初鹿明博議員の送検、枝野代表は責任を取って辞職を

昨年の4月、財務省の福田淳一事務次官(当時)がテレビ朝日の女性記者に対するセクハラを行っていたとして辞任しました。しかし、当時、朝日新聞を筆頭とするオールドメディアや立憲民主党を筆頭とする特定野党の面々は、こうした処分に納得せず、麻生太郎総理(副総理兼財相)の辞任を求めるなどしていました。さて、昨日の報道によれば、立憲民主党の初鹿明博議員(東京16区・比例復活)が強制猥褻罪で書類送検されました。枝野幸男代表や福山哲郎幹事長は、ご自身の主張どおり、トップが責任を取って辞任すべきでしょう。

財務省・福田次官のセクハラ事件とその顛末

2018年4月、雑誌『週刊新潮』は財務省の福田淳一事務次官(当時)が女性記者に対する性的嫌がらせ(セクハラ)を行ったとする記事を掲載。

これが契機となって、その後、テレビ朝日の女性記者が「セクハラ被害を受けた」と名乗り出たことなどもあり、結局、財務省はろくな真相解明も行わず、「推定無罪」の原理を無視して「セクハラがあった」ものとして福田氏に減給処分を下し、また、4月24日付の閣議で辞任を了承されました。

これは、考えてみれば非常におかしな事件です。

もし本当に福田氏がテレビ朝日の女性記者に対し、セクハラ行為を働いていたのだとすれば大変に大きな問題であり、財務省の事務次官という「権力者」である福田氏に対する処分としては甘すぎるとしか言い様がありません。

一方で、仮にセクハラが「冤罪」だったとすれば、今回の騒動によって福田氏は結果的に失職したわけですし、週刊新潮やテレビ朝日(あるいは名乗り出た女性記者)は、福田氏側から名誉棄損などにより、慶事、民事両面で訴えられても仕方がありません。

もっとも、この事件から1年半以上が経過していますが、現在までのところ、福田氏が刑事告訴されたという話も聞きませんし、逆に福田氏側が週刊新潮などを訴えたという話も聞きません(報じられていないだけかもしれませんが…)。

審議拒否を政治利用する特定野党

ところが、このセクハラ疑惑を政治利用したのが、やはり特定野党の面々でした。

2018年4月26日に行われた衆議院予算委員会が、非常にシュールです。というのも、自民党・後藤茂之議員(27分)、公明党・濱村進議員(27分)、維新・杉本和巳議員(17分)の3名の質問が終了して以降、安倍、麻生両総理が座っているだけの映像が延々2時間続くからです。

問題の動画は衆議院のウェブサイトで視聴することができますが、動画の1時間42分50秒の時点で、河村建夫・予算委員長が

これより立憲民主党市民クラブ、希望の党無所属クラブ、無所属の会および日本共産党の質疑時間に入ります。

と宣言し、そこから2時間、本当に質疑が止まってしまいます。

政権トップを務めるこの2人の総理は、超多忙を極めているはずであり、それだけで明らかに国益を損ねています。「気に入らないことがあれば審議拒否」は特定野党の常套手段ですが、特定野党の皆さまが国民に無断で18連休を満喫されたのも、ちょうどこのくらいの時期だったと思います。

当時、特定野党の皆さんは、麻生太郎総理(安倍政権下では副総理兼財相)に対し、辞職を迫っていたのですが、そのときのロジックは「部下の不祥事は上司が取る」、といったものです。

ちなみに当時は参議院側で民進党の残党が残っていたものの、衆議院側では立憲民主党、希望の党、その他有象無象に分裂していて、しかも現在の「国民民主党」はまだ成立していませんでした。

朝日新聞に突き刺さるブーメラン

ちなみにこの福田氏のセクハラ疑惑を巡っては、福田氏の辞任翌日の4月25日と、その数日後の4月29日に、朝日新聞は相次いでこんな社説を出しています。

(社説)福田次官辞任 「女性が輝く」の惨状(2018年4月25日05時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より)
(社説)福田次官処分 これでは再生できない(2018年4月29日05時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

朝日新聞は25日付の社説で、福田氏の態度について

「(福田)次官は不自然かつ一貫しない言い訳を繰り返してきた。録音が自分の声かはわからない。いや、全体としてみるとセクハラではない。発覚した当初は省の聴取に『発言の相手が本当に女性記者なのかもまったくわからない』とまで語っていた。財務官僚のトップが、かくも不誠実な態度に終始する。そのことじたいが許されまい。

と手厳しく批判したうえで、29日付の社説では、

もう一つ見過ごせないのは、財務省が『調査に時間をかけすぎることも被害者保護上問題だ』とコメントした点だ。被害者の人権を踏みにじる言動を重ねた揚げ句に、『被害者保護』を理由に調査の打ち切りを正当化する。あいた口がふさがらないとはこのことだ。

と、財務省の姿勢についても強く批判しているのです。

社説とは基本的にその社としての主張であり、一種の社是のようなものです。

つまり、朝日新聞の社是は、「セクハラ事件が発生したときに、被害者保護を理由に調査の打ち切りを正当化することは許されない」、というものだと考えて良いでしょう。そのうえで、この記事を確認しておきます。

朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い(2018/05/23付 週刊文春オンラインより)

週刊文春オンラインによると、

朝日新聞社で、上司が女性記者にセクハラをした疑いがあることがわかった。週刊文春の取材によれば、3月、経済部の歓送迎会が開かれた。女性記者は幹事の一人で、その後、男性の上司とバーに流れた。朝日新聞の中堅社員が証言する。

とあります。

なんと!週刊文春の取材によれば、朝日新聞社でもセクハラが行われたのだとか。

では、セクハラを実行した上司は、その後どうなったのでしょうか?福田氏に対する舌鋒鋭い批判を踏まえると、当然、懲戒解雇したに違いない…、と思うのですが、じつはそうではありません。

その後、上司は論説委員となり、以前と変わらず働いているという。/女性記者に取材を申し込むと、『ごめんなさい、広報を通していただけますか』。上司の男性は「それは広報に聞いて頂けますか」と回答した。

驚くことに、上司は懲戒解雇どころか論説委員に昇格したのだとか。

朝日新聞社は本件について週刊文春の取材に対し、

ご質問いただいた個別の案件につきましては、お答えを控えます。当事者の立場や心情に配慮し、保護を優先する立場から、ご質問にお答えできない場合があることをご理解下さい

と述べたのだそうですが、これが「『被害者保護』を理由に調査の打ち切りを正当化する。あいた口がふさがらないとはこのことだ」と主張した会社の主張だとは恐れ入ります。

まさに「あいた口がふさがらない」とは、このことでしょう。

初鹿明博議員を書類送検

なぜこうした一連の疑惑を持ち出して来たのかといえば、何といっても、盛大なブーメランが「人罪の宝庫」・立憲民主党自身にもグッサリと刺さっているからです。

初鹿衆院議員を書類送検 強制わいせつ容疑―警視庁(2019年12月16日20時29分付 時事通信より)

報道によると、初鹿明博衆議院議員(立憲民主党、東京16区・比例復活)は12月10日付で女性に対する強制猥褻容疑で書類送検されていたそうです。

これについては週刊文春が2017年に疑惑を報じて発覚したものですが、今年に入り被害者の女性が警視庁葛西署に告訴状を提出し、同署が受理していたそうです。起訴され、有罪となれば、初鹿明博議員は晴れて性犯罪者、というわけです。

さぁ、立憲民主党さん。私たち有権者が納得するまで、徹底的に説明してもらいましょうか。そして朝日新聞を含めたマスメディアの皆さん。社説を含めて立憲民主党の隠蔽体質を徹底的に批判しようじゃないですか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

特定野党、特定オールドメディアの皆さんは、安倍政権などを批判するときにはやたらと舌鋒鋭くて威勢も良いのですが、自分たちが批判される側に回ると、途端にダブルスタンダードで逃げるようですね。

実際、立憲民主党の福山哲郎幹事長も「嫌疑を持たれたことは甚だ遺憾で、おわび申し上げたい」、「本人は捜査当局に全面的に協力する意向を示しており、党として捜査当局の判断を見守りたい」などとお茶を濁しています。

立民の福山幹事長「嫌疑は遺憾」 初鹿議員の強制わいせつ容疑で(2019.12.16 19:54付 産経ニュースより)

しかし、ご自身たちが「部下のセクハラの責任は上司が取るべきだ」などとして、麻生総理に副総理兼財相の職を辞任するように求めて来た立場としては、少なくとも枝野幸男代表や福山哲郎幹事長らは、初鹿明博議員の疑惑の責任を取って身を引くべきでしょう。

ご自身たちが政府・与党にそれを求めて来たのだから、態度を一貫させるべきではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     責任をとるのは、自民党の国会議員だけで、野党や朝日新聞には、責任
    をとる必要はないのでしょう。もしかしたら、野党や朝日新聞の不祥事で
    も、安倍総理が責任をとって辞任すべきだ、と言い出すかもしれません。

     駄文にて失礼しました。

    1. 門外漢 より:

      >野党や朝日新聞の不祥事で も、安倍総理が責任をとって辞任すべきだ、と言い出すかもしれません

      そうです。言い出しますよww

  2. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    初鹿ミョンバク議員は、(失礼ながら朝鮮語風に読んでます 笑 一応、帰化ですかネ?下半身不逞人は、帰化を剥奪しましょう!)これ、一昨年の話ですよネ?

    今頃何で、、。女性も今になって訴えたか?それとも警視庁が内々動いていたか?でも事実なんだから国会議員はオトシマエつけて貰わないと。

    釈明の言い訳は要らない。テレビ、新聞でバンバン特集企画組んでほしい。出来れば公人なんだから親族の構成、なぜ親が渡って来たかとか、強制か希望かまでお願いしたいですね〜。

    あと、議員になって何人にセクハラしたかも追求を希望する。コイツは、叩けば叩くほど、ホコリが出ると見た!(爆笑)。辞職に追い込め!野党!

  3. y16a より:

    東大出たからって優秀だとは限らない、とはやっかみでもなんでもなくて、こういう実例を見せられてしまうと失望しますね。最高学府の威厳もなにもあったものではない。

    こういう時に責任を果たさないからこそ民主党なわけで、最初から厳正な処分など期待しません。そういう「人罪」でなければ今の野党議員は務まらない。そして、そういう集団にまともな人間は加わろうなんで思わない、同類と見られたくないと思うから、集まってくるのは出来損ないばかり、という悪循環なわけですね。一般人をファシスト、レイシスト呼ばわりしたアレなんか、ひどいもんだ。

    ところで。

    今しがた、ニュースで「桜を見る会」名簿の電子データ破棄云々について、とニュースでやっていたわけですが、これってバックアップポリシーに従って古いバックアップデータがexpireされた、というだけの話だと思うのですが、野党もマスコミもこぞってバックアップデータが破棄された、復元できないのは怪しからん、という言い方をする。
    突っ込むなら、名簿類の保存指定期間が短過ぎるという話であるべきで、バックアップデータをあげつらうのはシステム管理というものを全く分かっていない証拠です。知識も何もないものを知ったかぶりで批判するなよ、っていうね。二重国籍疑惑の人も、シンクライアントはデータの保全ができないのに金ばかりかかっておかしい、とか呟いていたし。

    こういうニュースに踊らされる国民だから、そのレベルに応じた野党しか存在し得ないのでしょう。尤も、日比谷焼き討ち事件や上村邸投石事件などを見ても、昔から日本人てのは無責任な煽動に乗っかる軽佻浮薄なところがあったわけですが、最近は日本人に議会制民主主義は無理なんだ、と(ちらっとだけ)考えるようになってしまいました。

    1. 茶筒 より:

      y16aさん
      多少なりともPマーク関連に関わった事が人間として。
      「そもそも個人情報については、目的とする利用が終わったら速やかに廃棄する」べきものです。
      そして「目的外使用のためには、本人の同意を再度取る必要がある」ものです。
      そういった意味で、名簿の破棄は当たり前のことです市、もし残っていたとしても、本人に対する同意を得ていない以上「情報請求」しても、全て黒塗りで出てくる文書でしょう。

      本当に名簿の請求をしたいのであれば、裁判所に対して開示請求をした上で、裁判所の判断により、公開をさせるべきではないでしょうか。
      それをしていない時点で、今回マスコミや野党が行なっているのは、「個人情報の流出を強要している」または「公開できないことを理解した上で国会の運営を妨害している」のでしょう。
      はっきり言って、反吐が出るレベルに酷いと感じております。
      (表現の自由との兼ね合いから、放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関は、個人情報保護法の対象外なので、個人情報に対して鈍感なんでしょうね・・・)
       
      なお。残念ながら、日本国民でもそのことを理解せず「説明が足りない」と考えている方が多いようで、まだまだ、日本人全体における個人情報に対する意識が低いのだな、とも感じています。

      1. 匿名 より:

        まあ、でも、いろんな意味で「説明が足りない」ですよ。もっとガチでやり合えば良いのに。

      2. 匿名 より:

        個人情報について本当そうなんですよね。

        例が悪いですが、いろんな応募でもその応募でしか個人情報は使いません、と書いてあります。

        また、一昨年ぐらいですかね、某ポイントカード情報を警察に情報を公開したと叩かれてましたよね。

        税金使ったから、公開しろなんですかね。
        あとはみんなが公開している写真をしらみつぶしに分析すれば多少誰が出席してたかわかるかもしれません。
        あと、芸能人が多数招待されてましたがあれは誰もか納得してるんですかね。

        1. 匿名 より:

          あの芸人たちに対しては腫れ物に触るかのようにノータッチですよね
          なんであんな会に参加したんですか?不当な利益を得たでしょ?!となじりに行くべきなんですよ
          一般人の参加者に対しては嫌がらせをするために名簿まで出せとぬかす癖に
          出席したことが映像付きではっきり確認できている仲間のテレビ芸人には一切なにもしないってね

      3. ちょこ より:

        そもそも論ですが「名簿」を請求していませんよね。

        以下は、ご本人のツイートです。

        https://twitter.com/miyamototooru/status/1194902173831725056

  4. 自転車の修理ばかりしている より:

    仮定の話として、与党閣僚と野党議員が同じ犯罪を犯していたとします。野党として最も有効な戦術は、当該議員を除名し、詰め腹を切らせて辞職させることです。朝日新聞などがその潔さを褒めてくれるでしょう。それにひきかえ自民党は〜というルーティンの政府批判に繋げてくれます。

    もし同罪なら同罰で、両者とも辞職となれば、(たぶん)有能な閣僚と(おそらく)無能な野党議員が刺し違えることになり、政府側の損得勘定上では明らかに損です。極論すれば、与党になんらかの疑惑が微かにでも出たらすぐに同様の疑惑行動を野党が故意に行い、わざとらしく厳罰を下すことで巻き添え辞任を誘発する「自爆テロ」を繰り出すのも手段として考えられます。

    でも、野党の皆さんはやらないのでしょうね。「我々は常に正しい」という思い込みが、「正義と悪が引き分けてはいけない」という縛りになり、結局何も有効な手を打てないという結果になります。上記の「自爆テロ」くらい悪辣なプランを立案し冷酷に実行する能力が野党にあれば、もう少し日本の政治もましになる気がするのですがね。

    「常に正しい」はずなのになぜ国民の指示を得られないのか、野党の皆さんは考えていますか?

    1. 匿名 より:

      将棋の羽生九段は、「将棋の手のほとんどはマイナス(悪手)である」「自分は将棋の何パーセントかしか理解出来ていない」などと語られてます。
      そして50になろうかという今も変わらず真摯に将棋に向き合って戦っている。
      もし「自分は強い」「俺は正しい」という態度で向き合ってきたら、あれほどの力にまで達しなかっただろうし、実績も残せなかったのではないか、と思います。

      常に自分が正しい、というのは自分は進歩のない人間です。と言ってるようなものですよね。

  5.   より:

    犯罪起こしても周りがしっかりガードしてマスゴミも知らん顔
    税金泥棒の政治屋さんは楽な仕事やね~

  6. 匿名.com より:

    チンよ!「捜査当局の判断を見守りたい。」? 何 口先で誤魔化して取り繕ってんの? 捜査当局は黒と判断したから、検察官に書類送検したんだろう。何か言って格好付けたいなら、「検察官の起訴 不起訴の判断を見守りたい。」って言う(鹿)無いだろう。
    この糞共は、辞職した財務省次官のハニトラ被害の時何て言った。監督責任を追求して麻生大臣の首を狙い、挙げ句18連休のズル休み。
    シナ竹 陳、朝鮮 枝野共々責任取って議員辞職しろ。

  7. 酒が弱い九州男児 より:

    この論考の文章の端々から新宿先生の強い怒りがにじみ出てるようで、そのことに思わずニヤけてしまいました。すみません。

    まったく私も同じ考えです。マスコミは野党を批判できないのは周知の事実です。だから野党は益々ダメになります。
    私は、マスコミ同士で殴りあえる環境と言いますか、マスコミがお互いを監視しあう体制と言いますか、そういうのが早くできないかなと思います。

    1. 門外漢 より:

      >マスコミがお互いを監視しあう体制

      まだマスコミに幻想を抱いていらっしゃるのですねww

  8. オブ より:

    桜の会のことも確かに政権の弛みがでたと思いますが、ことさら鬼の首をとったかのように言うほどの内容でもないですよね。さらに笑えないことにいつもブーメランで自分のところに帰ってくるという…
    もういまのメンツの野党には全く期待しません。なぜ「打倒安倍、打倒自民党」ではダメということに気づかないのかなあ?
    いま野党に必要なのは、政局に走り揚げ足とりをするのではなく国際社会の現実を踏まえ少なくとも安倍さんと同じ土俵(郷土愛に基づく国益重視のスタンス)でがっぷりよつに組み、政府案を補強することですよ。急がば回れでその積み重ねが信用を生むと思いますがね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。