処理水放出をIAEAが絶賛:隣国の難癖は無視が鉄則

国際原子力機関(IAEA)は福島処理水海洋放出が「国際基準に合致している」との暫定的に結論付けました。もちろん、IAEAによるタスクフォースの検討作業はまだ続いているのですが、現時点においては大きな問題点は見つかっておらず、それどころか東電や経産省が関係者の理解を得るために「多大な努力を払っている」とまで記載されています。隣国の難癖を相手にしてはならないという絶好の事例が、またひとつ、積み上がった格好です。

処理水放出巡りIAEAが「国際基準に合致」

国際原子力機関(IAEA)は現地時間の4月29日、福島第一原発の処理水の海洋放出を巡る「第一段階の調査報告」を公表しました。

IAEA Releases First Report on Safety of Planned Water Discharge from Fukushima Daiichi Site

―――2022/04/29付 IAEAウェブサイトより

当ウェブサイトの文責において、概要を意訳・要約しておくと、こんな具合です。

  • 日本政府は福島第一原子力発電所から処理水を国際的な安全基準に照らして排出することを計画しているが、これに関しIAEAのタスクフォースが本日、最初の報告書を発表した
  • 今回の報告では、排水のための技術的準備の全体的な進捗状況について、2022年2月に経済産業省や同原発の運営者である東京電力に対して実施された調査をまとめている
  • この報告書を巡り、ラファエル・マリアーノ・グロッシー事務局長は「日本の排出準備は着実に進んでおり、今回のタスクフォースでも2023年に予定される排水に向けた適切なステップを踏んでいるものと認められた」としつつ、「タスクフォース終了までに結論が出せるよう、作業は進捗している」と歓迎した
  • 報告書では多核種除去装置(ALPS)処理水の特性、処理水排出のための機構の安全性能、放射線が環境に及ぼす影響、利害関係者の関与状況など、さまざまな論点にわたるタスクフォースの検討・評価活動の概要が含まれている
  • 日本が処理水排出の準備を続けるなかで、タスクフォースは評価の次の段階に備え、議論の深化と明確化のための技術的な論点を特定するとともに、東電と経産省も処理水排出のプロセスにおいて、利害関係者や一般市民との協議や意思疎通などに多大な努力を払っていることにも注目する

…。

疑問を抱く日本のメディアの報道

要するに、今回の報告書はまだ「最終報告」ではないにせよ、現時点において日本政府が検討している処理水の海洋放出は、国際的基準に従ったものであるとともに、東電や経産省などの当局も「利害関係者」と緊密に意思疎通を図っていると認められた、ということです。

ただ、これを日本のメディアが報道すると、たとえばこんな具合になってしまいます。

処理水の影響「小さい」 福島原発、調査継続―IAEA

―――2022年04月29日21時30分付 時事通信より

「調査継続」とは、非常にミスリーディングなタイトルです。IAEA自身が述べているとおり、まだ暫定報告に過ぎないからです。それなのに、このタイトルだけ読むと、「処理水の影響は小さいと思われるにせよ、IAEA側は疑心暗鬼でまだ調査を続行しようとしている」かの印象を受ける人も多いでしょう。

しかも、本文にも重篤な問題があります。たとえばこんな記述です。

報告書は処理水が放出された場合に放射線が人体に与える影響について、東電の分析結果を踏まえ、『日本の規制当局が定める水準より大幅に小さいことが確認された』と指摘した。ただ、安全性に関する最終的な判断は、放出前に発表するとも説明。当面結論を出さず、調査を続ける方針を示した」。

…。

これだとまるで、「とりあえず問題はまだ見つかっていないが、今後も慎重に調査が続けられる」かのような印象を抱きます。

報告書で「(現在のところは)国際基準に従っている」とする暫定結論が得られているという事実、そしてIAEAのグロッシー事務局長自身が「日本政府は適切なステップを踏んでいる」と述べたことについてまったく言及していない時点で、「何らかの問題がある」かのような印象を植え付けようとしているようにしか見えません。

議論すべきは処理水放出ではなくNHKそのものの在り方では?

ただ、問題報道は時事通信の記事に限られません。NHKの次の記事も、理解に苦しみます。

福島第一原発の処理水 “問題はない” IAEAが調査結果を公表

―――2022年4月29日 23時52分付 NHK NEWS WEBより

NHKはIAEAの「国際的な安全確保の基準に照らし問題はないとする見解を示しました」などとしつつも、次のように、まるで今回の処理水放出に何らかの問題があるかのように報じているのです。

ただ、処理水の海洋放出は地元を中心に風評被害を懸念する声が根強く、政府と東京電力が漁業者や全国の消費者など関係者の理解をどう得ていくかが引き続き課題です」。

NHKは「政府と東電が」関係者の理解を得ていくために努力しなければならない、などと結論付けていますが、これも明らかにおかしな話です。

なぜ風評被害が懸念されるのかといえば、NHK自身を含めた報道各社が、風評被害を煽っているからではないでしょうか?科学的知見に基づき、事実関係を正しく報じていれば、ここまで風評被害が悪化することも、海洋放出が遅延することもかったのかもしれません。

ついでに申し上げるなら、「引き続き議論しなければならない」論点とは、「海上保安庁の年間予算の3倍近くに達する受信料を国民から半強制的に巻き上げ、1万人を超える職員に1人あたり2000万円近い異常な水準の人件費を計上しているNHKの報道姿勢が公正なのかどうか」、ではないかと思う次第です。

(余談ですが、科学的知見を正面から否定するという意味では、「科学を振りかざすな」という伝説の名言を唱えた新聞社もありました。こんな新聞社がジャーナリズムを騙るというのも、冗談にしても面黒過ぎます。)

事実をベースに国際社会を説得することの大切さ

さて、もうひとつの重要な点を述べておくならば、今回の処理水海洋放出は、「国際法や国際基準を守ること」「事実関係をベースに、きちんと国際社会に対し丁寧に説明すること」の重要性です。

というのも、福島第一原発のALPS処理水を「汚染水」と呼び、「隣国との相談なしに汚染水を放出しようとしている」と難癖をつけている国があるからです。その国は政府、メディアを挙げて科学的知見を無視し、ひたすら「汚染水の海洋放出に反対する」などと叫び続けています。

(※そのわりに、その国の原発からは、毎年数十~数百兆ベクレルのトリチウムが放出されているようですが…。)

図表 世界の主要原発におけるトリチウムの年間処分量

(【出所】経済産業省)

しかし、処理水を巡る日本政府の今回の対応は、「素晴らしい」のひとことに尽きると思います。なぜなら、日本政府は隣国などの難癖をほぼ無視し、基本的にはIAEAのみと協議を行っているからです。

これは、大変に良い事例でしょう。なぜなら、こうした難癖の目的は、日本政府を困らせて密室での協議に持ち込むための、彼らの常套手段だからです。

じつは佐渡金山もまったく同じ構図

こうしたなか、ここでふと気づくのですが、「隣国が難癖をつけ、二国間協議に持ち込ませようとする」という構図自体、どこかで見たことがあります。

そう、「佐渡金山」です。

このあたり、『やるなら徹底的に:佐渡金山登録を巡る3つのポイント』などで指摘してきたとおり、当ウェブサイトとしては①ファクト(事実関係)をベースにすること、②「全世界に対して」説明すること、③その過程で、相手国のウソについては徹底的に粉砕することが必要だと考えています。

つまり、「事実関係」でいえば、ALPS処理水については「海洋放出は安全基準を満たしている」、佐渡金山については「戦時中の違法な強制労働という事実は存在しなかった」というものであり、それらを国際社会(処理水についてはIAEA、佐渡金山についてはユネスコ)に説得する、という構図です。

こうした構図の重要性は、処理水海洋放出や佐渡金山だけでなく、相手国によるさまざまな国際法違反の問題に対しても、まったく同じことがいえるのではないかと思います。

その意味では、今後の日本外交において求められるのは、「密室での二国間協議」ではなく、「完全にオープンベースで国際基準に従って処理すること」であることは間違いないのです。

読者コメント一覧

  1. 駝鳥 より:

    新宿会計士殿、毎日的確な内容の論考更新、誠に有難う御座います。論稿内容の熟読迄は出来なくても、新宿会計士殿が説明する趣旨を取り違えない様に拝読しています。

    > 隣国の難癖は無視が鉄則

    まったくその通りです。日本国では「反社会的勢力」排除に向けて様々な対応がされています。ロシアと中国は勿論、日本国を取り巻く南北朝鮮始め「反(国際)社会的勢力」への対処が今後、具体化されなければなりません。

    > 隣国が難癖をつけ、二国間協議に持ち込ませようとする」という構図自体、ど
    > こかで見たことがあります。そう、「佐渡金山」です。

    新宿会計士殿が常々報道姿勢を問題にして来たNYタイムズが、「佐渡金山」に関し、事実誤認と悪意を持った報道をしているのを見つけました。この様な「悪意」に対しては「無視」をするのではなく、日本国政府は毅然とした抗議をすべきです。

    NYタイムズが伝える「佐渡島の金山」と「朝鮮人徴用工」
    米紙が指摘「佐渡金山を世界遺産にしたい日本。ただし“不都合な歴史”は伏せたままで」
    https://courrier.jp/news/archives/279953/

    1. 愛知県東部在住 より:

      有料記事なので全文読んでいない、という留保付きでのコメントです。

      たしかNYTには、目も髪も黒い外国人記者が在籍していたような・・・・。

      1. 農家の三男坊 より:

        上記記事には

        Text by Motoko Rich and Hikari Hida

        とありますね。

        戦時売春婦問題の戸塚悦郎、福島瑞穂に通じるものを感じます。
        裏で糸を引いている高木健一の様な黒幕は誰でしょう?

        1. 匿名 より:

          あー、出た出た。モトコリッチ。いっつも日本サゲに余念のない人ね。

    2. 無病息災の男 より:

      >NYタイムズが伝える「佐渡島の金山」と「朝鮮人徴用工」

      NYタイムズ、ワシントン・ポストなどの米国のメディアに記事が掲載されると、それが米国人の考えなのか、と思いたくなりますが、そうではありません。たとえばワシントン・ポストで同じ様な記事があった場合は、大体は韓国在住のミン・ジュ・キム(Min Joo Kim)記者が書いた記事を東京支社長のミシェル・イェヒ・リー(Michelle Ye Hee Lee)氏が自分の名前で本社に送ったものです。

      今回のNYタイムズの場合、この記事は、韓国人ソウル支局長、チェ・サンフン氏が書いたものに間違いないでしょう。有料記事なのでそれを確かめてはおりませんが、例えばこれが参考になります。↓
      https://www.sankei.com/article/20190208-BNL6PL7R4BL53J3SKR7QBPCEG4/
      そして、次の段階として韓国のメディアがその記事をとりあげて、「米国ではこう報道されている」ということになります。

      悪意は、大体、韓国、韓国人が発しています。そして、韓国の組織と関係の深い日本のメディア(その代表はNHK)も韓国を応援しています。
      これが世界の常識にならないように、今回も外務省はきちんと反論して、この記事は韓国から出てきたものであること、そして修正記事を出すように要求すべきです。もし、外務省が何もしないのならば、それは税金泥棒と呼ばれても仕方がないでしょう。

      1. 駝鳥 より:

        無病息災の男様、詳しいご説明有難う御座います。私の投稿にコメントを下さった皆様、貴重な時間を費やしてのご意見有難う御座います。

        悪意ある記事を書いた人物が「韓国人ソウル支局長、チェ・サンフン」なる人物で、それをNYタイムズが意図的に日本を貶める為に掲載している事実は、私は絶対に忘れません。更にワシントン・ポストでは、韓国在住のミン・ジュ・キム(Min Joo Kim)記者の記事を東京支社長のミシェル・イェヒ・リー(Michelle Ye Hee Lee)が掲載するとの段取りも記憶にとどめます。

        斯様な輩が行う嘘と捏造や隠蔽は犯罪だと、日本人としての思考と行動が身についている私は判断します。ヤフーのNEWSでこれらの輩の記事を見つけたら、これらの実名と手順をヤフコメに記載するように努めましょう。

        Webに掲載された記事は、一旦発表されたら、掲載者が削除しても、誰かが記録していれば無くなりはしません。これら事実の集積が何時か、我が国への誹謗中傷、嘘、捏造及び隠蔽を行う輩自身に大きな返礼となり戻り、後悔しても遅いとなります様に。

  2. クロワッサン より:

    要するに、「処理水放出による風評被害はフクシマへのヘイトである」とNHKは発信する責務があるって事ですね。

    ただ、NHKがフクシマへのヘイトを「キレイなヘイト」として肯定し、日本国内だけでなく海外へ向けても発信するかも知れませんが。

  3. 引きこもり中年 より:

    独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
    NHKは、ゼロリスク教なので、処理水排出という新たなことをして、新たなリスクを生むくらいなら、これまでと違うことはするべきでない、ということでしょう。(確かに、これまでと違うことをすれば、今まではなかったリスクを生むことは間違いありません)
    駄文にて失礼しました。

  4. KN より:

    >科学的知見に基づき、事実関係を正しく報じていれば

    メディアとしては、そんなことはどうでもよくて、対立の構図を煽ればそれでいいのでしょう。

  5. めたぼーん より:

    メディアは責任逃れのために、全面肯定する事を放棄している気がします。我々は政府に苦言を呈したとか、批判するのが仕事だ、とかも思っているのかもしれません。その割に身内の不祥事には甘い。特定野党と同じに見えてきました。

  6. クロワッサン より:

    韓国次期外交部長官「文政権の対中外交残念だった…『福島汚染水』日本の措置鋭意注視」
    https://japanese.joins.com/JArticle/290554

    >一方、朴氏は日本の福島汚染水海洋放出に対し「国際原子力機関(IAEA)の透明な検証動向と日本側の措置を鋭意注視し(国連海洋法協約上)紛争解決手続き付託を含んだあらゆる対応案を検討していくべき必要がある」と言及した。

    フクシマへのヘイトアクションを韓国の次期政権が行うのか、それとも「やるぞやるぞ」詐欺で終わるのか。

  7. 世相マンボウ . より:

    今回ご紹介いただいた
    IAEAの発表は、本来日本のメディアが
    何をおいても報道するべき内容です。

    ところがところが、
    日本の新聞社はもとより
    厚かましく通信社を名乗るメディアまで
    しれっとスルーしていることに
    あまりに言論に寛容な日本だけに
    その人たちの汚れた行きザマのままに
    言論テロリストとしてメディア占拠を
    許してしまっている日本のメディアの
    問題点が浮かび上がります。

    大変な中から立ち上がった
    福島の人たちがまじめに
    復興に額に汗する傍らで
    『自主避難(?)』と称する
    ふざけた輩が全国のごね得活動家や
    例によっての韓流の人たちとつるんで
    原発風評被害拡散活動をしているのを
    放置して上げているのは
    あまりに寛容が過ぎるものだと
    選挙結果でも明らかな
    日本を支える多数派国民良識層は
    感じています。

    ゴネ得活動家さんや
    原発風評被害活動家さんや
    ならず者国家とは友愛結ぶ鳩ポッポさんたちや
    水問題にかこつけてリニアに反対する
    韓流川勝知事さんたちは
    実はほぼ同じ穴の狢さんと
    見透かされているのですが、
    肝心のそれを追求する役割の
    メディアマスコミさんまでも
    同じ汚れた韓流だ
    ということが問題なのです。

    記者章はつけてはいても
    ただのどぶサヨ活動家にすぎない
    望月とかを担ぎ上げる方面も
    その人達のリアル社会での
    イキザマがバレててしまっているのに
    なんて恥ずかしいことしてるのだろうと
    感じます。

  8. マスオ より:

    日本人のかなりの人が、無視するのが最良であることに気付いているのだけれど、その事をわかってか、わからずか、無視して譲歩しようとする人がいるから困ります。
    その最たる人が、宏池会のエース「岸田」であり「岸田リスク」と言われる所以だと思います。
    どなたかが書いてましたが、SNSで監視できることがせめてもの救いだと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。