昨日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、ソウル大学国際大学院の朴喆熙(ぼく・てつき)教授による、なかなか鋭い論考が掲載されています。ごく簡単にいえば、日韓関係が破綻すると韓国にとっては平和と繁栄が損なわれかねない一方、日本は韓国なしでやっていけるよう、粛々と準備を進めている、という主張です。とくに、「政権が変わるたびに約束がひっくり返される韓国よりも、独裁国家である北朝鮮の方が話になる(かもしれない)」という指摘は、現在の韓国がいかに国際社会の信頼を失った状態にあるかという意味で、非常に重要です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/05/11 15:50 追記

「海辺の仕事場」様からのコメントを受けて、記載を一部修正しています。

  • (修正前)「米国は日本の最大の貿易相手国でもあります」
  • (修正後)「米国は日本の最大の輸出相手国でもあります(※)」

また、(※)として、情報源を付記しています。

「海辺の仕事場」様、貴重なご指摘を賜り、大変ありがとうございました。

価値と利益の関係

国益は常に2つ:平和と繁栄

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では常に申し上げていることですが、古今東西あらゆる国において、「国益」とは、究極的にはたった2つしかありません。

それは、「平和」と「繁栄」です。

「平和」とは外国から攻め込まれないこと、「繁栄」とは国民が豊かな暮らしを送っていくことができることであり、これをもう少し専門的な言葉で「軍事的安全保障」、「経済的利益」、などと呼ぶこともあります。

逆に言えば、この「平和」「繁栄」という2つの目標を達成することができなければ、いずれ、政府は倒れてしまいます。

経済が崩壊状態にある南米・ベネズエラの場合、先日、独裁政権の打倒を目指したクーデターが発生したものの、結局は失敗に終わったようですが、ハイパーインフレや外国からの経済制裁を放置している限り、マドゥーロ政権が崩壊するのも時間の問題でしょう。

また、地政学的に大国・ロシアと接しているにも関わらず、ソ連崩壊以降、積極的に軍備を整えてこなかったがために、領土であるクリミア半島やセバストポリ市を奪われたウクライナのような事例もあります。

つまり、国の基本は経済と軍事であり、これは古今東西、絶対に変わらない鉄則なのです。

その意味で、軍備を禁じるだけでなく、戦争そのものを議論することを封殺するようなわが国の日本国憲法下における社会的風潮は、いかにも異常です。

余談ですが、日本国憲法の異常性については、つい先日、『憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた』のなかでも取り上げていますので、ご興味があればご参照ください。

憲法記念日に「脱税の放棄」について考えてみた

(※ちなみに常勤リンク先の記事は某大手オピニオンサイトにも転載され、ご好評をいただいたようです。)

外交関係にも管理が必要

ところで、むかし、「争いのない世界を想像してごらん」「いつの日にか全世界が1つになるといいな」と歌った某著名バンドがいましたが、「世界平和」は誰しも夢見るものではないでしょうか?(そういえば、わが国にも「世界全部がお友達」という、一種の「お花畑」的な思想を持った首相がいましたね。)

実際、地球上に存在するすべての国と、「対等な主権国家同士、手を取り合い、ともに未来に向けて発展して行ける」という関係を構築するのが理想的ですし、すべての国がお互いに不可侵条約を結び、それをすべての国が守るのなら、この地球上から戦争がなくなるにちがいありません。

ただ、非常に残念なことに、そうした考えは単なる理想論に過ぎません。

現実には、条約を結んだくらいで戦争はなくなりませんし、また、戦争まで至らなくても、世界では異なる国同士の国益が、常にぶつかり合っています。よって、世界の国々はうまく戦争を避けつつ、お互いに国益を譲り合いながら、うまく付き合っていかなければなりません。これこそが、外交の本当の意味です。

外交とは:戦争を避けながら他国とぶつかる国益をうまく調整すること

そのためには、とくに利害がぶつかり合う国や、戦略的利益を共有する国については、普段から相手国と意思を疎通し、「相手が何を考えているか」を常に把握しておく必要があるのです。

しかし、人間関係でもそうですが、相手と心の底から分かり合うためには、ある程度は基本的な価値観を共有していなければなりませんし、基本的な価値観を共有していない相手とは、「それなりに警戒したお付き合い」が必要です。

日本の場合だと「自由主義、民主主義、平和主義、法治主義、人権尊重」などの価値観を大切にしていますし、また、悠久の歴史を有する皇室を戴いているという事情もあるため、中国共産党による軍事独裁国家である中華人民共和国とは、どうしても基本的なところで相容れません。

これに対して米国の場合は自由主義、民主主義、法治主義などの点で日本と基本的な価値観を共有していますし、英国の場合はこうした価値観に加え、国王(女王)を戴いている立憲君主国という点において、日本とはさらに深く価値を共有しています。

ただ、いくら価値観を共有していたとしても、相手国と仲良くするためには、前提として、その国と付き合うことで何らかの利益がなければ、関係は深まりません。

日本の場合だと、世界最大の経済大国でもある米国とは産業面、金融面でもつながりが非常に深く、実際、米国は日本の最大の貿易輸出相手国でもあります(※)。また、日中はさまざまな面で問題を抱えているものの、貿易・投資という点では非常に密接な関係を持っています。

(※2019/05/11 15:50追記)

情報源は総務省統計局『世界の統計2019』図表9-6で、2017年における日本の輸出総額698,097百万ドルのうち、米国向けは135,060百万ドルで第1位、中国向けは132,786百万ドルで第2位です。ただし、輸入総額(671,474百万ドル)のうち中国は164,479百万ドルで第1位であり、輸出入を合計すると中国が最大の貿易相手国であるため、「米国は日本の最大の貿易相手国」の文章は誤りであり、これを「米国は日本の最大の輸出相手国」に修正したいと思います。

特別な関係、普通の関係

このように考えていけば、普段から当ウェブサイトで申し上げているとおり、ありとあらゆる国同士の関係は、基本的には

  • 基本的価値を共有するかどうか
  • 戦略的利益を共有するかどうか

という2つの軸で判断するのが良いと思います。

これをわかりやすく図示すると、次の4つの象限に分解できます。

図表 価値と利益の関係
 基本的価値を共有している基本的価値を共有していない
戦略的利益を共有している①基本的価値と戦略的利益を共有する相手国②戦略的利益を共有しているが、基本的価値は共有していない相手国
戦略的利益を共有していない③基本的価値を共有しているが、戦略的利益は共有していない相手国④基本的価値、戦略的利益をいずれも共有しない相手国

(【出所】著者作成)

このなかで、最優先で仲良くしなければならない国とは、①でしょう。

基本的には①の相手国とは、首脳会談でも実務者協議でも虚心坦懐に話をすることができますし、また、当然の信義則として、相手国を試すようなことをしてはなりません。

また、③の相手国の場合、戦略的利益を共有していないものの、基本的価値については共有しているため、そのような国とは、そこそこの友好関係を維持していれば良いと思います。

一方で、扱いが難しいのは、②の国でしょう。

人間関係でいえば「ウマは合わないけれども利害関係があるため、最大限気を遣わなければならない相手」だと考えればわかりやすいでしょうか。また、外見上はとうまく行っていたとしても、相手は常に自国を出し抜こうとして来る可能性もあるため、常に最大限の警戒が必要な相手でもあります。

そして、この4分類の中でいちばん距離を置くべきは④です。

そもそも論として相手国とは基本的価値を共有していないため、分かり合える相手でもありませんし、また、戦略的利益を共有していないため、仲良くしなくても特段困らない、という事情もあるからです。

その意味で、わが国が国益を最大化するためには、全世界を基本的にはこの4つの象限に色分けし、限られた外交リソースは色分けに応じて配分にすることが必要ですし、日本企業が世界でビジネスを行う際にも同じような点に注意しなければなりません。

用日派になぜ警戒が必要なのか

さて、どうしてこんな話を唐突に申し上げたのかといえば、ここ3ヵ月ほどでしょうか、私たちの隣国・韓国で、「用日派」ともいうべき勢力による、まことにご都合主義的な考え方がやたらと目につくからです。

簡単にいえば、「歴史問題では日本を糾弾しつつ、韓国の国益にかかわる部分では日本と協力すべきだ」とするもので、これを「ツートラック」と呼ぶこともあります。端的にいえば、「うまく日本を騙して都合よく利用してやろう」、という考え方でしょう。

こうした主張は、とくに「保守系」を自称する韓国メディアに多く見られます。そして、それらのメディアのなかでも、日本語版ウェブサイトを持っている東亜日報、中央日報、朝鮮日報(いわゆる「東中朝」)を眺めていると、数日に1回以上は、まさに判で押したような「用日論」が掲載されているのです。

これが酷くなったのは、年が明けてからしばらくのことで、当ウェブサイトでも『中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び』で触れたとおり、今年の2月に中央日報に掲載された『最悪の韓日関係、慰安婦・強制徴用ビッグディールで突破を』という記事がその典型例です。

中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び

中央日報は当時、日韓関係が悪化した理由が、あたかも日韓双方にあるかのような主張を繰り広げたうえで、

最悪の状況になった韓日関係を打開するためには、韓日双方が譲歩し、慰安婦問題や徴用工問題の解決、韓日通貨スワップの再開などで合意すべきだ」(※下線部は引用者による加工)

という、かなり意味不明な主張をしていました。

当時、「なぜ日本が韓国ごときのために、貴重な外貨準備などを使って通貨スワップ協定を締結してやらなければならないのか?」、という点もさることながら、「あれだけ日本に対して酷いことをしておきながら、平然とそれを要求するとは、いったいどういう神経なのか?」という疑問を抱いたものです。

ただ、こうした「韓日関係悪化の原因は韓日双方に原因がある」、「韓日関係を改善するためには、韓日双方が自制し、譲歩することが必要だ」といった主張は、最近になって、「東中朝」を中心とする韓国メディアから頻繁に提起されているのです。

それに気付いた韓国人学者

長文の論考に現れる危機感

これらの「東中朝」の主張は、あまりにも判で押したようにそっくりで、その圧倒的多数は日韓関係が悪化している原因を正面から直視しようとせず、「韓日双方に原因がある」だの、「韓日関係が悪化したら韓日双方が困る」だのと主張して逃げる、という代物であり、最近だと読み飽きてしまいました。

ただし、なかにはときどき、自分たちの国がいかに危うい状況に置かれているかという点に気付く人がいないわけではありません。そんなコラムが、中央日報に昨日掲載された、次の記事です。

【コラム】反日は北朝鮮ばかり得させ韓国の得にはならない(1)(2019年05月10日15時40分付 中央日報日本語版より)

執筆者を眺めると、「朴チョル煕(パク・チョルヒ)/ソウル大学国際大学院教授」とあります。

気になって調べてみると、この朴喆熙(ぼく・てつき)なる人物は、4月15日に韓国・ソウルで開かれた「韓日関係診断専門家緊急座談会」に出ていた人物でもあります(『「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。』参照)。

「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。

正直、この手の「用日派」の主張にはまともに取り上げる価値がないものもたくさんありますが、今回のコラムについては、少しくらいは読む価値があります(といっても、合計文字数が3000文字を超えていて、しかも、論旨不明確な箇所もあるため、読むのは平易ではありませんが…)。

朴喆熙氏「日本は韓国の国益に資する」

最初にお断りしておきますが、この朴喆熙氏の文章も、「日韓関係を破壊しかねない材料は一方的に韓国側からもたらされている」という点を、積極的に指摘しているわけではありません。

その意味で、議論としては片手落ちですが、それでもあえて読む価値があるとすれば、朴氏は「日本は韓国の平和と繁栄の安全弁だ」と指摘している点でしょう。

冒頭でも指摘しましたが、「平和と繁栄」とは、「古今東西共通している2つの国益」のことです。そのうえで、朴氏は韓国の現政権が日本に対し、「あたかも敵対的な国家であるか」のごとく振る舞い、その結果、日本を遠ざけて北朝鮮の利益になっていると指摘するのです。

該当する下りは、次のとおりです。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は4日、短距離弾道ミサイル発射後に「強力な力によってのみ平和と安全が保障される」と述べた(が、これは)むしろ韓国に適した発言だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足以来韓半島の平和構築に注力しているが、強固な安保と力は韓半島の平和を維持する根幹だ

そのうえで朴氏は、朝鮮半島有事の際に、韓国軍、米韓連合司令部、在韓・在日米軍の連携を支える国連司令部、そして、日本にある7ヵ所の国連司令部後方基地にある安保資源は、「日本の自衛隊の支援があって初めて円滑な利用が可能」であり、日本こそが「韓国防衛の安全弁」と述べるのです。

そのうえで朴氏は、北朝鮮の戦略が

韓国安保を解体するために国連司令部-連合司令部-在韓米軍司令部の順に力を弱めること

にあると指摘しているのです(※余談ですが、「韓国という国家の解体は北朝鮮の一貫した戦略だ」と日本の在野の論者などがかなり以前から指摘して来た点であり、私などからすれば、「何を今さら」という気がします)。

そのままでは、北は絶対に核放棄に応じない

要するに、北朝鮮の戦略とは、安保面から韓国を日米から分断することにある、という指摘です。

そして、朴氏は北朝鮮が「日米韓の分断」と並行して、「核兵器を小型化し、ミサイルに搭載すれば北朝鮮を威嚇する攻勢的手段を防げる」という発想に基づき、1990年代以降、核開発と並行してミサイル開発を続けて来たと述べています。

そのうえで、朴氏は次のように続けます。

北朝鮮は核を放棄する意志は持たず各種条件を掲げつつ韓国安保を弱化させる試みを繰り返している。現在の自分たちの経済的生存のために制裁緩和に注力しているが、経済的余力が出てくれば韓半島の平和という名分で停戦宣言を誘導し、国連司令部の解体を試みた後、韓米同盟の絆を弱める方法で平和協定を結ぼうとする公算が大きい

この朴氏の認識は、おおむね正しいと思います。

というよりも、文在寅(ぶん・ざいいん)政権の現在の行動は、北朝鮮の代理人として日本との関係を損ね、韓国の国内経済を破壊し、最終的には米韓同盟を破綻に追い込もうとしているようにしか見えないからです。

要するに、文在寅政権下の韓国の行動は、日韓関係を破綻直前に追い込むことで日本との軍事協力を停滞させ、そこから米韓同盟を解体させる、という点で一貫しているのです。

(※余談ですが、朴氏がこのような認識を持っているのなら、なおさら、韓国政府が現在行っている、日韓関係を破壊するような動きを正面から批判すべきですが、それができないのは、迂闊にそれを主張すると、彼自身が韓国国内で袋叩きに遭うからなのかもしれません。)

そして、朴氏は韓国の反日が情緒的・感性的なものであり、いまや、それが完全に北朝鮮によって日韓離間のために利用されてしまっている、と指摘。「韓日を仲違いさせ安保協力の輪を断ち切」ることで、

  • 朝鮮民族の精気を高める
  • 日韓の摩擦を高める
  • 親日・反日のせめぎあいで韓国社会内部の葛藤を促す

という、「一石三鳥」の効果があると述べているのです。

このあたりの主張は、米戦略国際問題研究所(CSIS)の上級アドバイザーであるエドワード・N・ルトワック氏が執筆し、奥山真司氏が監訳した『自滅する中国』のP234に出てくる、

自国に対して最大限の脅威をもたらす国である北朝鮮に立ち向かおうとせず、自国に対してまったく脅威をもたらさない国である日本を最大限、苛立たせようとする

という表現ともよく似ています。

北朝鮮や中国の方が「話が通じる」

ただ、北朝鮮による日韓離間は、韓国にとっては悪いことかもしれませんが、日本にとっては必ずしも悪いことではありません。なぜなら、政権が変わるたびに約束がひっくり返される韓国よりも、強権国家である北朝鮮のほうが、政治的な安定性が高いからです。

こうしたなか、朴氏はこんなことを述べます。

最近日本は市民社会と協調し、過去の問題を持続的に提起する韓国より独裁者である北朝鮮の金正恩委員長と交渉し、安倍首相の関心事である拉致問題を適正水準で解決し、大まかな戦後処理を試みるため日朝関係の改善を推進している。統制不可能な韓国より統制可能な北朝鮮の方が交渉に有利だと判断したのではないだろうか。(※下線部は引用者による加工)

なかなか鋭い指摘です。

たしかに、北朝鮮はどうしようもない犯罪国家ですが、それと同時に、金正恩(きん・しょうおん)がガッチリと統制している独裁国家でもあるため、少なくとも金正恩に話を通せば、あとになってひっくり返されることがない、という期待を、日本政府としても持っているのかもしれません。

もちろん、北朝鮮だって「独裁国家だ」といわれても、人民が命を賭けて一斉に反乱すれば、金正恩体制が崩壊してしまう可能性もゼロではありません。しかし、少なくとも前政権との約束が簡単に反故にされる韓国と比べれば、北朝鮮の方がマシだ、という判断も成り立ちます。

これと同じく、日中関係の改善も、韓国にとっては間接的な「打撃」となり得ます。

実際、日本は韓国を除くさまざまな国との関係を改善しつつあり、とくに長年対立関係にあった中国との和解が進行。昨年10月には安倍晋三総理大臣が訪中して習近平(しゅう・きんぺい)国家主席と首脳会談を行っています。

これについて朴氏は、

日本が韓日の経済協力を日中経済協力に切り替えれば、韓国経済に対し間接的な打撃を加えるおそれがある

と述べているのですが、この点についてはすでに部分的には実現しつつあるのではないでしょうか?

日米のインド太平洋戦略に「韓国」はない

実際、現在の「安倍外交」に、韓国の存在感はほとんどなくなりつつあります。

日中関係が改善されていることは事実ですが、だからといって日本は中国にかまけて米国との関係をおろそかにしているわけではありません。いや、むしろ日米との関係こそ、かつてないほど緊密になっており、米国もそんな日本を心強く感じ始めているからです。

こうしたなかで、韓国が米国から離間し始めていけば、韓国は米国から見ても、日本から見ても、相対的な地位は下がる一方です。

これについて、朴氏は次のように指摘します。

中国が急浮上したことで米国は以前より相対的に力が弱まり、国際秩序の番人の役割が疎かになっている。米国が自由主義的国際秩序を守って行くためには「意志を同じくする国家」の国際連帯が必要になった。日米が共同推進する「自由で開かれたインド・太平洋戦略」は自由主義的国際秩序を共に維持しようとする戦略的布石だ。韓国がどの程度の意志でそこに参加するかが日米の味方なのか中国の味方なのかを測る尺度になるだろう

韓国がどの程度、「自由で開かれたインド・太平洋戦略」に参加するか。

その答えはもうすでに出ています。

いや、厳密に言えば、文在寅政権下の韓国は、「中国の味方」でも「米国の味方」でもありません。

「北朝鮮の属国」です。

日本は現時点でこそ、韓国を「北朝鮮と対峙するうえでの日米韓3ヵ国連携」という文脈で準同盟国に位置付けていますが、その「準同盟国」的な位置付けは限りなく形骸化しており、少なくともインド・太平洋戦略で組むべきパートナーに韓国は含まれていません。

(広告・スポンサーリンク)



韓国を外した日本の戦略

朴氏はこの論考の末尾で、

日米同盟も日本防衛のための一方的同盟から双務的な同盟に進化している(中略)米国を抱き込み助け、米国の国際的役割を持続させることが日本の戦略だ

としたうえで、

日本の新たな戦略的布石から見れば韓半島に囚われた韓国の戦略的価値は低くなっている

と結論付けているのですが、まさに言外に、「日韓関係が破綻すると、韓国は非常に困るが日本はまったく困らない」、という状況を指摘している格好です。不覚にも、朴氏の記事を読んでいると、日本の「韓国外し」は思ったよりも早く進んでいることに気付かされます。

そういえば、徴用工判決問題やレーダー照射問題など、韓国が日本に対して仕掛けた不法行為は数多く存在しますが、日本はこれらについて韓国からのしかるべき措置を待っている状況です。

しかし、韓国がこれらの問題について何ら答えず、放置し続けていることで、日本は今後、韓国を「価値と利益を共有する国」とみなすことはないでしょうし、単に「(これ以上悪化しないよう)マネージするだけの相手国」の地位に留まり続けるでしょう。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/06 15:00 【時事|金融
    「新興市場国債の価格上昇」を素直に喜んで良いものか (7コメント)
  • 2020/06/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/06(土) (49コメント)
  • 2020/06/06 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人「韓国さん、お達者で!」 (62コメント)
  • 2020/06/06 05:00 【韓国崩壊
    「誤った社説」を利用して作成した対韓輸出管理Q&A (27コメント)
  • 2020/06/05 12:00 【金融
    米ドルFIMA為替スワップ残高一覧20200604 (5コメント)
  • 2020/06/05 10:45 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体と徴用工団体などの内紛が発生している模様 (19コメント)
  • 2020/06/05 08:00 【マスメディア論
    劣化著しいマスメディア ポストコロナはSNS時代に (21コメント)
  • 2020/06/05 05:00 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は結果的に経済制裁の予行演習となった (25コメント)
  • 2020/06/04 14:00 【時事|外交
    茂木外相「習近平氏訪日日程、具体的調整段階にない」 (44コメント)
  • 2020/06/04 11:00 【時事|外交
    天安門事件から31年 日本に対し恩を仇で返した中国 (37コメント)
  • 2020/06/04 08:00 【マスメディア論
    「国民激怒」?勝手に国民の声を代弁しないでください (27コメント)
  • 2020/06/04 05:00 【韓国崩壊
    日本企業の在韓資産売却がいまだ実現しないのはなぜか (53コメント)
  • 2020/06/03 21:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】テレ朝「8月上旬にも韓国で資産の現金化へ」 (11コメント)
  • 2020/06/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/03(水) (118コメント)
  • 2020/06/03 11:11 【時事|韓国崩壊
    ウォンと韓国外貨準備の不自然な動きは為替介入の証拠 (23コメント)
  • 2020/06/03 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対する輸出管理はむしろ「厳格化」もあり得る! (38コメント)
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (26コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (24コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (43コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (8コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (26コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (39コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (46コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (83コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (46コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (44コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (55コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。