交通渋滞をなくす手っ取り早い解決策は憲法改正だ!

当ウェブサイトは管理人がひとりで更新しているという事情もあり、年に数回、ほとんどウェブサイトの更新ができなくなることがあります。昨日は個人的な用事があって、ウェブサイトの更新はほとんどできませんでした。ただ、そのかわり、久しぶりにとっても素敵なことを思いつきました。さっそくですが、皆さまにその考え方を紹介したいと思います。それは、「交通渋滞や台風災害を日本から永遠に追放するという、とても素晴らしい魔法のソリューション」です(笑)

素晴らし過ぎる改憲私案

個人的な事情で恐縮ですが、昨日はレンタカーで終日、某所に出掛けていました(行き先や日程などの詳細については、申し上げることはできません)。

さて、昨日はそういう理由もあり、ちょっと時事的な話題についてキャッチアップが追い付いていない状況にあるのですが、当ウェブサイトでは年に何回か、時事ネタの更新が滞ることがあります。まぁ、そういうときには読者コメント欄で適宜、時事ネタを補ってくださると幸いです(笑)。

ただ、帰宅途中に高速道路で渋滞に巻き込まれ、ノロノロ運転を余儀なくされ、本当にクタクタに疲れてしまいました。「なぜ人類は交通渋滞をなくすことができないのか!」、と考えると、本当に腹が立ちます。

ただ、渋滞の最中に、ふと素晴らしい解決方法を思いつきました!

それは…、

日本国憲法に第9条の2を設け、『交通渋滞の禁止』を明記すること

です!!

日本国憲法第9条の2(私案)

日本国民は、正義と秩序を基調とする交通安全を誠実に希求し、国権の発動たる取り締まりと、警察力による威嚇又は警察力の行使は、交通渋滞を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、警察力は、これを保持しない。国の交通違反取締権は、これを認めない。

戦争の禁止と戦争放棄を明示した憲法第9条があるから、日本は戦後74年間、ただの一度も戦争に巻き込まれなかったのです。こんな素晴らしい条文があるならば、交通渋滞の禁止を憲法に盛り込めば、いますぐ交通渋滞がなくなるはず!

そういえば、せっかくの三連休なのに、台風17号が近づいていて、お出かけを諦めてしまったという人も多いでしょう(もっとも、実際の台風の進路は事前の予測よりも西側だったようですが…)。このように考えていくと、台風などの自然災害で人々が被害に遭うのも困りものです。

先ほどの「交通渋滞の禁止」と同様、日本国憲法に第9条の3を設け、『台風被害の禁止』を明記しても良いかもしれませんね。

日本国憲法第9条の3(私案)

日本国民は、正義と秩序を基調とする災害対策を誠実に希求し、国権の発動たる防災と、土木工事による防災又は支援活動の行使は、自然災害を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、消防、救急その他の防災手段は、これを保持しない。国の防災権は、これを認めない。

この憲法第9条の2、憲法第9条の3の規定によって、日本からは交通渋滞も台風被害もいっさいなくなるに違いありません!ぜひ、日本国憲法を改正し、交通渋滞の禁止と台風被害の禁止を明記していただきたいですね~(棒)。

なぜ憲法第9条があれば戦争がなくなるのか、明確な説明がない!

さて、上記の「憲法に書けば何でも実現できますよ」とする議論は、今年の5月3日(憲法記念日)に当ウェブサイトに掲載した『憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた』の「焼き直し」であり、同じようなネタを提供したことについては大変失礼しました。

憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた

ただ、こんな下らない冗談を思いついたついでに、もうひとつ、報告しておきたい点があります。それは、「憲法第9条があれば、なぜ戦争が起こらないのか」という点について、「護憲派」の人たちがどんな理屈をこねているのか調べてみたのですが、これといった理屈が見当たらない、という点です。

たとえば日本共産党の志位和夫委員長が2001年5月3日の憲法記念日で小泉純一郎首相(当時)を批判した『憲法9条を擁護する国民的共同と団結を』という演説を読んでみたのですが、やはり、「なぜ憲法第9条があれば戦争は起こらないのか」という点について、明確な説明はありません。

つまり、「憲法第9条さえあれば戦争は起こらない」という命題についてはいっさい証明されることなく、「当然の前提」として扱われているようなのです。僭越ながら、『韓国、財務省、NHK、共産党の共通点は議論の拒否』で報告した内容の正しさを、改めて痛感した次第です。

韓国、財務省、NHK、共産党の共通点は議論の拒否

日本共産党「安倍4選は『たわけたこと』」

さらに話は飛ぶのですが、志位和夫氏は今年3月、「安倍4選は『たわけたこと』」と批判したそうです。

自民・二階氏の“安倍総裁4選”発言は「たわけたこと」(2019年3月15日付 しんぶん赤旗より)

この「安倍4選論」とは、自民党の党則を改正し、「安倍晋三の自民党総裁としての任期をあと3年延長すること可能にする」という議論です。志位和夫氏はこうした「安倍4選論」に対し、「たわけたことをいうな」と厳しく批判した格好です。

はて。

上記とは全く関係ありませんが、日本共産党の憲法第9条に関するリンク記事を読んでいてもうひとつ気付いたのは、志位和夫氏が小泉元首相の時代にはすでに日本共産党の委員長に君臨していた、という事実です。

そして、ここでふと疑問に思うのですが、志位和夫氏はいったいいつ、どのような手続に基づいて日本共産党の委員長に選出されたのか、また、いつまで日本共産党の委員長として君臨するつもりなのか、調べてみてもまったくわからないのです。

ご自身が事実上の独裁者として20年も君臨なさっているわりに、安倍晋三氏がたかだか12年間(=3年×4期)、自民党の総裁を務めることが、なぜそこまで問題になるのでしょうか?

しかも、自民党の場合、あらかじめ党則で定められた国会議員票と地方票を得れば、総裁として選ばれます(昨年の自民党総裁選については、『【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する』『自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈』あたりもご参照ください)。

安倍晋三氏がずっと自民党の総裁を務めることに対し、さまざまな批判があることは事実でしょうし、また、仮に自民党が安倍氏の総裁としての4選を許すようなことがあれば、それこそ「長期政権だ」、「後継者難だ」、といった批判が生じてくるかもしれません。

しかし、自民党の場合は「どうやれば党総裁として選出されるか」という基準が明確ですし、もし「安倍晋三が総裁になることは許せない!」と思う自民党員がいれば、自身が国会議員になり、安倍晋三氏の対抗馬として国会議員20人の推薦を集め、自身が立候補すれば良いのです。

また、仮に安倍晋三氏が自民党総裁に4選されれば、安倍氏の自民党総裁としての任期は2024年までになりますが、このことは自動的に「安倍晋三氏が日本国の総理大臣として2024年まで務め上げる」という意味にはなりません。

日本国民が安倍政権について気に食わないと思えば、衆議院議員総選挙でそのような意思表明をすれば良いだけの話であり、私たち日本国民は票の力で安倍晋三氏を内閣総理大臣の地位から追放することが可能です。

これが民主主義というものです。

「ともに民主党」でいかがですか?

さて、改めての説明ですが、昨日の『さあ皆さん、一緒に既得権益をぶっ壊しましょう!』でも説明したとおり、民主主義の世界において、「議論すること」は非常に大事であり、いや、それどころか「議論しなければ民主主義は機能しない」のです。

さあ皆さん、一緒に既得権益をぶっ壊しましょう!

その議論のプラットフォームは、べつにどこかの広場や大学であっても構いませんし、新聞やテレビであっても構いませんが、せっかくテクノロジーが進歩したのですから、ウェブ空間で自由闊達に議論をするのが良いと思います。

当ウェブサイトでこれまでさんざん問題提起してきたとおり、新聞やテレビなどのオールドメディアは、自分たちの意見の押し付けが強すぎるためでしょうか、事実上、民主主義の基盤を担うべき役割を果たしていません。

また、自民党が100%素晴らしい政党であるとは思えませんし、戦後日本のさまざまな問題点、矛盾点の原因を作ってきたのが自民党であることは間違いないため、可能ならば自民党を政権与党の座から放逐することができるという「選択肢」を、私たち有権者が持ちたいところです。

しかし、自民党にさまざまな問題があることは事実ですが、だからといって立憲民主党や国民民主党に自民党を代替する資格があるとはとうてい思えません。

ちなみに立憲民主党と国民民主党が統一会派を形成するようですが、次の朝日新聞の記事によれば、統一会派の名称は「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」(!)で、文字の長さは19文字と現憲法下で最長になるのだとか。

野党統一会派の名称、過去最長19文字に 配慮重なり(2019年9月20日18時37分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

長い!

長すぎる!!

国民へのわかりやすさを重視するならば、もう少し短くすべきでしょう。そこで当ウェブサイトから「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」の皆さんに、ひとつ、提案がございます。統一会派名、とてもわかりやすくする方法があります。それは、

ともに民主党

です(※どこかの国の政党名とそっくりだといううわさもありますが、気にしないでください)。

ぜひ、前向きに検討してください。

(ちなみに「帰ってきた民主党」や「新党もりかけ」など、ほかにも「統一会派名」のアイデアなどがありましたら、読者コメント欄などに情報のご提供をお願い申し上げたいと思います。)

Follow me!

交通渋滞をなくす手っ取り早い解決策は憲法改正だ!” に対して76件のコメントがあります。

  1. ちかの より:

    「もともと民主党」ではいかが?

    どこもかしこも元をたどれば民主党w

    1. りょうちん より:

      「つ民主党」で充分かとw

  2. 匿名 より:

    どこかの国の真似して良いなら、「正しい民主党」も有りですね。

  3. ハゲ親爺🐧 より:

    新党売国
    新党売国奴
    新党二重国籍
    新党朝鮮人
    新党絶望
    新党大臣になりたい病
    新党精神病棟
    新党トラストアス(○の穴)
    新党腹案
    新党日本殲滅
    新党とりあえず共産党ではない
    新党ろうそく革命

    なんか、いっぱい出てくる。🐧

    1. ハゲ親爺🐧 より:

      新党二番ではダメなんですか
      新党政策はこれから考える
      新党日本経済焦土化
      新党エスピノナージ
      新党工作員
      新党不景気
      新党未開人
      新党総括しません
      新党特亜
      新党特亜の生活が第一

    2. ハゲ親爺🐧 より:

      電気屋さんへの返信で素晴らしい党名を思い付きました、是非とも野合連合に採用していただきたいと思います。🐧

      「インターネットから国民を守る党」

  4. 匿名 より:

    わが国も周りの国と同様に核武装すれば戦争は無くなります。核武装すればすべてが魔法のように解決します。

  5. 通りすがりのA より:

    再生民主党ではいかがでしょうか?(笑)

  6. 匿名 より:

    まさに「野(合)党」ですね。結局、手詰まりでまた野合ですが、野党は戦略を見誤っています。国民が何を見ているかと言えば、訴える政策の遂行能力の信頼だと思うのですが、やることと言えば与党、政府の粗探しで、じゃあどうするのかのメッセージがありません。
    本当にいつか政権を奪取したいのであれば、国民民主党あたりは何を言われようが、暫く閣外協力、連立を自民党として自身の政策を実現させて自力をつけていく必要があったと思います。
    国防、外交に関しては現実的に考えれば、近隣の北東アジアに同盟を組める国はなく、日米同盟もありますが益々自己防衛の必要性が問われてくると思いますし対立軸にはなりえないと思います(米国基地反対は結構ですが、そうであれば国防の自己負担がふえるということからそらさない)。内政に関しても大きな違いをアピールすると言うよりは、大事なことは政府案のプラスアルファが提案でき、いつでも代替できる、足り得るという安心感、信頼感を与えることですよ。

  7. 匿名希望 より:

    いつもありがとうございます。
    確か田中美知太郎さんが憲法制定の頃、それなら台風来るなと憲法に決めれば良い。と言うことを書いておられました。
    大昔からわかる人はわかっているのに、いつまでたっても平和ボケのまま、そしてそれに乗じられる一方というのも情けないことです。
    ところでいわゆる護憲勢力というのは、万万が一政権を取ったとしたら、憲法を守るとお考えでしょうか。

  8. ハゲ親爺🐧 より:

    憲法改正をして「国権の発動としとの警察権の行使を永遠に放棄」したら、朝鮮人が街を跳梁跋扈してしまいます。🐧

    その対応の為、国民はサブマシンガンと短銃身の連発式ショットガン及び軍用拳銃で他者から確認できる様に武装(銃は身体から離さず・何処できいたなぁ~)し、その扱いに修熟しなければなりません。🐧

    東京が東カブールに名称変更されてしまいます。🐧

    ちなみに、ただのチャチャです。🐧

    1. 老害 より:

      ハゲ親爺 さま

      >その対応の為、国民はサブマシンガンと短銃身の連発式ショットガン及び軍用拳銃で他者から確認できる様に武装(銃は身体から離さず・何処できいたなぁ~)し、その扱いに修熟しなければなりません。

      こういう世の中になったら、世の中のセクハラ・パワハラ上司は、命がいくつあっても足らなくなりますね。老害の私も、さっそく始末されそうです。

      ちなみに、ただのチャチャです。
      失礼しました。

  9. 理系初老 より:

    皆様おはようございます。「日本国憲法第9条の2(私案)」には感動いたしました。目からウロコでした。ただ、個人的には「人間による活動」に限定した方がより効果的と思いました。まじめですみません。

    追加妄言例:日本国民は、正義と秩序を基調とする核廃絶を誠実に希求し、国権の発動たる核エネルギーの研究開発と武器への転用は、永久にこれを放棄する。

    追加妄言例:日本国民は、正義と秩序を基調とする地球温暖化防止を誠実に希求し、国権の発動たる化石燃料および火薬の燃焼、ハロゲンを含む冷却剤と溶媒の使用、ならびにそれらの武器への転用は、永久にこれを放棄する。

    追加妄言例:日本国民は、正義と秩序を基調とする世界平和を誠実に希求し、国権の発動たる諸外国および国際組織に対する干渉、提言、反論、意見は、永久にこれを放棄する。

    新宿会計士様おっしゃるように、ともに民主党・朝日・毎日等には、なぜ憲法第9条があれば戦争がなくなるのか、説明がない!につきると思います。彼らは、「日本が平和だと世界は平和」と言うお花畑脳です。

    小泉ジュニアも今はお花畑脳ですが、地球環境問題の主敵は米国と中国だということに早く気付いて欲しいものです。日本国内の環境省と経産省がいつまでも敵同士では日本の未来は危ういです。

  10. 電気屋さん より:

    立国民主党
    憲民民主党
    九国民主党
    元祖民主党
    真・民主党
    合体民主党
    やっぱり民主党
    レッツゴー民主党
    ザ・民主党
    エクスストリーム民主党
    絶対民主党
    仲良し民主党

    民主党を外せば

    友愛党
    革命党
    国際平和党
    共立国民党
    自民党から国民を守る党
    後は・・・・疲れました。

    1. ハゲ親爺🐧 より:

      電気屋さん様
      インターネットから国民を守る党

    2. 匿名 より:

      帰ってきた民主党

  11. 愛読者 より:

    交通渋滞をなくす手っ取り早い解決策,という話しで思い出したのですが,それほど遠くない将来,ドロンーン技術を利用した空飛ぶ自動車が技術的には実用化でき,庶民でも手に届きそうな価格になると予想されるのですが,法整備とか,そろそろ真面目に考え始めるたほうがいいかも。過去の,自動車の発明,PC・インターネット・スマホの発明となどと並んで,社会を大きく転換しそうな予感があります。あとは,核融合発電がいつ実用化するか,でしょうか,理論的には100年以上前から可能だったのですが。経済的には,これらの特許権をどこが持つかで,国家の隆盛が変わります。MicrosoftやGoogleを見ればわかりますよね。

  12. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    ① 自家用車の登録ナンバー下1桁が偶数と、奇数+アルファベットの2グループに分け、土日祝3日間を交互に乗れる週とする。(実動車両数が単純に半分に減る)

    ② つまり、月の第1週は偶数、第2週は奇数+アルファベットという風に。3日間としたのは遠出を勘案した。レンタカーは不正が無いよう、警察署で世帯のうち1名のみの事前登録とし、奇数+アルファベットか偶数を決めておく。(該当車両無ければ他のレンタカーにあたる 笑)

    ③ 平日は午前5時〜10時のマイカー利用禁止。但し障害者用福祉車両、緊急車両、公共車両を除く。

    ④ マイカーでしか通勤、通学出来ない辺鄙な地域は、警察署にて申請し前後に特大ステッカー有料で交付(1年更新、不用になれば即返納)。

    ⑤ 以上の徹底により、無駄な渋滞時間、排気ガスの垂れ流しを低減させ、違反者には一発免許取り上げと罰金100万円未満又は禁錮2年を科す(再受験不可)。

    *買い物、通院、仕事先が不便な方には失礼な表現をお許しください。上記の私案は首都圏(7都県の都市部)、近畿圏(3府県の都市部)のみ対象です。公共交通機関を極力利用しましょう。

    ●「新党 清廉 潔白 清潔」
    ●「新党 とにかく議員で居たい連合」
    ●「アベガー連合」 (笑)。以上。

    1. めがねのおやじ より:

      訂正

      アルファベットナンバーは地域の隣、3桁でした。間違えてました、アルファベットは不用です。

    2. わたけん より:

      ナンバー規制は、メキシコシティなどで既にやっていますが、皆複数台所有しようとしますので、特にお金持ちには効果ありません。一台しか持てない低所得者が苦労するだけです。人間はやはり便利なものに流れますので、ドアツードアの車通勤の魅力は高いです。特に日本は雨が多いですから。減らすとすれば、ウーバーのような相乗りシステムでしょうか。でも直通でなくあちこち回るわけですから、せっかちで時間の無駄に耐えられない日本人には不向きでしょうねえ。

  13. 老害 より:

    >ご自身が事実上の独裁者として20年も君臨なさっているわりに、安倍晋三氏がたかだか12年間(=3年×4期)、自民党の総裁を務めることが、なぜそこまで問題になるのでしょうか?

    彼らお得意の、ダブルスタンダードですから。

  14. より:

    貴殿は安倍晋三首相の隠れ信者ではないのですか?
    少なくとも日本民族ではないですよね。
    一部の特権階級の朝鮮民族は実力がなくてもコネや人脈でいくらでも成り上がれますしね。
    これだと、会計士には条文を読み解く事が出来ないのかと、他の会計士の方々が誤解されてしまいます。

    1. ハゲ親爺🐧 より:

      どういう意味で言ってるの?🐧
      血統に関してはブログ主が既に明かしていますけど?🐧

      今更、血統を問題にしている貴方は朝鮮人モドキ?🐧

      同じ血統で日本の武家の教育を受けれなかったからひがんでいるの?🐧

      武門の教育なら国に帰れば(仮に日本人で能力と度胸があれば空挺団で)いくらでも受けられますよ(韓国軍が本当に軍隊ならね)。🐧

      1. より:

        日本にはなりすまし日本人がたくさんいますので、ご本人の言葉を鵜呑みにはできません。
        改憲を持ち出す時点で安倍政権の工作員だと疑われても仕方ないかと。

        工作活動ご苦労様です。
        これからもがんばってくださいね。

        1. ハゲ親爺🐧 より:

          あんたに工作員扱いされる謂れはない。🐧

        2. ハゲ親爺🐧 より:

          あんたに在日工作員扱いされる謂れはない。🐧

    2. なんちゃん より:

      浩さん

      >これだと、会計士には条文を読み解く事が出来ないのかと、他の会計士の方々が誤解されてしまいます。

      憲法9条の条文を解釈すれば、戦争がなくなる論理は明快だ、とおっしゃっているのだと思います。
      であれば、浩さんの条文の解釈を教えていただけませんか? 是非とも。

      私は単純に、戦力を放棄したり、交戦権を放棄すると戦争がなくなる理由がわかりません。
      戦争は相手のあることだからです。

      なので、そこが本当に知りたいです。

      1. より:

        不必要に改憲論を持ち出す時点で安倍政権の傀儡と思われても仕方ないと思います。

        今の日本国憲法は自衛権、すなわち戦力も交戦権も放棄していませんよ。
        ですから改憲の必要がないどころか、改憲するとアベノミクスで困窮した若者が戦争に駆り出される可能性が高くなります。
        下記をお読みください。
        https://lite-ra.com/2016/06/post-2354_4.html

        1. なんちゃん より:

          >憲法9条の条文を解釈すれば、戦争がなくなる論理は明快だ、とおっしゃっているのだと思います。

          この前提が違っていたということですか。これは失礼しました。
          残念ながら、急速に興味が失われました。

        2. 迷王星 より:

          浩さま、初めまして。

          >今の日本国憲法は自衛権、すなわち戦力も交戦権も放棄していませんよ。

          確かに現在の日本国憲法は自衛権は放棄していません。ですが、あの憲法第9条、特に第2項

          9条2項>前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

          が戦力と交戦権とを放棄していないと読むのは明らかに詭弁ですよ。何故ならば、放棄すべき戦力に関して「自衛権のためのを除き」という限定とか、放棄される交戦権に関して「自衛のためを除き」という限定が付いていませんからね。

          つまり、現憲法は我が国の自衛権は認めるが我が国の軍備・交戦権は一切認めていないのですから、憲法に正直に従う限り、他国からの武力による侵略で自衛権の発動が必要になったならば、国民めいめいが、包丁でもナイフでも竹槍でも鋤や鍬でも構いませんが、それを自分の手で持って自らが敵兵と戦うしか許されていません。

          そもそも他国から日本への武力による侵略、例えば共産チャイナが「琉球は歴史上我が冊封下にあったもので我が国の領土である」と南西諸島への武力侵攻が行われた場合、これは明らかに国際紛争ですよ。

          そして第1項で国際紛争を武力行使で解決することは永久に放棄すると宣言しているのですから、9条に従う限り、南西諸島に共産チャイナが武力侵攻してきても、自衛隊という武力の行使で解決するというのは永久に放棄すると明言しているのですから、第2項以前の問題です。

          そもそも世の中の戦争の大半は「自衛戦争」ですよ、少なくとも建前上は。

          「9条があっても、我が国の自衛権を発動するための軍事力の保持や交戦権の行使は許されている」などという読み方をするのは日本の法学者だけですよ。世界では全く通用しないし、あれとそっくり同じ構造を持つ他の文を作って大学入試に出せば、放棄する対象は制限されていない、という答えが正解になります。

          いい加減、世界はおろか、日本での高校の国語のテストや大学入試にすら耐えない珍妙な読み方をして9条を維持するのは止めるべきだ。

          あの9条と自衛隊とが同時に存在していることで、世界での日本人の信用をどれだけ損ねているか計り知れない。「個々の日本人は真面目で正直かも知れない、だが日本人全体は最も大事なところで嘘をつき続けている」とね。

          9条を素直に読めば、どのような目的であろうと軍事力の保持は一切許さないし、どのような理由でも日本が交戦権を行使することは許していない。自衛権は認めるが、自衛手段としては国民個々人が侵略者と手持ちの道具(もちろん敵兵を乗用車やトラックやバスで轢き殺すのはOK)で戦うしかない。これが9条を何の先入観もなく、あの日本語文を素直に読んだ場合の唯一の読み方です。

          浩さん、いい加減、9条護持のために日本語の論理に反した無理筋の読み方をするのは、それこそ永久に放棄すべきですよ。

    3. michi より:

      浩さま

      結果ありきで議論できないなんてこと、無いですよね?
      ブログ主様は過去記事でキチンと出自に関しても、政党に対するスタンスについても明言されていますよ?

      昨日の記事で、ブログ主様が書いておられます。

      >当ウェブサイトにおいて、コメントを自由にしている最大の理由は、「自由闊達な意見交換のプラットフォームにしたい」という目的意識にあります。
      >というよりも、そもそも、当ウェブサイトの開設目的自体、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」にあります。いわば、ものごとを考えるにあたって、「結論を決めてかかる」のではなく、与えられた材料を用いて思考するというプロセスそのものを楽しんでしまおう、という発想です。

      「浩」様と、キチンと名乗っていらっしゃるので、ただの匿名荒しコメントではないと思っております。
      どうぞ、議論に参加なさってください。

      >会計士には条文を読み解く事が出来ないのかと、他の会計士の方々が誤解されてしまいます。
      記事全体に流れている皮肉を理解されていますか?
      理解されたうえで、耐えられないということでしょうか?
      「知的好奇心を刺激する」ことがこのブログの趣旨であるとされています。
      皮肉を理解する程度の知的レベルはお持ちになってください。

      皆様、お目汚し、済みませんでした。

      1. より:

        出自に関しては確認していませんでした。そこはお詫び申し上げます。
        朝鮮系のハーフならこういう論調になるのもある程度は理解できます。

        ただ、知的好奇心という言葉を用いて改憲を推進しているかのように思われましたので、コメントした次第です。
        私の解釈は他の欄に書きましたのでここでは割愛します。

        1. 匿名 より:

          未だに「改憲で徴兵云々」言ってる方たちがいて大笑いさせていただいてます。
          多分こういう方たちの頭の中は、戦争と運動会の騎馬戦の違いがついてないのでしょうね。
          素人が混ざることが、一体どれほど邪魔になると思っているのか…

        2. ハゲ親爺🐧 より:

          私は空挺隊員でした、
          あの当時の私が身に付けていた戦技のレベルの高さ(職種及びMOSは話しませんがNATOの基準で精度・速度とも100%)は貴方には想像も出来ないでしょう。🐧
          徴兵に同じ事が可能と考えているのなら、一度そこらの自衛隊(まだ入隊可能なら)に入ってみたらいい。🐧
          どんな部隊にも一般人からかけ離れた隊員が転がってますよ。🐧

        3. りょうちん より:

          ハゲ親爺さまに質問です。

          >職種及びMOSは話しませんが

          自衛隊の場合、職種とMilitary Occupation Specialtiesの違いは、所属している部隊と技能がかけ離れていることも多いから別にするんでしょうか。

          あと元空挺って明言している時点で、職種はバラしているも同様ではないかと思ったら日本の空挺には、空挺特科なんてのまであるんですね・・・。
          前にも書きましたが、120mmを投下するのかと思っていて、変態だなあ(戦車を投下する米軍やソ連軍ほどではないが)と思っていました。ふつうにチヌークで吊して持って行くんですねw。

        4. ハゲ親爺🐧 より:

          例を挙げると所属部隊が判るので、軽く説明だけします。🐧
          基本降下・降下長・レンジャー・初級陸曹全部MOSです。🐧
          他には、各中隊に於いても全員が同じ特技区分にあるのではなく、別々の特技区分を持ち、其を持ち寄って各中隊が運営されてます。🐧
          普段の事務処理もそれぞれの特技所有者が専任で行っているのです。🐧

        5. ハゲ親爺🐧 より:

          りょうちん様
          世界中の空挺隊員は変態揃いだから、
          トラックも投下(PDS)しちゃいますよ。🐧

          120mm迫撃砲は多分トラックと同じ様にPDS、
          バラ荷で比較的軽い弾薬等はCDSという投下方法になります。🐧

        6. りょうちん より:

          ハゲ親爺さま

          解説ありがとうございます。
          MOSは階級のことなんですか、特技技能のことかと誤解していました。
          今は特殊作戦群なんぞができて、そんなことはないのかもしれませんが、レンジャー徽章持ちの需品科のエラい人とかがいるとか言う話を聞いてへえと思ったことがありました。

          120mmを変態と思ったのは、いやまだ戦車や装甲車、ついでにトラックは投下したところで無事に着地さえすれば自走するのに、120mm重迫撃砲は、屈強な空挺隊員が馬車馬のように牽引する姿が幻視されたからですw
          さすがにそんな馬鹿な運用はありませんよね。

        7. ハゲ親爺🐧 より:

          MOSは要するに資格です。🐧
          特技区分や階級に応じた資格が必要になります。🐧

          基本降下過程などは階級に一切関係ありません。🐧

        8. ハゲ親爺🐧 より:

          松戸自衛隊需品学校落下傘部部長のことでしょう。🐧
          後、今の編成は知りませんが落下傘整備中隊の隊員は需品科職種です。🐧

          120mm重迫撃砲は私が辞めた後の配備ですが、107mm重迫撃砲は台車に載せて特科大隊の隊員が引っ張ってました。🐧
          あの当時なら空挺団普通科群戦闘団として訓練・検閲を受けましたが、偉い人が変な戦例を見つけたら、真似しようとして我々したっぱはえらい目に合わされました。🐧
          「どうか、偉い人がホークランドのロイヤルマリーンが何かやったとか言い出さないでくれ」と思っていました。🐧

    4. 名無しのoさん より:

      各位

      以降この浩ってのはお触り禁止でスルー推奨。

  15. なんちゃん より:

    いつも民主党
    つねに民主党

    既出かもしれませんが。(笑)

  16. 心配性のおばさん より:

    どうされたのですか(笑)。今回の台風15号が関東に大きく被害を及ぼしており、Web主様の今回の論説は、1年近く読ませていただいている私には意図を攫むことができたと存じておりますが、浅い読み方をすると、被災者の方々のお気持ちを逆なでしてしまいます。
    Web主様のおっしゃりたいのは、「憲法9条があるので日本の平和が保証されるのであれば、憲法に自然災害を禁じるとすれば、自然災害は起こらないのか?」であり、
    「その保証があるので、自然災害に対する一切の手段を放棄する。」と、憲法9条の戦争を自然災害に、その放棄と戦力の不保持を、自然災害に対する対策の不保持に置き換えてみえますよね。
    ただ、先に申し上げたように、この事例を使うことはセンシティブであると思います。くれぐれも誤解を受けられないようご自重下さいませ。

    さて、お話を移して、日本共産党が安倍4選に強く反対しているとのこと。それは、すなわち、彼らの背後にいる(と申し上げてもよろしいかと存じます。)中露、半島国家がそれに強く反対している。ということです。安倍4選が彼らの言う”たわけたこと”かは、ともかく、彼らの背後にいる存在が、安倍4選を怖れているということです。

    ちなみに、気が小さい半島国家では、”ABE”と聞くだけで過剰反応を起こすほど、安倍晋三総理と安倍政権を怖れているようです。(だって、安倍政権は、あなたがたに対してまだ報復手段を講じておりません。まどろっかしく思えるほどです。)、彼らにとって存在するだけで、脅威になる存在となっているようです。安倍政権は。

    1. より:

      お名前が変わっているので誰に対するご意見かは分かりかねますが、これだと工作員だと思われてしまいますよ。
      一応お答えしますね。

      安倍政権は被災されている千葉県民や神奈川県民などを、意図的に放置して苦しめています。

      あれだけの大災害が収束には程遠い状況であるにも関わらず、無神経にサッカーのことで話題になっています。
      https://togetter.com/li/1406704

      1. ハゲ親爺🐧 より:

        浩様
        そろそろ、袋叩きにされている状況に気付いた方が良いですよ。🐧

      2. 私は全共闘世代の保守です より:

        私は全共闘世代の保守です。大学時代はほぼ1年間授業がありませんでした。
         時代の影響を強く受け、本多勝一オタク、小田実オタク、筑紫哲也オタクです(笑)。今も私の中で彼らから受けた影響は強く残っており、成し遂げた業績や作品、底流を流れるヒューマニズムは深く共感し尊敬しています。しかし同時に安倍さんの岩盤支持者でもあります。なぜなら彼らの唱える「平和」は憲法改定によってしか成し遂げられないからです。もちろんそれは最初の一歩ということです。
         そもそも独立した主権国家であることの1丁目1番地は自分の身(国)は自分(国民)で衛ることです。9条があるかぎり、永久に日本は米国の属国であり、地位協定の改定も横田空域の返還もあり得ません。安保条約は少なくとも条文上は対等であるべきです。それが独立国の国民としての矜持、覚悟なのではありませんか。
         時々思い出すのは、70年代半ば頃に流行った超能力ブームです。ユリゲラーが念力で壊れた時計を直したり、超能力少年が薄暗い場所で後ろ向きにスプーンを曲げたりしていました。少年の方はネタがばれて結局ブームは去りました。ちょうどその頃、新宿御苑前に模索舎という本屋さんがあって(今もあるか?)、新左翼系の印刷物を販売してました。手に取ったガリ版刷りの冊子の巻頭記事が超能力ブームを揶揄してました。「超能力でスプーンが曲げられるんだったら、超能力でミサイルの先っぽ曲げてみろ。鉄砲の先っぽ曲げてみろ」と。これを今の議論の適用すると、「平和憲法ビームで敵の軍艦撃沈してみろ。敵の戦闘機撃墜してみろ。」ってところでしょうか。
        左翼リベラルの人は理念(妄想)と現実の隔たり、あるいは脳内世界と現実世界の隔たりについて黙考してみてはいかがでしょうか。以上です。

      3. りょうちん より:

        コテハンも把握しないで、なりすましだとか言い出すのはイタタタタwww

      4. タナカ珈琲 より:

        あれだけの大災害が収束に…

        私は第2室戸台風の大阪市内の体験者です。
        私の家は2m水没しました。
        この時の台風は、室戸岬上陸時920?hp、阪神間上陸930?hpぐらいやったと記憶している。
        千葉付近hpナンボ。こんな中型台風でやられるん、千葉県の責任。
        4、5日水没でした。両親はおにぎり、卵焼き、沢庵、麦茶をたくさん準備していました。
        大阪市、国、自衛隊の救助は有りませんでした…、私のとこにはね…
        食べ物、水は国の救助を待つのでは無く、自分で準備するのもと思います。
        台風は地震と違って、来るのわかってる。
        あかんかったら、しゃあ無いやん。
        それも人生やん…、自分の思い通りに、行けはんのんが、人生やん。
        思い通りに行けへんのんが、人生やん…、
        誰も恨むかとあれへんで…。

        憲法9条2項…、大賛成…、ユーモア…、

  17. 老害 より:

    面白い憲法私案でした。

    戦時中の小学生たちは、日本が負けそうになったら、瀬戸内海の秘密基地から無数のゼロ戦が飛び立って国を救うという話を信じていたという話を読んだ記憶があります。(本当の話なのでしょうか?)
    恐らく、9条信者の皆さんも、これと同じ発想をされているのではありませんか。「日本が攻め込まれたら、9条の神様が現れて戦ってくださる」とね。

    ところで、可能なのであれば「交通渋滞の禁止」や「台風被害の禁止」を憲法に盛り込むことに賛成します。
    憲法化しても効果がないことが分かれば、改正せざるを得なくなりますよね?そうすれば、憲法改正に抵抗がなくなって、9条も簡単に改正できるようになりそうです。

  18. 新茶狼 より:

    おやおや、ウェブ主さんにしては緩いなぁ、と思ってたら妙な輩に喰い付かれてしまいましたね。

    ギャグ改憲論に安倍政権の工作員とか戦争に駆り出されるとか苦笑するしかありませんが、逆にこのサイトが注目されている証でもあり、むしろ喜ばしいことじゃないでしょうか。

    1. 阿野煮鱒 より:

      香ばしすぎて相手にする気にもなれませんが、日本には、まだまだこの手の議論の出来ない人間がいることを認識する意味ではよいサンプルですね。迷い込んできた珍獣を観察するような気持ちで眺めています。

      1. ハゲ親爺🐧 より:

        まさに珍獣ですね。🐧

  19. 匿名 より:

    「新党 ABE包囲網」
    「新党 先崖」

  20. 人生休憩中 より:

    なんで憲法で渋滞が解決できるのかと思ったらそういうことですか(笑)
    確かに9条があるだけで平和が訪れるのであればもっともっと他にも解決させたいものがありますものね!

    老化・老衰、サボり、死、不幸、病気、怪我、悪意、ガチャ、台風、飢饉、差別、格差、バカ、捏造新聞社、反社報道局、暴力、深夜の飯テロ、衝動買い、後悔、時間を無駄にする行為、騒音、故障、外傷…等々を禁止してしまいましょう!ほかにもあるかな?

    いやぁいい日本になりそうですネ(

    …本当に憲法ごときで無くなるのならこの世界に争いなんて無いのにね

    1. ハゲ親爺🐧 より:

      人生休息中様

      その憲法で保証して欲しいのは、「節度ある喫煙の自由」「節度ある飲酒の自由」です。🐧
      世間では非喫煙者にばかりおもねり、喫煙者の権利を制限し過ぎてます。🐧
      非喫煙者がタバコの無い世界に住みたいなら、先住の喫煙者に交わらなければ良いだけです。🐧
      タバコを吸っても身体強健な人はいます、タバコを吸わなくても身体軟弱な人もいます。🐧
      身体の弱い人の大多数は幼い頃よりの運動不足に起因するのですから、自らの体力不足を棚に上げて喫煙者の権利を制限するのはおかしいと思います。🐧
      因みに私は喫煙者であり、昔から世間一般の基準ではデブ(単に体重が平均より遥かに重いだけの筋肉質な体型)で喫煙者ですが、その状態で1500mを4分15秒で走りました。🐧
      一般より高いレベルの体力を要求される職業で喫煙の習慣は障害にはなりませんでした、経験からだけの話ですが喫煙の習慣と体力に何の因果関係も無いと考えています。🐧
      因みに、大酒飲みでもありました(最近はさほどの量は飲めませんが)。🐧

  21. だんな より:

    出遅れたら珍しく荒れてますね。
    憲法は、ただの日本のルールだから、影響しない外国から守ってくれる事は、有りません。
    昨日のニュースだと思いますが、20代の7割以上が、改憲に賛成と有りました。
    これからの日本は、若い人の方が長生きするんだから、若い人がルールに納得する事が、重要だと思います。
    彼らが、ルールを変えた方がいいと考えているんだから、改正の議論を避けている野党の支持率が下がるのは、当然でしょう。
    若い人に任せられない人は、自分の既得権に固執しているんじゃないですかね。今の若者は、現実を理解する事も出来ますし、コストパフォーマンスで選択する事も出来て、しっかりしています。
    しっかりしてるから、彼らの世代は、憲法で共産党を禁止するかもしれません(笑)。
    若い人に決めさせろと言っているのでは、有りません。
    憲法改正は、国民投票で決まりますので、決める機会を与えた方がいいという主張です。

  22. はぐれ鳥 より:

    常々私は、日本人の会話や議論にもっとユーモア(ダジャレ的でない知的なヤツ)があるべきと思っています。それが、意見が対立する相手にも、ある種の共感を抱かせ、その後の議論を円滑にすることができるからです。それは特に、外国人と会話や議論するときですかね。同じことをしゃべっても受け取られ方が全く違う感じがます。

    日本人の国際化と言うと、流ちょうな外国語を話せることが第一条件と思う人も多いですが、私は、言葉はブロークンでもこのユーモアのセンスさえあれば、国際社会での付き合いは心配ないとすら思っています。なので、このお題は、そんなユーモア精神に溢れており、素晴らしいと感じました。

    それにしても、今の日本国憲法第九条は、確かに、「冗談」と考える以外には理解不能ですね。日本人は、いつから、これ程のユーモアセンスを身に着けるようになったのでしょうか?(笑)

    1. だんな より:

      はぐれ鳥さま
      アメリカが決めた時に憲法9条は、アメリカンジョークのつもりだったんだが、日本人が真面目に守っているというのは、如何でしょうか。
      今は、それでアメリカが困っているとか。

      1. はぐれ鳥 より:

        だんな様

        ほんと、アメリカさんは軽いジョークの積りだったかも。悪い冗談ではありますが。でも彼らも、どうせ日本人たちは、我々占領軍がいなくなれば、すぐにでも改正するだろうと思っていたでしょう。普通だったら何処の国でもそうしますよ。ところがどっこい、日本でだけは、70年以上も経つのにまだ後生大事にしている。

        で、よくこの憲法を、アメリカの押しつけだから改正が必要と言う人がいますが、この論理は説得性が無いですよね。70年も過ぎれば、完全に日本人の責任ですから。他人のせいにばかりしていては、どっかの国の様に自分で何も解決できなくなってしまいます。

        いずれ、何故、日本では、こんなにも理屈に合わないものが、長期にわたり堂々と通用するのか、よくよく、考えねばならないですね。

        1. だんな より:

          はぐれ鳥さま
          朝鮮戦争の頃にアメリカが、日本に再軍備をしろと言って来たのを、日本が安全保障に金を掛けたく無いので、ワザと残したという話を聞いた事があります(真偽は分からない)。
          まあ、憲法改正を自由に議論出来ないようでは、日本の戦後が終わったとは、言えない気がしますね。
          憲法改正のルールは、憲法に定められていますのでね。そうか、気が付きませんでしたが、改憲阻止勢力は、日本を戦後のままにしておきたいんですね。
          まあ、若い世代の改憲意識が高いのが、救いだと思います。

        2. りょうちん より:

          この記事が面白いですよ。
          https://japan-indepth.jp/?p=45609

          日本国憲法がいかにテキトーに作られたかw
          神はこの世界を1週間で作られたそうですが、日本国憲法もだいたい1週間で作ったそうです。
          しかも骨子は、マッカーサーが便箋一枚に書いたものとかw

          https://www.ndl.go.jp/constitution/shiryo/03/072shoshi.html

          ていうかタイプしてあるので、直筆はおろか口述したのをタイピストが清書したのでしょう。

        3. ハゲ親爺🐧 より:

          だんな様
          吉田茂総理大臣が朝鮮戦争参戦を避け、戦後復興を優先させる為、日本には憲法9条があると頑張ったそうです。🐧

    2. タナカ珈琲 より:

      はぐれ鳥様
      独断と偏見です。キッパリ
      上から目線の反論は受け付けません。キッパリ

      ユーモア、必要ですよね。
      バトルブリテンの時のイングランド人…
      チャーチル以外の、イングランド人カッコいいですね〜
      困った時のユーモア、必要ですよね。

      新宿さん…、もしかして、大阪人⁇…。
      こんな憲法9条思い付くの、大阪人のセンス…デス。

      1. 匿名 より:

        タナカ珈琲様
        フリデリック・ホーサイスの「鷲は舞い降りた」のラストシーン、ドイツ国防軍クルト・シャタイナー中佐とチャーチルの影武者のやり取りはカッコ良すぎます。🐧(二人とも)

        1. ハゲ親爺🐧 より:

          ハゲ親爺🐧でした

  23. 名無し より:

    憲法9条が有れば戦争にならないと思ってるサヨクも
    9条を変えれば真っ当な国防が出来ると思ってる呆守も
    根っこ「憲法は魔法」だと思ってる同族なんだよね。

    1. 老害 より:

      名無し さま

      名無しさんが考えられる「真っ当な国防」とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか?
      参考のために、ご披露いただけると幸いです。

    2. はぐれ鳥 より:

      名無し 様

      鋭いご指摘だと思います。

      ある人に言わせれば、日本人の深層心理にある「コトダマ(言霊)」信仰ですかね。
      私は、イマイチ信じられない気もしてますが。

    3. りょうちん より:

      上でも書きましたが、憲法九条は、自分が資産を持っていたフィリピンを日本に占領されたマッカーサーのなかば私怨で作られました。
      その指示がキチガイじみていると考えた部下連中がいろいろと工夫して、解釈で誤魔化せるような仕込みをしたのが実情だそうです。

      それなのに、当のマッカーサー自身が、朝鮮戦争で、日本の軍事国家化は必然であったと理解してテノヒラクルーして日本の再軍備を指示しています。
      逆に老獪な吉田茂は、えー、憲法九条あるしぃ・・・と軍事費をケチって民生に予算を使う政策を続けました。
      そのおかげで高度成長期があったわけですがw

      はっきり言って憲法九条なんて、たいした思想だとかあったもんじゃない実にテキトーな代物だったんですよ。
      逆に人権関係は、かなり草案を作った人たちの思い入れがこもった「理想の憲法」という性格。

  24. 名無しで失礼します より:

    憲法の中身の議論は他に譲りますが、
    まずは「占領下日本国憲法」と訂正すべきだと思います。
    なぜ改憲が必要か、一目でわかるでしょ?

  25. epicurian より:

    雑論失礼します。

    皆様の議論を読んでいて、死亡を禁止したフランスの例を思い出しました。

    https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-30683520080306

    また、既出かもしれませんし、投稿時点では全文読めますなのですが、
    橋爪大三郎氏の論考はとても整然としていて参考になります。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66656?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related

    昔、各地方議会で採択された"平和都市宣言"の意味を問うなんて論考があったように記憶していますが、
    一方的宣言にどれ程の効果があるのか。

    ホルムズ海峡は我が国のライフラインといって差し支えないでしょう、そこの通行の安全を守る作業に参加できないようでは、独立国であることを放棄していると看做されても仕方が無いように感じます。

  26. すまないさん より:

    記事更新ありがとうございます。

    ユーモアのある新党…
    ・市民党
    ・市民を守る党
    ・市民民主党
    ・新民主党
    ・真民主党
    ・正しい民主党
    ・自民をぶっ壊す党
    ・新党 口だけ
    ・Re: 民主党
    ・既得権益を守る党
    ・二階堂 (思い付きです)
    ・大和党
    ・平和堂 (ローカルネタ)
    この辺にしときます (笑

    台風に関しては、過剰反応な気もしますが取り上げるのも微妙なところ…
    個人的には、普段通らないルートだったから認識が甘かったのかな…って思いました。
    既存施設の防災意識、近年の強力な台風、被害を受ける想定をした防災など
    今後の対策に活かし、準備して頂ければと思います。

    道路:渋滞なので、今後は空・海等走れる所を増やせば解消するんじゃないでしょうか!?
    全車両(車・バイク他)取外し不可のブラックボックスを積んで、危険運転も対策すれば良いかとw
    駄文にて失礼します。

  27. りょうちん より:

    >107mm重迫撃砲は台車に載せて特科大隊の隊員が引っ張ってました。🐧

    想像通りの運用で失礼ながら、爆笑しましたw。

    フォークランド戦争は、実に、英国面にあふれた悲惨な戦争であったようですね。
    パラケット作戦での偵察上陸で寒すぎて逃げ帰ってきたとか、まさかのM2を使った長距離狙撃でほぼ一方的にボコられるとか(このせいで対物狙撃ライフルが開発された)とか、まともな補給が行われず、天下のロイヤルマリーンが泥水飲んで下痢便ダレ流し状態で戦闘していたとか(日本のインパール笑えないじゃん)。

    対馬から某国に侵攻を受けると、似たような戦闘が起きそうですね。
    まあ制海権・航空優勢の確保までは苦労しないのでしょうが、1万人の住人を人質とした陸戦は悲惨なものになりそうです。

    1. りょうちん より:

      おっと、これはハゲ親爺さまへのレスでした。

      1. ハゲ親爺🐧 より:

        りょうちん様
        後、特科の知り合いが107mm重迫撃砲の砲身(約80kg )を担いで森の中を運んだそうです(ベトナムでそういう戦例があったそうです)。🐧
        彼はホークランドでロイヤルマリーンが105mm榴弾砲(自衛隊のは大東亜戦争中の米軍のお古、重さがぜんぜん違う)を人力で押して行った戦例を知っていたので同じ事をやらされるかも知れないとビビってました。🐧

  28. ハゲ親爺🐧 より:

    ハゲ親爺🐧でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。