韓国紙「韓日歴史問題は被害者中心主義で解決すべき」

韓国紙、「一括妥結論」を「被害者置き去り」と批判するが…

尹錫悦(いん・しゃくえつ)韓国大統領が掲げる日韓諸懸案の解決策は「グランドバーゲン」、つまり「一括妥結論」です。これはこれでいかにも乱暴で乱雑な議論ですが、韓国メディア『中央日報』に昨日、「被害者中心主義ではない」などとする視点から、この「グランドバーゲン」論を批判する記事が出ていました。その批判のポイントもまた噴飯物です。

二重の不法行為

現在の日韓関係を巡って、最近、韓国メディアを中心に頻繁に見かける表現が、「韓日関係の改善」です。

ただ、当ウェブサイトとしては、日韓関係の「改善」、という表現自体、非常に大きなバイアスがかかっていると考えています。というのも、「日韓(韓日)関係『改善』」という表現を使うと、現在の日韓諸懸案の責任の所在が日韓のどちらに存在するのかがあいまいになってしまいかねないからです。

【総論】韓国の日本に対する「二重の不法行為」と責任』などを含め、これまでに繰り返し指摘してきたとおり、日韓諸懸案の本質は、基本的に、「韓国の日本に対する一方的な加害行為」です。

当ウェブサイトにおいて「二重の不法行為」と呼ぶ理由は、「①韓国が主張する内容がたいていの場合、ウソ、捏造、でっち上げのたぐいのものである」、「②韓国が日本に対して要求する内容が違法なもの(国際法違反、国際合意違反、国際条約違反など)である」、というふたつの特徴にあります。

【参考】日韓諸懸案巡る韓国の「二重の不法行為」とは?
  • ①韓国側が主張する「被害」の多くは、(おそらくは)韓国側によるウソ、捏造のたぐいのものであり、最終的には「ウソの罪をでっち上げて日本を貶めている」のと同じである
  • ②韓国側が日本に対して要求している「謝罪」「賠償」などには、多くの場合、法的根拠がなく、何らかの国際法違反・条約違反・約束違反を伴っている

(【出所】著者作成)

韓国が日本に対して仕掛けている不法行為は、たいていの場合、この①、②の少なくとも片方の特徴が含まれていますし、自称元徴用工問題のように、両方の特徴が含まれている懸案も数多くあります。

解決責任が韓国にある理由

一般家庭の事例:J家とK家の場合

これについては一般家庭の事例にたとえてみればよくわかります。

たとえば、隣り合うJ家とK家があったとしましょう。

K家はよくJ家の人間に対し、路上で言いがかりをつけたり、殴りつけてきたり、ある日突然J家のものを取り上げたり、と、狼藉の限りを尽くしています。

K家に言わせれば、「おじいちゃんの時代にK家はJ家から酷いことをされた」、「J家はいまだにそのことを謝罪していないし、賠償も不十分だ」、ということです。

ただ、当たり前の話ですが、もし「おじいちゃんの時代にJ家がK家に酷いことをした」からといって、K家がJ家から勝手に物を盗んだりしてはなりませんし、K家の人間がJ家の人間に殴りかかったり、謝罪を強要したりしてはなりません。

しかも、K家がいう「おじいちゃんの時代にJ家が酷いことをした」という言い分自体も、冷静に歴史的事実に照らしてみれば、物証もほとんど残っておらず、酷い場合にはK家で勝手に事実関係を捏造し、「J家が悪いことをやった」ことにしている、という事例すらある、というのです。

「韓国が国際法を守ってくれる」ことは期待できない

この場合、J家とK家が「仲良くする」にはどうすれば良いでしょうか。

答えはひとつしかありません。K家がちゃんと法と秩序を守り、J家のものを盗んだり、J家の名誉と尊厳を貶めたり、J家に殴りかかったりすることをやめ、これまでに与えた損害について賠償したうえで、きちんと謝罪するより方法はありません。

しかし、非常に残念なことですが、この「K家がちゃんと法と秩序を守ること」については、期待できません。

日韓ともに「相手に譲歩してはならない」が多数=調査』でも紹介しましたが、日韓メディアの共同世論調査の結果では、韓国側の世論は8割が「歴史問題で日本に譲歩してはならない」と考えているからです。

そもそも日本が解決を求めているのは、「歴史問題」ではなく、「韓国による国際法破りの問題」なのですが…。

このあたり、韓国における長年に及ぶ反日教育の力が大きいからなのか、それともなにかほかに理由があるのかはよくわかりませんが、いずれにせよ世論調査の結果を信頼する限りにおいては、「韓国が国際法をきちんと守る」という方向で日韓関係が是正される可能性は極めて低いと結論付けざるを得ません。

したがって、日韓関係を巡っては遅かれ早かれ、次の3つの落としどころのうち、基本的には3番目のシナリオが実現せざるを得ない、というのが、当ウェブサイトなりにこの6年間、コリア・ウォッチングを続けてきた結論なのです。

日韓諸懸案を巡る「3つの落としどころ」
  • ①韓国が国際法や国際約束を誠実かつ完全に履行することで、日韓関係の破綻を回避する
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することによって、日韓関係の破綻を回避する
  • ③韓国が国際法や国際約束を守らず、日本も韓国に譲歩しない結果、日韓関係が破綻する

(【出所】著者作成)

本気で日韓関係破綻を回避したいならば…

というよりも、自然に考えて、法も秩序も守らないウソツキと仲良くできると考える方がおかしなはなしでしょう。

もちろん、日韓関係が今すぐ破綻すると日本にとっても何かと困りますし、(いちおう表向きは)「日米韓3ヵ国連携」も大事です。したがって、日本政府が日韓関係「改善」(?)に向けてポーズをとること自体は、それなりに意義があることだとは思います。

しかし、まかり間違っても日本が何らかの形で譲歩するような決着を目指してはなりません。

自称元徴用工問題でいえば、最低でも2018年10月と11月に韓国大法院が下した違法判決を韓国が国家の責任において完全に無効化し、日本企業に違法な賠償責任を負わせた措置を取り消さなければなりません(どうやってそれを実現するかは韓国が考える話です)。

また、自称元慰安婦問題でいえば、最低でも2015年12月28日に日本政府と取り交わした「日韓慰安婦合意」をしっかりと守らなければなりません。自称元慰安婦問題はこの日をもって「最終的かつ不可逆的に解決した」からです。

さらに、竹島不法占拠問題に関しては、李承晩ラインの違法性を認めてこれを取り消し、あわせて竹島の不法占拠を解除して日本に引き渡したうえ、過去に遡って拘束した日本の漁民などに対する謝罪や賠償などの措置を講じなければなりません。

これら3つの問題に関しては、ここに示したものが「最低ライン」ですし、しかも、日韓間の諸懸案はこの3つに限られません。

2018年の旭日旗騒動や火器管制レーダー照射事件、2019年の日韓GSOMIA破棄騒動などのように、韓国が生み出した、日韓の軍事的な協力を停滞させるような後ろ向きな動きについても、きちんと始末をつける必要があります。

また、2019年の日本政府による対韓輸出管理適正化措置を発動する原因となった「韓国の輸出管理を巡る不適切な事案」についても、韓国政府は日本に対し、きちんと事情を説明したうえで謝罪しなければなりませんし、WTO提訴措置についても直ちに撤回しなければなりません。

以上のとおり、日韓諸懸案のほんの一部を列挙しただけでも、これだけ多くの問題があるわけです。

そして、これらのボールは基本的にすべて韓国側にあります。

とくに自称元徴用工問題の場合、2019年に日本政府が日韓請求権協定に基づき、韓国に対して外交的協議、国際仲裁、第三国仲裁という友好的かつ紳士的かつ平和的な解決を模索したにも関わらず、それらの日本政府の申入れを韓国政府がことごとく無視したという事実を忘れてはなりません。

いずれにせよ、日韓関係「改善」(?)のためにできることは、日本にはもう何も残っていないのです。

「首脳会談さえできれば信頼が醸成される」というのは間違い

ただ、非常に不思議な現象がひとつあるとしたら、ちょうど1ヵ月前に尹錫悦(いん・しゃくえつ)政権が発足したことなどを受け、最近、韓国側で「韓日関係『改善』」に関する議論が急に盛り上がっているのです。

こうした「韓日関係『改善』」論、たいていの場合は「韓日が信頼を醸成すべきだ」、といった主張を伴っています。酷い場合、この「信頼醸成」は、「韓日の首脳や外相がひざを突き合わせて誠心誠意会談を行うべきだ」という主張にも転用されます(『「首脳会談さえやれば信頼関係醸成」という考えは甘い』等参照)。

それにしても、おかしな言い分です。

日本の韓国に対する信頼を失わしめたのは韓国の「二重の不法行為」なのですから、1回や2回、首脳会談を実施したところで「信頼醸成」などできるはずがありませんし、どうしても「信頼醸成したい」というのであれば、首脳会談以前にやることはいくらでもあるでしょう。

そもそも論として、国と国との信頼関係は「ウソをつかないこと」、「約束をきちんと守ること」といった基本的な日常動作の積み重ねによって醸成されるものであり、首脳同士が会談したくらいで「はいわかりました、あなたの国を信頼しましょう」、とはなりません。

ましてや岸田文雄首相自身、安倍晋三総理の下で外相を務めていた2015年には、韓国に2回も騙された人物です(『佐藤正久氏、韓国に「2度も3度も騙されてたまるか」』等参照)。

自然に考えて、岸田首相がまともな感性をお持ちなら、日韓首脳会談要請には慎重に対応するはずです(※あくまでも岸田首相がまともな感性をお持ちなら、ですが…)。

しかも、問題はそれだけではありません。尹錫悦氏が政権の座に就いて以来の1ヵ月間で、日韓諸懸案を巡っても、具体的な解決提案は、おどろくほどまったく何も出てきていないのです。

おそらく韓国側としては、「韓日双方が知恵を出し合って」云々という、いつものあれを持ち出すつもりなのだと思います(※ちなみに韓国から「知恵を出す」という表現が飛び出すときには、たいていの場合、「譲歩してほしい」という要求を意味していますので、注意が必要です)。

中央日報が一括妥結を批判するが…

中央日報、日韓首脳会談を勝手に既定路線化

この、「尹錫悦政権から問題解決の具体的提案がなにひとつとしてない」なかで「最初から日本の譲歩を当然の前提としている」とする議論の典型例例が、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日も出ていました。

韓日「信頼回復」速度論に…「被害者」が抜けた「グランド・バーゲニング」懸念

―――2022.06.10 15:58付 中央日報日本語版より

当ウェブサイトなりに要約すれば、「被害者中心主義でこそ、韓日の信頼関係は回復する」、といったところでしょうか。この中央日報の記事も、なかなかに強烈です。記事の出だしからして、こんな具合だからです。

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後、韓日首脳が共感を形成した関係改善基調が最高位級の疎通につながる雰囲気だ」。

中央日報が「韓日再高位級の疎通」と表現しているのは、朴振(ぼく・しん)外交部長官が「今月末に訪日して林芳正外相と会談を行う」ことと、スペイン・マドリードで開かれるNATO首脳会合で尹錫悦氏が岸田文雄首相と会談をすることの2点を意味しているものと思われます。

とくに中央日報の記事では、日韓首脳会談について次のように述べています。

岸田文雄首相も『日韓関係の改善待ったなし』(4月26日の記者会見)という立場なので、NATO首脳会議への出席が確定する場合、首脳会談開催の呼びかけに応じるものと予想される」。

このあたり、個人的に日韓外相会談や日韓首脳会談が行われる可能性が「まったくない」とは思いませんが、この中央日報の記事が公表されている時点では、まだ日本政府の側からは何も反応がありません(とくに首脳会談については松野博一官房長官が金曜日の会見で、「未定である」と説明しています)

これについて中央日報は「外交消息筋」のこんな話を述べます。

日本側は尹錫悦政府の韓日関係改善意志に信頼を示し、両国の友好的雰囲気が高まる局面。外相会談や首脳会談など連鎖的な最高位級の対面接触が実現すれば、相互不信を解消して懸案解決の土台を整える契機になるだろう」。

つまり、まだ決まってもいない会談を当て込んでいるということに加え、「首脳・外相会談さえやれば日韓諸懸案についての解決策が出て来る」、などと単純な想定を置いて記事を執筆していること自体、議論が大変に飛躍していると言わざるを得ません。

ツッコミどころが満載過ぎる

ただ、中央日報の記事のぶっ飛んでいるところは、そこだけではありません。こんな記述も、ちょっと我々日本人の感覚からは、理解に苦しむところです。

特に歴史問題の場合、韓日間の外交事案であると同時に裁判所判決の影響を受ける司法的イシューだ」。

また、両国の国内政治的環境や国民世論も無視することができない要素だ。韓日が懸案で異見を解消することができない場合、首脳会談等を通してなんとか回復しつつあった両国の信頼が水泡に帰すことになりかねないという懸念が出ている理由だ」。

そもそもその自称元徴用工判決自体が国際法違反であるという点について、どうして言及しないのでしょうか。

また、「首脳会談等を通してなんとか回復しつつあった両国の信頼が水泡に帰す」のくだりも、なかなかに意味不明です。まだ行われてもいない首脳会談を当て込み、勝手に「これで信頼関係が回復する」という前提を置いていること自体、議論があまりにも現実から遊離し過ぎています。

そのうえ、中央日報は、尹錫悦政権が文在寅(ぶん・ざいいん)政権時代に深まった「韓日葛藤」を「踏襲しない」としつつも、歴史問題に対する「被害者中心主義」を継承する姿を見せている、などとしたうえで、次のように主張します。

歴史問題葛藤の真の解決のためには慰安婦・強制徴用被害者の尊厳と名誉を回復させなければならないという趣旨だ」。

その「被害者」とやらが本当に「被害者」なのか、彼らが主張する「被害」とやらが歴史的事実に基づくものなのか、百歩譲ってそうだったとしても、1945年8月15日以前の日韓間のすべての請求権の問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みではないか――。

即座にこんなツッコミが出て来そうな記述ですね。

グランド・バーゲニングはたしかに乱雑だが…

こうしたなか、この中央日報の記事を読む際に気を付けなければならないのは、記事のタイトルにもなっている「」グランド・バーゲニング」です。

この「グランド・バーゲン」とは、「一括妥結」という意味だそうです。

この記事では尹錫悦氏が昨年6月の大統領選挙出馬時点で、「韓日間の安保協力と経済・貿易、このような懸案をすべてひとつのテーブルの上にのせてグランド・バーゲンをする方式で接近しなければならない」と述べた、などとしています。

そのうえで、現在の韓国政府が「首脳間の出会いを通じて問題を一括で妥結させようとするグランド・バーゲニング」を「トップダウン方式」で追求していることが「被害者中心主義」とかけ離れている、などと批判しているのですが、そもそもその批判のポイントがズレています。

中央日報の指摘は、こうした「トップダウン方式でのグランド・バーゲニングは被害者を無視している」、などとしているのですが、その「被害者」は実在するのでしょうか?疑問でなりません。

なお、一応このグランドバーゲン云々についてもツッコミを入れておきましょう。

この「韓日間の安保協力と経済・貿易などの諸懸案」を「交渉によりすべて同時に解決する」という「グランド・バーゲン」方式、大変に乱暴で乱雑な方法です。先ほども述べたとおり、日韓諸懸案についてはひとつひとつ、韓国側が丁寧に不法行為状態を解消していかねば解決しないからです。

この点、巷間では「岸田首相や林外相は『楕円の外交』なるものを掲げ、参院選後には韓国に対し甘い顔を見せているのではないか」、などと指摘する人もいるのですが、もしその懸念が正しかったとしても、さすがにこの「グランド・バーゲン」方式の妥結に応じることは不可能でしょう。

岸田政権に対し、自民党の安倍派、茂木派、麻生派が事実上、大きな影響力を行使している(『骨太方針に見る安倍総理「院政」』等参照)現状にかんがみれば、岸田政権が「グランド・バーゲン」方式に応じるようだと政権が持たないでしょう。

日韓諸懸案≠歴史問題

さて、今回の中央日報の記事でも出てくるのが、日韓諸懸案を「歴史問題」と呼び変える詭弁です。それが、こんな記述でしょう。

もう一つの問題は韓国の積極的な疎通努力がややもすると歴史問題に対する譲歩意志と解釈されかねないという点だ」。

そもそも自称元徴用工問題、自称元慰安婦問題、竹島不法占拠問題を筆頭とする日韓諸懸案は、「歴史問題」ではありません。「二重の不法行為」、すなわち「韓国がウソ・捏造に基づき日本に違法な請求をしている問題」なのです。

したがって、これを解決するためには、どちらかが片方に「歩み寄る」のではなく、文明国であれば当然に求められる、「ウソをつかない」「約束を守る」というごく当たり前の態度を韓国が取るかどうか、という話に尽きます。「歩み寄る」も何もありません。

この点を韓国政府側が理解していないがために、こんなトンチンカンな記述が出てくるのでしょう。

日本はこれまで歴史問題に関連して『韓国政府が先に解決策を提示するべき』という立場を守ってきた。<中略>政府関係者は『歴史問題のすべてのボールが韓国の中にあるという日本の態度は受け入れがたく、異見を解消するためには両国双方の努力が必要だ』<中略>と述べた」。

当たり前ですが、諸懸案を解決するために努力しなければならないのは韓国側です。たとえば火器管制レーダー照射問題や自称元徴用工問題などでも、日本はすでに懸案を解決するための努力を尽くしました。日本にできることはもう何もありません。

というよりも、この手の記述を読んでいて、常に痛感するのは、韓国側の「ゼロ対100理論」でしょう。これは、自分たちの側に100%の過失がある場合でも、屁理屈を駆使して「相手も悪い」などと主張し、過失割合を50対50、あるいは極端な話、100対ゼロに持ち込む詭弁です。

※ゼロ対100理論とは?

自分たちの側に100%の過失がある場合でも、屁理屈を駆使し、過失割合を「50対50」、あるいは「ゼロ対100」だと言い募るなど、まるで相手側にも落ち度があるかのように持っていく態度のこと。

(【出所】著者作成)

正直、韓国の側に100%の過失があるわけですから、日韓諸懸案のすべてのボールが韓国にあるというのは、公正に見て日本だけでなく、まともな文明国であればすべて認めるところでしょう。韓国の味方になってくれる国があるとすれば、中国、北朝鮮、ロシアくらいでしょうか。

結局は日韓テーパリング

いずれにせよ、少なくとも現時点における日韓諸懸案に関し、私たちの国・日本には基本的には落ち度がありません(日本の落ち度が「皆無」というわけではありませんが、少なくとも私たちが問題解決の責任の一端を負わねばならないほどに大きな落ち度ではありません)。

日韓関係を巡って日本は、表向きは韓国に対し、「日韓関係は重要だ」、「だからこそ国と国との約束を守ってほしいしウソをつかないでほしい」とだけ言い放っておいて、裏では少しずつ、関係の清算に向けて動き出す(=日韓関係テーパリング論)という考え方こそが、正しい態度と言わざるを得ないのです。

読者コメント一覧

  1. ジロウ より:

    隣国のマスコミや自称有識者たちがいろいろ寝言を言ってますが、放置し続けて経済破綻するのを待ちましょう。唯一のリスクは、岸田・林や二階が変なことしないことかと思います。ウォンもいい感じで売られてきました。来週が楽しみで、いろいろ食べ過ぎて太りそうです。被害者として私がもういいと言うまで謝罪と賠償を要求したいところです。

  2. はにわファクトリー より:

    おかしな屁理屈をこねて話を出発点に戻そうとするのは、それ以外できることがないから、堂々巡りで相手を困らせてやるつもり満点だから、と判断します。本質的にやくざの因縁付けと違いない。やってる側は自分の言っていることが支離滅裂と分かっているかどうかは彼らの場合大いに疑問です。

    1. 伊江太 より:

      はにわファクトリー様

      >堂々巡りで相手を困らせてやるつもり満点だから

      果たして、そんな計算なんてはたらいてるんでしょうかね?

      ひとりぼっちの世界で妄想に耽っているだけの(自家発電? マ…?)
      ような気もしますが(笑)

      情況と関係なく脳内にできあがった神経サーキットが
      止まることなく猛烈に回転し始めたら
      待っているのは、て・ん・か・ん・ほっ・さ

      1. タナカ珈琲。 より:

        伊江太様。

        ワタシは怖くて発言は出来ませんが、伊江太様は大胆です。
        『ま…?』

        蛇足です。
        ま…ぁ、そゆう事です。

  3. 禹 範坤 より:

    歴史問題?韓国の国内問題なので日本は無関係です
    出稼ぎ労務者に対する賠償とやらも同様

  4. カズ より:

    (彼らのボールの投げ所)
    ①特別立法に基づき、違法判決を取消・無効化する(原理原則通りの対処)
    ②韓国政府が代位弁済し、求償権を完全に放棄する(国内問題として対処)
    ③現金化を強行し、カントリーリスクを具現化する(彼らの正義での対処)

    *一見、韓国側の被害者中心主義・司法判断尊重及び日本側の国際法順守を包括したかのような②を選択肢しようとも、彼らには ”その場しのぎ” でしかないんでしょうけどね。  約束は反故するときのために交すものなのですから・・。

  5. 道草 より:

    日本政府が側の「自称被害者」と直接にやり取りしない事を主張したのは「自称被害者」を含めた韓国国民が作った憲法・法律体系と、「自称被害者」を含めた韓国国民選んだ代表ですよね?

    そうして韓国政府によって公式に締結された日本政府との合意が今になって気に食わないと言う「自称被害者」さん達はお気の毒ですが、モンクなら、その気に入らない合意をした韓国政府に言って下さいよ。

    日本政府には韓国国内での不和を調整する義務も義理も興味も好意もありません。

  6. 匿名 より:

    >包括的解決

    なんでもグジャグジャにマジェマジェしてしっちゃかめっちゃかにして解決もクソもないっつーの。

    事態収束能力がない国だとそれにしても思わざるおえない。

    尤も事態を収拾する必要なんてない。日本にとっちゃ日韓断交で困らないからな。

  7. G より:

    中央日報の記事の最大の問題はタイトルにある『「被害者」の抜けた』でしょう。

    韓国は被害者じゃない。

    これが全て。彼らが被害者面して、日本は加害者の癖に、というのが全ての諸悪の根源です。

    我々は加害したことはありません。現代の日本人は当然のこと過去の日本人についても同様。

    で、言われもない加害者の汚名を着せられても彼らと交流しなければならない義務も必要性もありません。

    日本は加害者じゃない。韓国は被害者じゃない。

    明確に総理が発言して欲しい。それで日韓問題は完全解決です。後続の作業は総理の発言に沿えば自動的に進みます。

  8. 農民 より:

     彼らの言うところのグランドバーゲニングて要するに、「全部テーブルに出して個別に全部見よう」ではなく「経済にしろ安保にしろ韓国が無ければ困るでしょ?なら歴史問題と均して一括妥協してよ。」ということかと解釈しましたが。
     漁業権や円安でギャアギャア騒いだり、共同訓練を拒否しまくったりレーダー照射したり等々々々々々、どの要素を拾っても韓国に価値が無いというか負債だらけ。全部テーブルに載せたら韓国はもっと不利になる気がします。そも韓国に価値があってですらご都合主義ですが。

     自己評価が高すぎるんよ……

  9. 引きこもり中年 より:

    今回のウクライナ危機は、(日韓とは限りませんが)2つの国の歴史観を一致させるには、戦争しかない、ということを示しているのではないでしょうか。(ということは、韓国は歴史観の違いを理由に、日本に軍事行動することもあり得るのでしょう)

  10. 元ジェネラリスト より:

    >まだ行われてもいない首脳会談を当て込み、勝手に「これで信頼関係が回復する」という前提を置いていること自体、

    日韓関係は改善のサイクルに入った(と思ってる)ので、条件闘争に入った(つもり)なんでしょう。ハードルを上げ、ゴールを動かし始めてる。元々どこがゴールだったかもわかりませんが。キムチ汁を飲み始めたのでしょう。
    中央日報の記事に動機があるとすればこれかなと。(単なるテンプレ穴埋めボット記事かもしれませんが)

    最近のアノマリーでは、用日メディア・要人が言い出したことは実現しているんですよ。首相と(協議できない)政策協議団の面会が実現しました。

    最終的には中央日報の「ぬか喜び」に終わる話と思います。思います。思います。多分。
    ・・・不安要素が無いわけではありません。

  11. 都市和尚 より:

    いつも楽しみに拝読しております。

    韓国が日本を加害者と言い張るのは、ロシアがウクライナをナチスと言い張るのにとても良く似ていますね。過去のことに起因して、自国が格上で道徳的な優位性を持っていると思い込んでいるのでしょう。
    ロシアは自国が圧倒的な軍事的優位にあると判断して侵攻しています。韓国も日韓の軍事力が同様の状態になったら、国家間の問題解決に躊躇なく軍事力を行使しそうです。もしかしたら、日本へ侵攻するのは中国でもロシアでもなく、韓国なのかもしれないと思った朝でした。

  12. sey g より:

    首脳会談で信頼関係を成就。
    日本からみると、話し合いで韓国を信頼なぞ無理という感覚ですが、
    もしかすると、韓国の感覚では 日本が韓国を信頼するのは当然で 話し合いにより韓国が日本を信頼できる様してくれという意味かもしれません。

    1. 221B ベーカー街 より:

      ウソや詐欺・讒言・偽証などが蔓延する、そして「客観的事実よりも「主観的な正義」が優先する韓国にとって「信頼関係」というのは一方通行で「韓国の言う事をウソだと見抜けない国、又は韓国の言う事を聞いてくれる国との関係」じゃあないかな?

      つまり「信頼関係を構築する=相手を言いくるめる」だから首脳会談のみで「信頼関係」が構築が可能という妄想から抜け出られない。

      「相手国に対して韓国自身が信頼に値する言動をして来たか」と言うのは1ミリも考慮に入っていない。

  13. 匿名 より:

    >ただ、当たり前の話ですが、もし「おじいちゃんの時代にJ家がK家に酷いことをした」からといって、K家がJ家から勝手に物を盗んだりしてはなりませんし、K家の人間がJ家の人間に殴りかかったり、謝罪を強要したりしてはなりません。

    だってそりゃ、韓国には「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」何てものがあるんですもの。
    これ、親日派と認定された人物、およびその『子孫が所有する財産を没収する』というものです。
    政敵を親日として貶め、財産を奪う目的で作られ、運用されているようですけどね。

    彼らにしてみれば、先祖がどうだと難癖付けて不当な要求をするなんて、常識でしかないのですよ。
    あの国はそういう社会であり、日本と相容れないのは当然です。「当たり前」の前提が違うんですから。
    彼らもまた、あくまでも、彼らの当たり前で日本に接してきているだけですけどね。

    「一括妥結」を言い出しているのも、韓国側が相当に窮しているという証拠に思えます。
    金に困った人間が、ギャンブルなどで一発逆転を願うというやつです。
    個別に問題を解決する事が出来そうなら、それを要求してくるものですが、それが無理なのでもう思考放棄、責任放棄している訳です。
    正直、ギブアップ宣言をしているようにしか見えません。

    そして、その個別要求も問題デカい上に、あくまでも韓国の宿題なので日本に応じる義理は無いし、応じようも無い。
    だから、日本は彼らが泣こうが喚こうが、ギブアップさせてあげることも出来ないんですけどね。

    ちなみに、韓国にはっきりと言え、罪を償わせろ、謝罪させろという意見も見掛けますが、個人的には反対です。
    また、日本が韓国に謝罪を要求もしないだろうし、して欲しくないと思っています。
    何故なら、罪を償わせたらそこで話が終わるからです。一時の溜飲は下がるかも知れませんが。
    延々と罪と謝罪をほじくり返す、韓国のような真似を日本にはして貰いたくない。

    彼らには、決して謝らせたりはさせず、罪を購う機会なんて与えず、ずっと自覚しないまま罪を背負い続けて欲しいと思います。
    その方がよっぽど彼らにとって苦しみが続く道だと思うので。
    謝罪を要求すらされない恐ろしさや無慈悲さってものが、この世にはあると考えています。
    これまでは、韓国は謝罪を要求されなかったことの開放感で調子に乗り。今になって薄々不安になり。さて? これからどうなるか? というところでしょうか。

    その一方で、これ以上の損害は出さないように、日本には防止策を打って欲しいものだと思いますけどね。

    1. 匿名 より:

      ちなみに、彼らにとっては謝罪するというのは敗北宣言であるのと同時に、これ以上攻撃するようなら、周囲に哀れみを誘い被害者の器が小さいとアピールする攻撃手段でもあります。
      漫画カイジに出ていた例ですが。例えば金を返さないヤツが「こんなにも謝っているでしょう」「事情を慮ってよ」と同情を誘って、金を貸したヤツを人情味の無い悪人に仕立て上げるというものです。

      不思議ですよねえ。何故かこれで、金を返さない方が被害者のような印象操作が出来て、それに乗っかる人間まで出てきてしまうんですから。
      彼らは、そういう情緒アピールの社会で生きています。
      そういう面倒なことにさせないためにも、彼らに謝罪なんてさせて欲しくないですね。

  14. 一之介 より:

    日韓関係の改善?は
    『付かず離れる』で良いのはないでしょうか?
    いつまでも、鬱陶しい国とウダウダしている場合ではありません。
    韓国は、台湾有事・尖閣有事の際に敵国になりうる信頼のおけない国です。

  15. 匿名 より:

    ここのところ、彼女といろいろありまして、なんだか怒ってるようです。原因はボクにいろいろあるのはわかってます。なんとか、グランドバーゲニングで落ち着かせたいのですが。

  16. 無明 より:

    1965年設置のゴールポストを動かすべき合理的理由はどこにあるのでしょうか。

    1. 匿名 より:

      韓国国民の情緒が理由……
      書いてて「冗談が過ぎる」と思いますが、まじめにコレじゃないかと思います

  17. ひでさん より:

    何となく、彼らの思考方法がわかる記事ですね。結局、彼らは議論には興味がないのでしょう。どちらの言い分がより理にかなっているのか。これが議論の目的だと思いますが。
    つまるところ、彼らは勝敗をきめるための勝負に臨んでいるという気持ちなのでしょう。ですから自分達にとって不利となるものは無視します。ただひたすら勝つ為の営みに邁進するのです。
    国内でも全く同じ様相が見られます。彼らにとって党派間の闘争は議論ではなくもっぱら相手を倒すことだけに邁進しています。日本にたいしても全く同じことを繰り返しているにすぎません。
    議論を勝ち負けの観点からしか捉えられない、本当にやっかいな人達ですね

  18. ひでさん より:

    何となく、彼らの思考方法がわかる記事ですね。結局、彼らは議論には興味がないのでしょう。どちらの言い分がより理にかなっているのか。これが議論の目的だと思いますが。
    つまるところ、彼らは勝敗をきめるための勝負に臨んでいるという気持ちなのでしょう。ですから自分達にとって不利となるものは無視します。ただひたすら勝つ為の営みに邁進するのです。
    国内でも全く同じ様相が見られます。彼らにとって党派間の闘争は議論ではなくもっぱら相手を倒すことだけに邁進しています。日本にたいしても全く同じことを繰り返しているにすぎません。
    議論を勝ち負けの観点からしか捉えられない、本当にやっかいな人達ですね

  19. Sky より:

    彼らの言い分などはテレビラジオ新聞でも多く取り上げられるわけですが、このところNHKのニュースは、いい加減にしろと言いたくなるほど、日韓の関係強化だの米韓を始めとする観光客の解禁だのと取り上げ、不快感が益々増加しています。
    夕方のラジオなんかでもやたらとK-popを取り上げてます。
    NHKがどの階層から中共の工作員化しているのかは分かりません。しかしニュースの取捨選択をする現場レベルは大陸や半島出身者或いはその子孫がスタッフの相当数を占めると考えざるをえません。
    NHKに関しては、構成員の浄化こそが最大の急務だと思います。

  20. 世相マンボウ . より:

    『被害者中心主義』とは
    もっともらしい
    言いようですわなあ。
    ただそれは、『被害者』が
    本物の場合だけです。(笑)

    自動車事故で体が痛い痛いと言う人が
    あたり屋さんだと素性バレたり、
    ぶつかってスマホ壊れた弁償しろ
    と言ってたのが実は最初から
    壊れたスマホわざと落としてたり、
    そうした場合、『被害者』は
    声を荒らげて騒いだ人ではなく
    騙された相手さんのほうです。
    朝日吉田捏造の上に
    捏造ロンダリングを国を挙げて
    勧めてみえた構図はもはや露見しています。

    まあ、バレても諦めないところが
    韓流の韓流らしい所以なのでしょう。

    1. 農家の三男坊 より:

      ”条約・合意を守らない、嘘つき”国の住民が言う『被害者中心主義』は
      日本人が考える、被害者の損害補償ではありません。
      彼らは”打ち出の小づちを手に入れ、寝て暮らせる状況に持ってゆくこと”です。
      要は”両班(日本人の感覚では腐ったヒモ)の暮らしを保証しろ”という事です。

      なので、先ずは”被害者中心主義とはどういうこと?”を確認すべきですね。

  21. j より:

    お疲れさまです。

    韓国国内の問題でございます。
    日本が関わると、ごじれます。
    だから日本は、絶対関わってはいけません。

    日本と韓国のためにも、韓国国内で解決するしかございません。

  22. 名無しの権兵衛 より:

     韓国は、日韓請求権協定の第2条(完全かつ最終的に解決された)と第3条(紛争解決手続き)の2点に違反していますが、どちらの違反がより重大な違反かといえば、第3条(紛争解決手続き)違反であることを指摘したいと思います。
     何故かといえば、同協定は第3条第1項で「この協定の解釈及び実施に関する両締約国の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。」と規定しているように、「協定の解釈および実施に関する紛争」の発生を当然のこととして想定しているからです。
     「自称元徴用工問題」についていえば、日本政府の「日韓両政府・両国民間の全ての請求権問題は同協定により完全かつ最終的に解決された」との主張に対し、韓国大法院が「違法な植民地支配に基づく戦犯企業の強制連行、強制労働に伴う不法行為に対する慰謝料請求権は同協定第2条に含まれていない」と主張すること自体は、同協定違反ではありません。何故なら、同協定第3条第1項が想定する「協定の解釈に関する紛争」が生じたのに過ぎないからです。
     仮に、これを受けて、韓国政府が同協定第3条の紛争解決手続きによる解決を受け入れれば、韓国政府は、同協定に違反したことにはならず、「国と国との約束を破った」ことにもならないのです。
     したがって、日本政府は韓国政府に対して、同協定第2条違反よりも第3条違反の方をより強く主張すべきだと思います。第2条違反ばかり主張していると水掛け論になってしまうからです。

  23. 簿記3級 より:

    グランドバーゲンセール!今なら大特価、ユン大統領が日本に手を差し伸べ日韓の様々な問題を一括して解決してくれます。お見逃し無く………。

    んー。クソも味噌もコチュジャンも慰安〇も一緒、細けえこったあ気にしない、ビビンバ方式で全部、混ぜて解決しましょう!言ってくれた方が、分かりやすくてピンと来ますが、隣国のワードセンスは不可思議です。
    ユン商店開店祝い!大売出しと言いたいのでしょうか。

  24. WindKnight.jp より:

    韓国政府が、韓国の国内問題を日本に回そうとした時点で、
    韓国政府は加害者であり、日本は被害者なんだけどね。

    韓国は、自分たちが加害者のはずはない、って思い込みが激しいんだよな。

  25. 福岡在住者 より:

    >韓日歴史問題は被害者中心主義で解決すべき

    いいんじゃないですか。 一番の被害者は1億2千万人以上の日本国民なのですから。 いわれない「デッチあげ」の虚言に数十年悩ませ続けられました。
    彼女達の証言は、時代の経過と共に次々と変化したことは知る人ぞ知るところです。 近年亡くなられた人や生き残っている人は、年齢から察するに対米軍慰安婦(パククネのオヤジが作った慰安所)だったのではないかと想像しています(証拠はありませんが)。 10代半ばはさすがにどうなのでしょう。それに米国発の慰安婦の証拠は0なのですよね。  

    福島瑞穂議員とかを国会で証人喚問して頂きたかったですね。  

    1. わんわん より:

      >一番の被害者は1億2千万人以上の日本国民なのですから。

       正しくそのとおり

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。