【速報】トランプ氏「3~4週間後に米朝首脳会談」の意味

日曜日ですが、本日2本目の記事です。南北首脳会談を巡って、米国メディアにいくつか気になる記事を見つけました。

南北首脳会談、米国の反応

トランプ大統領「3~4週間後に米朝会談も」

ロイター(USエディション)は今朝、「米朝首脳会談が3~4週間以内に行われるかもしれない」とドナルド・トランプ米大統領が発言したと伝えています。

Trump says North Korean meeting could happen in three-four weeks(日本時間2018/04/29 9:01付 ロイターより)

時差の関係で、米国はまだ土曜日ですが、ロイターは短い記事で

  • ミシガン州で行われた会合の場で、トランプ氏は「今後3~4週間のうちに米朝首脳会談が行われるかもしれない」と明らかにした
  • トランプ氏は「この会談は朝鮮半島非核化において極めて重要なものとなるだろう」と述べた

としています。

これをどう読むべきでしょうか?

まともな判断をするなら金曜日の宣言は「茶番」

当ウェブサイトでは繰り返しお伝えして来ましたが、今週金曜日に行われた、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)と韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領との首脳会談と「南北共同宣言」は、単なる茶番です。

というのも、日米両国政府が強く求めている「核のCVID(※)」と「拉致問題の解決」については「ゼロ回答」だったからです(※CVIDとは「完全、検証可能、不可逆的な方法による廃棄(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)」の略)。

それどころか、今朝も『韓国も経済制裁の対象にすべき』で申し上げたとおり、もし仮に韓国が北朝鮮に対して何らかの経済的支援を与える場合には、韓国が北朝鮮の核のCVIDを妨害することになります。このため、韓国が日米などから経済制裁を喰らう展開についても予想しなければなりません。

私のこうした考え方は、日本のマス・メディアの論調とはずいぶん異なっていると思われるかもしれませんが、実は、米国では非常に一般的な考え方です。その証拠に、日本時間土曜日早朝付の米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の社説を紹介しておきましょう。

Korea Summit Hype(米国夏時間2018/04/27(金) 19:07付=日本時間2018/04/28(土) 08:07付 WSJより)

タイトルにある “hype” とは、「誇大宣伝」という意味です。そして、WSJ社説のサブタイトルには “North Korea has so far offered no tangible sign of dismantling its nuclear program” (北朝鮮は今のところ、核開発プログラム放棄に向けた具体論を一切提示していない)とあります。

WSJの社説が主張している内容自体は、すでに当ウェブサイトで議論したものとかなり重なっていますが、私が興味を感じた要点を抽出しておくと、

  • 北朝鮮は2002年と2010年に南朝鮮(※)の船舶を沈め、2002年には6人、2010年には50人の南朝鮮人の犠牲者が出ている
  • 北朝鮮が南北首脳会談に応じた理由は中国からの経済制裁に苦慮したという側面が強いのではないか
  • 独裁者からカネで平和を買うことはできるが、そのコストは高くつく
  • モオン・ジャエ・イン氏(※)は左派政権だったロー・モオ・ヒュン(※)元大統領の片腕であり、北朝鮮に過度な譲歩を行っている

(※)南朝鮮、モオン、ロー・モオ・ヒュンはそれぞれSouth Korea(韓国)、Moon Jae-in(文在寅=ぶん・ざいいn)、Roh Moo-hyun(盧武鉉=ろ・ぶげん)のこと

などとあります。いわば、文在寅氏が北朝鮮という危険な独裁国家相手に丸腰で大韓民国という国家を売り渡そうとしているという姿勢を批判的に取り上げている格好です。まともに考えるなら、「板門店宣言」をベースに核放棄交渉をする、という考え方自体、許容できません。

トランプ氏のメッセージとは?

私は、一昨日今朝申し上げたとおり、仮に金正恩がトランプ氏の前で、板門店宣言と同じような内容の主張を行ったら、トランプ氏は首脳会談そのものに応じないか、速攻で席を蹴って立つに違いない、と考えて来ました。

あくまでもトランプ氏が「まともに判断する政治家」だったという前提で考えるならば、今回の南北朝鮮の首脳会談を受けて、「お前たち、ふざけるな!」と怒鳴りつけ、米朝首脳会談を無期限延期するくらいのことをやっていてもおかしくありません。

こうした事情を踏まえるならば、トランプ氏が「3~4週間以内に米朝首脳会談」と話したことは、何らかの裏があると見るべきでしょう。しかも、トランプ氏は以前から、「首脳会談をやるなら6月頃までに」と公言していましたから、「今から3~4週間」ということは、5月中に首脳会談が行われる、という意味です。

もしかすると、米朝首脳会談は意味のない(not fruitful)会談だと割り切っているものの、いちおう、北朝鮮と話し合いを行ったという「国際的なアリバイ作り」のために会談だけ開き、「次」(=軍事攻撃)のために、さっさと開催して決裂させようとしている、という意味なのではないでしょうか?

私のこうした見方が正しいかどうかは、早ければ来月中にも明らかになりそうです。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

     < 2回目の更新ありがとうございます。
     < 私など『ウオール ストリート ジャーナル』『ロイター』等和訳するにしても、単語を引いて意味を繋げるのがやっとで、会計士様の日本語訳で大変助かります。さて、日本では「板門店宣言」を訝しむマスゴミもチラホラ出てきましたが、それでも「これまで2回の南北会談は南が北に足を入れたが、今回は金正恩から南の方に足を入れた」「意外に気さくな感じの人」「会談はいちおう非核化で話がまとまった」など、どこを見ているのか、分からないノーテンキな報道もあります。朝鮮半島に詳しい学者、ジャーナリストも「日本も懐疑的に見ないで宥和を評価するべき」と語る左巻きもいます。これが韓国メディアでは、左傾だけでなく保守以外は舞い狂ってますね。
     < ここに寄る皆様は一様に「ガッカリ」「茶番だ」と気づかれています。私もとんだ酷いデキレースと思います。要は『今後具体的な事は一切決まってない。会うことで南北の扉が開き、非核化に向けた北の勇気ある行動を称賛しよう』(書いててハラが立つわ!)という文と金の宣言です。
     < トランプ大統領は3~4週間以内に米朝会談について開催をほのめかした。まさか、急転直下、北がCVIDと拉致問題について明確な返事を行なうはずもなく、交渉は決裂、もしくは直前に中止かも(まだ場所も日にちも決まってない。米国大統領たるもの、そんなに時間は余ってないよ。分刻みで予定は入っている。安倍首相も同じだ)。文がトランプ大統領に板門店の件で電話報告をしたが、都合の良い事しか言ってない。肝心な2点はあやふや、期日を決めて実行する金の意思、確証も無し。貴方が秋に平壌に行く事など、どうでもいい枝葉の事だ。
     < ところで、韓国は北に経済的な支援をする可能性があります。金正恩が言えばいくらでも文は出すだろう。すると、韓国は敵性国間違いなし、韓国も経済制裁を味わって貰いましょう。外務省は安全情報の③発令と渡航危険地域指定、韓国からはビザ免除プログラムの短縮15日、後ほどゼロ化へ。経済制裁も韓国に対しても発動しよう。半島は完全に『魔の半島』、グルだ。露、中は水面下で動いているだろうが、「国益」第一で手を打つでしょう。
     <失礼します。

  2. むるむる より:

    あの不愉快極まる北朝鮮の指導者黒電話と米国の交渉が失敗してこのまま制裁が続けられればいいのになと
    思いますが、拉致問題もあるため日本が交渉の場に引きずり出されるのはしょうがないのでしょうね。

    兎も角我々日本人は国内にいる反日工作機関朝鮮総連と統一教会を潰す事、憲法改正に努力しましょう。
    こんな茶番劇の会談に一喜一憂されてても迷惑です。

  3. もう生理的にムリ より:

    今回の南北の会談は事前予想を遥かに下回る内容で正直呆れ果てました
    南北とも何らかの隠し玉の一つくらいあるのかと思いましたが、蓋を開ければただただ朝鮮は一つニダ!マンセーマンセーだけ、改めてウリの世界で生きる朝鮮民族の異常性を実感しました
    朝鮮人、特に南朝鮮人は朝鮮半島統一とその動向を自分達が主導出来るという幻想には勝てないのかな?
    正直言えば周辺諸国にとって朝鮮半島の政体や経済状況や国力などどうでもいい事、要は周りに迷惑かけ無い事と出来れば緩衝地帯として残したいだけ
    もう一度言うが、そこに何かがあればいいので、別に地上に誰も住んでなかろうと修羅の世界だろうとそんな事はどうでもいい
    いま世界が注目しているのは、キチガイに刃物の北の核の行方だけ、ところが朝鮮人にはそれが理解できていない
    いや、北は理解して南を利用している様にも見えるが、南は文は兎も角国民は浮かれ騒ぐバカ状態
    これで南が米国に見捨てられる可能性はより高まったとは思われ、その証拠の様にポンペイオからハリスまで軍事行動の可能性をにおわせる布陣になってきている
    とはいえ、正直トランプ氏の行動はさっぱり予想がつかない、またロシアの動きも見えてこない
    正直日本にとって望ましくない朝鮮民族の(南も北も統一も形に関わらず)核保有や北への経済支援などをどれだけ避けつつ、核廃棄へ持っていけるのかが問われています
    日本とその周辺国家にとって大きな転換点になると思います
    個人的には日本の意識改革と国内正常化の為に、朝鮮半島は中国圏・代りに台湾含めたラインが日本と民主国家の防衛線となる事を望みます
    色々な面でコストや危険は増しますが、おそらくそれ位の事がないと日本は変われないでしょうから、危険ですがそこに賭けるしかないと思っています

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。