「セクシー小泉」?小泉新環境相をどう見るか

「セクシー小泉」という単語が、ちょっと前からツイッターなどで話題になっています。これは、「気候変動サミット」に参加するためにニューヨークを訪問している小泉進次郎環境相が記者会見で「気候変動のような大きな問題はセクシーに取り組むべきだ」と述べた、とするものです。この発言自体、「気候変動枠組条約」の事務局長だったクリスティアーナ・フィゲレス氏の発言をなぞったものであるとの指摘もある一方、わが国のインターネット上では「意味不明」といった反応も出ているようです。

セクシー小泉

気候行動サミットに出席するためにニューヨークを訪問中の小泉進次郎環境相は現地時間22日、気候変動対策を巡って「楽しく、クールに、そしてセクシーに取り組むべきだ」と述べた、と報じられています。

といっても、これについては環境省の仕事が遅すぎるためでしょうか、環境省のウェブサイトを眺めてみても現時点で全文が掲載されていないので、ここでは英字メディアのロイターと日本語メディアの『テレ朝ニュース』から、それぞれ該当するリンクを拾っておきましょう。

Make climate fight ‘sexy,’ says Japan’s new environment minister(2019/09/23 02:31付 ロイターより)
「気候変動問題はセクシーに」小泉大臣が国連で演説(2019/09/23 12:01付 テレ朝ニュースより)

両報道をベースに、小泉環境相の発言を書き起こしておくと、だいたい次のようなものです。

“On tackling such a big scale issue like climate change, it gonna be fun, it gonna be cool, it ganna be sexy too.”

(※厳密にいえば、ロイターでは “it gonna be” の部分が “it’s got to be” になっているほか、テレ朝ニュースだと冒頭の “On tackling such a” の部分が省略されています。)

フィゲレス氏に対する敬意を払った発言

ちなみに、この “sexy” 発言、伏線があります。

いまからちょうど6年前の2013年9月、リオデジャネイロで行われた「リオ+20」で、当時、気候変動枠組条約の事務局長を務めていたクリスティアーナ・フィゲレス氏が、「気候変動問題をセクシーに取り組むべきだ」と述べた、というものです。

そして、テレ朝ニュースの動画で確認する限り、小泉環境相はフィゲレス氏の隣に座っており、 “it gonna be sexy too” の下りでフィゲレス氏の方を向いたため、これはフィゲレス氏の発言を尊重したものだ、という受け取り方をしている人もいるようです。

好意的に解釈するならば、小泉氏のこの発言の真意は、「セクシー」と述べることによって、日本だけでなく全世界の人々の気候変動問題に対する関心を持たせようとするものだ、と見ることができるかもしれません。

いずれにせよ、小泉氏は「イケメン」との呼び声も高く、また、フットワークの軽さ、記者会見での軽妙洒脱ぶりを見ていると、本当に人を魅了することに長けた人物なのだと思います。

ロイターが好意的に報じたということは…

この、「環境問題をセクシーに取り組むべき」と報じたロイターの記事を読むと、ロイターは小泉氏について、総じて好意的に取り上げているように見受けられます。

いわく、「日本では気候変動への対策が遅れていることに対し、数百万人という若者のなかには、東京で抗議デモを行った人たちも含まれている。」

いわく、「小泉氏の発言は、日本としてより積極的に気候変動にコミットしていく意思を示したものだ」。

とくに、ロイターは小泉純一郎元首相のことを「カリスマ的な元首相(charismatic former prime minister Junichiro Koizumi)」、小泉環境相のことを「安倍(総理)が退任したあとの首相候補として人気がある」、などと述べています。

ロイターが好意的に報じているという時点ですべての答えが見えている気がするのですが、ここでは敢えてその点に触れないようにしたいと思います。

それよりも、小泉氏といえば、環境相に就任した翌日、福島県を訪問し、原田義昭前環境相が福島第一原発の「汚染水」(?)を「海洋放出するしかない」と述べたことを謝罪した、とも報じられています。

小泉環境相、前任者の発言をおわび 訪問先の福島で(2019年9月12日20時35分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

この発言のどこがどう問題なのか、指摘しようと思ったのですが、すでに髙橋洋一氏が『現代ビジネス』に詳しく問題点を指摘されているため、詳しくは次の記事をご参照ください。

初入閣で露見した、小泉進次郎の原発汚染水に関する「勉強不足」(2019/09/16付 現代ビジネスより)

無能な者ならば傷が浅いうちに排除すべし

ただし、私たち日本国民は、「見てくれの良さ」に騙されず、政治家の人となりを見抜く能力(とくに不勉強ぶり、見識のなさを厳しく査定する能力)を持つ必要があります。

ちなみに小泉氏といえば、当ウェブサイトとしては、昨年6月の時点で「単なるポピュリスト政治家ではないか」との疑いを抱いてしまいました(『【夕刊】そりゃないよ、小泉さん』参照)し、昨年9月の自民党総裁選では「(安倍総理ではなく)石破茂氏に票を投じる」と公言した人物でもあります。

まだ若い小泉氏が閣僚として頭角を現し、優れた成果を残すのか、それとも「客寄せパンダ」としての最低限の役割を果たすのか、はたまたさまざまな醜態をさらして無様に任期を終えるのかはわかりません。

閣僚人事、日本共産党が批判している時点で大成功?

しかし、たしかに小泉氏は「みてくれ」は良いのかもしれませんが、このインターネット時代において、「オールドメディア受けの良さ」だけを武器にした人物が政治家として生き延びていくほど甘くはないこともまた事実です。

その意味で、無能な者であれば、自民党にとっても日本にとっても傷が浅いうちに早めにその醜態をさらしておくというのも、もしかしたら安倍総理の閣僚人事の狙いなのかもしれません。

いずれにせよ、当ウェブサイトも政治経済系のウェブサイトのひとつとして、小泉氏が騙る内容とその行動の整合性などについては、深い関心を払っていきたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 名無Uさん より:

    この話題を取り上げることを待っていました。

    『セクシー』だと?
    政策が『セクシーか、否か』で決められてたまるか!
    これは鳩山由紀夫元首相の決めゼリフ、『友愛』に通じるものがあるでしょう。
    鳩山由紀夫からも擁護発言が飛び出し、二代目鳩山襲名へ向けて、小泉進次郎環境大臣は突っ走っているようです。(笑)
    パク・クネ前大統領に土下座の態を取った『あの』舛添要一前東京都知事まで、『言語明瞭、意味不明瞭』と叩っ切られる有り様…(笑)

    ロイターが喜んで取り上げることも当然でしょう。
    朝日新聞は、ロイターから優先的に外信の記事を受けております。
    まあ、小泉進次郎も父・小泉純一郎も、世界のメディアが如何なるフレーズを喜ぶのかの要点は心得ています。非常に浅薄なものではありますが…

    ≫いずれにせよ、小泉氏は「イケメン」との呼び声も高く、また、フットワークの軽さ、記者会見での軽妙洒脱ぶりを見ていると、本当に人を魅了することに長けた人物なのだと思います。

    この点は事実であります。
    選挙演説で、小泉純一郎元首相と直接対面したことがあります。連続する選挙演説で疲れた感じを出しながらも、聴衆の誰一人として無視することがありません。
    聴衆の一人一人の目を見て、直接語りかけようとするところから聴衆を魅了していきます。こうした手法は、進次郎氏も受け継いでいます。
    選挙受け、記者会見受けがいいことは間違いありません。

  2. 酒が弱い九州男児 より:

    私の勝手な持論ですが、「話せばわかる」と言うような政治家は絶対に信用・信頼しません。そんな政治家は、出家するか、宗教団体でも作って教祖になるかしてほしいと思ってます。
    人間関係があり、利害があり、そして力関係があり、交渉は行われます。「話せばわかる」なんてことは絶対に政治の世界ではありえません。

    逆に信頼に足る政治家は、汚れ仕事ができる人(嫌われる勇気を持っている人)です。政治とは決断でもあるとも思ってます。決断すると必ず反対する人や痛みを伴う人がいます。そこを恐れて何もしない人、できない人、慮ってばかりの人は政治家にならないでほしいと思います。

    翻って小泉環境相をみてみると、さすがに演説は上手いですが、きれいごとが先行しているようにも見えます。ここは先生のおっしゃる通り、注意深く見ていく必要がありそうです。ひとまず汚染水の問題を経産省とどう折り合いをつけるか手腕の見どころだと感じてます。

  3. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    単純な話、選挙に強い政治家はそれだけで時間的余裕というかなりのアドバンテージがあるのだから、しっかり国会議員の仕事をして欲しい。
    勉強不足でできないなら、勉強してほしい。
    今のところは評価するべきところは見当たりません。

    それにしても、何かと注目を引きたい感じがよく出ているので、キャッチとして「セクシー小泉」は定着しそうな予感がします。

  4. 匿名 より:

    オールドメディア対策として自分の味方とは必ずしも言えない人物を大臣にしてその力を利用する安倍総理の手法をどう評価するかですが、善悪はともかく今のところは話題性十分で目論見は成功しているようです。

  5. わたけん より:

    いやー、これだったら、クリステルを環境大臣にした方が対応がマシのような気がしますが。

  6. カズ より:

    小泉環境相は、言動とフットワークの軽さに「石破氏を叩いて渡る」賢明さを合わせ持てば政治家として大成できるのかもしれないですね。今のところは若さに期待してます。

    *****

    東京よりソウルの放射線数値が高いことにつき、どこからか「自然放射は問題ない」って根拠のない声があったみたいなんですけど・・。ほんとに自然放射だけなのでしょうか?

    自国が「福島原発での保管量をはるかに超えるトリチウム水」を日本海に放水した事実にたいしてはどんな弁明があるのでしょうね・・。さすがに「重水炉の設備で発生したものは問題ない」なんてことは言えないはずなんですけどね。

    *「だからと言って無条件に海洋放水していい理由にはならない」・・くらいでしょうか?

  7. ブリジット より:

    うーん、雰囲気だけかな…
    それでも、その雰囲気で、何かやってくれそうとか思う人もいるから人気があるんでしょうね。

    お父様がアレなので、ファザコンなのかな〜
    政治家になる前に社会人として経験もないそうですし、挫折した事なさそう(勝手なイメージ)
    これから挫折や人間関係の汚いところとか、沢山味わえて、良い経験になるんじゃないでしょうか。
    TV業界からは気に入られてるみたいだから、色々な面で利用価値はあるのかもしれませんよ。防波堤にできたらokみたいな。彼は、そういう役割得意そうだし。

    環境問題で、どれだけの事を行動で示してくれるのか見守っていきたいと思います。

  8. ミナミ より:

    Q.環境省は脱石炭火力発電に向けて今後どうする?
    A,(火力発電を)減らす
    Q.どうやって?
    A.・・・・・・・

    https://twitter.com/xcvbnm67890/status/1176124769420201984

    政策提言は全部ポピュリスト政策、
    取柄は世渡りの才能と上手い切り返しだけ。(芸人さんなら後者の才能は重要だが)
    父親の劣化版。話にならない。国内地上波程度はごまかせても、
    国際舞台に出れば、この程度。いきなり馬脚を晒してる

  9. 愚塵 より:

    育休取得して副大臣に指揮執ってもらった方が良さそうっ
    .
    https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggQ4wAYw10PFaqmv_xtwdT3g—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/reply-1127248910
    .
    〔参考〕
    気候変動のような大きな問題は楽しくかっこ良くセクシーであるべき
    .
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000165029.html
    .
    は、「原発ゼロ」と「温室効果ガス25%削減」の矛盾
    .
    https://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2013/01/25-1.php
    .
    を、解決策は示せないが、実現したいという鳩山由紀夫元首相の願望を引き継ぐ旨の宣言っ
    .
    https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggjtBc3lfgZGJD4BDEhrLVDw—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-518264108

  10. だんな より:

    お父さんに喋り方が、良く似てる。
    まだまだ評価が、定まらない感じ。

  11. 理系初老 より:

    失礼します。
    *「オールドメディア受けの良さ」だけを武器にした人物が政治家(正論と思います)*として生き延びていける職業は環境大臣しかないと思います。ただし、京都議定書に実行性がなかったのは、米国と中国をほったらかしにして日本(とヨーロッパ)だけが頑張ろうとしたためであるということを理解しなければなりません。
    なので将来彼が生き残る道は、日本が頑張るのではなく、環境分野に特化して米国と中国に毅然とした態度をとれた場合のみだと思います。
    安部さんは、「ひょっとしてお花畑脳を脱してくれるとありがたい。化けてくれなくとも環境大臣ならまあいいか。新妻がおもてなしでオリンピックを盛り上げてくれるとありがたいし。ただし経済・安保・対韓で余計な口をはさむようになったら更迭」くらいに考えているものと信じたいです。

  12. 門外漢 より:

    二酸化炭素原因説は嘘っぱちだが、地球温暖化の進行も気象の激甚化も否定はしません。
    一生懸命二酸化炭素排出を抑えても温暖化は止まらないと思いますが、世界的には二酸化炭素原因説が正しいとされていて、国際政治もそれを前提に動いています。
    日本も(形だけでも)その流れについて行かねばなりません。
    但しこんなものにまともに付き合うことは無いので、小泉環境相は適任だと思っています。

  13. URC より:

    小泉さんについては、マスコミへの応対を見る限り、彼らの油断ならなさをよく知っているように思われます。
    あと、持ち上げにたいしてはやんわりと回避することも多いので、今の自分がまだ「色々と足りていない」ということも自覚があるように思います。
    何だかんだで、政治家には華、大衆を惹き付けるスピーチ力も大事な資質で、彼はそれを備えた稀有な人材ではあるかと。
    これからどう転ぶかは分かりませんが、二十年くらいの計画で色々と経験を積んで、成長してくれればと思います。
    次期総理にとかいう層はさっぱり理解出来ませんが。
    自分には、本人もそこは力量不足を自覚しているように見えるんですけどね?

  14. りょうちん より:

    「劇場型の小泉政権」ってもう一度やるのって可能ですかねえ。
    民主党政権並みに、みんな懲りたんじゃないかと。
    小泉政権を覚えている世代が絶滅するまでは、無理だと思います。

    しかし、今回醜態をさらした千葉県知事や、なんども同じ過ちを繰り返す東京都・大阪知事みたいに大都市圏の首長選挙では、実績のないタレント候補が当選するのを見ると人間集団が多くなると馬鹿になるんじゃないかと「集合痴性」の実在を信じたくなります。

  15. ミナミ より:

    温室効果ガスの削減には、答えは一つしか無い
    「原発の活用」である
    この問題は「CO2か原発か」という二択しか選択肢が無い問題であり、
    どちらかを選ぶより他に道は無い
    これが現時点の人類にとっての苦い真実である

    「再エネで全て解決」とか言い出す連中は、自分でバカか嘘つきと名乗っているのと同じである
    「CO2削減も原発廃止も」と言ってる連中も全く同様である

    1. 門外漢 より:

      ミナミ様へ

      二酸化炭素原因説なんて、もともと原発技術やエンジン効率化技術などで優位にある先進国が、追い上げ急な後進国を蹴落とすために始めたのです。
      当初はわが国でもハイブリッドエンジンで世界を席巻し、原発推進(輸出も)の動きすらありました。他の先進国も自国の優位な技術を使って後進国を引き離しかけました。
      ところが3.11で原発はすっかり悪者になり、中国が間隙を縫ってEVなんかを推して来たので、当初のシナリオを修正する必要が生じました。
      日々増加するエネルギー需要に対応するには原発以外に切り札は無いと思いますが、従来のものではダメ(信用失墜)で、4S炉のように安心安全をうたい文句にするタイプの開発や、核融合炉の実用化が必要だと思います。
      ドイツのように、口では原発廃止を言いながら、陰では新型炉の開発を着々と進めるような、強かさが欲しいものです。

      実際は、各メーカーはそれなりにやっていると思いたいですが・・・

  16. 匿名 より:

    人を出身大学で判断することの愚かさは、これまで国民が政治家や官僚に何度も期待を裏切られた事例から、もはや自明の理と言えるでしょう。
    しかしそれでも私は、小泉さんのような方には、東大入試のパスや国家I種、司法試験、公認会計士試験…をはじめ、論理的思考を前提とした問題解決能力が要求される難関試験を一度はパスして欲しかったと思っております。
    少なくとも人生の岐路に差し掛かった段階での対応はまるで違うだろうというのを、これまでの経験から悟りました。

  17. 国防動員法 より:

    喋るのが上手いと、中身がポンコツなのが丸わかりになってしまいますね。

    安倍さんの若い頃はそもそも何を喋っているのかよく判らなかったため、ポンコツかどうかも判断できなかった・・・

    小泉元総理の政治屋部分を純粋培養した感じに見えます。

    福島放射能関連で攻勢を強めたい韓国側からすれば、久しぶりに表れた日本側のウィークポイントです。

    小泉環境大臣の失敗と引き換えに旭日旗で譲歩させられる展開が見えてきました。

  18. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     (今回の国連で注目案件である)環境問題で、小泉(新)環境相が英語
    で演説したことは、(21世紀の日本の政治家として)得にはならずとも
    損にはならないと思います。もちろん、その演説を、どう評価するかは、
    人それぞれだと思いますし、その英語の発音が、どうだったのかも分かり
    ません。(発音が流暢だから良ければ良いとは限りません)
     演説の中身については、(具体的な話になると、利害関係者の調整が、
    複雑になるので)個人的には、可もなし、不可もなしで良いと思います。

     蛇足ですが、「セクシー」発言は、(6年前のクリスティアーナ・フィ
    ゲレス氏発言にかこつけての)「マスコミからの批判」封じも含んでいる
    のかもしれません。

     駄文にて失礼しました。

    1. 市民オンブズマン より:

      あのね、国のリーダー達は一般人じゃないんだから損にはならない程度なら要らないんですよ。

      誰か見ても日本の代表として恥ずかしく無い人物でないと。

  19. 匿名 より:

    Q:どうやって?
    A:それをみんなで考えるんだよぉ!
    ぐらいを即答できれば将来に期待をかけられるかなーと思うんですが。
    まだまだお父さんの域(プロフェッショナルなポピュリスト)には程遠いですね。
    当たり前ですけどw

  20. 心配性のおばさん より:

    恥ずかしい。セクシー発言も充分恥ずかしいですが、初入閣で初の国連総会。
    準備はムリにしても、準備が無いのであれば、口を噤んでいるぐらいの頭はあるかと思っていました。
    もちろん、発言無しは許されないとしても、当たり障りのないスピーチぐらい、秘書に準備させることはできますよね。やはり、彼は顔がいいだけの”客寄せパンダ”ですかね。

    それも小泉ジュニアという立場が付いている分、実力以上に周りが持ち上げる。
    石破支持も、父親以上の仕事をする安倍政権への当てつけ以外の何物でもないということかしら。
    皆さん、期待されているみたいですが、私は今回のことで見切ることができた気がいたします。
    その若さを差し引いたとしても、批判はできても、代替案を出せない野党議員レベルかと。

  21. 市民オンブズマン より:

    この人と言うか、今の政治家に志はあるのだろうか。

    いや、志はあるのかもしれない、無いのは行動力と実行力。

    また、数ある方法の中から最適解を導き出し、実行する力が無いのでは?

    それが今回のセクシー発言に如実に表れていると思う。

    要はその場において、その問題解決において、何を主観におき、ポイントはどこで、その解決方法はどう言うものが有って、その中で最適なものは何であるか。

    をイメージ出来ていないし、イメージする為の情報も方法も持ってないから故に出で来た軽口ですね。

    外国の方のコメントに「頭からっぽ」と言うものがありましたが、まさにその通り。

    実行するべき政策を声高にひとつふたつ実行すればマスコミが報道してくれて、大臣としての仕事は終わった、みたいな稚拙で前時代的な誤魔化し政治はもう要らない。

    所詮、二世はこんな役立たずばかりだろうね。

    二世社長や二世タレントがそうであるように。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。