国葬儀欠席の共産党は日本社会にとって「異質な存在」

日本共産党が安倍晋三総理の国葬儀を欠席するのだそうです。日本が自由・民主主義社会である以上、「ご自由にどうぞ」、としか言いようがありません。ただ、日本共産党という組織自体、やはり日本社会においては異質であると言わざるを得ません。志位和夫氏は20年以上も委員長として君臨し続けているからです。日本共産党において民主的な党委員長選挙が行われたと報じられたこともありませんし、志位氏自身が選挙の敗北の責任を取るという話もないからです。

日本共産党が国葬儀への出席を見合わせ

9月27日に予定されている故・安倍晋三総理の国葬儀に関し、産経ニュースなどは昨日、日本共産党の小池昭書記局長が29日の会見で「国葬への出席を見合わせる」と述べたとする話題を報じています。

共産は国葬欠席へ「今の形では出席できない」

―――2022/8/29 17:40付 産経ニュースより

べつに、構わないのではないでしょうか。

安倍総理の国葬儀はあくまでも国の儀式のひとつに過ぎず、また、日本国憲法においても思想・良心の自由は保障されている(同第19条)以上、日本共産党という組織が安倍総理の国葬儀を欠席するとの決定を行ったとしても、それはその組織の自由です。

それに、少し厳しい言い方ですが、この国葬儀に対するスタンスは、そのまま日本国民に対するメッセージともなり得ます。日本共産党は安倍総理の国葬儀には一貫して反対の立場を示しており、志位和夫委員長自身が7月15日付でこんな声明を出しているほどです。

安倍元首相礼賛の「国葬」の実施に反対する

―――2022/07/15付 日本共産党HPより

志位氏は安倍総理が「無法な銃撃で殺害されたことに対して深い哀悼の気持ちを述べ、暴挙への厳しい球団を表明してきた」、「政治的立場を異にしていても、ともに国政に携わってきたものとして、亡くなった方に対しては礼儀を尽くす」、などと前置きをしたうえで、次のように述べているのです。

それは安倍元首相に対する政治的評価、政治的批判とは全く別の問題である。日本共産党は、安倍元首相の在任時に、その内政・外交政策の全般、その政治姿勢に対して、厳しい批判的立場を貫いてきたし、その立場は今でも変わらない」。

日本は民主主義国ですから…

このあたり、いかなるスタンスを取ったとしても、それは政治団体としての日本共産党の自由であり、私たち部外者がどうのこうのいうべき問題でもありません。

ただし、少しだけ疑問を述べさせていただくならば、ある立場の者が「批判的立場を貫いている」からといって、国葬儀を実施してはならない、という話自体、自由・民主主義国家としては非常に不自然な発想です。

日本は自由・民主主義国家ですので、当然、安倍総理を含めた権力者・元権力者に対しても、その人格を含め、広範囲な批判の自由が認められています。

また、自民党は2012年12月以降の大型国政選挙で連続して勝利してきたことは事実でしょうが、日本共産党を筆頭に、自民党と立場を異にする政党も国会で議席を得てきたわけですから、日本の有権者の間で自民党が100%支持されているわけではないことは明らかでしょう。

民主主義国においては、政権や与党はときとして反対論や異論を押し切ってでも政策や法改正を実現するものですし、当ウェブサイトも批判的なスタンスを取っている消費税等の増税にしても同様に、あまたの反対論を押し切って実現したものでもあります。

くどいようですが、批判するのも反対するのも自由ですし、国葬儀への参加を見送るのも自由です。

しかし、かりにここが日本ではなく中国や北朝鮮などの独裁国家だったとしたら、国家が決めた葬儀・儀典などに「参加しない」ことが何を意味するかについても考察していただきたいところです。

さらには、安倍晋三総理自身が連続在任日数で2822日、通算在任日数で3188日も内閣総理大臣として在任し、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)を含めたさまざまな概念を提唱して来たという人物であることを踏まえると、政権が国葬儀を行うと判断したことにはそれなりの合理性があります。

(※もちろん、その決定が正しいかどうかについては、私たち湯権者が次回の選挙で判断することになるのですが…。)

志位氏に安倍総理の8年8ヵ月を批判する資格はあるのか

ちなみに先ほども紹介した志位氏の声明文の末尾には、こんな記述があります。

安倍元首相が8年8カ月にわたる在任中に果たした役割については、事実と道理にもとづき、冷静な評価が行われるべきであることを、とくに強調したい」。

この記述には、なかなか感銘を受けます。志位和夫氏自身が2000年11月24日以降、かれこれ20年以上にもわたって日本共産党の委員長として在任し続けているという事実を踏まえると、日本共産党に安倍総理を舌鋒鋭く批判する資格があるのかという点については、疑問です。

安倍総理は選挙(衆参両院選や自民党総裁選など)を何度も制するなど、あくまでも民主的手段によって指導者となった人物ですが、これに対し、日本共産党の党委員長が一般党員の選挙によってえらばれた、などとする報道は見当たりません。

あくまでも「党大会で委員長に選ばれた」という位置づけですが、その選挙の仕組みは不透明そのものです。さらには、日本共産党は昨年の衆院選や今年の参院選で議席を減らしていますが、志位委員長の責任論が出てきたという話もありません。

このあたり、旧ソ連などでは権力者が権力にしがみついていた、とする話題を思い出しますし、また、中国のように最高権力者である習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が自身の思想を憲法に書き込んだ、とうい事例も思い出します。

やはり、日本共産党は自由・民主主義社会である私たちの国・日本においては明らかに異質な存在であるということは間違いないでしょう。

読者コメント一覧

  1. 元ジェネラリスト より:

    「国葬儀に出てやんない!」

    ネット上では「どうぞどうぞ!」状態でした。
    立憲・泉氏が続くかどうか見てます。新幹部の勢いを見てると、とても出席できそうにないですけど。(笑)

    維新も国民も出るでしょうね。他の泡沫政党はしらんけど。

  2. 通りすがり より:

    人様の不幸に対して素直に喪に服する度量もない輩が来なくていいでしょ。
    世界中から要人が集まる席に、公安監視対象の反社会的組織の連中を同席させるわけにもいかないし。

    せいぜい国技館の外で意味不明なシュプレヒコールでもあげてるのがお似合いだ。
    それも立派な迷惑行為だけどねw

    脱糞民主党と社民党も来なくてよろしい。
    福島みずぽ辺りは薔薇の花束でも持って現れそうだが。

  3. 村人B より:

    日本の足をひっぱる事を目的とした某政党よりかは迷惑度としては低いので、是非不参加でお願いしたい。
    どちらにせよ、最低と最悪の団栗の背比べな政党同士としか見えませんし、そのうち合併しそうな気もしますが。

    費用面でまたなにやら騒いでいるようなので、自民党主催でクラウドファウンディングでもしてくれれば、数億どころか数十億集まりそうなもんですが。

    1. 甲茶が飲みたい より:

      既に産経新聞が特別紙面のクラファンをやって4000万円あつめていますね。
      1口5千円で8千口の募集が完売なのでそれ以上に集まるポテンシャルがありそうです。

      https://sankei.en-jine.com/projects/abeshinzo

      1. 村人B より:

        この動きは知りませんでした。
        募集はもう終了しているようなので、9月27日の産経朝刊を購入して保管する事にします。

  4. sqsq より:

    尻の穴のちいせえ奴らだ。

  5. nanashi より:

    日本共産党といえば、竹本哲児氏のKSL-Live!にこんな記事がありました。

    日本共産党市議「安倍さんは自民党と協会の統一葬で送ろう!」政治が旧統一教会に関与することを推奨してしまう
    https://ksl-live.com/blog54068

    特定野党の議員は本当に品位の欠片もありませんね。

  6. 世相マンボウ_ より:

    共産党さんの主張というのは
    いつもその主張から
    正義騙りと多数派騙りと無理筋誹謗を除くと
    だだのもっとクレクレ主張でしかないと気づけるものです。

    もちろん世界のどの国でも
    不満鬱憤層というのははあるものですが
    貧富の差が激しい他国においては
    スラム街の主張だったりの位置づけです。
    どころが、
    世界が羨む社会保障制度を実現している
    平等な日本では、あたかもふつうにまじめな
    国民層の顔をしてしまってあつかましく
    主張しているというのが困ったものです。

    ただ、そんな共産党さんの主張も
    地域社会でどんな人が言ってるかと
    みんな知っているので(笑) いくら
    声高に頑張って異様な主張をしても
    選挙結果で明らかな多数派国民良識層を
    騙すには至れていないのが現実です。

    この地球上には
    真面目に生きようと努力しても
    日々のパンにも困る人達が多くいる中で
    その人達より、努力で能力で心根で劣る人たちが
    日本の社会保障制度の恩恵を受けながら
    それに感謝もせずに赤い旗のもとで騒いでいる姿は、
    人というものの究極のみっともない姿と感じます。

    ご自身の思い上がりのようには
    当たり前に世間では認めてもらえない鬱憤を
    煽り立てられて騒いでみても
    そんなの安倍総理一人のせいでは
    当たり前になく、赤い旗のもとで騒いでいる人たち
    ご自身の人生の生きザマと負け戦の帰結でしかありません。

    【世相川柳アンコール】

    ◆アベのせい? そんなことない あんたの非
                (^^)/

  7. クロワッサン より:

    付け加えると、国会での採決で造反者が出ていないと聞きます。

    自民党は勿論、民主党などでも造反者は時折出ています。

    造反者が出ていないのを党内の議論を尽くした結果と考えるか、上の決定は絶対という独裁体制との親和性ゆえと考えるか、ですね。

    まぁ、党執行部に逆らえば党から蹴り出されるのだと考えれば後者でしょうけど。

  8. がみ より:

    あれ?
    小池昭書記局長、まだ日本にいた。

    ウクライナ侵攻やめるようにプーチンさん説得しにロシア行ったんだと思ってた。

  9. 理系初老 より:

    9月1日、駐日オーストラリア大使館SNSより朗報です。
    >>安倍元首相にオーストラリアのオナラリー・コンパニオン勲章(AC)が授与されることになりました。外国籍の市民に授与できる最高位の🇦🇺勲章です。安倍元首相が🇯🇵🇦🇺関係の発展に尽力されたことに対して、オーストラリアより感謝の意を示します。>>

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。