本日から2月です。当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』への月間アクセス数は、先月、180万件を突破し、過去最大となりました。ただ、私自身はそのことに慢心するつもりはありませんし、むしろ、慢心が見えるようであれば、読者の皆さまには積極的に当ウェブサイトを批判して頂きたいと思います。ただ、当ウェブサイトの事例を振り返っておくと、ウェブ評論サイトというものは一気にアクセス数が100倍増になる可能性があるということがわかります。そして、こうした急激な伸びは新聞には見られないことについては、なかなか興味深い話だと思うのです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の偏りをお詫びします

早いもので、本日から2月です。

先月、つまり2019年1月を通じた当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』への月間アクセス数は、ページビュー(PV)数ベースで180万件を超え、過去最大となりました。当ウェブサイトをご愛読くださっている皆さま方には、深く感謝申し上げたいと思います。

ただ、私自身にはやはり不満があります。それは、当ウェブサイトは私が1人で執筆しているがために、触れたい話題がたくさんあるにも関わらず、どうしてもそれらの話題に気を配ることができない、という点です。

世間的に多くの人が関心を抱いているであろう毎月勤労統計の不正問題や国民民主党・自由党の合流問題など、政治や行政を巡ってもさまざまな話題がありますが、当ウェブサイトでは、こうした話題に追いついて行けていないのもまた事実でしょう。

これについて、読者コメント欄でもときどき「話題が偏り過ぎていませんか?」といったご指摘、お叱りなどを頂くこともあるのですが、実は、当ウェブサイトで話題が偏るのは、よくあることです。

自分自身で読み返してみると、2018年4月頃は「もりかけ」の話題に触れることが多く、当時の記事では、とにかくやたらと内閣支持率に関する話題が出て来ます。また、昨年10月頃は日中為替スワップに関する話題も多かったですし、最近ではもちろん、韓国に関する話題に偏ってしまっています。

しかし、話題が偏っている点については申し訳ないと思っていますが、それでも当ウェブサイトでは「読んで下さった皆さまの知的好奇心を刺激すること」を目的としつつ、客観的に誰にでも確認できる情報をもとに、主観的な分析、意見を展開する、というスタイルを大切にしたいと思っています。

たった2年で100倍に!

アクセス数の増え方が凄い!

ところで、自分自身のウェブサイトへのアクセス数を振り返ってみると、1つ、興味深い特徴があることに気付きます。

それは、アクセス数が伸びるときには、「前月比で数パーセント」とうい伸び方ではなく、「前月比で2倍」「前月比で5倍」、といった具合に、非常に劇的な伸び方が見られる、ということです。

当ウェブサイトを開設したのは2016年7月のことですが、正確なPV数を測定し始めたのは同年9月以降です。そして、2016年9~12月のあいだ、最初は5000件程度だった月間PV数が年末には2万件弱にまで伸びたのです。

当ウェブサイトの月間PV数(2016年9~12月)
  • 2016年9月…約5000件
  • 2016年11月…約9000件
  • 2016年12月…約1.8万件

これを見ると、2016年11月は9月と比べ2倍弱に伸び、12月は11月と比べ2倍に伸びていることがわかります。(なお、2016年12月の月間PV数が1.8万件というのは、1つのポイントですが、これについては後述します)。

一方、翌・2017年1月に入り、当ウェブサイトへのアクセス数が急増。12月と比べて一気に5倍に伸びたのですが、不思議なことに、その年は1年間を通じて月間PV数は10万件前後で安定してしまいました。

当ウェブサイトの月間PV数(2017年)
  • 最大値:2017年3月(約12万件)
  • 最小値:2017年8月(約9.5万件)
  • 平均値:約10万件(2017年1~12月平均値)

ところが、さらに年が明けて2018年に入ったところ、アクセス件数が約12万件に増え、そこからじりじりと増加し、7月には16~17万件程度に増えます。

当ウェブサイトの月間PV数(2018年1~7月)
  • 2018年1月~4月…平均約12万~13万件
  • 2018年5月~7月…平均約16.5万件

そして、8月に入り、いきなりPV数が前月比倍増して35万件を記録。10月に70万件、11月に110万件、今年1月には180万件に達しました。

当ウェブサイトの月間PV数(2018年8月~2019年1月)
  • 2018年8月…約35万件
  • 2018年10月…約70万件
  • 2018年11月…約110万件
  • 2019年1月…約180万件

とくに、2019年1月のアクセス件数については180万件でしたが、いわば、ちょうど2年前の2016年12月(1.8万件)と比べ、PV数は一気に約100倍に伸びた計算なのです。

これがインターネットの特徴だ!

以上の数値は、べつに自慢するために持ち出して来たものではありません。

何度も書いていますが、当ウェブサイトにアクセスが急増した理由は、当ウェブサイトの議論が優れていたというよりは、むしろ幸運が重なっただけの話ですし、また、読者コメント欄に寄せられる優れたコメントが他の読者を引き寄せているというだけのことでしょう。

その意味で、慢心していたらすぐにアクセス数は急落するに違いありませんし、また、読者の方のなかにも、当ウェブサイトの議論がつまらないと感じたら、「もう2度とアクセスしない」と思う方も多いのではないかと思います。

ただ、ここで私が申し上げたいのは、「インターネットなどの新しいテクノロジーの世界だと、たったの2年間で読者数が一気に100倍になることがあり得る」、という事実です。

いや、当ウェブサイトだからこそ「100倍になるのに2年を要した」ということであり、もっとセンスの良い人、もっと文章力のある人であれば、「1年で100倍」、「半年で100倍」、「2~3ヵ月で100倍」、というケースもあるでしょう。

(広告・スポンサーリンク)



落ち目の新聞業界

新聞の読者が2年で100倍?ないない(笑)

ここで思い出して頂きたいのが、『新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ』でも紹介した、一般社団法人日本新聞協会が公表した『新聞の発行部数と世帯数の推移』の最新データです。

新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ

詳しい数値とグラフについてはこの先日の記事で触れているので、ここでは繰り返しません。

ただ、重要なのは、日本全体で新聞を読む人が確実に減っているという事実です。具体的には、新聞の合計部数(「一般紙+スポーツ紙」、または「セット部数+朝刊単独部数+夕刊単独部数」)は、2000年の5371万部から2018年には3990万部にまで、およそ26%減っているのです。

新聞の発行部数が4000万部を割り込んだのは、おそらく今世紀初のことだと思います(※ちなみに、「押し紙」などを考慮すれば、現実には4000万部割れどころか、下手をすると3000万部を割り込んでいる可能性すらあると私は考えています)。

つまり、新聞各紙にとってみれば、パイ全体が縮小していくなかで、各紙が部数を伸ばすためには、それこそ血のにじむような努力をしなければなりません。

分かりやすくするために、現時点でY新聞が800万部、A新聞が600万部だったとしましょう。仮にA新聞が部数を800万部に伸ばしたければ、どうすれば良いでしょうか?

高度経済成長期であれば、「新聞を取っていない世帯」を200万世帯見つけて来て、新聞を購読させれば良かったかもしれません。しかし、現在の新聞社は、「新聞を読まない人たち」との戦いになりつつあります。

もしA新聞が、現在より200万部ほど部数を伸ばそうと思えば、Y新聞から読者を200万部奪ってくるしかありません。しかも、日本全体として紙媒体での新聞を読まなくなりつつあります。A新聞は読者の自然減とも戦う必要があるのです。

よって、A新聞が現在より200万部ほど部数を伸ばそうと思えば、Y新聞からは200万部ほど顧客を奪うだけでは足りません。現実には、250万部くらい獲得して来なければならないのではないでしょうか?

つまり、新聞業界はもう市場が飽和していて、あとは縮小するだけの業界ですから、「2年で部数を100倍にする」などと言い出すと、ただひたすら非常識な話です。

せいぜい、自社の部数の減少率を業界全体の部数率よりも抑えるくらいが関の山でしょう。

なぜ落ち目なのか?

では、なぜ新聞の部数がここまで落ち込んでいるのでしょうか?

これについては今さら指摘するまでもありませんが、まず、「紙に情報を印刷して二酸化炭素をまき散らしながら配達する」というビジネスモデル自体が過去のものになりつつあるからです。

いまや、スマートフォンは日本全体どころか、全世界に爆発的に広まり、普及しており、わずか数年で、たとえば通勤電車のなかで新聞を読む人はめっきり少なくなりました。首都圏の場合、やはり一番大きな影響を与えたのは、2013年3月26日以降、地下鉄全線でスマートフォンが使えるようになったことでしょう。

首都圏の人口は3000万人にも達するといわれています(※といっても、正確な人口は「首都圏」の定義にもよりますが…)。そして、この莫大な人口を抱える首都圏において、鉄道全線でスマートフォンの閲覧が可能になったことこそ、電車内で紙媒体の新聞を読む人が激減するきっかけだと考えて良いでしょう。

紙の新聞だと、重くてかさばるうえにインクが手につきますし、また、朝7時台の通勤電車のなかで読む新聞が印刷されるのは遅くとも朝3時台で、ということは、その新聞に記載されているニュースは午前1時頃の時点のものだ、ということです。この時点で「聞」の情報は「新しくない」のです。

これに対し、スマートフォンだと、まず軽くて持ちやすく、かつ、インクが手に付くことはありませんし、リアルタイムに情報が配信されてきますから、朝7時台の通勤電車で朝7時台の情報を得ることができてしまうのです。

会社に着いた時点で、紙媒体の新聞を読んでいる人よりも、むしろスマートフォンで情報を得ている人の方が、最新情報を知っている、ということでもあります。

情報は鮮度が命ですから、新聞という古いメディアの在り方自体、「鮮度」という点で致命的な欠陥を持っているのです。

「日本の」新聞の苦境

ところで、こうした「新聞の紙媒体としての欠陥」については、わが国だけの話ではありません。諸外国でも紙媒体の新聞を読む人が激減しているという話題は耳にしますが、「重くてかさばる」「手がインクで汚れる」という新聞が嫌われるのは当然のことでしょう。

ただ、新聞は情報の鮮度でスマートフォンに勝てないのは仕方がありませんが、だったら「別の分野」で勝負すべきです。それこそが「一次情報」ではなく「二次情報」と呼ばれる情報、つまり社説や解説記事のように「主観的な意見、分析」の部分です。

ところが、多くの場合、日本の新聞、社説や解説記事を読んでいても、また、新聞社出身のジャーナリストが執筆した記事を読んでいても、まったくおもしろくもなければ共感もできない(※)ことが多いのです(※もっとも、この「おもしろくない」「共感できない」は私の主観です)。

先日も紹介した、「新聞が滅びれば日本のジャーナリズムが危機に瀕しすることになる」と主張する経済ジャーナリストの磯山友幸氏が『マネー現代』に投稿した記事などは、私にとっては「おもしろいとも思わず、共感もできない記事」の典型例です。

結局、日本の新聞は広告料を吊り上げるために「押し紙」のような不健全かつ詐欺的な商慣行がまかりとおっているという事情もあるようですし、これに加えて「記者クラブ制度」「再販売価格維持制度」などが新聞社の競争を歪めています。

国民の敵

さて、私が「国民の敵」と呼ぶ勢力は、

選挙等で民意を託されたわけでもないくせに、不当に大きな権力や社会的影響力を握り、国益を妨害している勢力

のことです。この「国民の敵」と聞いて、私が真っ先に思い出すのは、日本共産党や立憲民主党とった野党勢力です。今週から通常国会が始まりましたが、さっそく、野党側がいつもの「審議拒否」戦略に出る、といううわさもあるようです。

昨年春の「もりかけ国会」が典型例ですが、これまでも立憲民主党を筆頭とする野党が勢力は、ことごとく審議を妨害し、国益を損ねて来ました。しかし、その立憲民主党は現時点で衆参両院における野党第1党であり、国会の野党質問の時間配分を委ねられるという特権を持っています。

つまり、彼らは別に国民から「多数」の支持をえているわけでもないくせに、野党第1党というだけの理由で、不当に大きな社会的権力を握っているのです。その意味で、反日的な野党は立派な「国民の敵」です。

しかし、立憲民主党など、あまりにもレベルが低すぎる人たちを国会議員に選び、国会に送り込み続けているのは、私たち有権者です。そして、私たち有権者に印象報道、捏造報道などの悪質な情報を垂れ流している犯人こそ、やはり、新聞・テレビといったマスコミ勢でしょう。

もちろん、新聞のことを「マスゴミ」などと読んで蔑むことは、適切ではありません。しかし、少なくない新聞産業関係者は、なぜ自分たちが「マスゴミ」と呼ばれているのか、まったく理解していないふしすらあります。

このように考えていくと、マスコミのなかには、立派な「国民の敵」といえる勢力が混じっていることについては、私たち国民がもっと理解しなければならない点ではないかと思うのです。

いずれにせよ、当ウェブサイトのようなインターネット空間の言論サイトが増えて来れば、私たちはいちいち、新聞などを経由しなくても、必要な情報が取れるような時代になっていくのではないかと考えています。

いや、当ウェブサイトのような「ウェブ評論サイト」については、むしろ乱立すべきだとすら思っているのです。

そうすることによって、日本の言論空間には「真の言論の自由」が出現し、私たち日本国民は、世論を新聞社の手から取り戻すことができるはずです。

当ウェブサイトの最大の目標である「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」とは、結局のところ、新聞社による情報統制を突き崩すためのきっかけになることでもあるのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/08/23 17:10 【時事|韓国崩壊
    ナイスジョーク!(今日は疲れましたので…) (36コメント)
  • 2019/08/23 15:49 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA終了:対韓配慮の時代は終わった! (35コメント)
  • 2019/08/23 15:15 【時事|韓国崩壊
    米国政府が韓国を「深刻な勘違い」「強い懸念」と批判 (4コメント)
  • 2019/08/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、本気で書簡を本当に日本に伝達へ (11コメント)
  • 2019/08/23 12:30 【時事|金融
    「韓国で金利デリバティブ損失」の問題点 (6コメント)
  • 2019/08/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA破棄巡るメディアの反応 (28コメント)
  • 2019/08/23 05:00 【韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「日本の覚悟」 (58コメント)
  • 2019/08/22 22:22 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「南ベトナム・シナリオ」 (36コメント)
  • 2019/08/22 18:23 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA破棄、日韓新時代へ (174コメント)
  • 2019/08/22 12:30 【時事|韓国崩壊
    データで見る日韓関係 「日韓葛藤」説は正しいのか? (14コメント)
  • 2019/08/22 06:00 【時事|経済全般
    衝撃の事実 訪日観光客、大きく増えていた! (36コメント)
  • 2019/08/22 05:00 【韓国崩壊
    本日GSOMIA破棄なら、日韓関係清算のチャンス (41コメント)
  • 2019/08/21 17:05 【時事|韓国崩壊
    【明日発表】GSOMIAに「悩む」韓国高官 そこ悩むところ? (39コメント)
  • 2019/08/21 12:30 【読者投稿
    【読者投稿】犬の楽園 (29コメント)
  • 2019/08/21 12:00 【時事|韓国崩壊
    まさか、GSOMIA破棄は河野外相の態度次第? (18コメント)
  • 2019/08/21 10:40 【マスメディア論
    文在寅は「ウェン・ザイイン」? (23コメント)
  • 2019/08/21 06:00 【韓国崩壊
    「素人集団」・文在寅政権の空中分解リスク (35コメント)
  • 2019/08/21 05:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ「犠牲者氏名を速やかに公表せよ」 (14コメント)
  • 2019/08/20 17:45 【時事|韓国崩壊
    「勝ってプラス100、負けてもゼロ」のご都合主義 (17コメント)
  • 2019/08/20 15:00 【時事|国内政治
    野党連合、略して「野合」 (28コメント)
  • 2019/08/20 09:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、日韓GSOMIAを外交カードと勘違い (40コメント)
  • 2019/08/20 05:00 【マスメディア論
    「異論容認」という視点から反アベ界隈の論調を見る (27コメント)
  • 2019/08/19 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係を壁にぶつけた張本人が「現状打破」主張 (39コメント)
  • 2019/08/19 09:10 【時事|国内政治
    内閣支持率50%超と「れいわ新選組」の躍進の意味 (21コメント)
  • 2019/08/19 06:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ日本政府は韓国にペナルティを与えないのか? (32コメント)
  • 2019/08/19 05:00 【金融
    総論:経済制裁について考えてみる (4コメント)
  • 2019/08/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する経済焦土化は半導体産業から? (62コメント)
  • 2019/08/18 05:00 【韓国崩壊
    「多重債務問題」から日韓関係を眺めてみる (29コメント)
  • 2019/08/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月17日版) (202コメント)
  • 2019/08/17 08:00 【韓国崩壊
    韓国「告げ口外交」を機に、むしろG7で対韓制裁を! (71コメント)
  • 2019/08/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国のホンネは「安倍を何とかしろ」 (48コメント)
  • 2019/08/16 10:15 【時事|韓国崩壊
    文在寅爆弾演説契機に無責任国家の本質が出て来た! (58コメント)
  • 2019/08/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    世耕経産相「韓国と協議せず」、当然の発言だ (23コメント)
  • 2019/08/16 05:00 【マスメディア論|時事
    インターネットが破壊するマスコミの村社会 (19コメント)
  • 2019/08/15 21:30 【時事|韓国崩壊
    よ~く読むと…「2045年までに北朝鮮と統一」! (20コメント)
  • 2019/08/15 17:25 【時事|韓国崩壊
    対話を拒んだ側が「対話と協力」を求める文在寅演説 (47コメント)
  • 2019/08/15 12:45 【韓国崩壊|経済全般
    失業率が低いはずの韓国で「若者の4分の1がニート」 (23コメント)
  • 2019/08/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    NOジャパンからNO安倍へ? (31コメント)
  • 2019/08/15 07:30 【マスメディア論|時事
    新聞社経営に明日はない (22コメント)
  • 2019/08/15 05:00 【国内政治
    「歴代2位」に浮上する安倍政権に期待したいこと (18コメント)
  • 2019/08/14 15:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工「安倍氏に首相の資格なし」 (55コメント)
  • 2019/08/14 12:45 【時事|韓国崩壊
    「欧州告げ口外交」ツアー始まる 北朝鮮以下の韓国 (47コメント)
  • 2019/08/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本を「ホワイト国除外」、本当の敵はメディア? (27コメント)
  • 2019/08/14 05:00 【マスメディア論
    N国党とネットの重要な関係 (35コメント)
  • 2019/08/13 21:50 【時事|金融
    USDKRWの動きがまたしてもおかしい (24コメント)
  • 2019/08/13 12:10 【時事
    通貨安、DRAM輸出、GSOMIA破棄のコンボ (52コメント)
  • 2019/08/13 10:15 【時事|韓国崩壊
    国同士の信頼関係を壊したのは韓国の側 (22コメント)
  • 2019/08/13 05:00 【韓国崩壊
    レアアース事件の再来?韓国はセルフ経済制裁に邁進するのか (22コメント)
  • 2019/08/12 21:15 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本をホワイト国除外、ホンネは「協議したい」 (28コメント)
  • 2019/08/12 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、日本をホワイト国から除外 (97コメント)
  • 2019/08/12 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国危機:2008年当時との決定的な違いとは? (16コメント)
  • 2019/08/12 08:00 【時事|韓国崩壊
    日本大使館「跡地」前で、いったい何をやっているのですか? (17コメント)
  • 2019/08/12 05:00 【マスメディア論
    NHK「受信料制度ご理解下さい」は自滅への道 (39コメント)
  • 2019/08/11 11:11 【時事|金融
    【どうぞご自由に】米投資家「私なら日本脱出し中韓に移住」 (50コメント)
  • 2019/08/11 08:00 【時事|韓国崩壊
    外務省の妄言?「日韓が知恵を集める」の問題点 (48コメント)
  • 2019/08/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    「ライダイハン」めぐり、ダンマリ決め込む韓国政府 (56コメント)
  • 2019/08/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月10日版) (157コメント)
  • 2019/08/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国が日本をブラック国指定」、法的にはどうも可能らしい (36コメント)
  • 2019/08/10 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る、「韓国の良いところ」 (31コメント)
  • 2019/08/09 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の大学教授「慰安婦像と不買運動で日本人の心をつかめ」 (60コメント)
  • 2019/08/09 11:45 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は経済制裁本番に向けた予行演習だった? (49コメント)
  • 2019/08/09 08:00 【マスメディア論|時事
    国民の知る権利が大事、マスコミ記者の実名は公表を! (18コメント)
  • 2019/08/09 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府「経済報復だ」、世耕経産相の反論が面白い (40コメント)
  • 2019/08/08 17:20 【時事|外交
    日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき (82コメント)
  • 2019/08/08 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国人学者「日本は日米韓体制から韓国を追放する」 (24コメント)
  • 2019/08/08 09:45 【時事|韓国崩壊
    日本が韓国向け輸出を許可 「経済報復」ではない証拠 (46コメント)
  • 2019/08/08 08:08 【マスメディア論
    マスコミ改革はネットから!自由競争が言論空間を変える (11コメント)
  • 2019/08/08 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄に半数近くが賛同 無責任国家の現実逃避 (36コメント)
  • 2019/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    経産省の改正通達、「経済制裁」と呼べる代物ではないが… (46コメント)
  • 2019/08/07 12:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】経産省、「り地域」への輸出管理通達を公表 (13コメント)
  • 2019/08/07 12:15 【時事|外交
    日本も米国にならって入国管理の厳格化を実施すべき (11コメント)
  • 2019/08/07 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「エスパー長官が韓日に葛藤解決要求」に2つのウソ (29コメント)
  • 2019/08/07 06:00 【時事|韓国崩壊
    稼ぐ力弱まる韓国に「ベネズエラ化」という予感 (25コメント)
  • 2019/08/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する「セルフ経済制裁」がこれから本格化? (26コメント)
  • 2019/08/06 15:45 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係リセット」?相変わらず認識の甘い中央日報 (82コメント)
  • 2019/08/06 12:20 【時事|金融
    為替介入とトリレンマの基礎知識を確認しておく (10コメント)
  • 2019/08/06 10:00 【RMB|時事|金融
    米財務省、中国を為替操作国に認定 (6コメント)
  • 2019/08/06 06:00 【時事|韓国崩壊
    真のリスクは「文在寅排除」 (42コメント)
  • 2019/08/06 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係はどこに行く 外交論と「日韓断交リスク」 (28コメント)
  • 2019/08/05 21:30 【時事
    思わず「ホンネ」がポロリ?南北平和経済という発言 (52コメント)
  • 2019/08/05 15:45 【時事|韓国崩壊
    「日韓GSOMIA破棄検討」?それカードやない、地雷や! (66コメント)
  • 2019/08/05 12:00 【時事|金融
    【速報】中韓台通貨などが急落 (45コメント)
  • 2019/08/05 11:30 【時事|金融
    矛盾が解消しない、韓国の外貨準備統計 (6コメント)
  • 2019/08/05 06:00 【マスメディア論|時事
    知的訓練ができていないのは、むしろマスコミでは? (39コメント)
  • 2019/08/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    政府、メディア、政治家を貫く韓国の反友好的な姿勢 (64コメント)
  • 2019/08/04 12:15 【時事|国内政治
    あいちトリエンナーレの企画中止にネットの威力を見る (99コメント)
  • 2019/08/04 05:00 【韓国崩壊
    常軌逸する日本ヘイト 韓国はセルフ経済制裁を望むのか? (91コメント)
  • 2019/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月3日版) (212コメント)
  • 2019/08/03 06:00 【時事|金融
    約2年半ぶりに1200ウォンの大台超えた韓国ウォン (63コメント)
  • 2019/08/03 05:00 【韓国崩壊
    日本政府は勇気を持って「2の矢」「3の矢」を放て (81コメント)
  • 2019/08/02 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「経済報復に相応の措置」 むしろこれからが正念場 (121コメント)
  • 2019/08/02 13:15 【時事|韓国崩壊
    ホワイト国除外:韓国政府、何も準備していなかった? (111コメント)
  • 2019/08/02 11:26 【時事|韓国崩壊
    韓国ホワイト国除外は「新時代」の到来の象徴 (32コメント)
  • 2019/08/02 10:31 【時事
    【速報】世耕経産相、韓国を「ホワイト国除外」と発表 (27コメント)
  • 2019/08/02 10:10 【時事|金融
    トランプ政権の追加関税措置受けたアジア通貨下落 (8コメント)
  • 2019/08/02 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国はホワイト国除外に猛反発、朝鮮日報は意味不明に警告 (52コメント)
  • 2019/08/02 05:00 【時事|金融
    韓国の金融当局、日本の制裁を気にしはじめた? (18コメント)
  • 2019/08/01 17:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】「GSOMIA破棄」示唆する韓国外相の軽率な発言 (57コメント)
  • 2019/08/01 16:45 【時事|国内政治
    N国党は「次なる選挙互助会」なのか (15コメント)
  • 2019/08/01 11:00 【マスメディア論|時事
    「米国が日韓を仲裁へ」 巧妙化する情報ロンダリング (55コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。