当ウェブサイトも最近、アクセス数が増えていて、多いときで1日3万件近いPVを頂くようになりました。当ウェブサイトは「コメント自由制」を採用しており、アクセス数が増えるにしたがって、さまざまな方からさまざまなコメントを頂くようにもなったのですが、たまにはこれらの読者コメントについて、ピックアップして反論なり、コメントなりを加えてみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

低レベルな煽りコメント

最近、当ウェブサイトを訪れてくださる方が増えていて、多いときで1日3万件近いページビュー(PV)を頂くこともあります。

私などは単なる中小企業経営者(それもすぐにでも吹き飛んでしまいそうな中小企業です!)であり、別に高名なジャーナリストでもありませんし、ましてや高級官僚出身者でもありません。そんな私の駄文を、ここまで多くの方々が読んで下さるのは、光栄というほかありません。

ただ、それと同時に、コメント欄には応援のコメントだけでなく、私やほかのコメント主様に対する誹謗中傷のたぐいも見られます。私に対する批判であれば、犯罪予告などを除けば、どうぞ自由になさって下さい。ただ、ほかのコメント主様に対する人格攻撃などは、控えてほしいと思います。

たとえば、『内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言』に対し、昨日、「」と名乗るコメント主からこんなコメントが付きました。

三店方式の記事巡ってたら頭悪いブログ見つけて草/資金の洗浄?盗んだ金そのまま球に替えてそれを換金する?/アホすぎやろw/1000円程度なら何も無いだろうけど1万、5万、10万/洗浄wするならこのくらいの金額は最低でもやるよな?/それをポチポチ玉貸し押して払い出してたらホルコンでエラー出るんだよ/なんも考えずに夢見たいなことのたまってるブログの記事なんかなんも役に立たんし偏った見方しか出来てないのがよくわかるわ

何といいますか、実に気の毒な方だと思います。

別に私のことを「アホ」だの何だの、批判することは構いません。ただ、この人物は「1000円」「1万円」「10万円」といった金額を例に挙げて、「アホすぎやろw」と煽っているようですが、他人を「アホ」と侮辱する以上、最低限、AMLやCRS、「本人確認法」や「犯罪資金移転防止法」といったマネロンに関する基礎知識はおありなのでしょうね?

ちなみに、「無」さんもご存知だと思いますが、資金洗浄の方法は、1つだけではありません。

たとえば、現金化して海外に持ち出し、海外の銀行口座に預け入れる方法(いわゆる海外マネロン)は数年前まではメジャーな資金洗浄方法の1つでしたし(ただし現在はCRSの導入によってこの方法は難しくなりつつあります)、海外だとカジノを使った資金洗浄は非常に有名です。

もちろん、わが国の場合は海外のカジノと異なり、三店交換方式を用いていることや、掛け金の単位の問題などもあるため、派手なマネロンは困難です。

また、パチンコ屋で現在、数億円単位での大掛かりな資金洗浄が行われている、という話ではありませんし、出玉交換の仕組みなどを考えると、1つのパチンコ店で1度に大量の資金を持ち込むという洗浄の手口は現実的ではありません。

しかし、私はなにも、1つのパチンコ屋で数億円の資金洗浄する、という話をしているのではありません。犯罪資金の洗浄は小口化、巧妙化しているため、「少しでも可能性のある抜け穴は1つずつ塞がなくてはならない」、という議論をしているのです。

「盗んだ紙幣を交換する」「犯罪で得た現金を交換する」といった、非常に原始的・初歩的な資金洗浄なら、100万円程度までであれば、やろうと思えば個人でも可能です(いわゆる「打たずに換金する」方式のマネロン。ただし「りょうちん」様がご指摘のとおり、やり過ぎると監視カメラ等で摘発されます)。

また、犯罪組織がその気になってパチンコ屋や換金業者と結託すれば、パチンコ店の規模にもよりますが、毎月数百万円程度のマネロンも可能です(ただし年々、警察や金融庁などのアンチ・マネー・ロンダリング活動が厳しくなってはいますが…)。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



根本的な立ち位置

まじめなコメントにも反論しておきます

さて、当ウェブサイトへのアクセス数が少しずつ増えてくれば、低レベルなコメントが増えてきてしまうことは仕方がありませんが、それでも私はコメント自由に制限を掛けるつもりはありません。なぜならば、「知的好奇心は自由で知的な対話によって刺激される」という発想があるからです。

ただ、コメント自由であるということは、逆に言えば、頂いたコメントに対し、私やほかのコメント主にはそれを批判する自由がある、ということでもあります。ということは、批判に耐えられないコメントを打ち込んで恥をかく、という経験をされるのもやむを得ない話でしょう。

この「無」とかいうコメント主のコメント、基礎知識も絶望的に乏しく、あまりに低レベルであり、普段だったらスルーするところです(実際、ほかにも低レベルなコメントがないわけではありません)。ただ、この「無」とかいう非常にレベルが低いコメントも少しずつ増えてきてしまうのは仕方がないと思います。

ただ、この手のコメントの場合は、真面目に反論しても良いのですが、どうせ「書き逃げ」でしょうから、反論する価値も乏しい、というのが実情に近いのです。

一方で、当ウェブサイトにレベルが高いコメントを書いてくださる常連の方も増えていて、非常にうれしい限りですが、その中の1つが、『決算書から見える、NHKの呆れた実態 NHKこそ国民の敵』に対して「謎田謎也」様から頂いた、次のコメントです。

まずは、そのまま引用しておきましょう。

民間企業であれば退職給付債務や年金給付債務がBSの右側に引当て計上されています。/前世紀末に民間企業がスランプに陥ったのは、まさにこれを計上するための生みの苦しみだった、と私は理解しています。/相手が中央政府であっても、家計は公的年金受給債権をBSの左側に計上しているはずです。/国民の多くは、老後の拠所として年金を期待している。/すなわち家計は公的年金受給権債権をBSの左側に計上しているのですよ。/この表には見当たりませんが、家計の最大の資産は、金融資産でも保険でもなく、年金を貰えるという期待債権です。/会計士ならそのことを否定することはあり得ないと思いますが。/また、中央政府のBSに、公的年金給付債務が右側に計上されていますか?/新宿会計士さんがいみじくも書いていたように、人口動態というものはもっとも先読みが当たる予想であるので、中央政府の公的年金給付債務の正確な現在価格の見積もりも可能です。それが計上されていないのです。/何度も申し上げているように、政府に対する債権者が内国民であるという現状。そんなの知ったことじゃないと言っている政府作成のこの表を盲信していても、判断を誤るだけです。/繰り返しますが、民間企業は、給付債務を計上するために、前世紀末から今世紀の初頭にかけて、苦しみ抜いてきたのです。/政府は、民間企業と異なり、内国民に対する給付債務を計上していないことに、いかなる合理的な説明が成立しますか。/今年1年程度の期間について、(金融債権者にとって)日本政府のゴーイングコンサーンを示しても、それで日本政府は大丈夫だ、と言われても、それを言うのが会計士の仕事だと言われても、いや、それ、残り寿命が1年未満の人を除く全国民にとっては、全然違いますから。

初歩的な間違いがたくさんあります

このコメントを取り上げたのには、理由があります。それは、コメント主様を含め、多くの日本国民が勘違いしている(あるいは騙されている?)点が、余すところなく出ているからです。

民間企業であれば退職給付債務や年金給付債務がBSの右側に引当て計上されています。/前世紀末に民間企業がスランプに陥ったのは、まさにこれを計上するための生みの苦しみだった、と私は理解しています。/相手が中央政府であっても、家計は公的年金受給債権をBSの左側に計上しているはずです。/国民の多くは、老後の拠所として年金を期待している。/すなわち家計は公的年金受給権債権をBSの左側に計上しているのですよ。

この下りについては、大きくは間違っていません。

(※細かいことを言えば、基本的な概念に誤りがあります。退職給付引当金(あるいは「退職給付に係る負債」)は退職給付債務から年金資産を控除した残額(つまり積立不足額)であり、退職給付債務そのものではありません。詳しくは退職給付会計に関する基礎的な書籍などで勉強してください。)

しかし、次の下りは、大きな間違いです。

この表には見当たりませんが、家計の最大の資産は、金融資産でも保険でもなく、年金を貰えるという期待債権です。/会計士ならそのことを否定することはあり得ないと思いますが。/また、中央政府のBSに、公的年金給付債務が右側に計上されていますか?

違います。明らかに違います。

日銀の資金循環統計によれば、2018年6月末時点における家計の金融資産の内訳と構成比は、次の図表のとおり、現金・預金が全体の52.54%を占めています。

図表 2018年6月末時点・家計金融資産(速報値)
科目 金額(億円) 構成比
現金・預金 9,708,690 52.54%
株式等・投資信託受益証券 2,759,034 14.93%
保険・年金・定型保証 5,227,755 28.29%
 (うち年金保険受給権) (1,025,095) (5.55%)
 (うち年金受給権) (1,506,816) (8.15%)
上記以外 782,350 4.23%
合計 18,477,829 100.00%

(【出所】日本銀行資金循環統計)

これに対し保険・年金・定型保証の金額は全体の3割弱です。確かに巨額ですが、現金・預金と比べれば小さいことは間違いありません。しかも、生命保険の受給権などを除いた年金受給権と年金保険受給権の金額はあわせて253兆円(家計金融資産全体の13.7%)に過ぎません。

すなわち、「年金をもらえるという期待債権が家計の最大の資産である」というコメント主様の主張は、数字の面で即座に否定できます。もちろん、ここで日銀が作成している資金循環統計そのものが誤っているという可能性はゼロではありませんが、もしそう主張されるならば、その根拠を示されるべきでしょう。

そもそも年金受給権は「国からもらえるもの」ではありません。国民年金や厚生年金など、外部に積み立てられている勘定から受け取るものです。もちろん、基礎年金部分に限定して半額の国庫負担もありますが、これは「賦課方式」を取っていることから、年金基金は政府に対する債権を持っていません。

もちろん、このあたりの議論については納得いかないという話もあるでしょうが、もしこの点について反論なさるならば、『資金循環統計の解説』(P2-13、PDFファイルの30ページ目)にある『年金に関する取り扱い』あたりを前提条件として熟読されることを強くお勧めします。

資金循環統計を誰が何に基づいて作っているか

コメントへの反論を続けましょう。

新宿会計士さんがいみじくも書いていたように、人口動態というものはもっとも先読みが当たる予想であるので、中央政府の公的年金給付債務の正確な現在価格の見積もりも可能です。それが計上されていないのです。/何度も申し上げているように、政府に対する債権者が内国民であるという現状。そんなの知ったことじゃないと言っている政府作成のこの表を盲信していても、判断を誤るだけです。

くどいようですが、中央政府の公的年金給付債務については、「賦課方式」を取っています。つまり、都度都度、税金から徴収し、それを基金に給付するという形を取るため、日銀の考え方では債務を構成しないという考え方です。

この考え方自体に納得がいかないということであれば、まずはそこを議論すべきですが、何も準備していなければ即座に

将来の租税債権と将来の給付債務が釣り合っているからじゃないですか?

と論破されるのが関の山だと思います。

また、細かいようですが、「政府作成のこの表を盲信」という下りがありますが、これも大変問題のある誤解です。

まず、資金循環統計そのものを作成しているのは、政府ではありません。日銀です

それも、日銀が勝手な基準で作成しているのではありません。国民経済計算体系の国際基準である「2008SNA」や国際通貨基金(IMF)の「金融統計マニュアル」に基づいています。

もし日銀の統計が某韓国銀行の統計のように、「2008SNA」や「IMF金融統計マニュアル」から逸脱している部分があるならば、そう指摘すべきでしょう。

また、「中央政府の年金債務が計上されていないのがおかしい」と主張するなら、「2008SNA」や「IMF金融統計マニュアル」に誤りがあると指摘すべきでしょう。

政府や日銀がやることなすこと、すべてが怪しい、それを盲信するな、とおっしゃっても、まったく説得力はありません。

別に公認会計士としての職務ではありませんが…

以上を踏まえて、次の下りを確認しておきましょう。

繰り返しますが、民間企業は、給付債務を計上するために、前世紀末から今世紀の初頭にかけて、苦しみ抜いてきたのです。/政府は、民間企業と異なり、内国民に対する給付債務を計上していないことに、いかなる合理的な説明が成立しますか。

私自身、退職給付会計や時価会計が導入された2000年前後に、駆け出しの会計士補として、デフレと業績悪化に苦しむ日本企業がさまざまな打撃を受けていた現場を知っています。退職給付信託や土地信託などのQ&A策定過程においても、むしろ現場サイドから意見を述べていたほどです。

しかし、それとこれとは話が違います。

民間企業が年金債務を認識しなければならなかったのは、給付方式が「積立方式」だったからです。これに対し、政府がなぜ国民に対する年金給付債務を計上していないかといえば、年金給付方式が「賦課方式」だからです。

「政府は国民への年金給付債務を計上すべきだ」と主張するならば、その見合いで、原資となる租税債権を金融資産に計上する必要もあります。

さらに問題があるのは、次のくだりです。

今年1年程度の期間について、(金融債権者にとって)日本政府のゴーイングコンサーンを示しても、それで日本政府は大丈夫だ、と言われても、それを言うのが会計士の仕事だと言われても、いや、それ、残り寿命が1年未満の人を除く全国民にとっては、全然違いますから。

私は別に、「今後1年程度の期間、日本政府は大丈夫だ」と申し上げたつもりはまったくありませんが、いったいどこをどう読んだらそう主張していると読めるのでしょうか?また、「それを言うのが会計士の仕事だ」と、私がいつ申し上げたのでしょうか?

そもそも根本から誤解されているようですが、私は別に「公認会計士としての仕事として」、このウェブ評論を行っているわけではありません。そもそも公認会計士には「第1項業務」と「第2項業務」というものがあって、「公認会計士が独占的する業務」は「第1項業務」(会計監査)の方です。

しかし、私は「第1項業務」を一切行っていませんし、このウェブ評論も、あくまでも「公認会計士の独占業務として」運営している者ではありません。「1人のビジネスマン」として運営しているものです。

そして私は、「俺様は公認会計士だ!この公認会計士が言うことだから絶対に正しいんだ!読者はこのウェブサイトを盲信しろ!」などと申し上げたつもりもありませんし、常日頃から「1人のビジネスマンとして運営するウェブ評論サイトだ」とくどいほど繰り返しているつもりです。勝手に勘違いしないでください。

もちろん、当ウェブサイトを執筆するにあたって、「公認会計士としての知見が活かされている部分」もあるかもしれませんが、そうでない部分もあります。

なにより、当ウェブサイトで紹介している資金循環統計については、これを作ったのは私ではありません。日銀です。そして、他人が作って公表した資料を読み込んで論評するのに資格など必要ありません。ウェブ環境さえあれば、その気になれば誰にでも読めますし、図書館に行けば政府刊行物で資金循環統計を確認できるのではないかと思います。

そして、もし私自身が資金循環統計の引用方法を間違えているというのならば、そう指摘して下されば済む話ですし、資金循環統計そのものが間違ていると主張するのならば、ただ漠然と「期待債権が家計で最も大きな資産だ」主張するのではなく、きちんと数字的な裏付けとともにその根拠を示してください。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



何よりも議論が大事

ただ、「謎田謎也」様のコメントをについては、全体としては批判的に取り上げたものの、「そもそも資金循環統計が正しいのか?」という疑問を持つこと自体は健全な姿勢です。とくに、「賦課方式の年金債務がオフバランスになってしまっている」という点については、重要な指摘でもあります。

ただし、それはあくまでも「資金循環統計作成上の賦課方式と積立方式の違い」という論点であって、「年金債務が計上されていないから問題だ!」という話にはなりません。それだと議論が飛躍し過ぎです。だいいち、年金債務を計上するならば年金資産を計上しなければフェアではありません。

いや、「資金循環統計を盲信するな」と主張されるのも結構なのですが、それでは財政再建を煽る財務省や、財務省のポチに成り果てているマスコミの皆さんが、資金循環統計そのものを無視しているという事実については、どう考えれば良いのでしょうか?

いずれにせよ、当ウェブサイトはコメント自由ですので、「謎田謎也」様を始め、読者の皆様には今後ともお気軽なコメントを賜りたく存じます。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ちなみに、自称経済学者のなかには、ときどき、「現在、年金基金が持っている財産を給付していけば、将来足りなくなる」といったおバカな主張をする人もいるのですが、年金数理計算の基礎を学んでから出直してこい、と言いたい気分でいっぱいです。

「将来の年金債務は現在の資産と将来の払込金を充てる」のであって、「現在の資産だけ」と比べてもまったく意味がありません。「国民の敵Z」とその御用学者の皆さんには、「バランスシートは何のためにあるのだ」と問い詰めたい気分でいっぱいです(苦笑)

私自身、財務省の消費税の増税方針には極めて批判的ですが、その理由は、財務省がさまざまな指標を恣意的に歪めて増税の材料として使っているからです。そうであるならば、その矛盾を指摘して、増税がいかに誤った考え方であるかを主張するのが、私自身のウェブ評論家としての役割です。

たとえば、財務省が「国の借金」と表現するときには、なぜか140兆円近い価値がある外貨準備、50兆円もの貸出金や政府関係団体への出資等については、ヒトコトも触れません。さらに、電波利用権を始め、売却可能な財産などいくらでもあるのに、なぜかそれらの論点については徹底的に無視するのです。

私が批判しているのは、こうした恣意的でダブル・スタンダードに満ちた財務省の姿勢であり、だからこそ私は財務省を「国民の敵Z」と呼んでいるのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/11/21 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓新時代へ:慰安婦財団解散に踏み切った韓国政府の蛮勇
  • 2018/11/21 11:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、「慰安婦財団」の解散を正式発表 (3コメント)
  • 2018/11/21 09:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】中央日報「本日、慰安婦財団解散を公式発表へ」 (7コメント)
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (6コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (11コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (22コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (18コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (17コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (12コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)
  • 2018/11/13 08:00 【金融
    どうして「日本国債はデフォルトしない」のか、改めて考える (40コメント)
  • 2018/11/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    ルール守らぬ韓国の無法も国際問題化に成功すれば日本の勝利 (13コメント)
  • 2018/11/12 15:45 【時事|韓国崩壊
    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する (27コメント)
  • 2018/11/12 11:45 【時事|雑感オピニオン
    原爆投下、越えてはならない一線を越えるのはいかがなものか (18コメント)
  • 2018/11/12 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対するセカンダリー制裁はすでに始まっているのでは? (21コメント)
  • 2018/11/12 05:00 【マスメディア論|時事|政治
    後を絶たないマスコミ不祥事 捏造防ぐ特効薬は放送自由化 (22コメント)
  • 2018/11/11 11:11 【時事|金融
    「国民1人当たり878万円の借金になる」?なりません。 (15コメント)
  • 2018/11/11 05:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国へのフッ酸禁輸報道は北朝鮮核開発の関係があるのか? (16コメント)
  • 2018/11/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係はここが踏ん張りどころ 安易な妥協論を排除せよ (38コメント)
  • 2018/11/10 05:00 【韓国崩壊
    キレる、逃げる、責任転嫁 実体験に基づく韓国の傾向と対策 (17コメント)
  • 2018/11/09 17:00 【時事
    【速報】慰安婦問題・植村元記者の「捏造」主張を地裁が却下 (16コメント)
  • 2018/11/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も (40コメント)
  • 2018/11/09 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中央日報『日商会頭「日韓関係早急な正常化を」』報道の真偽 (12コメント)
  • 2018/11/09 05:00 【マスメディア論
    新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない (6コメント)
  • 2018/11/08 14:30 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国が南北鉄道連結事業着工を強行したら米国はどう動くのか (12コメント)
  • 2018/11/08 11:30 【時事|韓国崩壊
    逃げ腰で反論を試みる韓国首相と冷ややかに突き放す日本政府 (30コメント)
  • 2018/11/08 08:00 【時事|韓国崩壊|国内政治
    安易な日韓断交論は不適切にしても、日本が変わることは必要 (10コメント)
  • 2018/11/08 05:00 【マスメディア論
    赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落 (13コメント)
  • 2018/11/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    都合悪いと相手を批判?徴用工判決巡り韓国大統領府が初反応 (32コメント)
  • 2018/11/07 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決と日本人拉致事件の共通点:最終的に制裁が必要 (14コメント)
  • 2018/11/07 05:00 【時事|経済全般
    国際ルール守らぬ中国に米国が対決姿勢 日中接近は慎重に (12コメント)
  • 2018/11/06 15:00 【時事|韓国崩壊
    「ICJ提訴」はそれほど過激な選択肢でなく、むしろ不十分 (14コメント)
  • 2018/11/06 11:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】産経ニュース「日本政府が韓国政府をICJ提訴」 (9コメント)
  • 2018/11/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 日本政府は遅くとも今月末に「次のステップ」へ? (13コメント)
  • 2018/11/06 05:00 【雑感オピニオン
    改めて「国民の敵」とその対処法について考えてみる (15コメント)
  • 2018/11/05 10:30 【時事|韓国崩壊
    駐日大使らが「韓日双方が努力すべき」、そんな認識で大丈夫? (28コメント)
  • 2018/11/05 08:00 【時事|国内政治
    なぜ今、改憲を持ち出すのか?それは改憲阻止勢力が負けたから (4コメント)
  • 2018/11/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅大統領が破滅させるのは日韓関係ではなく韓国そのもの (24コメント)
  • 2018/11/04 08:00 【RMB|時事|金融
    通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する (19コメント)
  • 2018/11/04 05:00 【マスメディア論
    「国民の敵」としてのNHK いったい何が問題なのか? (12コメント)
  • 2018/11/03 08:00 【マスメディア論
    YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい (14コメント)
  • 2018/11/03 05:00 【韓国崩壊|外交
    「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に! (19コメント)
  • 2018/11/02 17:00 【時事
    河野外相の100%発言を100%支持する (22コメント)
  • 2018/11/02 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし (59コメント)
  • 2018/11/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「ツートラック外交」追求のうちに米韓同盟は破綻へ? (26コメント)
  • 2018/11/02 05:00 【マスメディア論
    改めて当ウェブサイトの姿勢を説明し、活動内容を紹介します (12コメント)
  • 2018/11/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」? (27コメント)
  • 2018/11/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考 (25コメント)
  • 2018/11/01 05:00 【雑感オピニオン
    何と月間PVが70万件に!保守系言論サイトの話題あれこれ (9コメント)
  • 2018/10/31 10:45 【時事|韓国崩壊
    事態収拾責任は韓国政府にあり 徴用工判決巡るメディアの反応 (37コメント)
  • 2018/10/31 08:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決「毅然たる措置」ビザ厳格化と外為法金融制裁は? (16コメント)
  • 2018/10/31 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物 (6コメント)
  • 2018/10/30 15:20 【時事|韓国崩壊
    越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至 (50コメント)
  • 2018/10/30 14:25 【時事
    【速報】徴用工訴訟で日本企業の敗訴が確定 (9コメント)
  • 2018/10/30 11:30 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決を前に:「約束」の意味を理解しない韓国人記者 (7コメント)
  • 2018/10/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    いよいよ本日2時に徴用工判決:日韓関係は破綻するのか? (7コメント)
  • 2018/10/30 05:00 【時事|外交
    日中外交:テーブル上で握手し、テーブル下で足を蹴る関係へ (7コメント)
  • 2018/10/29 12:30 【時事|韓国崩壊
    日本が「米中二股外交」で失敗したことにしたい韓国メディア (4コメント)
  • 2018/10/29 10:00 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイが新潟市長選で大恥さらすも自民党は慢心するな (3コメント)
  • 2018/10/29 08:00 【時事|国内政治
    安倍総理の訪中を巡って、ツイッター上で右と左が大ゲンカ? (7コメント)
  • 2018/10/29 05:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【重要】お詫び:ユーザー登録機能の重要な機能の中止について (4コメント)
  • 2018/10/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    混乱する日韓関係、ついに徴用工訴訟「介入疑惑」で逮捕者出現 (17コメント)
  • 2018/10/28 07:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ユーザー登録の手動修正につきまして (3コメント)
  • 2018/10/28 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係破綻が避けられないなら日本は米国と足並み揃えるべき (10コメント)
  • 2018/10/27 08:00 【日韓スワップ|時事|金融
    「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路 (9コメント)
  • 2018/10/27 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV数が50万件に到達 皆様に改めて御礼申し上げます (6コメント)
  • 2018/10/26 21:30 【RMB|時事|金融
    【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった! (7コメント)
  • 2018/10/26 12:00 【時事|金融
    安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解 (7コメント)
  • 2018/10/26 08:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ついにユーザー登録ができるようになりました! (16コメント)
  • 2018/10/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓関係破綻の危機が迫っている」という現実に備えるべき (19コメント)
  • 2018/10/25 10:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える (14コメント)
  • 2018/10/25 08:00 【時事|経済全般
    読売新聞、歴代経団連会長がIT弱者だった疑いを報じてしまう (15コメント)
  • 2018/10/25 05:00 【時事|外交
    日中関係改善という幻想 日本に必要なのは是々非々の姿勢 (7コメント)
  • 2018/10/24 13:00 【時事|国内政治
    玉木雄一郎氏が「野党再編の主役」?間違ってもそれはない
  • 2018/10/24 08:00 【マスメディア論|時事
    臨時国会開幕 マスコミのプロパガンダが効かなくなってきた (6コメント)
  • 2018/10/24 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる (4コメント)
  • 2018/10/23 12:30 【日韓スワップ|時事
    韓銀総裁が日韓スワップ待望?まず約束守れ、話はそれからだ (44コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。