【夕刊】エイプリルフールとメディアのダブル・スタンダード

エイプリル・フールでなくてもウソをつくメディアや野党議員、元官僚を見ていると、本当に腹が立ちます。ただ、ここはあくまでも冷静に、「メディア、官僚、野党議員」という「悪の枢軸」の振る舞いを記録しておくのが良いと思います。

エイプリル・フールですから。

4月のウソ

本日、つまり4月1日は、欧米社会を中心に、「大っぴらにウソをついても良い日」として知られています。欧米メディアは4月1日にウソ記事を堂々と配信することも多く、なかにはウィットに富んで笑ってしまうようなネタもあります。

ちなみに、4月1日のウソに騙された人を、英語では「4月(のウソ)に騙されるバカ」という意味で、「エイプリル・フール(April fool)」と呼ぶのだそうです。ただ、「他人をバカにするために騙す」のではなく、あくまでもユーモアの一環として、年1回くらいはウソをついても良い、という意味だと理解すべきでしょう。

ちなみに、最近では日本のメディアも「4月1日だからウソ記事を配信します」などと公言している新聞社などがありますが、私に言わせれば、朝日新聞を筆頭とする日本のメディアは、4月1日以外にもウソを垂れ流しまくっていますし、一連の森友学園を巡る印象操作も広義のフェイク・ニュースです。

朝日新聞社が配達員に窃盗を指示

こうした中、「ウソを報じて真実を報じない」朝日新聞に、なかなか興味深い不祥事が相次いでいるようです。

朝日新聞販売店の男、配達中に「車上狙い」未遂(2018年03月31日 12時57分付 読売オンラインより)

読売新聞のウェブ版「読売オンライン」に掲載された記事によると、愛知県で31日、朝日新聞アルバイト配達員の男(40)が車上狙いの窃盗未遂容疑で現行犯逮捕されたそうです。いちおう、記事が掲載されているのは本日ではなく昨日なので、「エイプリル・フール」ではないと思います。

この事件は、厳密にいえば朝日新聞社の従業員ではなく、朝日新聞「販売店」の従業員が起こしたものであるため、「朝日新聞社グループの役職員による犯罪行為」とは言えません。多くの場合、新聞販売店と新聞社に資本関係はないからです。

しかし、「朝日新聞」を名乗り、読者に朝日新聞を届ける新聞配達員は、広い意味では朝日新聞を支えている人間の1人です。実際、読売記事によれば、朝日新聞名古屋本社は「弊社の関連する販売店で逮捕者が出たことは大変残念。二度と起こらないよう指導する」とコメントしたそうです。

しかし、「配達員の男に対し、朝日新聞本社から車上荒らしを行うように指示があった」はずです。これは間違いありません。絶対にそうです(笑)

これには確たる根拠はありませんが、朝日新聞なりのロジックで言うならば、疑われた方が「事実ではない」と証明する責任があります。普段、安倍政権に対して「疑われた方が無実であることを証明する責任がある」と言い張っているのですから、朝日新聞社には「朝日新聞本社から配達員の男に車上荒らしを行うよう指示していない証拠」を出す義務があるでしょう。

そして、それが証明できないならば、朝日新聞社は社長が辞任すべきでしょう。

毎日新聞社は幹部に窃盗を指示

一方、新聞社の不祥事といえば、この話題も欠かせません。

元毎日新聞局長、在職中から窃盗疑い 被害49件525万円裏付け、兵庫県警が追送検(2018.3.22 19:37付 産経WESTより)

先月22日付の産経ニュースの記事によれば、毎日新聞社の元制作技術局長で、窃盗罪などで公判中の藤原規洋(ふじわら・のりひろ)被告(63)が、毎日新聞在職中から窃盗を繰り返していたことが明らかになったのだそうです。

兵庫県警によると、窃盗は兵庫、大阪、奈良の3府県で計49件に及び、被害総額は約525万円だとしていますが、私にはこれが藤原被告の単独犯であるとも思えません。やはり、毎日新聞社が藤原容疑者に対し、窃盗をするよう、指示を出したと見るべきでしょう。

もちろん、これには確たる証拠などありません。しかし、マス・メディアが日々、紙面で「疑われた方が立証責任を持つ」と主張している以上、「毎日新聞本社が藤原容疑者に犯行を指示していなかった証拠」を出さなければ、それこそ理屈に合いません。

そして、毎日新聞社の場合は元幹部が直接、窃盗を働いていたため、事態は朝日新聞社のケースよりも深刻です。毎日新聞社は取締役と監査役が全員、辞職するくらいの責任の取り方をしなければならないでしょう。

エイプリル・フールといえば…

ところで、エイプリル・フールといえば、この人物の発言も紹介しておきたいと思います。

前川氏「行政ゆがめられている」 森友、加計問題で集会に参加(2018.3.31 21:38付 共同通信より)

文部科学省の前川喜平・前事務次官は31日、大阪府豊中市で、「政治の力で行政が歪められることが、あちこちで起こっている」と述べたのだそうです。これが本当の、「お前が言うな!」でしょう。

  • 獣医学部の新設を認めない。
  • 文科省職員の違法な天下りを斡旋する。
  • 歌舞伎町のいかがわしい店に出入りする。
  • 不祥事で引責辞任を拒み、退職金を受け取る。

行政の中から行政を歪めてきた張本人が、いったい何を言っているのでしょうか?

どうでも良いですが、「もりかけ問題」をこれ以上追及するならば、森友学園問題を巡っては野田中央公園の件で辻元清美氏に、獣医師会の関連団体から献金を受けたという斡旋収賄容疑では玉木雄一郎氏に、それぞれ国民に対する説明義務を果たしてもらいたいと思います。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    < 夕刊の配信ありがとうございます。
    < 身内可愛さの為か臭いモノにはフタをするのか、こういう報道は各社控えめですね(笑)。朝日新聞の販売員の窃盗未遂は被害がなかったですが、それだから良かったという訳ではない。販売店とはいえ、朝日新聞の看板背負ってるんだ。キッチリ落とし前つけて貰おうか。
    <毎日新聞社の元局長はシャレにならんですな。
    49件で525万円?ウソ〜!もっと多いでしょ。525万円ぐらいの端した金、毎日新聞社の局長ならその程度のカネで、危ない橋を渡るはずがない。まあ1,000〜2,000万円はやってるやろ(笑)。エイプリルフールです、お許しを。やっぱりマスゴミは歪んでいる。こんなマスメディア、粛清しなければ。朝日新聞社、毎日新聞社は倒産させよう!
    < 失礼します。

  2. 匿名 より:

    北朝鮮で核実験に向けた動きがあるそうです。

    北京での習・金会談で、中国メディアはあれだけ北朝鮮の非核化をプッシュする声明を出していたのに・・・。
    中国面目丸つぶれだし、やっぱり北朝鮮は北朝鮮ってことなんですかね。

    https://this.kiji.is/352749994639459425

  3. 黄昏せんべい より:

    朝日新聞の社長は謝罪すら拒否。未だ説明責任を果たさぬという不誠実な対応。
    車上狙いの指示については、なかったという根拠を示すことができないままだ。

    民進大塚「疑惑は深まった」
    立民福山「疑惑はますます深まった」
    共産志位「疑惑はいっそう深まった」
    立民辻元「疑惑の火の粉が広がった」

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。