韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」?

今朝の『韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか?』のなかで、最近、韓国メディアの「日韓通貨スワップ待望論」が激減した気がする、と申し上げました。ただ、韓国メディアの「用日論」への期待がなくなったわけではない、という点については、そのとおりでしょう。本日、「保守派」と呼ばれる中央日報、朝鮮日報などを中心に、日韓関係悪化に関して「韓日両国が努力すべきだ」、「韓日は切っても切れない関係にある」といった、いつものふざけた「用日論」が多数掲載されているのですが、これらの報道を眺めていると、「むしろ積極的に距離を置く」ことの方が、日韓関係としては正しい在り方ではないかとすら思えるのです。

韓国メディアの「用日論」相次ぐ

当ウェブサイトでは今朝の『韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか?』のなかで、「UAEとの通貨スワップ自体、韓国メディアの日本語版にほとんど記事が掲載されていない」、「最近、韓国メディアから通貨スワップ待望論が聞こえてこないのは不思議だ」、などと申し上げました。

韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか?

ただ、この記事を掲載した直後に改めて韓国メディアの報道を読むと、「韓日関係を好転させなければならない」、といった主張が、再び山ほど掲載されているようです。

私はこれを「量産型・韓日関係改善論」とでも名付けようと思いますが、本日紹介するその「トップバッター」は、これです。

【社説】対決一辺倒の韓日…G20首脳会議を通じて突破口探るべき(2019年04月16日07時48分付 中央日報日本語版より)

抜粋・要約のうえ箇条書きにすると、だいたいこんな主張です(※日本語表現は適宜ととのえています)。

  • 安倍首相が主導する日本の右傾化、文在寅政府の反日追求が正面衝突し、対立が長期化するほど日本での嫌韓感情が深まるなど、韓日関係が最悪の状態に陥っている。両国首脳は会いたくなくても会わなければならない宿命的関係にある。消耗戦は直ちにやめるべきだ
  • だが、冷え込んだ韓日関係を改善する意思が文大統領から感じられないため、安倍首相が韓日首脳会談の見送りを検討しているという話も聞こえて来る
  • 万一、今回のG20期間中の首脳会談が行われない場合、両国間の相互不信は極限に達し、日本の経済報復にまで進みかねないが、日本政府はこうした「韓国パッシング」議論を直ちにやめなければならない
  • 韓国も、このまま感情的な反日気流が続けば、日本政府側で強硬論が台頭する可能性もあるため、強硬な反日気流を抑制しなければならない

正直、唾棄すべき「韓日両国が自制すべき」論です。

というのも、中央日報の社説は、まずは「日本が自制すべき」と述べているからであり、そもそも論としてここ半年の日韓関係の急激な悪化が、もっぱら韓国側の日本に対する不法行為、ウソ、捏造、名誉棄損、侮辱からもたらされているという事実を一切無視しているからです。

だいたい、「両国首脳は会いたくても会わなければならない宿命的関係」とありますが、いったい何様のつもりなのでしょうか?

困ったときには「お互い様」、それが韓国流の詭弁

この、「韓日関係悪化の原因は韓日双方にある」、「お互い自制しなければならない」、などと、あたかも日韓双方に等しく責任があるかのような言い方は、韓国のメディアや政治家、経済人らの発言にはありがちです。

要するに、韓国人は「自分たちに100%の責任がある」とわかっているときほど、「相手にも責任がある」と強弁することで、イーブンに持ち込もうとしているのです。

こんな「韓国流の詭弁」に騙されてはなりません。

もちろん、日韓の人的・物的交流関係は深く、日韓関係が冷え込めば、日本経済にも何らかの打撃が生じることは避けられません。しかし、無理して日韓関係を維持することで、デメリットがメリットを上回っているのだとしたら、むしろ適切な距離を置く方が、長期的に見て日本の国益に寄与するはずです。

先ほど挙げた中央日報の社説は、

両国政府はこれらの声に耳を傾けなければならない。今すぐ心のわだかまりから取り除き、新たな出発をするという覚悟で関係をリセットしなければならない。G20は絶好の機会ではないか。しかも日本は来月1日から年号を令和に変え。天皇が新たに即位する。このような契機を通じて両国は対話と協力を行い、外交関係を早期正常化しなければならない。これ以上遅れる前に手を取り合うよう願う。」(※下線部は引用者による加工。以下同じ)

と締めているのですが、あれだけの不法行為を日本に対して仕掛けておきながら、それらを「なかったこと」にしてリセットするとは、虫が良すぎる議論でしょう。

「新たな出発をする覚悟でリセット」などと言うなら、むしろ新時代・令和を迎えるのにあわせ、「最低限の交流しかしない」という意味での「新たな日韓関係」を構築する機会にしてはどうかと思います。

政治と経済は分けられません

一方、同じ中央日報に、「社説」がもう1本、掲載されています。

韓経:【社説】政治が悪化させた韓日関係、両国経済人が解決しよう(2019年04月16日09時24分付 中央日報日本語版より)

といっても、タイトルに「韓経」とあるとおり、この社説は中央日報ではなく韓国経済新聞が掲載したものです。

韓国経済新聞も先ほどの中央日報と同様、G20での日韓首脳会談見送りに関する観測報道を引用しているのですが、驚くべきことに、「福島産水産物の禁輸」「徴用工判決」などを契機に、「韓日両国の政治家がこれを国内政治に利用している」と決めつけているのです。

韓国経済新聞はもしかして、「現在の日韓関係悪化は日韓双方に責任がある」とでも言いたいのでしょうか。呆れて物も言えません。

こうしたなか、韓国経済新聞は15日に日韓両国の民間人らが参加する、韓国の経済団体「全経連」などが主催した座談会に関する話題を紹介しています(※この座談会については、『「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。』をご参照ください)。

そのうえで韓国経済新聞は、「韓日関係が厳しいほど民間交流は強化すべき」(経団連・中西会長)、「韓日関係が良かったときは韓国経済も良かった」(許昌秀(きょ・しょうしゅう)全経連会長)といった発言が紹介されています。

いわば、「政治と経済は分けましょう」、という意味だと思いますが、この手の「政経分離論」を見ると、本当に認識が甘いと思わざるを得ません。

というのも、そもそも論として韓国が現在、日本に対して仕掛けているさまざまな不法行為には、政治問題だけでなく、経済問題も包含されているからです(日韓請求権協定を覆し、日本企業に敗訴を言い渡した徴用工判決問題がその典型例でしょう)。

そして、「どんなに日本が誠心誠意、政治決着を目指しても、韓国はそれを反故にしてしまう」、「次から次へと問題を捏造しては日本に対して不法行為を仕掛けてくる」という国と、前向きな関係を築き上げていくこと自体、無理があります。

余談ですが、この韓国経済新聞の社説では、「日韓関係における相互報復が実現すれば、両国に致命打を与える」などと述べているのですが、この点についてはかなりの時事誤認があります。詳しくは『「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える』あたりをご参照ください。

「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える

「日韓関係が悪化すれば韓国経済も悪化」?

こうしたなか、この「座談会」では、日韓関係と韓国経済の関連についても言及があったようです。

「韓日関係が良かった時、韓国経済も良かった」(2019/04/16 08:43付 朝鮮日報日本語版より)

発言者は、先ほどの記事でも紹介されていた韓国の経済団体「全国経済人連合会」の許昌秀会長です。『朝鮮日報』(日本語版)によると、許会長は

韓国と日本は、多くの確執がある中でも未来志向的に発展してきたし、韓日関係が良かった時は韓国経済も良かった

と述べたらしいのですが、これはある意味で「至言」です。

というのも、裏を返せば、「日韓関係が悪化すれば、もっぱら韓国経済にとって困ったことになる」ということを、全経連会長自身が認めた格好になったからです。

以前、『中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び』でも指摘しましたが、韓国の「保守派」の多くは「用日派」であり、彼らの多くは過度な日韓関係の悪化を望んでいません。要するに、適度に反日しながら、適度に日本を利用できれば良いのです。

中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び

しかし、理屈の上では、日韓関係悪化に伴い日韓の経済関係も薄まれば、韓国経済が崩壊したときに日本経済が受けるダメージも少なくなる、ということではないでしょうか。

このあたり、マクロ経済的な数値で実証できているわけではありませんが、経済人の「実感」としてこのような発言が出て来ること自体は非常に興味深い話でもあると感じる次第なのです。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    韓国人というのはまったく不誠実の塊だね。よくこれほどの詭弁を弄すると思うよ。ただ、そろそろ国内の親韓派を糾弾する時が来たのではないか?政治家だけでなく経済界にも多いが、どうされたら親韓派となれるのかね。ひとまず彼らの矛盾に満ちた主張を拝聴したいのだがな。コソコソと徘徊しないでもらいたいものだ。

  2. 心配性のおばさん より:

    ご安心ください。韓国の皆さん。日本は現在、政民あげて、貴国とのお付き合いを見直しております。
    二度と、あの不幸な両国関係に戻らないよう、互いに思い煩うことのない国交を目指しております。
    つきましては、貴国の動乱の中、心ならずに日本に不法移民された方々の貴国への受入れをご一考いただければ、と存じます。
    お互いに関係を清算して、清々しい気持ちで、未来を築いていきましょう。もちろん、それぞれで。
    最後に、北朝鮮との統一が平和裡に成立するよう。お祈り申し上げます。日本のことは、存在を忘れて下さい。

    >そもそも論としてここ半年の日韓関係の急激な悪化が、もっぱら韓国側の日本に対する不法行為、ウソ、捏造、名誉棄損、侮辱からもたらされているという事実を一切無視しているからです。

    そもそも論として、あの国の不法行為はやめられません。くだくだしくは申し上げませんが、それが、半島文化であり、民族性だからです。
    それを認識して、あの国々との国交のありかたを考えることから始めませんか?

  3. 韓国在住日本人 より:

     スレタイとは関係ないのですが韓国人の不思議な考え方の例を一つ示してみます。

     この記事は現在朝鮮日報の韓国語版第6位にランクされており、内容は文大統領が軍を鼓舞した内容です。 

     http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/15/2019041502497.html

     因みに日本語版は次のURLです。

     http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/16/2019041680039.html

     韓国語版の中に不思議なコメントがありました。

     그나라 대통령을 뽑은것은 그나라 국민 대다수가 좋아하는 사람 뽑은것 아니가. 우리가 좋아서 뽑아놓고 왜 이리 불만이 많은고 ?? 대통령이 하자고 하면 예 하고 따라가면 그 나라는 참 평화스러운 선진국이다. 문재인 대통령 가족은 김일성이가 싫어서 그 추운 겨울에 흥남에서 배타고 거제가지 고생하면서 탈북한가족이다. 그는 반공정신이 머리 끝가지 꽉찬 분이라고 본다. 문대통령의 머리속에 무엇이 들어잇는지 앞으로 진행사항을 보면 알수잇을것이다. 이미 김정은이는 문 대통령의 행동을 믿지못하고 불만에 가득차잇다

     この国の大統領を選んだのはこの国の国民の大多数が好む人物を選んだのではないか。私たちが好んで選んでおいてどうしてこんなに不満が多いのか? 大統領がやろうと言えば「はい」と言ってついていけば、この国は実に平和な先進国だ。文在寅大統領の家族は金日成が嫌いで、寒い冬に興南(フンナム)から船に乗り、巨済(コジェ)に行くため苦労しながら脱北したのだ。彼は反共精神が頭のてっぺんに乗った方だと思う。文大統領の頭の中に何が入っているか、今後の進行事項を見れば分かるだろう。すでに金正恩は文大統領の行動を信じられずに不満に満ちている。

     なんと説明してよいか分かりませんが、この人は文大統領が反共産主義者であるため脱北してきたのだと言っています。現在も反共産主義と者として行動しているのだから、金正恩委員長は文在寅大統領を信じることが出来ないとしています。どうこをどう見たらこのような考え方がになるのか、小生には理解が出来ません。

     因みにこのコメントには本日10時頃までは300近い反対が示されていましたが、現在ではコメント自体が消去されています。朝鮮日報もコメントを削除している事実が明らかになりました。その他のコメントは「国防を疎かにした文在寅大統領が何を言うか」みたいな意見ばかりです。

     駄文にて失礼します。

    1. spaceman より:

      韓国在住日本人さん

      書かれていることに対する直接のレスというわけではないのですが、少しだけ。

      アゴラという言論サイトに面白い論考が載っていました。

      http://agora-web.jp/archives/2038408.html

      過去の例からして、この拓殖大学の客員教授(韓国人)の文章には、信憑性に?マークがつく点も多いのですが──持論を展開するために話を盛ったり未確認情報を断定的に引用したりしているように感じられる──、一方で「真実だったとしたら面白い」と感じるポイントもいくつかあります。

      先日の米韓首脳会談については、5つの「結果」が提示されています。

      >(1)開城工業団地、金剛山観光の再開は時期尚早だ(2)韓国の米国製兵器の大量購入に感謝する(3)核廃棄以外のスモールディル交渉は決してない(4)対北制裁緩和はない→強化もあり得るが、北朝鮮の出方次第だ(5)トランプ大統領の訪韓招請は断る

      (1)~(4)は会談直後からマスコミが取り上げていましたが、(5)は昨日ぐらいから急に目に付き始めた情報で、おそらく当初は伏せられていたのではないかと邪推しています。招聘して断られるというのは恥ですからね。韓国の新聞では「トランプがまだ来韓しないと決まったわけではない」というように紹介されているようですが。

      しかし、私が面白いと思ったのはこれではなく、次の情報です。

      >韓国企業に投資するユダヤ人投資グループがトランプ氏に圧力をかけて、文政権が進める財閥企業改革(中国並みの国営企業化)を停止させるよう強く要求し,トランプ氏が文氏を召喚したという。

      日本にあまり伝わってこない情報として、文在寅による財閥締め付けというネタがあります。韓国人ブロガーのシンシアリー氏やディープな韓国ヴォッチャのサイトではしばしば取り上げられるのですが、実際のところはよくわかりません。なんでも、各種の規制強化や疑獄をちらつかせた恫喝まがいの法的調査・介入などが多発しているとか。このあたり実際のところはどうなのでしょう。

      まあ、これが事実だとしても、文在寅が筋金入りの経済統制主義者(共産主義者?)なのか、それとも単に脳内お花畑の学生運動上がりで「企業に悪ささえさせなかったら経済はうまくいく」と思い込んでいるだけなのか──こちらにはわかりません。

      おそらく、ブレインには狂信的な輩もいるのでしょう。でも文在寅自身はどうも後者のような気がしてならなりません。

      いずれにしても、韓国経済の窮状には本質的には気づいておられないようで、自業自得とはいえ韓国の皆さんはエライ人物を大統領にしたものだと今更ながらに思います。ユダヤや財閥の陰謀があるものなら、クーデターもあるだろうに。(笑)

      1. 匿名 より:

        後者に一票。名前からして文の一味=ブン徒=ブント(共産主義者同盟)

      2. 名無Uさん より:

        spacemanさんへ
        ≫クーデターもあるだろうに。(笑)

        韓国でのクーデターは不可能ですよ。
        韓国軍上層部は、北朝鮮側です。現在の青瓦台を強固に守護しています。その状況は、レーダー照射事件の経緯で垣間見えたと思います。
        鈴置高史氏もアメリカとのブリーフィングで、『クーデターを考えておられるなら、それは不可能』と漏らしていますね。

        将来もし、間違って保守政権が返り咲いたなら、その保守政権が軍部からのクーデターで倒される可能性の方が大きいでしょう。
        韓国はすでに、戦争で韓国軍が打倒されない限り、ブルーチームへ戻ることはありえません。

        1. spaceman より:

          名無Uさん

          レスありがとうございました。

          「クーデターもあるだろうに。」というのは、リンク先の文章を書いた高永喆という人の文章に対する皮肉です。すみません。わかりにくかったですね。

          いかにも「ユダヤの陰謀」風に書いてあったので、ならクーデターもあるだろうに、と書いたのです。

          韓国でクーデターが起こるか否かの予測に関しては、私は単なる傍観者に過ぎません。

      3. 匿名 より:

        ユダヤ人がトランプに圧力をかけたって本当かな。
        すでにアメリカ資本は、韓国から逃げているというニュースがあるのに。
        http://www.businesskorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=30826

  4. 韓国在住日本人 より:

    spaceman 様

     レス有難うございます。

     >トランプ大統領の訪韓招請は断る

     この内容につきましては月曜日に少し記事が出たくらいで、具体的な内容はほとんど見ていません。恐らく

    文在寅大統領:韓国に来てください!
    トランプ大統領:No!!(即答)

     こんな感じだったのではないでしょうか。

     しかし、韓国は言い訳(韓国語では弁明:변명)の天才ですから、後で「来ないじゃないかー」と言われても、どうにかかわしていくのでしょう。

     >文在寅による財閥締め付けというネタがあります。

     これに関しては何とも言えませんが、実際にはあると思います。最初にイジェヨンサムスン電子副会長を生贄にしました(蛇足ですが、韓国人によるとイゴンヒ会長はすでに死亡しており、60%に上る相続税の軽減を図っているとのこと)。その後ロッテと続き、最近はクムホグループ、韓進グループ等が財閥から外れそうな勢いになっています。生贄効果かどうかは分かりませんが「新規雇用を拡充しろ」と言われたイジェヨン副会長は2万人の新規雇用を約束しました(ただし、サムスンのやり方だと恐らくインターン雇用ですから3~6カ月で解雇です)。

     それ以外にもカード会社(殆どが財閥系)の手数料を強引に下げさせたり、通信業者(これも殆どが財閥系)に値下げをさせたりとかなり圧力をかけています。一応韓国での財閥の立ち位置はそこに所属できない国民から相当に嫌われているということです。よく韓国のブログなどでは「誇らしいサムスン」と表現されていますが、あれはかなり誇張が混じってます。実際は財閥に所属する人々が妬ましくてしょうがないのです。ポピュリスト大統領の文在寅がそれらを無視できる訳もなく、当然のことながら財閥は叩かなければいけない存在です。

     ところがこの財閥叩きは投資家からすると、利益が得られなくなる危険性を持っているため、「ユダヤ人投資グループがトランプ氏に圧力をかけて、文政権が進める財閥企業改革を停止させるよう強く要求」というのもあながち間違いではないような気がします。

     一応、現政権の公正取引委員会委員長の金尚祖(キムサンジョ)は財閥に対しかなりの嫌悪感を持っていると言われており、就任にあたっては文在寅大統領が強硬指名した人物です。

     今回、面白い論文を見つけたので、時間のある時は参考にしてみてください。

     韓国国民年金基金の議決権行使の行動と政府と企業側の反応
     https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamsjsaam/20/0/20_107/_pdf/-char/ja

     駄文にて失礼します

    1. めたぼーん より:

      韓国在住日本人様

      現地情報を毎度ありがとうございます。
      客観的に見ると財閥が有っても地獄、無くなったら
      ハイエナかハエかは分かりませんが食い尽くす気が
      しますが、そう言う冷静な意見は無いのでしょうか。
      無いと思って聞いておりますが。

    2. spaceman より:

      韓国在住日本人さん

      レスありがとうございました。

      いただいたレスを拝見し、文在寅について一つ重大なポイントを抜かしていたことに気づきました。そうそう。ポピュリストでした。北朝鮮愛を除いた部分は、ということですが。
      もしこれが演技だとしたら大したものです。

      ところで、一つ前から韓国在住日本人さんにはお聞きしたいと思っていたことがありました。
      そちらの幼少期の家庭教育はどんなものなんでしょうか?

      子どもの我侭を諌めないとか、年齢による序列化の徹底とか、利己主義(自覚あるなしにかかわらず)の刷り込みとか──いろいろ仄聞するところではあるのですが、実際はどうなんでしょう。

      例えば、子どもたちが公園の遊具で遊んでいるところに親子連れが来ると、その親は先に遊んでいた他の子らを追い払って自分の子に遊具を独占させ、それを誰も不思議とは思わない──といった話がネットには転がっているのですが、こういうことは本当のなんでしょうか。

      いつも韓国在住日本人さんの文章を拝見していて、韓国というのは息苦しい社会だなあと感じます。隙あらば皆が皆を食らおうとする修羅のような世界。構造には目を向けず、不都合はすぐに忘れ、表面的事象にだけ日々一喜一憂して騒いでいる──というような性格でないと「やってられない」ということなのかもしれません。

      これを「民族の血だ」「遺伝だ」という人は多いのですが、私はやはり教育の問題だろうと思っています。学校での反知性教育云々といった話ではなく、もっと幼少から刷り込まれる「何か」の問題だろうと。

      彼らを救おうとか教化しようとかそういう話ではありません。
      宗教にせよ思想にせよ、結局人間というものはそういうものから自由になれないのかどうか──そういった点に哲学的な興味が掻き立てられるのです。まあ、私の仕事上のテーマ(だった)ということもあるので。

      1. 韓国在住日本人 より:

        spaceman 様

         >そちらの幼少期の家庭教育はどんなものなんでしょうか?

         これは小生にとって難しい質問です。まず、子供と関わることが殆どない生活ですし、幼少期の子供がいる家庭ともあまり付き合いがありません。ただ、子供の躾・教育に関しては日本同様、家庭によって異なると思います。

         小生が道を歩いていてよく目にするのが親子で信号無視です。小生が歩行者用信号待ちをしていても、車がこなければ平気で信号を渡っていきます。また、子供が何かを落とした時に後ろから歩いている小生が拾って渡しても親は何も言いません。日本ならば会釈やお礼の一言があるのですが、そのような行動は日本より少ない気がします(韓国人全員がそういう人ではありません)。

         「子は親の鏡」と申しますが、韓国の大人を見ていると、この習慣が子供に伝染していくんだということが良く分かります。特にエレベーターや電車の乗降時に、出てくる人がいるにもかかわらず、扉の前に立って乗り込もうとする。全員が降りるまで扉の横で待っているのは小生ぐらいですね。

         結局は親もそうやって育ってきたので、子供に対しても同様な躾・教育を行うのだと思います。ひいてはこのような躾・教育がいわゆる韓国人的人間を作り出していると想像できます。これは一朝一夕には改善されるものではないと小生は思います。

         質問に対する答えになっているかどうか分かりませんね(苦笑)

         駄文にて失礼します

        1. ただの オヤジ より:

          韓国在住日本人様へ

          新宿会計士様の書きこみと供に、韓国在住日本人様のコメントをいつも興味深く拝見させてもらってます。これからも韓国からの発信お願いします。

          私は「量産型用日論」と見たとき、ザクかジムかと思った大馬鹿野郎です。

        2. spaceman より:

          韓国在住日本人さん

          レスありがとうございました。

          私は、韓国人(朝鮮人)が自他を不幸にする存在であることの根底あるのは非常に単純な原理なのではないかなと考えてきました。

          1.自分(ウリ)だけの幸福を願う。

          これは日本的価値観からすれば不道徳な在り方ですが、世界を見渡してみると異常というほどのことでもありません。

          ところが、朝鮮人の場合はこれに加えて次のようなことを幼少期から刷り込まれる。

          2.ウリ以外の不幸を願う(だけではなくそのためにわざわざリソースを割く)。

          私が想像するのは、幼少期から「2」のようなことを、それこそ「親の姿勢や日頃の行い」なども含めて、家庭の中で、あるいは地域社会の中で、繰り返し繰り返し刷り込んでいるのではないかということです。

          韓国在住日本人さんの書かれているこれですよね。

          >「子は親の鏡」と申しますが、韓国の大人を見ていると、この習慣が子供に伝染していくんだということが良く分かります。

          そのような前提があるから、日本の震災を喜んだり、小学生にヘイト教育を施したりするようなことに、彼らの多くが違和感を感じないのではないでしょうか。

          しかし、実のところこれは彼ら自身に刺さる巨大な棘です。

          「他人の不幸は蜜の味」というのはどうやら人類普遍の哀しいサガであるようですが、社会的生物の繁栄には利他性が必要なので、人間の文明はそういうものを抑制する方向に進んできました。朝鮮も、儒教というパラダイムの中においては利他的であったはずです。

          なので、おそらくですが、李氏朝鮮の失敗がこのあたりの出発点なのでしょう。財閥主導型経済によって拡大する格差は放置すると李氏朝鮮の再来になりかねず、文在寅のような左派はそれに対して必死の抵抗をしているのだと見ることもできます。

          しかし、思うに、そういうマクロな対症療法ではなく、国民一人ひとりに刷り込まれているミクロな性向をどうにかしない限り、ヘル朝鮮は治癒できないように思います。

          長々と失礼しました。
          今後とも貴重な現地情報の発信をよろしくお願いします。

  5. とゆら より:

    韓国の言っていた日韓の仲裁にアメリカが乗り出すというネタはどうなったんでしょうかね。
    先日の米韓首脳会談でもその話題はなかったですし。

    1. 門外漢 より:

      希望的観測ってヤツですねww

  6. カズ より:

    難癖でのゴネ得狙い。被害者面した加害者。困るとふんぞり返って救済懇願。勘違い国家!

    韓国は、変わることなく「平常運転」通貨スワップ決まる訳ない・・日本は呆れています。

    米に自由同胞・北に民族同胞のフリしても、米からは北の犬・北からは米の犬との認識か?

    文政権、代わることなく「平壌運転」通過ストップ決める訳ない・・米国は呆れています。

    捏造が日常で、希望的観測がofficialで罷り通る国。・・信じられるはずがありません。

  7. 匿名 より:

    いつも興味深く拝見させて頂いております。
    このサイトの愛読者である私が「?」と思った記事がありました。
    NEWポストセブンの『「国債大量発行でも破綻の心配はない」は本当か 歴史の教訓』
    という記事です。
    一読して結論ありきのミスリードを誘う評論だと思いましたが、私の認識は間違っているのでしょうか?

    1. カニ太郎 より:

      匿名さまへ

      横から失礼しますね。

      戦後の、ハイパーインフレ、財産税、預金封鎖を例に出して、日銀の異次元金融緩和政策に警鐘を鳴らしてる人はたくさんいます。

      いわゆる主流派経済学者がそうで、一橋大教授の野口悠紀雄や、元日銀理事の白井さゆり、早川英男といったところが有名どころです。

      反対に「自国通貨を発行できる国では、財政赤字ではデフォルトは起こらない」と言っているのが、反主流派と呼ばれる勢力です。

      MMT(近代金融理論)という理論武装をして、財政赤字に安心感を与えています。

      ニューヨーク州立大教授のステファニー・ケルトン氏、米下院議員のアレキサンダー・オカシオコルテスといった、若い美人の経済学者がこの急先鋒です。

      鋭い理論と論調で、スケベ学者を信者にしています(笑)

      日本の経済学者もスケベが多いんで、コロリと感染してしまいました(笑)

      今ですね、三橋貴明とか、ここの主さまは、重いMMT病にかかってしまっているので、絶対安静が必要なんです(笑)

      ただ、この論戦は、主流派経済学VS反主流派経済学の戦いであって、昔のリフレ派VS反リフレ派と全く構図は変わりません。

      いつまで議論したって答えなんか出てこないんです。

      さらに注意が必要なのは、政治利用されてることです。

      オカシオコルテスっていうニューヨークの小娘議員はバーニーサンダースの弟子です。

      民衆は自分たちに予算縮小という我慢を強いないMMTという魔法に夢中です。

      なんといっても、この細菌、赤字国債が大好物なんです。

      「誰かの借金は誰かの資産」
      「財政は赤字でこそ正常」
      「進化論も天動説も最初は異端、MMT(近代金融理論)も同じ」
      「会計上は帳尻があってる」
      「バランスシートは正常だ」
      「財政再建は不要」
      「政府債務GDP比240%の数値に意味はない」・・・といった刺激的な声で鳴きます。

      そして、最後に、そっとこう囁きます
      「インフレにならない限りは大丈夫、最後には徴税権もあるしね(笑)」

      もうこれは、詐欺ですね。

      信者の集め方が、あれとソックリです、そう「ねずみ講」(笑)

      永久に儲かるようなセールストークが、絶妙な詐偽ハーモニーを奏でてます(笑)

      私なんか直感でわかります(笑)

      アレにも似てますね・・・「食べても太らないダイエット」(笑)

      「食事制限は逆効果」
      「毎日3食が成功の秘訣」
      「甘いものは我慢するな」
      「ストレスこそが大敵」(笑)(笑)(笑)

      こんな楽な方法で痩せれるはずないですよね(笑)
      でも、騙されるんですよね、みんな・・・楽ですからね。

      食べたら太るし、ねずみ講はいつか破綻します。

      近代金融理論(MMT)も同じようなものです。

      でも政府にとって、バラマキ予算ほど美味しい政策はありません。

      まさにMMTは強い味方です。

      まあ今は、まだ大論争の真っ最中ですから、どっちが正しいとか、わかりません。

      ただ、一つ言えることは、きっと予算が欲しい企業や団体はMMTを全力で応援するだろうということです。

      ジョウネ○とか、ハセガ○とか、タカハ○とか、ミツハ○とか、このMMT信者たちが、どこからお金をもらってるのか、よくわかりますね(笑)

      1. 鞍馬天狗 より:

        カニ太郎さんへ

        MMT何それ?
        モテて、モテて、タマラない
        の略?

        冗談はさて置き、何か持論にソックリなんだけど
        引用元とか有ったら教えて下さい

        初めて聞いた名称の理論だけど、
        >インフレにならない限りは大丈夫
        完全に同意するんだが
        どっか、オカシイのか?

    2. りょうちん より:

      >NEWポストセブンの『「国債大量発行でも破綻の心配はない」は本当か 歴史の教訓』という記事

      読んできましたが、ひどい荒い理屈じゃないですか?
      意見の内容以前の問題だと思いました。

      特に

      >いまの日本の財政がどのくらいひどいかと言えば、「敗戦時並み」だ。
      >国の経済力を示す国内総生産(GDP)に対する政府債務の比率が、それをはっきりと物語っている。
      >国際的には100%超なら財政悪化と見なされるこの比率が、日本は2019年度末に220%に達すると見込まれている。ちなみに、1945年の敗戦時の比率は正確な統計は残されていないが、優に200%を超えていた。

      この辺なんかまさに詭弁。

      ちなみに
      「国の経済力を示す国内総生産(GDP)に対する政府債務の比率」のランキングがこちらにあります。
      https://ecodb.net/ranking/imf_ggxwdg_ngdp.html

      日本はたしかに世界一なんですが、二位以下を見てください。

      ベネズエラ 175.62
      スーダン 163.21
      レバノン 150.92
      イタリア 132.09
      エリトリア 129.42
      カーボヴェルデ127.71
      バルバドス  124.54

      日本の「(GDP)に対する政府債務の比率」が頭一つ抜けているのは明白ですし、二位以下の国家の財政が悲惨であるのは議論の余地がありませんが、だったら、日本もそんな破綻国家と同じくらい経済が悲惨になっていなければおかしいはずですで、現実世界では、まったくそうなってはいません。

      とすれば

      「国の経済力を示す国内総生産(GDP)に対する政府債務の比率が100%超なら財政悪化と見なされる」

      という論理が絶対的なものでは無いというのが当然の思考です。

      筆者の経歴を見ましたが、

      プロフィール】原真人(はら・まこと)/1961年長野県生まれ。早稲田大学卒。日本経済新聞社を経て、1988年に朝日新聞社に入社。経済記者として財務省や経済産業省、日本銀行などの政策取材のほか、金融、エネルギーなどの民間取材も多数経験。経済社説を担当する論説委員を経て編集委員。

      四大しか出ておらず(つまりアカデミズムの経験無し)、マスコミでしか経済界隈の仕事しかしてこなかったこの人物にまともな経済理論を理解する素養が存在するのでしょうか。
      Amazonの彼の書評を見ましたが、
      https://www.amazon.co.jp/dp/B01MQFCCX8/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
      ヨイショと経済学的にvoodooであるという批判の双極のレビューに晒されていますw

  8. 陰謀論者 より:

    著者は特に韓国の専門家というわけでもないし、内容も総花的で概論な感じなのだが、この発想はなかったということでこの記事を。

    日本と張り合って沈没していく韓国の自業自得
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56068

    韓国の反日は韓国社会のストレスのため。言われてみれば中国の反日は我々もストレス発散のためという視点で見ているが、韓国に対してそう考えることはないな。人間はストレスをためすぎると物にあたることもあるが、なるほどストレスで国民全体がおかしくなって国や社会のルールをぶっ壊してる最中なのか。大変だな~

    1. 匿名 より:

      おかしいのは半万年前からずっとだし、日本が「大人の対応」取れはもういいから。

  9. ふんが より:

    文大統領の娘さんは「日本への留学経験もある国際派のようだ」(黒田氏)

    【コラム】文大統領家族のうわさ、韓国大統領府は説明責任を果たせ 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280148.html

    しかも、日本人でもS翼ならまかり間違っても子弟を入れないだろう「K士舘大学」に留学させていたのだという。大学の応援旗なんか、かなりユニークだよwいろいろと、わからん大統領だわ。 「日本のU翼」でも研究していたのかしら?

  10. 匿名 より:

    韓国子会社の事業撤退=「司法判断に懸念」-半導体関連のフェローテック

    【ソウル時事】半導体関連メーカーのフェローテックホールディングス(本社東京)は16日、韓国子会社での半導体製造装置部材の開発・製造・販売事業から撤退すると発表した。

    韓国の司法判断に対する懸念が背景にあり、進出企業の事業継続に影響を与えた形だ。

    子会社をめぐっては、元従業員3人が2月、営業機密侵害などの罪で韓国検察当局に起訴された。フェローテックは「昨今の韓国における日系企業に対する司法判断などに鑑みると、司法の独立性が完全に担保されない懸念があり、潜在的なリスクを現段階で最小化することが最も適切と判断した」と説明した。

    韓国最高裁は昨年10月以降、元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を下し、日韓関係が悪化している。フェローテックは事業撤退により4億~6億円の損失を見込んでいる。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000117-jij-kr

    いい感じwww

    1. 匿名 より:

      東レのアホはどうすんだろw
      わけのわからん理由で資産差し押さえられてから政府に泣きついてくんなよボケ

  11. 名無Uさん より:

    戦後の日本の右翼団体、保守的言論人の多くは、北朝鮮由来です。右翼と思われる大学も、かなり北朝鮮に侵食されています。ですから、北朝鮮側の韓国人が、安心して日本の大学に留学できることになります。
    戦勝連合国は敗戦後の日本に売国勢力を配置しました。そのために日本で力を与えた人々には、韓国由来の帰化人、北朝鮮由来の帰化人の双方がいます。戦後、北朝鮮からの帰化人が共産党の政策に反発を強めたことが、彼らを偽装保守に走らせました。その典型例は西尾邁氏(一水会)でしょう。戦後の左翼の内ゲバは、基本がこれです。
    ちなみに、日本のメディアではけして引用されない『ユダヤ財閥』だの『国際金融資本』だのという情報も、ほとんどは北朝鮮由来です。彼らが欧米のアングラから集めてきた情報を日本に持って来ています。日本をアメリカと離間させて、韓国のように日本を北朝鮮に従属させるために、そうした情報を彼らは好んで漏らしています。その情報の真偽の判断は別として、かなり注意が必要でしょう。
    これをあまりネットで議論すると、そのブログの存続自体を破壊しかねないほどの危険なものです。
    何故なら、北朝鮮側のブログだと誤認されるからです。

    1. c より:

      それって某士舘大学が朝鮮系の「街宣右翼」大学だという意味ですか?なんか、言ってる意味さっぱりわからんのですけど、西部邁氏って一水会に入ってましたっけ?

  12. 匿名 より:

    金正恩が文在寅を“使い走り以下”の存在と認定 韓国「ペテン外交」の大失敗

    ついに韓国は核武装した北朝鮮とスクラム手を組むことを表明した。「民族の核」の確保に人目も構わず走り出したのである(文在寅政権が北朝鮮の核武装を幇助していることについては、拙著『米韓同盟消滅』[新潮新書]第1章第4節「『民族の核』に心躍らせる韓国人」参照のこと)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00560033-shincho-kr&p=6

    鈴置さんwwww

    1. 匿名 より:

      鈴置さんこの頃血圧高いね。おくすり飲んだ方がいいと思う。

  13. epicurian より:

    仮に日韓通貨スワップを締結するとして前提条件を考えてみました。

    ① 過去の日韓スワップ協定を適切に再評価する。
    ② 韓国側の認識(主張)が誤っていたことを公表する。
    ③ (国を代表して)日本に感謝の意を述べる。
    ④ これまでの不適切な言動を(国を代表して)謝罪する。
    ⑤ 改めて今置かれている状況を冷静に評価する。
    ⑥ 日韓の不適切事項を是正し、今後新たに生じさせない約定をさせる。
    ⑦ 韓国側から日本にスワップ協定を懇願する。
    ⑧ スワップ協定締結に際しては平身低頭感謝の辞を述べる。
    ⑨ 約束したことを守る。

    ①〜⑦はスワップ協定のみならず、その他案件についても言えることのようで、
    実際それら全てを解決した後でないと日韓通貨スワップ協定など検討できないのが、
    リヒリストの立場でしょう。
    結論としては、無理。
    韓国から撤退を決めた半導体関連会社の報がありましたが、
    韓国のカントリーリスクは各企業の責任であると、
    国会で政府の言質を取るような質問者が居ないことを残念に思います。

    話は全く変わりますが、黒字破綻の件、ガミラス二等兵さん。詳しいですね。
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054884987864/episodes/1177354054886542064

    1. 門外漢 より:

      ①がもう既に無理ww
      感情を排して理性的に適切に判断することが出来るなら、こんな事になりゃしません。

  14. 海辺の仕事場 より:

    最近、このサイトにいきついて、非常に良質な評論と議論にブログ主に感謝しつつ拝見させていただいております。

    小生も、多少の円建て国債の発行と財政拡大で日本の経済が破綻することはないと考えております。最近評判のMMT(現代貨幣理論)が話題になってましたので、いささか書き込みます。私も、MMTの支持者の一人です。

    現代貨幣理論については、最近では、東洋経済に中野剛志さんがより丁寧でまともな説明を書かれています。その肝は、いくら国債を発行しても構わないというのではなく、国債の発行の限度は、財政均衡主義による利払い余力ではなく、許容できるインフレ率によって決められると主張している点で、デフレ状況にあっては、国債増発による財政拡大が経済にとって望ましいと主張しているわけで、現在の日本の状況がすでに、その理論の正しさを証明しているのではないかと思っております。国債発行額のGDP比率だけ見た場合、日本はとっくに破産状況にあるわけで、普通ならば、国債の利子もギリシャのように跳ね上がり、すさまじいインフレになってもおかしくないはずですが、ここ、20年、ずっとその危機が叫ばれてきましたが、一向にその気配すらありません。(ただ、私が思うに、実際にMMTが成立するのは、その通貨に国際的信用力があり、その国に生産力(稼ぐ力)があって、通貨の暴落の可能性が低く、通貨の多少の下落にその国の経済が耐えられる国だけで、世界でも、日本、アメリカ、財政統合も果たした場合のユーロ圏、通貨に信用があるとは思えないが中国ぐらいではないかと思います。他の国がMMTを採用すると言ったら、即、通貨の暴落の危機にさらされるんじゃないかと思います。そういう意味では、日本は不思議な国です。先人の努力に感謝すべきですね。

    ところで、私は、経済思想では、かなりの左派なんですが、バリバリの愛国派なんで、最近の隣国のありようには、心底むかついており、なぜ日本政府は本格的に制裁に乗り出さないのか腹立たしくかんじているところです。関税とかは法令がらみなのですぐにはできないのはわかりますが、行政指導による金融での制裁
    はある程度は可能なはずです。ただ、思うに、これは、威力がありすぎて、使うと巻き添えが大きすぎて、韓国に投資している欧米のハゲタカ連中の恨みを買うのを避けていて、アメリカと同時にやるとかタイミングを見計っているのではと感じております。

    でも、韓国人の入国の制限(ビザなしの滞在期限の短縮、反日的思考の韓国人へのビザ発給停止)はするべきと思うのだけど。

  15. 門外漢 より:

    男梅議長が特使派遣を検討しているらしいです。少しはマズイ情勢に気がついたのでしょうか?
    しかし彼の議長の陛下に対する謝罪=皇居前広場で土下座くらいしないと話は進まないでしょう。

    こんな話がリークされるということは、某日韓議連とやらが裏に居るんでしょうか(怒)

    1. epicurian より:

      文喜相の来日は個人的に永久にアウトですが特使派遣にしても順序があると思います。

      ① 文喜相本人が不敬発言を撤回して謝罪する。
      ② 国会議長の職を辞する。
      ③ 国会議員の職を辞する。

      以上の上、特使に関しては、

      ① 昭和御陵に謝罪の参拝をする。
      ② 皇居前広場で宮城に向けて謝罪の礼を尽くす。
       (ついでに靖国神社を参拝する。としようかと思ったが聖域なので省略)
      ③ 大久保駅周辺で路上のゴミ拾い活動を幾日か行う。

      ぐらいやったら、少しは気持ちが動くかもしれません、
      日本人として誇りを気付つけられて平気ではいられない、
      これは偏狭なのではなく当然の感情だと思います。

  16. ラスタ より:

    最近韓国メディアを読み解くコツがわかってきたような気がします。
    筆者氏が掲載した部分を私なりに「韓国の本音」に意訳してみますね。

    まずは中央日報。

    ・安倍総理は韓国を嫌わずにムン氏と会ってほしい。
    ・ムンさんの態度が悪いのは大目に見てほしい。
    ・G20で韓国を無視しないでね。首脳会談してほしい。経済制裁は勘弁してほしい。
    ・お願い聞いてくれないともっと反日しちゃうかも。

    社説。

    「新天皇の即位式には必ず呼んでね。
    そんで、いろいろチャラにしてほしい。
    いままでどおり仲良くしてくれるよね。だよねだよね。」

    最後に朝鮮日報。

    「いままでワガママ言っても聞いてくれてたじゃない。
    これまで助けてくれたのに見捨てるなんてしないでほしい。」

    どうでしょうか。マトモな新聞に載せられるような内容とは思えませんが、言っていることはそういうことではないですか。
    「日本は○○してはならない」という表現は「○○しないでください」、「日本は○○しなくてはならない」を「○○してください」と読み替えると、とてもわかりやすい。
    文化的な特徴でしょうか。北朝鮮の宣伝放送と似ていますね。

    しかしつくづく、自らの行為を棚に上げて身勝手な要望を述べるような国が歴史認識と騒ぐのですから大変なことですね。
    トランプ氏が大統領になったとき流行った反知性主義という言葉を思い出しました。
    ここ一年間に絞って、その事実に対してどういう歴史認識なのか問いただすところから始めてみてはどうでしょうか。
    直近一年のことも捏造できたら大したものです。むしろやってみてほしい。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。