ウクライナ戦争巡る日本学術会議の「ペラいち」声明文

ウクライナ戦争を巡って日本学術会議が2月28日に公表していた「ペラペラの声名文」が、ツイッターなどでちょっとした話題になっています。声明文自体、ロシアに対する非難のトーンが極めて抑制的であることもさることながら、A4サイズの「ペラいち」でスカスカの文章という点にも、さまざまな驚きがあるようです。もちろん、「文章の分量」が重要だ、というわけではありませんが、それにしても日本学術会議は「科学が文化国家の基礎であるという確信に立って、科学者の総意のもとに、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与」しているのでしょうか?

2022/04/15 15:00付 追記

見出し画像が誤っていましたので修正しています。

対ロシア非難トーンが抑制的な声明文

ツイッター上でちょっとした話題になっていたのが、日本学術会議が2月28日付で公表した、『日本学術会議会長談話 「ロシアによるウクライナへの侵攻について」』【※PDF】と題したA4サイズのペーパーです。

全文は、次のとおりです。

日本学術会議会長談話 「ロシアによるウクライナへの侵攻について」

このたびのロシアによるウクライナへの侵攻は、世界の平和と安全を脅かし、国際秩序の根幹を揺るがす行為であり、到底、受け入れられるものではありません。このような事態が、人びとの安寧と、世界と日本における学術の発展及び学術の国際的な連携に及ぼす影響を深く憂慮し、対話と交渉による平和的解決を強く望みます。

令和4年2月 28 日

日本学術会議会長 梶田 隆章

…。

この声明文、ロシアに対する批判は極めて抑制的です。

もちろん、この声明が出てきたのが、ロシアのウクライナ侵攻直後のことであり、「ブチャ事件」などが判明するのはこれよりもずっと後のことですので、声明に「ロシアの戦争犯罪」などの文言が入っていない点については、不思議ではありません。

ただ、「ロシアが宣戦布告なしにウクライナに侵攻した」といった国際法違反の可能性は当時から指摘されていたにも関わらず、ロシアの無法行為に対する言及もないのは、法学者も抱えているはずの「科学者の集団」にしては、ちょっとお粗末でしょう。

中味も分量もペラッペラ

これについては、もともとはツイッター上で、とあるユーザーの方が「日本学術会議はウクライナ事態で何か声名を出したのか?」という趣旨のツイートを発したのに対し、他のユーザーの方が日本学術会議のウェブサイトにアップロードされていたこの資料を投稿した、というのが注目されるきっかけです。

すると、今度はネット上でも「A4ペラいち」、「ペラペラでスカスカ」というボリュームが注目されるようになりました(図表1)。

図表1 日本学術会議が公表した「A4ペラいち」のイメージ図(※クリックで拡大)

(【出所】日本学術会議HP)

この点、同じく日本学術会議のウェブサイトに掲載されている『ロシアのウクライナ攻撃に関するG7各国のナショナル・アカデミーによる共同声明(仮訳)』と題するPDFファイルも、文字の分量自体は日本学術会議のそれよりも多いにせよ、やはり「A4ペラいち」ではあります(図表2図表3)。

図表2 G7各国のナショナル・アカデミーによる共同声明(原文)(※クリックで拡大)

(【出所】日本学術会議HP)

図表3 G7各国のナショナル・アカデミーによる共同声明(仮訳)(※クリックで拡大)

(【出所】日本学術会議HP)

日本学術会議はその使命を果たしているのか

もちろん、大切なことは、文章のボリュームの多い、少ないではなく、日本学術会議が「科学が文化国家の基礎であるという確信に立って、科学者の総意のもとに、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与すること」に寄与しているかどうかが、です。

日本学術会議法(昭和二十三年法律第百二十一号) 前文

日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信に立つて、科学者の総意の下に、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与することを使命とし、ここに設立される。

ただ、日本学術会議という組織自体、年間10億少々とされる予算でいったい何をやっているのかという観点からすれば、ウクライナ問題に関する「成果」のひとつが、これらのペラッペラの声明文だと言われても、個人的には少し驚いてしまう気持ちは否定できません。

ちなみに日本学術会議が「自分たちの提言に基づいて実現した」とドヤ顔で自慢していた話題のひとつには「レジ袋有料化」などがあります(『レジ袋有料化も日本学術会議の提唱がきっかけ=元会長』等参照)。

果たして日本学術会議が日本に必要なのか、私たち日本国民は改めて考えてみても良いのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. sqsq より:

    日本学術会議? まだあったの?

    1. CB223改め まだらボケ老人 より:

      sqsq 様

       私も同様に驚きました。税金の無駄使いですよねぇ。まったく、岸田首相の指導力に期待できないことの証左です。

  2. 元ジェネラリスト より:

    「軍事的安全研究に関する声明」の文書との「熱量」を比較したツイートがありましたので。

    https://twitter.com/ymun37_nay_new/status/1514612010880708622

    語りたいときは多弁なんだと思います。
    語りたくないんですよ。(笑)

  3. ナニガシ より:

    日本学術学会?
    総理大臣に任命権があるけど、任命拒否権がないとか謎の理屈こねてた人たちですか?
    慣例法では違法、といった韓国の市民団体とロジックがそっくりですね。
    自分たちのこと以外は、興味がないのでしょう。
    これ、たぶん事務員がかいたんですよ。

  4. はるちゃん より:

    ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに防衛力強化が大きな課題になっています。
    学術会議は防衛力強化には協力しないという立場の消極的意思表示なのでしょうね。

  5. 元ジェネラリスト より:

    市民連合はこの難局、「真っ向勝負」で行くようです。w

    赤旗:共通政策へ 市民連合が「考え方」
    参院選へ4本柱 安保法制廃棄を明記
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-04-09/2022040901_04_0.html
    平和の問題では、ロシアのウクライナ侵略に乗じた憲法9条改定、敵基地攻撃能力の保有、核兵器共有、集団的自衛権の行使などの動きを許さないと批判。

    まあ、他にも「化石燃料・原子力依存がヤバいから再生可能エネルギー」とか、支離滅裂な世迷い言なのは平壌運転というところでしょうか。
    時代は変わっても彼らは変わらないようです。

    1. 誤星紅旗 より:

      人間の生存本能から自ずと身の危険を感じて目を覚ます、とならないんですね。不思議です。
      文民統制の適切な運用や戦争犯罪を抑止する仕組みを考えることなく三猿で思考停止としか思えません。オレたちワタシたちが政権獲ったら人民軍として国を守るとか言いだすリベラルが皆無に等しいのは目も当てられず。

  6. りょうちん より:

    きっと大事なことはA4一枚に書けという孫氏の教えを守ったのでしょうw。

  7. 引っ掛かったオタク より:

    140文字オーバーしてるんちゃう(棒)

  8. 攻撃型原潜#$%&〇X より:

    学術会議のような利権グループはまず解散したほうがよいです。なくなっても誰も困らないでしょう。本当に必要ならば解散後改めて設立すればよいです。

  9. 雪だんご より:

    な、なんですかこれは……どうせ世間から忘れられつつあったのだから、
    こんなの、まだ発表しない方がマシだったのでは!?

    ①誰も書きたくないので押し付け合った結果こうなった
    ②いつまでたっても自民政権へ打撃を与えられないのでやる気が最低になってる
    ③国防のこの字も認めたくないが、その本音を書けないのでこうなった

    思いつく原因はこんな所かな……

  10. クロワッサン より:

    >果たして日本学術会議が日本に必要なのか、私たち日本国民は改めて考えてみても良いのかもしれません。

    日本社会での権威は皇室が、権力は三権が持っている、という認識で良いと思うのですが、学界での権威は日本学術会議が、権力は学閥が持っている、というところなのかなぁ…と、ふと思いました。

    という事で、

    (」^o^)」))))『教えて エロい人』

  11. 匿名 より:

    そもそも2月28日に出した談話が今ごろになって、しかもその中身の無さによって注目されるという時点で、日本学術会議の存在感と存在意義の無さを証明していますわ。

  12. 205eleven より:

    民営化の一択。
    税金が投入される合理性は全く有りません。
    むしろ国防に関する研究を全否定している為、安全保障の観点からも現状では非常に危険です。

  13. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    そもそも日本学術会議のメンバーにまともな学者が何人いるの?

  14. diem より:

    アカデミズムの皮を被った政治団体だということが改めて確認されましたね
    税金が投入されてなければ「ご随意に」ってだけのことですが

  15. 世相マンボウ . より:

    潜り込み損ねた6人の顔ぶれと
    松宮氏の暴れようで
    政府機関の学術会議の赤黒い汚染
    が露見したときには
    『この政権、とんでもないところに
     手を出してきた』? だの、
    『学術会議が司法の場に打って出る?』
     (笑)だの騒いでた人たちですが、
    その後提訴したとも聞いたことがないようで
    慌てて巣穴から飛び出して来ての
    虚勢だったのでしょうか?

    『アカデミズムがぁ~』だとか
    荒唐無稽に喚いてお見えでしたが、
    政府機関に潜り込んで
    名誉と力とお手当ウッシッシが
    おかしな話というだけで、
    かくも言論が自由な日本なのですから
    手弁当で別途任意団体
    『どぶサヨ学術会議』とでも銘打って
    カサコソおやりになる分にはかまいません。

    アカデミズムとは
    ホントの学問のことであり、
    赤で水ムシ 
    のようなものではないのになあ
    と呆れます。

  16. ちょろんぼ より:

    日本学術会議の役目からすれば、妥当な文言です。
    よく、お忘れのようですが、あっち系のいうわが国とは
    露・中・何とか半島諸国を表すものであり、日本国ではありません。
    又、日本学術会議の主たる使命は、上記露~の国々を援助し
    日本国の力を削ぐ事にあります。
    これは、立憲共産党が牛耳っている会議団体等によく現れる現象です。

  17. 匿名 より:

    十数年前に現実としてこの会議の人と接したことがある身からすると、日本学術会議もいい方向に変わったなぁという印象です。
    この声明が出せる程度には、赤いイデオロギーの影響が薄まっていると感じます。私が接したころであれば、このような声明を出そうとすれば出そうとした人が干されるような印象でした。
    一部の専門外の人達が、ご自身達が持つイデオロギーに合わない研究を理系文系問わず干す様を見て、学術会から離れたため、冒頭のいい方向に変わったなぁという印象を持ちました。

    学術会議の中で真面目に正しく学術会のパイプ役を担ってる人達が報われるよう、早くイデオロギーから脱するよう祈ります。

    なお会長職はやりたくなくても断れないとか、指名受けてもあまりうれしくないとか、会長には力がなく盾にされるだけと聞いたことがありますので、会長にはあまり石を投げないで上げてほしいとも思います。。

    1. はるちゃん より:

      >会長にはあまり石を投げないで上げてほしいとも思います。

      もうそんなOINK風の発想による責任者不在状態の言い訳は終わりにしたほうが良いと思いますよ。
      これでは完全な後進国です。
      責任者に責任が無いなんて完全なあたおか状態です。

  18. HNわすれた より:

    どうやら中国とはケミストリが合う団体のようです。
    https://www.youtube.com/watch?v=Y6BP8kpSxMU&t=7471s
    1:46 あたりから

  19. 同業者 より:

    まぁ、お里が知れますね。
    会員には活動家もいますから、大したことは書けないということなのかしら?
    活動家好みの声明には力を入れるんですけど。
    学術研究に共産国家ばりの検閲をして日本の学問を支配しようとしている団体ですから、
    本音はプーチンや習近平万歳なのかもしれません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。