中国で学生らが習近平と共産党に「退陣しろ」と要求か

中国各地の抗議デモを巡って、ジャーナリストの近藤大介氏がウェブ評論サイト『JBプレス』に本日付で「共産党よ、退陣せよ」などと題した記事を寄稿しています。ずいぶんと強烈なシュプレヒコールです。近藤氏は「中国が天安門事件の悲劇を繰り返さないことを祈るばかりだ」と指摘していますが、やはり気がかりなのは、習近平体制の「暴発リスク」でしょう。

どうも中国各地でかなり「きな臭い」動きが生じているらしい――。

現在、中国各地で「ゼロコロナ政策」に対する抗議デモが反政府デモに転化しているケースもあるらしい、とする話題については、『中国各地でコロナ抗議デモ:「反政府デモ」に転化へ?』でも取り上げたとおりです。

これについて、ジャーナリストで講談社『週刊現代』特別編集委員などを務める近藤大介氏が、ウェブ評論サイト『JBプレス』に本日、こんな記事を寄稿しています。

「共産党よ、退陣せよ」中国ゼロコロナ政策への抗議活動、天安門事件の再来か/東アジア「深層取材ノート」(第165回)

―――2022.11.29付 JBプレスより

記事タイトルにもある「共産党よ、退陣せよ」とは、ずいぶんと強烈なシュプレヒコールです。

近藤氏の記事は、第20回中国共産党大会が開幕する3日前の10月13日午前、北京市で1人の男性がこんな横断幕を掲げたというエピソードから始まります。

罷課罷工 罷免独裁国賊習近平(学校も仕事もボイコットし 独裁国賊の習近平を罷免しよう)」。

この男性は公安当局によって即刻連行されたのですが、あれから1ヵ月半が経過し、今度は11月24日に新疆ウイグル自治区のウルムチで発生したマンション火災で10人の死者と多くの負傷者が生じたことで、学生を中心にこんな声が出てきたというのです。

習近平下台! 共産党下台!(習近平は退陣しろ! 共産党は退陣しろ!)

ちなみに近藤氏の記事を読むと、現在、カタールで行われているサッカーW杯を巡っても、中国では観客席にボカシが入った状態で放送されている、といった状況が取り上げられているのですが、その理由も強烈です。

ウルムチの火災とともに、ワールドカップの映像もきっかけになったと、中国人たちは証言する。『世界の誰もマスクなんかせずにワールドカップを楽しんでいるのに、わが国のゼロコロナ政策は狂っている』――中国の若者たちは、半ば試合そっちのけで怒りにかられたのだ」。

その結果が「W杯の観客席のボカシ」、「試合が行われているグラウンド以外の映像の排除」、というわけですが、近藤氏はこれについても次のように指摘しています。

その結果、実におかしな映像になり、中国のSNS上では、この措置を皮肉る書き込みが拡散している」。

そのうえで近藤氏は、「中国が天安門事件の悲劇を繰り返さないことを祈るばかりだ」と記事を結んでいるのですが、このあたり、現在の中国における抗議活動がそのまま「第二天安門事件」に発展するのかどうかはよくわかりません。

ただ、一般論として申し上げるならば、中国共産党や習近平(しゅう・きんぺい)国家主席にとっての政権の「正統性」とは、結局のところ、「中国を豊かな国にした」という実績にあるのであり、経済成長が減速し、ゼロコロナ政策で人々の不満の爆発が抑えきれなくなると、状況はまた変わってくるかもしれません。

個人的に現在、最も懸念しているのは、習近平体制が国内の不満を外に逸らすための措置として、尖閣諸島や台湾海峡で無茶な行動を仕掛けてくることにあります。

その意味では、現在の習近平体制の暴発リスクは大きなリスクでしょう。

国際情勢が緊迫の度合いを深めているにも関わらず、政権の揚げ足取り、「(旧)統一教会」問題に現を抜かす特定野党やオールドメディアを見ているとウンザリしますし、果たして日本の岸田文雄政権が、こうした事態に対処することができるのかについても気になるところです。

読者コメント一覧

  1. はにわファクトリー より:

    総加速師と陰で呼ばれているらしいですね。いえ中国のかたのほうです。

  2. 迷王星 より:

    北京殿すなわちチャイナ共産党におかれましては,貴党の権威を揺るがそうとする不埒な若者達に対して彼我の力の差を改めて深く認識させるためにも,是非とも天安門Ⅱを断行して頂きたいものです.

    前回の天安門1989(天安門Ⅰ)では,世界中から貴党への批判が高まっていた時に,その世界的緊張感の高まりを貴党のピンチと錯覚した浅薄極まりない宮澤某などというボンクラ首相が北京殿の御意向を勝手かつ誤って忖度して我らが天皇陛下に訪中して頂くという暴挙を為した結果,世界中からの対中批判や対中警戒心も尻すぼみになってしまい,一触即発の緊張感を或る種の嗜みとなさっておられる北京殿におかれましてはいささか拍子抜けし失望されたことと存じます.

    現在の我が日本も宮澤某に勝るとも劣らぬボンクラ岸田某が首相で外相には更に輪をかけてボンクラな林某というトンデモ布陣なので,彼らを現状の首相・外相のまま放置しておけば浅薄な忖度を再び為してしまい,天安門Ⅱで貴党が生み出そうとしている世界的緊張感を台無しにしてしまう暴挙を為す危険性が高いのは確かです.

    しかしながら,今回は92年には未だ広く普及していなかったネット情報網を活用して首相・外相らが北京殿の御意向を間違って忖度してしまう粗相をしないよう,我ら日本国民一同,彼らを監視し必要ならば内閣支持率激減という倒閣国民運動へと展開致しますので,安心して天安門2020を断行なさり,跳ねっかえりの若者共に対してアジア大陸においては民主制や自由主義などは絶対に許さんという北京殿の御意志を厳しく叩き込んで頂きたいと切に願っております.

  3. 匿名 より:

    秦の終わり頃のようだ…
    歴史は繰り返すのか!?

  4. 元ジェネラリスト より:

    ちょっと気になりますよね。近藤氏が述べるように最後は押さえ込んでしまう気がしますが。
    別記事でも書きましたけど、中国はゼロコロナを回避するためにあらゆる手を尽くしたかというとそうでもないんですよね。mRNAワクチンの承認の動きにストップをかけたり。
    メンツで自分たちの首を絞めたんだと思います。

    中国のコロナが収束するときは来るんでしょうかね。

    1. より:

      なに、簡単ですよ。中国共産党がコロナは収束したと宣言するだけで良いのです。
      宣言以降に発生した罹患者は原因不明の奇病、もしくは西側による破壊工作の犠牲者とでも
      言っておけば問題ありません。

      1. 元ジェネラリスト より:

        今までそうやって「抑えて」来たんでしょうけど、とうとう隠しきれなくなって今の感染再拡大だとは思うんですが、うーん。
        おっしゃりたいことには共感するところ大です。

  5. 普通の日本人 より:

    天安門は繰り返す。
    中華の歴史は皇帝の歴史。
    皇帝(中国共産党)に逆らえば粛正されます。
    ロシアと同じ。
    粛正が始まったら西側(自由民主主義国家)が手を差し伸べられるでしょうか?

    1. 迷王星 より:

      >粛正が始まったら西側(自由民主主義国家)が手を差し伸べられるでしょうか?

      さあどうでしょうね.
      時代遅れの帝国主義と毛沢東への先祖返りを目標とする習近平が党総書記は2期までという不文律を破って北京殿において絶対権力を握っている現実を見て,能天気なNATO・EU諸国どもも「チャイナは豊かになろうと民主制や自由主義は無理なのかも?」という疑念が沸いているのは確実ですから,天安門パートⅡをやってくれれば,少なくともNATO・EU諸国も今度は完全に共産チャイナを諦めてくれると思いますよ.

      それにしても地理的な関係から仕方ないとはいえ,チャイナとロシアの両方に隣接するという地政学的にはこの世の不幸を一身に背負っていると言っても過言ではない(しかも朝鮮という超の付くお荷物まで背負ってしまった)日本に生まれ育ち生きていずれは死ぬであろう一国民として不思議なのは,NATO・EU諸国があれほどロシアに対しては(プーチンの登場以前から)警戒を緩めようとしなかったのに対して,共産チャイナにはユルユルで大事な技術を好き放題に提供しちゃって共産チャイナの国力(端的にはGDPの規模)の急激アップを競って助けたことです.

      まあトヨタを始めとして日本を代表する一流大企業がこぞって大陸進出して(新幹線も含め)技術をタダ同然で盗まれ続けている日本も,共産チャイナという怪物を育て上げ巨大化させた件に関しては罪なしとは到底言えませんが.

      という訳で,ストップ共産チャイナをこれからの世界の合言葉にするためにも天安門Ⅱを是非とも開催して欲しいと一日本国民としては願うのですよ.そのイベントで戦車の下敷きになる方々には申し訳ないが.

      1. ken より:

        帝国主義・独裁主義は、決して時代遅れでは無いと思いますね。中国などはIT技術を駆使した最先端の帝国主義国ではないでしょうか。民主主義が先進のものであり、ゆくゆくはすべての国が民主国家になるなどとは幻影でしかなく、民主国家の形を取りながら独裁へと変容した国の多すぎること。ケモノの一種たる人間が民主主義を形作れるのは、この世のホンの一握りの世界だけではないでしょうか。

        1. 迷王星 より:

          まあそのように考えるのが正解ということでしょうね.人間には性悪説を適用して考えるのが正しいと私は考えています.

          上で私が述べたのは能天気な欧米人の視点からです.

          欧米人は過去に自分達がやった罪(そしてその全人類規模の犯罪によって蓄積した富を使って自由や民主や平等といった人道的な「理想」を現実化していること)を忘れて,私が述べたように帝国主義や独裁主義は時代遅れで野蛮だと考えていると私は推測していますが.

          1. ken より:

            歴史を遡れば、欧米もイスラムもモンゴルはじめアジアも、筆舌に尽くしがたい残虐行為の積み重ねのように思います。歴史としてキチンと記録にすることは非常に大切なことでもあり、どこかの時点で割り切ることも大切と思います。注意しなければならないのは自身の後ろめたさを誤魔化すために他者や他国を誹謗中傷する事のなんと多いことか。その流れを利用する左巻き組織の多さ。
            男女平等から始まり、普通選挙。今は多様な性でしょうか。数千年間の人類が積み上げた数々のタブーを壊すのが正しく最新のような風潮を苦々しく思うのは、年寄りの醜穢でしょうか。

  6. たか より:

    >習近平体制が国内の不満を外に逸らすための措置として、尖閣諸島や台湾海峡で無茶な行動を仕掛けてくる

    古い話ですが、1982年のアルゼンチン-イギリスのフォークランド戦争は、当時の不人気だったアルゼンチンの軍事政権がまさに国民の人気取りのために仕掛けたといわれておりますね。当時のサッチャー英政権は一歩も引かず、アルゼンチンの侵略を退けましたが。今の日米政権にあのような毅然とした対応がとれるかどうか。

  7. 農家の三男坊 より:

    この混乱で大変な目にあうだろう大陸中国の方々には申し訳ないが、共産党崩壊、中国分裂に進んでくれるとロシア分裂と併せて日本としては非常に望ましい。

    岸田さんには、防衛力強化・経済保護・難民対策だけでなく核廃絶に向けた千載一遇のチャンスと捉えて、中ロから核を取り上げる方策を進めて欲しいものだ。(可能性は非常に低いけど。)

  8. だいごろう より:

    上海から始まっている辺り、上海閥(江沢民派)が黒幕の可能性もあるのでしょうか。

    1. だいごろう より:

      と言った矢先に江沢民さん亡くなりましたね。
      元々ご高齢なので自然現象だとは思いますが。

      https://news.yahoo.co.jp/pickup/6446284

      デモの方について少しばかり考察を追記します。
      中国人は「上に政策有れば下に対策有り」というくらい面従腹背が庶民の知恵だと認識していますが、戦車&行方不明&再教育リスクを冒してまでデモを敢行し、あまつさえ時の皇帝の退陣を迫ると言うのはよっぽどのケツ持ちが付いている可能性が高いように思います。
      中国人が言うところの「面子が大きい」という奴です。
      今回はどんな面子が後ろに並んでいるのか、大変興味深く見ています。

      https://business.nikkei.com/atcl/opinion/16/041100064/103100011/

  9. sqsq より:

    ワールドカップ、中国でも放映されているけど観客席を写すのはNGだそうです。
    みんなマスクせずに大声上げてるから。
    中国人の反応は「なんで俺たちだけ?」といことなんだろう

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です