本日から2月です。当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』への月間アクセス数は、先月、180万件を突破し、過去最大となりました。ただ、私自身はそのことに慢心するつもりはありませんし、むしろ、慢心が見えるようであれば、読者の皆さまには積極的に当ウェブサイトを批判して頂きたいと思います。ただ、当ウェブサイトの事例を振り返っておくと、ウェブ評論サイトというものは一気にアクセス数が100倍増になる可能性があるということがわかります。そして、こうした急激な伸びは新聞には見られないことについては、なかなか興味深い話だと思うのです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の偏りをお詫びします

早いもので、本日から2月です。

先月、つまり2019年1月を通じた当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』への月間アクセス数は、ページビュー(PV)数ベースで180万件を超え、過去最大となりました。当ウェブサイトをご愛読くださっている皆さま方には、深く感謝申し上げたいと思います。

ただ、私自身にはやはり不満があります。それは、当ウェブサイトは私が1人で執筆しているがために、触れたい話題がたくさんあるにも関わらず、どうしてもそれらの話題に気を配ることができない、という点です。

世間的に多くの人が関心を抱いているであろう毎月勤労統計の不正問題や国民民主党・自由党の合流問題など、政治や行政を巡ってもさまざまな話題がありますが、当ウェブサイトでは、こうした話題に追いついて行けていないのもまた事実でしょう。

これについて、読者コメント欄でもときどき「話題が偏り過ぎていませんか?」といったご指摘、お叱りなどを頂くこともあるのですが、実は、当ウェブサイトで話題が偏るのは、よくあることです。

自分自身で読み返してみると、2018年4月頃は「もりかけ」の話題に触れることが多く、当時の記事では、とにかくやたらと内閣支持率に関する話題が出て来ます。また、昨年10月頃は日中為替スワップに関する話題も多かったですし、最近ではもちろん、韓国に関する話題に偏ってしまっています。

しかし、話題が偏っている点については申し訳ないと思っていますが、それでも当ウェブサイトでは「読んで下さった皆さまの知的好奇心を刺激すること」を目的としつつ、客観的に誰にでも確認できる情報をもとに、主観的な分析、意見を展開する、というスタイルを大切にしたいと思っています。

たった2年で100倍に!

アクセス数の増え方が凄い!

ところで、自分自身のウェブサイトへのアクセス数を振り返ってみると、1つ、興味深い特徴があることに気付きます。

それは、アクセス数が伸びるときには、「前月比で数パーセント」とうい伸び方ではなく、「前月比で2倍」「前月比で5倍」、といった具合に、非常に劇的な伸び方が見られる、ということです。

当ウェブサイトを開設したのは2016年7月のことですが、正確なPV数を測定し始めたのは同年9月以降です。そして、2016年9~12月のあいだ、最初は5000件程度だった月間PV数が年末には2万件弱にまで伸びたのです。

当ウェブサイトの月間PV数(2016年9~12月)
  • 2016年9月…約5000件
  • 2016年11月…約9000件
  • 2016年12月…約1.8万件

これを見ると、2016年11月は9月と比べ2倍弱に伸び、12月は11月と比べ2倍に伸びていることがわかります。(なお、2016年12月の月間PV数が1.8万件というのは、1つのポイントですが、これについては後述します)。

一方、翌・2017年1月に入り、当ウェブサイトへのアクセス数が急増。12月と比べて一気に5倍に伸びたのですが、不思議なことに、その年は1年間を通じて月間PV数は10万件前後で安定してしまいました。

当ウェブサイトの月間PV数(2017年)
  • 最大値:2017年3月(約12万件)
  • 最小値:2017年8月(約9.5万件)
  • 平均値:約10万件(2017年1~12月平均値)

ところが、さらに年が明けて2018年に入ったところ、アクセス件数が約12万件に増え、そこからじりじりと増加し、7月には16~17万件程度に増えます。

当ウェブサイトの月間PV数(2018年1~7月)
  • 2018年1月~4月…平均約12万~13万件
  • 2018年5月~7月…平均約16.5万件

そして、8月に入り、いきなりPV数が前月比倍増して35万件を記録。10月に70万件、11月に110万件、今年1月には180万件に達しました。

当ウェブサイトの月間PV数(2018年8月~2019年1月)
  • 2018年8月…約35万件
  • 2018年10月…約70万件
  • 2018年11月…約110万件
  • 2019年1月…約180万件

とくに、2019年1月のアクセス件数については180万件でしたが、いわば、ちょうど2年前の2016年12月(1.8万件)と比べ、PV数は一気に約100倍に伸びた計算なのです。

これがインターネットの特徴だ!

以上の数値は、べつに自慢するために持ち出して来たものではありません。

何度も書いていますが、当ウェブサイトにアクセスが急増した理由は、当ウェブサイトの議論が優れていたというよりは、むしろ幸運が重なっただけの話ですし、また、読者コメント欄に寄せられる優れたコメントが他の読者を引き寄せているというだけのことでしょう。

その意味で、慢心していたらすぐにアクセス数は急落するに違いありませんし、また、読者の方のなかにも、当ウェブサイトの議論がつまらないと感じたら、「もう2度とアクセスしない」と思う方も多いのではないかと思います。

ただ、ここで私が申し上げたいのは、「インターネットなどの新しいテクノロジーの世界だと、たったの2年間で読者数が一気に100倍になることがあり得る」、という事実です。

いや、当ウェブサイトだからこそ「100倍になるのに2年を要した」ということであり、もっとセンスの良い人、もっと文章力のある人であれば、「1年で100倍」、「半年で100倍」、「2~3ヵ月で100倍」、というケースもあるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



落ち目の新聞業界

新聞の読者が2年で100倍?ないない(笑)

ここで思い出して頂きたいのが、『新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ』でも紹介した、一般社団法人日本新聞協会が公表した『新聞の発行部数と世帯数の推移』の最新データです。

新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ

詳しい数値とグラフについてはこの先日の記事で触れているので、ここでは繰り返しません。

ただ、重要なのは、日本全体で新聞を読む人が確実に減っているという事実です。具体的には、新聞の合計部数(「一般紙+スポーツ紙」、または「セット部数+朝刊単独部数+夕刊単独部数」)は、2000年の5371万部から2018年には3990万部にまで、およそ26%減っているのです。

新聞の発行部数が4000万部を割り込んだのは、おそらく今世紀初のことだと思います(※ちなみに、「押し紙」などを考慮すれば、現実には4000万部割れどころか、下手をすると3000万部を割り込んでいる可能性すらあると私は考えています)。

つまり、新聞各紙にとってみれば、パイ全体が縮小していくなかで、各紙が部数を伸ばすためには、それこそ血のにじむような努力をしなければなりません。

分かりやすくするために、現時点でY新聞が800万部、A新聞が600万部だったとしましょう。仮にA新聞が部数を800万部に伸ばしたければ、どうすれば良いでしょうか?

高度経済成長期であれば、「新聞を取っていない世帯」を200万世帯見つけて来て、新聞を購読させれば良かったかもしれません。しかし、現在の新聞社は、「新聞を読まない人たち」との戦いになりつつあります。

もしA新聞が、現在より200万部ほど部数を伸ばそうと思えば、Y新聞から読者を200万部奪ってくるしかありません。しかも、日本全体として紙媒体での新聞を読まなくなりつつあります。A新聞は読者の自然減とも戦う必要があるのです。

よって、A新聞が現在より200万部ほど部数を伸ばそうと思えば、Y新聞からは200万部ほど顧客を奪うだけでは足りません。現実には、250万部くらい獲得して来なければならないのではないでしょうか?

つまり、新聞業界はもう市場が飽和していて、あとは縮小するだけの業界ですから、「2年で部数を100倍にする」などと言い出すと、ただひたすら非常識な話です。

せいぜい、自社の部数の減少率を業界全体の部数率よりも抑えるくらいが関の山でしょう。

なぜ落ち目なのか?

では、なぜ新聞の部数がここまで落ち込んでいるのでしょうか?

これについては今さら指摘するまでもありませんが、まず、「紙に情報を印刷して二酸化炭素をまき散らしながら配達する」というビジネスモデル自体が過去のものになりつつあるからです。

いまや、スマートフォンは日本全体どころか、全世界に爆発的に広まり、普及しており、わずか数年で、たとえば通勤電車のなかで新聞を読む人はめっきり少なくなりました。首都圏の場合、やはり一番大きな影響を与えたのは、2013年3月26日以降、地下鉄全線でスマートフォンが使えるようになったことでしょう。

首都圏の人口は3000万人にも達するといわれています(※といっても、正確な人口は「首都圏」の定義にもよりますが…)。そして、この莫大な人口を抱える首都圏において、鉄道全線でスマートフォンの閲覧が可能になったことこそ、電車内で紙媒体の新聞を読む人が激減するきっかけだと考えて良いでしょう。

紙の新聞だと、重くてかさばるうえにインクが手につきますし、また、朝7時台の通勤電車のなかで読む新聞が印刷されるのは遅くとも朝3時台で、ということは、その新聞に記載されているニュースは午前1時頃の時点のものだ、ということです。この時点で「聞」の情報は「新しくない」のです。

これに対し、スマートフォンだと、まず軽くて持ちやすく、かつ、インクが手に付くことはありませんし、リアルタイムに情報が配信されてきますから、朝7時台の通勤電車で朝7時台の情報を得ることができてしまうのです。

会社に着いた時点で、紙媒体の新聞を読んでいる人よりも、むしろスマートフォンで情報を得ている人の方が、最新情報を知っている、ということでもあります。

情報は鮮度が命ですから、新聞という古いメディアの在り方自体、「鮮度」という点で致命的な欠陥を持っているのです。

「日本の」新聞の苦境

ところで、こうした「新聞の紙媒体としての欠陥」については、わが国だけの話ではありません。諸外国でも紙媒体の新聞を読む人が激減しているという話題は耳にしますが、「重くてかさばる」「手がインクで汚れる」という新聞が嫌われるのは当然のことでしょう。

ただ、新聞は情報の鮮度でスマートフォンに勝てないのは仕方がありませんが、だったら「別の分野」で勝負すべきです。それこそが「一次情報」ではなく「二次情報」と呼ばれる情報、つまり社説や解説記事のように「主観的な意見、分析」の部分です。

ところが、多くの場合、日本の新聞、社説や解説記事を読んでいても、また、新聞社出身のジャーナリストが執筆した記事を読んでいても、まったくおもしろくもなければ共感もできない(※)ことが多いのです(※もっとも、この「おもしろくない」「共感できない」は私の主観です)。

先日も紹介した、「新聞が滅びれば日本のジャーナリズムが危機に瀕しすることになる」と主張する経済ジャーナリストの磯山友幸氏が『マネー現代』に投稿した記事などは、私にとっては「おもしろいとも思わず、共感もできない記事」の典型例です。

結局、日本の新聞は広告料を吊り上げるために「押し紙」のような不健全かつ詐欺的な商慣行がまかりとおっているという事情もあるようですし、これに加えて「記者クラブ制度」「再販売価格維持制度」などが新聞社の競争を歪めています。

国民の敵

さて、私が「国民の敵」と呼ぶ勢力は、

選挙等で民意を託されたわけでもないくせに、不当に大きな権力や社会的影響力を握り、国益を妨害している勢力

のことです。この「国民の敵」と聞いて、私が真っ先に思い出すのは、日本共産党や立憲民主党とった野党勢力です。今週から通常国会が始まりましたが、さっそく、野党側がいつもの「審議拒否」戦略に出る、といううわさもあるようです。

昨年春の「もりかけ国会」が典型例ですが、これまでも立憲民主党を筆頭とする野党が勢力は、ことごとく審議を妨害し、国益を損ねて来ました。しかし、その立憲民主党は現時点で衆参両院における野党第1党であり、国会の野党質問の時間配分を委ねられるという特権を持っています。

つまり、彼らは別に国民から「多数」の支持をえているわけでもないくせに、野党第1党というだけの理由で、不当に大きな社会的権力を握っているのです。その意味で、反日的な野党は立派な「国民の敵」です。

しかし、立憲民主党など、あまりにもレベルが低すぎる人たちを国会議員に選び、国会に送り込み続けているのは、私たち有権者です。そして、私たち有権者に印象報道、捏造報道などの悪質な情報を垂れ流している犯人こそ、やはり、新聞・テレビといったマスコミ勢でしょう。

もちろん、新聞のことを「マスゴミ」などと読んで蔑むことは、適切ではありません。しかし、少なくない新聞産業関係者は、なぜ自分たちが「マスゴミ」と呼ばれているのか、まったく理解していないふしすらあります。

このように考えていくと、マスコミのなかには、立派な「国民の敵」といえる勢力が混じっていることについては、私たち国民がもっと理解しなければならない点ではないかと思うのです。

いずれにせよ、当ウェブサイトのようなインターネット空間の言論サイトが増えて来れば、私たちはいちいち、新聞などを経由しなくても、必要な情報が取れるような時代になっていくのではないかと考えています。

いや、当ウェブサイトのような「ウェブ評論サイト」については、むしろ乱立すべきだとすら思っているのです。

そうすることによって、日本の言論空間には「真の言論の自由」が出現し、私たち日本国民は、世論を新聞社の手から取り戻すことができるはずです。

当ウェブサイトの最大の目標である「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」とは、結局のところ、新聞社による情報統制を突き崩すためのきっかけになることでもあるのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (23コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (23コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (25コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (14コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。