北朝鮮が今度は5000万ドル相当の暗号資産を窃盗か

北朝鮮が核・ミサイル開発をやめない理由は、経済制裁が効いていないからではなく、さまざまな手段で制裁逃れをしているからだ――。そう考えるのが正解ではないかと思えてなりません。その証拠でしょうか、今年も「北朝鮮が暗号資産を盗んでいる」とする国連報告書が出てきたのだとか。

北朝鮮に対しては現在、2017年12月の国連安保理決議(第2397号)などを通じ、国際社会からの厳しい経済制裁が科されています。

ところが、どうも北朝鮮はたしかに経済制裁には苦しんでいるフシはあるにせよ、そのわりに、「いますぐ経済が崩壊する」という状況にはありません。

それどころか、『アジアプレス・ネットワーク』というウェブサイトに掲載されている北朝鮮の物価情報などを見ても、一時的な乱高下はあるにせよ、基本的に北朝鮮の物価(コメ、トウモロコシ、ガソリン、軽油など)、あるいは為替相場(対米ドル、対人民元)は、いずれも安定しています。

この点、物価が安定している(ように見える)ことはたしかですが、それをもって「経済が安定している証拠だ」と見るべきではありません。「モノ不足」であっても、「カネ不足」が同時に生じていれば、物価は「安定」するからです(『北朝鮮の奇妙な物価安定の理由は「紙幣不足」だった?』等参照)。

ただ、こうした物価安定以上に奇妙な点があるとしたら、北朝鮮が依然として、核・ミサイルの開発を続けているように見受けられる点です。

その財源は、いったいどこにあるのでしょうか。

こうした「ミステリー」を巡って、昨年の『国連パネル「北朝鮮が暗号通貨3億ドル窃盗」等を報告』では、北朝鮮が「北朝鮮が暗号資産を盗んでいる」、とする話題を取り上げました。

こうしたなか、これに「続報」が出ています。英メディアBBCの次の記事などを含め、いくつかの報道機関が、今年も北朝鮮の犯罪について報じているのです。

North Korea: Missile programme funded through stolen crypto, UN report says

North Korean cyber-attacks have stolen millions of dollars worth of cryptocurrency to fund the country’s missile programmes, a UN report briefed to media says.<<…続きを読む>>
―――2022/02/06付 BBCより

BBCによると、先週金曜日に国連制裁委員会に提出された報告書で、北朝鮮が2020年から2021年なかばにかけて、北米・欧州・アジアにおける少なくとも3つの暗号資産取引所に対するサイバー攻撃を通じ、総額5000万ドル以上のデジタル資産を窃盗していたと記載されていたのだとか。

そのうえで、北朝鮮が窃盗により得た資金は、核・ミサイル開発に充てられていた、などとしています。

昨年報じられた「3億ドル」と比べれば、金額はいくぶんか少なくなっているにせよ、看過できる金額ではありません。これに加え、暗号資産取引所へのサイバーアタックは、現在の北朝鮮にとっては「主要産業」となっている格好であり、大変に由々しき話題でもあります。

このように考えていくと、「北朝鮮に対する経済制裁は効いていない」、などと主張する人もいるのですが、やはり基本的には、北朝鮮に対する経済制裁は「効いていない」のではなく、北朝鮮が「制裁逃れをしている」、と考えるのが政界ではないでしょうか。

したがって、北朝鮮に核・ミサイル開発をやめさせ、拉致された日本人を取り返す、という、日本にとって重要な目標を達成するためには、北朝鮮に対する厳しい経済制裁というアプローチをやめるのではなく、むしろ逆に制裁を強化しつつ、「穴をふさぐ」のが基本でしょう。

その意味では、北朝鮮という無法国家は、徹底的に追い詰めていく、というアプローチが正しいのではないかと思えてならない次第です。

読者コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    トランプが失脚してから黒電話がまた露骨に下らない行為を乱発するようになってきましたね。
    やはり中露と結託してアメリカの動きを封じ込める隙に北がコソコソ盗んだカネで恫喝行為と。
    斬首作戦しかないのかも知れないけど、売電じゃ無理だね。

  2. とある福岡市民 より:

     ふと思ったのですが、なぜ北朝鮮は自分で暗号資産を「作らない」のでしょうか?
     作るより盗む方が簡単なのでしょうか?

    1. 元ジェネラリスト より:

      ベネズエラで「作った」ことがありますが、結果は惨憺たるものでした。
      https://mainichi.jp/articles/20210103/k00/00m/030/142000c

      「偽造」ということなら無理じゃないですかね。
      彼らがやれるくらいならビットコインもとっくに破綻してると思います。

  3. より:

    > 北朝鮮が「制裁逃れをしている」、と考える

    まあ、積極的に幇助してくれる国がありますからね。

  4. カズ より:

    「暗号通貨の窃盗の体をした、”隣国”からの送金手段」でもあるのではないでしょうか?

  5. イーシャ より:

    そう言えば、経済規模の割に、暗号資産の取り扱いが異様に多い国がありますが、何か関係があるのでしょうか(棒)。

    1. 福岡在住者 より:

      ブンですからね。 この件だけでも、明らかにして「終身刑」にして欲しいのですが、こんなヤツラの集まり国家ですから・・・。 あっちもイロイロ、こっちもイロイロで、元締めが海外てのがヤヤコシイ。

      もしかして、日本の金も絡んでいるのでしょうかね?  野田さんが、限りなく怪しいダンナのために金融庁を訪問した事件がありましたね。 最近、総理のそばのTV映像に物凄い違和感がありますが・・・。 

      政治にヨゴレは必要ですが、ウンコをヨゴレに昇進したいのですかね。 

  6. だんな より:

    なぁに、この金額の桁違いに稼ぐ、違法売春婦を送り込んで来る国も有る。
    警察は取り締まろう。

  7. 羊山羊 より:

    暗号資産を窃盗って事はブロックチェーンの暗号を突破したって事ですか?そんな事ができたら5000万ドルってショボい事は無いと思いますが。地道にマイニングしたんでしょうか。中国から安くマイニングマシン入手しても莫大な消費電力は賄えないはず。

    1. 羊山羊 より:

      スケートショートトラック1000m

      準決勝韓国選手全員失格 中国選手全員決勝進出
      決勝は中国、中国、中国、ハンガリーでハンガリーが優勝するものの
      試合後に審議になってハンガリーが失格 中国が金銀銅

      韓国への同情無し、全てハンガリーへ

      1. 羊山羊 より:

        場所間違えました

    2. m より:

      所有者のアカウントをハッキングして抜き取り。これが難易度的にも主流かと。

      1. 羊山羊 より:

        言われてみればそっちのほうが簡単かも。

    3. りょうちん より:

      マイナーのせいでビデオカードが高騰したので、個人的には暗号通貨なんて滅んでしまえと思っています。
      最近では暗号資産もPoSなどの導入で、計算資源や電力の無駄遣いが減るそうですが早いとこなんとかしろよと思います。

      1. 羊山羊 より:

        中国で仮想通貨が禁止になったのでマイニングマシンが大量に売られているので安くなるんじゃないですか。
        そう言えば、nVIDIAもARMの買収失敗して金余ってるんでいろいろ開発してくれそうです。

  8. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    かの有名な偽札は既にロストテクノロジーになったのかな

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です