韓国がイランに資金を変化する場合の「重大な問題点」

韓国が凍結したままのイランの石油輸出代金を巡り、その返還交渉が始まるようだ、との報道がありました。ただ、冷静に考えてみたら、ウォンのようなソフト・カレンシー(国際的に通用しない通貨)の場合、単に「両替して送金すれば良い」、という話にはなりません。重大な問題点があります。それは、70億ドル相当の韓国ウォンを外為市場で外貨に両替した瞬間、ウォン相場が暴落してしまうかもしれない、という点です。

アジアの「国際通貨」

当ウェブサイトのテーマのひとつは、「通貨」です。

日本円は国際的に見ると、非常に通用度の高い通貨ですが、その日本円よりもさらに通用度が高いのは、言うまでもなく、世界の基軸通貨たる米ドルでしょう。

その一方で、アジア諸国の通貨は、日本円を除くと、いずれも国際的には通用しないものばかりです(※例外といえば、米ドルとの事実上のペッグ制度を採用している香港ドルと、主要通貨とのカレンシーボード制を採用しているとされるシンガポールドルくらいなものでしょうか)。

たとえば中国の通貨・人民元の場合、今から5年前の2016年10月に国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)構成通貨に指定されたのですが、そのわりに、現時点までに国際的な市場において、さほど通用度が高いとは言えません。

というよりも、人民元建ての債券自体が国際的な市場でほとんど取引されていないため、通貨としての使い勝手は大変に悪いというのが実情でしょうし、ましてや人民元以外のアジア通貨に関しては、「国際的な通貨」としては、ほとんど存在感がありません。

イランと韓国の「浅からぬ因縁」

私たちの隣国の通貨・韓国ウォンに関しても、これとまったく同じことがいえます。

韓国ウォンの場合も、基本的には外為市場は韓国国内にしか存在せず(NDF等を除く)、国際的に広く通用する通貨とはとうてい言えません。

ただ、そんな「ソフト・カレンシー」であるにも関わらず、なぜか、イランとの原油貿易代金の決済のみ、韓国ウォンでの取引が行われていました。といっても、韓国ウォンは国際的に取引可能な通貨ではありませんので、そのスキームも、大変に特殊なものです。

昨年の『イランによる韓国船拿捕の裏にある両国の浅からぬ因縁』でも取り上げましたが、基本的には、イランの原油輸出代金は、イランの中央銀行が韓国国内の民間銀行に開設した銀行口座にウォン資金を振り込ませる、といったかたちで行われていました。

そのウォン資金が、米国のイラン制裁の関係で、現在でも米ドルに換算し、約70億ドルに相当する資金が、韓国国内に凍結されたなのです(『ウラン濃縮を再開も韓国ウォンを持てあますイラン』等参照)。

この関連でしょうか、昨年の『「イランが韓国製家電の輸入を禁止」、問題の本質は?』などでも述べたとおり、イラン・韓国の両国間では、いまでもときどき、トラブルが発生しています。

韓国としては資産の凍結解除は米国との関係で難しい、という立場ですが、そのわりに、イランの韓国ウォン資金を利子の低い口座に留めたうえ、口座維持管理手数料を求めている、といった報道もあります。

こうした韓国の不誠実な姿勢が、イランの怒りに油を注いでいるのかもしれません。

凍結口座の返還推進で合意?

こうしたなか、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に本日、こんな記事がありました。

韓国とイラン 凍結資産の移転巡る実務協議推進で合意

―――2022.01.07 14:52付 聯合ニュース日本語版より

聯合ニュースによると、イランのバゲリ外務次官と韓国外交部の崔鐘建(さい・しょうけん)第1次官は現地時間6日、オーストリア・ウィーンで会談し、この70億ドルの資金を巡って「実務協議を推進することで合意した」と韓国外交部が7日に発表したのだとか。

実務協議の詳細については明らかにされていないようですが、聯合ニュースは「外交部や企画財政部など政府関係者が出席」し、「送金ルートや支払方法なども協議するものとみられる」、などとしています。

これまでのらりくらりと資産凍結問題の話し合いから逃げ回ってきた韓国のことですので、本件も一筋縄でいくというものではないのかもしれません。

ただ、万が一、イラン・韓国の両国が凍結資金の返還で合意した場合、ここで困った問題が生じます。ウォン資金をウォン資金のままで外国の銀行に送金することが難しいのです。たとえばスイスなど第三国の銀行を経由する場合であっても、基本的にはウォン資金をウォン以外の資金に両替しなければなりません。

イランが米国からの制裁を受けているという点を考慮するならば、米ドルに両替するというのは少しハードルが高い気がします。そうなると、この資金は韓国国内の為替市場において、スイス・フランなどに両替したうえで、スイスの銀行に送金する、といった方法が考えられます。

市場の厚みが十分でない韓国ウォン独自の問題点とは?

さらにもうひとつの問題があるとしたら、韓国の外為市場は必ずしも市場の「厚み」が十分ではない、という点でしょう。

70億ドル分という資金を一気に韓国ウォンから米ドルに両替しようとすれば、外為市場が混乱してしまいます。たとえば、現時点の為替相場が1ドル=1200ウォン程度だったとすると、イランが8.4兆ウォンもの資金を一気に両替すれば、1ドル=1300ウォン程度にまで下落するかもしれません。

したがって、こうした市場の混乱を避けるためには、韓国の通貨当局が保有する外貨準備と市場外で交換し、イランに引き渡す、といった行動をとらざるを得ないでしょう。

当然、そうなってくれば、どの為替レートを使うのかを巡ってはイラン、韓国の両国が激しい交渉を余儀なくされるでしょうし、交渉次第では再び決裂、といった展開も考えられます。

いずれにせよ、本件については「韓国の通貨・ウォンが国際的に通用しないものである」という論点に関連し、単に「70億ドル相当の資金を送金すれば良い」、というだけの話ではないことだけは間違いないでしょう。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    議論するだけで、難癖付けて全額払おうとは、しないでしょう。

    1. 七味 より:

      ٩(。•ω<。)وピコーン 参加費用として70億ドル請求して、それと相殺すればウォンの暴落を避けられるのでは?

    2. ちかの より:

      だんな様
      「言葉一つで千両の借りを返す」
      という、韓国の諺がありますね。
      ちょっと、思い出しましたが、不思議な諺だと思います。

      1. がみ より:

        オンを仇で返す…

  2. シンゴ より:

    タイトルのイランに資金を変化する場合、これって資金を返還する場合ではないでしょうか?
    それとも返還と変化を掛けたのでしょうか?

  3. 引きこもり中年 より:

    毎度、ばかばかしいお話を。
    韓国がイランに「韓国ウォンを、ハード・カレンシーとして扱うなら、返金してやる」と言ったんだって。
    おあとが、よろしいようで。

  4. 匿名 より:

    ここは救急車でなんとか
    あるいはマスク2000枚で勘弁してください

    1. 引きこもり中年 より:

      すべて純金の、実物大の救急車なら、イランも受け取ります。

  5. イーシャ より:

    偽善者らしい、こういう報道が出てくるだろうと予想していました。
    2 日前にこんな報道があったからです。
    イラン核合意再建のカギとなるか 韓国第1外務次官がウィーンへ” (KBS WORLD 2022-01-05 12:03:45 ) より。

    外交部の関係者は、「今回の交渉はイラン核合意の再建に向けた正念場とされている。凍結資金問題を解決する機会であると同時に、韓半島非核化に向けても意味を見出せると考えている」と話しています。

    イラン核合意にかこつけて、南北終戦宣言を画策しているのでしょう。
    おまエラの考えていることは、全部お見通しだ!

  6. 匿名 より:

    話し合いに応じることで誠意を見せたのだから、
    今度はイラン側が譲歩して減額すべきすべきとか言いそう

  7. カズ より:

    イランへの送金手段としては米ドルを介さずに済む”中国経由”がベストだと思うんですけどね。

    イランにしてもケチケチしないで70億ドル相当の対韓債権を中国に七掛けくらいで譲渡すればどうだろう?(対中輸入決済用に50億ドル相当の人民元との交換でも可)
    *中国は対韓通貨スワップを行使して有無を言わせず70億ドル相当のウォンを取立てるのに違いない・・。(債権と相殺するから返済不要)

    そしたら、
    イランは再建や!
    中 国 は 債権屋!!
    韓 国 は 再見(サヨナラ)や!!!・・。

    1. 影さん より:

      「イランへの送金手段としては米ドルを介さずに済む”中国経由”がベストだと思うんですけどね。」 G7の他で為替市場に影響与えても平気でいられる国(厚顔無恥)なんて他に無いでしょう。そして歴史は繰り返し元の属国に戻るって事になるのをボクの残り少ない人生で見れるのかなぁ〜
      駄文失礼しました<(_ _)>

      1. 影さん より:

        訂正します。
        「G7の他で為替市場に影響与えても平気でいられる国(厚顔無恥)なんて他に無いでしょう。」→「G7の他に為替市場に影響与えたとしても、知らん顔してこれだけの金額の為替を受けてくれる国なんて他に(厚顔無恥)無いでしょう」

        1. 影さん より:

          更に訂正します、日本語下手で申し訳ありません。
          「G7の他に為替市場に影響与えたとしても、知らん顔してこれだけの金額の為替を受けてくれる国なんて他に(厚顔無恥)無いでしょう」→
          「G7はともかく、すぐにこれだけの額の為替を受けてくれる国は他には無いでしょう。」

  8. 世相マンボウ 。 より:

    韓国が踏み倒してきたイランへの
    石油代金支払に関する進展が
    よりによって
    韓国中央銀行が1ドル1200ウォンを破られての
    排水の陣の奮戦の際にでてくるのは
    とても興味深いです。

    推測するにおそらくは
    ウォン崩壊で紙くずになってはたいへん!
    と、慌てたイランから
    最後通牒付きつけるぞ!
    と厳しく責め立てられて、
    「いや、待つニダ。 払うニダ・・・」と
    払うつもり無いのに空の約束手形を
    切らされたような構図
    なのではないだろうか? と、
    日頃からおよそモロモロ韓流の流儀を
    見ていると感じます。

  9. M1A2 より:

     これも「ゼロ対100理論」ですかねぇ。
    自分たちで問題を作り出しておいて、その解決のために、相手から何らかの譲歩を引き出して短期的な利益を得る事が出来たとしても、長期的に考えれば、相手の信用を失う事の方がはるかにダメージが大きいとは考えないのでしょうか?
    イランが息をするように不義理をやらかす韓国に対してどのように対処するか、日本も参考になる部分があるかもしれません。
    そういう意味で大変に興味深いですね。

  10. ちょろんぼ より:

    イランに資金を変化させるのは、非常にたやすい事である。
    南国の主要食糧であり医薬品である「キムチ」を70億ドル相当を
    輸出すればよいことであるからである。(イランは要らんと言うだろうな~)
    但し、一部問題がある。 南国でそれだけの「キムチ」を生産できるか?である。
    白菜は当然足りないから中共産で賄い、序でに「キムチ」本体も中共から賄う。
    中共様のご協力を受ける事ができるし、南国・中共産「キムチ」をイランに送付
    する事により、食中毒でイランの人口を減らせる可能性すらある。

  11. 元韓国在住日本人 より:

     過去にもコメント欄で述べた事がありますが、この話しは朴槿恵政権時代まで遡ります。オバマ大統領時代、イランへの制裁が緩和された時に、イランは韓国に対し韓国に貯蓄されている原油代金の支払いを求めました。しかし、韓国は政府高官を使者にたて、イランに支払いを延期するよう求めます。しかし、イランの担当者はそれを拒絶します。

     元々イランの韓国口座は低金利の口座であり、イランは制裁が緩和される前から、高金利の口座に移し替えたいと、韓国との交渉に入りましたが韓国はそれを拒否します。その時の担当者がイラン政府の高官となっており、原油代金の支払い延期を拒絶したと思われます。その際、米ドルを介さず、直接自国通貨で取引するよう韓国側が持ちかけた話もありました。

     その後、再度イランへの制裁が強化され、制裁発動猶予期間中に殆どの国はイランへの支払いを完了しましたが、韓国はのらりくらりを繰り返し、猶予期間が終了してしまいます。

     当然イランは激怒しますが、そこで韓国が提案した方法が物々交換です。日本製のフッ化水素がそれに当たるかどうかは推測の域を出ませんが、日本が韓国に対する輸出管理強化をおこなった次期と、イランが韓国に対する発言や行動を強めた時期が妙に一致します。

     イランは韓国の小賢しい手段によって、日本製フッ化水素の裏取引の共犯に仕立て上げられたと小生は思っています。もっとも、イランもフッ化水素に対する下心あったため、このような事になったのでしょう。

     上記の考えも含めて推測の域を出ませんが、韓国の銀行(確かウリ銀行と輸出入銀行と記憶しております)に、まだ原油代金が残っているかも怪しいです。

     駄文にて失礼します。

    1. より:

      > その後、再度イランへの制裁が強化され、制裁発動猶予期間中に殆どの国はイランへの支払いを完了しましたが、韓国はのらりくらりを繰り返し、猶予期間が終了してしまいます。

      ここが大きなポイントですよね。この件について、韓国のネットの反応を見ていると、「アメリカが制裁措置を取っているんだから仕方ないじゃないか。文句があるならアメリカに言ってくれ」という頓珍漢なコメントが多いようです。アホか、お前らが払えるときに払わなかっただけだろうが。おそらく、韓国政府は事情を国民に説明してないんでしょうね。それでも、他国では問題となっておらず、韓国だけが問題になっているということを不審に思わない韓国人がア〇だというだけのことです。
      なお、韓国政府が猶予期間に払わなかった理由を邪推すると、韓国だけは特別扱いしてもらえるという甘えた考えを持ち続けていたせいじゃないかと思っています。

      > 韓国の銀行(確かウリ銀行と輸出入銀行と記憶しております)に、まだ原油代金が残っているかも怪しいです。

      その可能性は高いと思います。でも、帳簿上の「預金」が消えるわけではないので、使い込んだ分の穴埋めは使い込んだものがしなければなりません。韓国政府が今なおグズグズ言っているのは、穴埋めするだけの金がないからではないかと藪睨みしています。

      1. 匿名 より:

        銀行はイラン預金を使い込んでないと思います
        保守党政権の時代の話ですから
        使い込みをしていたら 保守系を叩く材料にしているはずです

        1. 裏縦貫線 より:

          左派もイランに支払う気がなく有耶無耶にしたいならば、右派を叩くよりダンマリを選ぶと思います。使い込みの有無は藪の中、ですが….

  12. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

    イランはワクチンを買いたいのかな?

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。