【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する

本日の速報です。本日午後2時過ぎに自民党総裁選の開票が終了し、安倍晋三内閣総理大臣が自由民主党総裁に3選されました。トータルでは553票対253票という安倍総理の圧勝に終わりましたが、得票は議員票が329票対73票であるのに対し、地方票は224票対181票であり、石破氏が猛烈に追い上げた格好です。本日は、この記事に随時、追記を加えていく形を取りたいと思います。

安倍総理、自民党総裁に3選

本日の自民党総裁選で安倍晋三・内閣総理大臣が自民党総裁に3選されました。

  • 議員票 329票対73票
  • 地方票 224票対181票
  • 合計票 553票対253票

安倍総理が国会議員票の81%、地方票の55%を制し、最終的には553票対253票という「圧勝」に終わりました。

なお、所見があれば、今後、この記事に「追記」という形で記載を追加していきたいと思います。

追記欄

15:00 追記

今回の総裁選では、安倍総理は国会議員票の8割を制した格好ですが、その反面、地方票では石破氏が4割を超える45%という票を得ています。このことについては重く見るべきでしょう。

ただ、総裁選における選挙活動を通じて、果たして石破氏主張に、そこまで支持されるべき要素があったのかと尋ねられれば、私としては大いに疑問を感じます。いや、もう少し正確に申し上げれば、石破氏のどこに支持できる要素があったというのでしょうか?

いずれにせよ、見た目は553対253という安倍総理の「圧勝」ですが、喜んでばかりもいられなそうです。

15:10 追記

今回の総裁選勝利を受けて、安倍総理側はさっそく、10月1日に内閣改造と党役員人事を決め、秋の臨時国会に備えるようです。

【自民党総裁選】/安倍晋三首相が連続3選果たす 10月1日に内閣改造・党役員人事(

ただ、石破氏が意外と健闘したためでしょうか、おそらく、安倍総理としても石破氏を無碍に扱うことは得策ではないことは間違いなさそうです。

石破氏に閣僚ポストを準備すること難しいと思いますが、それでも、石破派に対しても何らかの処遇をしなければならないのだとすると、安倍総理としても悩まし所といえるかもしれません。

さて、石破氏が安倍氏を大きく追い上げた理由については、現時点ではあまり軽々しく申し上げるべきではありません。ただ、敢えて私自身の主観的な感想を申し上げるならば、やはり「マスコミ虚報」という要素が強かったのではないでしょうか?

また、石破氏と同様に「テレビ受け」を狙った政治家と言えば、何といっても小泉進次郎氏だと思いますが、小泉氏は本日に入り、石破氏に1票を投じたと明らかにしたそうです。言葉は悪いのですが、石破氏にも小泉氏にも、ポピュリスト政治家としての片鱗が見え隠れする気がするのは、私だけではないでしょう。

ただ、この件も含め、安倍総理は本格的に、「マスコミ」と対峙しなければならなくなったといえるかもしれません。

これについては、近いうちに取りまとめ、早ければ明日にでも論考として提示したいと思います。

読者コメント一覧

  1. a4 より:

    成る程
    早いね!助かります。

  2. ふなP より:

    旧メディアの影響を受けまくったということですね、地方票

    ここのサイトでいろんな偏向報道があったことを知りました…シェア
    http://www.ops.dti.ne.jp/~makinoh2/

  3. チョコミント より:

    志位委員長が今回の総裁選の結果を受けて、民主主義を取り戻すと発言したそうですが..
    共産主義の志位さんが考える民主主義とはなんぞやと(^o^;)
    もうめちゃくちゃですね。

  4. めがねのおやじ より:

    < 更新ありがとうございます。

    < 総裁選は安倍氏553票 石破氏254票。大差のダブルスコアでしたね。安倍首相は勝利後も、えらく低姿勢のようですが、やはり党に亀裂が入るのは、心配でしょう。負けたとはいえ石破氏あるいは同派閥から閣僚を迎えねばならない。内閣府特命大臣(地方創生規制改革担当)なんて手頃だし、いいんではないの?

    < 地方票で石破氏が安倍氏を上回ったのが10県。山形、茨城、群馬、富山、三重、島根、鳥取、徳島、高知、宮崎。ここらでは石破氏の幹部らが地盤で、石破一色だったんでしょう。でも、大県が無い。島根+鳥取とか徳島+高知とか前選挙で、合区された県です。逆に安倍首相は東京、大阪、福岡、神奈川、和歌山でかなり大きく票を取ったそうです(誰の地盤か分かりやすい 笑)。

    < 麻生副総理兼財務大臣、菅官房長官は留任らしいですが、河野外務大臣、小野寺防衛大臣、上川法務大臣、世耕経済大臣も残して欲しいです。野田総務大臣は閣僚名簿から居なくなれ(笑)。アンタは邪魔だ。

    < こうなると、是非とも『改憲』に集中して欲しいんですが、何となく今のムード、改憲世論が後退しているように感じます。北朝鮮の動きが読みにくい為であり、昨年前半のように弾道ミサイルをバンバン打っていた頃の方が、世論を導きやすかった。途中でコケるぐらいなら、放送法の改正、財務省の解体、消費税10%の棚上げをやって欲しいです。

     

  5. おぱよぱよ より:

    前回の総裁選では党員票での取得割合からして追い上げたというよりも逆にもぎ取られただけじゃないでしょうか?
    何故か200票を超えた!トリプルスコアじゃない!だから決定的敗北では無い!と精神的勝利方を実践している方々もその事実を頑なに無視されていますが。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。