韓日議連新会長「韓日関係を最も良かった時代に戻す」

韓日議連の新会長に就任した鄭鎮碩(てい・ちんせき)国会副議長は26日、日韓共同宣言などにも触れつつも、「日本の議員と緊密にコミュニケーションを取り、韓日関係を過去最も良かった時代に戻す」などと宣言したそうです。この鄭鎮碩氏という人物、おそらく、自称元徴用工問題を筆頭とする日韓諸懸案の全責任が韓国の側にあるという事実が、すっぽりと頭から抜けているのではないでしょうか。

「二重の不法行為」「関係改善論」に慣れてしまう!?

ウェブ評論活動をしていたら、たいていのことにはあまり驚かなくなるものです。

たとえば日韓関係をめぐっては、現在、決して「友好的」とは言えない状況に陥っていますが、その原因は、基本的には韓国の日本に対する一方的な不法行為にあります(『【総論】韓国の日本に対する「二重の不法行為」と責任』等参照)。

ただ、韓国側のメディアでは、自国の不法行為に関しては完全に棚に上げて、「韓日関係を『改善』しなければならない」、「そのためには日本の誠意ある対応が必要だ」、などといった要人発言や社説、コラム記事などが毎日のように展開されています。

このあたり、逐一きちんと反論していかねばならないことは間違いないのですが、やはり、こんなことを何年も続けているうちに、徐々に感覚がマヒし、「これが韓国メディアのノーマルなのか」、などと慣れてきてしまうようなのです。

おそらくこの「感覚がマヒする」という現象は、当ウェブサイトの愛読者の皆様にとっても同じでしょう。その意味では、やはり事実関係を定期的に掘り起こし、新鮮な感覚を保つ努力は必要なのです。

韓日議連新会長の、なかなかに強烈な発言

ただ、昨日は久しぶりに、「新鮮な驚き」を得るような記事が、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に掲載されていました。

韓日議連 新会長に鄭鎮碩氏を選出

―――2022.07.26 16:45付 聯合ニュース日本語版より

聯合ニュースによると、韓国の韓日議員連盟が26日に定期総会を開き、新しい会長に保守系の与党「国民の力」の鄭鎮碩(てい・ちんせき)国会副議長を選出したのだそうですが、その新会長である鄭鎮碩氏の発言が、じつに強烈なのです。

一文ずつ、ツッコミがてら紹介してみましょう。最初はこんな部分です。

今年で創立50周年を迎える韓日議連は両国関係が苦境に陥るたびに潤滑油の役割を担ってきた」。

両国環境が「苦境に陥った」のは、たいていの場合、韓国側が原因を作っています。とくに2017年の文在寅(ぶん・ざいいん)政権発足以降は、火器管制レーダー照射事件などを含め、明らかに韓国側に100%の落ち度があることが国際社会にも認識されるほどの事件が相次ぎました。

彼らの言う「潤滑油」とは、韓日議連がそのカウンターパートである日本側の日韓議連をうまく「騙す」という意味だと解釈すると、スッキリとしますが…。

日韓共同宣言は韓国国会自身が破棄を求めているのだが…

次に、「見え透いた罠」が出てきます。

両国関係を、関係が良好だった金大中(キム・デジュン)大統領・小渕宣言のころのように回復させ、冷え込んだ両国関係改善の活路を探るため最善を尽くす」。

韓国側が日韓関係を、1998年に小渕恵三首相と金大中(きん・だいちゅう)大統領(※どちらも肩書は当時。いずれも故人)が発した日韓共同声明のころに戻そうとしている点については、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏も、かねてより指摘している点です。

ただ、この日韓共同声明をめぐっては、2001年7月18日に、韓国国会が破棄を求める決議を全会一致で採択しているという事実を忘れてはなりません。

対日関係全面見直し決議、韓国国会が採択

―――2001/07/18付 ウェブ魚拓サイトより【※朝日新聞記事】

まさかとは思うのですが、「韓日議連」所属議員の皆さんは、自分たちの先輩がやったこの決議のことを、忘れてしまったのでしょうか?

さらには、日経電子版に昨日掲載された『韓日議連新会長に鄭鎮碩氏 「関係最善の時代に戻す」』という記事によると、鄭鎮碩氏は次のようにも述べたのだそうです。

日本の議員と緊密にコミュニケーションを取り、韓日関係を過去最も良かった時代に戻す」。

日韓関係が「過去に最も良かった時代」が何を意味するかは知りません。しかし仮に、「韓国の難癖に日本が応じていた時代に戻れ」、などと述べているのだとしたら、これはこれでとんでもない話です。実際、日経によると、自称元徴用工問題を巡って、鄭鎮碩氏はこう述べたのだとか。

韓日の政府が外交を通じ対話しなければならない問題だ。国際秩序の変化を前に、韓日両国が共通の利益をめざすべき時だ」。

端的に言ってお話になりません。この鄭鎮碩氏という人物、おそらく、自称元徴用工問題を筆頭とする日韓諸懸案の全責任が韓国の側にあるという事実が、すっぽりと頭から抜けているのではないでしょうか。

いずれにせよ、自称元徴用工問題は100%、韓国の日本に対する純然たる不法行為であって、日本の側に「折れる」必要性は皆無です。いや、日本自身が自由で開かれたインド太平洋を重視する立場として、むしろ国際法から逸脱するような対韓譲歩をしてはならないのです。

こんな組織が50年って…

ちなみに鄭鎮碩氏は総会後の記者会見で、9月27日に予定されている安倍晋三総理の国葬儀に収入列するため、韓悳洙(かん・とくしゅ)首相とともに日本を訪れるとの考えも明らかにしたのだそうです。

また、8月4日には東京で今秋の日韓議連との合同総会の事前準備のための合同幹事会議を開催し、日韓・韓日議連の創立50周年記念式に関する議論も予定しているのだそうです。

ただ、正直なところ、日韓議連関係者は過去にも韓国で議連合同総会が行われた際に、韓国が竹島での軍事演習を実施するなどの不法行為を行っているにも関わらず、「席を蹴って帰ってくる」などの行動を取ってこなかったなど、非常に問題がある組織でもあります。

むしろ「創立50周年」を機に、「こんな組織が50年も継続した」という点に焦点を当て、日韓議連自体が必要なのかどうか、国会議員の皆さんではじっくりと議論していただきたいと思うのはここだけの話です。

読者コメント一覧

  1. sqsq より:

    日韓関係を元に戻す動機は何?

    何を企んでいる。

    1. 迷王星 より:

      そんなの決まってるじゃありませんか.
      昔のように,再び日本の生き血を好きなだけ啜って韓国が肥え太ることですよ.

  2. カズ より:

    >「韓日関係を最も良かった時代に戻す」

    ↑言葉足らず?ですね
    「韓日関係を(彼らにとって)最も良かった時代に戻す」・・ですよね。

    1. 縄文人 より:

      そうです。
      韓国が望めば日本が頭を下げ賠償し、経済援助し技術供与し、後ろ盾になり推薦人になり保証人になる。
      それが彼らの思う良かった時代、正常な常態です。

  3. 攻撃型原潜#$%&〇X より:

    「韓日関係が最も良かった時代」とは韓国が日本にたかりたい放題たかっていた時代の話かい?

  4. taku より:

    私はこれまで、ユンソンニョル政権は、本気で日韓関係改善に取り組むつもりはない、米国向けのポーズを繰り返しているだけかな、と思っていましたが、少し風向きが変わったかな、と感じております。
    そのひとつは、韓国外相が7/25に「強制徴用問題に対する具体的な解決策提示が首脳会談の前提条件」と述べたこと(日本から見れば今頃気付いたか、ですけど)。
    もうひとつは、韓国の市民団体「韓米日同盟支持国民連帯」なるものが、「①政府は日韓基本協定尊重の意志を国内外に明らかにせよ②徴用工判決を受けた債権者に対する代位返済を実行せよ③左派が反対するのは日韓基本協定を無力化させて韓国の独立と繁栄、自由統一の基礎を崩壊させようとする試みだ」とする声明を発表したことです。”国民情緒法”が支配する韓国で、国際的には常識的な(韓国人からみれば自分たちに不利な)解決策を模索するには、保守系マスコミを使った対策が必要と、主張してきた私には、やっと手を打ち始めたか、ではありますが。
    とはいえ、無事韓国内の意見集約に成功し、日本への対案提示に至れるかは、まだまだ未知数です(というより困難ですかね)。
    岸田政権のこれまでの粘り強い対韓外交を支持します。

    1. 引っ掛かったオタク より:

      韓国内左派右派問わず”経済もうヤバイ”と認識しただけでアプローチが違うだけでないかなあ、と眺めております
      先の大統領選でも得票数は拮抗しているようですし、欲しいモノが手に入りさえすればまた掌クルーではないかと思います
      韓国のイマ抱える課題のヒトツは、「交渉相手(の民主主義)国の(一部といえど少なからずといっても過言でない数の)国民に”掌クルー”というふるまいをする国だと認識されているコト」だと愚察いたします
      仮に韓国が自己変革を遂げ日本と”基本的価値を共有する”国となり得たとしてもソノコトを日本に信用してもらえなければその先にある信頼は獲られないでしょう…なんてな
      まー宏池会ダマクラカスくらいはヤルかも?

    2. 匿名 より:

      自業自得ですが、韓国を取り囲む状況って、相当に厳しいですね。

      ①③はいいですが、②は絶対に韓国側としては譲れない一線でしょう。
      あわよくば(というかほぼ確実に)、次のステップとして代位弁済を日本から金を巻き上げる足がかりにしたいでしょうから。

      しかし、代位弁済という時点で、日本に無用の責任を押し付ける論外の話です。実際に金を払えと要求するか否かは関係ありません。
      仮に纏めたとして、韓国の頭では譲歩に譲歩を重ねて、ようやくこれを纏めたという話になるのかも知れませんが。
      日本としては「お話にもならない」と一蹴するしかありません。
      認めるとそれこそ、日韓基本協定の無力化と戦後秩序への挑戦に通じる話になってしまうので。

      そのときに感じる、韓国側の絶望と憤りがどんなものになるかは分かりませんが。日本としては知ったこっちゃないですね。

    3. JJ朝日 より:

      ROKの自主性に期待しても無理だと思います(笑)。

      ①強制徴用問題に対する具体的な解決策
      ・その具体的な解決策が、日本からの謝罪と代位弁済基金に日本企業が入る、みたいな提案になる。
      ・国際法違反是正するには、立法府が三権分立を用いて、大法院の出した判決を無効にする法案を成立させるしかない=ROKにはそれができるだけの民主主義の土壌がない。
      ②同盟支持国民連帯
      ・日韓基本協定の尊重を内外に示す必要はありません、既に締結され国際社会に開示されているものなので。
      ・ROKによる代位弁済(詐欺被害者に国家が勝手に援助金を与えるのは好きにすれば良いが)を行うことは日韓基本協定の破棄したのと同じです。

      そろそろ制裁を積み重ねていくときが来たのですが、今の自民党にそれができるかというと統一教会シンパの集まりらしいし・・。

  5. 農家の三男坊 より:

    そんなに関係改善したければ

     ”対日関係全面見直し決議撤回及び謝罪決議”をやってからお出で。

  6. 農民 より:

     さすが会長様はよくわかってらっしゃる。潤滑油って、古くなって劣化すると「摩擦が増えて」「破損の原因になる」んですよねー。一旦全部捨てましょうねー。

  7. WindKnight.jp より:

    日韓関係を 2001年のころに戻したければ、
    少なくとも、そこから韓国政府がやらかしたことを清算しないといけないわけですが。

    他国との関係も含め、できますかね?

  8. リバーサイドおじさん より:

    応じる日本側の議員がいるから成立してるんですよね。止めたら、と短絡的に考えたりするわけですが、といって、議連をなくすと密室に潜るので、却ってややこしくなりそうです。
    交渉を全公開してガラス張りにできれば、存在意義はあると思います。
    ちなみに、韓国側が何を言っても、それは先方の自由であり、日本側にそれを止める権利はありません。(正確に言えば、そんなこと構っていられない。)我々が監視すべきは日本側議員の発言や行動であり、それが国益にそぐわない場合は、その議員にはお辞めいただくように選挙を通じて活動したいと思います。
    うちの選挙区の議員さんもこの議連に入っているので、注視するようにしています。

  9. 世相マンボウ_ より:

    まあ、かつて
    末期の総会屋さんが
    『ワイら総会屋と企業の関係を最も良かった時代に戻す』(?)
    と頑張って小細工してきたのとおんなじようなものでしょう。

  10. ダージリン より:

    最終的かつ不可逆的な約束をあっさり反故にし、それをほとんどの日本人が目撃し、とてもイヤな思いをしました。そして、そういう事が1度だけでなく何度もあり、現在も継続中。日韓関係は韓国のせいで、まさに不可逆的ですね。

  11. 引きこもり中年 より:

    毎度、ばかばかしいお話しを。
    韓日議連新会長が、「韓日関係がもっとも良かった時代に戻すために、鳩山由紀夫氏を日本の総理に戻す」と言い出したんだって。そのために、韓国の裁判所に、「日本の総理は鳩山由紀夫氏である」という判決を出してもらうんだって。ついでに「安倍元総理が生きていれば、これに賛成していた」と言い出したんだって。
    本当に考えていそうで怖いです。

  12. sey g より:

    実は現在の日韓関係が日本には良好だというのは秘密です。

    戦前戦後すぐと、韓国人の悪行は骨身にしみたはずですが、朝鮮戦争でいっぱいいっぱいになって静かになったら、その悪行を忘れて韓国を助けてしまう。
    日本人は忘れやすく、そしてお人好しです。

    戦後すぐの第三国人の横暴も経済成長でなぁなぁになり、戦前半島で商売してた人には有名な話も、80年代には皆知らない話になりました。

    しかし、現在は毎年、毎月、毎日と韓国に嫌悪感をもよおし、理解を深めるイベントが開催され、ネットだけでなくメディアも詳しく報じる今日この頃。

    韓国にとって最良の方法は静かに黙って日本が忘れるまで大人しくする事ですが、一度自分達が正義だと認識したら、それを表現しないと気がすまない民族性が仇となり、延々と日本人に嫌悪感をもよおす本性をさらけ出すので、いくらお人好しの日本人でも騙されない現在は最良の日韓関係であるとの結論が自分の考えです。

  13. 匿名 より:

    素朴な質問なんですが、日韓関係が断交状態になってもまだ、在日朝鮮人は日本に住めるんですか。戦後の国家間の約束事を破棄するということは、朝鮮人の日本国内での既得権もすべて失われるという理解は間違いなのかな?

    1. クロワッサン より:

      韓国政府が棄民し、日本に世話を押し付けたオールドカマーの在日朝鮮人らに特別永住許可を与えたのが65年条約で、その後は関連法規で3世とかにも永住許可を与えている経緯だった気がします。

      在日朝鮮人らは「特別永住権」と勘違いしてますが、「許可」か「権利」かを争う裁判が日本中で起こるかもですね。

      戦後の在日朝鮮人らが日本各地で行政や警察を襲撃して手にしてきた「配慮」の精算をもっと加速化するのに良い時期ですね。

      幸いにして、韓国政府は長らく日本を仮想敵国にしており、日本では「韓国は対日レイシズム国家である」との正しい理解が広まってきて居ますし。

      1. より:

        この辺の経緯は結構複雑で、何度かの変更が加えられてますので、なかなか単純な議論にはならないと思います。
        そもそもの始まりは、敗戦以前に日本国籍を保有していた朝鮮半島出身者及び台湾出身者が、SF条約で日本の領土が確定した時点で、日本国籍を喪失したことから始まり、日本国籍を喪失した人たちに対して、特別な永住資格を与えたことです。その後、制度の何度かの変更の後、現在では「特別永住者」という資格が付与されているということになってます。これは単なる「在留許可」とも異なりますし、一般的な「永住者」とも違います。それでも、在留資格の一種には違いないので、日本国の都合により、一方的に取り消しても良さそうなもんですが、歴史的経緯を踏まえると、そう簡単でもなさそうです。
        この辺の経緯は、Wikiの「特別永住者」の項に詳しいので、そちらを参照してください。

        個人的には、旧日本国籍保持者の二代目まではともかく、三代目以降に対して特別扱いする謂れはないと思います。日本国籍を取得するなり、「帰国」するなりを促すべきでしょう。

  14. 元ジェネラリスト より:

    >事実関係を定期的に掘り起こし、新鮮な感覚を保つ努力は必要なのです。

    暇つぶしと言ってごめんなさい。(笑)

  15. ズレ より:

    韓日関係が最も良かった時代
    日本にとっては〝いま〟ですが…

  16. ジロウ より:

    岸田や林が韓国に対し、融和的な姿勢を見せると、外交部会が反抗期の中学生のようにイキって見せるのがお約束のムーブとなっていますが、その外交部会は昨年末から検討しているはずの韓国への制裁案を一向に発表しません。実は外交部会の威勢の良いコメントは保守派のガス抜きのためで、出来レースであり、そうやっている間に、国民をゆでガエル状態にして、気が付けば韓国を甘やかす動きにつながるのではと危惧していますが、考えすぎでしょうか?

  17. より:

    日韓議連―韓日議連が水面下の意思疎通(+交渉)ルートとして機能していた時代というのは確かにあったように思います。韓国側に戦前の日本語教育を受けていた世代が健在だった時代、あるいは日本側に「貧しく哀れな朝鮮」を良く知っていた世代が健在だった時代の話です。具体名を上げれば、韓国側に金鐘泌氏が健在だった頃、日本側に中曽根康弘氏が健在だった頃ですね。その頃であれば、日韓間に何らかの懸案があっても、このルートで何らかの妥協が図られてきたのだろうと推測します。
    でも、両氏が政治的な影響力をなくして以降、そのような水面下ルートは同時に機能を失いました。ちょうど日本でも55年体制が崩壊し、水面下でつるむ自民党&社会党という構図が崩れたのと同じようなタイミングだったと思います。そして、水面下での妥協が行われなくなった結果、日韓の摩擦もしだいに表面化するようになりました。
    このように見立てると、日韓議連も韓日議連も過去の遺物であり、錆びつき切った水道管となり果てたと捉えることもできると思います。日韓議連前幹事長の河村氏は再び水を通すべく努力していたようですが、彼程度の力量ではどうにもなりませんでした。つまり、錆びつき、水を通せなくなった日韓議連から政治的な影響力は喪われたのです。
    日本側のカウンターパートである日韓議連から政治的な影響力が喪われたのであれば、韓日議連から実質的な政治的影響力が喪われるのも道理です。韓国国内ではいざ知らず、韓国議連が何を言おうが、日本に対する政治的影響力を及ぼすことはほぼ不可能でしょう。

    以上のように考えれば、誰が韓日議連の会長になろうが、新会長がどのような発言をしようが、完全にスルーして問題ありませんし、一々驚くほどのこともないのです。
    なお、パイプとしての役割を喪った日韓議連に存在価値などないという見解には、もっともであると思うと同時に、わざわざ手間暇かけて解散させるほどの価値すらもないと思います。何時の日か、両国国会議員がサッカーに興じるというほのぼのしたお話のために、とりあえず放置しておいても良いのではないかとすら思います。

  18. クロワッサン より:

    >まさかとは思うのですが、「韓日議連」所属議員の皆さんは、自分たちの先輩がやったこの決議のことを、忘れてしまったのでしょうか?

    その決議を「日本が悪いからだ!」にすり替える頭の悪さと卑劣で下劣な品性を備えてこそ、韓国民に選出された国会議員としてふさわしいじゃないですか!

    常に被害者ポジションに回り込もうと頑張り、被害者ポジションを手に入れたらひたすら謝罪と賠償を求め、得たお金で悠々自適な暮らしを送る寄生精神を発揮しないと、黒歴史を妄想でコリエイトした歴史で誤魔化すしかない、惨め過ぎる歴史的事実に向き合えないんじゃないですかね?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。