河野太郎外相がチャーター機で米国を訪問したことで、4000万円近くもの国民の血税が使われました。もちろん、そうせざるを得ない事情を作ったのは立憲民主党をはじめとする野党であり、本来、彼らこそがそのおカネを負担すべきだと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

有権者よ、コスト意識を持て!

新卒サラリーマン1人分の家賃収入を失う

当ウェブサイトではこれまで数回、この話題を取り上げました。

首相外遊に野党反対=河野氏発言を注意-衆院議運委(2018/07/06-18:04付 時事通信より)

これは、河野太郎外相が今月3日に都内の講演会で、「野党の要求で国会に出席したため、海外出張に数千万円のチャーター機を利用せざるを得なかった」「税金の無駄遣いだ」などと述べたことを、野党側が大きく問題視している、というものです。

これに関する話題については、当ウェブサイトでは以下の記事などでも触れたとおり、河野大臣を国会に何時間も拘束しているのは野党の側であり、問題視されるとしたら発言した河野氏ではなく、野党の方ではないかと思います。

【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する

真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ

こうした中、この話題に「続報」が出て来たようです。立憲民主党の逢坂誠二衆議院議員の質問主意書に対し、政府が昨日(13日)、河野外相が6月の訪米時に使ったチャーター機の費用が約3800万円だったとする答弁書を閣議決定したそうです。

外相訪米のチャーター機は「3800万円」 政府が答弁書(2018/7/13 12:15付 日本経済新聞電子版より)
河野太郎外相訪米、チャーター機に3800万円支出 政府が答弁書(2018.7.13 13:14付 産経ニュースより)

報道によれば、チャーター機に支払われた金額は、3828万7910円です。3800万円といえば、地方によっては十分に豪邸が建つ金額ですし、私(新宿会計士)が居住する新宿界隈でも、ワンルームマンションが2部屋は買える値段です。

新宿のワンルームマンションの家賃相場は月額8~10万円ていどですが、仮に月額10万円のマンションを2軒持っていたら、それだけで毎月20万円の収入が得られます。減価償却費や修繕積立金、税金などを控除しても、所得水準は新卒のサラリーマンの手取り収入とたいして変わりません。

議員1人あたりの実損害額は?

このように考えていくと、心の底から腹が立ちますね。

もちろん、安倍晋三内閣総理大臣を筆頭に、麻生副総理兼財相、河野外相などの国務大臣が国会に拘束され、その間、国務を行う時間が取られること自体、日本の国益を大きく損ねています。その意味で、立憲民主党をはじめとする野党がもたらしている実損害は、3800万円では済まないでしょう。

ただ、こうやって「野党のせいで国民の血税から余分な支出が行われた具体的な金額」を突きつけられれば、いかに鈍感な人であっても、「野党議員こそが国民の敵ではないか」と、薄々感じるのではないでしょうか?

以前、『国会議員の1人当たり給料をねちねち計算してみた』でも指摘したとおり、国会議員を1人雇うことで、少なくとも1.1億円の血税が使われます(ただし、日本共産党に関しては政党助成金を受け取っていないため、金額は少し変わります)。

国会議員の1人当たり給料をねちねち計算してみた

立憲民主党や国民民主党を含めた野党議員に対しても、議員1人あたり、少なく見積もっても1.1億円という巨額の経費が国民の血税から支出されているのですから、非常にやりきれない思いがするのは私だけではないでしょう。

これに加えて、立憲民主党をはじめとする野党の皆さんが、国務大臣を国会に拘束していることで生じている巨額の損失を考えるならば、結果的に1人あたり1.1億円では済まないコスト負担を国民に強いているのです。

私たち有権者は、こうした「コスト意識」を持つことが必要ではないかと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



民主主義のコスト

明治維新は明治天皇による「民主主義宣言」

ただ、私は「政府・与党の邪魔を一切しないために、野党を禁止してしまえば良い」、などと申し上げるつもりはありません。民主主義とはそもそもコストが掛かる仕組みです。1人あたり1億円以上のコストを掛けてでも国会を運営することは、民主主義のためには必要なことです。

もし、「国会の議論にコストが掛かる」のが嫌であれば、中国のように、一党独裁制度を設けるべきでしょう。実際、中国の場合、全人代は法形式上は「国会」なのかもしれませんが、事実上、議論は行われません。ゴム印を押すだけの集会です。

しかし、中国式の独裁体制は、日本にはなじまないでしょう。なぜなら、日本は1890年に第1回目の帝国議会が招集されて以来、すでに130年近い民主主義の歴史があるからです。

もちろん、150年前の明治維新直後から、現在の形の民主主義が行われたわけではありません。最初の選挙は制限付きでしたし、大正年間に実現したのは「男子普通選挙」であって、女性に参政権はありませんでした。

しかし、明治天皇が「五箇条の御誓文」の第一条で「廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スベシ」(広く会議を興し、すべてを公論で決めるべし)と明らかにされたとおり、明治維新とはそもそもが「日本が民主主義国家を目指す」という宣言にほかなりません。

実際、大日本帝国憲法でも、法律を定めるためには帝国議会の賛成を得る必要がありましたし(大日本帝国憲法第37条)、天皇が非常事態に勅令を発したとしても、議会の賛同がなければ効力を失う(大日本帝国憲法第8条第1項・第2項)とする規定もありました。

第37条 凡テ法律ハ帝国議会ノ協賛ヲ経ルヲ要ス

第8条第1項 天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル為緊急ノ必要ニ由リ帝国議会閉会ノ場合ニ於テ法律ニ代ルヘキ勅令ヲ発ス

第8条第2項 此ノ勅令ハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出スヘシ若議会ニ於テ承諾セサルトキハ政府ハ将来ニ向テ其ノ効力ヲ失フコトヲ公布スヘシ

よく日本は「戦前は天皇独裁だった」とウソをつく人もいますが、大日本帝国憲法の原文を読めば、「天皇が主権者として、すべてを思い通りに決めている」という仕組みにはなっていないことなど明らかです。

その意味で、現代の中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)のような独裁者は、日本にはなじまない存在なのです。

選挙とは「よりマシな候補者を選ぶ仕組み」

ただ、日本の民主主義の歴史が長いことは事実ですが、それが完璧に機能しているとはいえません。

よく誤解している人がいるのですが、「自分の選挙区に自分と同じ意見の候補者がいないから、投票に行かない」、「自分1人が投票したところで絶対に世の中を変えられるわけなどないから、投票に行かない」、という考え方が、その典型例でしょう。

実際、昨年10月の衆議院議員総選挙の前に、私も選挙関連の記事をいくつか執筆したのですが、そこに寄せられたコメントの中にも、「選挙を棄権すべきだ」などとする意見がいくつか混じっていたことには衝撃を受けました。

しかし、日本がたとえ民主主義国であるとはいえ、基本的には国民が意見を表明する手段は選挙しかありません。選挙を棄権してしまえば、意見を表明する機会というものは絶対にないのです。いわば、「日本の将来はどうなっても良い」と白紙委任しているのとまったく同じことでしょう。

私は、選挙とは「自分の理想の候補者を選ぶための仕組み」ではないと思います。もっといえば、選挙とは、「よりマシな候補者を選ぶ仕組み」にほかなりません。たった1回や2回の選挙で世の中は変わりません。何回も選挙を行うことで、「一番酷い候補者」を少しずつ排除していく努力が必要です。

また、「自分1人が投票しなくても世の中は変わらない」とする考え方も大きく間違っています。正しく言えば、あなたが選挙権を持っているくせに投票をしないということで、結果的に世の中は確実に悪くなるのです。

たとえば、自民党も日本共産党も公明党も、組織票が強いことで知られます。投票率が下げれば、組織票に強い政党が有利になるといわれていますが、組織票に強い政党にとっては投票率を下げることがインセンティブとして働きやすい、ということです(別に自民党がそうだとは申しませんが…)。

また、絶対的に強い政党が1つ存在していれば、たとえ最初はマトモな政策を打ち出していたとしても、やがては腐敗します。かつての自民党が田中派を中心に腐敗して行ったことを思い出すまでもありませんが、やはり、カウンターとしての野党の存在は必要です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



国民民主党に投票するのか?

その意味で、一番わかりやすい事例は、国民民主党でしょう。あくまでも私自身の主観ですが、国民民主党は立憲民主党や日本共産党と並ぶ「国民の敵」であり、「政党ロンダリング」を繰り返した成れの果ての政党であって、さっさとなくなってほしい政党の1つです。

ただ、それと同時に、仮に自分の選挙区で、立候補している候補者が2人しかおらず、片方が国民民主党、片方が日本共産党の候補者だったとしたら、私は躊躇せず、国民民主党の候補者に1票を投じるでしょう。

私が国民民主党を「国民の敵」と罵っているくせに、なぜ国民民主党の候補者に投票すると申し上げているのかといえば、それは、「日本共産党や立憲民主党と比べて、よりマシだから」です。結局、いかなる国であっても、政府、政治家がその国の「民度」を超越することはできません。

日本のように急速にインターネットが普及している国の場合、インターネット空間を通じた政治論争が盛んになっていますが、それでも、以前として偏向報道、フェイク・ニュースだらけのマス・メディアの報道を信じる人も多いですし、当面、どうしようもない野党が出現することは避けられません。

もし私が1日だけ独裁者になり、国会議員を好きなだけクビにして良いと言われれば、謝蓮舫(しゃ・れんほう、日本名=村田蓮舫)議員や山尾志桜里議員、小西洋之、辻元清美議員、志位和夫議員らをクビにすると思います。

しかし、実際にはそんなこと、できっこありません。やはり、謝蓮舫氏や辻元清美氏のような人々を支持する有権者は、一定数は存在しているからであり、これらの議員を1人残らず落選させることは非常に困難なのです。

ただ、私が申し上げたいのは、それでも民主主義を進めなければならない、ということであり、結局は日本国民一人ひとりが賢くなることでしか、日本を良くしていくことはできない、ということです。

そのことを、私は今後も当ウェブサイトを通じて、強く呼びかけていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/11/21 15:45 【時事|韓国崩壊
    政府、慰安婦財団解散に現時点では抗議だけ その真の狙いは? (19コメント)
  • 2018/11/21 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓新時代へ:慰安婦財団解散に踏み切った韓国政府の蛮勇 (19コメント)
  • 2018/11/21 11:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、「慰安婦財団」の解散を正式発表 (6コメント)
  • 2018/11/21 09:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】中央日報「本日、慰安婦財団解散を公式発表へ」 (8コメント)
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (7コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (11コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (24コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (19コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (17コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (12コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)
  • 2018/11/13 08:00 【金融
    どうして「日本国債はデフォルトしない」のか、改めて考える (40コメント)
  • 2018/11/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    ルール守らぬ韓国の無法も国際問題化に成功すれば日本の勝利 (13コメント)
  • 2018/11/12 15:45 【時事|韓国崩壊
    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する (27コメント)
  • 2018/11/12 11:45 【時事|雑感オピニオン
    原爆投下、越えてはならない一線を越えるのはいかがなものか (18コメント)
  • 2018/11/12 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対するセカンダリー制裁はすでに始まっているのでは? (21コメント)
  • 2018/11/12 05:00 【マスメディア論|時事|政治
    後を絶たないマスコミ不祥事 捏造防ぐ特効薬は放送自由化 (22コメント)
  • 2018/11/11 11:11 【時事|金融
    「国民1人当たり878万円の借金になる」?なりません。 (15コメント)
  • 2018/11/11 05:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国へのフッ酸禁輸報道は北朝鮮核開発の関係があるのか? (16コメント)
  • 2018/11/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係はここが踏ん張りどころ 安易な妥協論を排除せよ (38コメント)
  • 2018/11/10 05:00 【韓国崩壊
    キレる、逃げる、責任転嫁 実体験に基づく韓国の傾向と対策 (17コメント)
  • 2018/11/09 17:00 【時事
    【速報】慰安婦問題・植村元記者の「捏造」主張を地裁が却下 (16コメント)
  • 2018/11/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も (40コメント)
  • 2018/11/09 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中央日報『日商会頭「日韓関係早急な正常化を」』報道の真偽 (12コメント)
  • 2018/11/09 05:00 【マスメディア論
    新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない (6コメント)
  • 2018/11/08 14:30 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国が南北鉄道連結事業着工を強行したら米国はどう動くのか (12コメント)
  • 2018/11/08 11:30 【時事|韓国崩壊
    逃げ腰で反論を試みる韓国首相と冷ややかに突き放す日本政府 (30コメント)
  • 2018/11/08 08:00 【時事|韓国崩壊|国内政治
    安易な日韓断交論は不適切にしても、日本が変わることは必要 (10コメント)
  • 2018/11/08 05:00 【マスメディア論
    赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落 (13コメント)
  • 2018/11/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    都合悪いと相手を批判?徴用工判決巡り韓国大統領府が初反応 (32コメント)
  • 2018/11/07 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決と日本人拉致事件の共通点:最終的に制裁が必要 (14コメント)
  • 2018/11/07 05:00 【時事|経済全般
    国際ルール守らぬ中国に米国が対決姿勢 日中接近は慎重に (12コメント)
  • 2018/11/06 15:00 【時事|韓国崩壊
    「ICJ提訴」はそれほど過激な選択肢でなく、むしろ不十分 (14コメント)
  • 2018/11/06 11:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】産経ニュース「日本政府が韓国政府をICJ提訴」 (9コメント)
  • 2018/11/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 日本政府は遅くとも今月末に「次のステップ」へ? (13コメント)
  • 2018/11/06 05:00 【雑感オピニオン
    改めて「国民の敵」とその対処法について考えてみる (15コメント)
  • 2018/11/05 10:30 【時事|韓国崩壊
    駐日大使らが「韓日双方が努力すべき」、そんな認識で大丈夫? (28コメント)
  • 2018/11/05 08:00 【時事|国内政治
    なぜ今、改憲を持ち出すのか?それは改憲阻止勢力が負けたから (4コメント)
  • 2018/11/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅大統領が破滅させるのは日韓関係ではなく韓国そのもの (24コメント)
  • 2018/11/04 08:00 【RMB|時事|金融
    通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する (19コメント)
  • 2018/11/04 05:00 【マスメディア論
    「国民の敵」としてのNHK いったい何が問題なのか? (12コメント)
  • 2018/11/03 08:00 【マスメディア論
    YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい (14コメント)
  • 2018/11/03 05:00 【韓国崩壊|外交
    「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に! (19コメント)
  • 2018/11/02 17:00 【時事
    河野外相の100%発言を100%支持する (22コメント)
  • 2018/11/02 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし (59コメント)
  • 2018/11/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「ツートラック外交」追求のうちに米韓同盟は破綻へ? (26コメント)
  • 2018/11/02 05:00 【マスメディア論
    改めて当ウェブサイトの姿勢を説明し、活動内容を紹介します (12コメント)
  • 2018/11/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」? (27コメント)
  • 2018/11/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考 (25コメント)
  • 2018/11/01 05:00 【雑感オピニオン
    何と月間PVが70万件に!保守系言論サイトの話題あれこれ (9コメント)
  • 2018/10/31 10:45 【時事|韓国崩壊
    事態収拾責任は韓国政府にあり 徴用工判決巡るメディアの反応 (37コメント)
  • 2018/10/31 08:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決「毅然たる措置」ビザ厳格化と外為法金融制裁は? (16コメント)
  • 2018/10/31 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物 (6コメント)
  • 2018/10/30 15:20 【時事|韓国崩壊
    越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至 (50コメント)
  • 2018/10/30 14:25 【時事
    【速報】徴用工訴訟で日本企業の敗訴が確定 (9コメント)
  • 2018/10/30 11:30 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決を前に:「約束」の意味を理解しない韓国人記者 (7コメント)
  • 2018/10/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    いよいよ本日2時に徴用工判決:日韓関係は破綻するのか? (7コメント)
  • 2018/10/30 05:00 【時事|外交
    日中外交:テーブル上で握手し、テーブル下で足を蹴る関係へ (7コメント)
  • 2018/10/29 12:30 【時事|韓国崩壊
    日本が「米中二股外交」で失敗したことにしたい韓国メディア (4コメント)
  • 2018/10/29 10:00 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイが新潟市長選で大恥さらすも自民党は慢心するな (3コメント)
  • 2018/10/29 08:00 【時事|国内政治
    安倍総理の訪中を巡って、ツイッター上で右と左が大ゲンカ? (7コメント)
  • 2018/10/29 05:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【重要】お詫び:ユーザー登録機能の重要な機能の中止について (4コメント)
  • 2018/10/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    混乱する日韓関係、ついに徴用工訴訟「介入疑惑」で逮捕者出現 (17コメント)
  • 2018/10/28 07:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ユーザー登録の手動修正につきまして (3コメント)
  • 2018/10/28 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係破綻が避けられないなら日本は米国と足並み揃えるべき (10コメント)
  • 2018/10/27 08:00 【日韓スワップ|時事|金融
    「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路 (9コメント)
  • 2018/10/27 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV数が50万件に到達 皆様に改めて御礼申し上げます (6コメント)
  • 2018/10/26 21:30 【RMB|時事|金融
    【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった! (7コメント)
  • 2018/10/26 12:00 【時事|金融
    安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解 (7コメント)
  • 2018/10/26 08:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ついにユーザー登録ができるようになりました! (16コメント)
  • 2018/10/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓関係破綻の危機が迫っている」という現実に備えるべき (19コメント)
  • 2018/10/25 10:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える (14コメント)
  • 2018/10/25 08:00 【時事|経済全般
    読売新聞、歴代経団連会長がIT弱者だった疑いを報じてしまう (15コメント)
  • 2018/10/25 05:00 【時事|外交
    日中関係改善という幻想 日本に必要なのは是々非々の姿勢 (7コメント)
  • 2018/10/24 13:00 【時事|国内政治
    玉木雄一郎氏が「野党再編の主役」?間違ってもそれはない
  • 2018/10/24 08:00 【マスメディア論|時事
    臨時国会開幕 マスコミのプロパガンダが効かなくなってきた (6コメント)
  • 2018/10/24 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる (4コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。