真の敵は日本共産党?沖縄県の県民投票をどう受け止めるか

昨日の『琉球新報らの県民投票巡る狂喜乱舞ぶり、韓国メディアそっくり』の続きです。昨日、沖縄県で実施された県民投票では、投票率は50%を超え、また、投票者の7割以上が反対票を投じたようです。ただし、今回の県民投票の背後には、明らかに外国勢力や日本共産党などの反社会組織の影が見え隠れしますし、マスコミ各社がこれらの勢力と結託しているといわれても違和感はありません。つまり、「法的拘束力がない」というのは事実ですが、沖縄県民とそれ以外の都道府県民の間にクサビを打ち込むという点では、今回の騒動はちょうど良いものだった可能性があるのです。果たして、今回の県民投票を、私たち日本国民はどう受け止めるべきなのでしょうか?

2019/02/25 13:50追記

『図表 投票結果』につきまして、公式の開票結果を沖縄県が公表したため、情報ソースを付け加えたうえで、内容を一部、修正しています。

県民投票をどう見るか?

昨日も『琉球新報らの県民投票巡る狂喜乱舞ぶり、韓国メディアそっくり』でお伝えしたとおり、24日に沖縄で実施された米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票では、投票率が50%を超え、投票者の7割以上が「反対」に投票する、という結果に終わりました(図表)。

図表 投票結果(比率のカッコ内は全有資格者に対する比率)
区分票数比率
賛成114,93319.10%(9.96%)
反対434,27372.15%(37.65%)
どちらでもない52,6828.75%(4.57%)
合計601,888100.00%(52.18%)
(参考)有資格者数1,153,591

(【出所】各区分の票数については沖縄県ホームページ、有資格者数については各種報道より著者作成。なお、「合計」には無効票を含んでいないため、「合計」欄の比率のカッコ内52.18%が投票率と一致するとは限らない)

言い換えれば、全投票有資格者の約38%が移設に対して反対票を投じた格好です。

沖縄県では、各種国政選挙や県知事選・県議会選の投票率は、県知事選で6割を超えるほかは、国政選挙や県議会選挙で50%台に留まることから、今回の県民投票で投票率が50%を超えたことは、まずまずの結果だったと言えるかもしれません。

ただし、沖縄県のメディアなどは、今回の投票結果を「県民の意思が示された」などと持てはやし、狂喜乱舞しているようですが、県民投票でいかなる結果が出ようが、そもそも、「今回の県民投票には法的拘束力はない」のヒトコトに尽きます。

県の条例によれば、「賛成、反対、どちらでもない」のいずれかが投票有資格者の4分の1に達したときには、県知事はその結果を内閣総理大臣とアメリカ合衆国大統領に報告する義務があるのだそうですが、それはあくまでも「県知事」に対して課されている義務です。

とても当たり前の話ですが、県の条例レベルで内閣総理大臣に何らかの行動を強制させる権限などありませんし、ましてや外国の国家元首に対して「命令」などできません。

この点を、忘れてはならないでしょう。

ものすごい違和感の正体とは?

こうしたなか、昨日も少しだけ述べたのですが、今回の県民投票に対して私が抱いているのは、非常に大きな違和感です。

一般に日本社会においては、法令の力関係は、憲法や外国との条約が最上位に来て、その次に国会が決める法律、内閣が決める政令、各省庁が決める省令・府令・告示であり、地方自治体の条例はさらにその下に来ます。

法の力関係
  • 憲法(改正には衆参両院の3分の2以上の賛同による発議と国民投票で過半数の賛成が必要)
  • 外国との条約(国会が批准する必要)
  • 法律(衆参両院で過半数、または衆議院で3分の2以上の賛同が必要)
  • 政令(内閣が閣議で決定。一般に全会一致が慣例)
  • 府令・省令・復興庁令・告示(各省庁が決める)
  • 条例(地方自治体が独自に定める)

当たり前ですが、日本は法治国家である以上、この力関係を崩すことはできません。

仮に私が居住する東京都新宿区で、「日米安全保障条約を無効にする」という条例が制定されたとしても、法的拘束力はゼロですし、「新宿区にある防衛省の本部を新宿区外に移設する」という住民投票が行われて過半数の区民が賛成したとしても、そんな投票に意味はありません。

沖縄県議会がやっているのは、これとまったく同じことなのです。

狙いは「沖縄県独立」?

ただ、ここで1つの注意点があります。

それは、沖縄県議会や沖縄のメディア(沖縄タイムス、琉球新報)、あるいは在京メディア(時事通信、共同通信など)は、今回の県民投票が法的には何の意味もないことをわかっていながら、わざとやっている、という可能性です。

つまり、法的に意味がない住民投票を実施し、「全投票資格者の4分の1以上」にわざとハードルを下げることにより、「国は県民の民意を踏みにじっている」などと騒ぎ立て、そのことによって県民の間に「沖縄が日本領である状態だと、何も変わらない」という無力感を煽る、という手法です。

そして、その行き着く先は、「沖縄県独立」かもしれません。

私自身、沖縄県議会と沖縄タイムス、琉球新報の背後には、日本共産党などの反社会的勢力、さらには中国共産党などの外国勢力が存在していると考えています。そして、あわよくば「沖縄県独立」を達成すれば、中国の軍事的野心の充足とともに、日本崩壊につなげる魂胆かもしれません。

このため、今回の住民投票も、沖縄県の民意を政治利用して、沖縄県とそれ以外の都道府県の間に亀裂を入れることができれば、彼らとしては大成功といえるかもしれません。

もちろん、彼らがそこまで考えているかどうかはわかりません。

しかし、日本政府の立場としては、そこまで心配すべきでしょう。

その意味で、今回の住民投票についても、沖縄県民以外のすべての日本国民が、沖縄県の基地問題に寄り添う良いきっかけになるかもしれませんし、沖縄の2大紙の異常性を強く認識することができるのならば、それはそれで良いことでもあります。

日本共産党は間違いなく国民の敵

それよりも、私たちが何より意識しなければならないのは、今回の活動の裏に見え隠れする中国共産党や日本共産党などの勢力であり、特に警戒すべきは日本共産党です。

日本共産党は他陣営の演説を妨害したり、選挙の公示日前にビラを配布したり、と、公選法などを守らず、当選のためには違法行為も辞さない組織です。

何より、日本共産党の志位和夫委員長は、党員などによる正当な民主主義的選挙を経ずに、20年近く、党の委員長の座に居座っています。民主主義社会である日本において、党の代表者を選ぶプロセスもよくわからない独裁政党が存在し、国会に議席を持っていること自体、どう考えても異常です。

さらに、日本共産党は政党助成金を受け取っていませんが、その理由は、機関紙「しんぶん赤旗」を党員に購読させることによって巨額の政治資金を集めていることに加え、政党助成金を受け取った政党は資金使途に関する詳細な報告書を総務省に対して提出しなければならないからではないでしょうか。

(ちなみに私自身も今から30年近く前、大学生時代に「朝日新聞奨学生」を経験しており、「しんぶん赤旗」の配達員がブラック企業顔負けだという点については、「しんぶん赤旗」配達員の皆さんから直接に聞いて存じ上げています。)

ブラック企業を批判する日本共産党がブラック企業よりもブラックだというのもブラックジョークです(※「赤い貴族」が君臨する日本共産党は、黒いのか赤いのかよくわかりません)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

昨日、「安倍(総理)は独裁者だ」と信じていると思しき人物とツイッター上で軽く議論を交わした話題を紹介しました(『「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた』参照)。

「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた

この人物が日本共産党の支持者なのかどうかは存じ上げませんが、ツイッター上のやり取りを見ている限りでは、「反アベ界隈」の皆さんはやたらと小難しい理論を振りかざすものの、理論は穴だらけなので、そこを突かれたら慌てて逃亡する、というのが基本的なパターンではないかと思います。

基本的に、日本共産党の支持者のなかにも、頭が良い人たちがいるのかもしれませんが、その割に論理的思考能力、議論力は極めて弱いのが実情でしょう。

ただ、この「正面から議論を挑まれたら屁理屈をこねて逃げ出してしまう」というのは、別に日本共産党の支持者や「反アベ界隈」の人たちに限られません。最近だと、マスコミの記者(とくに左巻きのメディアの人たち)に、そのような人たちが非常に多い気がします。

やはり、インターネットが普及したことで、情報発信手段が国民にとって身近なところに出現したというのは、日本共産党を初めとする「国民の敵」のまやかしを見破るうえで、ちょうど良いきっかけなのです。

私も微力ながら、ウェブ評論を通じて「議論のプラットフォーム」を提供し続けたいと思いますし、『【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標』でも述べたとおり、当ウェブサイトと似たような「言論プラットフォーム」が乱立することを、ウェブ評論家の1人としては心の底から願っている次第なのです。

読者コメント一覧

  1. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    日本共産党は使い捨ての小物と思います。
    別のコメントで書いた通り、日本市民(笑)は指導的な立場になれないからです。
    真のボスは中国共産党でしょう。

    彼らに対するコメントは夕方以降で書く積もりです。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. 匿名 より:

      やはり中国共産党があって自民のミスター中国みたいな二階堂がいてるから選挙違反やらを取り締まれないのですかね?
      少なくとも現行法に対する違反は取り締まってほしいですね。

  2. 名無し日本共産党員 より:

    現役日本共産党員です。
    多分この春のウチに離党すると思います。
    今の日本共産党は私の見たところ中共言いなりではありません。文在寅政権が羨ましくて盲従している感じを私は受けました。私の認識の範囲では日本共産党は近年中共習近平政権とはかなり表沙汰にして対立を深めて居ます。沖縄には日本共産党ばかりでなく雑多な勢力がいるのでその中には「沖縄独立派」の様な連中や中核革マル等のテロ集団も混入していると思われますが日本共産党は沖縄独立派ではありません。
    だが文在寅政権盲従が酷すぎる。数年前に朝日虚報が明らかになった時に実は赤旗(機関紙)も謝罪をしました。しかしその朝日虚報の張本人の植村某の起こした名誉毀損裁判の判決が出たら呆れる事に最高裁判決に即時「不当判決」と記事にしている。また朝鮮戦争の発端論で不破哲三指導体制の頃に北朝鮮の侵略であった事を認める様になって来ていたのが、つい先日赤旗日曜版で見開き大特集をうって朝鮮戦争の発端を隠して北朝鮮を結果的になって擁護美化する様な記事を掲載しました。
    また従来の日本共産党は「非核の政府」と言う政権綱領を持っていて非核政府の実現には人民の戦いが必要と述べていたのですが、文在寅政権をどこをどう見誤ったか非核の政府と勘違いしている(思わせようと赤旗が詭弁を弄している)様に思えます。

    1. なんちゃん より:

      大変興味深い書き込みをありがとうございます。
      もしよろしければ教えていただければ幸いです。

      > だが文在寅政権盲従が酷すぎる。

      この行が非常に気になりました。単純に、どうしてそうなったのでしょうか。
      日本共産党と韓国内の政治勢力と交流があったということを知らなかったものですから。

      ・日本共産党と韓国の左派とは常日頃から交流があり、その流れで、なのか、
      ・日本共産党と朝鮮労働党との交流の文脈で、北朝鮮に融和的な文政権を応援しているのか、
      ・文政権の革命的思想や統治手法に遠くから共感してのことなのか、

      共産党と言う組織が古くから存在し、これからどうなっていくのか、歴史的な観点で非常に興味を持っています。
      もし教えていただけますと幸いです。

      1. 名無し日本共産党員 より:

        反応ありがとうご。
        > 文在寅政権盲従
        志位和夫氏は何年か前に党としては初の訪韓をしました。当時の私の認識では韓国保守派と刑務所跡地で会談したりして相手が「日帝被害者への敬意」を求めて来た時に志位和夫氏は「同志として献花」しました。同志ですから謝罪土下座はしない。また韓国保守派の対話相手が竹島問題を言い立てて来たら案外頑強に「日本にも言い分がある」と言う外交的レトリックを駆使して竹島韓国領土説には柳腰で合意せずに居ました。だがどう言うツテか左翼市民団体との懇談の対話集会のような場を持ち、朝鮮人が内政干渉的に日本政治にあれこれ言うのと「対話」していました。
        また日本共産党幹部で割と理論的に切れ者だった新原昭治氏と言う方が訪韓中に急逝されて居ます。もしかしたら朝鮮人市民運動団体側から丁重に遺体搬送など骨折りを受けたかも知れません。新原氏は安保条約の密約などに関して米国の政府の資料を調べるなどして居た人です。
        女性議員などが時々訪韓して慰安婦像前の「記者会見」集会に参加したなどと言う消息記事も散発的に赤旗に報じられた事があります。国際条約に基づいて外交上の違反と言う件が取りざたされるようになったら全く登場しなくなりましたが、党として正当化もせず、然りとて自己批判もせずにうやむやにしている。
        「男組」だとか「しばき隊」の連中も数年前にはチラホラ赤旗に登場させて居ましたが今は出てこない。何故出てこないのか理由も明らかにしていません。
        。。。結果としてご質問の内容ですが私にもよくわかりません。文在寅政権盲従は私の感じた印象です。

        ところで、保守派の皆さんはよく赤旗の機関紙代で党運営する日本共産党を「おかしい」と言われるが近代政党の必要な条件として機関紙発行とそれを配布すると言う党活動スタイルは資本主義を守る党こそ必要な体質だと思います。日本共産党はこの党体質を獲得する事で外国依存の陰謀団体から1960年代に脱皮を遂げました。党員は「外国の指図を受けるよりは苦労して新聞配りする方がマシ」と思って日夜機関紙活動をしているのです。こうして党活動と財政面では最も先進的な日本共産党が資本主義否定の党で、資本主義護持の保守党派の党が近代政党制以前の古い党体質と財務体質と言うねじれは奇妙な事です。

        1. なんちゃん より:

          名無し日本共産党員さま

          返信くださり、ありがとうございます。

          「文政権盲従」は、いくつかのきっかけになりうる出来事はありそうだけれども、よくわからないし、党からはその理由は明らかにされていない、ということですか。

          あまり理由はなく、流行り廃りに反応している・・・のかもしれませんね。
          「慰安婦」関連も、支持を表明したかと思えば違法性が見えてくるとなかったことにしてみたり、存在意義の発揮に苦心しているという感じか。

          元気がなくなってる感じはしますね。

          大変参考になりました。ありがとうございました。

          新宿会計士さま>場所をお借りしました。すみません。

  3. カニ太郎 より:

    沖縄に関してはズブの素人ですが、共産党に関してもズブの素人です。

    それでも一言いわせていただきます。

    沖縄をなめるときっと痛い目にあいますよ。

    昨日だって、アビスパ福岡はFC琉球に3-1で破れました。

    そうなんです、FC琉球はなんと今年からJ2に昇格したんです。

    人口142万人しかいない、あんな小さな商業エリアしかない、沖縄に、人口500万人の福岡県が惨敗した衝撃は、昨日の県民投票と並んで沖縄県民を狂喜乱舞させただろうと思います。

    このFC琉球のバックには恐らく共産党はついていないと思いますが、今後、どこまで勝ち進むかまったく先が読めません。

    サッカーに関しては、最近面白い記事を見つけました。
    英国のスポーティングインテリジェンス社というのが毎年、グローバルスポーツサラリーサーベイというのを発表してまして、世界各国のプロスポーツのトップリーグのランキングをサラリーベースで分析してくれるのですが、日本のJ1は世界で19位でした。
    まあ、細かいことはglobal sports salaries surveyで検索すれば出てきますけど、
    世の中で、GDPで経済を測っても、国民の豊かさや、幸福度はわからないですけど、マック指数やこのサッカートップリーグの平均サラリーで見ると、なんとなく違った面が見えてきます。
    実際、欧州ではダントツイングランドのプレミアリーグがトップなんです。
    なんで、イギリスがEU離脱したがってるのかわかる気がしますね、たぶん経済絶好調なんでしょう。それに比べてフランスのリーグアンは5位、なんとスペイン2位イタリア3位にすら大きく水を開けられてる。EUでドイツと並んで経済を引っ張っているはずだと思われがちですが、恐らく庶民の感じる不満は、なんで怠け者のイタ公や女好きのスペインにこんなに負けなきゃいかんのだと思っているのでしょう。
    しかし驚くのはまだ早い、なんと7位がロシア、あのIMF管理になったこともある、2002日韓ワールドカップで日本に負けた、あのロシアリーグは取っても景気がいい。
    更にビックリしたのは8位がトルコです、マジです。
    あの去年りらが大暴落してデフォルト寸前だったトルコリーグは、今、大金で世界のスーパースターを集めてる。香川や長友がトルコてプレーしてる意味がこれでわかりました。
    しかし、しかし、実は本題はこれから、なんとなんとあの中国のトップリーグが、6位なんです!
    もう完全に日本はぶち抜かれてます、中国はめちゃくちゃ金がある(笑)
    そしてまだまだ驚愕は続きます。
    あのサッカー不毛の地であるはずのカナダが10位、これは米国のメジャーリーグサッカーに加盟してる3チームのみの集計です、ゆえに当然米国も16位に顔を出します。
    米国4大スポーツと言えばバスケNBA、アメフトNFL、野球MLB、アイスホッケーNHLの4つがめちゃくちゃ大金で運営してますが、さらにサッカーも加わるのは確実だと言われています。
    更に、もう嫌になるんですが、アルゼンチンって去年デフォルトしませんでしたっけ?もう何回もデフォルトしてる国なんで、またデフォルト勝手な感じの国なんですが、ふざけたことに14位なんです、ちなみに平均サラリーは379,000ドル、ドル円相場110円として4,150万円、なんでこんなデフォルト国家がこんなサラリーでサッカーリーグが運営できてるのか?
    まったく羨ましい限りです。

    とまあ、下らない話だったですが、ちょっと自分は面白かったんで書いてみました。

    あっそうそう、皆さんの一番気になるかの国なんですが、27位でした、韓国ですよ(笑)

    あそこも気の毒な国ですよね、132,000ドルしかもらってないんですから、これって驚くことに、経済危機が毎年叫ばれてるギリシャより低いんですよ、ギリシャはさんざんドイツとかに苛められ、年金カットとか公務員削減とかやってるくせに、170,000ドルで23位なんですから。
    あと、最後にインドが30位に入っていたこと、それとインドのクリケットリーグは、なんとなんと世界トップクラスの高給取りで、平均給料は米NFLと同じくらいにだと付け加えておきます、トップ選手のマヘンドラシンドーニというインド人はクリケットだけで3億6千万円スポンサー料が33億円だそうです。
    インド恐るべし、ですね。
    もう日本の相対的評価は下がる一方ですね、確かにGDPは世界3位ですが、これって価値あることなの?って思ってしまいました。

    1. 匿名X より:

      カニ太郎さまへ
      グッドでした! その調子で又たのみます。

    2. 鞍馬天狗 より:

      カニ太郎さんへ

      カニ太郎さんの着眼点は凄いよな
      本当、何時も感心する

  4. 匿名 より:

    こんなの「沖縄の民意が普天間継続なら、引き続き危険な普天間基地を維持する。政府は民意を尊重する。」
    これで反対派の意見に楔を打ち込み、地域間の立場の違いによる分裂を誘導すれば良いものを。
    生真面目な安倍さんはそう言う方法はお嫌いなようで。

  5. 沖縄の三十路 より:

    沖縄の独立を狙う勢力は存在します。

    おそらく、今日のニュースで「民意は示された!」と叫ぶ活動家を報道し、本土との亀裂が広がるよう仕向けることでしょう。しかし、反対に投票した人は全体の4割にも満たないのが事実です。ニュースの誇張を真に受けないよう、お願いします。

    また、今回の投票では、反対へ投票する事で普天間基地の移設が遅れ、宜野湾市民を犠牲にするということが隠蔽されています。これだけでも許せることではないのですが、この土日の街頭演説に至っては、「普天間基地撤去のために反対に○を!」などと叫び、住民を騙そうとしていました。

    今回の投票は正常なものとは到底呼べず、また実際の効力を持たないものですので、無視するのがよいかと思います。

  6. 特保 より:

    国連は2008年に琉球民族を先住民と公式に認めた。
    2009年にユネスコが沖縄固有の民族性を認め歴史、文化、伝統、琉球語の保護を求めた。
    2010年に人種差別撤廃委員会が沖縄への米軍基地の不均衡な集中は現代的な人種差別と認定。

    以上のことを踏まえて、今回の県民投票の結果及び県条例に基づく日本政府及びアメリカ政府への基地建設中止の申し入れは非常に大きな意味があります。(人種差別だ!)
    多分、多くの沖縄県民は自分たちが日本人ではなく琉球人と認定されたこと、人種差別を受けていると国連で認定されたことを知りません。当然、多くの沖縄県民以外の日本人も知りません。
    では、誰が行っているのか、日本人の活動家です。ブログ主は共産党を疑っていますが、それだけではないと考えます。福島瑞穂議員は過去にプライムニュースで沖縄の自己決定権と米軍基地の話をしていましたから関係していると思います。
    個人的には被害者に寄り添うふりをして、利益を得ている被害者ビジネスとなんら変わらない方々と思います。

    1. りょうちん より:

      あのー、パワーポリティクスの現実世界で

      国連w
      ユネスコwww

      というのが世界の選択ですよ・・・。
      特にユネスコなんか日本が本気で札束でちょっとはたいたくらいで右往左往ですからねえ。

      1. りょうちん より:

        https://japanese.joins.com/article/638/250638.html
        ハノイ会談が始まる前から…日本「北朝鮮に支援しない」と米国に通知

        > 日本は北朝鮮への人道的支援にも参加する考えがない。国連世界食糧計画(WEP)や国連児童基金(ユニセフ)などにもすでに「日本の拠出金を使うことは認めない」という趣旨の通告をしている。

        ほう・・・日本も言う様になりましたねえ。

  7. 心配性のおばさん より:

    >ただし、今回の県民投票の背後には、明らかに外国勢力や日本共産党などの反社会組織の影が見え隠れしますし、マスコミ各社がこれらの勢力と結託しているといわれても違和感はありません。

    ははぁーん。そういうことですが、ムカつきますね。沖縄の人々の悲劇をくいものにする輩ですか。
    そういえば、隣家の主婦が「沖縄の米軍基地反対運動は、県外からの移住者がやっているのよ!」って喚いていました。彼女が日本政治について話し出すと、軽く1時間以上は喋り続けるので、聞き逃していました。
    Web主さんの懸念されているように、今回の投票に沖縄県民ではない外部勢力(学生運動崩れ、共産党、某国工作員)が介入しているのであれば、深刻です。

    >さらに、日本共産党は政党助成金を受け取っていませんが、その理由は、機関紙「しんぶん赤旗」を党員に購読させることによって巨額の政治資金を集めている

    これは、知っていました。昔、担任教師の机の上で見つけ、「先生、赤なの?」って聞いたところ、「強制的に買わされる。」っていってました。教員になったら、日本共産党に加入させられ、機関紙を強制購入させられる。総会屋みたいですね。
    日本共産党って、やくざ?野党って、国会喚問されないんだっけ。

    >そして、あわよくば「沖縄県独立」を達成すれば、中国の軍事的野心の充足とともに、日本崩壊につなげる魂胆かもしれません。

    残念ながら、その素地はありますね。その素地とは、彼ら琉球民族が持つ歴史上の悲劇です。彼らはかつて琉球王国という平和国家を営んでいました。それゆえに薩摩藩に併合されましたけど。
    アメリカがハワイ王国を併合したのや、中国がチベットを併合したのと似ていますね。彼らは日本国民なのに、日本政府は彼らを苦しみから救わない。絶望して、独立。という感情は解るような気がします。
    でも独立して、どうします?その国防は?尾長知事でしたっけ、中国に友好訪問したのは、それは、いわゆる「かもねぎ」です。
    あんぐり開けた中国の口に、沖縄という鴨だけじゃなく、葱という日本まで差し出したことになるのですよ。沖縄県知事としての見識を疑います。沖縄県の利益は?亡くなってしまった方を責めるのは卑怯ではありますが。

    1. R より:

      東大駒場寮の廃寮反対といってたてこもっていた、S氏と、
      当時、民青(共産党の下部組織のようなもの)で、自治会長のSさんが、
      つきあっていて、駒場寮でラブラブですごしていましたが、

      駒場寮の廃寮もやむなしとほとんどの東大生が思っている中で、
      他の大学とかの学生やらが色々とやってきて、廃寮反対とかってやるんですよね。

      もう、何十年も前の話ですが。

      その後に、Sさんの後継の民青出身の東大/自治会長のA君とは、色々な
      場で議論してやりあったりしましたが、
      根は、真面目でいい人たちに思えるんですけれど、
      価値観が、共産党なんで、普通の人とずれているんですよね。

      過激なことを、過激の意識がなく、できる人たち。

      大学自治とか言って、他大の人たちを動員したりね。

  8. 韓国在住日本人 より:

     沖縄の経済は昔と違って基地で成り立っているのではありません。どちらかというと基地が有るが故に財政面での優遇措置が大きいと思います。沖縄は5年も行かないと新しい道がどんどんできて全くどうなっているのか分かりません。日本の他の地域でも同じだと思いますが、沖縄のような田舎には土木業に従事している人が多いです。そのため、沖縄の公共工事がどうしても多くなります。

     翁長知事から続く基地反対の県政は幼いころから受けてきた日本憎し教育の賜物だと思っています。第二次大戦時の真偽不明な逸話が多く残っており、それを戦後(恐らく現在も)ずっと教職員が教えてきたのです。悲惨な話もありますし嘘に近い話もあります。

     沖縄は本当に貧乏な地域です。琉球処分の前は人頭税があり、ある一定の身長に達すると税金が課せられます。これがかなりの重税で特に先島地方では悲惨な話が多くありました。それが琉球処分により人頭税が廃止され、日本からの税金が入ってくるようになり、港湾等が整備されていきました。何を言いたいかというと、沖縄独立論は経済的に不可能です。従って、もし沖縄が独立したら、韓国と同じように日本に集っていかないと存続できません(現状でも集っているようなものですが・・・)。また中国に支配されたとしたら、現在の新疆ウイグル自治区やチベット自治区のようになるでしょう。小生は沖縄は現状を受け入れ、普天間基地をなくし、辺野古移設へ舵を切るしかないと思います。

     最も重要なことは普天間基地の移設です。普天間は那覇市に隣接する浦添市の横(上?)にある宜野湾市にあります。この那覇市から宜野湾市にかけての西海岸沿いは米軍基地のオンパレードです。沖縄県の中心が那覇市にあるので、この西海岸沿いの基地が返還されればあらたな経済効果をもたらす可能性があります。沖縄は日本からの財政援助があまりにも長すぎて、自らの力で産業を興すことが出来なっています。もちろん地理的な問題やその他いくつかの問題があります。その中には使える土地が少ないと言う問題もあります。

     小生はまず普天間基地を変換し、続いて那覇市から宜野湾市に至る東海岸沿いの基地を順次移転する。それが県内であろうがなかろうが一向に構わない。その基地が移転し終わったら、改めて県外移設を考えれば良い。そうしなければいつまで経っても解決はしないと思います。基地のない沖縄は理想です。それは他府県でも同じで、実際にオスプレイの訓練の際に他府県は受け入れを拒否しました。沖縄県民は武器が嫌いです。島津が沖縄を支配した時に武器禁止令が出されてから長い間沖縄の人々を武器を持つことが出来ませんでした。そのために発達したのが「空手(唐手)」だと言われています。つまり武器がなくとも、あるいは身の回りにあるもの(鎌や天秤棒)を武器として戦うことを発達させました。

     沖縄県民の反発はあるでしょうが、実際の沖縄県民の民意とはかけ離れていると小生は思います。今回の県民投票にしても、沖縄出身者がどの程度投票したのか疑問に思います。他府県からわざわざ移住して沖縄をかき回す人々をどうにかしないと、このままでは沖縄は他府県から集りや集団だと思われても仕方ないと思います。

     駄文にて失礼します

    1. 鞍馬天狗 より:

      韓国在住日本人さんへ

      地政学的に県外移設は難しいと思います

      例外とするなら、台湾に移設するのがベストでしょうね

    2. りょうちん より:

      >島津が沖縄を支配した時に武器禁止令が出されてから長い間沖縄の人々を武器を持つことが出来ませんでした。そのために発達したのが「空手(唐手)」だと言われています。

      それは空手家が神秘化するために吹かしたものだと概ね武術研究家の見解は一致しています。
      そもそも空手の体系が完成したのは、廃刀令以降です。
      空手は琉球古武術のうち、徒手格闘術のみを指すのであって、琉球古武術は本土の当て身重視系の柔術よりよっぽど多彩な武器を活用します。釵なんか武器以外の用途はありませんし、「武器が嫌い」とかいわれると琉球古武術ファンとしてはえ?と思ってしまいます。
      カポエイラも似た様な、奴隷が反抗するために作った武術という神話を持ち出していますが、それもフカシだろうといわれています。武術が体系化されるとそういう来歴を必要とするんですよね。

  9. 匿名 より:

    基地問題で騒げばお金がふってくるという構図が悪かったんだと思います。
    補助金無しではなにも成り立たないとか。
    騒げばお金が降ってくるというのはなにかの構図と似てますよね。
    沖縄は経済が地盤沈下してると聞いたのですがそうなんですかね。

  10. 心配性のおばさん より:

    韓国在住日本人様 くどいですけど大丈夫ですか?それとも、3.1の混乱を避けて一時帰国中ですか?

    この大変な時機に観光するような人には自己責任ですけど、仕事で現場を離れられない方々には、優先順位をもう一度警告させていただきます。
    自分の命が第一優先ですよ。仕事はその次です。

    1. 韓国在住日本人 より:

      心配性のおばさん 様

       毎度小生のことを気にかけて頂き有難うございます。

       今のところ帰国は2/28を予定しております。ギリギリまで仕事をして最終便で帰国する予定です。なお、こんな時期にも関わらず、仕事のため日本から出張で来られている方もいます。今週いっぱい滞在するそうで、一応気を付けて下さいと言っておきました。

       韓国人に「3/1は物騒だから帰国する」と言うとほぼ100%「何が物騒なの?」と逆に質問されます。小生の活動域がソウルとは離れているため、誰も問題視してないのか、又は全く関心が無いように思われます。

       小生3/1と8/15はソウルに行ったことがないので怖いもの見たさで一度行きたいと思いますが、なかなかタイミングがつかめません。もし、行く機会があればその様子をレポートします(行く可能性はかなり低いですが・・・)。

       駄文にて失礼します

      1. 心配性のおばさん より:

        韓国在住日本人様 ご無事でなにより。 安心しました。

        28日に一時帰国とのこと。不穏な空気を外聞しております。空騒ぎならこしたことはないのですが。
        ご用心下さい。なお、怖いもの見たさはケガの元ですよ。念のため。

  11. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    朝の時点ではコメントは少ないかなと思っていた記事ですけど毛色の変わったコメント主様も加わって意外と賑やかだったと思います。

    さて先ずは日本共産党の党員さんも読んでいるかもしれませんが当方が日本市民(笑)さんたちが小物と思う理由を書こうと思います。

    ①日本市民の反応はあまりに硬直的です。日本という体制に「反対するなら何でも良い」と言うのが見えています。愚か者の当方でも見えるのに海千山千の中国共産党の指導者に取ってはこれは便利な操り人形です。これは表面上中国と友好かどうかとは別です。

    ②多様性の許容はあまりに狭すぎます。対米観を見れば明らかです。反米100パーセントの日本市民に比べて自民党はアメリカへのスタンスはアメポチだけでなく、親米派や腹に一物持っている人間や嘗て在籍したルーピー鳩さんの様にアメリカが匙を投げる人間(笑)や金をくれるなら何処でも味方しますと言うカニさんのようなコンピューター付きブルドーザー(誉めています)迄何でもいます。
    日本は多様性を認める民主主義社会です。
    清濁合わせ飲む集団と金太郎飴集団とではどちらが日本を指導するに相応しい集団と国民は思うのでしょうか?
    日本市民が国民の多数の支持を得るのは難しいでしょう。

    ③日本市民は日本の国益と安全保障にあまりに無頓着過ぎます。沖縄は独立して日本の主権から離れると力の空白が生まれます。それは他の主権が埋めるでしょう。中国です。自国民で支配する為にチベット、ウイグルのような弾圧か戦争を起こして男性を戦場送りにするでしょう。
    沖縄と日本市民だけが酷い目に遭うなら自業自得ですが、沖縄が日本の主権から脱落すると次は小笠原諸島の主権が奪われます。ここは江戸時代に一時アメリカの実効支配にあったからです。沖縄よりも奪取は容易です。
    そうなると日本のシーレーンは中国のモノです。貿易が困難になり日本の主権は喪失するでしょう。
    このような結果でも日本市民は日本で指導的な立場になれません。どんな意味があるのでしょうか?

    それに引き換え中国共産党はおそらく伝統的な官僚による専制支配システムをAIに置き換えてより効率的な国家システムを構築した上で10年以上のスパンで日本を侵略すると思います。もちろん手がかりは沖縄と思います。

    どちらが脅威かは明らかではないでしょうか。

    以上です。駄文失礼しました。

  12. 初老_その1 より:

    私は、政府の日本安全保障と沖縄米軍基地の在り方の説明に全面的では
    ないですが、納得しています。
    日本政府が移設作業を進めることに反対しません。
    おそらくサイト主様と同じ感覚で私は沖縄をみていると感じます。
    以下、主観です。

    ★★県民投票について雑感
    ①辺野古埋め立て県民投票結果は拘束力ないとのこと。沖縄県民に効果
    なきことに税金使うだけの余裕(裕福さ)があること羨ましいです。
    ②日本政府(日本国民の代表)は、20年前?沖縄県、米国と協議の上、
    辺野古へ基地移設することを決定し現在施行中であると認識している。
    私は、これは日本国民の意思であると思っています。
    なぜ今、沖縄県は辺野古に反対なのか?報道では3つの要因らしい。
    一つは、沖縄への過重な基地負担、一つは、辺野古の豊かな自然環境、
    一つは、県内主要選挙の結果ということらしい。
    ③県民投票結果により、日本政府、米国大統領へご報告する?とのこと
    ですが、私には、沖縄県の反対要因は、日本国内問題に見えます。米国
    大統領に何をしてほしいのでしょうか?沖縄県は、日本国民へ報告、要
    望そして米軍基地設置場所代替案等提示されているのだろうか。普天間
    飛行場の危険性除去方法の見解を提示されているのだろうか。
    (地元自民党国会議員さんに状況問い合わせ中ですが。)
    私は、所用でかなりの回数沖縄へ出向いた折りに普天間飛行場近くを見
    ましたが、住宅地の上空を飛ぶ飛行機には本当に圧倒されます。

    永らく在外人であったが、都度沖縄問題の記事は断片的に拝見してまし
    たが、日本、日本人の安全保障を優先したいという日本政府の説明はわ
    かりましたが、沖縄県の反対理由は辺野古の自然を守るために、日本、
    日本人の安全保障、日本人の生命を犠牲にするということなのだろうか。
    基地負担、県内主要選挙の結果は政治的な要素強く感じますので、国会
    で対策協議し解決する案件ではないのか。
    それとも、日本政府、日本人への不信・不満ということで折り合えない
    ならば、日本の民主主義に従えないことであり、沖縄は日本に属するこ
    とを拒否していると解釈されても仕方ないと思うのだが。

    ★★私の主観
    沖縄は日本に属することを拒否するならば、沖縄の元統治者である米国
    、日本政府、沖縄代表の3者協議にて沖縄の統治を米国へ戻す。その後
    、沖縄の方々に直接米国議会、米国大統領と自由に交渉させてあげるべ
    きではないだろうか。沖縄が米国のグアム領の如くなるかもしれない。
    まあ、現米国大統領は金銭主義故に受け入れないかな?日本に維持費要
    求するだろうし、日本は沖縄難民?(失礼な言い方お許しを)受け入れ
    もあるだろうし、損失膨大になる可能性大ですね。難しいかな?
    しかし、現状のまま進めば沖縄は他国の支配下に..赤軍となると日本
    への脅威は最大になるだろうし、日本の選択肢は狭い。
    日本人として本意ではないが、致し方ないだろう。
    これこそ、日本政府が国民投票で決めてあげればよいのではないのか?
    責任放棄なんだかんだとなるだろうが、日本国民が望むなら解決方法の
    1つとするのは、永らく在外人だった私の主観です。
    佐藤栄作元首相(故人)が日本への沖縄返還できたなら、安部晋三首相
    は米国へ再返還交渉できないのだろうか。

    日本が自主防衛能力向上に邁進することも1つである。その場合、憲法
    改正が必要だが、国会は野党議員さんのパフォーマンス披露状態、安全
    保証問題は蚊帳の外らしい。我が家TVなし、新聞未購読で詳細不明。
    そうなれば、政府はどちらにしても国境線、防衛線再設定等々大変な作
    業になるが、労苦惜しまずということかな。

    ★★個人的なこと
    大東亜戦争(米国との戦争含む)時、私の近親者、親戚の半数近く(幼
    児12名、子供11名含む37名)が東京大空襲(私生まれていないの
    で状況知りません)で亡くなっています。また、沖縄戦で5名の親戚が
    戦死しております。私は、永らく(約40年)在外人であったが、生前
    の両親との約束故に毎年終戦日に帰国し、墓前に手を合わせてきた。
    沖縄は特別な戦地だったとか耳にする度に、戦争に特別なことなどない
    という思いを常に抱いてきた。
    沖縄の人達だけが戦争の影響を受けたわけではないと申し上げたい。
    私の家だけでなく多くの家族の方々も影響があったと思いますが、私の
    両親は、これも歴史と思っていると言っていたことを思い出す。

    ★★サイト主様「真の敵は日本共産党?沖縄県の県民投票をどう受け止
    めるか」
    私の主観では、沖縄は米国の第二のグアム領になるのが妥当?となりそ
    うなので、日本共産党は米国と戦っていただければよいでしょうとなる
    かな。日本の民主主義と米国のそれとは違うので健闘を祈るとしか書け
    ません。しかし、明るい民主な沖縄でないと米国に嫌われるだろう。
    サイト主様「私自身、沖縄県議会と沖縄タイムス、琉球新報の背後には
    、日本共産党などの反社会的勢力、さらには中国共産党などの外国勢力
    が存在していると考えています。そして、あわよくば「沖縄県独立」を
    達成すれば、中国の軍事的野心の充足とともに、日本崩壊につなげる魂
    胆かもしれません。」とのこと同感です。永らく在外人だったので最近
    日本政治のスピード感と世界のそれのズレが大きく感じられる。
    面倒な国際情勢は、日本のノンビリした憲法改正発議を待ってくれない
    勢いかも....

    海外の私の知人達曰く「日本の憲法改正は、国民に神道、仏教の再認識
    を促すことにならねば実施する意味なし。」が共通認識のようです。

    書き足らずですが、長くなるのでここでやめます。
    ご批判あると思うが、私の主観に過ぎません。
    空き時間に書いている故にランダムになり失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。