「日本は消費税の増税も財政再建も必要としていない」。これは、当ウェブサイトで過去に何度も何度も申し上げている点ですが、残念ながら、世の中的には「多勢に無勢」の主張でもあります。ただ、どんな正論であっても、たった1度や2度、主張しただけで、すべての人にわかってもらえる、というものではありません。そうであるならば、「自信がある正論」であれば、ウェブ評論家の1人として私がやるべきことは、ただ1つしかありません。それは、「何度でも何度でも繰り返し主張すること」です。とくに、財務省が誤ったプロパガンダで日本経済を押しつぶそうとしていることに対しては、危機感を通り越して怒りすら感じます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

優れた読者コメント

消費税率100%で問題解決!(笑)

おそらく、どんな正論であっても、1度や2度説明しただけで十分である、ということはありません。

何度も何度も繰り返して主張することが大切なのだと思います。

その正論の1つが、「消費増税論の間違い」です。

新聞各紙は消費税の軽減税率の適用を受けるため(『軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅』参照)、産経新聞などを除けば、まともなメディアは消費増税の批判をしていません。

そればかりではなく、先日、『恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告』で、経済開発協力機構(OECD)が日本に対して「消費税率26%」を勧告した、という話題を紹介しました。

恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告

国際機関に「日本は消費増税が必要だ」と言われても、私自身、主権者である日本国民の1人としては、日本政府には「それは内政干渉です」と突っぱねて頂かなければならないと考えています。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、理屈のうえでは、消費税の税率を引き上げれば引き上げるほど、税収は増えます。

極端な話、日本全体の年間課税売上高が200兆円だったとすれば、消費税の税率を100%に設定すれば、年間200兆円(!)という税収が得られる計算です(※といっても、現実には中小企業の益税などが存在するため、税収はその半額の100兆円ていどに落ちると思いますが…)。

なんと、消費税だけで国家予算を賄うことができてしまうのです!これは素晴らしい大発見!!

…などという、笑えないアホなブラックジョークを申し上げても仕方がないのですが、本日の議論に入る前に、「地動説シンパ」様からいただいた、興味深い読者コメントを紹介しておきましょう。

原理的には円建ての国債のみ発行している日本国は返済のための日本円をいつでも発行できるので国債のデフォルト=財政破綻の可能性はありません。

ただ、世間の常識では「借金が多くなればいつか返せない日が来る。」ことになっています。借金を返済するためには、そのための資金の調達が必要ですが円建て国債では、返済のための日本円は政府がいつでも発行できるので上記の世間の常識はあてはまりません。

しかし、この常識は極めて強力で誇り高き「常識人」が常識に反する上記の原則に耳を傾ける可能性はあまりありません。OECDの勧告も結果的には「常識」を強化する可能性が高いのです。

非常にわかりやすい説明ですね。

当ウェブサイトで長々議論していた内容が、すっきりとわかりやすい言葉で端的に表現されていて、このコメント主様の説明能力の高さには驚きます。

天動説と地動説

当たり前の話ですが、日本円という通貨も、日本国債という債券も、「日本という国家の信用」を裏付けに発行されている金融商品という意味では、究極的にはまったく同じです。

私たち一般人、あるいは一般企業や地方公共団体の場合は、円という通貨を発行する権利を持っていませんので、借金の負担を軽くするためには「返す」以外に選択肢はありません。

しかし、借りている主体が「国家」(財務省)の場合、債務負担を実質的に軽減するためには、「自力で返す」以外にも、「インフレを伴った経済成長」を達成する、ということも可能です。

いや、むしろ健全な国家が債務負担を軽減する最も効率的な方法は、「増税しておカネを返す」のではなく、「経済成長によって名目債務の負担を借りくすること」であるはずでしょう。

先ほどのコメント主様のコメントは、次のように続きます。

どうすれば「常識」を変えることができるのでしょうか。

財政破綻論を「天動説」に例えるサイトがありましたがまさに 「天動説」に挑む「地動説」のような途方もない道が待ち受けています。

ところで日本円で国債を発行できる日本国は何と素晴らしい国でしょう。これも 日本円が極めて強力なハードカレンシーであるおかげです。過去の日本人が築き上げた経済的な成果の賜物です。

このまま緊縮財政を続けいていくとありもしない円建て国債の破綻より円建ての国債の発行できなくなる日が来そうでこのことが余程怖いです。自国通貨建てで国債をすべて賄える国は、世界的には当たり前では無いので。

これも興味深い指摘ですね。

財政破綻論は「天動説」。まったくそのとおりです。

国債の実証データ

国債発行残高は「雪だるま式に増える」の大ウソ

ですが、「国債を発行し過ぎれば絶対に財政破綻する」という思考は完全に誤っているにも関わらず、「国の借金がこのペースで増え続ければ、いずれ雪だるま式に無限に国債残高が膨らみ、やがては財政破綻する」といった強力な固定観念にとらわれている方は、依然として多いのです。

その論拠が、「歳出に占める国債費の割合は全体の20%以上である」、「歳入に占める公債金の割合は30%以上である」、という報道であり、また、「国は国債を償還する以上に発行している」といったデータです。実際に今年度の予算を見てみましょう(図表1)。

図表1 国家予算(通常分概要、2019年度)
項目金額(億円)全体に占める構成比
 税収624,95062.85%
 その他収入63,0165.08%
 公債金326,60532.06%
歳入合計1,014,571100.00%
 国債費235,08223.64%
 一般歳出619,63960.28%
 地方交付税交付金等159,85016.08%
歳出合計1,014,571100.00%

(【出所】財務省HP『平成31年度予算のポイント』)

ここで、「公債金」とは国債を発行した収入のことであり、「国債費」は国債元本の償還と国債利息のことですが、確かに予算ベースでみると、ここ数年、公債金が国債費を常に上回っているのです。

これを見ると、歳出合計(101.4兆円)のうち、実に24%にあたり23.5兆円が国債費であり、「収入の約4分の1が借金の返済に使われている」、ということです。

また、歳入合計(101.4兆円)のうち、32.7兆円、すなわち約32%が公債金(国債などを発行して得られる収入)ですが、これも「税金だけでは足りなくて、借金をしている」というイメージで騙られることが多いのが実情でしょう。

さらに、「公債金」が「国債費」の額を上回っているということは、、国債を返す額(+利息)よりも新しく借りる額の方が多いということであり、たしかに、「このままだと、永遠に国債の償還はできず、どんどんと国債発行残高は膨らむ一方ではないか」との懸念は払拭できません。

国債?実際には全然膨らんでません

この「公債金」を「歳入」に含め、「国債費」を「歳出」に含めるという手法の欺瞞については、のちほど説明するとして、まず、事実確認をしておきます。

実際に国債発行残高は「雪だるま式に膨らんでいる」のでしょうか?

意外と知られていない話を1つ申し上げておけば、日本の国債発行残高(※時価ベース)は近年、横ばいで推移しています(図表2)。

図表2 日本国債の発行残高(国債+財投債+TDB)

(【出所】日銀『データの一括ダウンロード』のページより『資金循環統計』データを入手して加工)

資金循環統計のデータを実数で示しておきましょう。

  • 2018年12月:1110.9兆円
  • 2017年12月:1093.2兆円
  • 2016年12月:1083.9兆円
  • 2015年12月:1042.3兆円
  • 2014年12月:1025.5兆円
  • 2013年12月: 992.5兆円
  • 2012年12月: 967.0兆円
  • 2011年12月: 926.3兆円

国債発行残高は2014年3月時点で1000兆円を超え、2016年12月には1100兆円近くにまで達しましたが、その後2年間の数値を見ていると、ほぼ横ばいとなっています。

その理由は、近年、日本経済の状況が堅調であり、税収が財務省の予想を上回ることが常態化していることにくわえ、日銀の量的緩和の影響で国債の利払い負担が軽くなっている、といった事情もあるのだと思います。

「公債金」「国債費」の欺瞞:本来は複式簿記で見るべき

ところで、先ほど挙げた「公債金」、「国債費」といった費目については、そもそも、歳入、歳出に含めるのがおかしい項目です。これについては私たち一般国民の常識に照らして考えてもよくわかるはずです。

そもそも論ですが、私たち一般人は、おカネを借りたら所得になるのでしょうか?

なりませんよね。

おカネを借りたり、返したりすることは、所得ではなく金融収支です。企業会計上、おカネを借りる行為は「資産の増加・負債の増加」であり、おカネを返す行為は「資産の減少・負債の減少」です。そして、国債の発行による元本収入や償還支出を歳入出にカウントすること自体がおかしいのです。

この点、企業会計の世界だと、すべての取引は複式簿記で把握されます。

たとえば、人件費を支払った時には、

【借方】人件費/【貸方】現金預金

といった具合に、左右両方で仕訳を切るのです。

本来、国債についてもこれとまったく同様、

【借方】国債/【貸方】日銀政府預金

という仕訳を立てるのが正しいのです。

実際、普段から当ウェブサイトで頻繁に利用する、次の「資金循環統計」に基づくバランスシートを眺めていただいても、中央政府(※財政投資基金を含まないベース)は224兆円の金融資産を保有しています(図表3

図表3 日本全体のバランスシート(2018年12月末時点※クリックで拡大、大容量注意)

※上記のPDF版

(【出所】日銀『データの一括ダウンロード』のページより『資金循環統計』データを入手して加工)

仮に政府が国債発行残高を圧縮しようと思えば、まず、外貨準備を切り離し、日銀に時価で譲渡すれば済む話です。2018年12月末時点における財務省が外為特会で保有する外貨準備高は140兆円ですが、これを保持するために政府が発行している国庫短期証券の金額は98兆円です。

ということは、外貨準備高を日銀に時価で譲渡し、そのカネで国庫短期証券を全額償還すれば、すれば、次のような仕訳が生じます(図表4。ただし、便宜上、外貨準備は取得原価ベース=98兆円=で評価されているものと仮定します)。

図表4 外貨準備の日銀移管仕訳(政府側)
借方科目借方金額貸方科目貸方金額
日銀政府預金140兆円外貨準備98兆円
外貨準備譲渡益42兆円
国庫短期証券98兆円日銀政府預金98兆円

(【出所】著者作成)

よく「国の借金が1000兆円超」などと述べている人がいるのですが、現実には、政府には「換金可能な資産」はたくさんあります。

負債の面だけで見るのではなく、資産の面についても見てあげないと、議論が一方的で不正確なものになるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



国債はデフォルトしない

国債デフォルトの3条件

さて、ここからはいつもの話の繰り返しです。

一般に「公的債務残高が無限に増えていく」という事態が懸念される理由は、そのような状態になれば、やがてはその国の通貨の信認が損なわれ、その国の経済がハイパー・インフレに突入し、それによって経済が実質破綻状態に陥るからです。

逆に言えば、ハイパー・インフレ状態に突入せず、通貨の信認が損なわれない限りは、国は無制限に国債を発行することができる、という意味でもあります。また、加重平均国債利息が経済成長率を下回っている限り、国債元本が経済成長に敗ける、ということは、基本的に発生しません。

そして、国債がデフォルトする条件は、次の3つが揃ったときに限られます。

  • ①国内の投資家が国債を買ってくれなくなったとき
  • ②外国の投資家が国債を買ってくれなくなったとき
  • ③中央銀行が国債を買ってくれなくなったとき

そもそも論として、日本の場合は①の条件を満たしていません。

先ほどの図表3でも確認したとおり、家計が1800兆円を超える金融資産を保有していて、巨額の資金が預金取扱機関(銀行、信金、農協、ゆうちょ銀など)や保険会社・年金基金などの国内の巨大な機関投資家に流入しており、これらの投資家が投資先を求めて、かなり苦労している状態にあります。

ただし、「日本国債は絶対にデフォルトしない」というのは、上記①~③の条件を満たさないからであり、逆に言えば、上記①~③の条件を満たした場合は、たとえ国債であってもデフォルトします(アルゼンチン、ロシア、ギリシャなど)し、地方債の場合も、諸外国にはデフォルト事例はいくつかあります。

しかし、いずれも日本国債の話ではありませんので、無視しても差し支えありません。

政府債務の圧縮方法は3つ

次に重要なのは、政府債務の圧縮方法(あるいは政府債務の負担軽減方法)が、大きく3つ存在する、という点です。具体的には、

  • ①増税による歳入増や緊縮財政による歳出減
  • ②政府資産の売却
  • ③経済成長に伴うインフレ

です。

このうち①は、現在の財務省がとっているアプローチであり、今年10月に強行される予定の消費増税など、その典型例でしょう。

一方、なぜか絶対に財務省が議論しないのが、②と③です。

とくに②については、NHKのように最大数兆円の資産を隠し持っている組織を解体して資産を国庫に返納させれば、それだけで財政再建は一気に進むはずですし、財務官僚どもが天下っている天下り法人、利権団体などの実態はよくわかっていません。

しかし、敢えて私が申し上げたいのは、③のアプローチです。

確かにGDPが500兆円で公的債務残高が1000兆円だと、「公的債務残高GDP比率」は200%です。しかし、公的債務残高が1000兆円のままで動かなかったとしても、日本が経済成長をして、GDPが2000兆円に膨らめば、「公的債務残高GDP比率」は50%に圧縮されます。

ちなみに、仮に経済成長率が2%であれば、ちょうど35年でGDPは2倍になりますし、経済成長率が3%ならば、GDPが2倍になるまで必要な時間は24年に短縮されます(※複利計算を前提)。年間経済成長率とGDPが2倍になるまで必要な年数を示すと、次のとおりです。

GDPが2倍になるために必要な年間経済成長率
  • 1%…69.66年
  • 2%…35.00年
  • 3%…23.45年
  • 4%…17.67年
  • 5%…14.21年
  • 6%…11.90年
  • 7%…10.24年
  • 10%…7.27年
  • 20%…3.80年
  • 30%…2.64年

つまり、毎年3%経済成長を達成すれば、24年後には公的債務残高GDP比率は100%にまで落ち着くのです。

「消費税は公平」、本当?

ついでに、「法人税、所得税の増税が不可能だから、消費増税は不可避だ」といった俗説についても検討しておきましょう。

当ウェブサイトの読者コメント欄にもときどきご指摘をいただくのですが、実は、日本の法人税、所得税、消費税などにはさまざまな欠陥があります。その最大のものが、租税の捕捉率です。

巧みな節税策が横行しているためでしょうか?

実際、「中小機構」(正式には「独立行政法人中小企業基盤整備機構」)に掛け金を払えば、「節税」ができます。この「節税テクニック」については、中小機構の公式ホームページにも堂々と掲載されているほどですが、国税庁はこのホームページを放置するつもりでしょうか?

まったく意味が分かりません。

また、「消費税は公平な税制だ」とおっしゃる方が多いのは事実ですが、事実誤認も甚だしいと思います。

というのも、消費税については売上高1000万円未満の中小企業の場合、そもそも納税義務がありませんし、売上高5000万円未満であれば、最大で本来収めるべき税額の半分を納税しないことが合法的に認められているのです。

さらに、日本の消費税は食品、生活必需品にも等しく科せられるため、エンゲル係数が高い貧困層ほど重税感が高い不平等な税金です。

残念ながら私自身、高額所得者ではありませんが、仮にこれから会社の売上高が増えてくれば、所得税や法人税の負担を回避するために、

  • 会社をわざと分ける
  • 甲欄を適用する会社の給与水準をわざと低く抑える
  • 私用の嗜好品を会社名義にする

といったことをすれば、かなり税額を抑えることができてしまうのです(※もちろん、私はそんなことはしませんが…)。

法人税や所得税の穴を塞ぐでもなく、消費税という「いちばん弱者に厳しいところ」から取り立てるというのは、ある意味で安易すぎる考え方であり、まったく感心できません。

ついでに、税務申告がややこし過ぎること、あるいは複雑怪奇な税制を悪用して、「節税術」が横行し、公認会計士や税理士による「節税アドバイザリー」が事業として成り立っているというのも、明らかにおかしな世の中です。

「行政手続を進めること」、「税金を安くすること」などに貴重な頭脳が使われる社会は、明らかに間違っています。優秀な頭脳はもっと前向きなことに使われるべきではないでしょうか?

「財務省=国民の敵」説

さて、当たり前の話ですが、日本は本来、自由・民主主義国家です。

自由・民主主義国家では、より多くの消費者に支持された企業が生き残っていきますし、より多くの有権者に支持された政治家、政党が権力を握るという仕組みです。

その意味で、消費者に支持されているわけでもないくせに暴利をむさぼる企業が存在してはなりませんし、有権者に支持されたわけでもないくせに、不当に大きな権力を握る勢力が出現してはなりません。

しかし、「消費者や有権者から得た支持をはるかに上回る、非常に大きな社会的影響力や権力を握って、日本の国益を邪魔しようとする勢力」は、間違いなく存在します。私はこれを、「国民の敵」と名付けたいと思います。

国民の敵

消費者や有権者から得た信認以上に不当に大きな社会的影響力や権力を握って、日本の国益を邪魔しようとする勢力

財務官僚は、国民から選挙で選ばれたわけでもないくせに、国税庁(カネの入口)と主計局(カネの出口)を握り、霞ヶ関において絶大な権力を誇っていて、政治家に対しても影響力を行使して、経済理論に反した消費税などの増税をゴリ押ししているため、間違いなく「国民の敵」です。

ちなみに、財務省以外にも「国民の敵」は存在します。それがNHKです。

NHKの場合は、消費者の側がテレビを設置しただけで、たとえ一切見ていなくてもNHKと契約する義務が生じ、NHKと契約をすれば巨額の受信料を支払わなければなりません。

NHKは国民からかきあつめた受信料を、有価証券、子会社の預貯金、年金資産などのかたちで1兆円以上プールしており、また、大都市の中心部など、全国各地に優良不動産物件をたくさん抱え込んでいて、職員1人あたり2000万円近い高額な人件費を支払う組織です。

もちろん、国民のなかには「NHKが大好き」という奇特な人もいるかもしれませんし、「NHKの番組は優れている」と感じる人もいるでしょうが、仮にNHKとの受信契約義務が存在しなかったら、果たしてNHKは今と同じことができるでしょうか?

きっと、NHKに受信料を払う人の数は、今よりもぐっと減るはずです。

いずれにせよ、財務省やNHKのような「国民の敵」を、現在のままの姿で存続させることは、許されません。

その意味で、私が石にかじりついででもウェブ評論を続けている理由は、「国民が賢くなって、財務省やNHKの解体を実現するような政治家を国会に送り込むこと」を期待しているからでもあるのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (28コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (25コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (27コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (14コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。