安倍総理が訪問先のヨルダンで「日朝国交正常化」に言及しています。これは一見すると唐突な発言ですが、実は、別に「降って沸いた発言」ではありません。日本政府の従来の姿勢と一貫するものです。しかし、この「日朝国交正常化」ありきという外交スタンスには、きわめて大きな問題があります。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍総理の「日朝国交正常化」発言

安倍総理が「日朝国交正常化」を言い出しました。

中東訪問についての内外記者会見(2018/05/01付 首相官邸HPより)

これは、5月1日に、訪問先のヨルダンで内外の記者に対して述べたもので、該当する箇所は次のとおりです。

わが国は、日朝平壌宣言に基づいて、拉致、核、ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、北朝鮮との間で、その不幸な過去を清算して、国交を正常化する。この一貫した方針の下、取り組んでまいります。

実は、この「日朝平壌宣言」とは、2002年9月17日、北朝鮮を訪問した小泉純一郎首相(当時)が北朝鮮の独裁者・金正日(きん・しょうじつ)との間で確認した、次の方針です。

日朝間の不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、実りある政治、経済、文化的関係を樹立すること

日本政府の公式の立場としては、現在もこの日朝平壌宣言は有効に生きているとするものです。したがって、日本政府がこの日朝平壌宣言の実現を最終目標としていること自体は、外交方針としては一貫しています。

先ほどの安倍総理の発言も、別に安倍総理が「方針転換」をしたのではなく、「日朝平壌宣言は有効である」という立場から、北朝鮮の核放棄、拉致問題の解決が図られた時点で、あらためて日朝国交正常化を図ろうとするものだと考えるなら、別に従来の日本政府の姿勢と何ら変わるところはありません。

一方、金正日は2011年12月17日に死んだものの、その息子・金正恩(きん・しょうおん)が事実上、金正日の独裁体制を引き継いでいることから、北朝鮮側は現在でもこれを破棄していないと考えて良いでしょう。

したがって、日朝平壌宣言の実現を目標とする道義的な責務は、日朝両国にあるといえなくもありません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日朝平壌宣言とは何か?

「慰安婦合意」との共通点

ただ、私はこの「日朝平壌宣言」には、重大な問題が含まれていると考えています。というのも、「朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えた」ことを「歴史の事実」と言い張っているからです。

日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。

いったいいつ、日本が北朝鮮に対して「多大な損害と苦痛」を与えたというのでしょうか?1910年の日韓併合以降、日本は朝鮮半島に文明を教え、多大な発展をもたらしましたが、「損害と苦痛」など1ミリも与えていません。

その意味で、この「日朝平壌宣言」には、2015年12月の「日韓慰安婦合意」と似た、日本からの意味のない一方的譲歩がスタートとなっているという欠点があります。

ここで、「日韓慰安婦合意」とは、岸田文雄外相と尹炳世(いん・へいせい)韓国外交部長官(※肩書はいずれも当時)が口頭で取り交わしたもので、その要点は次の4つです。

  • ①慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感し、安倍晋三総理大臣は日本国を代表して心からおわびと反省の気持ちを表明する。
  • ②韓国政府は元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府はその財団に対し、政府予算から10億円を一括で拠出する。
  • ③韓国政府は在韓国日本大使館前に慰安婦像が設置されている問題を巡って、適切に解決されるように努力する。
  • ④上記②の措置が実施されるとの前提で、日韓両国政府は、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認し、あわせて本問題について、国連等国際社会において互いに非難・批判することを控える。

いかがでしょうか?

この「日韓慰安婦合意」も、「日本が韓国に対して被害を与えた」という前提のもとで、日本政府が「お詫びと反省と賠償金」を支払ったものだ、と理解できます。日本政府は「そうではない」と言い張るかもしれませんが、少なくとも国際社会は、「日本が過去に蛮行を行ったことを公式に認めた」、と受け止めています。

その意味で、安倍晋三政権下の「日韓慰安婦合意」、小泉純一郎政権下の「日朝平壌宣言」は、いずれも「日本がやってもいない蛮行を、あたかも実際に日本が行ったかのように表現したものであり、スタート地点からして間違っている」、という共通点があるのです。

日朝平壌宣言の問題点

そのうえで、日朝平壌宣言には、こんなくだりがあります。

双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。

双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。

要するに、1945年8月15日以前に生じた、日本が朝鮮半島に残してきた莫大な資産を一方的に放棄するとともに、あの危険な独裁国家に対し、「無償資金協力、低金利の長期釈迦金ん、人道支援などの経済協力」を実施する、と言い張っているのです。

まともな日本国民であれば、もっと怒らねばなりません。といっても、この場合、怒る相手は北朝鮮だけではありません。このようにふざけた合意を結んだ小泉純一郎元首相と、その当時の外務省の官僚どもに対して、心の底から怒りを感じなければおかしい内容です。

北朝鮮は「交渉の相手」と見るべきではない

まず、大前提として私たち日本人が認識しておかねばならない点があります。それは、北朝鮮を「対等な交渉相手」と見るべきではない、という点です。

日本は戦前、大日本帝国憲法のもとで、1918年には原敬という「平民宰相」が出現しており、1925年には普通選挙法で男子普通選挙が実現するなど、当時の世界基準で見ても立派な民主主義・法治主義国家でした。

(※余談ですが、わが国では女性参政権は敗戦後にやっと実現しましたが、これも欧米諸国と比べてとくに遅いとはいえません。たとえば、スイスでは1971年になって初めて連邦レベルで女性の参政権が認められたそうであり、また、戦後、ソ連の衛星国となった東欧諸国は民主主義自体が停止されていました。)

つまり、日本は戦前から民主主義、自由主義、法治主義に基づき、立派に国家を運営してきたのです。

これに対して北朝鮮は、1948年9月にソ連から独立。日本が朝鮮半島北部に築き上げた莫大なインフラを金日成(きん・にっせい)一味がタダで奪い取り、これを利用して国家を運営してきたのです。独立以来70年の歴史は、「日帝の遺産を食いつぶす歴史」だったと言い換えても良いでしょう。

たとえば、中国と北朝鮮の国境にある「水豊ダム」は、1944年に竣工し、いまでも水力発電所として機能しています。電力不足の北朝鮮にとって、この74年も前の施設が、北朝鮮の貴重な電源となっているのです。

また、1960年代までGDPでは北朝鮮が韓国を凌駕していたという統計もありますが、これは大日本帝国時代には水豊ダム以外にもさまざまな発電施設、重化学工場などが建設され、それらの多くが朝鮮半島北部に集中していたという事情があるでしょう。

そんな恵まれた立場にあったはずの北朝鮮では、しかし、ついに建国以来、1度たりとも普通選挙は実施されず、言論の自由は存在せず、すべての人民は金正恩一味に支配され、現在の北朝鮮は世界の最貧国です。

つまり、「朝鮮半島を含めた支配地域で近代的な制度を整え、さまざまな産業を興し、教育を施した国」が大日本帝国であり、敗戦後も「焦土から自力で立ち上がり、世界最先端の工業国となった国」が日本国であり、「大日本帝国時代の遺産を食いつぶすだけだった国」が北朝鮮です。

日本と北朝鮮は、そもそも「対等な関係」ではありません。北朝鮮にとって日本は産業と文化を与えてくれた恩人であり、日本にとって北朝鮮は「誘拐、人身売買、保険金詐欺、大量破壊兵器開発、贋札製造、麻薬密売」などを行う、単なる犯罪者集団なのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



北朝鮮を地球から抹消せよ!

悪いのは金正恩と朝鮮労働党

ただ、誤解を恐れずに申し上げるならば、私は別に北朝鮮の人民を憎んでいるわけではありません。明らかに、北朝鮮で「悪なる存在」とは、金王朝関係者なのです。

考えてみれば、北朝鮮が核・ミサイル・生物化学兵器などの開発をせず、まじめに人民の生活水準を高めるために国力を使っていれば、あそこまで悲惨な状況になっていなかったはずです。しかし、ソ連を初めとする共産圏では、人民の生活を犠牲にしつつ、大量破壊兵器の開発が優先されていました。

事実、1980年代後半になって、ソ連でゴルバチョフが登場し、情報公開を進めたところ、ソ連はあっけなく崩壊しました。これは、人民の生活よりも軍事力を重視するという旧共産圏の国としての在り方が、人類共通の原理に反していた証拠でしょう。

しかし、なぜか東アジアでは、北朝鮮と中国、ベトナムという、3つの共産主義国家が残ってしまいました。共産主義が人類の原理に背くものであるにも関わらず、共産主義政党による一党独裁体制が、いまだに続いているのです。

ただし、ベトナムは「ドイモイ(刷新)」政策により、産業に資本主義の原理を導入。中国も「社会主義市場経済」により、経済発展が加速し、いずれもそこそこ豊かになりつつあります。しかし、北朝鮮は頑なに市場開放を拒み、結果的には世界の最貧国のままですし、人民には移動の自由がありません。

日朝国交正常化とは、北朝鮮がこのような人権抑圧的な国である状態のままで、国交を正常化しようとする試みだと考えると分かりやすいでしょう。万が一、日朝国交正常化が実現すればいったいどうなるのでしょうか?

おそらく、数兆円規模の有償・無償の支援金が北朝鮮に流入し、北朝鮮経済は一気に息を吹き返すことになるでしょう。しかも、北朝鮮が独裁体制を維持したままであれば、そのカネは朝鮮労働党、いや、金正恩一味を潤し、秘密裏の核開発に資金が流用されることも懸念しなければなりません。

日本政府・外務省の職員の皆さんが当ウェブサイトを読んで下さっているかどうかはわかりませんが、敢えてお尋ね申し上げたいと思います。あなたがた外務省の皆さんは、本当にこんな人権抑圧国家と国交正常化を図るべきだとお考えでしょうか?

地球人類のためには北朝鮮を地球上から消すべき

私は、そうは思いません。

北朝鮮、そして金正恩体制などというふざけた存在は、抑圧されているすべての北朝鮮人民のために、いや、すべての地球人類のために、地球から消し去らねばなりません。

あくまでも理想論だけで申し上げるならば、今の日本が北朝鮮に対して行わねばならないことは、「国交正常化交渉」ではありません。北朝鮮に対する経済的・軍事的圧力の強化と並び、究極的には北朝鮮に対する軍事侵攻です。

まず、日本人拉致事件については全容解明を求め、核・ミサイル・生物化学兵器についてはCVID(※)を求めます。次に、日本側が納得のいく回答が得られなければ、実際に軍隊とともに捜査官を北朝鮮に派遣し、平壌を占領。金正恩ら北朝鮮指導部の身柄を拘束し、日本に連行します。

(※CVIDとは、「完全、検証可能、不可逆的な方法による廃棄(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)」の略)。

そのうえで、日本人拉致事件に関わったすべての犯人を、日本国内で立件し、刑事訴追し、必要な処罰を加え、金正恩らの私財を没収し、すべての拉致被害者の皆さんへの賠償に充てるのです。

ノリエガとピノチェトの先例

私がこのように申し上げると、「何を極端な話を!」とのお叱りが来ることは覚悟しています。しかし、別に私はおかしな話をしているつもりはありません。他国の国家元首の身柄を拘束し、自国で裁判にかけるという事例は、いくらでも事例があるからです。分かりやすく、2つほど事例を挙げてみましょう。

1つ目は、パナマのノリエガ将軍の事例です。パナマの軍人・政治家で、1983年から89年まで独裁者として実権を握ったマヌエル・ノリエガ将軍は、麻薬の資金洗浄や在パナマ米軍兵士の殺害、不正選挙など、暴虐の限りを尽くしました。

しかし、パナマは1989年12月20日にアメリカ軍の侵攻を受け、ノリエガ政権はあっという間に崩壊。翌1990年1月3日にノリエガは米軍に身柄を拘束され、マイアミで麻薬密売容疑等により禁固40年の実刑判決を受けています。

また、2つ目は、チリのピノチェト大統領の事例です。1974年から1990年まで、実に16年の長きにわたりチリの大統領として権勢をふるったアウグスト・ピノチェト大統領は、優れた経済政策によりチリ経済を立て直した剛腕で知られています。

しかし、大統領退任後の1998年、病気療養のために渡英したピノチェトは、在職中のチリ国内における人権侵害容疑で英国の司法当局に身柄を拘束されてしまいます。その後、他国の国家元首を裁くことについて論争が起きましたが、病気療養を理由にピノチェトの拘束は解かれ、チリに帰国しています。

この2つの事例を含め、国際社会においては自国民に対する人権侵害で国家元首を拘禁し、刑事訴追すること自体、別におかしな話ではありません。

近年でも、2003年のイラク戦争によってフセイン政権崩壊後、逃亡していたサッダーム・フセイン元大統領の身柄が拘束されたような事例もありますし、また、スーダンのバシール大統領に対しては国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状が出ています。

私は、金正恩こそ「人権侵害の犯罪者」として、裁きを与える義務が国際社会にはあると考えているのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



拉致問題解決には軍事侵攻あるのみ

日朝国交正常化を「限りなく先延ばし」すべし

では、ノリエガやピノチェトのように、日本が金正恩の身柄を拘束するようなことはできるのでしょうか?

自衛隊の装備、練度を考えるならば、実力組織としては十分です。日本海側、黄海側から自衛隊が北朝鮮を強襲し、平壌を挟み撃ちにして、朝鮮労働党本部ビルなどを占拠し、核・拉致査察を実施することは、自衛隊の実力としてはそれほど難しくありません。

しかし、実際に現在の日本は、これを実施することができきません。なぜでしょうか?それは簡単。私たち日本国が誇る(?)「憲法第9条第2項」という素晴らしき「殺人憲法」が存在しているからです。この条項は、日本に「国としての自衛権の発動」を妨害する、まさに「殺人憲法」の名にふさわしい代物です。

それだけではありません。自衛隊には軍隊としての基礎的な制度(軍法など)が整っていません。自衛隊が「日本軍」として北朝鮮に軍事侵攻するためには、あまりにも法的な枠組みがなさすぎるのです。

このように考えていけば、冒頭の安倍総理の発言もなんとなく理解できます。それは、「現在の日本だと、できることは限られている」ということであり、「北朝鮮の意向を無視して、日本が拉致・核問題を強制的に解決することはできない」、ということです。

要するに、日本には「日朝平壌宣言を履行し、いずれは北朝鮮との国交正常化交渉を行う」以外の方策がとれないのです。これは非常に理不尽な話です。ですが、ある意味で当然の話でもあります。なぜなら、このような欠陥のある憲法を放置してきたのは、私たち日本国民そのものだからです。

私は敢えて提案したいと思います。日朝国交正常化を「限りなく先延ばし」し、日本が「戦争のできる国」になるのを待つべきです。

あまり時間は残されていない

ただ、時間が掛かり過ぎるのは問題です。今のように野党側が「もりかけ・セクハラ・日報問題」で憲法審議を妨害している状態が続けば、下手をすれば安倍政権在任中には憲法改正が間に合わないかもしれません。

そこで、やはり優先順位を決めて、1つずつプロセスを実行していく必要があります。

まず、北朝鮮に対しては「いずれ国交正常化交渉に入るから、まずはCVIDと拉致問題の解決をしろ」と要求を突き付けて時間を稼ぎましょう。その間に憲法改正を進めるために、改憲を最も妨害している組織である朝日新聞社の社会的影響力を削ぐことが必要です。

理想を言えば、朝日新聞廃刊と朝日新聞社の倒産が望ましいのですが、そこまで実現することは困難です。やはり、独立系評論サイトが増えることで、朝日新聞社の社会的影響力を押し下げることが急務でしょう(※余談ですが、私自身は、この独立系ウェブ評論サイトの目的の1つを、朝日新聞の社会的影響力を削いでいくことに置いています)。

次に、私たち有権者が賢くなり、選挙のたびに、立憲民主党、希望の党、民進党、自由党、社会民主党という「反日5野党」の議席を削っていくことが必要です(※ただし、これらの野党が改心し、愛国的でまともな政党に脱皮するのであれば、私は支持に転じても良いと思っています)。

さらに、日本共産党の非合法化は、遅かれ早かれ、必ず達成する必要があります。この政党は共産主義革命を党是に掲げており、非常に危険な組織です。「破壊活動防止法」でも良いのですが、やはり理想論としては「日本共産党禁止法」を制定するのが良いと思います。

そして、これらは安倍政権だけにできることではなく、私たち保守・愛国勢力が力を結集しなければなりません。保守勢力同士で内輪もめをしている暇などありません。

そのことを、強く訴えたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/22 10:00 【時事|国内政治|金融
    野田聖子さん、総裁選の前に「GACKTコイン」の説明は?
  • 2018/08/22 05:00 【時事|金融
    「決壊したラオスのダムは日本の資金」記事の事実誤認が酷い (3コメント)
  • 2018/08/21 12:00 【時事|外交
    北朝鮮との外交は「封じ込め」一択、それを助ける日英同盟 (1コメント)
  • 2018/08/21 10:00 【マスメディア論|時事
    国民の信託なき「ウソの新聞」・朝日新聞こそが「国民の敵」 (3コメント)
  • 2018/08/21 05:00 【時事|金融
    ベネズエラ・ショックに見る経済理論の正しさ
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果 (3コメント)
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (6コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (3コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (10コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (24コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。