私は最近、「国民の敵」という存在を、強く意識するようになりました。私は、民主主義のプロセスで選ばれたわけでもないくせに、不当に大きな社会的影響力を持っている組織や人物のことを、「国民の敵」と呼びたいと考えています。日本社会を健全にするためには、財務省解体、朝日新聞社倒産と並んで、日本共産党の非合法化は避けて通れない道ではないでしょうか?

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は古来、民主主義国家

憲法はメンテナンスが必要

こんなウェブサイトを運営していると、ときどき誤解を受けることがあります。それは、私・「新宿会計士」が極右の思想家であり、国家主義者、全体主義者である、という批判です。

しかし、私自身は日本国憲法を尊重すべきだと考えており、日本国憲法に定められた「三権分立」、「法治主義」、「自由主義」、「民主主義」、「人権尊重」、「侵略戦争の禁止」などの価値観は、将来にわたって維持、強化していくべきものだと考えています。

もちろん、日本国憲法は絶対のものではありません。

たとえば、憲法第9条第2項は、「日本がたとえ外国から攻めこまれるようなことがあったとしても、日本国政府は武器を取って戦ってはならない」と定めている、史上最悪の「殺人憲法」ともいうべき代物であって、こんなふざけた条項はさっさと削除するか、無効化しなければなりません。

また、「三権分立」の規定についても、裁判所に対する国民のガバナンスが十分に効いていない部分もあり、「モンスター裁判官」を国民の意思で免職する仕組みも必要ですし、「単式簿記」に基づく「予算単年度主義」も時代にそぐわなくなりつつあります。

ただ、どんな憲法であれ、時代の変化に合わせて少しずつメンテナンスしていかなければならないのは当然の話ですが、それでも「民主主義」については、絶対に変えてはならない部分です。なぜなら、日本は古代から、ある意味では「民主主義国家」だったからです。

大日本帝国憲法復活論の短絡さ

ついでに申し上げると、私は「日本国憲法は無効だ」「いますぐ大日本帝国憲法を復活させるべし」といった短絡的な議論にも同意しません。

たしかに日本国憲法は敗戦後の占領下でGHQが押しつけたものであり、国際法に違反しているという考え方もあります。しかし、それと同時に日本国憲法は大日本帝国憲法の改正手続に従って成立したものですから、法形式上、日本国憲法は大日本帝国憲法を承継したものだ、という言い方もできます。

あるいは、私自身の私見ですが、大日本帝国憲法は憲法十七条、大宝律令などの古代の法令を受け継いだものであり、日本国憲法はさらにその大日本帝国憲法を受け継いだものですので、日本の「国体」は古代から連綿と続いているという言い方もできます。

聖徳太子が西暦600年ごろに制定されたと伝えられる憲法十七条の第1条には、「和を以て貴としと為す」、とあります。さらに、明治天皇が下された五箇条の御誓文の第1条に、「廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スベシ」とあります。

いずれも私なりに現代語訳すれば、それぞれ、「国民が仲良く協力し合って社会を作りなさい」、「広く会議を起こし、あらゆる事項はみんなの意見に基づいて決定しなさい」、という考え方であり、これは私たち現代の日本社会の考え方そのものです。

つまり、日本はアメリカかどこかから、西洋的な民主主義という考え方を押し付けられたのではありません。日本社会は最初から天皇を中心とした民主主義的な考え方を持っていて、それがたまたま、西欧政治思想と合致していた、というだけのことなのです。

歴史上も民主主義国家だった

さて、この「日本は古来、民主主義国家である」という考え方は、もちろん、私自身の勝手な主張です。この「民主主義」とは、今日的な「国民が有権者として選挙権を行使する」というだけでなく、「時の為政者が国民のことを最重視して来た」という意味も含まれています。

日本の場合、時の為政者は民衆がいかに良く暮らせるかに気を配ってきたのではないかと思います。それも、日本国の最高権威者は一貫して天皇であり、時の為政者は関白太政大臣であれ、征夷大将軍であれ、天皇から位を授けられなければ権力を振るうこともできなかったからです。

もちろん、実際には平安時代の貴族の専横政治(とくに平清盛王朝)や、日本をめちゃくちゃにした足利王権など、おかしな政権はたくさん存在していました。とくに、皇室をないがしろにして、中華皇帝から勝手に「日本国王」という柵封を受け、日明貿易で富を独占した足利義満の罪は重いといえるでしょう。

ただ、時の最高権力者が関白であれ、征夷大将軍であれ、その権威は天皇に由来し、かつ、天皇は一貫して、常に民を想う存在であったがため、関白にしても太政大臣にしても征夷大将軍にしても、天皇の意に逆らって国民を収奪する存在であることは許されなかったのです。

なお、わが国の天皇は、「五穀豊穣を祈る存在」であって、中華皇帝のような「民を収奪する独裁者」ではありませんが、このあたりについては、またどこかで深く議論したいと思います。

「国民の敵」を定義する

民主主義に反する人たち

さて、上記の議論に異論があるという方も多々いらっしゃるとは思いますが、それでも中国や北朝鮮のような独裁国家と比べると、民主主義の政体を取る現代日本の方が、遥かに暮らしやすく、遥かに素晴らしい社会である、という点については、ほとんどの人にとって異論はないでしょう。

現代日本が採用する「民主主義」とは、「国の最高権力者は国民である」、とする考え方です。といっても、私たち国民一人ひとりが、直接、政治を行うわけにもいきません。そこで、私たち国民が有権者として代理人を選び、その代理人を国会に送り込むという仕組みが、「間接民主主義」の基本形です。

日本国憲法の前文には、

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」(※下線部は引用者による加工)

とあります。

「政府の行為によって戦争がどうたら」という下りは完全に蛇足だと思いますが、「正当に選挙された国会における代表者」が国権の最高機関にして唯一の立法機関(憲法第41条)である国会を構成するという考え方自体は、非常にオーソドックスな民主主義の在り方です。

逆に言えば、「正当に選挙された国会議員」の集合体である国会が、日本国政府の上位に存在しなければなりませんし、すべての行政は国会が決めた法律に縛られなければなりません。国会の意思に逆らって官僚が勝手に告示だの、政省令だのを定めるということは、あってはなりません。

たとえば、文部科学省が策定している告示『大学、大学院、短期大学及び高等専門学校の設置等に係る認可の基準(平成15年3月31日文部科学省告示第45号)』の第1条第4号には、文部科学省が学校教育法第4条第1項に違反し、獣医学部などの新設を認めないと明記されています。

歯科医師、獣医師及び船舶職員の養成に係る大学等の設置若しくは収容定員増又は医師の養成に係る大学等の設置でないこと。

こうした違法な告示を放置していること自体、大きな問題です。このような告示は直ちに廃止しなければなりませんし、場合によっては告示の策定に関わった責任者を特定して懲戒免職にしたうえで、文部科学省という省自体を廃止することなども必要でしょう。

「国民の敵」とは?

この文科省の例からもわかるとおり、私が考える「国民の敵」とは、こうした日本が大切にしなければならない民主主義の仕組みに背いて不当に権力を握っている個人や組織のことです。

そのなかでも特に強い「国民の敵」の事例は、財務省です。

財務省は徴税権、予算編成権という、国家のカネの入口と出口を両方とも握っていて、霞ヶ関、そして日本全体を強力に支配しています。たとえ政治家といえども、財務省の意向に逆らうことは非常に困難であり、酷い場合には財務省の支配下にある国税庁が国税調査権を発動して政治家を脅すこともあります。

では、財務省の官僚・職員は、果たして私たち国民が選んだのでしょうか?

それは全く違います。財務官僚の多くは東京大学法学部出身者であって、若かりし頃に国家総合職(旧国家Ⅰ種試験)を合格した「受験エリート」たちのなれの果てに過ぎません。そんな偏った集団が、国民の意向に背いてまで、増税原理主義を振りかざしているのです。

その意味で、財務省とは「国民が選んだわけでもないくせに絶大な権力を握っている集団」であり、かつ、徴税権と予算編成権を悪用して自分たちの意向にそぐわない意見を排除しているのです。その意味で、財務省とは反民主主義の権化のような存在であり、「国民の敵」の名に値します。

官僚、マスコミ、野党議員

同じく、国民が選挙で選んだわけでもないくせに、絶大な権力を握っているのが新聞・テレビを中心とするマス・メディア(マスコミ)です。とくに地上波テレビの影響力は今でも非常に大きく、テレビが報じた内容を鵜呑みにする「情報弱者層」は、確実に存在しています。

昨日も『危険水域なのは政権支持率ではなく「マスコミ支持率」では?』で主張しましたが、「日本マスコミ村」はたった8つの企業集団によって支配されており、この8社の意向次第では、「ないものをあることにできる」し「あるものをないことにできる」のです。

危険水域なのは政権支持率ではなく「マスコミ支持率」では?

とくに、マス・メディアの中でも「もりかけ虚報」により安倍政権の倒閣を目指した朝日新聞社という組織には、日本という民主主義社会において、存在する資格があるとは思えません。

また、国民からの選挙で多数派を形成しているわけでもないくせに、国会で大きな顔をしている集団が、野党です。たとえば、質問時間の配分で見ると、衆議院では与党1に対し野党2、参議院では与党2に対し野党8です。

議員の数は衆議院では与党2に対し野党1、参議院では与党5に対し野党3ですから、議員1人当たりで見れば、野党議員の質問時間数は、衆議院では与党議員の4倍、参議院では与党議員の7倍にも達しています。

これこそまさに、民主主義の考え方に反するものです。なぜなら、野党議員が野党議員である理由は、「国会で多数を取ることができなかったから」であり、それ以上でもそれ以下でもないからです。国会はあくまでも「議論の府」です。与野党を問わず議員1人あたりの質問時間数は平等にすべきでしょう。

つまり、私が考える「国民の敵」とは、「私たち有権者が選挙で選んだわけでもないくせに、不当に大きな権力を持ち、国民生活に大きな悪影響を与えている存在」のことであり、まさに「官僚、マスコミ、野党議員」がその典型例なのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



自滅する野党議員

枝野幸男渾身の3時間演説、そして支持率半減(笑)

さて、昨日の『危険水域なのは政権支持率ではなく「マスコミ支持率」では?』のなかでは、あれほどまでにマス・メディアが「もりかけ問題」を煽ったのに、結局、叩くネタが切れた途端に内閣支持率が上昇してしまった、という事象を紹介しました。

ところで、その内閣支持率急上昇の煽りを喰らったのが、野党、とくに立憲民主党だったのではないでしょうか?

立憲民主党の枝野幸男代表は7月20日、内閣不信任案の趣旨を説明するために演説を行い、これが2時間43分という長きにわたりました。この演説については、「ハーバービジネスオンライン編集部」が編集した『魂の3時間大演説』なる書籍にまとめられています。

そして、この『魂の3時間大演説』、アマゾンで政治部門の1位を獲得したらしく、書評を見ても、「権力をかさに暴走する安倍政権を批判する名著だ」だの、「『リベラル保守』の立場から安倍悪政を徹底批判した、憲政史に残る名演説」だの、内容を絶賛するコメントで溢れています。

つまり、枝野幸男氏の演説は、それだけ多くの人の心を動かした、と見ることもできます。枝野幸男氏の「名演説」が久々のベストセラーを生んだ、ということです。ところで、この書籍が刊行されたのは8月9日のことですが、立憲民主党に対する支持率もさぞや伸びていることでしょう。

そこで紹介するのが、こちらの2つの記事です。

世論調査―質問と回答〈8月4、5日実施〉(2018年8月6日21時39分付 朝日新聞デジタル日本語版より)
内閣支持50%、不支持40%…読売世論調査(2018年08月27日 06時04分付 読売オンラインより)

まず、8月6日付の朝日新聞の世論調査によれば、立憲民主党に対する政党支持率は6%で、この時点で、前月調査(8%)から2%ポイント低下していることが確認できます。

次に、読売新聞の世論調査が出てきた8月27日ですが、先ほどの「ベストセラー」が刊行された直後なので、支持率は10%を超えているに違いない!と思って読売の調査を読んでみると、

政党支持率は、自民党が40%(前回41%)、立憲民主党が4%(同8%)などの順。無党派層は45%(同41%)だった。」(※下線部は引用者による加工)

なんと!支持率は半減していたのです!

ちなみに、他のメディアによる立憲民主党への支持率は、時事通信の8月10日付の記事では4.6%(前月4.7%)、日本経済新聞の8月27日付の記事では10%となっており、調査実施主体によって、かなりのばらつきがあります。このため、読売の世論調査を絶対視すべきではありません。

しかし、少なくとも枝野氏の「渾身の3時間演説」出版直後に読売の調査で支持率が半減したのは、非常に興味深い現象だと思います。

むしろ日本共産党を非合法化すべき

政党がらみでもう1つ、紹介しておきたい時事ネタがあります。

共産市議、空自航空ショーに中止要求 「戦闘と切り離せぬ」埼玉・鴻巣 迷彩服イベントに続き(2018.8.28 05:00付 産経ニュースより)

産経ニュースによると、埼玉県鴻巣(こうのす)市で共産党市議や新日本婦人の会鴻巣支部などが、10月に同市で行われる航空自衛隊機の航空ショーの中止を求めているのだそうです。産経ニュースはこれについて、

同市では市内のショッピングモールで今月20、21の両日、子供用迷彩服の試着体験などを予定していた自衛隊のイベントが、「商業施設にそぐわない」などとする共産党市議らの要請で中止になったばかり。「自衛隊イコール戦争」と印象づける共産党の“圧力”が目立っている。

と論じていますが、日本共産党市議らの自衛隊イベントの妨害工作を見ていると、「自衛隊のイベントを中止すべき」なのではなく、「日本共産党自体を非合法化した方が良い」としか思えません。

日本社会は「宗教の自由」を極限まで許した結果、オウム真理教が武装し、都市部でサリンを撒くという無差別テロを発生させました。本来、「結社の自由」は健全な社会を育むために認められているものであって、私たちの社会を暴力的な手段で破壊する連中にまで「結社の自由」を認めるべきではありません。

日本共産党もこれとまったく同じです。

日本共産党が掲げるのは「天皇制の廃止」「民主主義の廃止」という暴力革命です。実際、日本共産党の志位和夫委員長は、17年間も独裁体制を敷いていて、日本共産党内で委員長を選ぶための民主的な党員選挙が行われたという話はまったく聞きません。

党のトップを民主的なプロセスで選んでいない日本共産党に、自民党の総裁選を批判する資格などありません。いや、もっといえば、共産主義政党は民主主義社会と最も相容れない存在であり、そもそも存在すら許してはならないと思います。

日本もナチスと共産党を非合法化した戦後の西ドイツの例に倣い、そろそろ本気で共産主義政党の非合法化を検討すべきではないでしょうか?

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/12/17 13:00 【時事|国内政治
    江田憲司氏は「山本真千子疑惑」について説明したのですか? (4コメント)
  • 2018/12/17 10:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工」巡り韓国メディア「河野外相が態度軟化」、本当? (7コメント)
  • 2018/12/17 05:00 【韓国崩壊|国内政治
    日韓関係は日本国内の「国民の敵」との合わせ鏡 (8コメント)
  • 2018/12/16 12:30 【マスメディア論
    『お金の全てを学ぶ、マネピグ』は転載ルールを守れ (11コメント)
  • 2018/12/16 08:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ韓国に対する制裁が必要なのか 対韓制裁こそ日本の義務 (18コメント)
  • 2018/12/16 05:00 【韓国崩壊|雑感オピニオン
    個人的体験談に根差した韓国論 「あと20年以内に消滅」? (21コメント)
  • 2018/12/15 08:00 【マスメディア論|経済全般
    ゴーン氏起訴した日本、NHKの超高額な人件費も追及すべし (25コメント)
  • 2018/12/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    能天気過ぎる日韓議連の共同宣言と自民党内の韓国への怒り (25コメント)
  • 2018/12/14 16:15 【時事|韓国崩壊
    不誠実な韓国政府と無能すぎる日韓議連 議連総会は期待外れ (18コメント)
  • 2018/12/14 10:45 【時事|韓国崩壊
    日米両国にケンカを売る韓国、次の決行日は12月26日か? (13コメント)
  • 2018/12/14 08:00 【日韓スワップ|金融
    ABMIと日韓スワップにしがみつく韓国 その面の皮の厚さ (22コメント)
  • 2018/12/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    本日の日韓議連総会における2つのポイントと日韓関係の危機 (9コメント)
  • 2018/12/13 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連総会の開催日程にわざわざ竹島軍事演習仕掛けた韓国 (10コメント)
  • 2018/12/13 14:00 【時事|国内政治
    野党の皆さんへ、「確実に政権が取れる方法」をお教えします (39コメント)
  • 2018/12/13 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国要人のインタビュー記事から感じる日韓関係の破滅 (11コメント)
  • 2018/12/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    日本に「慎重な対応」を求めてきた、韓国外相のセンスのなさ (11コメント)
  • 2018/12/13 05:00 【経済全般
    ファーウェイ「初任給40万円」記事と不自然な中国大使館発表 (8コメント)
  • 2018/12/12 16:30 【マスメディア論|時事
    本日のウソニュース「韓国が事実上の日韓断交申し入れへ」 (4コメント)
  • 2018/12/12 12:12 【時事|外交
    カナダの元外交官を拘束した無法国家・中国と対峙する諸国 (17コメント)
  • 2018/12/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    安倍総理よ、韓国政府による明確な合意違反を見逃すのか? (9コメント)
  • 2018/12/12 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中国の存在感高まる韓国 「中国格上げ・日本格下げ」の意味 (8コメント)
  • 2018/12/11 16:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、南北鉄道連結工事の着工式を強行する構えか? (10コメント)
  • 2018/12/11 12:00 【時事|金融
    米国の新たな北朝鮮金融制裁、日本にとって他人事ではない (6コメント)
  • 2018/12/11 08:00 【時事|経済全般
    粛々とサイバーセキュリティ進める安倍政権と猛反発する中国 (13コメント)
  • 2018/12/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国統一部次官の訪日とは、ツートラック外交の極みなのか? (7コメント)
  • 2018/12/10 15:00 【時事|外交
    世界は中国共産党と共存できるのか? (16コメント)
  • 2018/12/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決巡り、さりげなくウソを混ぜる韓国政府関係者 (19コメント)
  • 2018/12/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアを通して見る韓国社会の病理 ウソツキはだれ? (11コメント)
  • 2018/12/09 08:00 【時事|経済全般
    高輪ゲートウェイに見るJR東日本の傲慢 説明責任を果たせ (36コメント)
  • 2018/12/09 05:00 【時事|外交
    韓国KTXの事故喜ぶ恥知らずなブログ 同一レベルに堕ちるな (21コメント)
  • 2018/12/08 08:00 【時事|金融
    ユーロ圏の矛盾が噴出 フランスは民主主義を捨てたのか? (39コメント)
  • 2018/12/08 05:00 【外交
    日本国民に問う。北朝鮮という国を存続させておいて良いのか? (16コメント)
  • 2018/12/07 11:00 【政治
    米政府も一目置く、嫌韓と一線を画す論客・鈴置高史氏 (55コメント)
  • 2018/12/07 08:00 【雑感オピニオン
    師走の雑感:ウェブ言論空間と民主主義について考えてみる (8コメント)
  • 2018/12/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮」を通してクリアになる、韓国という国の本質とは? (28コメント)
  • 2018/12/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 これまでの動きと韓国政府の「出方」を整理する (32コメント)
  • 2018/12/06 05:00 【金融
    日本国債の不都合な真実:ハゲタカは日本にとって格好のカモ (15コメント)
  • 2018/12/05 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】またしても徴用工判決 (16コメント)
  • 2018/12/05 12:30 【時事|韓国崩壊
    国際関係とは、純粋に法律だけの問題です (16コメント)
  • 2018/12/05 10:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工 元駐日大使が「日本は韓国理解する心のゆとり持て」 (19コメント)
  • 2018/12/05 08:00 【韓国崩壊|金融
    日本が本気で経済制裁すれば、数字の上では韓国経済崩壊か? (12コメント)
  • 2018/12/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    12月24日が、「日韓関係終了の日」になってしまうのか? (14コメント)
  • 2018/12/04 11:00 【時事|外交
    朝日社説の安倍批判はG20が日本にとって大成功だった証拠 (17コメント)
  • 2018/12/04 08:00 【時事|金融
    韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性 (29コメント)
  • 2018/12/04 05:00 【時事|外交
    G20 会った相手と「会わなかった相手」から読む安倍外交 (11コメント)
  • 2018/12/03 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国大統領が初めて徴用工に言及も、韓国への経済制裁が視野に (31コメント)
  • 2018/12/03 08:00 【時事|韓国崩壊
    朝日新聞にも掲載された徴用工巡る「3者基金構想」の愚劣さ (11コメント)
  • 2018/12/03 05:00 【時事|外交
    「2回目の米朝首脳会談」?北朝鮮が核放棄に応じますかね? (9コメント)
  • 2018/12/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    アルゼンチンG20会談で見えた、「日韓関係の冷え込み」 (29コメント)
  • 2018/12/02 05:00 【時事|外交
    ツイッターとG20集合写真から見えるトランプ氏の世界戦略 (18コメント)
  • 2018/12/01 08:00 【政治
    国連国際法委員会の採択文書について、もう少し眺めてみる (18コメント)
  • 2018/12/01 05:00 【雑感オピニオン
    ウェブ評論の世界から、「ルールを守ること」を考えてみる (8コメント)
  • 2018/11/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞が報じた徴用工判決巡る「日本側の対抗措置」とは? (32コメント)
  • 2018/11/30 10:00 【政治
    徴用工判決巡り、中央日報さんはいったいどうしたいのですか? (23コメント)
  • 2018/11/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国崩壊は自業自得だが、日本はそれをあざ笑うべきではない (15コメント)
  • 2018/11/29 13:15 【時事|韓国崩壊
    補足論点:韓国の裁判所は万能なのか?荒唐無稽な徴用工判決 (36コメント)
  • 2018/11/29 11:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】またしても韓国で自称元徴用工に損害賠償命令 (20コメント)
  • 2018/11/29 08:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    河野太郎外相の個人ブログの「為替スワップ」、行間を読む (1コメント)
  • 2018/11/29 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV100万件の御礼とウェブ評論の今後 (3コメント)
  • 2018/11/28 14:00 【時事|国内政治
    「今の道徳教育の危険性」をかたる前川元次官の説得力のなさ (12コメント)
  • 2018/11/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、河野外相発言に「不適切」と猛反発も打つ手なし? (29コメント)
  • 2018/11/28 08:00 【時事|国内政治
    もりかけ問題、どうなった? 内閣支持率が上昇する理由 (10コメント)
  • 2018/11/28 05:00 【金融
    読者コメントに思う:時限的に「無税国家」を実現してみては? (33コメント)
  • 2018/11/27 11:00 【時事|韓国崩壊
    仏像が韓国のもの?韓国市民団体主催の呆れた討論会 ほか (10コメント)
  • 2018/11/27 08:00 【時事|韓国崩壊
    河野外相「駐韓大使帰国なし」報道に見る韓国紙の曲解と本音 (20コメント)
  • 2018/11/27 05:00 【経済全般
    宝くじで「絶対に負けない方法」を編み出しました (13コメント)
  • 2018/11/26 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「南北鉄道連結事業は北朝鮮制裁の対象外」、本当? (20コメント)
  • 2018/11/26 10:00 【時事|韓国崩壊
    「米政府、日韓に歩み寄り促す」?それは「韓国に」言うべき (27コメント)
  • 2018/11/26 06:00 【時事|韓国崩壊
    辛うじて踏みとどまる日韓関係、小康状態はいつまで続く? (22コメント)
  • 2018/11/25 12:00 【政治
    「韓国政府、日本と断交を決意」?悪質サイトのウソニュース (23コメント)
  • 2018/11/25 05:00 【政治
    月間PV100万件間近 「文章作成術」について考えてみた (9コメント)
  • 2018/11/24 12:00 【時事|韓国崩壊
    国として終わった韓国:慰安婦財団解散騒動の報道あれこれ (15コメント)
  • 2018/11/24 06:00 【韓国崩壊
    結局、慰安婦問題も国内問題。日本国民の覚悟が問われている (21コメント)
  • 2018/11/23 12:00 【マスメディア論
    国民の敵・NHK「受信料2.5%引き下げ」の欺瞞を許すな (20コメント)
  • 2018/11/23 06:00 【日韓スワップ|時事|金融
    利上げも利下げもできない韓国のジレンマとは? (17コメント)
  • 2018/11/22 12:15 【時事|韓国崩壊
    外国では慰安婦は「性奴隷問題」。この現実から逃げるな! (50コメント)
  • 2018/11/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり狡猾だった韓国政府「合意の破棄・再協議要求せず」 (26コメント)
  • 2018/11/22 06:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団解散めぐり抑制的な日本政府の「別の意図」とは? (29コメント)
  • 2018/11/21 15:45 【時事|韓国崩壊
    政府、慰安婦財団解散に現時点では抗議だけ その真の狙いは? (26コメント)
  • 2018/11/21 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓新時代へ:慰安婦財団解散に踏み切った韓国政府の蛮勇 (19コメント)
  • 2018/11/21 11:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、「慰安婦財団」の解散を正式発表 (6コメント)
  • 2018/11/21 09:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】中央日報「本日、慰安婦財団解散を公式発表へ」 (8コメント)
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (7コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (21コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (24コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (19コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (22コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。