いまや多くの日本人が「嫌韓」を公然と口にする時代です。こうした中、マス・メディアの中には、「日韓断交には巨大なデメリットがある」との主張を掲載するメディアも登場しました。本日の議論では、「客観的に数字で見ることの大切さ」とともに、「国益を主軸に置いた議論の大切さ」を訴えかけたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

玉石混淆のDOL

皆さん、DOLをご存知ですか?

『週刊ダイヤモンド』などの雑誌で知られるダイヤモンド社が運営するウェブサイトといえば、ダイヤモンドオンライン(DOL)です。

以前私は、日本人ビジネスマンの8割が「韓国を不要だ」と答えたとする、ダイヤモンドの特集記事を紹介したことがあります(詳しくは『【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか』、『再録:ビジネスマンの8割「韓国は不要」』あたりをご参照ください)。この調査は、ダイヤモンド社が日韓両国のビジネスマン6000人(うち日本人5000人、韓国人1000人)を対象に実施したもので、簡単に言えば、

  • 日本人ビジネスマンの8割が、ビジネス上、韓国は必要ではないと答えた。
  • 日本人ビジネスマンの8割が、韓国を「嫌いな国」のひとつに挙げた。

というものです。

この調査自体は継続的に行われているものではなく、ダイヤモンド社が2015年秋に単発で実施しただけのものです。このため、サンプルが偏っている可能性などには注意が必要ですが、それと同時に、客観的な調査結果としては有益なものです。

ただし、私はダイヤモンド社のオリジナル記事にある、ダイヤモンド編集部による分析記事には、正直、価値を感じません。示唆に富んでいるのはむしろこの調査結果であって、これをどう解釈するかは、私たち読者の側の役割なのかもしれません。

DOLも玉石混淆

それはさておき、『週刊ダイヤモンド』やDOLは、有益な記事と有益でない記事が混じっています。『日経ビジネスオンライン』(NBO)が玉石混淆であるのと同じようなものでしょう。ただ、NBOと違って、DOLの方は読者コメント機能がありません。このため、当ウェブサイトではこれまで、DOLの記事はNBOほど積極的に取り上げて来ませんでした。

私が過去に取り上げたDOLの記事の中で、秀逸(笑)なものといえば、何といってもこの記事です。

改札を機械化する日本、改札をなくす韓国――情報化の本質とは何か(2012年5月29日付 DOLより)

リンク先の記事は、韓国の高速鉄道「KTX」が改札を廃止しているという話題です。記事の著者の主張を、敢えて私の文責で要約すれば、

日本は韓国と比べて柔軟性に欠ける国であり、遅れている

というものです。要するに、高額の設備投資をしてまで全駅に改札機を設けるのではなく、車内で車掌がチェックする方式にした方が安上がりだ、という主張です。

このDOLの記事の著者に対して、私は謹んで、次の韓国メディア『中央日報』日本語版の記事をご案内したいと思います。

韓国鉄道の無賃乗車、毎年30万人…1日平均820人(2016年09月25日11時14分付 中央日報日本語版より)

韓国では切符を買わずに鉄道に乗る不正乗車が社会問題となっているのだそうですが、改札を撤去したことが原因であることはほぼ間違いありません。

また、韓国KTXが改札機を撤去した理由は、IT化、省力化のためではありません。巨額の設備投資をしたにも関わらず、切符が詰まるなどのトラブルが頻発し、結局は改札を放棄したというのが真相に近いといえます。

私はDOLに掲載される記事のうち、とくに韓国に関連するものは、非常に質が低いものが混じっている可能性があると見ており、鵜呑みにしないように注意しなければならないと考えています。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日韓断交否定論への反論

日韓断交の「デメリット」とは?

そんなDOLに、つい最近、こんな記事が掲載されました。

「日韓断交」経済学者が語る巨大なデメリット(2017.9.5付 DOLより)

リンク先の記事の筆者は岡田光雄氏という人物ですが、プロフィールの表示がないため、おそらくダイヤモンド社の記者か、編集部員でしょう。記事のリード部分には、こうあります。

今や日本人の間では“嫌韓”を語ること自体が珍しいことではなくなりつつあり、インターネット上には、「韓国と国交を断絶するべき」「韓国人を入国させるな」など“日韓断交”論を賛美するコメントが目につくようになっている。だが、こうした主張に対して「合理性がまったく見当たらない」と警鐘を鳴らすのは国士舘大学21世紀アジア学部教授で経済学者の平川均氏だ。

なるほど。興味深そうな文章ですね。実際にはどんなことが書かれているのでしょうか?私の文責で、内容を簡単に要約しておきましょう。

  • 最近の韓国の行動は日本をいらだたせるものが多く、「嫌韓」感情を持つ人が増えている
  • 中には断交を求める過激な声もあるが、その場合、日本も多大なデメリットを被ることを知っておく必要がある
  • 世界に目を転じれば、中東でサウジなど9ヵ国が6月にカタールと国交断交した事例がある
  • しかし日韓両国はGDPでそれぞれ世界3位、11位を占めており、日韓両国は互いに高度な工業製品を取引し合う「水平貿易」の形に変質している
  • 韓国を含む東アジア圏(中国やASEAN)は日本と経済的に一蓮托生であり、平川教授によれば、日韓経済は運命共同体である東アジア経済圏の中の一部分にすぎないと述べる
  • 平川教授は2016年の日韓間の貿易総額が7.7兆円、日本の対韓黒字は約2.3兆円で、日本にとって韓国は中国、アメリカに次ぐ3番目の貿易相手国だと指摘する
  • 韓国内には日本企業の資産も多く、平川教授によれば、韓国経済が混乱すれば統計以上に損害が出ると指摘する
  • さらに近年、第三国での資源開発やインフラ整備などで日韓企業連携が増加していることから、域内全体の経済低迷を招く恐れもある
  • 最近の訪日韓国人は急増しており、昨年は509万人が日本を訪れ、観光客は日本に3577億円を落としていった
  • 産官学からなる「日韓FTA共同研究会」によれば、日韓EPAの締結により日本のGDPは0.04~0.12%増加すると試算している

…といったものです。

日韓断交には軍事的、経済的デメリットが多いのは事実だが…

リンク先の記事について論評する前に、日韓両国は経済的結びつきが強く、また、日韓両国の往来も盛んであるという点については、事実として捉えておきましょう。また、韓国は日本にとって地政学的な重要性が高い国であり、仮に韓国が中国の「属国」になり、済州島(さいしゅうとう)や釜山(ふざん)あたりに中国人民解放軍が駐屯するようになれば、日本にとっては安全保障上も危機度が飛躍的に高まります。

最近の日本で「韓国の振る舞いが気に入らない」という人が増えていることは事実ですが、感情だけで日韓断交を口にするのは正しくありません。その意味で、「日韓断交を気軽に口にするな!」という説は、非常に正しいと思います。

ただし、DOLに掲載された記事には、いくつかの事実誤認もあります。その中でも一番大きなものは、日韓経済は「運命共同体」ではない、という点です。

平川教授はご存知ではないのかもしれませんが、GDPは次の計算式で定義されます。

GDP=C+I+G+X-M…①

※ここでCは消費、Iは投資、Gは政府支出、Xは輸出、Mは輸入

そして、外国との貿易がどれだけ重要かについては、「貿易依存度」という比率が重要です。

貿易依存度=(X+M)÷GDP…②

ただし、ここで「貿易依存度」とは、相手国に対する輸出だけでなく、相手国からの輸入も含まれています。自国にとっての輸入は相手国にとっての輸出ですが、安全保障上の観点からは、「お得意様」という意味で、貿易依存度ではなく輸出依存度で、どれだけ外国経済に依存しているかという度合いを測ることもあります。

輸出依存度=X÷GDP…③

上のDOLの記事では、貿易依存度と輸出依存度、貿易収支などのデータが恣意的に引用されています。しかし、総務省統計局『世界の統計2017(第9章)』によると、そもそも論として日本の輸出依存度は15%程度であり(※2014年度データ)、主要国と比べて決して高くはありません(ちなみに2014年の輸入依存度は17.6%、貿易依存度は32.5)。

これに対して韓国の輸出依存度は、2015年で38.2%と日本の2.5倍もあり、それだけ貿易が国にとって重要だということを意味しています(2015年の輸入依存度は31.7%、貿易依存度は約70%)

図表1 主要国の輸出・輸入・貿易依存度
国と年度 輸出 輸入 貿易
日本(2014年) 14.9% 17.6% 32.5%
韓国(2015年) 38.2% 31.7% 69.9%
中国(2015年) 21.0% 15.5% 36.5%
米国(2015年) 8.3% 12.8% 21.1%
カナダ(2015年) 26.3% 28.1% 54.4%
英国(2015年) 15.3% 22.1% 37.4%
ドイツ(2015年) 39.6% 31.4% 71.0%
フランス(2015年) 20.4% 23.3% 43.7%

(【出所】総務総統計局『世界の統計2017(第9章)』より著者作成)

日本のことを「輸出立国」だと呼ぶ経済学者、経済評論家は多いようですが、現実には、日本は少なくともG7諸国の中で米国に次いで輸出依存度が低い国だという点は、客観的事実として押さえておく必要があります。

断交されて困るのは韓国の側

もうひとつ、興味深いデータをお示ししましょう。それは「国別貿易相手国」のデータです。

日本の場合、貿易額は2015年において1.25兆ドル程度(1ドル=100円なら125兆円程度)ですが、500兆円程度のGDPに対して30%あるかないかというレベルです。ちなみに、特定アジア2国(中国と韓国)のシェアは、中国が22%で全体の5分の1を占めているものの、韓国はわずか6%に過ぎません(図表2)。

図表2 日本にとっての貿易相手国とシェア(2015年、金額単位:百万ドル)
相手国 輸出 輸入 合計
総額 624,874 625,568 1,250,442
中国(金額) 109,278 160,560 269,838
中国(シェア) 17% 26% 22%
韓国(金額) 44,019 26,807 70,826
韓国(シェア) 7% 4% 6%

(【出所】総務省統計局『世界の統計2017(第9章)』より著者作成)

韓国は輸出相手国としては3位ですが、輸入相手国としてはオーストラリアに次ぐ第4位であり、かつ、シェアでもわずか6%という国です。客観的な数字だけを見る限り、日本にとっての韓国の重要性は、オーストラリア、タイ、マレーシアなどと大差ないことが明らかです。

輸出依存度だけに限定しても、日本経済における輸出依存度は15%弱、韓国のシェアは7%ですので、GDPに占める韓国の重要性とは、実に1.05%(!)に過ぎないのです。

これに対し、韓国はどういう状況でしょうか?

まず、圧倒的に目につくのは、貿易依存度の高さです。韓国はGDPで見て日本の3分の1にも満たない小国であるにも関わらず、貿易総額は日本と大差ありません。そして、中国が輸出高全体の4分の1を占めているという異常さもさることながら、日本からの輸入は全体の11%を占めています(図表3)。

図表3 韓国にとっての貿易相手国とシェア(2015年、金額単位:百万ドル)
相手国 輸出 輸入 合計
総額 526,897 436,536 963,433
中国(金額) 137,140 90,235 227,375
中国(シェア) 26% 21% 24%
日本(金額) 25,596 45,854 71,450
日本(シェア) 5% 11% 7%

(【出所】総務省統計局『世界の統計2017(第9章)』より著者作成)

ついでに中国についてもチェックしておきましょう。

中国経済で一番最初に目につくのは、その貿易金額の巨額さです。輸出入あわせて4兆ドル近くに達するというのは、なかなか豪快な国です(※褒め言葉ではありません)。余談ですが、中国が固定資産形成と貿易に過度に依存した経済成長を続けて来たことは有名ですが、中国の経済成長率は実質的にゼロ%(あるいはマイナス成長)ではないかとの説も払拭されていないようです。

なお、中国から見て、日本、韓国との貿易シェアはいずれも10%もいかないくらいですが、日本側、韓国側の統計と中国側の統計が猛烈な不整合を起こしていることはご愛嬌でしょうか?(図表4

図表4 中国にとっての貿易相手国とシェア(2015年、金額単位:百万ドル)
相手国 輸出 輸入 合計
総額 2,281,856 1,681,671 3,963,527
日本(金額) 135,897 143,093 278,990
日本(シェア) 6% 9% 7%
韓国(金額) 101,475 174,564 276,039
韓国(シェア) 4% 10% 7%

(【出所】総務省統計局『世界の統計2017(第9章)』より著者作成)

数字を見ないで議論できる才能が羨ましい!

ほかにも、DOLの記事では、

  • 日本企業が韓国国内に相当の資産を積み上げているから、韓国経済が混乱すれば統計以上の損害が生じる
  • 第三国での資源開発やインフラ整備などでも日韓企業の連携が増加していることから、域内全体の経済低迷を招く恐れもある

といった、客観的な数字の裏付けがない記述が多々見受けられます。

こういう、「経済学者」を名乗っていながら一切数字を出さないで議論できるような身分とは羨ましいというほかありません(※単なる皮肉です)。

確かに、現時点で直ちに日韓断交をすれば、日韓両国ともに経済は混乱しますし、安全保障上も好ましくない影響がたくさん出てくる点は間違いないでしょう。ただ、客観的な数字の裏付けなしに、何となく「日韓は相互依存の関係にあるから、日韓断交をすれば日本に甚大な損害が生じる」と考えてしまうのは、思考停止であり、危険です。

さらにここで、私たちが警戒しなければならない点があります。それは、韓国が日本との経済的な相互依存度を高めることを、一種の国家戦略にしてきたという点です。そのようにすれば、「現実は日韓の相互依存が深まりつつあるから日韓断交は現実的ではない」といった議論が日本側で出て来るからです。

ただ、本来の日本の経済学者は、「どうすれば日本の国家戦略に合致するか」を研究し、提言する義務があると思います。特に、日本の大学は私学振興助成法により国民の税金による補助を受けているのですから、日本の大学教授は全員、何らかの形で日本の国益の最大化を考える義務を負っています。

その意味で、本日紹介したDOLの記事に掲載されているような議論を目にすると、日本国民の1人として、どうしてもフラストレーションを感じざるを得ないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



日韓通貨スワップ再開議論に警戒する!

今回紹介したDOLの記事のような議論が出てきた背景は、正直、よくわかりません。ただ、「日韓は相互依存度が高いので、切っても切れない関係にある」、「韓国経済が混乱すれば日本にとっても被害が生じる」、といった議論には、強い警戒が必要です。というのも、「日韓は相互に助け合う関係にある」という言葉は、一方的に韓国が日本に支援を要請するときの常套句だからです。

こうした中、私がいま、一番警戒しているのが、「日韓スワップ再開論」です。

表向きは、2016年12月末に釜山の日本総領事館前の公道上に、日本人を侮辱する目的の慰安婦像が設置されたことに対して抗議する意味で、日本政府は日韓スワップの再開議論を中断しました。しかし、財務省内や経済界には、「韓国を助けなければ韓国に進出している日本企業が損害を被る」といった理屈を立てて、日韓スワップ議論を再開しようとする勢力が存在するようです。

「日韓スワップには日韓双方に恩恵がある」とする説の間違いについては、つい最近も『財務省の日韓スワップロジックの詭弁』で主張したばかりなので、本日は繰り返しません。しかし、油断していると、日本国内の「親韓派」はすぐに日本の犠牲の上で韓国を助けようとする議論を仕掛けてきます。

当ウェブサイトも、「独立系ビジネス評論サイト」という立場から、こうした日本の国益を損ねかねない議論については緊密に監視し、問題提起を続けていきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。