本日は73回目の広島原爆忌です。原爆投下は人類の汚点であり、人類は核の脅威から解放されなければなりません。そのためには、まずは「米国こそが」、原爆投下を過ちだったと認め、核拡散を全力で食い止める義務を負っています。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

73回目の原爆忌

安らかにお眠り下さい、過ちは繰り返しませぬから

本日は73回目の広島原爆忌です。

この日が来ると、毎年、思うのですが、原爆の犠牲者のご冥福を静かに祈るべきときなのに、どうしても原爆忌自体が政治利用される嫌いがあります。

また、広島・平和記念公園に設置された石碑の碑文にも、私は強い違和感を抱いています。

この碑文には、こうあります。

安らかに眠って下さい/過ちは繰り返しませぬから

この、主語が曖昧な文章は、いったい何なのでしょうか?

「安らかに眠って下さい」と呼びかけている相手は原爆の犠牲者の方々であり、この点については私もまったく同意します。しかし、「過ちは繰り返しませぬから」の下りに含まれる「過ち」とは一体何であって、この「繰り返しませぬ」の主体とは、いったい誰なのでしょうか?

過ちを犯したのは、戦争犯罪者・トルーマン

まず、原爆投下という行為自体が、明らかな大量虐殺行為であり、また、戦争犯罪であることは論を俟たない点でしょう。

広島に投下された原爆「リトルボーイ」は「ガンバレル方式」(gun barrel)と呼ばれ、爆弾の内部に搭載された臨界量未満の2つのウラン塊をぶつけることで炸裂させるという、比較的シンプルな構造の爆弾です。しかし、その破壊力は抜群で、エネルギーはTNT火薬に換算して約15キロトン分とされます。

原爆は、特徴的なT字型で知られる相生橋の真上を狙って投下され、8時16分に島病院(現・島外科)の上空約600メートルで炸裂。爆心地はただちに3000~4000度の熱線と放射線にさらされ、衝撃波は爆発の約10秒後に約3.7キロメートル先まで到達するというすさまじいものでした。

この熱線と放射線、衝撃波(爆風)などにより、爆心地から半径2キロメートル地点にある木造家屋のほとんどが倒壊し、倒壊を免れた鉄筋コンクリートの建物も甚大な被害を受けています。

ここから先はあくまでも私の仮説ですが、「午前8時15分の時間帯を狙って広島市に原爆が投下された理由」は、トルーマンによる邪悪な「人体実験」という目的があったのだと思います。

まず、投下された時刻(8時15分)は、ちょうど広島市民が出勤、通学、あるいは学校の運動場での集会などで屋外にいる時間帯と重なります。原爆の直下に人間がいたら、どのような被害を受けているのかを「実験」する目的があるとしか思えません。

なぜ2発投下したのか?

次に、俗説では、京都に原爆を投下する計画もあったものの、米陸軍長官であったヘンリー・スティムソンがトルーマンに対して宛てた書簡のなかで、文化財が多い京都への原爆投下に反対し、これによってトルーマンが京都への原爆投下をとりやめた、というものがあります。

私は歴史家ではありませんから、この俗説が正しいのかどうかは存じ上げません。

しかし、戦略論から言えば、比較的、木造の建築物が多い京都よりも、コンクリート造りの建物が多い広島の方が、「実験地」としては適しています。なぜなら、世界の都市を見ると、木造建築物よりもコンクリート建築物の方が多く、「実戦兵器」としての効率性を試すなら、広島の方が良いからです。

したがって、私はトルーマンが、原爆の破壊力(とくにコンクリート造りの建物に対する破壊力)と、原爆の兵器としての汎用性を確かめるために、あえて広島を投下地に選んだのだと考えているのです。

このように考えていくと、上空600メートルで炸裂させたのも、地上(相生橋付近)に到達してから炸裂させるよりも、より高い破壊効果が得られることから、トルーマンは最初から広島を「コンクリート造りの建物を含んだ街を効率良く破壊する実験台」としたのだと思います。

さらに、米国で信じられている俗説は、「原爆は日本の戦意を挫くことで、戦争を早期に終結させ、結果的に多くの米兵の命を救った」、とするものです。しかし、この目的が事実ならば、広島に1発の原爆を投下すれば、それで済むはずです。

それなのに、米国は広島原爆の3日後、8月9日には、長崎市浦上天主堂付近にも原爆を投下しています(※余談ですが、キリスト教徒を原爆で殺害したわけであり、まさに、トルーマンは背教者の名にふさわしい悪魔の使いでしょう)。

なぜわざわざ2発目の原爆を投下したのか。

これは、長崎上空に投下された原爆は「爆縮(implosion)方式」と呼ばれていて、爆縮レンズという仕組みを使ってプルトニウムの塊を爆弾の中心部に圧縮させるという、非常に高度な技術が必要な爆弾だったからです。

広島型のガンバレル方式だと、燃焼効率が悪く、また、兵器自体の小型化が難しいという欠点もあります。これに対し、長崎型の爆縮方式だと、燃焼効率が良く、また、小型化を図ることもできるため、結果的に第二次世界大戦後には、爆縮型の核兵器が量産されることとなります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



真に反省すべきは誰か?

核は「実戦使用」できるのか?

ただ、トルーマンにとっての誤算が1つあったとすれば、実戦使用された核兵器は、結局、現在に至るまで、1945年の広島と長崎の2発だけだった、という点でしょう。

よく、「核保有国同士が核兵器を打ち合う戦争を始めたら、世界が終わりを迎える」、といった説明を見聞きすることがあります。しかし、これもあくまで私の仮説ですが、現実に核を実戦使用することができない理由があります。それは、

核兵器があまりにも残酷だから

です。

私は広島に行くたびに、原爆資料館を訪れるのですが、そこに残されている遺物などを見ると、原爆、核兵器がいかに悲惨な影響をもたらすかを痛感せざるを得ません。

原爆が人間を殺害する要因は、大きく分けて、まずは①熱線、次に②爆風、さらには①ウランが核分裂反応を始めた際に放出される放射線(と残留放射線)の3点です(厚生労働省の説明によれば、放出エネルギーのうち、50%が爆風、35%が熱線、15%が放射線となったとされています)。

まず、原爆炸裂の瞬間、熱線を浴びれば、爆心地付近にいる人たちは一瞬で炭化し、真っ黒焦げの塊と化します。爆心地から離れていても、熱線をまともに浴びれば、大やけどを負うことになります。

次に、熱線を逃れたとしても、原爆の爆風(衝撃波)に巻き込まれれば、人間の体は吹き飛ばされ、最悪の場合は単なる肉片になってしまうかもしれませんし、運よく即死を免れても、目が飛び出したり、腹が割かれたりするなどの致命傷を負うこともあります。

さらに、物陰に入っていて、熱線と爆風を逃れたとしても、後日、放射線により白血病などを発病することもありますし、実際、原爆投下後に救援のために広島市内に入った人たちが残留放射線の影響を受けたことが知られています。

写真がほとんど残っていない

それから、広島と長崎の原爆のケースで、もう1つの特徴があるとすれば、原爆投下直後の写真(とくに1~2時間以内の爆心地の様子)がほとんど残されていない、という点です。

もちろん、被爆者が酷いやけどを負った様子を写した写真や、原爆投下の翌日以降の写真などはたくさん残されています。しかし、投下直後の爆心地の様子については、私が知る限り、ただの1枚も写真は残されていません。

もちろん、被爆者の記憶を頼りに、さまざまな絵が残されていて、なかには相当細かいところまで再現した絵本も出版されています(興味がある方は是非、探してみてください)。もちろん、これらの絵で見ても、原爆のお恐ろしさは伝わってきますが、やはり、リアリティに乏しいという面はあるでしょう。

したがって、「原爆は怖い」という情報は世界の人類に共有されていたとしても、2001年9月11日の同時多発テロ事件で超高層の世界貿易センタービル2棟に相次いでジェット機が突っ込んだときのような衝撃は、人々には伝わり辛いのかもしれません。

すべては米国に降りかかる

では、仮にそれらの姿が「映像で」伝わってしまえば、どうなるでしょうか?

米国が日本に原爆投下を敢行したのは、日本が無条件降伏する直前というタイミングであり、情報統制が可能だという自信があったからかもしれません。しかし、インターネットがここまで発達していれば、どこかの国が原爆や核爆弾を実戦使用したら、その瞬間、その映像が瞬く間に全世界に流れることになります。

現在、北朝鮮が核兵器を開発していて、核実験に成功し、何らかの核兵器を所持していることは間違いないと見られますが、それと同時に、北朝鮮が核兵器を開発する目的は「実戦使用のため」ではありません。「転売のため」です。

私が恐れているシナリオの1つは、北朝鮮が開発した原爆が、ISILなどのテロリスト集団の手に渡り、それがどこかの街で自爆テロにより炸裂することです。炸裂する街は中東のどこかかもしれませんし、モスクワかもしれませんし、北京かもしれません。

しかし、炸裂したらしたで、そこからあとは大変なことになります。

現代の大都市には、たいてい、地下鉄が張り巡らされていますし、高層ビルにはガラスがびっしりと使われています。都市の中心部で原爆が炸裂すれば、爆風でガラスが粉々に砕け散り、それが人々に襲い掛かるでしょうし、細長い地下鉄網に爆風が流れ込めば、被害はあちらこちらに拡大するかもしれません。

そうなれば、テロ組織にとっては「人々に恐怖を与える」という目的は最大限達成できるだけでなく、原爆、あるいは核兵器の悲惨さが「映像として」全世界に共有されることになります。そうなれば、「1945年の米国はいかに残虐なことをしたのか」という情報が、改めて全世界に共有されることになります。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



核なき世界に向けて

今すぐ米国がやらねばならぬこと

そうならないために、米国が今すぐやらねばならないことがいくつかあります。

その最大のものは、「原爆投下は戦争を早く終わらせるために必要だった」というウソを国民に教えることを、ただちにやめることです。あるいは、原爆に対する評価がさまざまであるということは認めても良いと思いますが、少なくとも「アメリカ合衆国による原爆投下が良いことだった」というウソを教えるのは、良くないことです。

テロリストが世界のどこかで核兵器を実戦使用するということが、あってはならないのは当然のことですが、万が一、それが行われた場合には、その悲惨な映像が米国を含めた全世界に流れることになります。

そうなれば、米国人のなかには、「私たちアメリカ人は1945年当時、何と残虐・非道なことをしたのか」と失望する人も多数出てくることでしょう。最悪の場合、多くの市民が星条旗に忠誠を誓えなくなり、移民国家であるアメリカ合衆国のアイデンティティが崩壊するかもしれません。

次に、核兵器を開発した責任として、米国には核拡散を全力で止める義務があります。それなのに、6月12日の米朝首脳会談から2ヵ月近くも徒過するにも関わらず、北朝鮮の非核化は遅々として進んでいません。北朝鮮が米朝合意後も核開発を続けているとする報道すらあります。

北朝鮮は核開発を続けている? 米メディアが報道(2018年07月3日付 BBC日本語版より)

こうした動きを見ていると、米国が「自国に届くICBMを開発しない限りは北朝鮮の核保有を容認するつもりではないか」との疑念を払拭し切ることができませんし、北朝鮮の非核化に向けた米国の決意に揺らぎが見えれば、そのこと自体、中東のテロリストらを勢いづかせることになりかねません。

日本こそ優先的に核武装の権利がある

一方、日本は世界で唯一の被爆国です。

しかし、広島の原爆記念館の展示を見ると、「広島近郊に軍事拠点がたくさんできたために、広島に原爆が落とされた」と誤認させるような記載もあります。つまり、「広島に原爆を落とされたのは日本の軍国主義のせいだ」、とする認識です。

しかし、こうした認識は100%間違いです。原爆投下に全責任を負っているのは、当時の米国大統領のトルーマンであり、現在の米国です。また、核開発競争を続ける米国を筆頭とする国連の5大常任理事国や、北朝鮮を含めた核開発国にも、原爆被害の実態を知る義務があります。

いや、もっと言えば、世界唯一の被爆国である日本こそ、全世界のどこの国にも先駆けて、「二度と過ちを繰り返させない」ために、核武装する権利があります(※といっても私自身は日本の核武装には反対ですが…)。

そして、広島の平和の祈りを政治利用する左翼系の政治活動家らに一番言いたいことがあります。

過ちを二度と繰り返さないために必要なことは、戦争の原因を徹底究明することであり、「憲法9条守れ~」「原爆ハンタ~イ」などとスローガンを叫ぶことではありません。むしろ自衛のための戦力を持たなければ、再び戦争の惨禍に巻き込まれる可能性が高いのです。

その意味で、この夏は平和について、核について、あるいは憲法について、徹底的に議論する機会にしませんか?

これが読者のみなさまへの私からの提案なのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (2コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (2コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (2コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (9コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (22コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (6コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。