昨日は3年ぶりに、第7回目となる「日中韓3ヵ国サミット」が東京で開かれました。とりあえず現段階の限られた情報から判断する限りは、『日中韓首脳会談は「成果なし」こそ最大の成果』で予想したとおりの結果となったと考えて良さそうです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/05/10 8:15追記

本記事『齟齬がある日中韓3ヵ国会談』の節に1項、記述を付け加えています。

齟齬がある日中韓3ヵ国会談

日本側の報道発表は「北朝鮮問題で重要な進展あり」

昨日、東京で「日中韓3ヵ国首脳会談」が行われました。

といっても、中国から参加したのは、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席ではなく、ナンバーツーである李克強(り・こっきょう)首相です。正直、何ら権限を持っていない人物と何かを協議したところで、意味があるようには思えません。

私は「日中韓首脳会談」と呼ぶのではなく、単なる「日中韓会談」と呼ぶべきだと考えているのですが、それでも日本側の報道発表を見ると、いくつかの重大な成果があった、かのように見えます。

第7回日中韓サミット(2018/05/09付 外務省HPより)

報道発表内容は「▼総論、▼日中韓協力、▼地域・国際情勢」という3つの柱で、3番目の「地域・国際情勢」については「▼①北朝鮮問題、▼②東アジア地域協力、▼③国際経済、▼④地球規模課題」という構成です。

ただし、このなかで目新しい項目があるのは、実質的に「北朝鮮問題」の部分だけであり、それ以外の部分で見るべきものはありません。

ところで、北朝鮮問題の部分を見ると、ほぼ日本の主張が全面的に通ったかに見えます。

3首脳は、朝鮮半島の完全な非核化という共通の目標を確認するとともに、北東アジアの平和と安定に向け、引き続き緊密に協力していくことで一致した。

3首脳は、北朝鮮による、核兵器を含む大量破壊兵器及び弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法での廃棄に向け、安保理決議に従って、3か国で協力を進めることを確認した。安倍総理からは、北朝鮮に具体的な行動をとらせる必要があること旨強調した。

また、拉致問題ついては、安倍総理から、早期解決に向けた両首脳の支援と協力を呼びかけ、理解を得た。

3首脳は、どうすれば、北朝鮮が正しい道を歩み、明るい未来を描いていくことができるのか、その道筋について、率直な意見交換を行った。安倍総理からは、拉致、核・ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、北朝鮮が正しい道を歩むのであれば、日朝平壌宣言に基づき、不幸な過去を清算し、国交正常化を目指すとの考えに変わりない旨述べた。

(※「三首脳」ではなく「3首脳」という表現や、下線で示した「必要があること旨」「拉致問題ついては」という誤植を含めて、ここに引用した内容はすべて原文のママです。)

ここで、「北朝鮮による核兵器を含む大量破壊兵器及び弾道ミサイルの完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」のことを、俗に「CVID」(“Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement”)と呼びます。

すなわち、外務省の報道発表では、北朝鮮の核のCVIDと日本人拉致問題について、中韓両国の賛同が得られたかに見えます。そして、次の時事通信の記事も、「北朝鮮非核化に日中韓首脳が一致した」と読めてしまいます。

北朝鮮非核化へ行動要求=FTA交渉加速、会談を定期化-日中韓首脳が一致(2018/05/09-20:31付 時事通信より)

すなわち、

3首脳は、北朝鮮の非核化に関し、核を含む大量破壊兵器や弾道ミサイルの完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄に向けて、安保理決議に従い協力していくことを確認。安倍首相は会談後の共同記者発表で「安保理決議の完全履行は3カ国共通の立場だ。今後も3カ国で協調して行動する」と述べた。

という下りが、それです。

中国側の発表には「CVID」も「拉致」も確認できず

では、果たして本当に今回の声明で、中国側はCVIDや拉致の明記に合意したのでしょうか?

現時点で、中国の外交部のウェブサイト上、5月9日の日中韓3ヵ国会談(中国語で「中日韩领导人会议」)に関する最新声明文は確認できません。中国メディア「中国国際放送局」が報じた共同記者会見が、現時点で手に入る最新版の中国側の見解です。

李克強総理、安倍首相、文在寅大統領が共同記者会見(2018-05-09 17:48付 中国国際放送局日本語版より)

しかし、この文章を読むと、李首相は次のように発言しています。

朝鮮半島核問題が対話で解決していくという軌道に戻ったことを3カ国は歓迎する。第3回南北首脳会談が成功裏に行われたことを祝するとともに朝米首脳会談にも期待する。各側は現在の最適なタイミングを掴み、一日も早く対話を再開して、朝鮮半島問題の政治的な解決を実現させ、朝鮮半島の永久な平和実現に寄与していくべきだ。中国は引き続き建設的な役割を果たしていきたい

このどこにも「CVID」、「日本人拉致事件」は含まれていません。それどころか、李克強首相は核問題については「対話で解決していくという軌道に戻った」と、日本がまったく主張していない内容を勝手に述べています。少なくとも李首相の頭の中に「CVID」がないことは間違いありません。

果たして日本の外務省は正しい報道発表を出したのでしょうか?それとも日中韓3ヵ国会談の場ではCVIDで合意していながら、中国側がそれを無視しているだけなのでしょうか?現時点では中国側の公式発表がない以上、これについては今ひとつ、よくわかりません。

韓国メディア「3ヵ国首脳に微妙な立場の違い」

ところで、日本の外務省の報道発表とは食い違っているものの、中国の報道とは整合しているのが、次の韓国メディア『中央日報』日本語版の報道です。

<韓日中首脳会談>非核化「安倍=CVID、李=政治的解決、文=完全な韓半島非核化」(2018年05月09日15時41分付 中央日報日本語版より)

中央日報によれば、CVIDに言及したのは安倍総理のみであり、李首相は「対話による政治的解決」を主張したそうです。中央日報といえば、普段は虚報も多いのですが、本件に関していえば、日本の外務省の報道発表や、それをベースにした日本のメディアの報道よりも、中央日報の報道が正解でしょう。

どうでも良いのですが、時事通信を含めた日本のメディアは、自分たちで中国や韓国の報道発表を調べたりしないのでしょうか?外務省の報道発表をそのまま垂れ流すように、日中韓3ヵ国が「CVIDで一致した」かのように報じるのはいかがなものかと思います。

結論:予想どおり何ら成果なし

ところで、中国側では、今回の3ヵ国会談を巡って、「日本との経済協力が加速する」、といった具合に、報道がやや過熱していました。つまり、中国からすれば、今回のサミットに対しては「政治より経済」に強い関心が寄せられていたということでしょう。

中国共産党の事実上の機関紙である『環球時報』の英語版、すなわち『グローバル・タイムズ』は、李克強首相が「中日韓+X」なる考え方を提唱したと報じています。

Chinese premier proposes “China-Japan-S. Korea+X” cooperation mode(2018/5/9 10:53:37付 環球時報英語版(Global Times)より)

これは、日中韓3ヵ国が中核となり、3ヵ国FTAを初め、東アジア全体で協力体制を構築しようとするものです。環球時報によると李首相は「アジアにはたくさんの国があり、インフラ需要は莫大だ」「日中韓3ヵ国が中核となって協力し、第四者に対して健全な発展機会を提供べきだ」と述べたそうです(下記)。

He said that there are a large number of countries in Asia, and their development disparities are huge. China, Japan and South Korea, which are at the forefront of development in Asia, should give full play to their respective advantages in equipment, technology, capital and engineering construction to jointly open up the fourth-party even multi-party market to promote the rapid sound development of Asian countries.

正直、日本が事実上の盟主となる環太平洋パートナーシップ(TPP)が成立することが確定しているなかで、私などは、「なぜわざわざ日本が中国と韓国の2ヵ国と手を結ぶ必要があるのか」と首をかしげてしまいます。

日本みずほ銀が中日協力「一帯一路」セミナー開催(2018年05月09日16:57付 人民網日本語版より)

また、「みずほ銀行」が「一帯一路セミナーを開催した」という報道も人民網日本語版が喜々として報じていますが、アジアにおけるインフラ整備は別に中国の手を借りなくても日本が既存の制度(世界銀行やアジア開発銀行、ODAプログラムなど)を活用した方が早いと思います。

中日韓サミットでFTA締結推進へ、日本企業は「一帯一路」でチャンス模索(2018年05月09日16:27付 人民網日本語版より)

さらに、人民網日本語版には、「日本企業は一帯一路にチャンスを模索している」としながも、

日本は中国にとって3番目の外貨供給源であり、中国は日本にとって2番目の対外投資の対象国だ。統計データをみると、14年の日本の対中投資は43億3千万ドル(1ドルは約109.5円)で、前年同期比38.8%減少した。2015年は31億9千万ドルで同26.1%減少し、16年1~10月は24億5千万ドルで同10.8%減少した。

と、実際には日本の資金が中国から逃げていると自分で報じるなど、記事の中身はやや支離滅裂気味です。このように考えていくと、このサミットを要約すれば、政治面では日本が求めた北核問題への協力が得られず、経済面では「中国がやたらと日本に擦り寄ってきた」というのが実情です。

ただ、日本にとってはほとんどメリットがなかったと断言して差し支えないでしょう。

2018/05/10 08:15追記:日中韓共同声明にはCVID含まれず

外務省のウェブサイトに、さきほど、昨日付の『第7回日中韓サミット共同宣言(仮訳)』がアップロードされました。といっても、たとえば

  • 我々は3ヵ国協力の様々な分野における前向きな進展を評価する
  • 我々は日中韓サミットを定期的に開催することの重要性について一致した

といった総論的な内容が続き、正直、中身は空っぽです。さらに、日本にとって死活的に重要な「北朝鮮の核・大量破壊兵器のCVID」「日本人拉致問題の解決」については、

我々は,朝鮮半島の完全な非核化にコミットしている。我々は,朝鮮半島及び北東アジアの平和と安定の維持は,我々の共通の利益かつ責任であることを再確認する。我々は,関係国の諸懸念に関する,関連国連安保理決議に従った,国際的な協力及び包括的な解決によってのみ,北朝鮮にとって明るい未来への道が拓けることを強調する。中華人民共和国及び大韓民国の首脳は,日本と北朝鮮との間の拉致問題が対話を通じて可能な限り早期に解決されることを希望する。

という状況です。ありていに申し上げれば、

  • 「朝鮮半島の非核化」に向けた具体的な方法についてはまったく一致していない
  • 日本人拉致問題については「日本が勝手に北朝鮮と対話して解決しろ、中韓は協力しない

という話です。

(追記は以上です。)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



対話は必要だが…

おカネは重要な武器

ただ、『日中韓首脳会談は「成果なし」こそ最大の成果』でも申し上げたとおり、別に首脳会談で無理に成果を求める必要はありません。世の中には、「成果が得られない相手である」ということが明らかになるだけでも十分な成果だ、と言えることがあるからです。

ところで、古今東西のあらゆる国家に共通する目的とは、「国益の最大化」にあります。ここで、「国益」とは「軍事的な安全(安全保障)」と「経済的な利益」のことであり、このことはどんな国であっても、まったく変わりません。

戦後の日本では、マス・メディアによって、「国益」という単語を口にするのもはばかられる雰囲気が醸成されていました。しかし、最近、インターネットが普及したためでしょうか、こうしたマス・メディアの呪縛が解け、安倍晋三総理大臣をはじめとする政治家らが、堂々と「国益が大切だ」と明言するようになりました。

このこと自体は歓迎すべきことです。しかし、現状では「国益」を堂々と口にすることができるようになったというだけの話であり、まだまだ十分ではありません。その理由は、戦後の日本においては、「どうやって国益を最大化するか」という「手段」が限られてしまっているからです。

一般に、軍事力の裏付けがなければ「安全保障」という目標を達成することは難しいのですが、戦後の日本はまさにこの状態にありました。というのも、憲法第9条第2項のせいで、軍事力を使うことがとても困難だったからです。

そして、「外交とは武器を使わない戦争である」と言われることがありますが、軍事力の裏付けのない外交など非力です。だからこそ、北朝鮮に拉致されたままの日本人を取り返すことも、ソ連・ロシアに占領されたままの南樺太・千島列島を取り返すこともままならないのでしょう。

しかし、日本には1つ、とても強い武器があります。

それは「おカネ」です。

たとえば、日本の通貨・日本円は世界で3番目の取引量を誇っており、また、世界の外貨準備に組み入れられている通貨の中でも3番目のシェアを持っています(いずれも1位は米ドル、2位はユーロ)。軍事力の裏付けがない国であるにも関わらず、これは凄いことです。

また、日本という国自体が巨額の外貨建て資産を持っており、外貨準備高は日本円にして142兆円を超え、民間の金融機関や保険会社も巨額の外債投資を行っています。その結果、国全体としての対外純債権も350兆円近くに達しています(数値はいずれも2017年12月末時点)。

「一帯一路」「AIIB」への協力を欲しがる中国

公式統計によれば、日本は2010年にGDPで中国に抜かれ、すでに「世界2番目の経済大国」ではなくなりました。現在の世界経済は、米国、中国、日本という順番であり、中国はGDP、軍事力の両面で米国を凌駕しようとする、野心的な目標を掲げているようです。

ただ、その中国の経済状態が、どうも思わしくないようです。もともと、中国の経済は輸出と投資に偏っているという問題点があったのですが、過大投資がたたり、中国全土に「鬼城」(幽霊都市)が出現。バブルがいつ崩壊してもおかしくないと言われ続けています。

これに加えて、米国でトランプ政権が成立し、中国を相手に「貿易戦争」を仕掛けて来ていますが、米国との関係で通貨安(人民元安)に誘導するような政策を採用することが難しくなり、金融緩和で景気を改善させるという手法が難しいのが実情です。

さらに、中国は一時期、4兆ドルを超える外貨準備があったとされていましたが、その割に中国が主導して設立された国際開発銀行である「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)は設立から3年が経過するにもかかわらず、融資がそれほど伸びていないという「鳴かず飛ばず状態」にあります。

このAIIBは、日本と米国が主導する国際開発銀行である「アジア開発銀行」(ADB)に対抗し、中国が掲げる「一帯一路構想」を資金面から支えるために設立されたという側面があるのですが、その割に、一帯一路構想もAIIBも順調とは言い難いようです。

(なお、AIIBについて、最新状況を詳しく知りたい方は、『AIIBの現状整理・2018年4月版』をご参照ください。)

AIIBの現状整理・2018年4月版

実は、AIIBが「鳴かず飛ばず」である大きな理由は、「資金不足だから」、という理由にあるわけではありません。むしろAIIBは資金的には潤沢であり、莫大な資金が有り余っていて、仕方がないから有価証券投資を行っているという状況にあります。

AIIBが不足しているのは、ずばり、「途上国に対する国際金融支援・融資のノウハウ」です。日本は1966年にADBの設立に関わって以来、すでに半世紀を超える国際支援のノウハウを蓄積して来ました。中国が欲しがっているのは、まさにこのノウハウの部分なのでしょう。

日韓スワップを与えない

こうした「金融そのもの」が武器になるという意味では、地球上最悪の反日国家である韓国についても、事情はまったく同じです。

韓国は、見かけはOECD加盟国であり、「先進国」っぽく振る舞っていますが、その実情はお寒い限りです。というのも、韓国の通貨・ウォンは世界でまったく通用しない代物であり、常に韓国は外貨不足に悩んでいるからです。

それだけではありません。韓国は外貨準備高を粉飾している疑いが濃厚です。公式統計としては韓国の外貨準備高は4000億ドルであるとされていますが、関連する統計と突き合わせていけば、さまざまな矛盾が見つかるからです(『【夕刊】外貨準備:韓国はいつものウソをつく』参照)。

こうしたなか、韓国の外貨不足を埋めるための手段の1つが、「日韓通貨スワップ協定」です。文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が日中韓3ヵ国首脳会談のために訪日した際、これに先立って、韓国メディアからは「韓日(日韓)スワップが必要だ」とする大合唱が発生しました。

これらの詳細については『【夕刊】呆れた韓国メディア「日韓通貨スワップの追憶」論』『【昼刊】中央日報で辿る、韓国「韓日スワップ」哀願史』などにまとめていますが、要するに、韓国を助けるために日本は韓国との通貨スワップに応じるべきだ、とする、非常に厚かましい議論です。

ただ、韓国側が通貨スワップを懇願して来ているという状況は、日本にとっては好都合です。なぜなら、使い方次第では、「カネは外交の武器になるから」です。しかも、実際に日韓通貨スワップを復活する必要はありません。「韓国の態度次第では通貨スワップ協定を復活してやるかもね」というだけで良いのです。

なお、日韓首脳会談についてはもう少し言及したい内容があるので、外務省ウェブサイト等の内容をベースに、余裕があれば別稿で触れてみたいと思います。

中韓との最善の付き合い方

ただ、国が人間の集まりである以上、外交といっても、結局は「人と人との付き合い」の延長上にあります。

人間関係には親子、兄弟、親戚など、利害得失を超えた付き合いをする間柄もあれば、それに準じた親友・友人などの関係もあり、さらには上司・部下・取引先など、単なる仕事上のお付き合いもあります。さらには、「あまり仲の良くない、単なるご近所さん」だっているでしょう。

外交だってそれとまったく同じです。

究極的には外交の目的は「国益を最大化すること」ですが、それだと人間関係でいう「単なる仕事上のお付き合い」と同じことであり、すべての国との関係が「国益」だけに基づいていると考えると、どこかさびしいものがあります。やはり、国にも「国益」を超えてお付き合いできる、「親友」、「友達」のような国が必要です。

そう考えていけば、外交にも「ランク付け」が必要です。

たとえば、日本と基本的な価値観をすべて共有している相手(自由・民主主義国、人権を大事にする国など)とは利害を共有しているだけの相手(産油国、お得意先、軍事同盟の相手先など)よりも大切ですし、利害を共有している相手の方が利害を共有していない相手よりも大切です。

さらに、利害を共有していない相手であっても、たまたま何らかの利害が一致するならば、その限りでお付き合いすべきでしょう。中韓両国との付き合い方もこれに従って当てはめていくべきです。その際、判断する軸は「価値を共有しているかどうか」、「利害を共有しているかどうか」です。

中韓が「親子・兄弟・親戚」なのか、「親友・友人」なのか、「単なる仕事上の関係」なのか、「単なるご近所さん」なのかについては、あえて申し上げません。ジャーナリストや、私のようなウェブ評論家を含めた専門家が正しい情報をお伝えし続ければ、国民のあいだで何となくコンセンサスは成立していくはずです。

本日申し上げる結論は、それだけです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/22 10:00 【時事|国内政治|金融
    野田聖子さん、総裁選の前に「GACKTコイン」の説明は?
  • 2018/08/22 05:00 【時事|金融
    「決壊したラオスのダムは日本の資金」記事の事実誤認が酷い (3コメント)
  • 2018/08/21 12:00 【時事|外交
    北朝鮮との外交は「封じ込め」一択、それを助ける日英同盟 (1コメント)
  • 2018/08/21 10:00 【マスメディア論|時事
    国民の信託なき「ウソの新聞」・朝日新聞こそが「国民の敵」 (3コメント)
  • 2018/08/21 05:00 【時事|金融
    ベネズエラ・ショックに見る経済理論の正しさ
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果 (3コメント)
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (6コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (3コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (10コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (24コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。