新しない」と通告していたとしたら、何がおこるでしょうか。

答えは簡単で、韓国はマレーシア、インドネシアとの通貨スワップ協定を失う、ということです。

とても当たり前の話ですが、マレーシアやインドネシアにとっては、使い勝手の悪い韓国との通貨スワップよりも、いずれも国際的なハード・カレンシーである米ドルか日本円のどちらかと交換できる日本との通貨スワップの方がありがたいに違いありません。

まぁ、自分で提示しておいてなんですが、日本政府・財務省がそこまで「えげつない」交渉を、インドネシアやマレーシアと行っているとも思えないのが難点ですが…。

その通貨スワップ、必要ですか?

韓国ウォン、国際的な市場で存在感ゼロ?

ところで、図表1を改めて眺めて見て気付くのです、そもそも論として、韓国にとってマレーシアやインドネシアとの通貨スワップ協定は必要なのでしょうか。

東南アジア諸国(シンガポール以外)から見れば、日中韓3ヵ国は「通貨危機などの際に自国を助けてくれる相手国」という認識であるはずですが、正直、韓国が東南アジア諸国を助けるだけの能力を持っているとは思えません。

昨日、『いったいなぜ、IMFは人民元をSDRに加えたのか』のなかで、国際的な銀行間の伝文システムを運営しているSWIFT社が公表する『RMBトラッカー』のデータを紹介しました。

RMB Tracker document centre(SWIFT社ウェブサイトより)

これは、国際的な銀行間送金において、SWIFT上で交換されたメッセージを決済ベースで集計し、シェア順にランク付けしたものですが、現在公表されている最新データ(2019年12月時点)によれば、各通貨のシェアとランキングは図表3図表4のとおりです。

図表3 SWIFT上で交換されたメッセージの通貨別シェア(決済ベース)
ランク通貨シェア
1位USD(米ドル)42.22%
2位EUR(ユーロ)31.69%
3位GBP(英ポンド)6.96%
4位JPY(日本円)3.46%
5位CAD(加ドル)1.98%
6位CNY(中国人民元)1.94%
7位AUD(豪ドル)1.55%
8位HKD(香港ドル)1.46%
9位THB(タイバーツ)1.09%
10位SGD(シンガポールドル)1.05%
11位CHF(スイスフラン)0.78%
12位SEK(スウェーデンクローナ)0.76%
13位NOK(ノルウェークローネ)0.66%
14位PLN(ポーランドズウォティ)0.53%
15位MYR(マレーシアリンギット)0.46%
16位DKK(デンマーククローネ)0.38%
17位ZAR(南アフリカランド)0.36%
18位MXN(メキシコペソ)0.32%
19位NZD(ニュージーランドドル)0.32%
20位CLP(チリペソ)0.23%

(【出所】 “RMB Trucker Document Centre“ からダウンロードしたPDFファイル ”January 2020 – Slides” のP3)

図表4 SWIFT上で交換されたメッセージの通貨別シェア(決済ベース)
ランク通貨シェア
1位USD(米ドル)47.80%
2位EUR(ユーロ)30.30%
3位JPY(日本円)4.46%
4位GBP(英ポンド)4.12%
5位CAD(加ドル)2.54%
6位AUD(豪ドル)1.57%
7位CHF(スイスフラン)1.31%
8位CNY(中国人民元)1.19%
9位HKD(香港ドル)0.91%
10位SEK(スウェーデンクローナ)0.76%
11位NOK(ノルウェークローネ)0.57%
12位SGD(シンガポールドル)0.54%
13位MXN(メキシコペソ)0.47%
14位DKK(デンマーククローネ)0.43%
15位NZD(ニュージーランドドル)0.40%
16位PLN(ポーランドズウォティ)0.40%
17位RUB(ロシアルーブル)0.30%
18位TRY(トルコリラ)0.30%
19位CZK(チェココルナ)0.27%
20位ZAR(南アフリカランド)0.24%

(【出所】 “RMB Trucker Document Centre“ からダウンロードしたPDFファイル ”January 2020 – Slides” のP4)

図表3が全世界、図表4が非ユーロ圏における国際送金の決済伝文に占める通貨別シェアですが、それぞれ20位まで示したものの、いずれの図表にも韓国ウォン(KRW)は登場しません。韓国はGDP規模で世界10位前後にランクインしているはずであるにも関わらず、です。

すこし誇張した言い方ですが、韓国ウォンの存在感は「ゼロ」のようなものです。

それどころか、マレーシアリンギットは全世界シェアの15位に登場しており、このことから、少なくとも民間銀行の決済シェアではマレーシアの通貨の方が韓国ウォンよりも実力が上である、ということが示唆されるのです。

いずれにせよ、少なくとも馬韓通貨スワップには、韓国にとって通貨危機の到来を防ぐだけの役割がないことだけは間違いなく、仮にこれが更新できたとしても実益はなく、更新できなかったとしても実害はないといえます。

契約が締結されてもされなくても大騒ぎ?

さて、上記では「日本がマレーシアとインドネシアに対し、『韓国との通貨スワップを延長するならば日本は通貨スワップを延長しない』という圧力を掛けていたとしたら面白いね」、といった「仮説」を紹介しました(いや、「仮説」というよりは「与太話」でしょうか?)。

ただ、正直なことを申し上げるなら、マレーシアと韓国の通貨スワップの締結が遅れている理由は、単純に両国がそろって契約の期日管理に甘いだけに過ぎず、日本政府・財務省が「日本がマレーシアやインドネシアを通じて韓国を支援していることになる」といった点まで考えているとも思えません。

少なくとも馬韓関係が悪化しているという話題には心当たりがありませんので、馬韓通貨スワップ協定は、数日以内、遅くとも数ヵ月以内に、現在と同じ上限150億リンギット/5兆ウォンで更新されるのではないか(もっとも、それが韓国にとっての通貨危機危機予防に役立つとは思えませんが…)。

また、馬韓通貨スワップ協定と並んで日馬通貨スワップ協定が成立すれば、間接的に日本が韓国を支援するという構図が出来上がるのですが、正直、金額的に30億ドル程度であれば、1兆ドルを超えている日本の外貨準備に対して与える打撃はほとんどありません。

いずれにせよ、韓国がマレーシアとの通貨スワップ協定の締結に成功したらしたで、またしても「狂喜乱舞」する姿を見ることができるのかもしれませんね。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (11コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (6コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (24コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (2コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (20コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (35コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (59コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)
  • 2020/06/12 11:35 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「真の友人」なら、もう日韓スワップを結んでいるはず (24コメント)
  • 2020/06/12 11:00 【時事|金融
    日本が6割、韓国が3位に浮上=米ドル為替スワップ (5コメント)
  • 2020/06/12 08:00 【時事|経済全般
    PBデザイン騒動は消費者がローソンを愛している証拠 (17コメント)
  • 2020/06/12 05:00 【経済全般
    中韓との往来断絶長期化なら日本経済にも影響は生じる (14コメント)
  • 2020/06/11 17:00 【時事|外交
    日本が入国を認める相手国に中韓台港米は含まれない? (15コメント)
  • 2020/06/11 11:30 【時事|外交
    そろそろ北朝鮮侵攻を真剣に議論すべきときではないか (92コメント)
  • 2020/06/11 09:00 【時事|韓国崩壊
    韓国がG7に入れるのは約束を守れるようになってから (32コメント)
  • 2020/06/11 08:00 【時事|韓国崩壊
    回線の切断「問題」で北の瀬戸際外交に引っかかる韓国 (25コメント)
  • 2020/06/11 05:00 【経済全般
    正論:入国制限の緩和「中国は念頭にない」=茂木外相 (17コメント)
  • 2020/06/10 17:00 【時事|経済全般
    「商品を普通に誤認する」と評判のコンビニ新デザイン (54コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。