久しぶりにニュースをチェックすると、民進党が瓦解しそうになっていて驚きます。しかし、そんな重要な局面にあるにも関わらず、相変わらずマス・メディアは、民進党というどうしようもない政党を全力で守るという、旧態依然とした報道に徹しているようです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/02/24 10:30 【時事
    【夕刊】理解に苦しむ「過去最大級の制裁」
  • 2018/02/24 00:00 【経済全般
    改めて考える「お金との付き合い方」 (5コメント)
  • 2018/02/23 10:00 【時事
    【夕刊】日韓は「特別な関係」から「普通の関係」へ (2コメント)
  • 2018/02/23 00:00 【外交
    犯罪者・金正恩の逮捕状を請求せよ! (6コメント)
  • 2018/02/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】見えてきた韓国への「制裁」 (2コメント)
  • 2018/02/22 00:00 【金融
    借金と通貨危機を考える(前編) (5コメント)
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (5コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (4コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (18コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (4コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • ↓本文へ

    ここからが本文です。
    記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    近況報告:出版って面白い!

    ここ数日、私は日中にニュースもチェックできないほど忙しい日々が続いて来ました。

    その理由は、現在、某出版社に依頼され、企業会計の入門書を2冊、立て続けに執筆することになったためですが、このうちの1冊が、本日、ようやく脱稿しました。さきほど、3メガバイトもあるワードファイルを出版社にメールで送りました。

    これが出版に漕ぎ着ければ、人生で書籍を出版するのは8冊目です(うち単著5冊、共著3冊)。

    私がお世話になっている出版社の例だと、たいていの場合、出版までには次のようなプロセスを辿ります。

    • ①まず、著者が原稿を執筆し、出版社に提出する(これがないと始まらない!)
    • ②次に、出版社が著者の原稿をゲラ組みする(第1校)
    • ③著者が出版社から第1校を受け取り、おかしなところを赤ペンで修正する
    • ④出版社は著者修正済の第1校を基に、第2校(再校)を組む
    • ⑤著者が出版社から第2校を受け取り、再び修正する(これでおおむね完成)
    • ⑥出版社は著者修正済の第2項を基に、第3校(念校)を組む
    • ⑦著者が念校をざっとチェックする
    • ⑧出版社がデザイナーに依頼して表紙、帯を決める

    このうち①の部分に掛かる時間は、著者によってまちまちです。複数の出版社の方によると、早い人で半年、標準で1年程度だそうですが、遅い人だと数年掛かるケースもあるようです。

    私が2008年から2015年に掛けて出版した5冊の書籍は、いずれも執筆に半年から1年を費やしました。うち3冊が共著であり、執筆者が多数いたという事情もありますが、これに加えて当時は会社に勤務していて、会社の業務をこなしながらの執筆だったので、どうしても時間が掛かってしまったという経緯があります。

    ただ、独立起業してから執筆した3冊(今年3月に出版した専門書、今月刊行予定の専門書、そして昨日脱稿した入門書)は、いずれも①の部分を2ヵ月程度で執筆しました。我ながらよくやったと思います(笑)。やはり、執筆する時には思い切り集中して執筆する方が良いのかもしれません。

    いずれにせよ、①の部分さえできてしまえば、②のプロセスは1ヵ月弱、③と④は各2週間、⑤と⑥は各1週間、⑦は1日で終わります。それと並行して⑧を決定するため、執筆を開始してから実際に出版が実現するまで、私の場合は5ヵ月前後ということです。実際、今月刊行予定の専門書も、娘が誕生した日付(4月23日)あたりから書き始め、今月前半(9月15日まで)には出版され、書籍が店頭に並ぶそうですから、だいたい5ヵ月くらいです。

    ただし、昨日脱稿した入門書については、出版社としても「売れる本にしたい」という気持ちがあるようなので、一筋縄では行かない可能性もあります。個人的には何とか年内に出版したいのですが…。

    民進党、大丈夫ですかね?

    山尾騒動に見るマス・メディアのゴミっぷり

    いずれにせよ、執筆案件に忙殺されていたせいで、ここ数日はニュースを細かくチェックするだけの時間が取れませんでした。ただ、昨日は久しぶりに国内政治ネタ、海外ネタなどを中心にニュースをチェックしてみたところ、なにやら凄いことになっています。

    驚いたのは、最大野党・民進党の体たらくです。

    私自身も忘れていたのですが、民進党の村田蓮舫(むらた・れんほう、中国名「謝蓮舫」しゃ・れんほう)氏が党代表を辞任することに伴い、9月1日に民進党で代表選が行われ、前原誠司・元外相が党代表に選出されました。ところが、執行部人事が迷走しているようなのです。

    最初、前原氏は党幹事長に山尾志桜里(やまお・しおり)衆議院議員を起用する方針を打ち出しました。しかし、昨日の夕方になり、結局、山尾氏の幹事長起用を断念。大島敦衆院議員(元総務副大臣)を充てるとともに、政調会長には階猛(しな・たけし)衆院議員(元総務政務官)、国対委員長に松野頼久衆議議員(元官房副長官)、選対委員長に長妻昭衆院議員(元厚労大臣)という執行部が発足したようです。

    では、なぜ前原氏は山尾氏の幹事長起用を断念したのでしょうか?

    ためしに、いくつかのメディアの報道を調べてみたのですが、これについて触れている報道は、私が調べた限り、ほぼ皆無です。

    多難な船出 「山尾幹事長」断念、求心力なく(2017年9月5日 03時26分付 毎日新聞デジタルより)
    民進 大島幹事長ら新執行部が発足(2017年9月5日 17時49分付 NHKウェブニュースより)
    民進幹事長に大島氏…山尾氏の執行部入り見送り(2017年09月05日 18時25分付 読売オンラインより)
    前原体制は前途多難 山尾氏の起用撤回に嘆きの声も(2017/09/05 17:17付 テレ朝newsより)

    私が片っ端から調べたところ、少なくとも毎日新聞、NHK、読売新聞、テレビ朝日は、いずれも、前原代表が山尾氏の幹事長起用を断念したという事実を伝えているものの、その理由については、ほとんど触れていません。唯一、テレ朝newsが、「政治部・白川昌見記者報告」として、

    前原代表は、党の刷新感をアピールすることや若手の不満を解消するために、当選2回の山尾氏を幹事長に抜擢するはずでした。ところが、代表選で自らを応援した議員たちからの不満が噴出し、いったんは代表代行への差し替えを決断しました。しかし、さらに山尾氏本人のスキャンダルが近々、週刊誌で報道されるとの指摘が上がり、結局は何の役職にも付けないという判断に至りました。」(※下線部は引用者による加工)

    と述べているくらいであり、視聴者・読者としては、これらの報道に接しても、いま一つ、なぜ山尾氏が幹事長に起用されなかったのかが理解できません。

    実は、この「山尾騒動」、マス・メディアがいかに民進党を全力で守っているかという証拠です。というのも、山尾氏は地球6周分のガソリンや2ヵ月で1万杯ものコーヒーをがぶ飲みしていたことで知られているからです。

    少しインターネットで検索する癖が付いていれば、山尾氏といえば、この「政治資金収支報告書不正問題」に関して、説明から逃げ回っていることくらい、すぐにわかります。ちなみにツイッターでも、『#ガソリーヌ』のハッシュタグで、今日も話題が大いに盛り上がっています。

    なお、テレ朝が報じた「山尾氏のスキャンダル」とは、ある週刊誌に浮気がすっぱ抜かれるという話らしいのですが(※個人的にはもう心の底から興味がありませんが)、彼女には『ガソリーヌ』をもじって『#ウワキーヌ』というハッシュタグが生成されていますし、さらに彼女の名言『保育園落ちたの私だ日本死ね』をもじって、『幹事長落ちたの私だ民進党死ね』なる表現も流行する兆しを見せているようです。

    マス「ゴミ」が全力で守るクソ政党だが…

    民進党と、その前身政党である民主党には、どうも、「PDCAサイクル」という、普通の組織ならば通常は行っているであろう改善プロセスが見えて来ません。

    この「PDCA」とは、

    1. 計画する(PLAN)
    2. 実行する(DO)
    3. 見直す(CHECK)
    4. 改善する(ACT)

    という、4つの流れで、業務を少しずつ、継続的に改善していくサイクルのことです。

    もちろん、経営学の進歩もあり、PDCAサイクルは業務改善として古いのではないかとの説も出ていますが、それでも、厳しい競争に晒されている企業であれば、どこでもある程度は「業務改善」を行っているはずです。

    しかし、民主党・民進党には一貫した特徴があります。それは、「努力をしない」、という点です。従って、PDCAサイクルとも無縁なのかもしれません。

    なぜ民進党からPDCAサイクルが見えてこないのかといえば、マス・メディアが民進党にとっての致命的な話題を全力でスルーして、全力で民進党を守っているからです。

    先ほどの山尾志桜里氏のケースでも、NHKや毎日新聞はもちろん、「右派」と呼ばれている読売新聞でさえ、「地球6周分のガソリン代」事件について一切触れていません。いまや若い人たちはインターネットを日常的に使っていて、ツイッターやまとめサイトを少しでも見ている人であれば、誰しも「ガソリーヌ」という単語を知っているにも関わらず、です。

    ただ、この「PDCAサイクルを知らない」という点では、マス・メディアも五十歩百歩なのかもしれません。

    思うに、日本国民は2009年8月に発生した政権交代という「悲劇」を、いまでもしっかりと覚えているのではないでしょうか?菅直人政権下で発生した東日本大震災という未曽有の大災害と、それに対する民主党の政治家どもの徹底的な無能ぶりを見せつけられれば、「政治なんて誰がやっても同じだよ」などという無責任な発言が姿を消したのも当然過ぎる話なのかもしれません。

    この際、PDCAという難しい言葉は必要ありません。民進党が崩壊を回避し、党を再生するために必要なことは、ただ1点しかありません。それは、

    2009年からの3年3ヵ月の民主党政権について、徹底的に総括し、反省すること

    です。これができない限りは、民進党はマス「ゴミ」ことマス・メディアとともに自壊に向けてまっしぐら、なのです。

    やはりNBOの読者コメントが面白い!

    こうした中、既存メディア・グループの中で、私が一番注目しているのが、日経ビジネスオンライン(NBO)です。

    NBOは鈴置高史編集委員の手になる超人気シリーズ『早読み深読み朝鮮半島』シリーズが有名であり、私は仮にNBOが有料化したとしても、このシリーズを読むためだけに日経ビジネスにカネを払っても良いと思っているくらいです。

    ただ、NBOが素晴らしいのは、その点だけではありません。大手メディア系のウェブサイトには珍しく、不完全ながらも読者コメントの機能が付いているのです。このため、大したことのない記事であっても、読者の反応を読むためだけに閲覧する価値があります。

    ここで、日経ビジネス編集委員の安藤毅氏が執筆した、次の記事を紹介しておきましょう。

    崖っぷちの民進党、「前原新代表」に早くも暗雲(2017/09/05付 NBOより)

    といっても、リンク先の記事自体を紹介することはしません(ついでに評論もしません)。それよりも紹介する価値があるのは、この記事に付いた、読者コメントなのです。

    昨日の夜8時時点で、この記事には30件近いコメントが付いていますが、読者コメントを読めば、既存のマス・メディアが一切報じていないにも関わらず、皆さん、「地球6周分のガソリン」ネタにはずいぶんとお詳しいようであり、30件近い書き込みの中で、「ガソリン」という単語を書き込んだ人は4人います。たとえば、

    未だ、ガソリンプリカの件で何も説明責任を果たしていない山尾氏を幹事長に起用しようとするセンスに呆れる。本来なら責任を取った上、暫く干して大人しくさせるべき者を起用しようだとか、深刻な人材不足である。

    といった書き込みを読むと、マス・メディアが全力で隠そうとしても、読者・視聴者の側は、「バカにするな!」とばかりに、ますます炎上しているように見受けられるのです。

    それだけではありません。読者コメントは、下手な新聞記事を読むよりも遥かに示唆に富んでいることがあります。たとえば、

    蓮舫氏の国籍問題もまだうやむやだ。それでいてまたまた信用ならない山尾志桜里氏をイメージ戦略で出してみたがボツ。前原新代表の経済政策もこれまた滅茶滅茶。どうこの政党はどうしようもない。

    民進党の問題は、前原氏が代表になったからとか、枝野氏が代表になっていたらというような問題ではありません。/民進党は、あれだけの惨憺たる政権であった民主党政権の総括を全くせずに、自民党をいくら批判したところで、全くのたわごとでしかありません。/自民党の議員も酷い人は多々いますが、民進党の議員は「国会議員」未満、更に言えば、「正常人」未満の人が多い印象を受けます。早く、消滅して欲しい政党です。それに尽きます。

    といった書き込みには、思わず深く共感してしまいます(※ただし、私は個人的には「ゴキブリの巣理論」に基づき、あまりにも早く民進党が瓦解し過ぎない方が良いと考えていますが…)。

    こうした中、私が全力で共感し、また笑ったのは、次のコメントです。

    さっそく山尾志桜里氏の幹事長起用からして躓いてますね/右へ行けば自民党との違いが出せない、左へいけば没落する/もし目があるとしたら/自民党がどうしても唱えれない政策、消費税全廃とか/安全保障のための核武装とか唱えるしかないんじゃないですか

    なるほど!どうせ国民から見捨てられるのであれば、破れかぶれでトンデモナイ政策を打ち出せば良い、ということですね。参考になります。

    混乱から読み取る2の含意

    存在意義のない政党

    私のような「ジャーナリストではない、ビジネス系の評論家」にとってみれば、今回の民進党の役員人事を巡る迷走には、2つの意味があると考えています。

    1つ目は、民進党そのものが、いかに組織の体を成していないか、そして、いかに有権者をバカにした組織であるか、という点です。私は自民党が100%正しいとは思いませんし、むしろ、自民党にもおかしな議員は沢山います。そして、自民党が万年与党になれば、再び腐敗し、安倍政権の退陣後には、国益よりも個々の議員の利益を追求する金権政治に逆戻りするリスクも、十分にあると考えています。

    その意味で、健全な野党こそが必要なのですが、残念ながら民進党は「不健全でどうしようもなく腐敗した野党」です。健全さでは、自民党の方が遥かに上回っています。

    自民党は野党時代の2009年から2012年に掛けて、党を挙げて衆議院議員選挙の敗戦を徹底的に反省し、また、大型の国政選挙・地方選でしっかりと議席を守りました。自民党が大規模な分裂を起こさなかったことには、当時の谷垣禎一総裁の功績も大きいと言えます。

    そして、おそらく安倍晋三総理大臣自身も、2007年の第1次安倍政権崩壊後、自民党が野党時代だった期間を含め、徹底的に反省し、そして、勉強したのでしょう。そのことが、安倍総理自身の国会答弁にも、如実に示されています。

    翻って、現在の民進党の議員らから、政策や国政の課題などについて、まともに勉強した形跡をうかがい知ることはできません(もちろん、きちんと勉強している議員も中にはいるかもしれませんが…)。私は最近、もはや民進党に所属する議員が丸ごと落選するくらいで丁度良いのではないかとすら思えてしまうのです。

    インターネットが民度を高めている!

    しかし、私が読み取る含意には、もう1つあります。そして、そちらの方が、より重要な含意です。それは、インターネットは、日本国民の民度を間違いなく高めている、という事実です。

    先ほど私はNBOの読者コメントをいくつか紹介しましたが、どのコメントも、下手な新聞の論説委員の意見よりも、テレビのコメンテーターよりも、はるかに気が利いていて、しかも民進党の本質的な問題点を、鋭くえぐり取っています。

    当ウェブサイトにも、最近、非常に多くの方々からコメントを頂くのですが、どの意見も非常にシャープです。もちろん、中には変な煽りコメントもないではありませんが、圧倒的多数のコメントは、有益であり、建設的であり、そして読む価値があるコメントです。

    NBOや私のウェブサイトでもそうなのですから、世の中の圧倒的多数の人々が考えている内容は、もはや新聞、テレビといった旧態依然としたマス・メディアの範囲を遥かに超えています。

    マス・メディアの力は今でも強く、テレビ局が結託すれば、今年6月から7月に発生したように、安倍政権に対する支持率を瞬間風速的に急落させることができます。安倍総理が改憲を打ち出した以上、マス・メディアはこれからも、第2・第3の「もり・かけ問題」による政権攻撃を仕掛けてくることは間違いありません。

    しかし、それもじつは風前の灯です。ロウソクは消える前に炎が一層大きくなると言われていますが、今年の「もり・かけ騒動」は、もしかしたらマス「ゴミ」にとっての「最後の炎」だったのかもしれません。あるいは、どんなに強い岩盤規制であっても、インターネットという「津波」の前には無力です。

    私は民進党の執行部人事の混乱から、そのことを強く痛感したのです。

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、シェアして下さい。

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/02/24 10:30 【時事
    【夕刊】理解に苦しむ「過去最大級の制裁」
  • 2018/02/24 00:00 【経済全般
    改めて考える「お金との付き合い方」 (5コメント)
  • 2018/02/23 10:00 【時事
    【夕刊】日韓は「特別な関係」から「普通の関係」へ (2コメント)
  • 2018/02/23 00:00 【外交
    犯罪者・金正恩の逮捕状を請求せよ! (6コメント)
  • 2018/02/22 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】見えてきた韓国への「制裁」 (2コメント)
  • 2018/02/22 00:00 【金融
    借金と通貨危機を考える(前編) (5コメント)
  • 2018/02/21 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】目に余る北朝鮮の悪行 (5コメント)
  • 2018/02/21 00:00 【マスメディア論
    腐敗したテレビ局の将来 (4コメント)
  • 2018/02/20 16:45 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】たかが100億フランに韓国が「狂喜乱舞」する理由 (5コメント)
  • 2018/02/20 00:00 【政治
    ポルトガルのレストラン「大阪(おさか)」 (18コメント)
  • 2018/02/19 16:00 【時事|金融
    【夕刊】本当のガンは財務省の増税原理主義 (7コメント)
  • 2018/02/19 00:00 【韓国崩壊
    破滅に向かう文在寅政権を止める動きは出るのか? (4コメント)
  • 2018/02/18 10:30 【時事
    【夕刊】若者が活躍する日本と滅亡に向かう韓国 (5コメント)
  • 2018/02/18 00:00 【金融
    インドネシア「赤い糸」理論のナンセンス (16コメント)
  • 2018/02/17 15:45 【マスメディア論|時事
    【夕刊】ついに一線を越えた朝日新聞社説 (10コメント)
  • 2018/02/17 00:00 【マスメディア論
    温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題 (11コメント)
  • 2018/02/16 15:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】セカンダリー制裁で韓国経済破綻? (4コメント)
  • 2018/02/16 00:00 【韓国崩壊
    理解に苦しむ韓国の「運転席」理論 (10コメント)
  • 2018/02/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国への金融制裁は可能か (4コメント)
  • 2018/02/15 00:00 【外交
    改めて北方領土問題を整理する (11コメント)
  • 2018/02/14 10:10 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】ま~た始まった!慰安婦合意蒸し返し (9コメント)
  • 2018/02/14 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論空間に関する雑感 (5コメント)
  • 2018/02/13 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】安倍訪韓巡る「力不足の力作」 (10コメント)
  • 2018/02/13 00:00 【マスメディア論
    報道の自由と倒産の自由 (3コメント)
  • 2018/02/12 17:15 【時事
    【夕刊】安倍総理の訪韓は成功?失敗? (8コメント)
  • 2018/02/12 00:00 【韓国崩壊
    米韓同盟の終了が見えた (24コメント)
  • 2018/02/11 16:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の分党・合流報道に心から呆れる (3コメント)
  • 2018/02/11 00:00 【日韓スワップ|金融
    スイスは韓国の通貨危機を望んでいるのか? (8コメント)
  • 2018/02/10 11:00 【時事
    【速報】米韓同盟を破壊した文在寅 (8コメント)
  • 2018/02/10 00:00 【時事
    (事前投稿)朝鮮半島情勢の最新報道を予想する (3コメント)
  • 2018/02/09 11:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:「日本の目標メダル数」 (2コメント)
  • 2018/02/09 00:00 【韓国崩壊
    平昌直前:「6つのシナリオ」アップデート (5コメント)
  • 2018/02/08 16:15 【時事
    【夕刊】浮き足立つ韓国 (3コメント)
  • 2018/02/08 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪は米韓同盟破棄のきっかけなのか? (3コメント)
  • 2018/02/07 12:30 【時事
    【夕刊】「敗戦」を認めない沖縄タイムスの醜悪さ (7コメント)
  • 2018/02/07 00:00 【経済全般|金融
    リスキーな米国の経済運営 (6コメント)
  • 2018/02/06 11:00 【時事|金融
    【夕刊】暗号通貨窃盗事件続報と犯罪国家・北朝鮮 (5コメント)
  • 2018/02/06 00:00 【国内政治
    民進党?まだあったんですか! (6コメント)
  • 2018/02/05 11:15 【時事|国内政治
    【時論】名護市長選・沖縄タイムスの現実逃避 (5コメント)
  • 2018/02/05 00:00 【マスメディア論
    「読者の反応」に希望を感じる時代 (3コメント)
  • 2018/02/04 09:50 【政治
    【速報】安倍総理が訪韓目的を隠さなくなった? (8コメント)
  • 2018/02/04 00:00 【韓国崩壊
    見え透いたウソをつく韓国政府に呆れる米国 (3コメント)
  • 2018/02/03 13:00 【時事
    【夕刊】不完全な「海外安全情報」 (11コメント)
  • 2018/02/03 00:00 【韓国崩壊
    日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ (9コメント)
  • 2018/02/02 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ (3コメント)
  • 2018/02/02 00:00 【金融
    暗号通貨と新たな金融の可能性 (4コメント)
  • 2018/02/01 13:10 【過去ブログ
    【過去ネタ再録】悪魔を浄化する君が代 (2コメント)
  • 2018/02/01 00:00 【韓国崩壊
    今月のキーワード:「さよなら韓国」と「前後関係」 (3コメント)
  • 2018/01/31 11:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】アメリカ合衆国との関係を終わらせつつある韓国 (7コメント)
  • 2018/01/31 00:00 【雑感オピニオン
    超高給取りのNHK職員は「正当な努力」をしているのか? (3コメント)
  • 2018/01/30 11:00 【時事
    【夕刊】悪意に満ちた中央日報が日本を良くする (3コメント)
  • 2018/01/30 00:00 【国内政治|外交
    改憲後も日米安保を保持すべきだ (8コメント)
  • 2018/01/29 13:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国は名実ともに敵対国になる? (4コメント)
  • 2018/01/29 00:00 【金融
    ソフト・カレンシー建て債券の危険性 (2コメント)
  • 2018/01/28 12:00 【時事|金融
    【夕刊】580億円窃盗事件:暗号通貨を金商法の対象にせよ (2コメント)
  • 2018/01/28 00:00 【政治
    「人間の盾」構想と試される日本人 (3コメント)
  • 2018/01/27 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】しょせんは党名ロンダリング (2コメント)
  • 2018/01/27 00:00 【マスメディア論
    新聞業界が生き残る方法 (8コメント)
  • 2018/01/26 11:00 【時事
    【夕刊】「安倍訪韓」に関する分析の現時点のマトメ (6コメント)
  • 2018/01/26 00:00 【国内政治
    痛感する、安倍総理の説明責任の欠如 (9コメント)
  • 2018/01/25 08:30 【韓国崩壊|過去ブログ
    過去ブログ再録:「韓国と国際社会」 (1コメント)
  • 2018/01/25 00:00 【韓国崩壊
    平昌五輪:安倍総理は政治利用されるのか? (5コメント)
  • 2018/01/24 08:55 【時事
    【速報】安倍総理の平昌参加を支持しない (16コメント)
  • 2018/01/24 00:00 【政治
    2017年の日韓観光統計を読む(前編) (1コメント)
  • 2018/01/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    【緊急提言】韓国大使の「ペルソナ・ノン・グラータ」を議論する (3コメント)
  • 2018/01/23 00:00 【国内政治|外交
    【速報】施政方針演説から外交を読む (1コメント)
  • 2018/01/22 12:00 【時事
    【夕刊】平昌五輪:韓国は国際社会への加害者だ (3コメント)
  • 2018/01/22 00:00 【金融
    産業構造の変化に対応する業界、しない業界 (2コメント)
  • 2018/01/21 12:00 【時事
    【夕刊】金正恩の刑事告訴を支持する (2コメント)
  • 2018/01/21 00:00 【マスメディア論
    ビジネスマンと政治経済評論 (5コメント)
  • 2018/01/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「主要国が韓国抜きで協議」報道の真偽 (2コメント)
  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か? (1コメント)
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (6コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。