【緊急速報】ジオラマを破壊するネコ怪獣が大阪に出現

大阪で山の向こうから現れた巨大ネコが家々をなぎ倒し、走る列車をネコパンチで叩き落す――。そんな衝撃的な光景が日常的に観察されるとの報道がありました。報じたのは産経ニュースで、動画のリンクも確認することができます。はたしていま、大阪で何が発生しているというのでしょうか?

本日の「緊急速報」です。大変に衝撃的な映像が出てきました。とある怪獣が鉄道ジオラマを破壊しているというのです。

まずはその証拠動画です。

これは、大阪市天王寺区にある食堂に設置されたジオラマをものともせず、我が物顔で遊ぶネコたちの動画です。しかも、動画の0:43以降では茶色い猫が家屋をなぎ倒している姿が、同じく0:55以降では三毛猫っぽいのが鉄道車両をパンチして脱線させているシーンが、それぞれハッキリと収録されています。

産経ニュースによると、この衝撃的な姿は、大阪市天王寺区の飲食店で日常的に観察されるのだそうです。

鉄道ジオラマに肉球パンチ 食堂の廃業危機を救った猫の手

―――2022/6/8 10:00付 産経ニュースより

産経によると問題の店舗はJR寺田町駅から徒歩2分の場所にある「ジオラマ食堂」で、同店舗内ではネコが自由奔放に動き回り、家々をなぎ倒し、走る列車を「ネコパンチ」で叩き落とすなどの問題行動をとっているのだとか。

もともとは、店のオーナーが子猫を保護したところ、その家族が店に姿を見せるようになり、いつしか店に設置されたジオラマで遊ぶようになったことがきっかけとのことですが、現在はネコ好きを中心に店に次々と予約が入るようになったのだそうです。

いずれにせよ、ネコと鉄道という組み合わせは、なかなかに衝撃的なものでもあると言わざるを得ないでしょう。

読者コメント一覧

  1. じゃん🐈 より:

    🐈🐈🐈🐈

  2. どみそ より:

    秘密工作猫とおもわれます。
    ねこ麻薬(CIAOチュール)で懐柔すると怪獣ではなくなります。

  3. 徳名 より:

    にゃんということだー!(棒

  4. バイク好きオヤジ より:

    なんだろう、このホノボノ感・・・

  5. WindKnight.jp より:

    これも一種の “招き猫” ですかね。

  6. 美術好きのおばさん より:

    もうひとつの「列車と巨大ネコ」

    先日、JR新宿駅中央線ホーム後方から、到着した列車越しに新宿のビル群を見上げたら、いました!あの巨大ネコが!
    新宿を通る度にどこで見れるのかと思ったら、中央線ホームから列車越しとは……
    https://m.youtube.com/watch?v=zrxmQHDHEcA

    1. わんわん より:

       興味深くテレビ報道を見ました
      「わんこ」だったら見に行きたい w

  7. 伊江太 より:

    私事ですが、寺田町駅は高校への通学のため3年間利用していた駅で、懐かしく読みました。駅高架下にあったお好み焼きの店で、ときどき空きっ腹を満たしたことはありましたが、当時「ジオラマ食堂」なんてシャレたものがなかったのは、残念です。

    件の動画、巨大ネコの狼藉と言うには、ちょっと迫力不足では(笑)。なんかネコにしてみれば、退屈しのぎに、ときどき手を出してみてるくらいの感じ。猫じゃらしを目の前で振ってやれば、もっと真面目に反応しますからね。

    子猫の目の前に草むらから取ってきたバッタを置いてやったことがあるのですが、途端に小さなからだに緊張が走り、戦闘モードに入ったのは傍目にも明らか。目つきはそれまでとは一変して、猛獣の目もかくやと思わせるものになったのには、ある種感動を覚えたことを思い出します。ああこいつは、紛れもなく肉食獣なんだな、なんて。

    鉄道模型じゃなく、車輪付のネズミの模型なんかを走らせてみれば、もっと面白いネコの振る舞いが見られるかも知れませんね。センサー付で、待ち構えているネコの直前で急停止してみたり、突然急加速してネコパンチをかいくぐったり。ネコの行動観察という意味なら、この方がウケそうな気もしますが、そうなると、巨大ネコが通勤電車を襲撃なんて、パニックものとかけ離れたものになってしまうのが、悩ましいところですが。

  8. 普通の日本人 より:

    シンゴジラもウルトラマンも日本を破壊しています。
    秘密工作員(某国、既に入り込んでいますよね)がうごめいて起きる日本侵略映画も出て来てもいいんでは無いでしょうか。
    東京都もミサイル着弾用のシェルター発表もありましたし気は熟していますよね。
    ロシアが北海道を侵略する。中国が沖縄を取る。
    彼の国がハッキリと宣言している今、日本の防衛はどう有るべきか映画なら、映像なら分りやすいカモしれません。
    皇居に侵入されたらどうなるのか。
    是非見たいと思います

  9. 太平楽 より:

    「くまのプーさんと台北版」なら時局に合うかも知れません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。