GSOMIA破棄の撤回をチラつかせる韓国政府の意図

自分で「破棄する」と言っておきながら、「条件次第では破棄しない」と言い出す…。こういうやや支離滅裂といわざるを得ない対応が、韓国側で散発的に出始めています。昨日は国防部長官(※わが国でいう防衛相に相当)が韓国国会の「国政監査」の場で発言し、日韓GSOMIAの破棄決定を撤回することに「含みを持たせた」のだそうです。昨日の『韓国大使、米国にもGSOMIA「外交カード化」宣言』でも取り上げましたが、GSOMIA破棄をめぐって突如として韓国側から「破棄撤回」を言い出したことの背景には、米韓同盟の空洞化に対する懸念が現実のものとして迫ってきた、という事情があるのではないでしょうか。

GSOMIA終了まで、あと1ヵ月少々

日韓GSOMIAの終了まであと1ヵ月少々となったことを受け、当ウェブサイトでは最近、この日韓GSOMIA破棄について取り上げることが、再び増えて来ました。

この日韓GSOMIA(正式には『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』であり、当ウェブサイトでは「日韓包括軍事情報保護協定」と称することもあります)を巡り、韓国側ではここ数日、急に話題に登り始めています。

たとえば昨日の『韓国大使、米国にもGSOMIA「外交カード化」宣言』では、駐米大使に指名されていながら米国からの「アグレマン」(相手国の同意)が遅れに遅れた李秀赫(り・しゅうかく)氏が、ようやく米国赴任できることになったときに、

  • 「(日韓GSOMIA失効と関連し)韓日の対立が続く局面で米国が建設的な役割を果たすよう求めていく
  • 『米国と中国の関係が韓国外交の座標を決める』とし、駐米大使として赴任すれば、米中関係を研究する組織を作る計画があると紹介した。

などと述べた、とする話題を紹介しました。

韓国大使、米国にもGSOMIA「外交カード化」宣言

赴任する前から米国を激怒させかねない発言をするというのも凄い話ですが、それと同時に、このような発言が出て来ること自体、韓国がせっかく「外交カード」だと思って切った「日韓GSOMIA破棄」カードが日米両国からほぼ無視されているという点に、韓国政府がさまざまな焦りを抱いている証拠でしょう。

というよりも、日韓GSOMIAの破棄は米国を激怒させていますので(『もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ』参照)、すでに事態は「日韓問題」ではなく「米韓問題」に化けたと考えて良いでしょう。

もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ

韓国国防部長官がGSOMIA破棄撤回に含み

こうしたなか、やっぱり想像どおり、こんな記事が出て来ました。

韓国国防相 韓日GSOMIA終了決定の撤回に含み(2019.10.18 19:28付 聯合ニュース日本語版より)

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の記事によると、韓国の鄭景斗(てい・けいと)国防部長官が18日の国会「国政監査」で、日韓GSOMIAの終了決定に関し

国防部としては、それ(日韓GSOMIA)(安全保障のための)ひとつの手段であるため、役立つ部分は明確にある」「まだ(日韓GSOMIA破棄決定を撤回する)機会は残っていると思われる

などと述べたのだそうです。

聯合ニュースはこの発言を受けて、「(韓国国防部長官の発言は日韓GSOMIA破棄決定を)撤回することに含みを持たせた(発言だ)」、と評しています。

まったく想像どおりの発言です。

実際、李洛淵(り・らくえん)韓国首相などは、以前、「日本が輸出規制(※)を撤回したら韓国も韓日GSOMIA終了を撤回する(かもしれない)」などと述べたことがありますが(※「輸出規制」とは対韓輸出管理適正化措置のこと)、国防部長官もこのような発言をしても違和感はありません。

そして、こうした発言が出て来ること自体、日韓GSOMIA破棄は韓国が「瀬戸際外交」の一環としてチラつかせているものである、という有力な証拠でもあります。

GSOMIA破棄で日本に打撃はゼロではない

さて、GSOMIA自体は日米韓3ヵ国連携をうまく機能させるためのインフラのようなものであり、これがなくなると日韓の軍事協力体制が2016年11月の日韓GSOMIA発足以前の状態にまで後退することは間違いありません。

こうしたなか、日本国内にも「韓国が日韓GSOMIA破棄を決定したのは安倍外交の失敗だ」、などと「安倍批判」する人が、「保守派」と名乗る論客にも出てきていることは事実です(『「日韓GSOMIA破棄は安倍外交の失敗」という珍説』参照)。

「日韓GSOMIA破棄は安倍外交の失敗」という珍説

ただ、こうした「GSOMIA必要論」には、根本的に欠落している視点があります。それは、「自分たちに都合が悪いことが発生すると大事な協定を破棄することをチラつかせ、自分たちに対して譲歩を迫ってくるような国と、そもそも軍事連携をして良いのか」、という点です。

その意味で、当ウェブサイトとしては、日韓GSOMIA破棄を巡って「日本に影響はまったくない」と申し上げるつもりは毛頭ありませんが、それと同時に、「果たして日韓GSOMIA破棄が本当に日本にとって悪いことなのか」という視点は持ち続けたいと思います。

GSOMIA破棄で一番困るのは…

ところで、日韓GSOMIA破棄が日本にとってどんな影響があるか、という点よりも、もっと大事なのが、「GSOMIA破棄は、いったい誰にとって最も悪影響をもたらすのか」、という視点です。

結論的にいえば、GSOMIA破棄自体、すでに機能しなくなりつつある米韓同盟をさらに冷え込ませる効果があります。というのも、米国にとっての米韓同盟は日米同盟の従属変数のようなものであり、韓国による日韓GSOMIA破棄は、「日米韓3ヵ国連携」を続ける意思を挫くのに十分だからです。

もし米国が「日米韓3ヵ国連携」を諦めた場合、いったい何が発生するか。

米国の立場からすれば、日米同盟さえしっかり残っていれば、そこから「日米豪」「日米印」「日米英」「日米仏」、あるいは「日米台」といった具合に、「韓国以外の国との3ヵ国連携」はいくらでも方策があります。

つまり、「米国が日米韓3ヵ国連携を諦める」ということは、「米国が米韓同盟自体を諦める」、ということでもあるのです。

日韓GSOMIAが終了したからといって、米韓同盟がただちに消滅し、米軍が直ちに朝鮮半島から引き上げられる、という短絡的なものではありませんが、米韓同盟には確実に打撃をもたらすでしょう。

だからこそ、日韓GSOMIA終了まで残り1ヵ月あまりとなったタイミングで、韓国が猛烈に焦りを感じ始めているのではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

そういうわけで、日韓GSOMIA終了まであと1ヵ月弱となりましたので、これから韓国メディアでは断末魔のごとく、日韓GSOMIA関連の話題が散発的に出て来ることは間違いないでしょう。

読者コメント一覧

  1. 墺を見倣え より:

    違うと思います。

    GSOMIA終了は、金正恩からも習近平からも指示されている事項なので、文在寅としては絶対外せません。
    文在寅が失敗だったと思っているとしたら。韓国から言い出した事。
    かくなる上は、最後迄GSOMIA復旧に尽力したフリして、「アベガー」に持ち込む事しか考えてないでしょう。

    1. 通行人 より:

      ??
      あなた様はキムジョンウンがムンジェインに命令したって具体的な証拠持ってるんですか?是非知りたいので教えてくれません?自信満々にブログ主の主張を否定してるなら、逆にそれを知りたい。

      1. 墺を見倣え より:

        https://www.sankei.com/world/news/190728/wor1907280010-n1.html

        ニュースは読みましょう。

        「わが民族同士」からの要求であって、「金正恩」からの要求ではないとか言うのかな?。

        1. 匿名 より:

          うーん、北朝鮮のニュースでドヤ顔されてもねぇ。。。

        2. 墺を見倣え より:

          北朝鮮のニュースは金正恩の指示ではないと御考えになるのは個人の自由ですが。

        3. 匿名 より:

          うん。そのニュースだけで自信満々にブログ主の説を頭から否定するあたり議論とは言えないね。

        4. 匿名 より:

          あまりムキにならずに、ソースが甘かったと認めればいいのに…。
          みっともないよ😃

    2. 福岡在住者 より:

      墺を見倣え様
      文大統領の胸中はおっしゃる通りと思います。
      しかし「韓国が猛烈に焦りを感じ始めているのではないでしょうか」の主語は文大統領ではなく左右対立・世代対立で内紛状態の韓国全体と読み取ればどうでしょうか。既に統制が取れなくなりつつある国でありますのでその内容(意見)も焦り方も分裂状態。しかし、このまま離米でいいのか経済的影響はどうなのかとかの不安感から来る猛烈な焦りがあると私は思います。
      文大統領=韓国国民が崩れつつあるのではないでしょうか。 

    3. だんな より:

      墺を見倣えさま
      違うというのは、GSOMIA破棄で韓国が困るという話ですよね。
      新宿会計士さんの視点では、韓国は米韓同盟が無くなったら困るという話です。
      文政権は、中国には、三不の誓いを立てて、日韓同盟はしないと言ってます。北朝鮮の声明からも、金王朝が日韓同盟に反対している事は、指示云々は別にして、間違いないと思います。
      韓国全体ではなく、文政権にとって米韓同盟が無くなって困るかというと、中国ロシアに擦り寄るから、困らないとも言えると思います。
      今回の韓国首相訪問時にGSOMIA破棄が、議論されるかどうかです。韓国は、大統領親書をメインカードとしていますので、その中に入っている可能性はありますが、多分主題は首脳会談をして解決しようという話だと思います。
      韓国首相と安倍首相の会談で、GSOMIAとホワイト国復帰の交換交渉を、私はしてくると思います(後は偽徴用工の1+1の案)。交渉は成立しないので、これがGSOMIAの復旧に努力したというアリバイ作り。
      後は、日本が悪いでアベガーでおしまいですね。

  2. 通行人 より:

    昨日のヨンハップニュースにやたらとイナギョン訪日の期待記事がやたらとたくさん出てましたね。それらの解説して欲しいです。

  3. 理系初老 より:

    お疲れ様です。

    安部政権が正しくあることが前提ですが、朝鮮半島自爆を見守りたいと思います。最近、「日本がー、安部がー」連合の「ともに民主、朝日、毎日等」も、書くネタなくなってきたようで、記事題目に反発というより、意味不明というかもののあわれを感じるようになってきました。彼らもともに自爆して欲しいです。

    上記のように私は韓国系日報、朝日、毎日等の記事は題目だけ見てクリックしないようにしていますので、新宿会計士様におかれましては、精神的ご健康には悪いでしょうが(アドレナリン分泌は良い?)、引き続き日本の敵記事傾向と対策をご教授いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

  4. ハゲ親爺🐧 より:

    GSOMIAは、もう外交手続きを終えて、過去の話です。🐧

  5. Atsh より:

    記事更新ありがとうございます。
    かの国の外交はもはや素人しかいないと言う事が如実にわかる件かと思いますが、国内でどのように報道されるのかも気になります。擦りよりを待ちかねてる困った方々がいらっしゃるようですから……
    話それるかもですがオールドメディア、昨今即位礼に合わせての恩赦について妙に力入れて報道してます。そういえばハンセン病裁判を引き合いに自国の不当な判決を認めろと言ってきた国がありましたね…

  6. j より:

    お疲れさまです。

    韓国首相の訪日で、一方的なジーソミア破棄の撤回を持ってきそうで嫌な感じがします。

    韓国も譲歩したんだから、日本も譲歩せよ。
    日本人の弱いとこ、痛いとこついてきそうです。

    かってな瀬戸際外交には、相手をしてほしくない。

    でもここで断れば、日韓関係は一歩正しい方向に向かうとおもいます。

    1. j より:

      断る。→ジーソミアの破棄、破壊の撤回は韓国の問題でありかってに独立国として判断して欲しい。それに対する他の問題の譲歩に関しては、日本は断る。

  7. GSOMIA より:

    輸出管理適正化に絡めず単独で破棄を撤回するなら、日本も受け入れるだろうけれども、それは韓国には出来ない。
    無論、交換条件は認められるはずがない。

    韓国が焦ってるのは本当かもしれませんが、それでも無条件撤回を選択出来るくらい国益を考える人達なら、そもそも破棄を言い出さなかった。

    日本にとってもはやGSOMIAは韓国の陣営離脱に備える為の時間稼ぎの価値しか無くなったので、交換条件を飲む心配は無いでしょう。

    日本が不本意にも取り引きせねばならなくなるとしたら、アメリカか陛下の介入ですかね。どっちも可能性は低いと思いますが

    1. めがねのおやじ より:

      GSOMIA様

      昨日の水産庁船の件、本日10時頃返答しました。『良く読んで』下さい。それと他人の文の読解力をもっと高める事をお勧めします。

      日本の海域を守る事、貴方と同じように大切と思います。

      1. gommer より:

        こっちでも予測変換ミスってましたか。
        正体はgommerです。
        重ね重ねすいません。

  8. だんな より:

    日本の譲歩無しに、韓国はGSOMIAの破棄を撤回する事は、国内情勢から出来ないと思います。
    韓国はGSOMIAを、どうしてもカードにしたいから、韓国国内世論を日本に譲歩させるように、より一層仕向けて行くでしょう。
    日本の譲歩は、偽徴用工判決を韓国政府のみで処理する事が最低条件ですが、それでもホワイト国への復帰は難しい。
    もう、GSOMIAの破棄を止める事は、出来ない状況だと思うのが、普通だと思います。
    GSOMIA破棄は、カードではなく地雷だと言った新宿会計士さんの言う通りになるでしょう。
    日本人は、政府が判断を誤ると、国全体に悪影響を及ぼす事を、教訓にすれば良いと思います。

  9. めたぼーん より:

    もともと優遇措置撤廃とGSOMIAは別の話ですが、ごちゃ混ぜにしたのは韓国。日本は冷静にGSOMIA破棄を止めるならどうぞ、で終わりかと。キレてくるかもしれないが、前から別と認識している、それに優遇措置撤廃でも影響全くないと言っていたはずだが、と言えば良いかと。

  10. より:

    韓国が、自分たちがなるべく傷を負わない形でGSOMIA破棄の撤回を狙っているとしたら、どう出てくることが考えられるでしょうか。

    韓国のこれまでのやり口から考えますと、即位の礼で来日して安倍総理と会談した後、日本側が言ってもいない譲歩を引き出したなどと嘘を一方的に宣伝し、それにかこつけてGSOMIAの撤回も発表する、というような筋書きを想像してしまいます。

    1. 通りすがり より:

      有り得ますね。
      中韓スワップのときのように、帰ったあとに日本が何らかの約束をしたと国民に嘘をついて、GSOMIA破棄撤廃とか。その後、自国民に日本は嘘つきだと煽る。

      そのような自体にならないように、会談後は日本は譲歩したのかどうかの態度は曖昧にせず、明確に示して欲しいですね。

  11. 名無し より:

    GSOMIAが人質、韓国が犯人だとすれば、

    「誘拐犯とは交渉しない」「テロリストとは交渉しない」という
    原則からすれば、交渉してはならないということになるのですが・・・。

    輸出規制が緩和されるなら、GSOMIAを~~と言っている時点で
    原則が適用されることになると思う。

    どういう例外論理があるのだろうか?

    しかし、つくづく、南も北も同根で、下品な交渉をするものだと思う。

    1. クロワッサン より:

      韓国や北朝鮮にとっては、アレが「上品でスマートな」交渉なんでしょう。

      基本的価値観が全く違う、という表現すら生温くて、もう真逆と言って良いのでは?と。

  12. クロワッサン より:

    流石は真正マジキチメンヘラリスカブス!って事で(´∀`*)

  13. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    日本の「輸出規制」(笑)に対抗する為、あと先考えずに日本と反対方向に持って行っただけだね。残り1カ月ちょっと。もう終わった。

    困るのはほとんど韓国。そばの北の花火も見つけられない。どこだ?(笑)。「日本が対韓輸出を元に戻したら、GSOMIA再考もある」ハア?

    武器に使えるもの、改造可能、不正な第3国への輸出、全部辞めろ。

    それを止めないから無理筋。アンタラ、日本で信用ゼロ、いやマイナス100%だ!

  14. 七味 より:

    よく分かんないけどGSOMIAが無くなると、それまでに提供した情報の保護義務もなくなるのかな?
    それとも、GSOMIAに基づいてお互いに国内法で情報の保護してるから、すぐにはおかしなことにはならないのかな?
    まぁどっちにしても、いったん破棄を言い出した以上、破棄の撤回しても、今後は賞味期限の短い情報しか提供しなくなるんだろうと思います♪

    約束を破ることが自分にどう跳ね返るのか分かってないんでしょうね ホントに目先の事しか考えられないんだなって思います♪

    1. なんちゃん より:

      >よく分かんないけどGSOMIAが無くなると、それまでに提供した情報の保護義務もなくなるのかな?

      GSOMIAには、
      「協定がなくなっても義務は続くよ」
      と、一行書いてありますよ。紙の約束ではありますが。

      破棄されてバラされるとわかっていたら、情報共有は進まないかもしれないですね。

  15. がぶりえる より:

    皆さん承知なようにGSOMIA破棄撤回はカードにはなりません。
    なぜならGSOMIA破棄を宣言した8月で軍事システムは更新切れに至りシステム的に死んでます。
    これは北朝鮮が潜水艦(と思われる)SLBM発射実験後、韓国が発射データを11月停止のGSOMIAシステムにお伺いをしても得られれず、日本に発射データをGSOMIA期限内なのでデータ寄越せとやった事でも自明の理です。
    軍事システムはX.509電子証明書のお化けであり最後の認証局証明書が11月に期限切れするための3か月であり、軍幹部・政治家には戦略練り直しの3か月でしかありません。
    したがって電源をつなぐように破棄撤回明日から運用とはならず11月の期限切れをまって再度、再構築となりシステム運用には3か月は必要で北朝鮮軍事監視システムとしては既に穴はあいています。
    韓国がGSOMIA破棄撤回とやっても再度、GSOMIA破棄とやられた場合の事を考えると軍事システムとしては不安定であり使えないものと判断するしかなく、破棄撤回、再契約要求としても米国・日本が再契約にNoとなるでしょう。

    まとめると韓国はGSOMIAという死んだ子を人質にしているにすぎず、GSOMIA再契約は有り得ないと考えますのでカードとしては終わったカードにすぎません。
    GSOMIA破棄を指導した韓国の金鉉宗の馬鹿さが際立つ猿芝居に付き合わされているにすぎません。
    最後に韓国は金鉉宗、康京和の外交TWO-TOPと遣らかしてますが朝鮮人特有のマウントの取り合いがまねいた内政問題にすぎないと思ってます。同一の権限を与えられた朝鮮人はお互いに食い合いをするということでしょう。これが文在寅が云う北朝鮮・韓国連邦制の破綻理由でもあります。
    以上駄文しつれいしました。

  16. ミナミ より:

    >こうしたなか、日本国内にも「韓国が日韓GSOMIA破棄を決定したのは安倍外交の失敗だ」、などと「安倍批判」する人が、「保守派」と名乗る論客にも出てきていることは事実です

    この論を言う人は、たいてい「韓国を「敵陣営」に回してよいのか」と言ってる様に思えますが、
    韓国(或いは統一朝鮮)が、アメリカにつくか、そうでなければ中国につくか、
    という二択の問題であると決めつけている点に疑問を禁じ得ません

    中立化する、或いは無力化する、という第三以降の結果があると何故考えないのでしょうね
    「GSOMIAで繋ぎ止めてと置かないと済州島に中国海軍基地が!」
    という様な事をよく言ってる様に見えますが、0と100の間には様々なヴァリエーションがあるだろうにと思います

    ●原因
    ① アメリカにとって日本と韓国は血で購った「戦利品」であり、
      韓国をそんなに簡単に手放さない
    ② 北朝鮮は「日本は百年の敵、中国は千年の敵」という声明があった様に、
      中国に簡単に飲み込まれる気など無い。むしろ最も警戒し嫌悪している
      「主体思想」とは、朝鮮民族が主体として独立して存在する、が根源である
      北朝鮮は戦争以来、中共軍(+ソ連軍)の駐留も許していない国である
    ③ 韓国は右も左も「バランサー」志向であり、左派は民族独立志向でもある
      この点で北朝鮮の独立志向と、基本的に一致している
      左右共、コリアを一つの独立したパワーとして認めて欲しいという願望が強い

    ●結果
    1、アメリカは在韓米軍を大幅に減らし、米韓同盟の重要性を下げるが、
      全面撤退はせず、韓国を中国に大人しく譲る事はしない
      韓国国家は有用で無いが、北京や大連・青島海軍基地に近く、立地は有用である

    2、北朝鮮は冷戦期に中ソ間で立ち回り、両方から援助を得た様に、
      今度は米中間でそれをしてサバイバルする事を志向する
      アメリカ寄りになる事も十分考えられる

    3、韓国は今後、北朝鮮の思惑に沿った存在となるでしょうから、
      北との軍事緊張はやわらぐ。共同開発等の美名のもとに北朝鮮の金づるとなる
      陸の削減と共に、海空の通常戦力は増強する。日本とは緊張が更に強まる
      通常戦力増強、「民族の核」(北の物だが)、米中等距離外交?という意識から、
      「東アジアのバランサー」を自認する(実体がそうなのかは別)
      統一ムードの中で民族ナショナリズムが高揚する

    結果として、半島は全域が緩衝地帯化、中立化するかも知れません
    フィンランド化というより、北は核保有、南は通常戦力強化してるのですから、
    一応「スイス化」と言えるやも知れません
    もう一度言いますが「GSOMIAが無くなったら、済州島に中共海軍基地が!」
    という様な事には直結しないと思います。金正恩とアメリカがそんな事を望まないからです

    1. 新宿会計士 より:

      ミナミ 様

      いつもコメントありがとうございます。

      普段、読者コメントに出来るだけ返信しないようにしているのですが、拝領したコメントはとても鋭い視点からのご指摘と思いましたので、近日中に本文にて利用させていただきたいと思います。ありがとうございました。

      引き続き当ウェブサイトのご愛読ならびにお気軽なコメントを何卒よろしくお願い申し上げます。

  17. だんな より:

    韓国首相の訪日目的らしきものが、ハンギョレ新聞に書かれています。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00034688-hankyoreh-kr
    長くなりますが後半部分を以下引用します。
     国家安保戦略研究院のキム・スクヒョン対外戦略研究室長は「李首相の訪日を機に、両国の対立の中心である強制動員の解決に関する議論が本格的に進められるだろう」として、政府が強制動員被害者たちの意見を集約して解決策を用意することを前提に、日本企業の資産売却(現金化)を見合わせつつ、日本と適正な水準で合意を成し遂げる案が推進されるものと見通した。
     議論が順調に進み、強制動員の解決策と日本の対韓国輸出規制の撤回などに対する共感が得られるなら、年末に韓日首脳の首脳会談につながる可能性もある。キム・スクヒョン研究室長は「12月末、中国で開かれる韓日中首脳会議で韓日首脳会談を開き、両国の関係改善を公式化したり、文大統領の訪日または安倍首相の訪韓が実現することもありうる」と話した。11月、ASEAN+3首脳会議やアジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議などで、韓日首脳外交が復活する可能性もある。首相室関係者は「大統領のメッセージが伝えられた後に両首脳が多国間会議に出席するなら、すべての可能性が開かれている」と話した。
    引用ここまで。
    韓国の妄想が書かれていますが、ポイントは3つ。
    1、偽徴用工判決解決に向けた交渉が始まり、進展する。
    2、12月の日中韓首脳会談時に、日韓首脳会談が行われて、関係が改善する。
    3、11月のAPECで首脳会談が行われる可能性もある。
    と首相も安倍首相の会談と大統領の親書により、日韓関係が改善するという、韓国の思惑が良く分かります。
    親書に何が書いてあるか知りませんが、魔法の杖のように思っているようです。
    事務レベル協議で全く埋まらない溝が、解消する訳はありませんので、現実的な未来像と乖離すると思います。

    1. だんな より:

      自己レスです。
      韓国政府は、支持率低下のため、日本との関係改善で成果を出したいと、考えている事は、間違いないと思います。
      国内の政争のため、日本を利用しようとしているだけです。

      1. 匿名 より:

        関係改善では無く日本に折れさせることによって支持率回復を狙っているのです。
        関係改善なんか望んでいません。

        1. だんな より:

          匿名さま
          わかってます。
          韓国にとっては、日本に折れさせることは、関係改善でしょ。

  18. 心配性のおばさん より:

    >こういうやや支離滅裂といわざるを得ない対応が、韓国側で散発的に出始めています。

    やや?出始めています?初っ端から突っ込みを入れたくなりました。
    支離滅裂は、半島人の常態だと理解しております(笑)。南北とも普通の国家であったことなぞ、記憶にも歴史にもありません(笑)。

    あら、GSOMIA破棄が米韓同盟の空洞化に繋がるから?いまさら気付くことにも驚きですけど、国防部長官さん、大丈夫ですの?文在寅大統領はそれを承知で破棄を決定したと思うのですが、その大統領の意志に逆らってそのような発言をしたら、政権の内ゲバで粛清されますよ(笑)。

    それにね、前にも申し上げたのですけど、賽は投げられたのです。覆水盆に返らずです。たとえ撤回して、システムに復帰はできても、韓国からの意志表明はなかったことにはできません。中露、北朝鮮には。
    アメリカは一応、破棄の撤回を要請しているみたいですが、同時に既に破棄を前提に舵を切っていると存じます。手遅れですわ。

    >GSOMIA破棄で日本に打撃はゼロではない

    ええ、GSOMIA破棄そのものというより、それによって、起こる在韓米軍撤収による日本への打撃なら、そう思います。避けては通れないことですがね。在韓米軍撤収は、東アジアでの米軍展開の見直しということです。在韓米軍撤収があるとすれば、在韓米軍の兵站部であった在日米軍展開にも見直しがあるでしょうから。ただ、繰り返しますが、避けては通れないことです。ごまかし、ごまかし、営んできた「日米韓3ヵ国連携」がこれ以上はムリであることが、文在寅政権によって晒されただけです。

    私たちは、日本の国防見直しを急がなくてはならないのですが、憲法改正すらできていません。安倍政権は「日米同盟は盤石だ」とおっしゃいますが、ウソですね。盤石である根拠が判らない。先だってのサウジアラビアの油田が攻撃されました。サウジアラビアとアメリカは同盟であったかと存じますが、アメリカは反撃はサウジアラビアが行うべきという姿勢です。

    サウジアラビアを日本に置き換えると、中露や半島国家から、日本が武力攻撃を受けた時でも多分アメリカは動きません。そして現在の日本にはハードウエアとしての反撃能力はあっても、法整備がまったくできていません。

    韓国のことはどうでもよろしいのよ。日本は日本のことを心配しなくてはならないのですわ。

  19. 匿名 より:

    保護協定って言ってもコイツら守ってるんですかね?
    日本はバカ正直にこういうの守るんでしょうけど、
    中韓などは「バレなきゃいい」と思ってて
    軍事に限らずあらゆる国家間の約束事は自国に都合のいいように
    守ったり(他国に守らせたり)破ったりしてる気がします。

  20. 匿名 より:

    もう遅い、というか日本もアメリカも破棄に応じた準備を整えているでしょうね。
    これが通ればもめ事の度に「GSOMIAを破棄する」と脅され日本が譲歩、という図式が固定化されるので日本サイドとしては認めようがないと思います。
    韓国は常時オールイン体質なので、この状況でもある種の慰安婦や戦争犯罪のような魔法のパスワードが生まれることに期待していそうですが。

  21. よくわかってないジジイ より:

    朝鮮人の瀬戸際外交、駄々捏ね外交に妥協し続けた結果が今日のこじれた日韓関係を作っています。 どうせ韓国は約束を守らないのだから、GSOMIA破棄撤回の議論などには乗らないことです。

    GSOMIAよりもこの先100年、200年と続けねばならない朝鮮半島との関係を正常に戻すことこそが長い目でみて利益になると考えています。

    先ずは日本が「約束を守れ」と言っていることに対して、韓国が無条件に約束を守るというごく当たり前のことが出来なければ交渉などするべきではありません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。