「最低でも店外」-自身で「見せ場」作った立憲民主党

国会を「見せ場作り」の場と勘違いしているのが立憲民主党などの野党なのだとしたら、その「見せ場」はもうあるじゃないですか――。立憲民主党は来週にも細田博之衆院議長の不信任案提出を予定しているのだそうですが、それをやるよりも先に、自分たちの「例の疑惑」を追及したらよいのではないかと思います。あるいは「最低でも店外」、でしょうか。

国会は見せ場作りの場じゃありません

最近、個人的に気になっている表現があるとすれば、それは「見せ場」です。

先月の『時事通信調査で立憲民主党が支持率最低:4番手に沈む』では、時事通信の今月の世論調査で、立憲民主党の政党支持率が2.7%と2020年の国民民主党との合流以来最低水準に落ち込み、公明党や日本維新の会に抜かれてしまった、とする話題を取り上げました。

該当する時事通信の記事のリンクを再掲しておきましょう。

内閣支持微減50.8% 物価高対応「評価せず」5割―時事世論調査

―――2022年05月19日17時14分付 時事通信より

時事通信はこの記事の中で、立憲民主党の支持率の低迷について、「通常国会で見せ場を作れなかったことが要因」と指摘しています。

立憲民主党は同0.6ポイント減の2.7%にとどまった。2020年の旧国民民主党との合流以降最低の数値で、初の4番手。2月時点で4.8%あったため、通常国会で見せ場をつくれなかったことが要因とみられる」(※下線は引用者による加工)。

ここでいう「見せ場」が何を意味するかについてはよくわかりませんが、同じ時事通信が5月27日に報じた次の記事から判断する限りは、「与党を格好良く追及すること」を意味している可能性が濃厚です。

泉立民代表の追及不発 党首対決、見せ場つくれず―予算委

―――2022年05月27日07時23分付 時事通信より

というのも、この記事では、5月26日の衆院予算委員会で質問に立った立憲民主党の泉健太代表と岸田文雄首相との「党首対決」を巡り、「議論は平行線をたどり」、「泉氏の追及は不発に終わった」、「泉氏にとっては『見せ場』をつくれなかった形だ」、などと述べているからです。

細田議長の不信任案を準備する立憲

すなわち、泉氏を含めた野党界隈、あるいは時事通信を含めたマスメディア界隈は、テレビ画面などを通じて野党議員が舌鋒鋭く与党を批判している姿を「見せ場」と考えている可能性が濃厚であり、その意味からすれば、たしかに現在の立憲民主党に「見せ場」っぽいものがないことは間違いなさそうです。

こうしたなか、久しぶりに「見せ場」(?)っぽいものが出てきたのでしょうか。

立憲 細田議長への不信任案提出へ

―――2022年6月3日11:18付 FNNプライムオンラインより

FNNプライムなどが報じた内容によれば、細田博之衆院議長が衆院の小選挙区を「10増10減」とすることへの懸念を表明したことが「議長としての資質に欠ける」ほか、週刊誌が報じたセクハラ疑惑について「説明責任を果たしていない」として、来週7日にも細田議長の不信任案を提出するそうです。

(ちなみに細田議長の「セクハラ疑惑」については『衆院議長セクハラ?久々のスキャンダルに歓喜する野党』でも取り上げたとおりです。)

最低でも店外

💩 💩 💩 💩 💩 💩 💩

正直、国政の重要課題が山積するなかで、週刊誌が報じたスキャンダルを追及することが国会議員の仕事だと思っているのだとしたら、本当に呆れる話ではあります。

ただ、そんなに週刊誌ネタが好きなのであれば、ちょうどよい「見せ場」はほかにもあるように思えます。まさに、当ウェブサイトでは『検索エンジンにもついに「立憲=焼肉・脱糞」と認識か』を含めて何度か取り上げてきた「脱糞疑惑」など、「見せ場」としては絶妙だと思うのです。

なお、当ウェブサイトの読者コメント欄を眺めていると、「ウンチク」だ、「フンショク」だといった心ない単語が並んでいて、なかには「いまこそ野党合同ヒアリングを開催すべきだ」(※誰に?)、「ブツの話」などとする議論などが白熱している惨状です。

ただ、個人的に最も驚いたのは、「最低でも店外」、だったことについてはここだけの話です。

読者コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    最低でも店外、とは言いますが、天下の往来でぶちまけられても困りますね。
    普通に軽犯罪法違反ですし、ペットのブツでも飼い主は責任を持って持ち帰り家庭ごみとして処分することが最低限のマナーです。

    人として最低限の常識すらないのが立件脱糞党だということは自明の理ではありますが。

    1. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      確か、遠山の糞さんという漫画が昔あったはず
      店内で糞をするので有名な遊び人の金さん(実はお奉行様)の物語
      実名?の金さんではなく糞さんと呼ばれて嫌われている

  2. 匿名 より:

    先祖返り

    1. ちょろんぼ より:

      匿名様

      果たして先祖返りなのでしょうか?
      1945年8月以降~2022年4月の現在に至る迄、
      日本軍に強制連行されて来たと言っているた人達が多いそうですから、
      二世等ではなく、一世なのかも知れません。

  3. 匿名 より:

    ところかまわず排泄行為に及ぶというのはやはり中国人の習性かと。
    どこでもいいからやっチャイナ・シンドロームですね > 立糞(りっぷん、あるいは、たちぐそ)民主党(略称は糞民)

  4. 世相マンボウ . より:

    立憲民主党さんは可哀想なぐらい
    必死の対応なされてるようですが、
    リキ入れた全否定で誤魔化すのは
    繰り返された辻元の『デマです』
    トンズラと同じだろうと思われる
    だけなのにと感じます。

    どうも印象悪化をずいぶん
    心配なされているようですが
    すでに世間で持たれてる印象を
    単に裏打ちなされたぐらいに
    過ぎないのになあと不思議です。

    むしろ、ハッピー米山さんの
    『RTをした人を含めて法的手段に訴える』(?)
    という発言のほうが、印象悪化に
    さらに拍車をかけるのにと心配します。

    ハッピー米山さんはこれまでも
    ご自慢の弁護士資格をちらつかせての
    滑稽な言動を種々なされてきてますが
    世間で資格というものが尊敬されるのは
    その資格を活かしての地道に貢献を
    期待してのものなのです。
    ご本人の思い上がりと違って
    資格摘まみ食い取得のハッピーさんが
    こうした発言を為さることは
    むしろ多数派国良識層からの
    顰蹙をかってしまうのにと
    私には感じられます。

  5. 匿名 より:

    誰が面白いこと言えと言った?

    1. 新宿会計士 より:

      💩💩💩💩💩💩💩

  6. 匿名 より:

    名古屋の汚物放置事件の下手人の方(ここでは便宜的に「己逃肛門氏」とします)について未だに皆が口を閉ざして居るという事実は恐らく会食にいた方々の中でも高位の方(天下の副将軍?)である事を示唆します。
    この肛門氏が追い詰められた時にどんな印籠が現れるのか楽しみです。
    助さん格さん頑張って!

    いや、待てよ、名古屋だったら「尾張な肛門氏」かも知れませんな…

  7. めたぼーん より:

    立民の目的はどーでも良いことで国会運営を邪魔することって考えると腹落ちします。しかしそんな連中を税金で養う理由は無いですね。選挙が楽しみです。

  8. Naga より:

    セクハラ追及より自党のクソハラをクリアにして、謝罪の必要があるならきっぱり謝罪した方が印象が良くなるのでは!?  国会議員のことではないので無視かな。

  9. 匿名 より:

    【ご注意、お願い】 投票用紙に脱糞民主党と書かないで!

    これで、来たる参院選では比例区に「脱糞民主党、供に脱糞党、脱糞の力,etc」 と書きたい方も増えたかと思われます。
     が、ご注意。これら票は立憲民主党への票として按分される可能性も高く、なんなら無効票とされた場合「脱糞はウチの票のはずだ!」という告訴が起こる可能性まで杞憂されます。

    何と高度な脱糞選挙戦略!?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です