早いもので、今日から3月です。月初というタイミングですので、本日は私が普段書きたいと思っていて書き切れていない論点を棚卸的にピックアップしておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

3月になれば思い出す

早いもので今日から3月です。最初に本文とはあまり関係ない「雑感」を申し上げておきたいと思います。

わが国の企業の多くは3月が決算期ですし、多くの学校も3月が終業式・卒業式のシーズンです。このため、気のせいでしょうか、日本人の多くは「12月」と並んで「3月」に「節目」を感じるようであり、「卒業」「出会いと別れ」などをテーマにした歌もたくさんあります。

ところで、私自身も、以前勤めていた会社を辞めて起業すると決断したのも3月でした。その一番大きなきっかけは、同じ会社で働き盛りだった40代の部長が心不全で急逝したことです。この部長は前日まで元気に出張をこなしていたにも関わらず、です。

私は心のどこかで「いつかは会社を辞めて自分で事業を起こしたい」という気持ちを抱いていたのですが、この部長の件を機に、「挑戦したいならば、『いつか』ではなく『今』やるべきだ」、「元気なうちにやることをやらねばならない」ということを、強く意識したのです。

ちなみに、このウェブサイトを私が以前勤めていた会社の方が読んでいらっしゃるかどうかはわかりませんが、念のため申し上げておくと、私は「会社に不満があって辞めた」のではありませんし、「特定の人が嫌いだからやめた」のでもありません。あくまでも「やりたいことがあったから辞めた」のです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



国外で大きな動き

アップデートが難航する「朝鮮半島6つのシナリオ」

さて、当ウェブサイトを以前からご愛読いただいている皆様であれば、「朝鮮半島6つのシナリオ」という話題をご存知だと思います(その最新記事は『平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート』で読めます)。

先日、韓国で平昌(へいしょう)冬季五輪が閉幕しましたが、この冬季五輪は、まさに「史上最悪」という名に値する代物でした。悪天候に振り回され、ノロウィルスが蔓延し、さらには公共交通手段を含めた大会運営の杜撰さも印象に残ります。

しかし、とりわけ酷かったのが、北朝鮮の存在です。韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)政権は、大統領本人も含めて、完全に北朝鮮の手先のような動きをしており、平昌五輪は開会式の冒頭から北朝鮮に乗っ取られてしまったかの感があります。

これを受けて、「平昌五輪をきっかけに、韓国は北朝鮮によって赤化統一されてしまう!」という議論も高まっているようなのですが、私のような「経済・金融評論家」からすれば、こうしたシンプルな見方は正しくありません。それはなぜでしょうか?

話は簡単です。急激な動きには、必ず反動があるからです。現在の文在寅氏や韓国大統領府自体が北朝鮮のエージェントのようになってしまっていることは事実ですが、こうした動きに危機感を抱く政治家が韓国国内にも出て来ているという点にも注目すべきでしょう。

もちろん、現在のところ、文在寅政権に対する支持率は依然として高く、「リアルメーター」が2月26日に公表した世論調査では65.7%だったそうです。

文大統領支持率65.7%=平昌五輪の興行で2.6%pアップ(2018年2月26日11時27分付 Wow!Koreaより)

いずれにせよ、「平昌五輪を機に韓国の赤化統一が加速する」という見方があることも事実ですが、韓国国内で文在寅政権の急激な左傾化、親北化がどう進むのか、あるいはこれを止める動きが韓国国内で高まるのかどうかは、今ひとつ、見極めが難しいのが実情です。

米国の北朝鮮攻撃はあるのか?

当ウェブサイトで追いかけているテーマのうち、朝鮮半島情勢を巡っては、「朝鮮半島の6つのアップデート」と並んで、もう1つ重要な点があります。それは、米国が北朝鮮を攻撃するのかどうか、です。

私は昨年、『12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か?』のなかで、米国が北朝鮮攻撃をするならば、今年の冬の間が最後のチャンスとなりかねないと申し上げました。気温、天候などのさまざまな条件に加え、今年の冬を逃せば、北朝鮮がミサイルを完成させてしまいかねないからです。

しかし、米軍は昨年12月18日に、北朝鮮攻撃に踏み切りませんでした。それだけではありません。今年に入り、韓国が北朝鮮の要望を受けて、米韓合同軍事演習の延期を米国に申し出たときに、米国はこれをあっさりと受け入れました(※水面下では侃々諤々の議論があったのかもしれませんが…)。

さらに、平昌五輪には、2月9日の開会式、25日の閉会式ともに、米国が代表を派遣したことも、米国が北朝鮮攻撃をする意思に疑念を抱く材料です。米国は開会式にはマイク・ペンス副大統領を、閉会式にはトランプ氏の長女で大統領補佐官のイヴァンカ氏を、それぞれ派遣しました。

とくに9日の開会式では、ペンス副大統領は安倍総理に訪韓への帯同を依頼したようですが、1つ間違えば韓国と北朝鮮によって政治利用されかねない大会にノコノコでかけることに対し、私は強い不信感を抱くのです。

また、開会式では北朝鮮から、形式上の国家元首とされる金永南(きん・えいなん)最高人民会議常任委員長、金与正(きん・よしょう)朝鮮労働党中央委員会第1副部長(独裁者・金正恩=きん・しょおん=の実妹)が訪れましたが、ペンス副大統領は彼らに一瞥もくれず、徹底的に無視しました。

これについて、テレビ番組では「米朝両国が火花を散らした」などと述べた人もいたようですが、別に米朝両国は「火花を散らした」わけではありません。いや、むしろ、ここまでわかりやすく米国が北朝鮮を「冷遇」したのは不自然です。

仮に米国が北朝鮮を攻撃するならば、北朝鮮に予告なく「サプライズ・アタック」として行うのが定石です。もし米国が本気で北朝鮮を攻撃するつもりなら、ペンス氏もイヴァンカ氏も、北朝鮮を油断させるために、北朝鮮代表者に愛想笑いの1つくらいして見せたはずだからです。

しかし、米国の代表者らは、開会式でも閉会式でも、徹底的に北朝鮮を無視したのです。これは、北朝鮮を警戒させるのに十分であり、うがった見方ですが、むしろ米国は北朝鮮攻撃をしたがっていないのではないかとすら思えるのです。

不気味な習近平の行動

もっとも、朝鮮半島情勢は日本の安全保障にとっては極めて重要ですが、長期的にさらに重要なのは、中国の動きです。というのも、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席が、「終身国家主席」に就任しようとしているからです。

【夕刊】中華帝国への先祖返り:事実上の皇帝制度の復活へ』で紹介しましたが、すでに複数のメディアが報じているとおり、中国共産党中央委員会が国家主席の任期に関する規定を削除する改憲案を全国人民代表大会(全人代)に提出したそうです。

この改憲案が承認されれば、習近平(しゅう・きんぺい)氏が、事実上、中国国家主席として無制限に在任できることになります。日本の国会前で「安倍の独裁」と批判する人たちが、どうして中国大使館前で「習近平の独裁」と批判しないのか、不思議でなりません。

ただ、ロシアのプーチン大統領や北朝鮮の金正恩らと違い、私の目からすれば、どうもこの習近平氏が凡庸な人物に見えてしまいます。というのも、習近平氏がどの程度、軍部を把握しているのか、あるいは、どの程度、経済に明るいのか、今ひとつ見えてこないからです。

歴史を鏡にすれば、凡人が絶対権力を握れば、得てしてろくなことに使われません。実際、中国に限定しても、有史以来、中華帝国ではさまざまな皇帝が実権を握って来ましたが、凡庸な皇帝はだいたい国を傾けています。

古今東西、経済と軍事は国家の2本柱です。とくに、経済がうまくいかない国では、極端な主張を掲げる政党が躍進する傾向にありますし、こうした極端な政党が政権を握れば、やがて、対外侵略や排外主義に手を染めるのも歴史が教える鉄則です。

経済成長が曲がり角に来ていて、「一帯一路構想」も「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」も順風満帆とは言えない中国で、凡庸な人物である習近平氏が「終身指導者」にでもなろうものなら、国威を発揚するために「対外侵略」に手を染めるのではないかと懸念しています。

経済運営を誤る欧州連合(EU)

ところで、私が密かに注目していた「ユーロ圏の問題」については、とうとう解決されないまま、今年3月には「ベア・ショック」から10年を迎えます。これは、2008年3月に、米大手投資銀行であるベア・スターンズに資本注入が行われた事件ですが、私はこれが、その後の金融危機の端緒になったと考えています。

ユーロ圏の問題とは、簡単に言えば、「通貨の発行権限と国家主権が分離したことによる問題点」です。経済運営は中央政府による財政政策と中央銀行による金融政策がセットで行われる必要がありますが、ユーロ圏の場合は中央銀行が1つしかなく、中央政府がたくさん乱立している状況にあります。

たとえば日本の場合、中央政府は日本政府であり、中央銀行は日本銀行です。米国、英国、スイスなども日本と同様に「中央政府1つ、中央銀行1つ」という構図ですが、ユーロ圏の場合は加盟国が20ヵ国近くあるのに、通貨発行権限を持つ中央銀行は、欧州中央銀行(ECB)しか存在しません。

こうした状況に加え、欧州の民間金融機関はクレジット商品や証券化商品に巨額の投資を行い、2008年9月のリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融危機以降、バランスシートに巨額の不良資産を抱え込んだのです。これが「欧州金融危機」です。

それだけではありません。経営危機に陥った金融機関を所在国政府が救済しようとした時に、その国の政府に金融機関の救済ができなかったのです。その典型的な事例はアイルランドですが、スペインやキプロスなどもユーロという通貨を使っているがために、欧州連合(EU)、国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)からなる「トロイカ」からの救済を余儀なくされたのです。

そして、金融危機により金融機関の経営体力が乏しくなれば、国債の買い支え余力が低下します。これにより国家財政危機にまで発展したのが、イタリアとギリシャとポルトガルです。このうちギリシャについては、2013年に事実上のデフォルトをしてしまいました。

私は当時から、本業の実名レポート等で、「ユーロ圏の危機はECBを廃止して各国通貨を復活させるか、ユーロ圏共通財務省を創設するか、そのいずれかが必要になる」と申し上げて来ましたが、いまだにユーロ圏はこの対応をしていません。

おそらく、現在のユーロという仕組みが存在する限り、ユーロ圏危機は今後、何度でも再燃、再々燃、再々々々々々々燃するに違いありません。

ユーロ危機は文明の危機へ

先ほど私は、「経済がうまくいかない国では、極端な主張を掲げる政党が躍進する傾向にある」と申し上げましたが、これはまさに現在のユーロ圏のことを指しています。とくに、2015年ごろからユーロ圏が中東の難民を積極的に受け入れたことで、ユーロ圏、いや、欧州社会自体が崩壊の危機にあります。

私のうがった見方ですが、どうしてドイツのメルケル首相が難民の受け入れを決断したのかといえば、究極的には、「安価で使い捨て可能な労働者」として期待したからでしょう。実際、ドイツは旧西ドイツ時代から、おもにトルコからの移民を受け入れてきた実績があります。

しかし、ドイツ国内にドイツ語を解さない移民、フランス国内にフランス語を解さない移民がたくさん居住している状況は、ドイツ、フランスなどの国のアイデンティティの危機です。私は、あと数十年以内に、ユーロ圏、もしくは欧州のいずれかの国が「イスラム教国」になると考えています。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日本の「内なる敵」

日米同盟こそが重要!

翻ってわが国では、安倍政権が2012年の第二次安倍政権発足以来、執権6年目に入っています。私は安倍政権の経済政策に同意できない項目がたくさんあるものの、外交については「対韓外交」を除き、おおむね高く評価しています。

あくまでも私の理解ですが、安倍政権の最優先課題は、「中国の軍事的暴発リスクの封じ込め」にあります。このように考えると、安倍総理のすべての行動は、この課題と見事に整合していることがわかります。

たとえば、安倍政権発足以来、日本は米国との関係をかつてないほど強靭なものにしていますが、これも中国の海洋進出に対する牽制力を最大化する狙いだと理解できます。また、日本は日米関係を軸に、オーストラリア、英国、インドなどとの関係を強化しようとしていますが、これも同じ目的でしょう。

また、「ネトウヨ」の皆さんが嫌う韓国との関係強化に動いているのも、北方領土問題を棚上げにしてまでロシアとの関係改善を図っているのも、その目的が「中国に対する牽制にある」とみれば、極めて合理的な行動であることがわかります。

もちろん、細かい点では、私は安倍政権の外交姿勢に同意できない点もあります。たとえば、韓国は中国や北朝鮮の走狗となり、日本の名誉を傷つけるとともに、日米の分断工作を仕掛けて来ています。こんな国と仲良くすることに、私としてはとうてい、同意することなどできません。

しかし、大きな視点に立つならば、日米同盟を大切にするという姿勢は、極めて重要です。

官僚と野党とマスゴミが日本のガン

一方で、「日本のガン」といえば、官僚と野党、そしてマス・メディアです。

かつて、わが国を事実上、支配していたのは、「政官財の鉄のトライアングル」に加え、新聞・テレビを中心とするマス・メディアでした。そして、政権与党である自民党は「万年与党」として、改憲できる3分の2の勢力にギリギリ足りないものの、「万年野党」だった社会党となれ合うという関係にあったのです。

ただ、こうした「鉄の支配体制」は「絶対権力」となり、絶対的に腐敗します。

たとえば、新聞社やテレビ局は、役所と仲良くしていたら記者クラブを通じて勝手に情報が降ってくるため、わざわざ取材などしなくても報道をすることができてしまいます。政治家は財界から企業献金を受け、官界は財界に天下り先を確保することで、見事な利権構造ができていたのです。

しかし、こうした状況に風穴が空くきっかけになったのは、マス・メディアの急激な左傾化とインターネットの出現にありました。マス・メディアの報道が信頼できないという人々の不信感から、ウェブメディアが急に台頭し、これが政治を変えたのです。

私は自民党を無条件に支持するつもりはありませんが、それでも、自民党は2009年8月に、マス・メディアの偏向報道の末に下野したことをきっかけに、非常に良くなりました。いち早くネット戦略に着目し、一般国民の声を吸い上げる変わり身の早さを見せたのです。

また、それよりも以前の2000年前後には、都市銀行は不良債権問題に苦しみ、これを何とか自力で克服しました。これにより財界も、一部の経団連企業を除き、「大企業は絶対に潰れない」という甘い認識を脱却しつつあります(ただし某総合電機企業大手などを除きます)。

そうなれば、「最後に残った利権組織」は、

  • 官僚(とくに財務省と外務省、ほかに検察、司法、厚労省、文科省など)
  • 野党(とくに民主党の後継政党)
  • マス・メディア(とくに新聞社とテレビ局)

の3者なのです。

実際、「もりかけ問題」の本質は財務省や文科省による不祥事ですし、裁判所などの司法の腐敗も酷く、また、厚労省などの役所からも不祥事が相次いでいます。

一方、民主党が名称変更し、分裂したすえに、現在、民進党と希望の党と立憲民主党という3つの組織が存在していますが、国民の多数は社会党時代から続く野党の不見識を見抜いているのだと思います(『【夕刊】希望の党、支持率ゼロ%の衝撃』もご参照ください)。

さらに、マス・メディアは「反省しない既得権益」としては、もはや絶望的な存在です。経済原理の中で新聞社やテレビ局が経営危機に陥るのは当然すぎる話ですが、国民から受信料という名目で事実上の「税金」を吸い上げているNHKという組織の解体も、これから広く議論しなければならないでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



まだまだ論じる点が多すぎる

以上、本日は3月はじめという事情もあり、私が関心を抱いている問題点の一部をざっと列挙してみました。当ウェブサイトを開始した2016年7月の時点で、まさかここまで毎日毎日、論じるべき話題が出て来るとは、私も思っていませんでしたが、それでもまだまだ話題が多すぎて捌き切れない状況です。

今、なんとか私が1人で当ウェブサイトを運営していますが、当ウェブサイトももう少しコンテンツを充実させるために、中・長期的には脱皮を図っていく必要があるのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (1コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (4コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (10コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意
  • 2018/06/21 08:00 【外交
    危なっかしい米国の北朝鮮外交 (1コメント)
  • 2018/06/21 00:00 【雑感オピニオン
    ブログの社会的役割と経済
  • 2018/06/20 17:15 【時事|国内政治
    【夕刊】パフォーマンス政治家を許すな! (1コメント)
  • 2018/06/20 10:40 【マスメディア論|時事
    【昼刊】米朝会談に「中国ファクター」・福島氏の秀逸な論考

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。